ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「アンカー」山崎拓訪朝で拉致問題に異変?

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。トラバは受け付けていますが、コメントは本館へお願いします。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


横田めぐみさんの映画を国連本部で上映(日テレNEWS24)
<1/9 12:08>
 アメリカのジャーナリスト、クリス・シェリダン氏と妻のパティ・キム氏が制作した横田めぐみさんの映画が8日、ニューヨークの国連本部で上映された。これについて北朝鮮の国連大使は、NNNの取材に対し、不快感をあらわにした。

 現在は日本やアメリカなど限られた国でしか見られないこの映画だが、8日に初めて多くの国の人の目に触れることになった。国連本部で特別に行われた上映会には、キッシンジャー元国務長官のほか、ドイツやアフガニスタンなど各国の外交関係者が集まった。

 日本側の働きかけで実現した上映会の招待状は、国連加盟国に送られたが、北朝鮮の代表部は招かれなかった。現状の改善に役立つとは思えないとの理由からだ。めぐみさんの映画が上映されることについて質問すると、北朝鮮・朴吉淵国連大使は厳しい表情になり、「そんな映画なんて知らない。招待状ももらっていない」と述べた。

 去年末に行われた6か国協議でも、拉致問題を持ち出す日本との協議をかたくなに拒んだ北朝鮮。映画を制作したシェリダン氏夫妻は「北朝鮮に、この映画を見て、家族が置かれている現実を知ってほしかった」と話している。

 某局のニュースを見ていたところ、ヨーロッパの外交関係者だと思うんですが、映画を観たある女性が「(北朝鮮の拉致は)ニュースでも取り上げないし、全然知らなかった」と言っていたのが印象に残りました。
 もっともっと国際世論を高めていくよう、官民あげて努力しないといけませんね。


 さて、いま北朝鮮絡みで一番気になることと言うと、山崎拓の訪朝。
 それ関連で、本日は久々にTV番組の内容をご紹介。
 「アンカー」と、あと「ザ・ワイド」もちょこっとだけ。


■1/10放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

 時間がなくて箇条書きにさせてもらいましたが、内容はほぼ捉えていると思います。
 ちなみにラテ欄はこうなってました。

安倍首相不快感…山崎拓議員の訪朝で拉致問題に異変が?青山繁晴が今年もズバリ


 内容紹介ここから____________________________
 
 前振りVTRに入る前に、青山さんが出したキーワード。
 「変な政治家にだまされないようにしよう」

<VTR>

 昨日(1/9)、安倍総理はヨーロッパに旅立つ直前に、ある人物に対し不快感をあらわにした。
 それは、昨日午後北京経由で平壌入りした山崎拓議員。
 山崎氏は進展のない日朝関係の打開を目指すが、政府と連携のない単独外交。
 「北朝鮮と対話して説得する」
 「朝鮮半島の非核化に向けて前進したい」
 山崎氏は金正日に近い高官との会談を要請しているが、丸一日たった今日(1/10)も目立った動きなし。

 政府内の反応は冷ややか。
 塩崎官房長官は「北朝鮮へ渡航するのは望ましくない」。
 安倍総理は「議員として色々と考えもあろうと思いますが、日本はいま北朝鮮に対して制裁を科していることを踏まえてもらいたい」。

 果たしてこんな状況でどんな成果が得られるのか?
 今日の青山繁晴の「ニュースDEズバリ」は、謎に包まれた山崎氏の行動をズバリ解説。
 訪朝の裏に隠された真相に迫る。

<VTR終了>

室井佑月
「(山崎拓氏の訪朝は)驚いたけど、日本政府の一つの作戦だと思いたいよ」

山本浩之(キャスター)
「いやいや、安倍さんのあのぶら下がり会見見たら、怒り通り越して、ええかげんにしてくれという…」

室井佑月
「そんな緩い国なの?一人の政治家が勝手な行動とれる国だと思いたくないよ」

 前振りトーク終了。以下は全て青山繁晴さんの発言。

●室井さんの言われた「緩い国なの?」は正しい面を突いてる。議員外交と言ってるが、山崎拓さんは自民党の安保調査会長。総裁は安倍さんだから、本気で止めようと思えば止められるはず。山崎拓さんが北朝鮮に行ったのが不思議なら、安倍さんも普通だったらアメリカに行くところがまだアメリカに行ってない。両方とも不思議な外国訪問。が、2人の真ん中にある人を入れると謎が解けていく。それは小泉さん。

