ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「東北産」を買いましょう!

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


 この動画はネットだけでなく新聞やテレビでも紹介されたので、すでに皆さんご存知とは思いますが……。
 そして、いろいろご意見もおありだろうと思いますが……。

被災地岩手から「お花見」のお願い(2)【南部美人】 (YouTube)

110408-01nanbubijin.jpg

↓動画起こし全文↓
【被災地岩手から全国のみなさんへ】

 岩手県二戸市で、『南部美人』というお酒をつくっております、五代目蔵元の、久慈浩介です。
 このたびは、東北で起きました大震災におきまして、非常に大きな被害を岩手県は受けました。
 わたしの蔵も、煙突の一部が壊れたり、古い蔵の一部が崩壊したり、大きな損壊もあったのですが、いま、復旧に向けて急ピッチで進めております。
 義援金はもちろんありがたいです。物資もたくさん送っていただきました。ほんとに感謝をしております。
 酒を飲んでる場合ではないというのが、この東北の現状ではありますが、このままではわれわれ、経済的な二次被害を大きく受けてしまいます。
 お酒というのは人々を元気にする、癒しを与える。
 日本酒を飲んでいただくことで、われわれ東北を応援していただきたい。
 だから、お花見して頂くことは、われわれにとっては自粛をして頂くことよりも、お花見をして頂くことの方が、ありがたい。
 日本酒は人々の心を癒し、料理をおいしくし、豊かな時間を与えてくれます。
 そして、米と水と麹だけでつくるこの日本酒、日本酒を飲んで、ぜひ明日の活力にして頂きたい。
 そして、みなぎった活力を少しでいいから、被災地に回していただきたい。
 われわれ岩手の酒蔵は、さらに今まで以上においしい日本酒を、つくり続けていきたいと思いますし、その力をもって、沿岸の地域を助けていきたいと、いうふうに思っております。
 ですから、ぜひ、首都圏含めた全国の皆さん、岩手のお酒を飲むことで、支援をお願いいたします。ありがとうございました。


↓動画説明↓

 「ハナサケ!ニッポン!」とは、東日本大震災で甚大な被害を受けた東北地方の産品を買って・飲んで・食べることによって、日常生活の一部として長期的に被災地を支援しようという合言葉です。
 まず第一弾として、岩手県の3つの蔵元さん「あさ開」「月の輪酒造店」「南部美人」にご協力いただきました。
 地震から1ヶ月が経とうとする今、「自粛」という二次災害が被災地の経済を苦しめています。南部杜氏を育んだ日本有数の酒どころ、岩手県。二戸市の蔵元さん「南部美人」から届いた生の声を聞いてください。


「ハナサケ!ニッポン!」YouTubeのページ
 他にもメッセージ動画がたくさんあります。

「ハナサケ!ニッポン!」公式サイト
 バナーや協賛ステッカーなども配布しています。

ハナサケニッポン



 7日深夜、東北で大変大きな余震がありました。

 地域によってはインフラの復旧も進み、被災者の方々も少しずつ気持ちを前向きにされてきていたところだったでしょうから、本当に残念でなりません。
 神様は何でこうも不公平なんだろうと悲しくなりました。

 うちの夫なんかは、「(地震は)被災地やなくて官邸に来たらええのに!」と、本気とも冗談ともつかないことを言っていました。

 被災者の皆様には改めてお見舞いを申し上げます。


 今回の余震により、なおさら「花見なんかしてる場合じゃないだろ」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 私としても、何も毎年繰り返される馬鹿騒ぎ型のお花見を推奨する気持ちはありません。

 ですが、たとえば昼間にご家族やご友人同士でマナー良くされるお花見であれば、例年どおりやっても良いのではないでしょうか?

 もちろん「花見する気なんかになれない」とお考えの方に、それを押しつける気は毛頭ありません。

 ただ、そもそもこの被災地以外の「自粛」ムードを、当の被災者の方々が歓迎しているのか?と言ったら、決してそんなことはないと思うんですよ。

 てか、これは何もお花見(お酒)に限った話ではないんですよね。

 要は、「東北産」の物を積極的に購入しましょう!ということです。
 (最初に紹介した岩手の蔵元さんも、本当に仰りたいことは、「花見して下さい」ではなく「東北のお酒を買って下さい」ですよね)

 「ああ、それなら分かるよ」と賛同して下さる方はきっと多いと思います。
 あるいはすでに実践されている方も多いかもしれませんね。

 私は大阪在住なんですが、実は関西では、日常生活の中で東北産の商品はさほど目にすることはありません。
 が、それでもお酒類はけっこうあると思いますし、食料品や日用品も意識して探せば意外とあるかもしれません。

 身近になければネット通販という手もありますしね。

 たとえば私はお米はいつもスーパーで買っていますが、歩いて持ち帰るのってけっこう大変なんです。
 そういう事情もあり、今度買う時はネットで東北産のお米を注文してみようかなと考えています。

 私と同様、東北産とはあまり縁がない地方に住んでおられたり、「協力したいけど何を買ったらいいか分からない」という方は、まとめサイトの【『東北産』を選んで買って、被災者を元気に!】などを参考にされると良いですよ。

 また、日本酒限定であれば【「Save The 東北の酒」- 被災地の酒】が参考になるかも。
 どんな銘柄があるのか分かるし、各酒蔵の被害状況も分かります。


 【『東北産』を選んで買って、被災者を元気に!】に、以下のような一文があります。

 【神戸の震災でも、経済面・精神面・行政面など多くの問題で
 完全復興までに10年という年月を必要としました。
 一時的な寄付やボランティアでは、被災地は復興できません。
 毎日のお買い物の習慣の中で、「東北産」を意識しましょう!


 全くそのとおりだと思います。

 今はまだ震災に関する報道が大きくされていて、日本国民全体の目も被災地に注がれていますが、やがて落ちついたら記憶の片隅に追いやられてしまうかもしれません。

 真の復興を果たすためには、「継続」が必要です。

 天皇陛下は3月16日に発表された「御言葉」の中で、最後にこう仰せになっています。

 【国民一人びとりが,被災した各地域の上にこれからも長く心を寄せ,被災者と共にそれぞれの地域の復興の道のりを見守り続けていくことを心より願っています】

 これから5年、10年、20年と、国民全体で被災地に心を寄せ続けていきましょう。


 さて、私は今年も、近所の公園で散歩がてらの花見です。

 この公園では、例年この時期には夜のライトアップがあるのですが(と言っても電球が入った小さな提灯を吊ってあるだけの質素なものですが)、今年はないようです。

 さらに個々人の自粛ムードもあるのでしょう、食べ物やお酒を持ち込んでの花見客はあまり見かけません。

 そのかわり、私のように散歩がてら、あるいはベンチに座って、ゆったりと静かに花を楽しんでいる人たちが増えています。

 皆さん、やはり震災を受け、いろいろ思うところがあるのでしょうか。

 私も今年はいつもより静かに、深く、物思う花見です。

 【いかならむ ことにあひても たゆまぬは わがしきしまの 大和魂】
 (明治天皇の御製)


 被災地に一日も早く春が来ますよう、お祈りしています。

110407_1725~01.JPG

 【4月7日、自宅マンション敷地内にて筆者撮影。「お気楽くっくり」に他の写真もあります】

okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 桜が満開になるまで。

※拙ブログ関連エントリー
 09/3/21付:桜と日本人の感性
 桜にまつわる楽曲特集&桜と日本人にまつわるお話など。

東日本大震災
【募金受付まとめ】東北地方太平洋沖地震 被災地に手助けを!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/834-aeb49219

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索