ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

【速報】新代表は野田さん!海江田さんじゃなくて良かった(^_^;

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】」


 皆さん、おっしゃりたいことたくさんあるだろうと思って、取り急ぎUP。

 画像は携帯でテレビ画面を撮影しました。粗くてすみません。

110829-01.jpg

110829-02.jpg

110829-03.jpg

 ……ちなみに2枚目の写真、野田さんの隣りに映ってるのは衆議院議員の萩原仁。
 我が選挙区選出でバリバリ小沢派の1年生。
 野田さんに決まった瞬間は、「ああ~っ」とガックリした表情を見せてました。
 大阪2区の選挙民の皆さん、次の選挙では必ず落としましょうね。


民主新代表に野田氏、決選投票で海江田氏を破る(読売8/29 14:33)

 実は昨夜までの報道を見ていて、私はてっきり決選投票は「海江田vs前原」になると思ってました。

 「海江田さんが当選したらこう書こう」「前原さんが当選したらこう書こう」というのはある程度頭の中で考えていたんですが、野田さんが来るとはほとんど考えてなかったので、さて、どうしよう(^^ゞ
 ま、何にせよ、海江田首相だけは勘弁して!と思ってたので、今、大変ホッとしているところです。

 だって海江田さんはすごい媚中派。中共のチベット弾圧を正当化し、胡錦濤を擁護した人です。

 こんな人が首相になってたら、日本はさらに怖ろしい事態になるところでした。

 私の夫なんか、半ば本気で「海江田がもし首相に選ばれてたら、それは日本最後の首相、同時に、中華人民共和国日本自治区の初代主席になってたかもな」などと言ってたぐらいです。

 しかも海江田さんは、小沢さんの傀儡に過ぎませんから。

 ここ数日の報道(ex.読売8/27産経8/28)でも明らかになっているように、小沢グループは「来年、小沢首相を実現するために、今回は海江田を」でまとまってたんですから。

 びっくりしたのは、海江田さんてば小沢さんにおもねる余り、自民・公明との「3党合意」を白紙に戻す可能性にまで言及しましたからね。
 そんなことしたら、自民・公明がますます反発して、国会運営がまた滞るのに。

 また、もともとTPP推進派だったのが急に慎重になったのも、小沢さんからの支持を受ける見返りだったことが分かっています(下野新聞(栃木の地元紙)8/28) 。

 とにかくもう、私の脳裏には数日前からこういう図式が浮かんでましたから。

   鳩山さんが日米同盟弱体化させて
   菅さんが中韓露の日本への侵略行為を黙認して
   海江田さんが中国の尖閣諸島上陸を許して
   小沢さんが最後の仕上げ。
   そしてめでたく(?)日本終了………!?


 こういう最悪の事態は避けられたってことで、胸をなで下ろしてます。


 野田さんに関しては、歴史認識についてはかなりまともです。
 海江田さんと比べてだけでなく、民主党内全体を見渡しても。

 これについては野田さんが「ポスト菅」の有力候補として浮上した頃に拙ブログで書いたので、未読の方はどうぞ。

6/11付:野田佳彦さんの歴史認識はかなりまとも。但し総理大臣となると…

 こんなの見てる時間ないわって方のために、簡単にまとめると、

 野田さんは、小泉政権時代に提出した質問主意書の中でこう述べています(あ、これ前エントリーでも紹介しましたね(^^ゞ)。

 「『A級戦犯』と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではない」
 「『戦犯』の名誉はすでに回復されている」
 「国内法上、戦犯は存在していない」
 「『南京大虐殺20数万』は虚構である」
 「満州事変以来一貫して侵略戦争を行なっていたという解釈は間違いである」
 「『A級戦犯』の合祀を理由とする首相の靖国神社参拝への反対論は破綻している」

 また、外国人参政権については、少なくとも2010年1月時点で「政府提案であっても、議員提案であっても、出すべきではない」「選挙権がほしいのだったら、帰化すればいい」と述べています(朝日新聞10/1/30)。

 そして、議員連盟「人権擁護法案から人権を守る会」のメンバーでもあります(但しこの会が今も動いているのかどうかは不明)。

 夫婦別姓についてはどういう考えなのか分かりませんが、少なくとも、推進派だという話は聞いたことがありません。

 よって、日本解体3法案に関しては、野田さんが首相でいる間は積極的に進められるような事態には陥らないのではないかと私は見ています(もちろん油断は禁物ですが)。


 もうひとつ、私が大変気になっているのは、野田さんが増税派であるということです。

 ただ、こういう話もあります。

 「WiLL」2011年10月号(今月号)掲載の、現役官僚による匿名座談会第二弾からの引用です(前エントリーで引用したのは9月号の分)。

 (司会・構成はルポライターの横田由美子さんです)

 一部起こしここから____________________________

--さて、いよいよ代表選挙ですが、8月17日現在では、野田佳彦財務相が最有力候補に挙げられています。その他、立候補を取り沙汰されている人も含めて、総理に担ぎたいと思う政治家はいますか?

