ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

中共の見え透いた前原潰し&私信その2

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


 日中首脳会談が中国側にドタキャンされたことは前エントリー:日中首脳会談拒否は前原潰しか?でお伝えしましたが、その翌日になって突然、日中首脳「懇談」がありました。

 10月4日(日本時間5日)のアジア欧州会議(ASEM)の時はロビーのソファーで25分間、今回は立ち話で10分間。
 で、今回もまた「偶然」を装ってのものでした。

 前の日あそこまで非礼なことをされたのに、そこまでして非公式の「懇談」を演出する必要があったのでしょうか?

 でも、ま、これで日本国内の前原批判はほぼ収束しそうですね。
 政界の反応については週明け以降を見てみないとまだ分かりませんが、少なくとも日本のメディアは一部を除き収束しつつあるようです。

 むしろ、中国メディア(≒中国政府)が「前原を更迭しろ」なんてあからさまに言い出してて、ちょっと驚きました。
「トラブルメーカー」「更迭を」 中国系メディアが前原攻撃(産経10/30)
 【北京=矢板明夫】30日付の中国各紙は、日中首脳会談を中国が拒否したことについて、「日本側が会談に必要な雰囲気を壊した」と一斉に日本批判を展開した。中国系香港紙「文匯報」は同日付の社説で、対中強硬姿勢を示す前原誠司外相を「トラブルメーカー」と批判し、日本政府に対し外相の更迭を求めた。中国政府の影響下にある新聞が外国の閣僚人事に口を出すことは異例で、共産党指導部の意向を反映している可能性がある。

 北京の大衆紙「新京報」は、胡正躍外務次官補がハノイで発表した「日本は他の国と結託し、釣魚島(尖閣諸島)問題を再びあおった」とする談話を1面トップで掲載し、28日の日米外相会談で、尖閣諸島は日米安全保障条約の範囲内と強調した前原外相の最近の言動への不快感を示した。

 「文匯報」は、前原外相を名指しで批判。中国漁船衝突事件で船長の逮捕を主張したことや、中国の対抗措置を「ヒステリック」と批判したなど具体例を挙げ、「日本政府は外相を更迭しなければ、中日関係の回復は難しい」と主張した。「文匯報」と同じく中国政府の影響下にある「大公報」も前原外相を「中日関係改善の障害物」と決めつけた。

 中国メディアが展開する一連の対日批判は、菅直人首相や民主党には触れず、前原外相の個人に集中しているのが特徴だ。

 この背景には、前原外相の対中強硬姿勢がネットなどを通じて中国国内に広がれば、反日デモに再び火がつき、社会に対する不満層も吸収する形で反政府デモに発展することを警戒する指導部の懸念がある。日中問題の研究者は「彼の発言は国内の不安定につながる」と分析している。

 中国側には、前原外相を交代させるか、またはその対中強硬発言を封印させるかを求める、日本政府へのメッセージとしたい思惑があるようだ。

 内政干渉もいいとこなんですが、よく考えてみれば、これ逆にいいかも。
 てか、中共さん、もっともっと前原さんを叩いて下さい!と。
 そして日本のメディアも、「中国が前原を更迭しろと言ってるよ~」と大々的にご注進報道して下さい!と。

 なぜって、中国側が前原さんを叩けば叩くほど、そして日本のメディアがそれを報道すればするほど、逆に菅さんは前原さんを更迭しづらくなるからです。
 もし更迭なんかしようものなら、「菅首相は中国の言いなりになって前原さんをクビにした。またしても中国に屈した。こんな弱腰政権もういらん!」と世論が怒るのは必至です。

 てか、これぐらいのことは中共も分かりそうなもんなんですけどね。どうもこないだから対応がちぐはぐな気がします。
 まだ何か裏があるんでしょうか?
 それとも、党内の対日穏健派(現主席の胡錦濤)と対日強硬派(江沢民に推された次期主席の習近平)の対立は、そこまでぐちゃぐちゃで深刻な状況になってるんでしょうか?


 その点、10月31日の「報道2001」と「サンデーフロントライン」を見ると、両番組とも概ねそういった論調、つまり中国の国内事情というか党内事情が首脳会談ドタキャンの原因であり、前原さんは口実に使われただけといった論調でした。

 論評を個別に少し抜き出すと……

 「報道2001」では、まず石平氏が、日中外相会談の時の楊外相の余裕のなさから、楊外相が背中に重たいものを背負っての会談だったと指摘。
 前原宏子氏(PHP総研)は、尖閣衝突ビデオを一部国会議員に公開することが決まったが、これに中国側は関心を寄せていたと指摘。
 宮家邦彦氏は、日本がアメリカなどを巻き込んで尖閣の根回しをしているが、それが中国側にとってはメンツを潰されたり国際的な孤立を招くことになるので警戒しているのだろうと。
 平井文夫氏(フジテレビの報道局専任局長)は、前原さんが悪いのではなく、温家宝さんが菅さんから逃げ回っているようだと。

