ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

青山繁晴「ニュースの見方」竹島周辺の海底資源を狙う韓国&「アンカー」は山本太郎が出演

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


【一覧】「アンカー」青山さんコーナーテキスト起こし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

110720-01stmina.jpg

 7月20日放送の関西テレビ「アンカー」、青山繁晴さんはお休みでした。その理由は……、青山繁晴さんのブログ7/20 2:21:49付より引用。

 スコットランドの古都、エディンバラで開かれているICGH(国際ガス・ハイドレート学会)に出席して、今日で3日目です。
 まだまだ学会は続くし、学会が終われば、再びフランス入りしてから帰国するので、今週の関西テレビの報道番組「スーパーニュース・アンカー」は参加(出演)できません。
 RKB毎日放送(福岡)のラジオは、エディンバラのホテルから電話で、いつものようにナマで参加します。

 というわけですので、今週はRKB「中西一清スタミナラジオ」の青山繁晴さんのコーナーを起こしました。

 国際ガス・ハイドレート学会に出席した青山さんによれば、韓国は竹島周辺に眠るメタンハイドレートの実用化に向けた動きを、官民挙げて着々と進めているそうです。実用化は早ければ2014年にも!?

 いつもの「アンカー」起こしと同様、間投詞などもできるだけ再現&細かい相づちは支障のない限りカットしています。

 なお、今週の「アンカー」には、“反原発”芸能人として最近何かと話題の山本太郎さんがゲストとしてスタジオ出演しました。
 その内容も、最後に少しだけ紹介します。

※引用転載はご自由に。連絡不要です。但し誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので、必ずこちらのURLを添えておいて下さい。また画像を利用される方は、直リンクでなく必ずお持ち帰り下さい。当方のサーバーへの負荷軽減のためご協力のほど宜しくお願いいたします。
※「直リンク」の意味が分からない方はこちらをご覧下さい。

※7/21 17:08 「チタンハイドレート」→「ブタンハイドレート」に修正。


 内容紹介ここから____________________________
中西一清
「さ、水曜日です。独立総合研究所の青山繁晴さんです。青山さん、おはようございます」

青山繁晴
「おはようございます」

中西一清
「今、スコットランドですって?」

青山繁晴
「ええ、そうです。イギリス、スコットランドの、首都というべき、エジンバラっていう町にいるんですけれども」

中西一清
「はい」

青山繁晴
「このエジンバラ、緯度がとても高くてですね、樺太の最北端よりも北になるんで」

中西一清
「ああー」

青山繁晴
「すごく寒いんですよ」

中西一清
「ああー、そうなんですか」

青山繁晴
「ええ。で、今こちら、あの、夜中の11時半前ですから、もうちょっとあの、マフラーしてても震えるぐらい寒い…」

中西一清
「ああー、そうですか」

青山繁晴
「ええ。で、ちょっと小雨の、外で今、電話を受けてるんですけれども。あの、こちらでですね、国際ガス・ハイドレート学会っていうのをやってまして」

中西一清
「はい、はいはいはい」

青山繁晴
「それに出席してるんです。で、ガス・ハイドレートって言葉、あんまり、日本ではまだ馴染みないと思うんですが」

中西一清
「これ、メタンハイドレートとは違うんですか?」

青山繁晴
「あ、あの、おっしゃるとおりで、メタンハイドレートを含む、天然ガスが水と一緒になったものを総称して、ガス・ハイドレートっていうんですね。あの、メタンハイドレートとか、エタンハイドレート、ブタンハイドレート、そういうものをまとめてやる、国際学会なんですけれども。ま、福島原子力災害で、原子力の未来が失われましたから、この学会も非常に今、注目されてるんですけれども。その、この学会は本来は非常に専門的なものですけれども、その中で、専門外の方でも分かる話を今日したいんですが」

中西一清
「はい」

青山繁晴
「その前に2つちょっと嬉しい話、ちょっとばかし嬉しい話、したいんですね」

中西一清
「はい、どうぞ」

青山繁晴
「で、1つはですね、あの、福島原子力災害で、この、ヨーロッパをはじめ、海外で日本に対する不信感広まってると、大変日本でこう、報道されてますね、強調されてます。ところが、実際、今回ヨーロッパ、まずフランスに入りまして、フランスのパリから、こっちの、イギリスのエジンバラに来たんですけれども、えー、そういう気配全くなくてですね。日本から食材を入れて、お寿司を、パリでも、このエジンバラでも、大変皆さん、この原子力災害の前と同じように、いわばダイエット食品、健康食品としても、あるいはおいしい食べ物としても、とても愛してもらっていて」

