ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

地震翌日収録「たかじんNOマネー」政治がやるべきこと

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


東日本大震災
【募金受付まとめ】東北地方太平洋沖地震 被災地に手助けを!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■3月13日(日)放送 テレビ大阪「たかじんNOマネー」

110318-01title.jpg

 東日本大震災発生から2日後の3月13日。
 関西地方もまだテレビはNHK、民放ともに終日地震関連番組を放送していましたが、テレビ大阪(テレビ東京系列)だけはちょっと違っていました。

 青山繁晴さんも出演されたテレビ大阪「たかじんNOマネー」3月13日放送分から、東日本大震災についてやりとりされた箇所を起こしておきます。
 放送があったこと自体ご存知ない方が多かったらしく(無理もありません。私も夫が気づいてくれたので録画できました)、リクエストが複数来ました。

 青山さんのブログのお見舞いと仮報告(2011年03月12日 11時59分12秒)の内容から察するに、放送は13日ですが、収録日時は12日の午後です。

 この日のゲストは飯島勲さん、竹中平蔵さん。
 メインテーマは、小泉首相の時代を振り返りつつ政治家のリーダーシップについて語る、というものでした。

 本来ならこの日のゲストは松木安太郎さんと元木大介さんのはずだったんですが(前回3月5日放送時の「次回予告」では少なくともそうなっていました)、地震発生に伴い内容を変更、緊急スペシャル放送という形になりました。放送時間帯も変更されていました。

 起こしでは間投詞(「あの」「その」など)や言い直しもできるだけ再現しました。但し、細かい相づちなどは支障のない範囲でカットしています。
 画像はテレビ画面をデジカメで撮影したものを使いました。粗くてすみません。

※分かりにくいかもしれませんが、青山さんは腕に喪章を巻いておられます。


 内容紹介ここから____________________________

110318-02keizai.jpg

やしきたかじん
「これだけ壊滅的になりますと、経済的な、このダメージいうのはこれ、すごいもんでしょう、これ」

竹中平蔵
「ま、実際もう今日の時点でね、たとえば東京でも少し物が不足し始めてるっていうふうに言われてますから、物の基本的な調達が大変になってくる。で、そうすると、もう株価も少し下がり始めてますけれども、あの、企業業績も影響を受けると。この影響は、これ、かなりですね、今、原油の価格が高くなってる中で、起こってる物不足ということですから、かなりこれ影響が出てくるっていうふうに、やっぱり私は心配をします」

やしきたかじん
「ただもうひとつは飯島さん、こういう重大、国家にとって大事なことなると、大変なことなると、国家のひとつの、安全を、どういう、危機…」

110318-03leader.jpg

飯島勲
「あの、世界的に見て、まず、日本のすごさっつうのがBBC、CNN、昨日のニュース見てて、異常なほど、世界中に広がったっつう。なぜか。日本人、秩序を持って、コンビニ、タクシー乗り場、ちゃんと並んでるんだと

やしきたかじん
「はあはあはあ、なるほど」

飯島勲
「これBBCの放送でも、異常なほど…」

やしきたかじん
「ああいうことなると、外国はすぐ…、暴動っぽいことがあったりとか」

飯島勲
「大変な暴動になります」

やしきたかじん
「略奪とか」

110318-04ii.jpg

飯島勲
「で、こういう中で、菅総理は稀に見る、素早く、危機管理の体制を整えた。問題はね、この2週間。菅総理のやらなけりゃいけないのがいくつかあるんですね。まずひとつ。竹中先生や岸さんの、領域の、世界になりますが、災害起きましたら、これほど大きい状態だと、激甚災害の指定があるんですね。あと個所付けの激甚。で、同時に総務省では、この3月に、特別交付税の配分がだいたいもう事務的に決まってるんです。で、これをですね、災害地に相当手厚くやらなけりゃいけないのがひとつ。あとひとつは、大変な事態ですから、これに対してその、災害復旧の、予算、これをこの、地域に対して起債の問題、えー、特別事業債の問題、これを適確にすぐ法律改正して…」

