ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

なんだったんだ?金賢姫の4DAYS

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

100723-01.jpg

【政府が公開した金賢姫元工作員の来日中の映像。YouTube産経新聞チャンネルよりキャプチャ】

 本日のタイトルは、バービーボーイズのヒット曲「なんだったんだ?7DAYS」をもじったものです。
 って、バービーボーイズを知ってる人、もうあんまりいないかな(^^ゞ

 ちなみに「なんだったんだ?7DAYS」の歌詞、出だしはこんなふうです。

   いったい なんだったんだ? 7DAYS
   外にも出ない毎日
   こうして待ってたんじゃハートエイク
   ますます ひどくなる

   ひとりでヒーローやっちゃって
   忘れてるモーション


 ほんと、金賢姫の来日って何だったんでしょうね。
 拉致に関して特に新しい情報をもたらしたわけでもないし、そもそも何でこの時期にこんな形で招聘しなきゃならなかったのか。
 大きな疑問を感じたのは私だけではないはずです。
 金賢姫の日本語教育係だった田口八重子さんについての情報は、去年3月に長男の飯塚耕一郎さんと兄の飯塚繁雄さんが釜山で面会した時にもたらされたでしょうから、今回新しい情報が出てくるとしたら、それ以外の方、特に横田めぐみさんに関するものだろうと期待がされていました。
 事前に金賢姫が「めぐみさんと会った」「ご両親に全て話したい」と言っていたこともありますしね。

 一部の識者の間では、「おそらく新情報はある。新情報が出る可能性が薄いのに、リスクを犯してまで日本政府がわざわざ招聘するわけがない」という見方すらありました。
 
 が、実際フタを開けてみたら、「特段新しい、期待していたような情報は出なかった」(横田滋さんの弁)わけです。

 期待した新情報はなかったとは言え、めぐみさんが北朝鮮でどんなふうに暮らしてきたのかを少しでもいいから知りたいとお考えだった滋さんや早紀江さんにとっては、金賢姫との面談は有益な時間だったんだろうと思います。

 さまざまな人から少しずつもたらされる情報をパズルのようにつなぎ合わせて、愛しい娘さんの「年表」を作っていく作業は、ご夫妻にとって単なる「慰め」にはとどまらない、大変貴重なものであるに違いありません。

 また、めぐみさんのパズルのピースをつなぎ合わせていくことで、他の拉致被害者の情報につながっていくことも十分にあり得ます。

 ただ、だからって現実にすぐに何か物事が進むというわけじゃないんですよね。そこは横田ご夫妻も、他の拉致被害者家族の皆さんも、ものすごくジレンマをお抱えなのではないかと思います。

 めぐみさん以外の政府認定の拉致被害者についても、金賢姫が見かけたことのある人は1人もいませんでした。彼女が各ご家族に語ったのは、「生きていますよ」「希望を持って下さい」といった言葉がほとんどだったようです。

 私のような素人には「単なる気休め?」と思える言葉だったりもするんですが、救う会の西岡力さんによれば、これは「状況証拠として絶対に生きている」という意味合いだそうです。
 つまり、北朝鮮は拉致した外国人を厚遇するので(あくまで物質的な面でですが)、そんなに簡単に交通事故に遭ったり、病気になったりはしないということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 じゃあ金賢姫の来日が全くムダだったのかというと、決してそうとも言えないでしょう。
 風化しかかっていた拉致問題を国民に思い出させましたし、ここのところ北朝鮮をめぐって日米韓が連携を強めている中、さらに北朝鮮にプレッシャーを与えることになったのではないかと思います。

 たとえば、これ。ちょっと「棚ぼた」式ですが。

北朝鮮外務省の課長、金賢姫元工作員について「祖国を裏切った女の話をする価値はない」(FNN7/22 18:51)
 金賢姫(キム・ヒョンヒ)元工作員について、ベトナム・ハノイを訪れている北朝鮮外務省のリ・ドンイル課長は、FNNの取材に対して、「祖国を裏切って親を捨てた女について、話をする価値はない」と述べた。
 北朝鮮側が元工作員について言及するのは、1992年以来とみられるが、当時は「元工作員の自叙伝に記された内容は、すべてうそだ。北朝鮮と無理やり関連づけようとする策略だ」と主張していただけに、今回の発言は金元工作員が北朝鮮の出身だったということを認めた形になる。