中西一清
「ほおー」

青山繁晴
「そしてこの、ヨーロッパの人々に話を聞いてみますと、いや、あの、僕らは日本大好きだよと、日本の技術力も信頼してるし、日本の食べ物は最高だし、日本の人も大好きだよということをですね、あの、いろんな立場の方、学者であったり、あるいはあの、ホテルのウエイトレスの方だったり、いろんな人にこう、さまざまに聞いてみたんですが、日本に対する見方変わったって人は、ただの一人も会わなかったです

中西一清
「うーん、はいはい」

青山繁晴
「だからと言って、福島原子力災害の、深刻さは変わるわけではありませんけれども、しかしあんまり日本を、自ら卑下するのもやっぱり違うなっていうことを、1つ思いました」

中西一清
「そうですよね、はい」

青山繁晴
「それからもう1つは、今も中西さんがお話になってた『なでしこジャパン』なんですけれども、ま、今の話とも関連して、えー、フランス、ドイツ、そしてこの、なでしこジャパンと決勝で戦ったアメリカの人、もちろんフランスにも、この英国にもたくさんいるわけですけど、もう本当にこの人たちも、心を込めて日本を応援してくれてます

中西一清
「ああー」

青山繁晴
『なでしこジャパン』の、いわばその、凄味のある奇跡というのを、ほんとに日本復活の印として、まるで我が事のように喜んでくれる。僕はむしろ、今までさんざんヨーロッパ、海外出張でやって来たわけですけど、こんなに日本に対する温かい気持ちを感じたことないです

中西一清
「ああー、そうですか」

青山繁晴
「はい。だから、あの、今の困難から立ち上がるためにも、むしろこう海外に出てみて、特に、欧米社会の反応を、ご自分で体験されるのもよいかと思いますね」

中西一清
「ですね、はい」

青山繁晴
「で、それで次に、この、さっき申しました、国際ガス・ハイドレート学会の話なんですが、実はこの学会ではちょっと1つショックなことがありました。というのはですね、えー、中西さん、福岡からも間近い日本海の、竹島のあたりなんですが」

中西一清
「はい、はいはい」

青山繁晴
この竹島のあたり、前にもお話ししたかと思いますが、実はメタンハイドレートの世界的な宝庫で

中西一清
「ああー」

青山繁晴
この竹島を、韓国が、ま、占領して、竹島と呼ばずに、独島(ドクト)と呼んでるわけですね。で、この、独島と呼んで、しかも日本海を日本海と呼ばずに、東海(とうかい)、東の海と呼んで

中西一清
「ふん、ふん」

青山繁晴
韓国の学者、研究者が、もう大量に、今回の学会で発表してまして、えー、日本が、竹島周辺のメタンハイドレートを、おめおめと見逃してる間に、韓国がどれほど官民あげて

中西一清
「あらー」

青山繁晴
この竹島周辺のメタンハイドレートを我が物とするために、すでに研究を進めているかっていうのが、今回の学会に来て、手に取るようによく分かったわけですよ

中西一清
「東シナ海の、海底ガス田と一緒ですね」

青山繁晴
「ええ、そうなんですね」

中西一清
「構図はね、ええ」

青山繁晴
「はい。で、しかもその、韓国側の、ま、韓国側っていうか韓国の、本来中立であるべき学者や研究者の方々の発表で、もう日本海って言葉は当然のごとく捨てられていて、もう東海、East Seaっていう、Japan Seaっていう言葉は使われなくて、East Sea、東海って言葉が、この学会の中でも普通にもう、まかり通ってしまってるわけですね

中西一清
「ああー、そうなんですか」

青山繁晴
「で、韓国の学者の中でたった一人だけ、えー、東海及び日本海、East Sea or Japan Seaって書いてる人がいましてね、この人がむしろ公平に見えてしまうぐらいなんですよ(笑)」

中西一清
「うーん」

青山繁晴
「本当はこれは、あの、韓国の本来の戦略で、両方併記で行きながら、やがて東海を載せていくっていう国際社会でやってるんですけれども。えー、この名称のことにとどまらず、実際にこの竹島と、それから、竹島からむしろ福岡にかけたあたりの日本海に、えー、どれぐらいのメタンハイドレートが存在してるかってことも、相当正確につかんでいますし、もう実用化に向けて

