ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「週刊現代」拉致関連記事の怪しさ

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。トラバは受け付けていますが、コメントは本館へお願いします。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 「蓮池薫さんが日本人を拉致するため日本に戻ってきていた」という、「週刊現代」の記事について。

 忙しくて広告の見出し程度しか見てなかったし、直感的にバカバカさを感じたこともあってこれまでスルーしてきましたが、昨日「ムーブ!」でも取り上げられたことだし、ちょっとまとめときます。
 引用だらけになっちゃいますが、ご容赦を。

 それと最初にことわっておきますが、私は「週刊現代」の記事は読んでいません。
 
蓮池さんが日本人拉致? 「週刊現代」特ダネの真贋(J-CASTニュース12/26)
 リニューアルした週刊誌「週刊現代」に「目玉」として掲載された記事をめぐり、波紋が広がっている。記事では、北朝鮮による拉致被害者である蓮池薫さんが、日本人を拉致するために日本に戻ってきていた、と報じている。これに対して政府からは抗議文が寄せられたほか、他の週刊誌からは「怪しいスクープ」とかみつかれている。

 話題になっているのは、首都圏では2006年12月25日に発売された「週刊現代」の07年1月6・13日合併号。「新装刊」として、デザインを一新したほか、表紙と巻頭グラビアページには、結婚が間近と言われる女優の藤原紀香さんが起用されている。記事についても少なくとも3本の記事の見出しに「スクープ」という文字が躍っており、リニューアルには、かなりの気合いを入れたことがうかがわれる。

●「北朝鮮に連れて行く」と男がすごむ●

 今回問題になったのは、「スクープ」のうちの1本である「蓮池薫さんは私を拉致しようと日本に上陸していた」という、5ページにわたる記事。この記事の概要は、ざっとこうだ。

 この記事は、大学在籍中に社会主義に傾倒、「社会主義労働者党」を結成し、参院選にも出馬経験のあるという、元小学校教員の横井邦彦さんの証言をもとに構成されている。それによると、1986年3月18日、当時勤務していた小学校で放送用具の後片付けをしていた横井さんに対して男が、「横井先生」と、突然声をかけた。そして、自分は北朝鮮から拉致されたことを明かした上で、北朝鮮で送った大学生活の様子を話す。北朝鮮には100人以上の日本人がいるとし、横井さんが左翼活動の世界では名が知れていたことから

「われわれは、100人もの日本人をまとめる日本人の指導者が必要なのです。ぜひ私と一緒に北朝鮮に渡り、あなたに彼らの指導をお願いしたい」

 と話したという。それを横井さんが断ると、男の態度は豹変、

「あなたを拉致してでも北朝鮮に連れて行く」

 とすごんだが、横井さんが

「国政選挙の候補予定者が突然失踪したら、日本の警察が黙っていない」

 と応じたところ、結局は拉致されることなく、事なきを得たという。
蓮池さんが日本に戻ってきたときに、この男が蓮池さんだと気がついたという。

 政府の拉致問題対策本部は12月25日、記事に対して「全くの事実無根だ」とする文書を「週刊現代」発行元の講談社に送付した。蓮池さん自身も「荒唐無稽な作り話」と、抗議文を送付した。

●「週刊新潮」は「いわく付きの人物の証言だ」●

 翌12月26日発売の「週刊新潮」1月4・11日新年特大号では「蓮池薫さんをアキレさせた『怪しいスクープ』」という記事を、ご丁寧にも「週刊現代」の記事の写真付きで掲載している。記事には蓮池薫さんの兄・透さんが登場し、週刊現代の記事を「全部デタラメ」と断じている。週刊現代の記事で証言していた横井さんについては「彼はこの話をあちこちに売り込んでいます。読売や日テレからは『怪しいから相手にされなかった』と聞きました」と、「いわく付き」の人物だと主張している。

 これを受けて、J-CASTニュースでは、週刊現代編集部に対して、横井さんの証言を信用できると判断した経緯などについて問い合わせたところ、加藤晴之編集長名(12月25日付け)で、以下のコメントを寄せた。

