ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

-言葉の力 - PRAY FOR JAPAN&朝日新聞縮小版東日本大震災

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

110520-1prayforjapan.jpg

 『PRAY FOR JAPAN ‐3.11世界中が祈りはじめた日‐』より。

 東横線の車掌さん、
 アナウンスで
 「大変なことになってますが、
 ここが頑張りどころです。
 みんなで力を合わせて乗り切りましょう!」と。
 たぶん、マニュアル外だと思う。
 素敵だ(^^)
 @sumogoma

 未来の歴史の教科書に
 「この大地震で壊滅的な被害を受けたが、
 日本は見事に立ち直っていった。」
 というふうに書かれていてほしいです。
 @dragons4320

 亡くなった母が言っていた言葉を思い出す。
 「人は奪い合えば足りないが分け合うと余る」。
 被災地で実践されていた。
 この国の東北の方々を、日本を、誇りに思います。
 @yoshi0miyu

 中三の少年と父親が自転車で、
 知り合いたちの安否確認のために移動していた。
 たぶん震災前は、少年も父に繰り返し反抗していたのだろう。
 だが、父は父として力強く、少年は、そんな父を慕っていた。
 苦難の中では大人の経験が頼りになる。
 被災地の父よ、母よ。
 子どもたちに未来を引き継いで欲しい。
 @momoikazuma

 仙台の友の言葉。
 「暗すぎて今までに見たことないくらい星が綺麗だよ。
 仙台のみんな、上を向くんだ」
 こんなくさいセリフが心に突き刺さった。
 @ryoji96

 じいちゃんが電話で言っていた。
 「お国のために電気を消すのも
 燃料を節約するのも全く苦ではない。
 今回は空から爆弾が降ってくるわけではない。
 放射能で汚染された野菜も米も肉も
 誰かが一生懸命作ったものに変わりない」
 号泣しました。
 @Masaiiiii

 今まで以上に
 力強い国になりますように。
 皆が優しく分け合う心を
 持ち続けていられますように。
 一人の力ではどうにもならないことでも、
 多くの人の知恵と力で
 共感・共鳴の輪が広がっていきますように。
 オビナタ ナオマサ

 
 皆さんとっくにご存知でしょうが、いちおう説明を。
 ツイッターやフェイスブックを通じてWeb上に寄せられたメッセージを集めたサイト『prayforjapan.jp』。大学生の男性が東日本大震災発生の夜、栃木北部の停電中の一時避難所で立ち上げました。

 それを「本」という形で「10年後も20年後も、親から子どもに語り継がれるものを作りたい」ということで生まれたのが、この『PRAY FOR JAPAN ‐3.11世界中が祈りはじめた日‐』です。
 ちなみにこの本では、1つ1つのメッセージ全てに英訳文が添えられています。

 「言葉の力」とよく言いますが、こんな未曾有の地震や津波に襲われて、家族や大切な人を失ったり、住まいや職場を失ったり、明日の食事すらどうなるか分からず、寒さに震えてる、そんな切迫した状況にいる被災者の方々に、果たして「言葉」は届くものなのだろうか?

 私と同じようなことを考えた方は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

 関東大震災の時にもこの種の議論はあったそうです。
 産経新聞5/9付【国語逍遥】で、清湖口敏氏(せこぐち・さとし。産経新聞東京本社編集局校閲部長)が紹介しています。

 内容を要約しますと……

 関東大震災で被災した文壇の大御所・菊池寛は、文芸の無力を嘆き、こう記しました。
 「生死の境に於ては、ただ寝食の外必要のものはない。食うことと寝ることだ」
 「『パンのみに生くるものに非(あら)ず』などは、無事の日の贅沢だ」

 小説家の広津和郎は、そんな菊池寛にこう反論しました。
 「火に責められているものには水こそ救いであり、餓(うえ)に泣いているものにはパンこそ救いであり、それと全く同じ意味で、芸術の渇きを感じているものには、芸術こそ救いである。それは別々に考えなければならない」

 清湖口氏はあらためてこの一節を読み返しつつ、再確認したそうです。

 生死の境においては水も食料も確かに重要ではあるが、それでも切実に「言葉」を待っていた人もいたろうし、「言葉」によって生きる力を取り戻した人も少なくなかったに違いない、と。