●小泉さんがどういうつながりあるか。安倍さんは本来ならアメリカに行くと思っていた人、自民党の中に多かった。なぜヨーロッパに行ったのか。それは「非小泉」。小泉さんの影響力を切る、それが安倍さんの大きなテーマ。

●小泉さんはブッシュ大統領とものすごく仲が良くて、あれ以上仲良くなるのは無理だろう。安倍さんが訪米しても小泉さんを超えられない。だからあえて違うことをする。理屈は立てられる。小泉さんができなかったこと、国連安保理常任理事国入り、日本は入れなかったので、ヨーロッパに理解を求める。小泉さんを超えたいから、あえてアメリカでなくヨーロッパに行った。

山崎拓さんは逆に小泉さんを利用する。小泉さんには利用されるだけの理由がある。その話は後にして、まず山崎拓さんはどういう人か、略歴を。70歳になってけっこうなお年。YKKで有名になったが、その後、最悪レベルの女性スキャンダルで失脚、落選。その後、自分の代わりに当選した民主党の古賀氏がラッキーにも、学歴詐称で辞職して、山崎拓さんは補選で返り咲いた。このように山崎拓さんはたくましい所があるから、元の友だちだった小泉さんを利用しようという発想も出てくる。

●小泉さんを利用して何がしたいかと言うと、小泉さんの再々訪朝で参院選勝利。1度目の訪朝で拉致被害者5人を取り返し、2度目の訪朝で家族を取り返した。一旦終わってるように見えるが、昨年12月に山崎拓さんは小泉さんに2度会って、「あなた、3度目行け」と。

●前にこの番組で言ったが、北朝鮮は去年春頃から拉致被害者のうち2人を返す用意をしてる。山崎拓さんは小泉さんに「あなたさえ行けば帰ってくる」と。今年は参院選があって、安倍さんが負けたら総理を辞めないといけなくなる。今のまま行けば選挙に勝てる要素はない。したたかな山崎拓さんの読みでは、安倍さんは最後は小泉さんに頼んで北朝鮮に行ってもらい、新たな被害者を取り返そうとする。そうすれば選挙は勝つかもしれない。そしたら自分も復活できる。

●安倍さんは「非小泉」と言ってるが、そこが山崎拓さんの賭け。小泉さんが作った政権だから。支持率が低くなってくると、最後には頼るだろうという賭け。

●去年の春頃、北朝鮮が2人返そうとした。僕が関係者から聞いたのは、男性1人、女性1人。100人を超えてるかもしれない拉致被害者の中で北朝鮮にとって都合の良い2人だけを返し、そのかわり日朝国交正常化をやって大量の援助がほしいと。2人返して、あとの被害者はもうなかったことにする。僕はこれはしちゃいけないと、その時この番組で言った。

●踏み込んで話すと、2人のうち1人は神戸出身で29年前拉致された田中実さんではないか。断定はできないが。もう1人の女性は未だに僕もわからない。この前認定された松本京子さんではないだろう。

●北朝鮮はこの2人は返す準備はしてる。山崎拓さんが行ってすぐに返すことはないが、平壌で今こっそり話してる可能性があって、「小泉さんさんが来れば返す」と。山崎拓さんは政府の要職には就いてないから。小泉さんが来るんだったら当然安倍さんの許可を得て来るので、小泉さんが持ってくるカバンには当然「国交正常化」が入ってますよね、と。「小泉さんが来れば返しますよ」という可能性はある。

●山崎拓さんが平壌から帰ってきて、こういう話はしなくても(公式に話はしなくても)、そういう可能性はある。そうなると安倍さんはだんだん引き裂かれていく。サプライズやって参院選勝ちたいという気持ちと、自分の筋を通したい、小泉切りを貫きたいという気持ちとで、安倍さんは引き裂かれるだろう。

●こういう話がどんどん出てくると、世論も「少しでも帰ってくればいいじゃないか」という声が出てくる。が、その時に安倍さんは「いや、最後の1人まで帰ってくるのが拉致問題の解決だ」と最後まで言えるのか。それとも妥協するのか。引き裂かれていく。何が結局安倍さんを左右するのかというと、それが「小泉さん、ただひとつの欲」

●小泉さんは、安倍さんと山崎拓さんにはさまれて何を考えてるんだろう?と。僕は今朝の午前10時前ぐらいに、小泉さんとよく話し合ってる著名な政治家と電話で話した。小泉さんは3度目の訪朝をする気があるか聞いたら、「青山くん。小泉の本音、わかってるだろ」という言い方。小泉さんの名前を呼び捨てで。「小泉は一つだけやり残したことあるだろ」と。

