ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

国歌斉唱時の起立命令は合憲!最高裁が初判断

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

110530kimigayo.jpg

【画像:原告で都立高校元教諭の申谷雄二氏】

 学校教育が正常化に近づくかもしれない。
 最高裁で今日、そんな大きな判断が出されました。
 
「国際常識を身につけるため、国旗、国歌に敬意を」 国歌斉唱時の起立命令は合憲 最高裁が初判断(産経5/30 17:42)
 卒業式の国歌斉唱で起立しなかったことを理由に、退職後に嘱託教員として雇用しなかったのは違法として、東京都立高の元教諭が都に損害賠償などを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(須藤正彦裁判長)は30日、起立を命じた校長の職務命令を合憲と判断し、元教諭側の上告を棄却した。都に賠償を命じた1審判決を取り消し、元教諭側の逆転敗訴となった2審判決が確定した。

 最高裁は平成19年2月、国歌伴奏を命じた職務命令を合憲と初判断したが、国歌斉唱の起立命令に対する合憲判断は初めて。

 1、2審判決などによると、元教諭は16年3月の都立高の卒業式で起立せず、東京都教育委員会から戒告処分を受けた。19年3月の退職前に再雇用を求めたが、不合格とされた。

 同小法廷は判決理由で、卒業式などでの国歌斉唱の起立は「慣例上の儀礼的な所作」と定義。起立を命じた職務命令について「個人の歴史観や世界観を否定しない。特定の思想の強制や禁止、告白の強要ともいえず、思想、良心を直ちに制約するものとは認められない」と指摘した。

 その上で、「『日の丸』や『君が代』が戦前の軍国主義との関係で一定の役割を果たしたとする教育上の信念を持つ者にとっては、思想、良心の自由が間接的に制約される面はあるが、教育上の行事にふさわしい秩序を確保するためには合理的だ」との判断を示した。

 判決は4人の裁判官の全員一致の意見で、うち3人が補足意見を付けた。竹内行夫裁判官は「他国の国旗、国歌に対して敬意をもって接するという国際常識を身に付けるためにも、まず自分の国の国旗、国歌に対する敬意が必要」とした。

 1審東京地裁判決は21年1月、職務命令の違憲性を否定したが、「起立しなかったのは1回だけで不採用は裁量権の乱用にあたる」として都に約210万円の賠償を命じた。2審東京高裁は同年10月、職務命令の合憲性を認め、命令がある以上、元教諭は従う職務上の義務があるとして、1審判決を取り消し、逆転判決を言い渡した。

 至極当然の判断ですね。

 日教組とズブズブの民主党も、さすがに最高裁の判断は無視できないようで、枝野官房長官が会見で、「司法部における終局の裁判だ。憲法判断権を持っている機関の判断なので、(教育関係者は)内容をしっかりと精査して、重く受け止めるべきだ」と述べたとのことです(産経5/30 18:09)。

 でも朝日新聞とか、明日の社説あたりでブチキレそうですね(^_^;
 「しかし、ちょっと待ってもらいたい」とか言い出しそう。

 私はこの裁判は全く追っかけてなかったんですが、原告で元教諭の申谷(さるや)雄二さんってかなり痛そうな人ですね。
 判決後の会見でこんなコメントをしています。

 「私は石原(慎太郎)知事よりもこの国を愛しているという風に自負している」(産経5/30 19:47
 「(大阪府の橋下知事が目指す“国歌斉唱時に教職員に起立を義務づける条例案”について)日の丸を愛することが国を愛することだというのは短絡的な考えだ。 『教育は票になる』との思いかもしれないが、厳に慎むべきだ」(時事5/30 19:40

 「日の丸を愛すること=右翼・軍国主義」なんて主張の方がよっぽど短絡的だと思いますが……。

 憲法云々、思想信条云々の前に、考えてほしいこと。
 自分の国の国旗や国歌に敬意すら払えない人間が、国や国民、地域や地域住民のために働く公務員としてふさわしいのかどうか。
 そういう根っこの部分、普通の人なら誰もが疑問に思うことを、この人たちは考えたことすらないのかな?

