ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

中国が尖閣諸島を日本の領土だと認識していたことを裏付ける史料

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

【お知らせ】ライブドア「ここヘンJAPAN」の拙ブログ記事転載は了承済です。

水間さんの「週刊ポスト」の記事(地図)に関して追記があります(10/4 19:25)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1010-02jinmin530108-2.jpg

 今日は、中国が尖閣諸島を日本の領土だと認識していたことを裏付ける史料をいくつか紹介します。

 その前に、尖閣諸島をめぐる経緯について基礎知識をいちおう記述しておきます。

 ――日本政府は尖閣諸島の領有状況を1885年から1895年まで調査し、いずれの国にも属していないことを慎重に確認した上で、1895年1月14日の閣議で決定し沖縄県に編入しました。
 1945年の敗戦により、翌1946年に尖閣諸島を含む南西諸島の施政権は日本から連合国に移されました。その後の平和条約発効により、1952年からはアメリカの施政権下に置かれましたが、1972年、沖縄県とともに尖閣諸島を含む南西諸島も日本に返還されています。

 1968年、日本、中華民国(台湾)、韓国の海洋専門家が国連アジア極東経済委員会(ECAFE)の協力の下に東シナ海一帯の海底を学術調査し、その結果、尖閣諸島付近に石油資源が埋蔵されている可能性があることが指摘されました(現在では尖閣諸島周辺にはイラクの原油の推定埋蔵量の1125億バレルに匹敵する、1000億バレル以上の埋蔵量があることがほぼ確実とされています)。
 その3年後、1971年に中国(中華人民共和国)は初めて、外交部声明という形で尖閣諸島の領有権を主張しました。

 ちなみに、尖閣諸島についての現在のアメリカ政府の立場としては、グレグソン国防次官補が2010年9月28日に「1972年の沖縄返還の際、沖縄県とともに日本に返還したのが事実だ」と述べ(産経9/28)、キャンベル国務次官補も同じ9月28日に「1972年に沖縄が返還されたときに、尖閣諸島もその中に含まれていた」と述べています(日テレ9/29)。――


※以下、記事中の画像はいずれもクリックすることにより新規画面で拡大表示されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)1919年、尖閣諸島の魚釣島に漂着座礁した中国漁船の乗組員を救助した島民に対し、中華民国の在長崎領事の馮冕が送った感謝状
拙エントリー9/23付:中国政府の感謝状に「沖縄県八重山郡尖閣諸島」を再構成)

 1884年、福岡出身の商人・古賀辰四郎は、人跡未踏の尖閣諸島に探検隊を送り込んで調査を行った。周辺海域の魚影は濃く、とくに鰹の大きな群れが島の近場を回遊。これは将来有望だと判断し、古賀は魚釣島に移住開拓を図るのである。
 魚釣島で古賀の事業は成功した。豊富な鰹などの海産物は缶詰や干物に加工され、また無尽蔵とも思えるアホウドリなど海鳥の羽毛採取は莫大な利益をあげた。

 辰四郎の後を継いだ嫡男の善次が島主となった翌1919年(大正8年)、ひとつの事件が起こる。
 中国・福建省から船出した中国の漁船・金合丸が暴風雨に遭遇し、魚釣島に漂着座礁したのである。この船には船主兼船長・郭合順以下31名が乗り組んでいた。座礁したまま身動きがとれなくなって、魚釣島の島民に助けを求めた。
 善次の陣頭指揮のもと、金合丸の乗組員全員は無事救出された。手厚い保護を受けた遭難漁民たちは、やがて石垣島に送られ、半月余の後に台湾経由で故郷の福建省に無事帰還することができたのである。

 その後、魚釣島における善意の海難救出に尽力した古賀善次ら島民7名に対し、中国(中華民国)在長崎領事の馮冕より感謝状が届いた。その感謝状には、海難発生場所として「日本帝国沖縄縣八重山郡尖閣列島」と記されているのだ。

 感謝状は表記の玉代勢氏のほか、石垣村長(当時)の豊川善佐氏、古賀善次氏、そして通訳を務めた松葉ロブナストさんら計7人に贈られた。ここに取り上げたのは、私蔵されていた感謝状を玉代勢氏が1996年1月に石垣市に寄贈したもので、現存するのはこれ1枚だけである。

1010-01senkaku.jpg

 原文は中国語だが、日本語による大意は以下の通り。

感謝状

 中華民国八年冬、福建省恵安県の漁民である郭合順ら三十一人が嵐(原文では風)に遭って遭難し、漂流して、日本帝国沖縄縣八重山郡尖閣列島内の和洋島(魚釣島の別名)に漂着。