中西一清
「ああー」

青山繁晴
「えー、それも2014年、そのあたりの実用化、ということはあと2年…」

中西一清
「2014年!」

青山繁晴
「ええ、3年しかないわけですけれども、それに向けて実用化図ってるってことが、もうありありと読み取れます。それからさらに、それは、韓国国内の学者、研究者だけではなくて、たとえば今日発表あった中には、アメリカのコロラド州立大学、で、研究してる韓国の学者も、堂々と、もう日本海ていう名前を捨てて、東海でこんなに、韓国はメタンハイドレートを、実用化しようとしてるって研究を、発表してるぐらいなんですね。それに対して…」

中西一清
「だから島だけじゃなくて、海底の資源までも、先達(せんだつ?)しようとしてると、いうような構図ですよね」

青山繁晴
「ええ、おっしゃるとおりなんですが、実は、僕は韓国で国防大臣やった人に聞いたことあるんですけれども、もう島というか、あの竹島はもともと、まあ、実用化できるのかっていうぐらい小さい島ですよね。だから島そのものよりも、つまり最初はメンツで、あの島を、ま、ゲットしたけれども、今は海底の資源こそ、子々孫々に伝えるものとして、我々は手放せないんだってことを、僕は長い付き合いなんで、その元国防大臣ははっきりそうおっしゃったこともあるわけです」

中西一清
「はあー」

青山繁晴
「で、これに対して日本側は今回の学会でも、この、竹島、それから、福岡にかけての海のあたりのメタンハイドレートを発表した例はなくてですね。えー、私たち自身も含めて、私たちは日本海で研究はしてるんですけれども、それは佐渡島の南、別に竹島を避けてるわけじゃないんですけれども、佐渡島の南をベースにして、それを広げようとしてるんですけども、なかなか、この原子力災害があってもその予算がつかないっていう実情があるわけです

中西一清
「うーん」

青山繁晴
「はい。もう時間が来てしまったと思うんですけれども、えー、こういうことが分かっただけでも、この災害の最中に、スコットランドまでやって来た意味はあったなと考えております」

中西一清
「ま、ともあれ、あの、災害がいくらあっても、その、外交だけは、その、立ち止まることはできないということでもありますよね」

青山繁晴
「ええ、おっしゃるとおりだと思いますね。あの、さっき申しましたとおり、私たちの元気を取り戻すためにも、海外と今まで以上に付き合うことが、官民問わず大切だと思ってます

中西一清
「はい。ありがとうございました」

青山繁晴
「はい。ありがとうございました」

中西一清
「お気をつけて。独立総合研究所の青山繁晴さんでした」

 ____________________________内容紹介ここまで


 外交とは本来シビアなものです。
 日本が震災で困っていたとしても、それはそれ、これはこれ。
 ましてや日本の周辺を見渡すと、「水に落ちた犬は叩け」という文化の国が多いですよね。
 震災の復旧・復興、原発事故対応すら満足にできない菅政権が、そんな国々を相手にまともな外交などできるわけもなく……(T^T)

 ただ、竹島の上空を大韓航空機がデモフライト、すなわち意図的に領空侵犯した問題については、珍しくマシな対応をしたと思います。
 そう、外務省が7月18日から1カ月間、職員に公務での大韓航空機の利用を自粛させることとした件です(但し1カ月は短すぎるような気もしますが)。

 ですが、そもそもこんなことになった間接的な原因は民主党政権のこれまでの外交姿勢にあるのであって、弱腰あるいは迎合的な対応の数々が韓国側をつけ上がらせてしまったことは間違いありません。

 韓国だけでなく中国やロシアなど近隣諸国の日本に対する「侵略的行為」は、震災を境にますます強くなっています。これに対抗するには少なくとも今の菅政権では絶対ダメでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ちなみに7月20日の「アンカー」、スタジオコメンテーターは田中秀征さん(元衆院議員で細川元首相の首相特別補佐。「新党さきがけ」の理論的指導者でもあった)と、島村洋子さん(作家)でした。