 そして、実際に、今回の震災報道においても、人の命を助け、沈む心を奮い立たせるような魂の響きにあふれた言葉がしばしば目についた、と。

 清湖口氏は、真の「国語力」とは単に漢字や語彙の知識量を問うものではなく、相手の胸底をふるわすような情緒をいかに伝えられるかにかかわるものだと指摘します。

 文化庁「国語に関する世論調査」(平成20年度)でも、「美しい日本語とはどのような言葉か」との質問に対し、「思いやりのある言葉」との回答が断然の最多となっているそうです。

 とは言うものの、日本中から、また世界中から寄せられたネットのメッセージを読んで、「感動した」「勇気をもらった」と言っているのは、大多数が被災を免れた人たちで、被災地から遠く離れた安全で暖かい場所でそれを読んでいるのでは?(私もその一人)と私は思っていました。

 でも、中にはこのようなメッセージも届いていることを知って……

 被災地からです。
 みんなの声がちゃんと届いてる!
 そして隣のひとと泣いている。
 ありがとう。
 すぐそこでは、遺体が何百人とうちあげられてる状況に悔しいだけ。
 また悔しくて泣く。
 こんなに悔しいのは人生で一番。
 とにかく皆の声に支えられてる!
 ao


 ……ああ、被災地にはやはり、「言葉」を待っていた人たち、「言葉」によって生きる力を取り戻した人たちも確かにいたのだ、と。
 そして現在も、未来にも、そういう人たちはきっといるのだと。

 この『PRAY FOR JAPAN ‐3.11世界中が祈りはじめた日‐』という本は、ネットの『prayforjapan.jp』から厳選されたメッセージを掲載してあるだけあって、どの言葉にも「相手の胸底をふるわすような情緒」が感じられます。

 ネットでご覧になった方も、まだご覧になってない方も、よろしかったらご購入下さい。
 印税は全額、復興のための寄付にあてられるそうです。

 誰かに頑張って欲しいと願うなら、
 100回「頑張れ」と言うよりも、
 自分が1回頑張った方が伝わる。
 私たちが、頑張ろう。
 @etoile_22S1


 被災された方々の本当の気持ちというものは、被災しなかった私には分かりません。ましてや気持ちを共有するなんてとても無理でしょう。
 そこのところはわきまえながら、それでも同じ日本国民として彼らに思いを馳せ、自分にできることを今後もやり続けていきたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

110520-2asahisinsai.jpg

 この本も買いました。
 『朝日新聞縮刷版 東日本大震災 特別紙面集成2011.3.11~4.12』

 朝日新聞(だけではないですが)は自衛隊の扱いがものすごく小さい、今回の震災報道でも相変わらずだ、とあちこちで聞くので、どこまで小さいのかなという興味もあって購入。

 3月12日朝刊から4月12日夕刊の震災関連紙面が全部載っているだけあって、本文だけでも653ページ。電話帳並みの厚さと重さ。
 震災記録資料としての価値は十分あるとは思いますが、自衛隊の扱い、ほんとーーーに小さいですね。
 ある程度予想していたとはいえ、産経購読者から見ると本当に違和感を覚えます。

 福島第一原発3号機に陸自のヘリが空中放水を試みた時(3/17・18付)は、さすがにヘリの写真入りで大きく報道していますが、あとはほとんど取り上げてませんし、取り上げてもベタ記事扱い。
 現場で身を粉にして働いている自衛隊の方々の存在が全く伝わってきません。「顔」が全く見えてこないのです。

 たまーに生身の自衛隊員の写真が出てきたと思ったら、死者・不明者数を伝える記事に添えてあるだけで、しかもキャプションがなければ自衛隊員とは分かりづらい(3/16付)。

110520-3yuki.jpg

 あるいは記事とは関係なく、脈略なく写真だけ載せてあるとか。しかもこんな米粒みたいな写真。これもキャプションがなければ自衛隊員とは気づかない(3/26付)。

110520-4kome.jpg

 他に驚いたのは、3/23付に「米空母・ヘリに同乗」ってことで米軍の活動のリポートが写真入りで載ってるんですが、……あれ?我が自衛隊のリポートは?