 日本帝国八重山郡石垣村雇用(後に助役)・玉代勢孫伴[たまよせそんばん]君は親切に救護し、故国に生還させてくれたこと、まことに義を見てためらわないものであり、深く感服し、ここにこの書状の贈呈をもって感謝の気持ちを表すこととする。

 中華民国駐長崎領事馮冕 印
 中華民国九年五月二十日 公印


 英語による大意は以下の通り。

Grateful letter

Winter Year 8th of Republic of China,
31 Chinese fishermen from Fujian state faced storm and wrecked, drifted and cast ashore Uotsuri island, Senkaku archipelago, Yaeyama County, Okinawa prefecture, Imperial Japan.

Mr. Sonban Tamayose who was official of Ishigaki village, Yaeyama County, Imperial Japan, kindly took care of Chinese fishermen and could let them back to their father land. It was real sign of humanity.
We hereby present Grateful letter and show our deepest appreciation to him.

Resident Consular of Republic of China in Nagasaki Japan
May 20th, Year 8th of Republic of China


画像ソース:
水間条項>尖閣問題
参考資料:
・「諸君!」2006年2月号 永久保存版 歴史講座【もし中国にああ言われたら――こう言い返せ】「尖閣、そして沖縄までは中国の領土」と言われたら/フォトジャーナリスト・山本皓一


(2)1953年1月8日付 中国共産党中央委員会機関紙「人民日報」

 1953年(昭和28年)1月8日付の中国共産党中央委員会機関紙「人民日報」が、「琉球群島人民のアメリカによる占領に反対する闘争」と題した記事を掲載。
 尖閣諸島を中国呼称の「釣魚島」ではなく日本呼称で表記し、「内側はわが国(中国)の東海(東シナ海)、外側は太平洋」と日本領であることを事実上、認めている。
 しかも日本のいわゆる「新聞報道」とは異なり党中央機関紙の記事であり、しかも一般記事以上に正確を期すべき「資料」欄に掲載され、それだけに中国の公式見解ととらえるべきである。
 ちなみに1953年当時、尖閣諸島を含む南西諸島の施政権はアメリカが有していた。

1010-02jinmin530108-1.jpg

 ↓上の記事を拡大したもの↓
1010-02jinmin530108-2.jpg

資料:琉球群島人民反對美國占領的斗爭

 琉球群島散布在我國台灣東北和日本九洲島西南之間的海面上,包括尖閣諸島、先島諸島、大東諸島、沖繩諸島、大島諸島、土?喇諸島、大隅諸島等七組島嶼,毎組都有許多大小島嶼,總計共有五十個以上有名稱的島嶼和四百多個無名小島,全部陸地面積為四千六百七十平方公里。群島中最大的島是沖繩諸島中的沖繩島(即大琉球島),面積一千二百十一平方公里;其次是大島諸島中的奄美大島,面積七百三十平方公里。琉球群島綿互達一千公里,它的内側是我國東海,外側就是太平洋公海。……


 日本語による大意は以下の通り。
 
資料:琉球群島人民のアメリカによる占領に反対する闘争

 琉球群島はわが国の台湾東北部と日本の九州島西南部の間の海上にあり、尖閣諸島、先島諸島、大東諸島、沖縄諸島、大島諸島、トカラ諸島、大隅諸島、など七つの島嶼(とうしょ)で、それぞれに多くの小島があり、総計五十以上の名のある島と四百余りの無名の小島があり、(中略)その内側はわが国の東海、外側は太平洋の公海である。……


画像ソース:
・全文記事画像=ウヨッ!やらないか!>台湾が空気を読んだw 2006/10/23 23:26
・拡大記事画像=這裡紀録了~我對知識的探索與好奇 窮理至知~無盡探索!>老賈~回答「澤」~有關「釣魚台」歸屬的問題(2)!!!2009/08/10 20:22 のコメント欄
・拡大記事画像(上と同じ画像)=My Maji麻吉網 - 麻吉論壇 》 知識百分百 》 天文歴史通 》 為什麼釣魚台是日本的 發表於 2008-7-28 21:43

参考資料:
2010年9月28日付 毎日新聞「記者の目」辻康吾元・北京支局長
中南海ノ黄昏>人民日報曰く「琉球群島は尖閣諸島を含む」2006年03月29日
言語空間+備忘録>中国は「尖閣諸島は日本領土である」と認めていたらしい 2010-09-12


