ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

総連本部差し押さえ阻止を狙う北朝鮮?原点に戻り拉致問題に注目を

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

111014-01megumi.jpg

 今年に入ったあたりから、拉致問題絡みで動きが出てきています。
 それも、日本側ではなく北朝鮮側に積極的な動きが見られるようです。

 例えばこの前の連休にはこんなニュースがありましたよね。
04年末、めぐみさん生存情報=「知りすぎて帰せない」−韓国議員(時事2011/10/09)

 脱北者男性リ・ヨンス氏(仮名)が朝鮮労働党の日本担当者から聞いた話として横田めぐみさんの生存情報を語った、そのことを韓国の国会議員が明らかにしたというニュースです。

 このブログで何度も書いてきましたが、私はめぐみさんと同じ1964年生まれです。
 そのこともあって拉致問題は私の最大の関心事のひとつです。
 めぐみさんをはじめ拉致被害者の皆さんが全員帰国を果たされることを切に願っていることは、言うまでもありません。

 そんな私にとって、めぐみさんの生存情報はもちろん嬉しいニュースではありますが、実は手放しでは喜べません。

 何せ、これまでがこれまでですから。
 今回も何か政治的なウラがあるのではないか、もっと言えば北朝鮮側の何らかの仕掛けが含まれているのではないか、と思えてしまうのです。

 そもそもが北朝鮮側が日本に対してアクションを起こす時の動機というのは、過去の例を見る限り、ほぼこの2点ですから。

 <`∀´>「お金が足りないので日本からむしり取りたい!」
 <`∀´>「アメリカとの関係改善のため日本を利用したい!」


 拉致問題に関連した最近の日朝間の動き、また北朝鮮側の思惑については、10月12日放送「アンカー」で青山繁晴さんが取り上げてくれました。

 まず、10月5日(横田めぐみさん47歳の誕生日)に行われた川崎市での集会で横田滋さんが明かされたこととして、民主党政権の動きが紹介されました。

111012-09ugoki.jpg

 今年1月中旬
  →前原外相(当時)に北朝鮮から交渉の申し入れ
 7月ごろ
  →首相経験者に北朝鮮が交渉仲介を依頼
 7月
  →中井元拉致問題担当相が中国・長春で北朝鮮と接触

 このように、北朝鮮側が日本側に対し水面下でアクションを起こしてきたわけです。

 なぜ日本ではなく北朝鮮の方が動かそうとしてきたのか?

 北朝鮮側の狙いとして、青山繁晴さんが挙げたのが、「国際社会、特にアメリカに『核保有国』と認知させること」でした。

 アメリカのオバマ政権は、北朝鮮と水面下で二国間交渉をすでに行っており、北朝鮮の核開発に関しては「一時凍結してくれたらいい」と、そこまで下りてきていると。

 だから北朝鮮は6カ国協議を開きたい。
 (この場合の6カ国協議はもちろん、本来の「核開発を止めさせる」ための協議ではない)

 その布石として外交的に弱い日本を利用する、そのために日本を拉致問題で釣ろうとしている、というお話でした。


 実は、これとは全く別の見方をしている専門家もおられます。
 上の青山さんの話と比べるとかなりミクロな話で、それだけに生々しいとも言えるのですが……。

 それは、「正論」2011年10月号掲載の【拉致と「自主革命党」、そして「市民の党」の深い闇】と題された西岡力さんの論説です。

 10月号の発売日は9月1日ですから、たぶん8月半ば頃までに書かれたものでしょう。
 だからその後もしかしたら見解が変わってるかもしれないとも思ったのですが、西岡力さんのブログを拝見した限り、そういうことはないようです。

 (西岡さんは9月1日時点で「正論」10月号に寄稿したことを知らせる内容のエントリーをUPされていますが、そこにも、それより後のエントリーにも、「執筆時と状況が変化した」といった注釈はありません)

 その「正論」10月号で、西岡さんは、拉致問題あるいは日朝交渉に影響を与える可能性があるファクターとして、以下の2つの動きを挙げています。

111014-02nakaison.jpg

(1)中井洽元拉致問題担当相と北朝鮮の宋日昊・日朝国交正常化交渉担当大使との極秘交渉

 産経新聞が7月26日からスクープ報道したが、これは、あまりにも前のめりな交渉を、退任を言明している総理(菅直人前総理)がやっていることについて、心配した日本政府内の官邸勢力がリークしたのではないか。

 見逃してはならないことは、北朝鮮側が退任間近の菅首相との交渉に応じるほど対日接近に焦っていたということ。

111014-03sourenhonbu.jpg

(2)朝鮮総連本部の差し押さえ問題

 今一番専門家の間で注目されているのは、2006年(平成18年)に政府機関であるRCC(整理回収機構)が朝鮮総連を相手に起こした民事訴訟の最高裁判決が、いつ出るかということ。

 RCCの勝訴が確定すれば、朝鮮総連の中央本部が競売にかけられる。

 そこで例えば日朝国交正常化の時の資金で払うから差し押さえをやめてくれ、というような交渉が水面下で行われる可能性がある。

 中井・宋接触に北朝鮮側が応じた理由は、延命を図りたい菅首相との総連中央本部問題での政治取引だったのではないか?