 山本浩之キャスターが、菅さんのことをよく知る田中秀征さんに、菅さんの極左団体への多額献金問題について聞いてくれてました。

 田中秀征さんはこうコメントされました。

 菅さんは、5000円、1万円の政治献金を集めて嬉々としていた人です。6000万円代というのは彼にとってはとてつもない数字。そんなお金を出すのはよっぽどの事情があるんじゃないでしょうか。彼は国会では法律に則ってやってるということを言ってましたが、ちゃんと説明しないと。おそらくこのお金は党から来た政党助成金でしょう。これは国民の税金ですから、きちんと明らかにしなければ。あまりにも桁違いの政治献金の額だと思います」

 しかしこの献金問題、報道してるのが未だに産経、関西テレビなどごく一部メディアだけって、どういうことやねん(-.-#)

 7月19日には自民党の古屋圭司議員が衆院予算委でかなりみっちり取り上げてくれましたが(産経7/19付記事参照)、それでもメディアはほとんどスルーでしたよね。
 大型台風が来たり、「なでしこジャパン」が帰国したりと確かに忙しい日ではありましたが、それにしてもあまりに扱いが軽すぎませんか?(T^T)

110720-02tarou.jpg

 7月20日の「アンカー」に話を戻します。
 山本太郎さんのスタジオ出演には正直、驚きました。もちろん「アンカー」は初出演だと思います。

 テレビ欄ではこういう紹介の仕方をされていました。

山本太郎が見たフクシマ!高濃度汚染にとまどう親たち「放射線から子どもを守れ!」

 山本太郎さん自身による現地取材VTRを軸に、スタジオでは放射能汚染についての政府対応の問題点や、今後どう子供たちを汚染から守っていくか等について言及しました。

 測ったわけではないですが、青山さんの“ニュースDEズバリ”コーナーよりも時間をやや長めに取っていたように思います。

 山本太郎さんは本当にいろんなことを主張していましたが、ひとつだけ取り上げますと、「サテライト疎開」。具体的には北海道その他に疎開をさせられないかということで、それに関連してこういう発言をしました。

 「戦時中、空襲から子供たちを守るために疎開させた。どうして先人がやってきたことを今できないのか。国の対応は後手後手になっているという考え方もあると思うが、僕は、政府は今起こってることを全て分かってるんじゃないかと。補償や賠償でお金がかかるし、人を動かせないという経済的な考え、目の前のお金を守るために人の命を犠牲にする政策だと思う

 また、コーナーの締めの部分ではこう主張していました。

 「福島だけの問題ではない。全国的な問題で、全ての食品に対して汚染の可能性がある。それだけじゃなくて、放射性物質を浴びた汚泥、(放射性セシウム濃度が)200ベクレル以下のものはもう肥料として福島県外に流通させてよいと。今していることは、きれいな場所まで汚染される状況を作り上げている。日本から汚染されていない場所がなくなってしまう。いったい国は今、何をしているのか。ひょっとして、国の重要なことを決める人たちは、この国の未来をあきらめたんじゃないかと思える。ぜひ皆さんで声を挙げていってほしい」

 番組を見た限りにおいては、私は山本太郎さんという人は福島を、特に子供たちの将来を本当に心配していると感じましたし、またそれなりに勉強もしているようだし、主張も必ずしも間違いであるとは思いませんが、なぜかあまり共感はできないんですよ。

 それはおそらく、彼の一連の言動にパフォーマンス的なものが見え隠れしたり、あるいはグリーンピースとのつながりとか、あるいは3年前の「竹島は韓国にあげたらよい」発言とか、そういった諸々のことがどうしても引っかかってしまうからでしょう。


※参考リンク
ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ
 青山さんに直接コメントが送れます。
誰にも手渡してはならない自由意志
 拙ブログで紹介しきれなかった青山さんの発言を起こして下さっています。
青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ
 動画の紹介など情報が大変充実しています。

※拙ブログ関連エントリー(アンカー)
【一覧】「アンカー」青山さんコーナーテキスト起こし


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/880-c0dcfb15
-
管理人の承認後に表示されます
2013/09/02(月) 18:13:51 |
-
管理人の承認後に表示されます
2013/09/03(火) 07:44:38 |
-
管理人の承認後に表示されます
2013/11/04(月) 20:24:55 |
-
管理人の承認後に表示されます
2013/11/04(月) 21:15:09 |
-
管理人の承認後に表示されます
2013/11/04(月) 21:29:33 |

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索