「当該記事は、日本人拉致被害者までも対日工作員に仕立て上げていた可能性のある北朝鮮を非難し、拉致問題の真の解決を図るために、いま一度、蓮池薫さんの証言を検証する必要性を提起したものです。記事中の証言を、さまざまな角度から精査し、その結果、掲載に至ったものです

 真相は不明だが、仮に証言者が言うようなことがあったとしても、問題の人物が蓮池さん本人かどうか、については、今のところ説得力に乏しい、といったところだろう。


 今回初めて気づいたのですが、横井邦彦氏は、「週刊現代」当該号が出るだいぶ前、すでに11/14付の自身のブログにこういうエントリーを載せていました。
 (当該エントリーは削除されているため、キャッシュのURLを貼り付けました)

労働者のこだま(国内政治)11/14付:正直に言います
 今さら隠していても仕方がありませんので、私が知っていることをすべて言います。
 
 私(横井邦彦)は1986年に日本で蓮池薫氏に会っています。
 
 正確には、拉致されそうになったという方が正しい言い方だと思います。
 
 拉致被害者が日本で拉致未遂事件を起こしていたなどという話は、にわかに信じがたいからこれまで黙っていたのです。
 
 テレビで蓮池薫氏が飛行機のタラップから降りてくるのを見たときには、「あのヤローだ」ということはすぐに分かりましたが、この時期は私とマルクス主義同志会の関係が極端に悪くなっており、最終的に私がマルクス主義同志会から追い出され、赤星マルクス研究会をつくり、ホームページを立ち上げるという私の人生の大きな転回点だったので、私自身が拉致問題どころではなかったということも大きな理由の一つです。
 
 それに、赤星マルクス研究会を立ち上げてすぐに、「実は私は」などと名乗り出ることは、私自身の売名行為のようで気に入らなかったし、あの頃はまだ蓮池薫氏の家族が北朝鮮に残っており、彼に「お前、あの時のヤツだろう」などというのも酷だと思ったので黙っていました。
 
 しかし、今の私は失うものは何もないです。だから正直に言います。
 
 私は、1986年当時愛知県の小学校の教師でした。私の勤務していた小学校は愛知県西春日井郡西春町にある鴨田小学校という学校でした。
 
 3月の下旬のことでしたが、その時私は視聴覚担当をしていたので、鴨田小学校の体育館で、卒業式の練習を終えて、一人で会場の放送用具の整理をしていました。蓮池薫氏はそこへやってきました。
 
 そこで30分ぐらい彼と話をしました。彼の話は彼が拉致被害者であるということと、いろいろな理由で北朝鮮につれてこられたり、自分の意志で北朝鮮に来たりした日本人は100人以上いるということ、自分はそういう人たちの“面倒を見る立場”に置かれているということ、北朝鮮の赤軍派で内部闘争があり、北朝鮮当局が田宮を指導部からはずしたがっているということ、北朝鮮に来れば田宮の代わりに私を指導部に入れたいということ、私を北朝鮮に連れて行くために、“潜水艦ではない船”で秘密裏に日本にやってきた等々でした。
 
 もちろん私ははっきりと蓮池薫氏の申し出を断りました。日本の革命運動を北朝鮮でやるということの意味がまったく分からない、日本の革命運動は日本でしかできないのではないかということと、私と北朝鮮政府の見解は大きく異なっており、私は北朝鮮を社会主義国家だと思ったことはないというのが断った主な理由でした。
 
 そうしたら蓮池薫氏は、ここまで秘密を漏らしたらこのまま返すことはできない、力ずくでも北朝鮮に連れて行く、というとんでもないことをいいだしたのです。
 
 しかし、残念なことに蓮池薫氏はそれを実行することはできませんでした。
 
 私は蓮池薫氏に彼が私を拉致することができない理由をはっきりと説明しました。
 
 いうまでもないことですが、私は3月いっぱいで小学校を退職し、社労党(社会主義労働者党)から参議院愛知地方区に立候補することが正式に決まっており、それはもう記者会見を開いてマスコミにも伝えていたからです。
 