 おお〜、RCC vs 朝鮮総連!
 ありましたよね〜、私はすっかり忘却の彼方でした(^^ゞ
 私と同様、忘れてしまった方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

 そこで、朝鮮総連本部の差し押さえ問題の流れを、これも西岡力さんの論説より引いてみますと……

 まず、朝銀信用組合がつぶれた時の不良債権について、一部をRCCが引き継ぎました。

 お金を借りた書類上の名義人は朝鮮総連ではなく、ペーパーカンパニーだったり個人だったりしたのですが、600億円分は朝鮮総連が借り手だとしてRCCが提訴します。

 そして一審、二審でRCCが勝ちました。

 しかし総連はお金がないので、中央本部を差し押さえることになりました。

 それを避けようとして、総連は元公安調査庁長官の緒方重威氏などを使った工作を行ったのですが、それも失敗しました。

 すると総連は、「株式会社○○で登記しているから中央本部は朝鮮総連の持ち物ではない」として差し押さえを阻止しようとしました。

 その点も裁判となり、やはり一審、二審でRCCが勝訴し、近く最高裁判決が出るところまで来ています。


 朝鮮総連本部の差し押さえ問題及び北朝鮮側の動きについては、以下の記事も合わせてどうぞ。

【民主と北朝鮮】北が菅に“売国要求”?総連本部差し押さえ回避を画策か(zakzak2011.08.15)
朝鮮総連中央本部の土地建物がいよいよ競売にかけられる(NEWS週刊ポストセブン>SAPIO 2011年6月29日号)


 また、これも西岡力さんによれば、昨年あたりから、「何人かの日本人被害者を返すため訓練を始めた」というような情報が多数出てきているとのことです。

 その中には、「何人か帰すから、横田めぐみさんと田口八重子さんのことだけは言わないようにしてくれ」という要求をしてきたという話もあるそうです。
 「言わないようにしてくれ」ということは生きているということです。


 こうやって考えていくと、今年初めからの日朝間の動きというのは、

【日本側の思惑】
 拉致問題を進展させれば内閣支持率UP!(*・∀・)v
【北朝側の思惑】
 制裁解除してくれ!カネくれ!<`∀´>

 という両者の思惑が一致した動きなのではないかと。

 まとめると、北朝鮮が拉致問題絡みで動き始めた理由は、ミクロでは総連本部の差し押さえ問題、マクロでは青山さんが言われた「核保有国と認めさせたい」、現時点ではこのあたりの線が濃厚なんじゃないかという気がします。

 あと、あえて付け加えれば、来年2012年は金日成生誕100周年、北朝鮮が目指してきた「強盛大国」の年ですよね。

 この前、水曜でしたか、テレビ朝日で池上彰さんによる平壌現地取材のVTRが放送されましたが、平壌市内では高層ビルの建設などが急ピッチで進められていました。
 これでは北朝鮮の資金もますます枯渇するだろうという状況が見て取れました。

111014-04noda.jpg

 では、そんな北朝鮮に対して今後日本側はどう動くのかというと、幸か不幸か動く要素はあまりなさそうに見えます。

 日本はすでに菅政権から野田政権に交代しています。
 菅さんと違い、野田さんは内閣支持率を気にするような状況には現在ありません。

 また、野田さんは「安全運転」志向です。
 鳩山政権・菅政権と失敗が続き、今度自分がヘマをすれば、民主党はいよいよヤバくなることをよく心得てますよね。

 また、東日本大震災からの復興、福島第一原発事故の収束、増税問題、TPP参加問題など、大きな課題を多数抱えています。

 こんな時期に、何の見通しもないまま北朝鮮側の誘いに乗るとは考えにくいでしょう。

 野田さんは10月8日に家族会と会った際、「私が行くことで諸懸案が解決するなら、いつでも北朝鮮に行く」旨の発言をしていますが、これは家族会へのリップサービスだったと思われます。

 むしろ拉致問題担当大臣の山岡賢次氏の方が要注意かもしれません。

 「(拉致担当相が)山岡賢次さんですよ」とマスコミの知人からメールをもらったときは、正直、冗談だと思った。拉致問題に全くといってよいほどかかわってこなかった人物で、関心もありそうには見えない。そのうえ、民主党の同僚議員からの評判も決してよろしくないこの人物がなぜ拉致担当相なのか、理解できなかった。

 懸念はすぐに現実のものとなる。組閣直後の九月四日に都内で開催された家族会・救う会・拉致議連共催の「緊急国民集会」でのことである。

 ここには山岡大臣も参加したのだが、開会前に控え室で家族会のメンバーとはじめての対面をしたときのこと。大臣になってからはじめて会うこと自体、何もしていなかった証拠なのだが、有本恵子さんのご家族が「娘は一九八三年に拉致をされました」と話したところ、大臣は何と「私はその年に初当選したんです」と長々と喋り出したのだ。

