ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

朝日新聞、安倍批判から自民党批判にシフト?

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 細切れぼやきは、『ブロードキャスター』皇位継承問題、黒田勝弘氏のコラム「皇室と王」、中国の河川の汚染。


 表題の件。まずは産経抄から見てやっておくんなせぇ。

産経抄9/9
 傷口に塩をすり込み、焚(た)き火に油を注ぐ者がいる。これを「騒動師」と呼んだのはどの作家だったか。実は同業記者の中にも騒動師がいて、正義を振り回し、良心を売りにするから始末が悪い。
 ▼彼らは首相の靖国参拝を自民党総裁選の争点へと誘導したが、とんと盛り上がらない。世論の風向きが「参拝も悪くない」に傾いたからだ。当の中国も、靖国批判が過ぎて日本国内に嫌中ムードをつくってしまった。いまは日本のメディアに乗せられた愚かさを悔いていよう。
 ▼この騒動師、今度は「歴史認識」「村山談話」を踏み絵に、総裁候補から答えを引き出そうとする。狙いは、先の戦争に対する「痛切な反省」と「心からのお詫(わ)び」を否定させ、中韓の敵意を鼓舞することだ。安倍官房長官が「後世の史家に任せる」と答えると、振り上げた拳の下ろしどころがない。
 ▼歴史を善悪で決めつけるのは、いかにも安物の正義である。かつて社会党の佐々木更三氏が中国の毛沢東主席に侵略を謝罪したところ、「皇軍の力なくしては権力を奪えなかった」と逆に感謝された。共産党の敵は自国の国民党だった。歴史認識が権力の都合でコロコロ変わる実例である。
 ▼中国要人が「歴史認識」を言い出したのも、日本メディアが火付け役だ。昭和57年に、文部省が教科書検定で「侵略」を「進出」に書き直させたと報じた。これが全くの誤報なのに、中国の反日行動に火がつく。親日的だった実力者、トウ小平氏の追い落としに長老派が利用したからだ。以後、親日は中国要人の鬼門になった。
 ▼かつて“名筆”山本夏彦さんは自国の非を暴いて直(ちょく)とするのは、良心的だからであると皮肉った。実直、直情ばかりでは政治芸のあやが分からない。

 騒動師の代表格はもちろん「あの新聞」ですが、振り上げた拳の下ろしどころがまだ見つからないみたいですね。
 今日(9/9)の社説は2本とも安倍批判を含んでるんだけど、何とも中途半端な印象です。
朝日社説9/9:総裁選告示 独走を生んだもの
 権力闘争の色彩は薄い。「自民党をぶっ壊す」と叫んだ小泉首相のようなメッセージもない。かつてなく緊張感に乏しい自民党総裁選が告示された。
 安倍晋三氏という「勝ち馬」に乗りたい。日の当たるポストにつきたい。選挙の「顔」がほしい——。そんな党内の思惑を集めて、安倍陣営は満席状態である。
 圧勝が見えている以上、細かな政策を示して手足を縛られたくないということか。安倍氏の公約は新憲法制定、教育改革といった項目を並べただけの印象だ。歴史認識など微妙な問題を聞かれると、あいまいな答えを返す場面も目立つ。
 政策抜き、それでも一人勝ち。こんな奇妙な総裁選に、なぜなったのか。
 最大の理由は、10年前に衆院選挙に導入された小選挙区制にある。
 小選挙区で当選できるのは1人だけだ。2位当選、3位当選はない。当落は候補者個人の努力もあるが、党首の人気度に大きく左右される。
 世論の受けのいい党首か否か。民主党に勝てる党首か否か。派閥に代わって強大な力を握った党執行部、主流派に加われるか否か。そんな二者択一の「デジタル政治」が自民党を覆いつつある。政策は二の次、三の次だ。
 とりわけ昨年の総選挙の衝撃が大きかったのだろう。自民党は郵政民営化支持で強引なまでに一本化され、小泉人気で地滑り的な勝利を得た。だが、次はその逆もありうる。その恐怖感が自民党議員を支配するようになった。
 安倍氏の毛並みは良いが、さしたる経歴、実績はなかった。それが拉致問題などをめぐる発言で一躍、人気政治家になった。中国、韓国に対して高まるナショナリズムの空気に乗った面もある。
 デジタル化した自民党政治の構造変化が、そんな安倍氏を最強の総裁候補に押し上げることになった。
 党内に、安倍氏の主張に対する異論がないわけはない。中選挙区時代なら、そうした勢力もそれなりの存在感をもてたはずだが、吹き飛ばされてしまった。
 かつての総裁選といえば、派閥が腕力と金力を競い、総裁ポストをめぐって党内で権力闘争を繰り広げた。政策路線の争いもそこに絡んだものだ。
 だが、政権交代が現実味を帯びる小選挙区制の総選挙では、民主党との対立こそが実質的な権力争いの舞台となる。その分だけ党内対立のエネルギーが薄れ、この「つまらない総裁選」をもたらしたのではないか。
 来年の参院選は大丈夫か、ひょっとすれば衆院解散も……。総裁選の陰で民主党の小沢代表の動向が語られるのも、権力闘争の重心が党内対立から移りつつあることの表れだろう。
 とはいえ、党内の論争がしぼめば政党としての活力が失われる。新政権の性格もあいまいになる。国民を退屈させないよう、谷垣禎一氏と麻生太郎氏の両候補には奮起を促したい。