(3)1958年に北京地図出版社が発行した「世界地図集」

 1958年(昭和33年)11月に、北京地図出版社が発行した「世界地図集」で、尖閣諸島を日本領として扱い、「尖閣群島」と日本名で表記している。
 画像は、昭和47年外務省文化局「尖閣諸島について」20頁より。
 ちなみに1958年当時、尖閣諸島を含む南西諸島の施政権はアメリカが有していた。

1010-03pekinmap58-1.jpg

 ↓上の地図を拡大したもの↓
1010-03pekinmap58-2.jpg

画像ソース:
尖閣諸島の写真と地図集>中国台湾の教科書に掲載された尖閣諸島の地図


(4)1969年に中国政府が作成した地図

 1969年に中国政府が作成した地図を米紙ワシントン・タイムズが入手、2010年9月16日付同紙に掲載したもの。尖閣諸島を日本名で「尖閣群島」と表記している。
  魚釣島についても、日本名の「魚釣島」と表記している(ちなみに中国では尖閣諸島全体を指して「釣魚島」と呼んでいる)。

1010-04wtimes0915.jpg

 紙面に掲載された地図は全体の一部分だけで、境界線の位置は確認できないが、 同紙は「地図には尖閣諸島が日本の領土であることを示す境界線が引かれている」と指摘している。

画像及び記事ソース:
2010年9月16日付 ワシントン・タイムズ

参考記事:
2010年9月17日付 世界日報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 今回私がネット上で見つけることができたのは以上4点です。

 他にもあるかもしれません。
 てか、あります。

 実は、ジャーナリストの水間政憲さんによれば、中国で1960年に発行された地図帳に「尖閣」と日本名で表記されているものがあり、その地図が10月4日発売『週刊ポスト』のカラーグラビアに掲載されるとのことです(私が今これを書いているのは10月4日午前2時前です)。

 水間さんは、「緊急のお願いですが、中国人の買い占めを阻止するためも、一人でも多くの友人・知人に情報を拡散し、日本人が先回りして買い占めていただきたく思っております」と要請しておられます。
 詳しいことは、水間さんのブログ2010年10月03日 23:58をご覧下さい。

【追記10/4 19:25】
 「週刊ポスト」を買って読みました。カラーではなくモノクロのグラビアでした。[『世界地図集』1960年4月第1版。北京市地図出版社発行]と題された地図ですが、上で紹介した(3)1958年の北京の地図出版社発行の「世界地図集」と版数が違うだけで同じ物かもしれません。
 ・「週刊ポスト」記事画像←あえて小さい画像にしてあります。本文に何が書かれてあるかを知りたい方は購入してお読みになって下さい。
 ・上記事拡大画像
 いずれにしても、貴重な史料であることには変わりありません。



 資源獲得のためにはなりふり構わず他国の領土を奪おうとする中国を、このまま放置しておいてよいわけはありません。
 ところが、今の民主党政権は全く頼りになりません。
 私たち国民一人ひとりが草の根的に、中国(中国共産党)の不当性を国内外にアピールしていく必要があると思います。

 皆様、よろしければ今日紹介した史料を活用なさって下さい。
 国内外に発信なさって下さい。

 国外に発信なさる際は、先日紹介した「あさパラ!」の川合俊一さんのアドバイスに則って、基本的に「笑う」方向でなさると、中国人に対してはより効果的かと存じます。

 「(文化交流まで駄目にするのは、中国がいかに駄目な国なのかを表しているという話の流れで)それ世界発信しないと。中国人ていうのは何が一番嫌かというと、自分が何されると嫌かというと、自分の仲間が笑われるのが一番嫌なの。そうすると普通、日本人だったら庇うけれども、中国人は優勢な時は庇うけど、ちょっと劣勢になると、みんな引くから。だから今回もしかしたら、たとえばいろんな、こういう事例を出して世界に発信して、温家宝がとんでもないことを言ってるってね、怒るんじゃなくて、笑うの。『アッハッハ、温家宝が』って、一斉に笑うの。そうすると、中国人は一気に、『あ、温家宝って笑われてる』って思ったら、一気に引くから。そういう、別に、いい悪い別として、そういう国民だから」
 (川合さんの発言全文は拙エントリー9/27付:9月24日は国恥記念日 船長釈放でますます嵩にかかる中国をご覧下さい)


 さらに、10月2日に行われたデモ(10.2 中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動)の動画も合わせて国内外に発信していくべきですね。
 YouTubeから何点か紹介しておきます。