 国政選挙の立候補予定者が突如としていなくなることの意味を考えなくてはならない、これは普通の人がいなくなるのとはまったく意味が違うのだと、しかも私は労働者階級の利益を守るために立候補するといっているのだから、私を拉致することは朝鮮労働党が日本の労働者階級にケンカを売るのと同じだと、朝鮮労働党が日本の労働者階級の敵となってなお生存を続けることは絶対的に不可能であるというようなことを言った記憶があります。
 
 私と蓮池薫氏が話をしている間に、夕方だったのではっきりとは見えませんでしたが、私たちのまわりには数名(二、三人)の不審な人物がいました。蓮池薫氏は私の話を聞いて、その中の指揮者とおぼしき人物のところに相談に行って、数分の間、話をした後で私のところへ戻ってきて、今回はあきらめるといって去っていきました。
 
 (なお、「指揮官とおぼしき人物」は横田めぐみさんのダンナ称する人物とよく似ていたような気がしますが、蓮池薫氏のように数十?の至近距離で直接言葉をやりとりしたわけではないのではっきりと断言できません。)
 
 この時、蓮池薫氏は私にくだらない脅し文句をいくつか言ったような気がしますが、それはすべて忘れてしまいました。
 
 以上が私が知りえた出来事のすべてです。
 
 それで拉致被害者が全部は死んではいないという根拠ですが、一つは、蓮池薫氏は拉致被害者の中でも多くのことを知りうる立場にあり、彼が私に言ったことの多くはそれなりに当たっていたということ。
 
 二つ目は、蓮池薫氏のように北朝鮮で特別の任務を与えられて生きていた拉致被害者は彼だけではなく、その他にもいるのではないかということ。そして、そういう人々は殺されたり強制収容所に送られる理由はないので、彼らがいまだに生きている確率は高いということです。
 
 なお、こういうことは被害者である私が語るよりも、加害者である蓮池薫氏が語るべきことがらなのではないですか。何しろ彼は当事者であり、すべてを語ると言っているのだから、私の拉致未遂事件を含めて、すべてを語る責務は私にではなく、彼の方にあると思います。
 
 なお、蓮池薫氏が私のところに来た理由は、彼が私を赤軍関係者と誤解したためです。
 
 この誤解についてですが、実は、浅間山荘事件で逮捕された連合赤軍のK氏はどういうわけか、浅間山荘で逮捕されたとき、私の名前と住所と電話番号を書いたメモを持っており、そのことで私の実家にはパトカーが2台も来た。
 
 そこで私が不思議に思うのは、田宮たちが北朝鮮に渡ったのは1969年で、連合赤軍事件が起こったのは1972年であり、この事件の関係者たちはすべて長期投獄されている。
 
 したがって、蓮池薫氏が私を赤軍関係者と誤解するというのは、理解しがたいものである。日本国内の赤軍関係者ならば、私と彼らがまったく異なる政治的な立場に立っていることぐらい私が説明しなくても彼ら自身が一番よく知っている事がらであるし、北朝鮮の赤軍派ならば私の存在自体を知らないはずである。
 
 むしろこういう誤解は、私の実家に来たバカなパトカーの関係者のものであったろうし、私に対する拉致計画そのものが、客観的に見れば、社労党(社会主義労働者党)の選挙運動に対する悪質な選挙妨害以外の何ものでもなかったのだから、この計画の主たる発案者は、むしろ北朝鮮政府ではなく、日本国内にいるわれわれ社労党(社会主義労働者党)の参議院選挙への参加をこころよく思っていない勢力なのではないかと考えるのが妥当であろう。
 
