ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

フィフィさんもTPP反対「危機感を持たないほうがどうかしてる」

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


※トルコ地震義援金受付中です。東日本大震災や台風12号による水害の際に支援して下さったトルコに恩返しを!受付口座は拙エントリー10/25付及びコメント欄を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 1コ前のエントリーに、読者のymさんから「タレントのフィフィさんのブログが素晴らしいです。マスコミ・日本政府の売国奴ぶりを日本で育った外国人の立場からよく説明してくれています」というコメントをいただきました。

 さっそくフィフィさんのブログ「All about FIFI」を見てきました(下の画像もブログから拝借<(_ _)>)。
 「もっとTPPを議論すべき!」と題された最新エントリーで、10月27日放送「とくダネ!」に出演した中野剛志さんに言及されています。

111029fifi.jpg

 フィフィさんはエジプト人ですが、日本在住歴は非常に長いです。

 一般にはバラエティ色が強い方という印象があるかもしれませんが、情報番組にもたびたび出演されており、様々な分野で歯に衣着せぬ発言をされています。

 フィフィさんは今回ブログでTPPのみならず、ymさんも言われているように、日本のメディアや政府の在り方についてもとても重要な指摘をされています。

 そこで、やや長いのですが、当該エントリーを全文引用させていただくことにしました。
 赤文字強調は私くっくりによるものです。
 
フィフィ オフィシャルブログ「All about FIFI」>もっとTPPを議論すべき!(2011-10-27 22:25:53)
 朝から友人のtwitterがとくだねの話題で盛り上がっていたので、さっそく動画サイト見てみたよ。京大准教授中野氏の番組での態度がどうのこうのって事で当初動画が出回ったけど、内容を見た人たちの間じゃ、彼の態度よりTPPそのものに議論が移ってたよね。

 あの准教授がそこまでブチ切れて悪態ついていたとも思わないし、むしろ熱意を持ってTPPの問題点を指摘していたようにしか思わないけど?多少態度が悪いのではと見受けられるのは、番組内での中途半端な解説に苛立っていたからじゃない?私だって日々のメディアでの報道のあり方にイライラするもんね。何にでもコメントするようなコメンテーターが知ったか程度の知識で説明したり、アラブ情勢のときなんて、何度、局に乗り込んでやろうか?って思ったか。だいたいコメンテーターと言っても、明日の仕事の心配をして、媚びた発言しかしない人間が多いでしょ。そんな保身にまわってる人間の意見を聞いてても感心しないわけよ。今朝の京大准教授中野氏はほんと清々しいくらいハッキリ言ってくれて、それで番組出演者が凍りついたりタジタジしてるの見て情けなくなっちゃたよ。これが言論の自由の国ですが?彼の立場だから言えたんだろうけど、同じこと思っててもタレントだと口に出来ないよな。

 私も以前ブログで『フィフィさんの意見は参考になります。でもこんなに言っちゃって干されないか心配です』なんてメッセージもらったけど、まさにそれ。結局タブー視されてるようなことを言っちゃえば自分はもう呼ばれなくなっちゃう、それを心配しながら当たり障りの無い意見しか言えないわけでしょ?みんな。ここで言うタブーなんてまさに今朝の中野氏が連呼してたアメリカの真意とかね。

 もっと次元の高いところでこのような議論がなされる分には問題ないんだろうけど、大半の流されやすい視聴者層の番組でここまで分かりやすく問題を指摘されちゃうと、TPP賛成派にとっては痛いよね。メディアにおける報道なんて所詮洗脳みたいなもんよ。真実を伝えようなんて姿勢に欠けてる。

 番組ではTPPにおけるメリットを男性アナが説明するも、それだって実態の無いメリットだって中野氏に覆されちゃうし。よくぞ言ってくれました!て思ったよ。ここで私がTPPについて説明するより、本当に今朝の番組の動画を見てほしいな。(youtubeからの動画【引用者注:フィフィさんが貼られた動画はすでに削除済。こちらはまだ生きています→(1)(2)。現在UPと削除の攻防が続いています。この動画も近いうち削除されるでしょう】
 あれを見て危機感を持たないほうがどうかしてる。

 TPPってさ、貿易の自由化の問題よりもっと根深い議論が本当は必要で、彼が指摘しているように、韓国と日本、同じアメリカの傘の下である以上、これを一度参加してしまえば、大国にメリットに動くシステムだからね、後悔しても脱退するのは困難になるわけ。不利益な交渉にすら意見することも出来なくなるでしょ?

 ビンラディンを殺害してみたり、リビアの件でもだけど、表向きはあたかもその国の為に協力したように見せかけるけど、結局大統領選ピーアールのためでしょ?アメリカは自国の利益になることにしか精力を注がないんだから。TPPもその一環なんですよ。国内の農業が活性化するよってことはアメリカの大半はカントリーなんだから多くの票を獲得するにはいい材料だよ。そろそろそんなことに気づいてアメリカに刃向っていかないとマジで日本ヤバいですよ?