 これは22日夕方のFNNニュースで最初に伝えられ、リ・ドンイル課長が実際に喋っている映像も流れました。
 テレ朝も、実名や顔は出さなかったけど、同じ内容の報道をしてました。

 これって、けっこうびっくりするニュースですよね。
 だって、北朝鮮は金賢姫の存在自体をこれまで否定してきたんですから。

 覚えておられる方も多いと思いますが、北朝鮮はかつて金賢姫の偽物まで用意して(「72年の南北赤十字会談の花束贈呈役の少女は金賢姫ではなく私だ」という女性を登場させた)、「大韓航空機爆破事件は韓国のでっちあげだ!」と主張していました。

 その北朝鮮の外交官が、金賢姫が北朝鮮国民だったことを認める趣旨の発言をしたのです。
 ある意味、これだけでも来日の成果はあったのかもしれません。
 北朝鮮が金賢姫の存在を認めるということは、大韓航空機爆破事件の北朝鮮の関与を認めることにつながってくるからです。

 それにしても、リ・ドンイル課長がこのような発言をしたのはなぜ?
 本国で何か方針転換があったんでしょうか?
 それとも、つい興奮して、言ってはならない本音を吐いてしまったのでしょうか?(だったらこの人、もう本国に帰れませんよね(T^T))

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ただ、繰り返しになりますが、拉致に関して金賢姫から具体的な新情報がなかったのは事実であって、こうなると、なぜ日本政府は「テロリスト」の金賢姫をわざわざ来日させたのか?という批判が日本中で沸き上がっても無理もありません。

 このような破格の厚遇だったんですから、なおさらです。

 ・超法規的に入国許可
 ・蜂谷真由美名義の偽造旅券所持の事情聴取見送り
 ・チャーター機は日本側が負担
 ・軽井沢の別荘でバーベキューなどさせてあげた
  (そもそも何で鳩山前首相の別荘なのか?)
 ・富士山の遊覧飛行
  (視界不良のため富士山は見送られたが、都内などを飛行)
 ・車で移動中の信号はすべて青に

 あと、本当かどうか知りませんが、金賢姫は「二度と海外旅行に行けないので日本に行きたかった」と言っていたという話もあります。
 たとえ悪しき体制下で「洗脳」されていたとしても、彼女が罪もない115人もの人々を一瞬にして殺害した犯罪者であることには変わりありません。
 もしこの発言が本当であれば、「海外旅行に行きたい」とか言ってられる身分じゃないと思うのですが。

 また、何でこの時期なのか?という疑問もありますよね。

 中井拉致担当大臣は昨年秋以降、首相官邸に金賢姫来日の重要性を訴えてきたと聞きます。
 この人の真意がどこにあったのかは置くとしても、官邸も民主党も、参院選前に金賢姫の来日を実現させて選挙を有利にしようと企んでいたフシがあります(鳩山さんが別荘を提供したのもその一環?)。
 当初は5月中の来日で調整していたそうですからね。

 ところが、北朝鮮による韓国の哨戒艦撃沈事件が起こって計画が狂ってしまい、結局、参院選後になってしまったというのが真相のようです。

 うちの夫なんかは、「それはそれで民主党にとってはいいんちゃうの?選挙で負けて内閣の支持率も下がってるし、国民もアホやから、ああ、菅さんも民主党も拉致問題がんばってるんやねって、またこれでなんぼか支持率回復するんちゃうの?」と言ってますが、いやいや、それはないでしょう。

 それは国民が賢いからではなく、国民が拉致問題に以前ほど関心を持たなくなっているからです(マスコミがあまり伝えなくなったせいでもあるのですが)。
 もちろん関心のある人はいますよ。でも、小泉さんが訪朝した頃の「熱狂的」な関心はもはやありません。
 それこそが、拉致問題が前に進まなくなってる大きな要因のひとつだと私は思います。