 自衛隊の特集記事が出たのはその4日後の3/27付。「自衛隊10万人奮闘」ってことで写真入りで出てますが(やっと「顔」が見えた!)、スペースは3/23付の米軍リポートの半分程度しか取られてませんでした。

110520-5yatto.jpg

 あと、自衛隊とは違う話ですが、かつ、ずっと昔からのことなんですが、何でこの新聞は「国民」を「市民」と言い換えるんでしょう?

 例えば3/21付社説【震災から10日 人の強さを信じて進む】では……

 「想定を超える事態に混乱も起きている。だがその働きぶりに思うのは、幾多の災害を経て蓄えた教訓が、多少なりとも生きているということだ。被災地から遠く離れて暮らす市民も無関係ではいられない」
 「政府が積極的に情報開示をすべきなのは言うまでもない。市民もまた、冷静に事態を受け止め、自律する力が、求められているのだ」
 「全国の自治体で被災者を受け入れる動きが広がる。胸裂かれる思いでふるさとを離れた人を、どう迎えるか。それぞれの町で市民にできることが、格段と増えている」
 「熱き心と冷たい頭で、市民社会のしなやかさが問われる」


 ……と、こんな具合。
 私が「国民」という言葉に馴染んでいるからってこともあるのでしょうが、あまりにも「市民」「市民」と連呼されると、対象範囲がすごく狭く感じるというか、これって日本国民全体に向けられたものでなく、限られた地方の人たちに向けられたメッセージなの?って、大袈裟でなくそんな錯覚にすら陥りそうです。

 古くからの読者様はご存知でしょうが、拙ブログでは以前、朝日新聞のツッコミをよくやってました。

現ブログ>朝日新聞カテゴリ
旧ブログ>朝日新聞カテゴリ

 慰安婦捏造問題、NHK圧力改変捏造問題は言うに及ばず、時には社説を丸々1本パロディにしてみたり。
 UPから4年半も経つというのに、朝日新聞の捏造・放火の歴史へは未だに多くのアクセスをいただいています。

 が、あまりにもワンパターンすぎる朝日の所作に徐々に興味を失い、ここ数年は社説すらまともに読んでません。
 それできっと免疫力が落ちてたんでしょうね。今回この縮小版を一気に斜め読みして、「市民」という言葉に違和感を覚えると同時に、嫌悪感もものすごく湧いてきました。
 そんなにも「国民」という言葉(というか「国」を意識させる言葉)が嫌いなのか!と。

 それでも平時の記事だったら、ここまで気にならなかったかもしれません。
 が、何しろ今は「国難」ですから。
 「国難」と「市民」って言葉の組み合わせは、どうにもしっくり来ません。
 先ほど紹介した『prayforjapan.jp』に絡めて言うと、「言葉の力」というものを全く感じないのです。

 ついでに言えば、この「国難」の時に、政権の重要ポストに「市民運動家」出身の政治家が多いってことも、大いにしっくり来ないんですけどね。
 そして彼らからも同様に、「言葉の力」は全く感じない。
 ……って、今さら言うまでもないか(^^ゞ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※拙ブログ関連エントリー(震災関連から抜粋)
3/15付:【東日本大震災】外国人から見た日本と日本人(22)
3/22付:【東日本大震災-2】外国人から見た日本と日本人(23)
3/28付:【東日本大震災-3】外国人から見た日本と日本人(24)
4/2付:天皇皇后両陛下が避難所ご訪問 このような方々を戴けた日本人の幸運
4/4付:独特の災害史観を持つ日本人は何度も立ち向かい乗り越えてきた
4/16付:【東日本大震災-4】外国人から見た日本と日本人(25)
4/18付:東北のものづくり産業を守れ!
4/23付:画像で見る東日本大震災 - 希望 -
4/25付:【東日本大震災-5】外国人から見た日本と日本人(26)
5/2付:3月11日に天皇皇后両陛下がなされた事
5/9付:保守系識者諸氏が見た震災(1)


東日本大震災
【募金受付まとめ】東北地方太平洋沖地震 被災地に手助けを!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 最近何か芸能界の訃報が多いような…。

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328-1.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/852-d30be0fe

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索