 ちなみに、最初の記事にある「最高裁は平成19年2月、国歌伴奏を命じた職務命令を合憲と初判断した」……。
 これ詳しく書かれてないけど、市立小学校の入学式で国歌のピアノ演奏を拒んで戒告処分を受けた音楽教諭が都教育委員会に処分取り消しを求めた訴訟です。

 で、この音楽教諭ってのもかなりというか相当痛い人で、東京新聞06/3/23によれば、

音楽教員の女性は、「10・23通達」*1以降は「歩いていても『君が代』が聞こえてくる」ようになった。

卒業式でピアノ伴奏をする音楽教員は、特に生徒に斉唱強制を促しかねない“加害者”の立場 にもなりうる。女性教員は、音楽準備室に入り込んでくる虫(カメムシ)が「都教委に見え、見張りに 来たと感じる」ような思いに襲われる。

*1 「10・23通達」=君が代斉唱参加を義務づけた2003年10月の通達。

 もはや「あなたは病気なのでとっとと退職して静養して下さい」ってレベルです(T^T)

 ところで、先ほど申谷氏のコメントにもちらっと出てきましたが、大阪府の橋下知事が率いる「大阪維新の会」の府議団が、府立学校の行事で国歌が流れる時に教員が起立・斉唱することを義務づける条例案を提出しました。
 6月3日の本会議で可決される見通しです。

 橋下知事は「公務員が国歌斉唱時に起立するのは当たり前」と述べています。
 本当にその通りで、起立するのが嫌であれば辞めるべきです。
 どうしても教師を続けたいっていうなら、公立学校でなく私立学校に行けばいいだけのこと。特に朝鮮学校あたり、喜んで迎えてくれるんじゃないでしょうか。

 職務命令に背いて国歌斉唱時に起立しなかった教諭について、これまで大阪府教委が処分した教諭は、今年5月に2人、昨年3月に4人、この2例だけです。
 起立しなかった教諭は実はもっとたくさんいるのですが、いずれも職務命令が出ていなかったため処分は免れています。

 大阪府の条例案については、最初に報道された時(5月半ば頃?)から、全国ネットもそうですが、関西のニュース番組や情報番組でもけっこう時間を割いて扱ってました。

 ある吉本の芸人が言っていたのは、「卒業式とかで起立しない先生がいて、あの先生は何で立たんのやろ?と気になった。生徒にいらん気を遣わせるのはどうかと思う」
 おっしゃる通り。教師の個人的な思想信条で生徒を振り回してはいけません。

 それに対して、別の出演者が言ったのは、「そういうことも含めて、国歌とか国旗について考える機会になって良いのでは」。
 一見もっともらしく聞こえますが、私は「はぁ??」と。

 「考える機会に」って、んなアホな。考えるまでもないことですやん。
 国歌斉唱で起立する、国旗に敬意を払う、こんなのって「挨拶をしましょう」「授業に遅刻しないようにしましょう」というのと同レベルの、いわば人として最低限の礼儀・マナーじゃないですか。

 もっとも、たとえ起立しない教師がいたとしても「式典で国歌が流れる」だけで、私なんかは羨ましく思ったりするんですけどね。
 というのも、前から何度もここで書いてきたように、私は小・中・高校と学校(全て和歌山市内の公立高校)で国歌を一度も習ったことがなく、式典でも国歌が一度も流されたことがなかったんです。

 私(昭和39年生まれ)が学んでいた頃とは時代もすっかり変わり、「君が代=軍靴の足音」なんて妄想を授業で子供たちに植え付けるひどい教師はかなり減ったとは思いますが、まだまだ日教組がのさばっている地方も多いようです。

 大人のイデオロギー闘争に子供たちが利用される時代は、もう終わらせなければなりません。
 今回の最高裁の判断が、次代の日本を担う子供たちの教育に前向きな影響をもたらしてくれることを願っています。

・・・・・・・・・・・おまけのアーカイブ・・・・・・・・・・・

 もう5年も前のことですが、皆さん、こんな出来事があったのを覚えてますか?

