ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

一川氏と山岡氏、史上稀に見る「不適材不適所」大臣

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

111209-00itiyama.jpg

 今国会の最終日となった12月9日、参院本会議で、一川保夫大臣と山岡賢次大臣の問責決議案が可決されました。

 ただ、問責決議案には法的拘束力がなく、二人とも大臣を辞する気はないようです。
 野田首相も続投させる意思を示しています。

 一川氏、山岡氏、共に小沢派の議員。
 9月の野田内閣組閣時に、「こいつらだけは入れてくれ」と小沢氏側からごり押し。ところがどこの役所も引き取ってくれず、結局収まったのがこれらのポストだったと言われています。

 一川氏は防衛大臣。
 山岡氏は消費者担当大臣、国家公安委員長、拉致問題担当大臣。

 自覚にも資質にも欠ける、史上稀に見る「不適材不適所」大臣たちの誕生でした。

 今さら感もありますが、記録する意味でちょっとまとめてみます。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 一川保夫氏。
 就任時に「安全保障は素人」発言。この時点でもうアウトでしたよね。
 どこの国に素人を防衛大臣に就ける国がありますか?(T^T)

111209-01ichi1.jpg

 しかも、素人なら素人なりに就任後は猛勉強するのが当たり前なのに、全く勉強してない。
 だから国会で沖縄に関して訊かれても、なーんも答えられない羽目に陥るのです。

 12月1日の参院東日本大震災復興特別委員会、佐藤正久議員から1995年の米兵による少女暴行事件の中身について尋ねられた一川大臣曰く、「詳細には知らない」。

 しかも、そのことを批判されると、「国会の委員会で詳細に説明する事案ではないだろうと思った」と、訳の分からない言い訳。

 さらに、12月2日、一川大臣は、沖縄防衛局の田中聡前局長の失言(記者団とのオフレコ懇談会で普天間飛行場移設に関する環境影響評価書の提出時期をめぐり「(女性を)犯す前にこれから犯しますよと言うか」と発言したとされる)について沖縄県庁にお詫びに行きましたが、そこでもおかしな発言をしました。

 仲井真沖縄県知事への謝罪の中で曰く、「今回の発言で大きなお荷物をしょうことになったが、しっかりと乗り切り、懸案事項に務めたい」。
 自分たちで問題を引き起こしておいて「お荷物」って……(T^T)

 沖縄に関しては、まだあります。

 10月17日、一川大臣は沖縄県庁での仲井真知事との会談の中で、「小松基地を抱え、自治体の苦労は分かっているつもり」と述べました。
 一川大臣の地元は石川県で、小松に自衛隊基地があり、それを引き合いに出した発言でした。

 この会談の直後、仲井真知事は「自衛隊基地と米軍基地は全く違う」「日本側の統制が全く及ばない米軍基地が沖縄県に多数存在する」と、一川大臣の発言を批判しています。

 沖縄に関しては、まーだあります。

 「琉球処分」についても知らなかった。
 12月6日の参院外交防衛委員会、これも佐藤正久議員の質問でしたが、一川大臣は「事前に通告がない」として答弁を避け、結局、渡辺周副大臣に答弁させる体たらく。

 琉球処分も知らずに、すなわち沖縄の歴史的背景も知らずに、沖縄県民に寄り添った政治なんかできますか?

 これら一川大臣の一連の言動を見れば、身内から「勉強不足が過ぎる」(前原誠司政調会長)などと批判が出ても当然でしょう。

111209-02ichi2.jpg

 一川大臣といえば、ブータン国王が出席された宮中晩餐会を欠席し、民主議員の政治資金パーティーを優先した問題もありましたね。

 しかも、そのパーティーの席で述べた言葉が、「ブータン国王が来て宮中で催し物があるが、私はこちらの方が大事だ」

 このことも国会で追及されましたが、一川大臣は、「最初、公務があったので、宮中晩餐会には予め欠席届を出してあった。当日、時間ができたので政治資金パーティに行った。だから政治資金パーティを『優先』したというのは違う」などと弁解しました。