 昨日のニュースでも日本の人口が始めて低下に転じたと報道されてたのに、かたや世界の人口はいまだ増加してるんですよ。このままじゃ日本は移民を受け入れない限り生き残れないって事ですかね?これでは日本じゃなくなってしまうじゃないですか?政府は本気で人口を増やす気があるのでしょうか?なぜ未だに不妊治療にあれだけの負担を課すのでしょうか?日本人の子供を増やす気あります?どうせどんどん外国人を受け入れる流れになるんですよね?このような問題ひとつにでもっと深刻にとらえて訴えていくべきなんじゃないですか?最近外国人が出て国の習慣を紹介する番組が増えてますけど、確かに参考になるし、外国人の話は面白いけど、急にそうゆう番組が増えたことにアレって?考えすぎかな・・・

 私見ですが、この円高で、しかも既に世界には韓国製品や中国製品がシェアを拡大していますので、正直言って、TPPにおける家電や自動車の関税緩和でのメリットは期待できないと考えてます。

 例えは私の国エジプトではもうかなり昔から韓国製の家電が日本製品のシェアを上回っています。それは車産業でも同じです。しかもその長年のリサーチでその国の人の好みに合わせた家電を生産しています。例えば、LGは白モノ家電をあえてアラブでは花柄にしてみたり、日本では流行らなくても現地ではウケてるんですよ。日本のクオリティが高いことは変わりないものの、それでも外国製品も負けず劣らずの品質の中で、値段競争には勝てないんですよね。果たしてTPPでそれが克服されると思いますか?

 農産物が安く輸入できる、これは消費者にとってはありがたいです。放射能の調査に積極的でない国の態度に信頼の無い消費者の中には、むしろ輸入食材の方が安心できるという考えもあるかもしれない。しかし中野氏が指摘したように食の安全性は別の側面から守られなくなる恐れがあるわけです。農薬や遺伝子組み換え、添加物など国ごとに違う基準値が相手国の有利なように見直されることになるでしょうね。また、頑張れ東北!!と盛り上げておきながら同時に日本の農家を窮地に追いやるのですから、ほんとうに矛盾しています。政府が日本の農業の未来に期待していないのなら、それなりの農家に対する保障など対応策を正直に示すべきです。綺麗ごとだけ言って実際は農業をないがしろにしているじゃないですか?

 日本の政府のいけないところ、それは表向きに綺麗ごとを言って、前向きに進んでいるようにみせて、実際はかなり日本の未来に後ろ向きなこと。

 放射能レベルの調査が積極的に行われていない中で、農家が農作物を作り続けても生産は伸び悩む一方だと思う。今回のTPP参加が日本の農業への諦めだとするならはっきり今の農作物の現状例えば放射能の影響や今後の展望を国民にアナウンスして欲しい。そうでないとするならば、この国の農業を潰すようなTPP参加はやめて欲しい。国民だって日本の農家を救いたいと思っている。なぜ日本人がアメリカの農業のために日本の自給自足を断たなければならないのか?そもそも、日本はもっと農業の可能性を自覚すべきだ。

 そして、TPP参加のメリット、デメリット以前にアメリカとの関係の上にこのTPPが迫られていることを明確にするべきだし、参加に賛成派は、TPPの中でどのような農家への保障を考えているのかそのプランを示すべきだ。

 人口の低下、高齢者の増加、円高、放射能問題、復興対策などなど、国内の問題には消極的な政府だが、なぜか対外的な政策には積極的に動いて金も惜しまない。

 日本はどうなっちゃうんですか?黙ってたら日本は潰れちゃいますよ?そろそろ国民は声を荒げてもいいんじゃないですか?

 日本暮らしが長いとはいえフィフィさんは外国人。
 そのフィフィさんの目から見ても、TPPは日本にとって非常にヤバイ、参加はやめた方がいいと警鐘を鳴らされている。
 この事実を私たちは重く受け止めるべきではないかと思います。

 他にも、フィフィさんのブログから最近のエントリーを拝見すると、野田政権が韓国との通貨スワップ協定の枠を従来の5倍に拡大することで合意した件について「日本政府は日本を諦めていませんか?」と批判されたり(10/19付)、また、観光庁が外国人1万人を旅費無料で日本に招待する方針を固めたことについても「つっこみどころ満載」「ヤラセと何が違うのか」と批判されるなど(10/18付)、非常にまっとうな感覚の持ち主であることが分かります。

 興味を持たれた方はぜひフィフィさんの他のエントリーもご覧下さい。


 ところでフィフィさんと言えば、私が今でもよく覚えている発言があります。

 それは2010年3月24日放送「ミヤネ屋」でのこと。

 子ども手当法案が成立する直前で、「子ども手当が在日外国人の母国に残した子供にまで支給されるのは問題ではないか」ということが、遅ればせながらようやくマスコミでも扱われるようになっていた時期でした。