 私は思うっていうか、これは拉致被害者家族の皆さん、また、救出運動に関わる全ての皆さんが言われていることですよね。世論が動かないと政府もなかなか動かないのです。

 もちろん相手のあることですから、世論が盛り上がりさえすれば進展するという単純な問題ではありません。
 が、それでなくても今の政治はポピュリズム、大衆迎合主義なんですから(これはあまり良いこととは思いませんが)、世論が大騒ぎしている問題については、政府与党はそう簡単にスルーできません。
 逆に言えば、世論が冷めている限り、政府はなかなか腰を上げないということになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ここで、テレビ番組から関係者・識者の解説をいくつかご紹介。
 あくまで要旨です。
 (予め言っておきますが、「MBSは毎日新聞やTBSの系列だから信用できない」といった類の苦情は一切受け付けません)

特定失踪者問題調査会代表の荒木和博さんの解説
 (7月22日放送 MBS「ちちんぷいぷい」電話出演)

Q:金賢姫元工作員が、特定失踪者を「何人か見たような気がする」と新たに話した*1ことをどう捉えるか?

荒木:間違いなく何人か見ていると思う。彼女のいた場所ややってきたことを考えれば、当然、複数の人を見ているはず。

Q:しかし具体的な名前とか、この人であるとかいうようなことは言えていないが?

荒木:ただ、彼女の書いた本の中に、日本人じゃないかと思う人も出てくるし、ひょっとしたらこの人かなと思うような人はいる。はっきりとは分からないが。

Q:特定失踪者を発展させて拉致被害者の認定に持っていくのは難しい?

荒木:基本的には政府の認定は証拠がなければいけないということになっている。しかし、いなくなった人はもう皆、20~30年前で、その時は拉致ということは想定していない。今から20~30年遡って証拠を探そうと思っても出ない。そういう意味では認定は極めて難しい。特定失踪者のポスターには年齢が入っている。それは現在の年齢。だから学生服姿の人が70歳とか、ザラにある。

Q:特定失踪者問題について日本政府のこれからの対応にどう期待する?

荒木:結局、世論が動かないと政府も動かないのが現状。たとえば特定失踪者のポスターの中の人で誰か、この人は拉致だという情報が出てきたとして、通常であればよくやったという話になるが、逆に、普通に考えれば、何で今まで分からなかったんだという話になってしまう。だから政府や警察などは、よほどのことがない限り出したくない。現在認定されている17人も、よくよく見てみると、ほとんどのケースが工作員が自白したとか、マスコミがすっぱ抜いたとか、曽我さんに至っては北朝鮮が出してきた。誰も知らなかった時に、日本政府の方からこの人は拉致ですよと発表したケースはただの1人もいない。つまりそれ以外の大部分は、可能性があると思いながら隠していって、それがたまたまもう隠しきれなくなったので発表したというのが、正直なところではないかと思う。

Q:我々がマスコミを通して知っている情報よりも政府はたくさん情報を持っている?

荒木:そうですね。今回の金賢姫の「何人か見たような気がする」という話についても、日本の警察に話してあると言っている。話したのはおそらく去年の5月だから、話したのを聞いたまま、ずっと持ちっぱなしになっていたということだと思う。つまり聞いていてもそれでおしまいと。*2 日本政府の基本的な方針に救出するということはない。救出するという前提で情報を集めれば、もっといろんな情報が山ほど集まるが、とりあえず聞いておくってことでは、どんな情報を持っていってもどうしようもない。

Q:今、とても微妙な時期。韓国の哨戒艦撃沈事件があったり、金正日の後継者問題があったり。なぜこの時期に政府は金賢姫を招聘したのか?

荒木:いろんな要素があると思う。去年からずっと呼ぼうと思ってやっていたのが今回になったということ。哨戒艦の事件があって、それでしばらく時間が経った。


*1 報道によれば、7月21日の時点で金賢姫は、田口八重子さんの長男の飯塚耕一郎さんに特定失踪者ら300人近くの写真が載ったチラシについて聞かれ、「見たことがある気がする」「詳細は日本の当局に言ってある」と話したとのことでした。
 が、7月22日午後3時から4時半まで、都内で6家族9人の家族会メンバーが金賢姫と懇談した際に、「ここに来ている家族の肉親以外の認定拉致被害者や特定失踪者などについて知っているか」と特定失踪者調査会の作成したポスターを開いて質問したところ、金賢姫は「会ったことも話を聞いたこともない」と明言したそうです。
 この件については、★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2010.07.22-2)金賢姫氏との面会概況1および下の「スーパーモーニング」の西岡さんの解説を参照。