やしきたかじん
「これは国がリーダーシップをとってやらないといけないんですね」

飯島勲
まさに官邸主導です

やしきたかじん
「それはちゃんとしたお金が出ないということですね」

飯島勲
「そうです」

やしきたかじん
「国がやらないと」

飯島勲
3つか4つ法律改正をすぐやらないと、間に合わない

やしきたかじん
「あ、法律改正をしないとダメ」

110318-05stu.jpg

飯島勲
「で、同時にですね、今までの災害っつうのは小泉内閣でも一回やったことあるんですが、災害地の、援助っつうのは、その、災害査定官が、積算、あの、地元がいくらかかるって災害、その復旧にいくらの予算が正しいかどうか、災害査定官が現地を見て、それで査定してから予算をつけるんですね。そうすると2年ぐらいずれちゃうんです。で、これを全部飛び越えて、あの、すぐ事業、本工事を始めると、いうことしなけりゃいけないのがひとつ。あとひとつ、新潟の時もそうですが、国の助成金が、事業がないのに、その、住宅ですね、これあの、小泉総理の決定で、その、床上は300万、床下の最大200万というふうに、あの、決定したんですが、今回、それ以上、大変なことですから、それを政(まつりごと)としてどうやるか。これまさにこの、3月中に、かたをつけないと間に合わない

やしきたかじん
「今回、集落ごとなくなっていってますからね」

110318-06aohaka.jpg

青山繁晴
「ま、危機管理でいろんな映像を今まで、僕は本業ですから見てきましたけど、こんなのは、もう想像もしてないっていうか、ほんとに、あの、映画でしか作れないような世界、ですから、だから今、あの、飯島さん、おっしゃったとおり、何ですか、その上に、従来型の手当では、とても対応できない。で、その意味からも、抜本的な法改正と、あと新法が必要だと思いますね。従来法を改正するだけじゃなくて」

飯島勲
全くオモテに出てないんですが、特別交付税ってのは12月配分と3月配分で、法律で決まってんです。これをですね、災害時に、お金を使える状態の法案が今、上がってんですね。これ誰も、触ってないんですよ

やしきたかじん
「あららら」

飯島勲
これこそもう1日でも早く、成立させたら、大変、明日からでも助かるんですね。これは議員の仕事なんです。まさに、国会議員と官僚っつうのは、雇い主は国民だっつう、時点で立てば、1日でも早く与野党関係なく、イデオロギー関係なくできるんですね」

水道橋博士
「それはトップの決断で、スピーディーにできるんですか」

飯島勲
「そうです」

110318-07take.jpg

竹中平蔵
ある程度、こういう情報は官僚が持っていて、官僚からはある程度上がる準備があるんだけれども、今までその、官僚との関係うまくやってないので、それがきちっとあの、官邸に上がって、官邸で決断できるかどうかってのを、ちょっと心配してるんですね

110318-08kisi.jpg

岸博幸
「で、加えて官僚が、主導しちゃうと、結局あの、ドラスティックな変更できませんから、今までの延長でちょこっと変えるだけ、ちょこっと重点配分するだけですから、それだと明らかに不十分になりますので、ここは政治家、官邸の方のリーダーシップで、大幅に変えないと絶対無理ですね

水道橋博士
「逆に菅さん、崖っぷちにいるわけだから、ここでこそリーダーシップを発揮した時に、それは政局を含めて、一転しますよ」

真鍋かをり
「そうですかね」

やしきたかじん
「こんな時にこんなこと言うのもまあちょっとあれやと思うんですが、青山さん、あの、その、外相に続いてね、いわゆる外国人からの献金が、まあ明るみに出たと。で、これ○○にしたら当然野党はそこに集中砲火行こうとした矢先の、ま、出来事やったですよね、これ」

