ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

北方領土の日に思う もし上坂冬子さんがこの状況をご覧になったら…

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


竹島プロジェクト style=
竹島プロジェクト2011にぜひご参加を!参加方法はこちら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2月7日は北方領土の日でした。

 今年も全国各地で北方領土の返還を求める大会が開催されましたね。

 昨年来のロシアの動きを思えば、今年は政府もマスコミも特に力を入れて然るべきですが、例年どおり「粛々」と行われたように見えました。

 「粛々」に見えてしまったのは、私が関西在住ということもあるのかもしれません。が、それならなおのこと、北方領土から離れた所に住んでいる国民にもこの問題の重要性や日本の正当性を理解できるよう、マスコミはもっとしっかり伝えてほしいと思いました。
 昨年来のロシアの動き……。

 11月1日、ロシアのメドベージェフ大統領が北方領土の国後島を訪問(不法入国)しました。
 その後、シュワロフ第1副首相、バサルギン地域発展相、セルジュコフ国防相と、ロシア政府の高官も次々に北方領土入りしました。

 また、ロシアは今年に入り、北方領土と千島列島(向こうの呼称ではクリール諸島)の投資・開発プロジェクトに第三国を巻き込む姿勢を明確にし始めており、特に中国、韓国の企業に熱心に働きかけているとのことです(産経2/6)。

 返還どころか、実効支配をますます強めるロシア。
 なのに、民主党政権はただ手をこまねいているだけの状態。

 もちろん民主党だけが悪いとは言いません。自民党政権時代の失敗のツケが回ってきている部分も多々あると思います。

 ちょっと振り返ってみますと……。

 1991年、ソ連時代最後の指導者であるゴルバチョフ大統領は、日ソ共同声明で、北方四島が日ソ間で未解決の係争地域であり、交渉対象であることを正式に宣言しました。
 その後ソ連は崩壊しましたが、ロシアの初代大統領のエルツィン大統領も、1993年の「東京宣言」で同様のことを認めています。

 後を継いだプーチン大統領も、最初の頃はこの立場を維持していたようですが、二期目に入る頃から強気になって方向転換(ロシア経済が上向いてきたことも大きな理由?)、2005年秋には「(北方四島は)現在、ロシアの主権下にあり、これは第二次世界大戦の結果である」と述べました。

 そして2006年、プーチン政権は「クリール諸島社会経済発展計画」を決定しました。
 この計画は2007年から2015年までの9年間に、総額179億ルーブル(約493億円)を投資することを盛り込んだもので、工場や学校や病院、空港や道路などのインフラ整備を進め、クリール諸島の人口を1万9000人から3万人にまで増やす目標を掲げています。
 もちろんこの計画は現在進行形で行われています。

 が、自民党政権はこれらプーチン政権の動きに対し有効な策を打てませんでした。少なくとも私の知る限りにおいては。

 領土交渉以外の失策もありました。

 2007年夏、歯舞諸島海域で日本の漁船がロシアの国境警備艇に銃撃・拿捕されて若い漁師1人が殺害された事件。皆さんも覚えてらっしゃるでしょう。
 あの時の日本政府の対応はあまりにもひどいものでした。

 北方領土問題に熱心だった作家の上坂冬子さんが、この事件について取材した中身が当時の雑誌に掲載されたのですが、それによれば、日本政府はロシア側に抗議をしただけで実質何もしませんでした。

 拘束された船長がロシアで裁判にかけられた時も、外務省は法廷に弁護士も通訳も送らず、船長は孤立無援のままロシアの言うなりに罪状を認めるしかなかったのです。
 その上、船長以下乗員は根室海上保安部から書類送検までされたそうです。北海道庁はロシアが勝手に引いた「中間線」から少し北海道寄りに「規則ライン」を引いてしまっており、この規則を破ったからというのが理由だったそうです。