 実は私も同じ控え室にいたのだが、正直なところ顔も見たくなかったので一番遠いところにいたため、このやりとりは知らなかった。周りにいた人があとで教えてくれたのだが、話を聞いて、怒りを通り越して呆れるばかり。

 集会では、官僚の書いた原稿を棒読みにする姿に会場から囂々(ごうごう)たる野次が飛び、司会の櫻井よしこさんが何度も制止しなければならないほどだった。

111014-05yamaoka.jpg

「WiLL」2011年11月号【民主政権はなぜ拉致問題に冷たいか】(荒木和博・特定失踪者問題調査会代表)。画像は「TVタックル」より>

 山岡氏に対しては、家族会や関係者だけでなく国民からも批判の目が注がれています(もっとも“マルチつながりの消費者担当大臣”であることの方が批判は大きいようですが)。

 そのことが、「手柄を立てたい」「点数を稼ぎたい」という焦りにつながらないとも限りません。

 山岡氏以外にも、北朝鮮側とつながりがあったり、シンパシーを感じている議員は民主党にはたくさんいます。

 何せ民主党は菅さん、鳩山さんと、総理大臣が二代も続けて、拉致事件の加害者側に関係する団体に巨額な寄付をしていたのですから。

 また、10月12日放送「アンカー」で紹介された横田滋さんの話にもあったように、8月下旬に開かれた民主党外交安全保障調査会の北朝鮮問題分科会では、「何をもって拉致事件の解決とするかは、政治決断が必要。最終的には総理が泥をかぶらなければならない」という、まるで拉致被害者を見捨てよと言わんばかりの提言まで出ています。

 そういった人たちが北朝鮮側の勢力に操られて、突飛な行動に出たりしないかと心配です。

111014-06tokutei.jpg

 何をもって拉致問題の「解決」とするか。

 青山さんも言われたように、拉致被害者の全員帰国以外に「解決」はあり得ません。
 (それプラス拉致実行犯の引き渡し、さらに事件の真相解明までが「全面解決」だと私は思います)

 もしこれが普通の国であれば、とっくに軍隊を出して被害者を奪還しようとしてますよね。
 自国の国民が不法に、不当に拉致されているんだから、国として救出を試みるのは当たり前のことです。

 もし「日本は憲法9条があるから被害者を助けに行けない」というのであれば、憲法に不備があるということですから、とっとと改正するのが筋でしょう。

 9条を改正すれば、たとえ実力行使は難しいとしても、北朝鮮を“脅す”効果は十分期待できますよね。

 とはいえ、現実的に考えれば、今はやはり北朝鮮に対し経済制裁を続ける(もちろん朝鮮学校無償化阻止も含め。元生徒のこんな証言も出てきています)、制裁をさらに強化していくという作戦をとっていくしかないのでしょう。

 拉致問題は長年膠着状態にあるせいか、国民の多く(私も含め)がこの異常事態にある意味「慣らされて」しまっているようにも感じられます。

 ここらで原点に戻って考えてみることが必要ではないでしょうか。

 私たちと同じ日本国民が、北朝鮮というヤクザ国家の首領の指揮のもと誘拐され、今もかの国に囚われ続けている。
 「生きてそこにいる」のです。にも関わらず祖国に帰れない。
 こんな酷いことが許されますか?
 これ以上の主権侵害、人権侵害はないと思います。

 私たち国民はこれからも声を挙げていくべきです。
 政府や国会議員に対し要請し続けるべきです。
 北朝鮮になお一層の圧力をかけることを。
 そして、最後の一人まで助け出すという意志を強く内外に示すことを。


※改めて関係機関や政党に要望メールを!<(_ _)>

・各府省への政策に関する意見・要望(拉致問題は内閣官房、外務省、警察庁。朝鮮学校無償化問題は文部科学省)
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
・民主党 ご意見・ご感想
https://form.dpj.or.jp/contact/
・国民新党 ご意見・ご要望
http://kokumin.or.jp/index.php/pages/contact_us
・自民党 ご意見・ご要望
https://ssl.jimin.jp/m/contact
・たちあがれ日本 ご意見・ご要望
https://www.tachiagare.jp/contact.php

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※関連ニュース
朝鮮学校無償化審査で指導強化要請…拉致家族会(読売新聞2011.10.6)
首相に実効政策迫る 「救う会」が方針決議(産経新聞2011.10.9)
調査会を支援する会設立へ 「拉致解決の起爆剤に」(産経新聞2011.10.12)
教師が反日誘導「日本人に拉致を言う権利はない」 元生徒が朝鮮学校の実態告発(産経新聞2011.10.14)

※関連サイト
救う会(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会)
荒木和博ブログ(特定失踪者問題調査会代表)
西岡力ドットコム(救う会会長)

※拙ブログ関連エントリー(RCCvs朝鮮総連)
05/11/23付:RCCが朝鮮総連に全額返還求め提訴
07/6/14付:「アンカー」朝鮮総連が公安調査庁元長官に本部売却
07/6/16付:朝鮮総連架空売却疑惑 黒幕は誰?
07/6/19付:総連敗訴と北資金凍結解除


okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 俳句って難しい〜(T^T)

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328-1.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/926-b693d168

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索