 そういう点ではこれは語られなければならない、闇に葬ってはならない政治的な事件だったと思います。            
 
 北朝鮮政府(金正日政権)が、日本の反動勢力とつるんで、日本の労働者階級の選挙闘争を圧殺しようとしたという事実は歴史の中にどうしても書き残さなければならない重大な出来事であると私は思うからあえて真実を語るのです。


 昨日火曜日の「ムーブ!」では、重村智計氏、勝谷誠彦氏、須田慎一郎氏ともに、「週刊現代の記事はでたらめ」で意見が一致していました。

 ビデオ録ってないので記憶頼みで書きます。発言は順不同です。
 番組をご覧になった方、間違いや補足すべき点あったら宜しくお願いします。
 【 】内はその発言をした人の名前です。
 画像は2ちゃんねるで拾ったものです。


●横井邦彦氏は左翼活動家。俺はこんなにすごい人物なんだぞという存在感を同じ左翼にアピールしたくて、こんな証言をしたのではないか【勝谷】。

●こんなふうに週刊誌に売り込みに来る人物は非常に多い。ころっと騙される場合もある【勝谷】。

●いい機会だからこの証言を徹底的に検証すべき。横井氏の身元を他誌はよく調べたらいい。そうすれば北朝鮮が現在どういった工作を日本に仕掛けてきてるのかがわかるだろう【勝谷】。

●蓮池さんが「自分は拉致被害者」とか「沖からはゴムボートで来た」とか「日本人100人のまとめ役になってほしい」とかペラペラと喋るわけがない。こんなに喋ったら、向こうに戻ったら処刑されてしまう【重村】。

●「日本人100人のまとめ役」もありえない。なぜなら日本人は一箇所に大勢まとめて置かない。お互いが日本人であることや拉致被害者であることなども、本人たちには分からないようにしてある【重村】。

●体育館まで入ってきて拉致などするわけがない。周りに人がいっぱいいたはず【重村】。

●横井氏が「私は参議院選挙に出る予定でマスコミに会見も開いている。そんな私が失踪したら日本の警察が黙っていない」と言ったら、蓮池さんらはあきらめたとのことだが、選挙に出る予定がある人間を、確かめもせずに拉致しようとする工作員なんているわけない【重村】。

ムーブ12/27

後付けの情報が多い。例えば、蓮池さんは横井氏に「私は金正日軍事政治大学を卒業してポンファ大学に進学した」と話したそうだが、この二つの学校は1992年に分離して現在の形になったもので、1986年当時は一つの学校だった【重村】。

●安明進氏は「金正日政治軍事大学で蓮池さんを何度も見た」と証言している。一方、蓮池さんは「安氏には会ったことがない」と証言している。証言が矛盾していると言うが、そんなことはない。安氏は蓮池さんを見かけただけ、一方的に知っているだけ。だから決して矛盾していない【重村】。

●「週刊現代」の編集長は「記事中の証言を、さまざまな角度から精査した」と言うが、蓮池さんの証言もないし、横井氏の証言の検証もしていない【重村】。

●記事を書いた記者を知っているが、すごくいい人。証言者の言うことをそのまま信じて記事を書いたのではないか【須田】。

●「週刊現代」はこの号からリニューアルされた。実は北朝鮮絡みで別のネタを載せる予定だったが、それが上手くいかなくて、結局このネタを持ってきたという事情がある【須田】。


 とまあ、こんな具合でした。

 重村さんも指摘されてますが、「週刊現代」サイドは、「記事中の証言を、さまざまな角度から精査し、その結果、掲載に至った」と主張しているわりには、金正日軍事政治大学とポンファ大学が1986年当時は一つの学校だったという、北朝鮮の専門家にちょっと確認をとればわかるようなことすら調べていないわけです。
 そういった意味からも、この記事の信憑性には「?」マークを付けざるをえません。

 横井氏の証言の内容を知った時に私がまず疑問に思ったのは、「これ、何で警察に言わずに週刊誌に言うの?」でした。
 昔、吉田清治という詐話師がいました。慰安婦問題で嘘の証言をした爺さんです。それに相通じるものを私は横井氏に感じます。