 一方、「サンデーフロントライン」は、導入部では、ドタキャンは仏AFP通信の誤報が原因であり、また火消しに回りたい中国側にとって前原さんが邪魔な存在であると解説。
 が、森本敏氏は、実はAFPの誤報は口実に過ぎず、中国側は当初から首脳会談を中止させる意図があり、その理由はやはり党内の路線対立にあるという話をしてました。
 番組的にも「ドタキャンは中国の国内事情。騒がず大人の対応を」とまとめていました。

 とにかく中共の内部が対立で大きく揺れてるんだとしたら、それは日本にとってはチャンスですよね。
 政府・与党は今こそ一致団結し、そこに付け込む外交を展開していくべきです。表向きは騒がず、でも水面下ではえげつなく。
 しかし、今の菅政権にそれを期待しろと言う方が無理でしょうなぁ(T^T)。「首脳会談ありき」で躍起になってた姿ひとつを見ても、それは明らかです。


 田母神さんが、夕刊フジ10/30付のインタビューでこんな話をされています。

 「尖閣での漁船衝突事件をみてもわかるように中国の情報戦略は、第1段階として、問題がない事象に言いがかりをつけ、第2段階で国をあげて騒ぎたてる。第3段階で、懐柔策として問題の棚上げを提案し、結果的に問題自体を既成事実化する」

 「(質問:いまはどの段階か?)第2段階にあたる。民衆の扇動を(日本が)深刻に受け止めた時点で、たちまち問題を既成事実化する。(日本政府は)絶対に引っかかってはいけない」

 「日中関係は、すでに『有事』と考えるべき。直接的な戦争ではないにせよ、尖閣問題を契機に、史上最大級の高度な情報戦争を仕掛けられた。ウソ、デマ、ねつ造。ありとあらゆる情報を駆使して相手国を追い込み、自国の富を引き寄せるのは国際社会では当たり前の駆け引き。政府は、旧自民党政権時代から、こうしたシビアな状況下で、『国家国民の富を守る』という覚悟が欠如している。尖閣問題を機に、国民もその事実に目を向けて、怒りを行動で示すときだろう

 国民は怒ってるんだぞという姿を、これからも菅政権に突き付けていくことが大切ですね。
 というわけで、今日も貼っておきます。

<抗議・要請先>

・官邸>ご意見募集
 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
・民主党>ご意見・ご感想はこちらへ
 https://form.dpj.or.jp/contact/
・各府省への政策に関する意見・要望
 https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

<デモ等のお知らせ>

【東京都千代田区】
 11/6(土) アジアに自由と平和を! 尖閣諸島侵略糾弾!中国のアジア軍事覇権糾弾!
 「ノーベル平和賞」劉暁波氏の釈放を! 「自由と人権 アジア連帯集会」 & デモ
【栃木県宇都宮市】
 11/7(日)頑張れ日本!全国行動委員会 栃木県本部設立式
【愛知県名古屋市】
 11/14(日) がんばれ日本!全国行動委員会・愛知県本部・総会/講演会
【山形県酒田市】
 11/25(木) 頑張れ日本!全国行動委員会・支部設立記念講演会
【東京都千代田区】
  中国の尖閣諸島侵略糾弾!連続国民行動 (毎週火・木)

詳細は「頑張れ日本!!全国行動委員会」のサイトを。
※台風14号のため中止になった10/30(土)の大阪のデモは、後日、改めて開催予定です。決まり次第、上記サイトでお知らせがありますので、関西方面の皆様はこまめなチェックを!

 11月1日(もう今日ですね)、約30人の国会議員による衝突ビデオの視聴が行われます。
 が、約6分間に編集された「要約版」で、流出を防ぐためにカメラや携帯電話の持ち込みは禁止であると。

 ただ、視聴後は、視聴した議員はもちろん視聴していない議員も巻き込んで、また議論が沸き起こるでしょう。そこから何とか全面公開につなげていってくれたら、と思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ここからは、すみません、また私信です<(_ _)>

 前エントリーの「夫のリストラ」の件で、たくさんのコメント、メールをいただきありがとうございます。
 (お気楽くっくりの“管理人のみ閲覧可能コメント”から下さった皆さんもありがとうございます)

 皆様の温かい励ましのお言葉、アドバイス、そのひとつひとつを涙をにじませながら拝読いたしました。
 本当にたくさんのメッセージをいただいており、個別にお返事を差し上げられないことを、どうかお許し下さい。

 夫にも、皆様のメッセージを読んでもらいました。
 「何か俺めっちゃかっこ悪ないか?」と苦笑しつつも、ジーンと来てたみたいです。
 また、自分と同じかそれ以上にご苦労されている方々がいらっしゃることも分かり、少し気が楽になった様子でした。

 「あなた本人から皆さんにお返事書いてよ」と頼んだのですが、「気恥ずかしいから伝言で。お前が書いて」と言われてしまったので、以下、夫からの伝言を代筆します。

 【皆様の応援メッセージを糧として頑張っていきます。ありがとうございました。また、失業中の皆様、一緒にぼちぼち頑張っていきましょう】

 前エントリーでは「夫がものすごく気落ちしてる」と書いたのですが、確かにリストラを宣告されたその日は見るからに落ち込んでたんですが、何とその翌日(土曜)、夫は普段どおり、予定されていたバンドの練習に出かけて行ったという。
 (夫は20歳頃からアマチュアバンド活動をやってます。ベース担当です)