 まるで安倍さんがつい最近、拉致問題に取り組み始めたような言い方ですね。安倍さんは父・晋太郎氏の秘書時代から拉致問題に取り組んでましたよ。
 で、朝日は拉致問題については、これまでどういう対応を取ってきましたっけ?こんな感じでしたよね。

 また、「中国、韓国に対して高まるナショナリズムの空気に乗った面もある」って箇所ですが、その空気を作った張本人の一人は、他ならぬ朝日新聞では?

 朝日新聞はこれまで「南京大虐殺」「靖国参拝」「歴史教科書」「従軍慰安婦」などなど、中国、韓国へのご注進報道をくり返してきました。
 中韓の政府もそれに乗っかって、日本批判をくり返してきました。

 この朝日新聞の放火活動は長い間うまくいってたけど、昨年春の中国の反日デモあたりを境に、多くの日本人が「実は中韓の政府は内政問題から国民の目をそらすため、あえて反日をやってるだけ」ってことに気づいてしまった。

 それでもなお、空気が読めない朝日新聞は中韓を煽り続け、これまた空気が読めない中韓も「首相は靖国参拝を中止せよ」などとガーガー言ってくるもんだから、日本人の間で「中国、韓国に対して高まるナショナリズムの空気」が醸成されるのは、至極当然な流れでしょう。

 「当の中国も、靖国批判が過ぎて日本国内に嫌中ムードをつくってしまった。いまは日本のメディアに乗せられた愚かさを悔いていよう」と産経抄が指摘してるとおり、学習能力なしの韓国・盧武鉉政権はともかく、中国は今回のことでうんと学習したでしょうから、朝日新聞をはじめとする日本の反日メディアとの連携については、今後はかなり慎重になるんじゃないでしょうか。
 そうなったら朝日新聞の存在意義は半減しちゃうかもしれんけど(^_^;

 おまけの情報。この社説に対する中川秀直氏の反論が来てます。
 主に「こんな奇妙な総裁選に、なぜなったのか。最大の理由は、10年前に衆院選挙に導入された小選挙区制にある」という箇所に対する反論です。