*2 22日、中井拉致問題担当大臣が会見で、田口八重子さんが6~7年前まで元気にしていたという情報を入手していることを明らかにしました。中井大臣はその上で、「今、元気でどうしているという情報の追跡はできていない」と述べました(FNN7/22)。
 ……これって、荒木さんの解説を踏まえると、「追跡はできていない」ではなく「追跡はしていない」ってことになりませんか?(T^T)



■救う会会長の西岡力さんの解説
 (7月23日放送 テレ朝「スーパーモーニング」スタジオ出演)

 22日に6家族9人の家族会メンバーと私で金賢姫と面談した時、ここに参加していない、特に特定失踪者について聞いた。*3 飯塚耕一郎さんが去年、釜山で会った時に特定失踪者の全員が載ったポスターなど金賢姫に渡して、それを見ておいて下さいと言っていたので。また、日本の警察にもいろんなことを話しているという話があったので、ぜひそれを聞きたいと。
 誰か日本人を見たとか、人物を特定できる形で話を聞いたということがありますか?と、そこにいない家族の気持ちを代表して聞いた。

 金賢姫の返答は、「はっきり言っておきます。私はなかったことを言っていません」「私が何か見たという報道があったようですが、それは違います」「田口八重子さん、横田めぐみさんは見たが、それ以外の人は見ていません」「名前を特定できるような形での話も聞いていません」ということだった。

 但し「複数の日本人夫婦がいました」と。一組はどうも蓮池さんらしい。そしてもう一組以上いたと。男の工作員がその夫婦から日本語を学んでいたという話は聞いたと。しかし、それが誰か特定はできませんという話だった。

 金賢姫は84年に横田めぐみさんと会った。本当はいけないことだが、秘密裡に会いに行った。なぜ84年と断定できるかというと、めぐみさんと会った頃、金賢姫はマカオで拉致された孔令●さん(●は「貝貝」の下に「言」)から中国語を習っていた時期で、それが84年だったから。

 横田さんは金賢姫と面談した後の(22日朝の)記者会見では「時期は分からない」と言っていたが、私がこの話を横田早紀江さんに言ったら、「そういえば、面談で84年と聞いた記憶があります」ということだった。

 金賢姫は横田さんに謝りたいと思っていたと。
 「私はめぐみさんを知っていたのに、23年前(87年に韓国で記者会見で李恩恵=田口八重子さんについて話した時)にはそれを言わなかったから」と。
 めぐみさんの偽の遺骨問題などが出た時に、「私がもうちょっと早く言っていれば、ご両親の苦しみをもう少し何とかすることもできたかもしれないと思った」と。

 23年前にめぐみさんの話をしなかった理由は、めぐみさんのような立場の人を秘密裡に訪問することはやってはいけないことであって、自分はもう韓国にいるからいいが、「訪問を受けた側のめぐみさんが処罰されるかもしれない、23年前にはそう思っていたんです」と話ながら、金賢姫は涙ぐんでいた。


*3 22日の面談で西岡力さんが金賢姫から得た情報については、★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2010.07.23)北朝鮮の嘘が満天下にあばかれた-金賢姫氏との面会概況2もご参照下さい。


■関西大学教授の李英和さんの解説
 (7月23日放送 MBS「ちちんぷいぷい」スタジオ出演)

Q:新情報はほとんど出なかったが?

李:新情報を期待するのは無い物ねだり。そうでなくて、彼女が来ることによって日韓両政府で共同して拉致問題にこれから対処しましょうという、協力関係を作る象徴。日韓が拉致問題で協力するのが当たり前と、皆さん思っているのかもしれませんが、李明博政権になるまでの10年間、韓国は左派政権が続き、全く協力関係がなかった。金賢姫も韓国でいじめられまくった。それが晴れて日本にやってこれたということ自体が重要。これから日韓関係が良くなるためのスタート。

Q:異例の国賓レベル並みの待遇のわりに新情報はわずか。日本政府のパフォーマンスに過ぎなかったのではないかという批判的な見方が多い。これは民主党の政策なのか?