 心に余裕のない時だから練習は休むんじゃないかな、あるいはバンドそのものもこれをきっかけにやめてしまうかもと心配してたんですが、ほんとに普通に出かけて行きました。

 「あんまり無理せんと…」と私が声をかけたところ、夫の返答は、「メンバーみんな忙しい中、この日に練習やるって決めたんやから。約束は守らなあかん。それにライブも近いし、俺一人が欠けるだけでもいろいろ支障出るから」。

 そう、夫は約束は必ず守る人。時間も必ず守る人。会社には15分前までには必ず着いている人。妻の私が言うのも何なんですが、本当にきっちりしてるんです。
 (おかげでアバウトで雑な私はいつも夫に叱られてばかり(^^ゞ)
 何でこの人がクビ切られなあかんのやろ?もし私と夫が同じ職場に同じ条件でいたら、絶対私が先にリストラされたはず!(--)(__)

 てか、実は、夫は若い頃にもリストラを経験してるんですよ。あと、倒産も経験してます。
 ただ、いずれも勤めた年数は少なかったんです。長くて2年ほどですかね。
 なので、今回のように15年も勤めた会社からのリストラ宣告はやはり堪えたようです。
 しかも、若い頃は失業してもすぐに次の仕事が決まりましたが、もう40歳超えてますからね。
 その上、この不景気です。菅政権の経済政策にも期待が持てません。
 再就職は非常に難しいだろうなぁと、楽天的な性格の私でもやはり不安が先に立ってしまいます。

 が、ここはひとつ深呼吸………。

 何しろ夫は、今の会社に在籍した15年間のうち実に約13年間という長い間、私という家族のために走り続けてきてくれたのですから(1998年2月結婚)。
 しばらくはゆっくり休んでもらって、落ちついたところで今後のことをじっくり考えてもらおうと思います。

 あと、自分で言うのもおかしいんですが、私は生まれつき強運の持ち主だと複数の占い師さんから言われたことがあります。ある占い師さんには「大地震が来てもあなただけは生き残る」とまで言われました。

 ふり返ってみれば、私自身も過去にたくさんピンチがありましたが、いずれも不思議と何とかなってるんですね。
 たとえば交通事故にこれまで3回遭ってるんですが、いずれも軽傷で済んでます。

 うち1回は25歳の時で、250ccのバイクで国道をけっこうスピード出して走ってたところ、右折してきた車にぶつけられて宙を舞ったんですが、きれいに一回転してお尻から着地、軽い打ち身だけで済んだという。
 現場検証のお巡りさんに、「あんた、この事故でよう打ち身だけで済んだなぁ。死んでてもおかしないで」と驚かれてしまいました。

 仕事面でのピンチも多数ありました。
 派遣社員や契約社員で働いていた期間が長かったので、よく契約打ち切りに見舞われました。
 ひどい時なんか、「来月からもういいから」って月末の27日ぐらいに言われたことも(今から考えたらめちゃ労働法違反なんですけど(T^T))。

 次の仕事がなかなか決まらず、よく崖っぷちにも追い詰められました。
 が、崖から落ちる寸前に、なぜかいつもどこかから救いの手が差し伸べられたんです。
 急に好条件の仕事依頼が舞い込んだり、忘れていた定額貯金が満期になってたり(あ、これは単に私がうっかり者なだけですね(^^ゞ)。
 私が楽天家なのも、こういった実績(?)の積み重ねによるものでしょう。

 私についての話が長くなってしまいましたが、とにかく、「大丈夫!こんな強運の私がそばにいるんやから、あなたもきっとまた運が巡ってくるよ!」と、夫を励ましつつ(同時に自分も励ましつつ)、それこそ夫も言ってるように「一緒にぼちぼち頑張って」いこうと思っています。

 あ、それから一部でご心配いただきましたが、ブログは今後も続けますよ~(^o^)
 もしほんとに今の仕事+パートに出ることになったら更新頻度は減ってしまうでしょうが、少なくとも完全閉鎖というのは考えてませんのでご安心を!

 以下は完全に余談なんですが……

 今日(日曜日)、夫がカップ麺を食べたいと言い出して、驚きました。
 というのも、夫はカップ麺はカロリー高いし身体にもあまり良くないと言って、一切食べてこなかった人なんです。
 少なくとも結婚以来、夫がカップ麺を食べるのを見たのはこれが初めてです。やっぱり心境にいろんな変化が生じてるんでしょうかねぇ。
 ちなみに夫が食べたのはマルタイの長崎ちゃんぽんです。私がこれが大好きで常にいくつかストックしてあるという(^_^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328-1.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/758-e469207c
しばらくぶりの更新でございます。更新できるネタはいくらでも転がっていますのでその点で困ることはありませんでしたが、いざエントリーする段階になると何故か無駄に長々と文字を打たざるをえなくなるのでまとまった時間が必要ともなり更新の際のハードルになったのも確...
2010/11/01(月) 12:11:41 | 『帝國』ブログ

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索