 但し、特定失踪者調査会の荒木代表の見解はちょっと違っています。

荒木和博BLOG 12/26付:「週刊現代」の記事
特定失踪者問題調査会のニュースで次のようなものを流しました。

[調査会NEWS 454](18.12.26)

■「週刊現代」の記事について
                                                  荒木和博

 昨日(25日)発売の「週刊現代」1月6・13合併号に「蓮池薫さんは私を拉致しようと日本に上陸していた」という記事が掲載され話題になっています。この記事の主人公である元小学校教員・横井邦彦氏の証言についてはご本人がブログに書く等して既に出回っていたため、私も事前に知ってはいました。「週刊現代」からは取材を受けていませんのでそれ以上のことは分かりませんが、色々お問い合わせがあるので、一般論としてその可能性について書いておきたいと思います。

 拉致被害者が日本に戻る可能性はあるか、と問われれば、「ある」と答えざるを得ません。例えば福留貴美子さんは昭和51年に騙されて北朝鮮に入国し、よど号グループの1人である岡本武と結婚させられた後、昭和55年に一度日本に戻っています。これは当然工作目的であり、北朝鮮がそのようなことを福留さん1人だけにやらせることは有り得ません(福留さんの事件については月刊『正論』最新号-19年2月号-に掲載された岡田和典・調査会常務理事の論文をご一読下さい)。

 私たちが調べている中でも、ある日新潟の海岸で海水パンツ姿で失踪し、数年後に沖縄で「発見」された人がいます。よど号グループのリーダーだった田宮崇麿(故人)も北朝鮮に来てから戻っている人間がいるという話をしており、そういう類の人間が相当数いることは事実です。

 日本人拉致はその目的は様々でも、最大の目的は対日工作だと思われます。蓮池さんも当然そのような仕事をさせられたのでしょう。したがって、北朝鮮当局が必要だと思えば日本に戻っていたことがあってもおかしくはありません。もちろん、本件が真実だという証拠もないのですが。

 ご本人のブログなどを見る限り、横井氏の証言に妄想と思われるようなところはありません。左翼は左翼ですので、私自身は思想的に相容れないところがありますが、北朝鮮に対しては非常に厳しい見方をしており、見解の違いは別にして冷静な分析であるように思います。蓮池氏には政府(対策本部事務局)を盾にするのではなく、やはり本人がマスコミの前に出て可能な限り真実を明らかにする必要があるのではないでしょうか。

 なお、本件は別にしても拉致被害者が工作活動に従事させられることは、北朝鮮当局に責任があるのであって本人に責任があるのではありません。逆に、拉致をした人を工作活動に使うという北朝鮮当局の非人間性こそが非難されるべきです。次に責任があるのは拉致を防げなかった日本政府であり私たち国民一人ひとりです。いずれにしても一番悪いのは誰かをしっかり見極めなければなりません。

 仮に荒木氏の見解通りに、日本に戻って対日工作をしていた拉致被害者が相当数いたとしても、普通の感覚の持ち主なら、「その人たちは北朝鮮に強要されて仕方なくやったんだから、責められるべきではない」と考えるでしょう。

 が、「いくら拉致被害者といえども対日工作に関わるとは許せない」と思ってしまう人も、一部にはいるのではないでしょうか。
 もし今回の「週刊現代」の記事が出るまでの過程に、日本の世論をそのような方向に煽りたい勢力が関わっていたとしたら……。

 「ムーブ!」で勝谷さんが言われてたように、他誌にはぜひ徹底的に検証をしていただいて、そういった勢力の「あぶり出し」をしていただきたいと思います。


!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。



★★★毒吐き@てっくさんが旧宮家復籍キャンペーンフラッシュ作成にあたり、カンパを募集されています★★★
かなり大規模な計画になりそうです。いろんな著名人が噛んでます。これ以上は企業秘密。まだまだカンパ募集中です!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/70-0ddbf95c

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索