青山繁晴
「ほんとにそうですね、ええ。あの、前原さんの4倍ですからね、菅さんは」

やしきたかじん
「100何万ですからね」

青山繁晴
「104万、はい」

飯島勲
「しかしね、この災害ちゃんとね、1日でも早くやればね、菅さん支持率が下がってるっつっても、私だったら向こう2年、菅内閣は続けますね

真鍋かをり
「おおー」

飯島勲
「たとえば、特例公債とか今いろいろ与野党で、まさに竹中先生や、岸さんの世界の問題、までの問題ですけれども、その、ま、44兆円の国債発行とか、財源がないとかいうのは抜きにして、こういう時だったらたとえば、私だったら、年金基金、積み立て基金、130兆円ありますから、どーんとそれを借りてねアメリカみたいに、それで即座に、やると

青山繁晴
「それは正しいです。そのとおりだと思います」

飯島勲
「これは緊急的に」

やしきたかじん
「それは国民は絶対…」

飯島勲
「国債とかじゃなくてね」

やしきたかじん
「そんなことに対して、文句は当然言いませんよね、当然。同じ国民が苦しんでるわけやから、ね。この時、小泉さんやったら、カッともう、乗り越えて、いきますかね」

竹中平蔵
「あの、こういう場合はですね、やはりその、政策の司令塔があるかどうかっていうのがすごい重要になってきて、その司令塔で、きちっと総理が真ん中に座って、そして閣僚が案を出して、ま、こういうの普通、コンティンジェンシープランって言うんですけども、いわゆる緊急プランを作るんです。で、緊急プランの○○○○○としては飯島さん言われたようないろんなお金の使い方ありますから、それで、これでしかし、一時的にこういうお金は使うけれども長期的にはきちんとやるんだっていうことを、明確に述べる。その、やっぱり政策の司令塔がやっぱり、今ちょっとね、見えないのが、あの、心配なんですよ

青山繁晴
「たかじんさんね、あのー、さっき聞かれたことで言うと、要はもう総選挙できないんですよ

やしきたかじん
「はいはいはい」

青山繁晴
「今まさか解散総選挙やれるわけないでしょ」

やしきたかじん
「そりゃ、それ、それはなくなった」

青山繁晴
「だからそういう意味からも、もうあの、解散するのか辞めるのかっていうような、こう、いわば不毛の選択、だったかもしれないけど、今はもう、両方ないわけだから。だから菅さんほんとに自分を捨てて、その、まさか、そこに私心が混じってるように見られないようにね

岸博幸
「まったく」

110318-09ao.jpg

青山繁晴
「もう、あの、原子力の問題も含めて、その、原子力発電所の中で、名も無き労働者がね、今ほんとに最前線で、自らの危険を顧みずやってますから。あの、そのことをもうみんな国民も注目していただいて、で、だからそのことを考えて、その、菅さんはやってほしいんですよ。名も無き労働者が今、命かけてやってるわけですから

岸博幸
「で、逆に言えば、これをちゃんとやれば、やっぱり菅政権って官僚依存、の度合いがすごく大きいですから、官僚依存から脱する、すごいいい絶好のチャンスになるはずなんです」

飯島勲
「あの、もう即座に、激甚災害の指定をどうやってやるか。で、問題は激甚災害の指定やる時に、必ず外れる所があるわけですよ。領域を決める以上ね。それ外れる横の人が、地域が、谷間の人になっては困るから、ここらへんどうするかなんです。で、そういう所へね、国務大臣を行かせるんです

やしきたかじん
「あ、国務大臣を」

飯島勲
「国務大臣を。そして胸を叩かされば、あの、地域査定とか、市町村査定、関係なく、大臣が胸叩いたんですから、地域のために使えるんですね」

やしきたかじん
「ま、危機管理、そういうね、会議は当然、閣僚やるべき、ことを、ね、ちゃんとやってもらわな困るけど、もう一人一人がもうまず現場行け、現場、言うて。ね」

真鍋かをり
「そうですねー」

やしきたかじん
「テレビ見てね、ふーんとか言うたら、俺らと一緒やんか、それ、なあ(一同笑)」

真鍋かをり
「そうですね」

やしきたかじん
「お前ら行けって」

竹中平蔵
「私はもうひとつですね、ま、今の中でやっぱりあの、交付税、特別交付税の配布を見直すっていうのはすごい重要だと思います。それが直接やっぱりお金の問題、マネーの問題になりますのでね。それをやっぱりあの、総務省、総務大臣はやらなきゃいけない。それを官邸主導でやらなきゃいけないと。で、もうひとつですね、私あの、たとえば、昨日からいっぱいこうメールが入りましてね、海外から。で、海外のことは、ま、飯島さん言われたように、ものすごい日本に今、注目してるんですね。私は総理が自分の言葉で海外にメッセージを出してほしいんですね