李:この20年間、自民党時代、安倍さんの時代からそうだが、歴代日本政府は金賢姫を呼びたいという申し入れをずっとしてきたが、韓国は左派政権なので出してくれなかった。それが民主党政権の時と李明博政権が重なって実現した。10何年越しでやっと実ったら、たまたま民主党政権になっていたということ。だから自民党が「何だ」と言うのは(批判するのは)ちょっとおかしい。*4

Q:国賓待遇で批判があることについては?

李:金賢姫は来たい来たいと言って来たんじゃなくて、歴代日本政府が来てくれ来てくれと言ってやっと実現したので、あまり文句を言うのはかわいそう。重要なのは今後の問題で、日韓がどれだけ緊密に協力していけるか。

Q:国民は忘れっぽい。主権のある国から無断で人を連れて行った、これが風化するのは大変なこと。忘れないために、これぐらいのデモストレーションが時折ないと、という感じがするが?
(ちなみにこの質問をしたのは板東英二氏)

李:拉致問題の報道はずっと減って、関心がずっと落ちてきた。あるテレビ関係者は「最近、拉致問題をやると視聴率が落ちる。だからやらない」というような話もあるぐらいの中で、今回の来日はやはり大きな役割を果たした。風化させてはならない。

Q:拉致問題について、日本と韓国の協力で新たな窓口が?

李:去年11月頃に北朝鮮側から韓国側に秘密裡に打診があった。「韓国人の拉致被害者を返すから、首脳会談やろう」と。しかし交渉は上手くいかなかった。「拉致問題では譲歩するが核問題は一切口出しするな」という話だったから。重要なのは、北朝鮮が拉致問題カードを韓国に対して切ろうとしているということ。同様に拉致問題カードを日本に切れないはずはない。但し核問題は話し合わないという状況。なおかつ、かつての小泉訪朝のように、首脳同士のサシで決着を付けようという動きがある。が、金正日とサシで話すのはもう無理なようだ(認知症など健康問題)。じゃあ誰と話せば解決するのかというところを、お互い(日韓で)情報を共有すると。これまで以上に緊密さが必要になる。韓国の国防大臣が、金正日の健康状態が悪いのを前提にだが、「いつ北朝鮮で急変事態が起きても不思議はない」と国会で証言している。そうすると無政府状態になる可能性あるから、一刻も早く拉致被害者を見つけて連れて帰る作業が必要。地の利があって情報力も多い韓国政府にお願いしないと難しい。日韓の協力がやはり必要。


*4 自民党の谷垣総裁が批判したのは金賢姫の「VIP待遇」に対してだったし、安倍元首相も「取調官が事情聴取するなどの対応が必要だったのではないか」「(大韓機爆破事件の)被害者への配慮ももう少しあってよかった」ということで、招聘そのものについては批判していません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

100723-02.jpg

 23日夕方になって、金賢姫が拉致被害者ご家族らと面会した様子が、映像として公開されました。音声はないですが、なごやかな雰囲気が伝わってきます(YouTube産経新聞チャンネル)。
 また、金賢姫は滞日中、表に出てくることはなかったのですが、NHKなどいくつかのメディアのインタビューには応じたようです(NHKニュース7/23)。
 これらのことは、各方面でまた論議を呼ぶかもしれませんね。

 23日午後に金賢姫は日本を離れました。
 日本国民に大きな「?」を残しつつ。
 先日、英紙に「テロリストが日本で歓迎される」という批判記事が載ったそうですが、日本国民でさえ多くが「?」なんですから、国際社会はもっと「?」状態でしょう。
 日本の名誉を貶めないためにも、政府は国際社会にきちんと説明すべきでは。

 私の結論としては、金賢姫を招聘したこと自体は間違っていたとは言いませんが、やはり待遇面が引っかかります。ここまで手厚い待遇をもって迎える必要はなかったと思います。

 問題は今後ですね。
 拉致問題で何かしら進展があるか、あるいは少なくとも政府与党が新たに具体的な動きを見せない限りは、今回の招聘はやはり「パフォーマンス」だったと内外から批判されてしまっても仕方がないと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 こういうの載せると女性ブログっぽい?(^^ゞ

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328-1.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/710-03960eac
-
管理人の承認後に表示されます
2010/07/31(土) 14:48:28 |

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索