 このことについて、フィフィさんは次のように発言されました。
 (拙エントリー2010/3/25付より自己引用)

 【私は外国人だからすごく言いたいと思ってたんですけど、(日本の)国民がアップアップしてるのに、外国人が優遇されるようなお金の出し方はすごくイヤなんですよ。
 私は今、日本で子供を育ててますが、海外で育ててもお金もらえるわけじゃないですか。13,000円はエジプトでは大学の先生の収入より高いんですよ。申し訳ないですよ。
 あまり外国人の意見は、(私は)政治に参加できないので言えませんが、勝手にそういうふうに決められても、私たちが国民に対して申し訳ないです。エジプトでは8,000円ぐらいでも生活できちゃうんですよ。】


 ちなみに、「(私は)政治に参加できないので言えませんが」のくだり、読み方によっては誤解されるかもしれませんのでいちおう補足しておくと、これは参政権がほしいとかいう意味ではなく、「日本国民ではない私が言うのも厚かましいのですが」という、へりくだった意味で使われた言葉であると思います。

 とにかく、私はこの「ミヤネ屋」での発言がきっかけでフィフィさんのちょっとしたファンになりまして、以降、彼女をテレビで見かけると「何を話すのかな?」と注目するようになりましたし、ブログも不定期にですがチェックするようになりました。
 (もっともブログはここ1カ月ほど拝見してなかったので、教えて下さったymさんには感謝感謝です<(_ _)>)
 

 ……さて、いつも「ぼやきくっくり」を訪問して下さっている読者様はお気付きでしょうが、これまで私はTPPに関しては賛成とも反対とも明言していません。

 そもそもが経済に弱い上に、情報も少ないからです。
 識者の方々ですら未だに「情報が少ない」と嘆かれているのに、私みたいな素人に分かるわけがありません(T^T)

 そういうわけで、TPPを扱う時はなるべく中立を心がけてきたのですが、自分の過去エントリーを見直してみると、紹介しているのは反対派の論説ばかりです。

 思うに、これは、賛成派の論説の中に、私が得心が行くものがあまり見当たらないからだと思います。
 (以前は賛成派の意見に「なるほど」と思うこともけっこうあったのですが、最近はそうでもないです)

 例えば、賛成派の中には、安全保障の観点から、具体的に言えば“対中国”を見据えて、TPPには参加すべきであると主張している方々がいます(一例:産経新聞の阿比留瑠比さん)。

 が、同じ安全保障でも、“食料安全保障”の観点から言えば、TPPに参加したら食の安全が脅かされる(食料自給率の低下、添加物や農薬の緩和・遺伝子組み換え食品の認可促進など)というのが反対派の主張だったりするわけですよね。

 私にとっては判断が本当に難しい問題なのですが、ただ、ここに来て野田政権や民主党執行部が必死に“ラストスパート”をかけている姿を見るにつけ、10月20日放送「アンカー」東谷暁さんの発言起こしの最後に添えた私のこの言葉……

 「今の政権がここまで急激にアメリカの言いなり方向で突っ走っていってるのを見ると、理屈では分からなくても、直感的に『TPPはやっぱりヤバイのでは』という気はしますね(+o+)」

 ……この思いは着実に高まってきています。


※最新ニュース
野田首相、TPP交渉参加の意向固める 11月のAPEC首脳会議で関係国に交渉参加を伝達へ(FNN10/29 20:59)
TPP交渉参加 民主執行部が慎重派押さえ込みに動く(産経10/29 22:28)
山田・前農相、野党各党とも連携しTPP反対へ(読売10/29 21:27)
自民・茂木氏「TPPで不景気解決するのか」(読売10/29 23:55)

※拙ブログ関連エントリー(TPP反対派の主張)
11/2/19付:「アンカー」東谷暁氏が解説“報道されないTPPの真実”(1)
11/2/19付:「アンカー」東谷暁氏が解説“報道されないTPPの真実”(2)終
11/9/26付:中野剛志氏「交渉参加したら終わってしまう 国を売られる瀬戸際TPP」
11/10/21付:「アンカー」東谷暁氏解説第2弾 TPP参加で日本に迫る知られざるリスク(1)
11/10/21付:「アンカー」東谷暁氏解説第2弾 TPP参加で日本に迫る知られざるリスク(2)終
11/10/28付:中野剛志氏 NHK「視点・論点」TPP参加の是非&「とくダネ!」

※拙ブログ関連エントリー(TPP賛成派の主張)
10/10/16付:「アンカー」日本の農業をダメにする役人と戸別所得補償制度
 TPP賛成派に入れましたが、正しくは“自由競争歓迎”の農業経営者さん。


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328-4.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/935-fbcf6fcf

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索