やしきたかじん
「これオバマやったらやってますよね。絶対やってるわ」

竹中平蔵
「小泉さんでもやってたと思いますね」

 ____________________________内容紹介ここまで


 最初に書いたとおり、この番組は地震発生翌日にあたる3月12日に収録されたわけですが、今日までに進展があったのは、飯島勲さんご指摘の特別交付税の改正ぐらいでしょうか?
 22日の衆院総務委員会と本会議で採決し、年度内に成立する見通しだそうです(時事3/17)。

 それを除けばもう全般的に、「政策の司令塔が見えない」って竹中平蔵さんが心配したとおりの展開になってるような……。

 あ、その竹中さんが産経新聞に論説を書かれてましたので、いちおう紹介しておきますね。

【正論】慶応大学教授 竹中平蔵 ばらまき棚上げし10兆円計上を(産経3/18)


 菅政権はパフォーマンスがやたら目立ちますよね。
 特に菅さんは、福島原発の現場に行ったり東京電力本店に行ったり。
 その上、東日本大震災の被災地を21日に視察する方針を固めたのだとか(産経3/18 22:28)。
 もっと他にやるべきことあるでしょ……(T^T)

 他の大臣も、たとえば蓮舫さんのコンビニ視察とか何じゃそれ?と思いましたよ。部下らに「通勤路にあるコンビニの様子はどう?」と聞けば済むことでは? てか、蓮舫さん自身も「毎朝家の近くのコンビニでも見ている」って言うし(スポニチ3/17)。

 それでも震災対策がちゃんと前に進んでればいいんですが、会議が多過ぎて官邸はパニック、官邸内の役割分担もちぐはぐ、ピースでボーットしてる辻元さんの震災ボランティアの会合はNPOの意見がバラバラで収拾つかずだったとのこと(産経3/17)。

 「政治主導」があだとなったのでしょうか、未だ指揮命令系統が整わず、福島第一原発の対応にしても被災地への対応にしても、全てが後手後手に回っているように見えて仕方ありません。

 てか、たとえばこんな話見てると、「どこが政治主導やねん!」って怒りが沸いてくるんですけどね。

防衛相、「決断」丸投げ 現職自衛官が悲痛な寄稿(産経3/19)


 あと、「暴力装置」発言や尖閣ビデオ事件でも明らかになったように「国防」や「情報開示」とは全く対極にいる仙谷さんが、どさくさに紛れて(?)官房副長官として政府に戻ってきたのには驚きました。

110318-heika.jpg

 しかも、復興担当相を新設し、仙谷さんをそこに昇格させる案が有力なのだとか(共同3/18 20:00)。
 自衛隊の士気が下がらないか心配です(それでも彼らが命がけで任務に当たって下さることは、もちろん分かってはいますが)。

 とにかく、ふと気づくと要所にいるのは人権活動家だの地球市民だのばかり。こんなことでこの戦後最大の国難に立ち向かうことができるのでしょうか……。


 こんな話もあります。

【放射能漏れ】「東電のバカ野郎が!」官邸緊迫の7日間 貫けなかった首相の「勘」 またも政治主導取り違え(産経3/18)
 何事にも官邸主導を見せようと首相と枝野氏ばかりが表に出て、大震災の直接の担当責任者であるはずの松本龍防災担当相はほとんど官邸内にとめ置かれている。平成7年の阪神淡路大震災では、権限を与えられた当時の小里貞利特命相が現地で陣頭指揮を執ったり、テレビで被災者への呼びかけや政府の対策のPRを積極的にしたりしていたのとは対照的だ。