 で、もう1本の社説は↓これです。

朝日社説9/9:政治資金 透明度を上げなくちゃ
  昨年分の政治資金収支報告が明らかになった。自民党の安倍晋三氏の集金力が大幅に伸びていた。それをインターネットで調べられるだろうか。
 実際にやってみた。まずは自民党と安倍氏個人のホームページを開く。政治資金のデータは見あたらない。自民党によると、国会議員の一昨年分の収支報告の要旨を8月に党のページに載せたが、1カ月で打ち切ったという。
 次に収支報告を公表した総務省のページを見る。「政治資金」を検索してみると、過去の収支報告の概要などが出てきた。データが多すぎて途方に暮れる。
 あきらめて総務省に聞いた。驚いたことに、昨年分をネット上で読めるのは12月だという。
 仕方なく、04年分を探す。
 収支報告書の実物が総務省のページで「政策・政策評価」→「選挙・政治資金制度」→「政治資金収支報告書及び政党交付金使途等報告書の公開」と進めば読める。しかし、50音別に並ぶ資金管理団体で「ア」を見ても、「安倍」氏の名前がついた団体はない。
 安倍氏の団体名が「晋和会」だと知らなければ、たどりつけないのだ。安倍氏は地元の党支部でも献金を集めている。それら全体の集計は、どこにもない。
 いったい、この収支報告は誰に何を、どう見せようとしているのか。ネットでの公開も、これでは評価できない。
 昨年も旧橋本派で15億円以上の繰越金が実在しなかったことや、自民党への迂回(うかい)献金の不明朗さが指摘され続けた。
 だが、昨秋の政治資金規正法改正でも透明度は上がらなかった。こんなことでは政治献金などする気になれまい。
 そんな懸念を抱いていたら、昨年の総務省届け出分の総額が過去20年間で最少を記録した。バブル経済期の90年に比べて個人献金は6割以下に、企業献金は8%にまで落ち込んだ。都道府県に届け出る地方分に流れたうえ、景気動向にも左右されたにしても、この激減の一因には政治不信があるだろう。
 一方で気になるのは、政党交付金という税金が、政党の主要な収入源になっている現状だ。受け取らない共産党を除く各党に、昨年も計317億円余りが分配され、自民党で収入の6割、民主党では8割を超えている。「官から民へ」という改革に逆行するかのように、政党が「税金頼み」の体質になることが、健全な民主主義を育むはずがない。
 個人献金をもっと増やすことが望まれる。それには、政治が信頼されるように資金の流れの透明度を上げることだ。
 国民は副収入も一括して納税申告している。政治家も自分の複数の政治団体を一本化して報告するのが当然だ。
 ところが、いま国会で継続審議中の政治資金規正法改正の自民党案は、外資比率が50%を超す企業からも政治献金を受け取れるようにする内容でしかない。
 国会わけても自民党は、またしても自らの懐事情を優先しようとしている。

 今日の2本の社説全体を通して感じたのは……
 今さらどうあがいたところで、安倍総理誕生阻止はほぼ不可能。だったら自民党そのもののイメージを下げてやろう、そして安倍新政権のでばなをくじいてやろう、という作戦に朝日はシフトしたのでは?

 折しも今日(9/9)、小泉首相が安倍さん支持を明言しました。
 「ますますつまらない総裁選になる」とか何とか、また叩く材料ができてよかったね、アサピー君(^_^;