●郵政民営化はいちおう小泉さんとしてはやりきった。ところが小泉さんが国民に一番人気が出たのは、拉致問題で5人を取り返したこと。その後家族も取り返した。僕は再訪朝には大反対した。それで終わっちゃうから。

小泉さんとしては、一旦ここで締めて、日朝国交正常化して援助をして、その後残りの被害者を取り返そうという路線だった。今もその考え方。そこが安倍さんと小泉さんは違う。安倍さんも小泉さんの再訪朝には反対した。小泉さんの残された欲は、「俺がいたから5人帰ってきたのに、それは今やあまり語られずに、残った人たちのことばかりになってるから、その仕上げだけはやりたい」ということ。

●その政治家に電話で確認した。「小泉さんは行きたいということですね?」と僕が言うと、「そういうことだ。青山くんも政治家の言葉の使い方、わかってるよね」と。政治家は翻訳しないとわからない言い方をするが、もう一つ、政治家が黙ってる時は意味がある。つまり、もし小泉さんが欲がなくて行く気がないなら、「今の総理大臣の安倍さんがやることで、私は行ったりしません」とはっきり言えばいいのに、行かないというのは世間には言ってない。本心は行きたい。

●その後、別の取材でわかったが、小泉さんはすでに時期を考えてる。もし再々訪朝があるとしたら、5月の大型連休明けと小泉さんは具体的に考えてる。

●なぜかと言うと、7月に参院選、もしかしたら衆議院も解散してダブル選挙。5月の連休は、政治家が地元に帰って様子を見る。おそらく小泉さんとしては、政治家諸氏が負けそうだとなったら、「参院選までにどうにかしてくれ」という声が高まるだろう。その時動けるのは自分しかいない。安倍さんのメンツが立たないんだったら、自分を特命大臣にして安倍さんの下に入れて、行くことはありえる。もし自分が行くんだったら大型連休明け、というとこまで来てる。

●じゃあ安倍さんはどうする?引き裂かれてると思う。僕と同じだが、安倍さんは「最後の一人まで戻したら拉致解決」。だけどじゃあ何年かかるのか。1人でも帰れるなら、という気持ちが胸に差し込んで来る。

●が、思い出してほしい。今日の生ニュースで、安倍さんはイギリスに行って、ブレアさんや次の首相になりそうな人に「北朝鮮に対しては強い姿勢で行くから協力してほしい」と。ブレアさん以下は「協力します」と。安倍さんは強い姿勢で行くことを言ってしまった。これは重大で、一方で山崎拓さんが平壌に行ってるその時に、安倍さんはイギリスで、北朝鮮に強い姿勢で行くことを約束してしまった。安倍さんは自分の決心を今のところは変えてない。あえて言うが、「今のところは」。やっぱり1人でも2人でも帰ってくる方がいいのかな、という気持ちがどうしても出る。

●(山本キャスターの「安倍さんが追い込まれた時に、『5人が帰ってきた時は日本中が喜んだ。同じことがまた起こるのでは』と思うのでは」という発言に対し)一点違うのは、帰国した5人の方がどうしているか。田中実さんはずっと認定されなかったが、一昨年春に認定されたのは、当局はまだ言ってないが、5人の中から証言が出たから。「田中さんは確かに拉致された」と。5人のうちの誰とは言わないが。つまり5人の方々は世の中に発信してる。「全部取り返してくれ」と。僕は、国民はそこをいっしょによく見てほしいと思う。

 ____________________________内容紹介ここまで


 以下、関連ニュース。

日英首脳、北への国際圧力強化で一致
 【ロンドン=林博英】欧州訪問中の安倍首相は9日午後(日本時間10日未明)、ロンドンの首相官邸で、ブレア首相と約1時間10分会談した。両首脳は北朝鮮の核、ミサイル、拉致問題解決へ向け、北朝鮮に対し国際的圧力を強めていくことが必要との認識で一致した。

 安倍首相の就任後、日英首脳会談は初めて。安倍首相は北朝鮮問題について、「拉致問題は極めて重要な問題だ。核、ミサイル問題は不拡散体制への重大な挑戦として、国際社会が一致団結して取り組む必要がある」と指摘し、英国の協力を求めた。ブレア首相は「日本の立場を完全に支持し、協力したい」と応じた。

(以下略)
(2007年1月10日13時46分 読売新聞)

 冒頭のニュースで書いたように、ヨーロッパではほとんど拉致問題は知られてないようだから、安倍さんには会談相手にだけでなく、現地のマスコミにもどんどん「広報」していただきたいです。