 あと、あまり大きく報道されませんでしたが、小松でのF15の燃料タンク落下事故に関連しても、この人は「??」な行動を取りました。

 事故後、小松空港に来たのに、空港から5分もかからない現場を素通りし、政治資金パーティに出席していたのです。

 この問題については、12月5日の衆議院予算委員会で稲田朋美議員が追及しました。

 「小松基地の司令は、人身に事故が起きなかったのは奇跡だとおっしゃっている。防衛大臣なら真っ先に現場に行くべきではないのか。しかも小松は一川大臣の地元でもある。私は小松に行って地元の人たちに話を聞いたが、みな怒ってましたよ」

 が、一川大臣は「地元であるからこそ、原因究明の前にあまり地元へ出入りをしてはいけないと思った」などと、また訳の分からない言い訳をしていました。

 次期主力戦闘機(FX)選定の問題もありますよね。

 12月6日の参院外交防衛委員会で、片山さつき議員が、最有力候補に挙げられる最新鋭ステルス戦闘機F35ライトニング2が金属疲労実験で不具合が判明したことによる選定への影響について質問。

 一川大臣は、こう答弁しました。

 「具体的に申し上げられないが、しっかり確認して最終的な結論を出したい。いろんな情報を確認することに尽きる」

 「マルチロール」も知らなかった、正真正銘「素人」防衛大臣ですよ?そんな人が情報をどうやって確認し、結論をどうやって出すんですか?
 てか、「素人」に戦闘機を選ばせていいんですか?

 とにかく国会審議を見るにつけ、一川大臣への信頼は落ちる一方……。
 いや、信頼なんか最初からなかったけど(^_^;

 そんな一川大臣の座右の銘は、「疾風知勁草(しっぷうにけいそうをしる)」だそうです。
 疾風が吹くと強い草がどれか分かる、転じて「逆境の時にこそ人の真価が分かる」という意味。

 皮肉なことに、疾風が吹けば吹くほど、ご自分が強い草どころか弱い草であることを露呈してしまいましたね。

※おまけの動画:
 【大演説】徳永エリ 一川防衛相 問責大反対 2011.12.9
 UP主さん曰く「大爆笑して、あきれ果てて、情けなくて、涙がこぼれる、大演説」。誰もやりたがらなくて、1年生議員であるこの人にお鉢が回ってきたんだろうなぁ……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 もう一人、山岡賢次氏もひどいもんですよね。言わずもがなですが。

111209-03yama1.jpg

 マルチ商法を推進してきた人物が消費者担当大臣。
 警察の捜査対象になっている人物が国家公安委員長。
 拉致被害者家族から「拉致問題での発言を聞いたことがない」と言われた人物が拉致問題担当大臣。

 就任時から、何これ?ブラックジョーク?という人事でした。

 山岡大臣の疑惑の数々を箇条書きにしてみると……
 (12月5日の衆院予算委員会で稲田朋美議員が紹介したもの)

・マルチから399万円の献金を受けた。
・平成21年の選挙違反で、電話作戦運動員を買収した疑惑で告発され、現在捜査中。
・真岡市長選で、秘書の給与の肩代わりとして600万円要求をして、405万円支払わせたという疑惑。
・マルチ企業違法献金疑惑。ペーパーカンパニーを通して裏献金。政治資金規正法違反。
・反消費者保護疑惑。消費者保護に取り組んでいる伊賀の社協に対して、山岡氏が会長をしているマルチを推進する民主党の国会議員の議連が、圧力をかける抗議文を出した。
・大臣自身がマルチ商法を勧誘。マルチ企業の会員集めパーティに行って、会員を集める講演をした。
・論文盗用疑惑。これは違法献金に利用された。
・不正改名疑惑。金子、藤野、山岡と次々と改名。


 これらは、山岡氏が大臣になる前からすでに指摘されていたことです。
 にも関わらず、野田首相はこの人を大臣にしてしまいました。

 知らずに大臣にしたんだとしたら、情報収集能力ゼロ。
 知ってて大臣にしたんだとしたら、危機管理能力ゼロ。

 さて、大臣就任後、野党から厳しい追及を受けることになった山岡氏ですが、ここに至るまでに、「返金した」とか「合法である」とか「そんな疑惑はない」としか答えていません。

 私はこの人が国会で追及される場面を何度も見ましたが、もう毎回のように訊かれてもないことを長々と喋って論点を逸らす、あるいは時間を引き延ばすという、不誠実な態度が目立ちました。
 委員長から「質問に的確に答えて下さい」と注意を受けることもしばしばでした。