・・・・・・細切れぼやき・・・・・・


産経>特派員コラム>【ソウルからヨボセヨ】 皇室と王室(09/09)
 知り合いの韓国人から電話があり、いきなり「おめでとう!」といわれた。「えっ、何かありましたっけ?」というと「ご親王誕生おめでとう!だよ」といわれてやっと分かった。日本統治時代に育った年配の韓国人にはこんな反応を示す人もいる。「紀子さま男子ご出産」の日本発ニュースは韓国でも関心を持たれ、マスコミも珍しく(?)批判抜きで大きく伝えていた。
 それでも「日本、王政時代に戻ったよう」とか「王室は21世紀にも“日本の中心”確認」などといった皮肉まじりの見出しをつけた新聞もあった。「王政に戻った」のではなく日本は明治時代以来、基本的には英国などと同じような「立憲君主制」だし、戦後も天皇つまり皇室は「国民統合の象徴」として国の中心なんですがねえ。ただ共和制になっている韓国人にとっては好奇とちょっぴり羨望(せんぼう)?の対象ではあるようだ。
 ところで韓国マスコミは相変わらず天皇、皇族、皇室…の「皇」を嫌い、格下げの意味で王、王族、王室…と書いている。ほぼ唯一、韓国日報を例外に。ところが国際感覚の英字紙は天皇はキングではなくエンペラーと書いている。もちろん中国のマスコミも「天皇」だし、欧米はエンペラーである。韓国の大多数マスコミだけが依然、勝手に「王」にしている。(黒田勝弘)

 親王殿下御誕生の日に朝鮮日報のニュースを見て、珍しく「天皇」表記をしてるなーと思ったんですが、それはやっぱ日本語版だからであって、原文は相変わらず「王」表記で通してるってわけですね(-.-#)


■『ブロードキャスター』皇位継承問題

 1コ前のエントリーにいただいたコメント。

今さっきTBSの「ブロードキャスター」で今までに日本に存在した「女性」天皇の一覧を出し、キャスターが堂々と「女系」天皇が過去これだけいたと発言してました。「またかよ、TBS」って感じですが、こうやって何も知らない人はマスメディアに操られていくんですね……。

Sei | 2006/09/09 10:15 PM

 私も『ブロキャス』見てました。
 わざわざフリップ出して、「このように、これまでに女系天皇が8人10代いらっしゃるんですよね」……で終わり。

 その8人はいずれも、女系天皇ではなく男系の女性天皇であり、さらには

・天皇になられた後は独身を貫かれた
・出産もなさっていない(女系の皇族を出産されていない)
・男系男子の後継者が存在し、あくまで中継ぎとして即位された


 のですが、キャスターはそういったことは一切伝えず。

 そう、「女性天皇が過去にこれだけいたのに、愛子さまが天皇になれないなんておかしいでしょ?」という、あからさまな印象操作。
 テレ朝もひどいけど、TBSもどうしようもないですね。

 話は前後しますが、コーナーの最初の方では他国の王室との比較をしてました。
 一つは某ヨーロッパの王室(どこの国か忘れた)。ここは1970年代に女王を認めたが、男女平等の思想が浸透してきたのも改正の要因の一つだった、と。

 もう一つはタイの王室。1980年代に憲法に「男性の後継者がいなくなった場合、女性も認める」旨を追記したと。これはあくまでも「もしいなくなったら」という時のためのもので、男子優先だそうです。
 ちなみにタイは、今調べてみたら、「男性も女性も王位継承権があるが、平民や外国人(王族貴族も含む)と結婚した王室女性は王室から除かれる」とのことです。

 あと、番組が行ったアンケート結果についても。
 「女性・女系天皇を認めますか?」という質問に対し、この2月に行った調査では、YESは60数パーセント(細かい数字忘れましたが、60台の後半だったと思う)でしたが、親王殿下が誕生された後の調査では、YESは55%に下がってました。
 「それでも半分以上は女系・女性天皇に賛成だ」というナレーションがついてました。

 親王殿下御誕生で、女性・女系天皇容認の数字が10%以上下がった。
 これってけっこう大きいかもしれません。

 というのは、テレ朝『ワイスク』アンケートを批判したエントリーで、こういうコメントをいただいたんですよ。

私は今、女性天皇でもいいではないか、愛子様でいいではないか、と言う意見が多いのだとしたら、まだ親王様の写真なり映像を見ていないためではないか思っています。

きっと見目麗しい親王様だと思います。そして成長の過程を国民はこれから映像で見ていくわけですから、そしたら、そもそも朝日などのメディアの扇動で左右されるような部分の世論はころっと変わっちゃう気がします。
本当はそれではダメなんですけど。
(以下略)