 上坂さんはこの事件における日本政府の一連の対応について、こう憤っておられました。

 「もともと政府が『わが国固有の領土』と繰り返し公言してきたにもかかわらず、領土内でおきた殺人事件に国家として手も足も出せず、解放を前提にした罰金も、すべて国民負担というのは理不尽ではないか。日本政府に“甲斐性がない”ために、国民は自国の領土内で殺されたという点を、私は声をからして叫びたい」

 そしてロシアに対しては、こう厳しく批判をされました。

 「すべてはスターリンの無法に始まっている。問題は民主ロシアがいまだにスターリンの暴挙を“実績”とみるのか、それとも暴挙を否定して先進国の名に恥じない態度をとるかどうか、にかかっている」

 上坂さんが国後島に本籍を移されていたことは有名な話です。
 残念ながら2009年4月に亡くなられましたが、もし生きていらして、民主党政権の無為無策やメドベージェフ大統領の国後島上陸をご覧になっていたら、どれほどお怒りになったことでしょう。

 (上坂さんのこのお話についての詳細は07/9/11付:北方領土とロシアの蛮行を忘れるなをご覧下さい)

 とにかく自民党時代も相当ひどかったわけですが(長くなるので鈴木宗男氏の話とか今回は省きましたが)、ただ、それでも少なくとも自民党政権時代は、ロシア及びソ連の最高指導者は北方領土入りにまでは踏み切れなかったんですよね。

 それがなぜ、あのタイミングで一線を越えてしまったのか……。

 メドベージェフ大統領は2012年に大統領選挙を控えているし、国内向けに強硬さをアピールしたかった面も当然あるんでしょうが、対日に絞って言えば、政権交代以降、民主党政権によってくり返されてきた稚拙な外交につけ込んできた面が大きいのは、誰の目にも明らかでしょう。

 普天間基地移設問題をきっかけに日米関係が悪化。そこにつけ込んだ中国とロシアが接近、協調……。

 胡錦濤国家主席とメドベージェフ大統領は北京で9月27日に会談し、翌日「第二次世界大戦終結65周年に関する両国元首の共同声明」を発表しました。
 中露は歴史認識で協調し、領土問題でも日本を挟み撃ちにした格好となりました(ちなみに尖閣衝突事件で日本が中国人船長を釈放した日は9月24日)。

 思い起こせば、メドベージェフ大統領の北方領土入りは、11月中旬に横浜で行われたAPECの開催直前に決行されたものでした。日本は完全に舐められたわけです。

 でも、よく考えれば、そもそも同大統領の「不法入国」は予告されてたんですよね。
 9月の中ロ首脳会談の後に訪問したカムチャッカで、記者団に対し「近いうちに北方領土へ必ず行く」とコメントしてたわけですから。
 なのに、日本政府はロシア側に「日露関係に重大な支障が生じる」と警告しただけで、他に何ら手を打ちませんでした。

 その上、メドベージェフ大統領の「不法入国」後、日本政府は対抗措置として駐ロシア大使を一時帰国させるも、わずか数日でまたモスクワに戻すという中途半端な対応をしてしまいました。

 その後、APECのため日本を訪れたメドベージェフ大統領と菅首相が会談しましたが、何ら進展はなし。
 菅首相は「北方四島の帰属問題を解決し、平和条約を締結したい」と提起しましたが、同大統領は回答を避けました。
 また国後島への訪問にも当然抗議しましたが、これも「感情的な声明や振る舞いは事態の改善にはつながらない」と軽くあしらわれる始末でした。

 以降、度重なるロシア高官の「不法入国」に、日本政府はただ抗議を繰り返すのみ。

 直近のセルジュコフ国防相の「不法入国」に対してももちろん抗議したのですが、ロシア外務省はそれに対し「失望した」と表明、その上で「第2次世界大戦の結果として両国間に生じた領土の客観的な現実に対し、冷静で考え抜かれた対応をとるよう望む」と述べたそうです(朝日2/6)。