環境 財務省以外は同じ意見だと思いますが、見あたりません。でも、財務省にしても、消去法で野田さんを推しているというだけでしょう?

財務 「復興財源確保に向けた増税を」というただ一点においてのみ、わが社(省)の幹部は野田さんに期待しています。わが国の借金は約944兆円にまで増えた。しかし、私は野田さんが代表になったところで、とてもじゃないが増税に踏み切れるとは思いません。近くで見ていて、つくづく決断力がない人だと感じる。

厚労 面倒な案件は、ほとんど桜井充(みつる)財務副大臣が処理していますからね。本人は「何で俺のところばかりこんなのが来るんだよ」と、よくぼやいている。

財務 桜井さんは、輿石東参議院議員会長とも関係がいいので話をまとめやすいんですよ。

内閣 小沢グループが担ぐ独自候補のひとりとして、桜井さんの名前が挙がったこともありました。小沢さんの側近が一時、積極的に接近していましたね。本会議中でも、密談している姿を何度も見られています。しかし、知名度のなさと経験不足がネックとなって、立ち消えになったとか。

財務 まあ、いずれにしても、野田さんでは難しい。国会で「マニフェスト違反」を指摘されると逆ギレしてしまう。たとえば、1月の党大会で岡田克也幹事長は「マニフェスト見直し」を認めた。予算の抜本的な見直しで16.8兆円の財源を捻出すると言っていたが、実際には9兆円近く足りない。その反論として何を言うのかと思ったら、「震災が起きたから」ですよ。反論になってない。

厚労 野田さんって、はっきり言って存在感薄いんですよね。華もないし。松下政経塾出身のなかではまともな方だと思っていましたが、答弁を聞いていても全く説得力がない。

経産 出馬するとかしないとかで相当ごねたようですが、「出馬会見を千葉の幕張メッセでやる」と言っていると聞いて驚愕しました。地元とはいえ、あんな広い会場に一体、誰が集まるのと、皆、開いた口が塞がらなかった。

(中略)

経産 前原さんは野田さんのことは見下していると思います。実際、前原さんのほうが優秀ですし、「あの人、何がやりたいの?」とよく言っている。馬淵さんのことは明らかに嫌っています。

厚労 野田さんがポスト菅の一番手に躍り出たのも、凌雲会(りょううんかい)のバックアップがあってからこそ。野田さんの本当の側近は、蓮舫さんと手塚仁雄さんしか残っていない。

財務 08年の代表選挙で煮え切らない野田さんに業を煮やして、中堅が離れましたからね。そのなかの松本剛外相がいま樽床伸二議員の下にいるので、松本さんを口説いて樽床グループを野田陣営に引っ張れないかと早い段階から画策していた。

内閣 馬淵さんもその時、離れたひとりですよね。

 ____________________________一部起こしここまで


 本当に全てこの通りかどうかは分かりません。
 ブラフ入ってるかもしれませんし。
 ただ、「決断力がない」「答弁を聞いていても全く説得力がない」というのは、何となく分かるような気が……(^_^;


 さて、こうなると俄然気になるのが、組閣と党役員人事ですね。

 野田さんは以前から「怨念の政治はやめよう」と言ってきたので、小沢派からも何人か要職に就けるんでしょうね。
 当選直後の演説でも、「もうノーサイドにしましょう!」と言ってましたしね。

 (「ノーサイド」って、昨年、菅さんも代表選が終わった時に言ってましたが、ま、菅さんと違って野田さんは人間的にはかなりまともな人のようなので、ある程度は信じていいんじゃないでしょうか?)


 ただ、前エントリーでも書いた通り、私は、組織としても体を成していない上に、外国勢力の浸透をやすやすと許してしまう体質である民主党が政権党である限り、誰が首相になっても期待できないと思ってるので、野田新首相にもほとんど期待はしていません。

 それでも、媚中で小沢傀儡の海江田さんや、媚朝鮮の前原さんが首相になるよりは、はるかにマシですね、ということです。


 それにしても、今回の民主党代表選は異例の展開でしたね。

 党員資格停止処分を受けて投票権がない人物、三宅久之さんの言を借りれば「座敷牢に入れられている人物」の意向が大きな影響力を発揮したわけですから。

 それに加えて、投票権を持ってたのは民主党国会議員のみ。

 しかも公示から投票まで時間がなさすぎて、誰がどんな政策を主張してるのか、国民にほとんど周知されないまま終わってしまいました。

 いろんな意味で民意と著しくかけ離れた代表選だったと思います。


 で、小沢さんは今後どうなるのでしょうか?

 組閣や党人事を見てみないと分かりませんが、求心力がさらに低下するのは間違いないでしょうね。
 ただ、小沢信者(党内だけでなく外野も)の信仰ぶりはすごいものがあるし、まだまだ影響力は持ち続けるのでしょうね(T^T)


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328-1.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/902-64807a78

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索