「君が代」替え歌流布 ネット上「慰安婦」主題?(産経06/5/29)

 卒業式、入学式での国歌斉唱が浸透するなか、「君が代」の替え歌がインターネット上などで流布されている。「従軍慰安婦」や「戦後補償裁判」などをモチーフにした内容だが、本来の歌詞とそっくり同じ発音に聞こえる英語の歌詞になっているのが特徴で、はた目には正しく歌っているかどうか見分けがつきにくい。既に国旗掲揚や国歌斉唱に反対するグループの間で、新手のサボタージュの手段として広がっているようだ。

 替え歌の題名は「KISS ME(私にキスして)」。国旗国歌法の制定以降に一部で流れ始め、いくつかの“改訂版”ができたが、今年二月の卒業シーズンごろには一般のブログや掲示板にも転載されて、広く流布するようになった。

 全国規模で卒業式、入学式での国旗掲揚、国歌斉唱に反対する運動を展開するグループのホームページなどでは、「君が代替え歌の傑作」「心ならずも『君が代』を歌わざるを得ない状況に置かれた人々のために、この歌が心の中の抵抗を支える小さな柱となる」などと紹介されている。

 歌詞は、本来の歌詞と発声が酷似した英語の体裁。例えば冒頭部分は「キス・ミー・ガール・ユア・オールド・ワン」で、「キー(ス)・ミー・ガー(ル)・ヨー・ワー(ン)」と聞こえ、口の動きも本来の歌詞と見分けにくい。

 歌詞の意味は難解だが、政府に賠償請求の裁判を起こした元慰安婦と出会った日本人少女が戦後補償裁判で歴史の真相が明らかにされていくのを心にとどめ、既に亡くなった元慰安婦の無念に思いをはせる-という設定だという。皇室に対する敬慕とはかけ離れた内容で、「国家は殺人を強いるものだと伝えるための歌」と解説したホームページもあった。

 ≪陰湿な運動≫
 高橋史朗・明星大教授(教育学)の話「国旗国歌法の制定後、正面から抵抗できなくなった人たちが陰湿な形で展開する屈折した抵抗運動だろう。表向き唱和しつつ心は正反対。面従腹背だ。国会審議中の教基法改正論議で、教員は崇高な使命を自覚することが与野党双方から提案されている。この歌が歌われる教育現場では、論議の趣旨と全く反する教育が行われる恐れすらある」
                   ◇
 ■「君が代」の替え歌 歌詞と訳

 【詞】
 Kiss me, girl, your old one.
 Till you’re near, it is years till you’re near.
 Sounds of the dead will she know?
 She wants all told, now retained,for, cold caves know the moon’s seeing the mad and dead.

 【訳】
 私にキスしておくれ、少女よ、このおばあちゃんに。
 おまえがそばに来てくれるまで、何年もかかったよ、そばに来てくれるまで。
 死者たちの声を知ってくれるのかい。
 すべてが語られ、今、心にとどめておくことを望んでくれるんだね。
 だって、そうだよね。冷たい洞窟(どうくつ)は知っているんだからね。
 お月さまは、気がふれて死んでいった者たちのことをずっと見てるってことを。


 ……これ、あんまり馬鹿馬鹿しすぎるっていうので、当時2ちゃんねるをはじめネットでかなり盛り上がったことを覚えてます(^_^;


※拙ブログ関連エントリー(国旗・国歌・日教組)
06/3/16付:朝日新聞の風物詩「国旗・国歌」
06/4/4付:増田都子がクビになったようです
06/9/23付:国旗・国歌、混乱させてるのは教師の方です
07/7/8付:NHKの日の丸・君が代隠し
08/7/22付:再録「報道特集」日教組徹底研究
08/10/13付:「たかじん委員会」教育問題と日教組
08/10/25付:日教組とズブズブの民主党に政権は託せない
09/7/5付:民主政権は“日教組政権”だ 「WiLL」より
09/12/1付:日教組がかつて行っていた「地元集中」 関西の番組が批判


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/856-5ad1238f
新聞名 日 付 社 説 見 出 し 北海道新聞   11/06/01君が代起立 懸念が残る最高裁判断 産経新聞 11/06/01国歌起立判決 「合憲」機に指導の徹底を 読売新聞 11/05/31君が代起立命令 最高裁の「合憲」判断は当然だ 毎日新聞 11…
2011/06/05(日) 11:08:15 | 「思いつきブログ」 hit on!

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索