あみ | 2006/09/08 10:47 PM

 私、あみさんのご指摘はかなり的を射てると思います。
 御誕生という事実だけで10%以上も女性・女系容認派が減ったんですから、愛子様の時のように国民が親王様のご成長を、テレビなどで日々見守っていく流れになったら、女性・女系容認派はさらに減るはずです。
【この項、9/10 22:40加筆修正】


中国、河川の6割“深刻な汚染” 当局内部資料流出(産経)
 【上海=前田徹】中国全土の河川の6割が水銀など危険な重金属や農薬で汚染され、こうした水質悪化が疾病の8割、さらには病死の3割に関係していたと指摘した中国食品薬品監督管理局の内部資料が明るみに出た。また、重金属による汚染面積は2000平方キロメートルにもおよび、汚染地域を含む経済先進都市周辺での食の安全に内部資料は強い疑問を投げかけている。日本はすでに野菜の残留農薬規制を強めているが、ほかにも中国から安い食品を輸入していることから今後、対応を迫られそうだ。
 資料は4章に分かれ、問題の汚染実態は第3章に書かれていた。
 それによると、産業廃棄物による深刻な汚染は中国全土の河川と湖の6割におよび、残りの河川もまだ軽度ながら汚染が進んでいる。さらに農産物に影響のある全潅漑(かんがい)用水の2割が規制基準を大幅に上回る水銀に汚染されている。水質汚染が関係したとみられる症例は全疾病の8割、病死の3分の1にのぼり、2004年以降、幼児の頭が巨大化する奇病が汚染地域で次々に確認されているという。
 体内に残留しやすい有毒重金属による汚染危険地域は(1)天津、北京など渤海沿岸工業地帯(2)上海など江蘇、浙江省の華東工業地帯(3)珠江三角州と呼ばれる華南工業地帯−の3カ所に集中し、汚染面積は2000平方キロメートルに及んでいる。
 また、中国の化学肥料の年間使用量は4100万トンで、その結果、黄河や長江、珠江を経て流れ込んだ無機窒素が中国近海の赤潮の主な原因になっていると内部資料は断じている。毒性の強い農薬使用で汚染された土壌を元に戻すのに最長で33年間が必要という。
 加工食品についても作業員による衛生管理の質が悪く不衛生としたほか、偽ブランド食品の安全性に特に問題があると警告している。衛生より利益優先のため、重さをごまかすのに牛や豚に水を注入したり、大量の食塩を食べさせるなどのほか、ペンキの材料など極度に毒性の強い添加物や防腐剤を使用するケースが多いと、その危険性を指摘している。
(09/09 23:43)

 私は中国産の食品は買わないようにしてます。でも外食の際は産地を調べようもないし、きっと知らずに口に入れてしまってると思う(T^T)

 あと、北京オリンピックも心配ですね。
 前にも紹介したけど、月刊『WiLL』9月号に掲載された渡部昇一さんの<「中国を永久に黙らせる100問100答」保存版30ページ>に、こういうのが載ってました。

Q37 北京五輪は成功する
【答】そう信じたいのはわかるが、ムリだ。いろいろ理由はあるが、例えば水ひとつとっても不安だらけ。黄河の流域なので、それでなくても水の少ない地域です。農業用水を使うしかないだろうが、それでどんな影響が出てくるか。プールの水質が悪すぎるので消毒剤を入れすぎて目の故障が起こるのではないかとも言われています。


!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


★★★毒吐き@てっくさんが旧宮家復籍キャンペーンフラッシュ作成にあたり、カンパを募集されています★★★
かなり大規模な計画になりそうです。いろんな著名人が噛んでます。これ以上は企業秘密。まだまだカンパ募集中です!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/7-7ea1ca93

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索