 もう本当に舐められきってますね(T^T)
 ロシアが(中国も)「民主党政権の今が大チャンス♪」と考えていることは、容易に想像できます。

 事態がここまで悪化した以上、仮に次の総選挙で自民党が民主党から政権を奪取したとしても、すぐに好転とはいかないでしょう。
 ただ、このまま民主党政権が続けば、北方領土奪還への道はますます閉ざされてしまうだろうということだけは、間違いなく言えると思います。

 だって政権取って1年半経つけど、未だに戦略とかはっきりしないんですもん。戦略どころかこんな有様ですわ。
前原氏、鳩山前首相に「政府と違う考え方は控えてほしい」と批判 北方領土めぐり(産経2/7)

 鳩山さんって首相時代はもちろん、首相辞めてからも日本のためになること一つもしてませんよね。もう即刻政界引退してほしいです(T^T)

 前原外相は10日から訪露するそうですが、私は前原さんにも何も期待していません。
 てか、前原さん個人がどうこう以前の問題で、菅政権自体がすでにほとんど死に体の状態でしょ?(名古屋の「トリプル投票」民主党惨敗で、菅さんはますます苦しくなった)
 こんな状況で前原さんが行ったところで、ロシアがまともに相手なんかするわけないと思うんです。

 そういうわけですから、7日の北方領土返還大会で、菅首相がメドベージェフ大統領の「不法入国」を「許しがたい暴挙」と強い口調で非難したところで、それこそ国内向けじゃないの?と、疑心暗鬼にならざるを得ません。

 「くっくりさん、ぼやいてばっかりだけど、じゃあ北方領土奪回のために日本はどんな戦略で臨めばいいの?」と問われると困ってしまうんですが、素人なりに考えたことを書きますと、まず政府はもっと国内の広報や啓発をしっかりやって、国民世論をもっともっと高めていかなければならないと思います。

 これは領土問題全般にも言えることだし、他の多くの問題にも言えることですが、解決が難しい問題であればあるほど、世論が盛り上がらなければ政治はなかなか本腰を入れて動かないものです。
 だからマスコミももっともっと取り上げてほしいです。メドベージェフ大統領の「不法入国」はさすがに大きく取り上げたものの、それ以外のことは、保守系のメディアを除けばすごく小さな扱いですよね。

 そして外交の面で言えば、ロシアが中国と協調したように、日本も協調できる国をもっとたくさん作っていくことが必要なんじゃないでしょうか。今までのところ、この問題に関してはどうも日本は単独で頑張ってる感が強いので……。

 協調してくれる国を増やしていくためにはもちろん、政府を中心に国民が一体となって、これからも自分たちの立場を、つまり「日本の領土が不法に占拠され続けている」ことを、根気強く国際社会に発信し続けていくことが必要不可欠です。

 いったん実効支配されてしまった領土を取り返すのは大変難しい、それは私も分かっています。でも、あきらめたら何もかもそこで終わり。
 「あきらめへんで!精神」で、これからも発信し続けていきます。


※拙ブログ関連エントリー
07/9/11付:北方領土とロシアの蛮行を忘れるな
09/4/21付:追悼 上坂冬子さん
10/2/6付:北方領土の日によせて【将兵万葉集】(1)シベリア抑留者
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★★★竹島もお忘れなく!!★★★

竹島プロジェクト style=
竹島プロジェクト2011にぜひご参加を!参加方法はこちら。

2月22日(火)に地元島根県にて「竹島の日」記念行事が行われます。
詳細は上のバナーをクリック!

※遠方に住んでいる等で参加できない方は、当日会場に激励の祝電を送るというのはいかがでしょうか。同じ日本国民として、竹島を決して忘れていないことを伝えましょう。
 祝電の送り方はこちらを参考になさって下さい。意外と簡単ですよ(リンク先の日付は昨年のものですのでご注意)。



okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 リストラされて良かった?

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328-1.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/805-9c0f9f70

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索