10.2 中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動 (10/2) 東京・渋谷
10.10.2『支那の尖閣侵略糾弾』渋谷~表参道デモ、参加者2670名!
Anti-China demonstration in Shibuya, Tokyo in 2010/10/2(1/4)
Anti-China demonstration in Shibuya, Tokyo in 2010/10/2(2/4)
Anti-China demonstration in Shibuya, Tokyo in 2010/10/2(3/4)
Anti-China demonstration in Shibuya, Tokyo in 2010/10/2(4/4)

 デモに参加された方のレポートも続々ネット上にあがってきています。
 代表として、sakuraraボードさん10/2付を紹介しておきます。他のブログさんのレポートへのリンクも充実しています。

 また、報道監視まとめWIKIさんが、このデモについての国内外のメディアの報道状況をまとめて下さっています。
 国外ではロイター、CNN、AFP、WSJなど世界有数のメディアが報道している反面、国内メディアで報道したのは現時点(10月3日深夜)ではやまと新聞ぐらいで、あとは確認されていないようです。

 日本のメディアは、中国人のデモは報道するくせに、特にテレビは何度もくり返し映像を流すくせに、日本人のデモは完全無視ですか。

 ……さあ皆さんご一緒に。
 「おまえらどこの国のメディアやねん!!」(-o-#)


 あと、「衝突ビデオ」が公開されたら、英語、中国語、その他できるだけ多くの言語で字幕や解説を添えて、全世界に配信しないといけませんね。有志の皆さんの中には、もうそのつもりで手ぐすね引いておられる方もいるかもしれません。

 ただ、ビデオの公開(国会提出)については、拙エントリー10/2付:尖閣事件で改めて露呈した民主党政権の統治能力の無さにも書いたように、先週後半あたりから雲行きが怪しくなってます。
 ビデオの扱いは仙谷官房売国長官に一任されてしまっているし、公開はかなり危うい状況に思えます。

 しかも、ビデオ公開に腰が退けてるのは官邸だけではないようで、産経の阿比留瑠比記者のブログ10/2付によれば、民主党サイド(羽田雄一郎参院国対委員長)もそうだし、さらには某省の政務三役に至ってはこう言い放ったそうです。

 「衝突ビデオを見た。間違いなくぶつけてきている。あれは公開しちゃいけない。日本人があれを見たら、『中国人ふざけるな』と国民感情が燃え上がっちゃう

 阿比留記者は、10月1日に菅首相が行った所信表明演説の中の、「国民一人ひとりが(外交を)自分の問題として捉え、国民全体で考える主体的で能動的で外交を展開していかなければならない」という箇所を挙げ、「主体的に、能動的に考える材料は自分たちで隠匿しておいて、何だこの言いぶりは!」と憤怒されています。

 ほんとおっしゃる通りで、まったく国民を馬鹿にするにもほどがあると思います。
 しかも、民主党といえば「情報公開」がセールスポイントのひとつだったはずですが、やってることは真逆ですやん!(-.-#)

 「ビデオを公開しろ!」という世論を皆さんで高めていきましょう。

・官邸>ご意見募集
 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
・仙谷由人ホームページ(メールを受け付けています)
 http://y-sengoku.com/
・各府省への政策に関する意見・要望
 https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose


 ……余談。
 仙谷さんのHPを今回初めて見たんですが、「政治理念」のページにいきなり「地球市民として自由で平和で健全な世界を創ろう!」って書いてあって、脱力しました……。
 分かってたことだけど、この人ってほんとにお花畑……(T^T)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※拙ブログ関連エントリー
9/20付:中国政府の感謝状に「沖縄県八重山郡尖閣諸島」
9/23付:「アンカー」尖閣中国漁船衝突事件 日本vs中国 統治システムの戦い
9/24付:【速報】中国人船長 処分保留で釈放決定
9/27付:9月24日は国恥記念日 船長釈放でますます嵩にかかる中国
9/30付:「アンカー」尖閣事件船長釈放の真相と中国の誤算
10/2付:尖閣事件で改めて露呈した民主党政権の統治能力の無さ


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328-4.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/744-291b220b
さあ!日本の皆さん 尖閣諸島(せんかくしょとう)が盗られますよ。 そろそろ気付きましょう。日本国は、侵略されるのです。 もちろん、尖閣だけではありません。 次は沖縄です。 経済侵略、人口侵略も粛々と進められています。 その準備は、戦後から始まっています...
2010/10/12(火) 09:46:31 | 欺瞞的善人の悲哀

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索