 当時の政府対策を知る自民党議員は14日、「東日本大震災の被災者らを西日本で受け入れる態勢が必要ではないか」という話を持ち込もうとした。

 最初に厚生労働省社会・援護局に持ち込んだら、「内閣官房で対応しているでしょう」。内閣官房からは「厚労省の仕事でしょう」との答えが返った。

 自民党議員は「これは責任のなすり合い以前の機能停止状態だ。すべて官邸でやろうとする菅政権の弊害が出ている」とあきれた。

 そんな官邸に痺れを切らしたのか、自民党は独自で精力的に活動しているようです。
 以下、自民党の河野太郎議員のTwitterより(前スレで教えて下さった「日本日」さん、ありがとうございます)。

【ガソリン続報。青森港に海路運び、南下始めます。被災地向けのタンクローリーは緊急車両の許可証がすぐ出るようになりました。各県と経団連のホットラインを立ち上げ、官邸を通さずに直接要望が産業界に入り、対応できるようになりました。 3:28 AM Mar 16th TwitBirdから】

【被災各県と経団連のホットライン、機能し始めています。被災地の情報が経団連経由で参加企業に直接連絡が入り始めています。経団連各企業のぶつしを自衛隊のスキームで運び始めます。 6:40 PM Mar 16th TwitBirdから】

【自民党対策本部から知事会に対して各県内の空き公営住宅数を調べるよう要請。なるべく早期に被災地から退避できるように準備を開始します。移動のためのガソリンも数日のうちにかなり入手できるようになるはずです。 9:47 PM Mar 16th TwitBirdから】



 さらにさらに。
 民主党に任せていて大丈夫なのか、自民党にもっと協力してもらった方がいいんじゃないか、という国民の声をくみ取ったわけではないのでしょうが、このエントリーをUPする直前、こんなニュースを見つけました。

政府・民主、「大島理森震災担当相」打診、自民は拒否へ 亀井、仙谷両氏の入閣検討(産経3/19 1:30)

 さっき上で共同通信ソースとして「復興担当相に仙谷さんが有力らしい」と書きましたが、この産経ソースでは、「政府・民主党は自民党に対し、大島理森同党副総裁の震災対策担当相への起用を打診した」とあります。

 但し「自民党は、菅直人首相の失策の責任がうやむやにされる可能性があるとして拒否する構えだ」と。
 ほんとそうですよ。もちろん政府への協力は必要ですが、ここは閣外協力という形でやるべきだと思います。

 尖閣事件の時は那覇地検に責任丸投げ、福島第一原発では東京電力に責任丸投げ、原発海水投下では自衛隊に責任丸投げ、今度は野党の自民党に震災対策全般の責任を丸投げするつもりですか?

 
 最後にもう一点紹介しておきたいこと。

 「中国が地震被害が発生した日本を支援するため人民解放軍を派遣する意向を明らかにしたと、中国新聞社が15日報じた」というニュース(ソースは韓国の中央日報)に関して、2ちゃんねるなどでは戦々恐々のようです。

 が、私はむしろこっちの方が怖いと思いました。目に見えにくい分。

【40×40】山田吉彦 いま「救国の内閣」が必要だ(産経3/17)
 噂されている中国大船団の「六月尖閣襲」の可能性は低いが、震災を契機とした中国経済の大流入は不可避と考える。中国をはじめとした外資が日本経済の奥深くに浸透することは脅威だ。経済主権の維持も含め、総合的な危機管理が民主党政権にできるだろうか。

 外資の浸透を避けるためにも、被災地以外の地方、特に関西は頑張らないといけませんね。
 このお話も含め、続きは「お気楽くっくり」を。

okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 こんな時だからこそ。


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328-2.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/825-e3c4d3bf
チェルノブイリの再来とかデマが一部で流れていますがチェルノブイリの事故は「約500発分の原爆投下に相当する量の放射性物質が撒き散らされ」「死者数は運転員・消防士合わせて33名だが、事故の処理にあたった予備兵・軍人、トンネルの掘削を行った炭鉱労働者に多数の死?...
2011/03/21(月) 10:31:36 | 『帝國』ブログ

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索