山崎氏、金総書記との会談希望=平沢氏に明かす
1月10日13時1分配信 時事通信
 北朝鮮訪問中の山崎拓自民党前副総裁が、金正日労働党総書記との会談を希望していることが10日、分かった。平沢勝栄内閣府副大臣が同日朝のTBS番組で明らかにした。
 平沢氏によると、山崎氏は8日の出発前に都内で平沢氏に会った際、「できれば金正日総書記とも会いたいとの申し入れを北朝鮮に着いてからする」と述べたという。 
最終更新:1月10日13時1分

 あんたごときに会うわけないがな!(゜;)\(--;)

 平沢勝栄氏と言えば、今回の件でまた色んな番組に出まくってますね。
 私は「ザ・ワイド」を見ただけですが……。

 メモ書き程度ですが、最後に「ザ・ワイド」も紹介しておきますね。


■1/10放送「ザ・ワイド」

 平沢勝栄氏曰く、「山崎拓さんが言ってたのは、アメリカや中国に訪朝すべきだと強く勧められた」。

 それについて、有田芳生さんは「中国は当然そう言うだろうが、アメリカのどういう立場の人がそんなことを言ったのか」と、北朝鮮寄りの人間が関与してるんじゃないか?的なことを言ってました。そして、「アメリカの金融制裁を解きたいという北朝鮮の思惑の中での訪朝ということであれば、山崎さんは利用されるだけ」てなことも。

 草野仁さんも有田さんも、山崎拓にはかなり批判的で、山崎拓の代弁者の平沢氏が一人責められるというシチュエーションになってましたわ。

 増元照明氏は、平沢氏の「拉致被害者が生きてるかどうかわからない」との発言を批判。「そういう考えでは奪還に力が入らない。安倍内閣は全員生きているという方向でやっているのに」と。
 平沢氏は「拉致された当時高齢だった方もいるから、そういう方はもしかしたら…という意味」と必死に弁解してましたが。

 増元氏は他にも、「山崎さんは核問題で行った。形骸化した平壌宣言の確認に行くと。そんなことをして何になるのか」といったことを言われてました。

 もう一人のゲスト、辺真一氏が言ってたのは、「北朝鮮制裁法案を提出した自民党の政治家が、『長期戦で』とか言い出した。この問題は短期戦で行かないといけない。また交渉のタイミングを考えないといけない。日本と北朝鮮で綱引きをやってる最中に、山崎さんが北朝鮮側に行ってしまった」。

 「長期戦で」と言い出したのは、たぶん山本一太議員です。
 「TVタックル」か何かで言ってた記憶があるし、ご本人のブログにもそのような記述があります(同じことを言ってる議員が彼の他にもいるかもしれませんが)。

 もう一つ、辺氏が言ってたのは、「北朝鮮も事態打開をしたい。おそらく日朝交渉再開のために万景峰号の解禁などを言ってくる。4年前に被害者の子供らを引き渡す条件としてコメ、医薬品などを要求してきた。日本は北が要求した量の半分を出した。北は今回も同じような提案をしてくるだろう」。


※拙ブログ関連エントリー/「アンカー」起こし(年度は全て06年)
5/11付:「アンカー」ポスト小泉を青山氏がズバリ
6/15付:「アンカー」拉致問題に隠された北の陰謀by青山繁晴
7/13付:「アンカー」北制裁とテロの危険性by青山繁晴
7/20付:「アンカー」国連と北朝鮮&「ぷいぷい」韓国
8/24付:『アンカー』北朝鮮核実験で日本の核武装論が高まる?
8/31付:『アンカー』皇室はどうあるべきか?
10/5付:「アンカー」安倍さんは家康〜北核実験宣言、訪中・訪韓、消費税など
10/26付:「アンカー」金正日、逆襲の一手!?


【追記1/11 14:10】「お気楽くっくり」更新!
 私にしては珍しく、連続ドラマのお話です。


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ

!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。



★★★毒吐き@てっくさんが旧宮家復籍キャンペーンフラッシュ作成にあたり、カンパを募集されています★★★
かなり大規模な計画になりそうです。いろんな著名人が噛んでます。これ以上は企業秘密。まだまだカンパ募集中です!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/79-62f9b01d
山崎氏、金総書記との会談希望=平沢氏に明かす 北朝鮮訪問中の山崎拓自民党前副総裁が、金正日労働党総書記との会談を希望していることが10日、分かった。平沢勝栄内閣府副大臣が同日朝のTBS番組で明らかにした。 平沢氏によると、山崎氏は8日の出発前に都内で平沢氏
2007/01/13(土) 09:55:49 | 渡部昇一的ココロだー!!

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索