 任命責任を問われた野田首相も、山岡大臣を庇うばかりでした。
 しかも官僚みたいな紋切り型の答弁。

 「政治経験や知見を含め総合的に判断して(大臣に)選びました」
 「豊富な政治経験を踏まえて責任を果たしていただけると思います」

 これらは一川大臣を擁護する際も使われた言葉です。

111209-04yama2.jpg

 山岡大臣に関しては、拉致問題における無神経な発言についても国会で取り上げられました。
 ほとんど報道はされていないようですが。

 それは9月4日に都内で開催され、山岡大臣も参加した「緊急国民集会」で起きた“事件”。

 開会前の控え室で家族会のメンバーと初めての対面をした山岡大臣。
 有本恵子さんのご家族が「娘は1983年に拉致をされました」と話したところ、山岡大臣は「私はその年に初当選したんです」と言い、長々と喋り出したのです。

 この件については、私の知る限り、10月28日の参院拉致特別委員会で山谷えり子議員から、また、12月6日の参院予算委員会で礒崎陽輔議員から、山岡大臣は追及されています。

 そして、いずれもこういう趣旨の答弁をしています。

 「私の初当選の年だから、国会議員としての責任を今日も持っていると思っていますと、全力で頑張りますと、こういう旨を申し上げたのを、後ろの方にいた人がよく聞こえずに週刊誌にリークした」

 録音テープなどがない以上、言った言わないの水掛け論になってしまいますが、ただひとつだけ間違いなく言えることがあります。

 それは、政治家・山岡賢次が拉致被害者家族と対面したのはこの日が初めてであり、拉致問題の集会に参加したのもこの日が初めてだったということです。

 消費者担当大臣、国家公安委員長としてはもとより、拉致問題担当大臣としても「不適材不適所」であるのは明らかです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

111209-05noda.jpg

 問責決議案が出される前に両大臣を更迭していればまだ少しはスッキリしたのに、野田首相はそれをしませんでした。
 本人たちが自分から辞めると言い出すのを待っているだけでした。

 もちろん、党内融和のため小沢派であるこの二人を切りにくいという事情もあるのでしょうが、それよりも自らの任命責任を認めたくなかったのではないでしょうか。

 責任を認めたがらない、まさに官僚体質。

 宮崎哲弥さんはそんな野田さんを、「一段下がった官僚体質」と評しました。“優秀”な官僚より一段劣るという意味だそうです(12/8放送「アンカー」)。

 野田さんはこのまま続投させる方針のようですが、自公両党は来年1月召集の通常国会で両大臣が関係する審議には応じない構えです。
 そのため、首相側では年明けにも小幅な内閣改造を行い、二人を交代させるという案も出ているようです。

 菅政権の時も同じ手法が取られましたね。
 昨年11月に問責決議案が可決された仙谷官房長官と馬淵国土交通大臣をそのまま据え置いて、年明け、通常国会前に内閣改造で事実上クビを切ったという。

 これに倣い、今度も「問責が出たから辞めさせたんじゃないのよ。あくまで内閣の意思なのよ」って体にするんでしょうね。

 それもまた政治というものなのかもしれませんが、ただ、2年連続こんな姑息なやり方ってどうよ?(゜ペ)

 付け加えれば、9日に国会が閉会したことで、国家公務員給与の削減法案や国会議員の定数削減法案なども先送りされてしまいました。
 もちろん「ねじれ国会」という事情もあるのですが……。

 何やかんやで結局、国家公務員の冬のボーナスは10%カットどころか4.1%増ですって。
 国会議員も9日にボーナスが出て、去年より9万円増の290万8265円ですって(12/9放送「報ステ」より)。

 事情はどうあれ、自分たちの身を切らないまま「増税します」と言われても、納得できる国民はほとんどいないんじゃないですか?


※拙ブログ関連エントリー
9/2付:野田内閣発足!閣僚の顔ぶれは……(絶句)
10/10付:山岡マルチ大臣vs森まさこ議員(9月28日参院予算委)文字起こし
11/15付:野田&山岡撃沈!西田さんと森さんがまたやってくれました


okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 土曜の夜は皆既月食。

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/959-cc476a0e

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索