ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「たかじん委員会」SP 英霊に捧げられた花嫁人形

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


■3/14放送「たかじんのそこまで言って委員会」番外編スペシャル

100314-25kansha1.jpg

 通常の「たかじんのそこまで言って委員会」は日曜午後1時30分から3時まで。
 が、この日は引き続き3時から番外編が放送されました。

 タイトルは……

 【いつまでも反中でいいんかい 大激論!アジアは1つになれるか?】

 「たかじんのそこまで言って委員会」は中国批判が多いとされ、そのため反中番組だとよく揶揄されるとのこと。
 それでこういうタイトルにしたらしいです(^_^;

 内容を全て紹介するのは時間的・体力的に無理なので、今回は靖国問題の箇所だけ紹介します。
 VTRは完全起こし、その後のスタジオ討論は要約です。
 ちなみに「花嫁人形」の話は私はこの番組で初めて知りました(T^T)

 画像は今回、YouTubeから落としたデータをFLVで再生したものをキャプチャしたため、かなり粗いです。すみません<(_ _)>

 ちなみに三宅さんの靖国企画は、もともと「たかじんのそこまでやって委員会」という会員制有料サイトで紹介されたものを、今回テレビ用に編集したもののようです(こちらの動画参照)。


 内容紹介ここから____________________________
100314-01okuni.jpg

 太平洋戦争時、多くの日本兵は戦友と別れる際、「お国のために散って、靖国の桜のもとでまた会おう」と誓い合ったと言います。

100314-02yori.jpg

 そんな日本兵たちにとって、靖国神社はまさに心の拠り所としてのシンボルでした。

100314-03souri.jpg

 戦後、「国に殉じた先人に感謝し、平和を誓うのは当然」と、歴代の総理や多くの政治家が靖国を参拝しましたが、

100314-04senpan.jpg

 太平洋戦争におけるいわゆるA級戦犯が合祀されていることから、

100314-05gaikou.jpg

 中国・韓国・北朝鮮の三カ国が猛反発。今も外交問題となっています。

100314-06goiken.jpg

 総理の靖国参拝に関しては、日本の識者の間でも大きく意見が分かれているようですが、以前から賛成の立場を取っていらっしゃるのが、当委員会のご意見番、三宅久之さん。

100314-07imano.jpg

 【彼らが散ってくれたから、今の日本がある】

100314-08yasukunihe.jpg

 そう語る三宅さんとともに、私たちは靖国神社を訪れることにしました。

100314-09honden.jpg

 三宅さんは、靖国神社を参拝する時は、必ず、神社に隣接する博物館・遊就館に足を運び、戦火に散った英霊たちに会いに行くのだとか。

100314-10yuushu.jpg

 そして、そこには、三宅さんが見るたびにいつも心が震えるという、ある展示物が。

100314-11betu.jpg

 遊就館の内部は撮影禁止のため、別の場所でその展示物を見せていただくことに。

100314-12hiki.jpg

三宅久之
「私はね、靖国神社にお参りをしたら、必ず遊就館を拝観したらいいっていうことを、勧めるんですけども。ま、遊就館っていうのは、簡単に言えば、軍事博物館ですから、ま、鎧兜から、太刀から、その、最近の大砲に至るまであるんだけども」

100314-13miya.jpg

三宅久之
「ま、自民党でも加藤紘一さんなんかは、遊就館に行くと、出てくる時は何か軍国主義者のような顔になって出てくるっていう、いうこと言うんですけども、私は冗談じゃないと思ってますよ。小さな島国の若者たちが、あれだけの地域で戦ったと。そして、装備を見たってね、大した装備じゃありませんよ。こんな装備でね、北はもうその、満州の北からね、いろんな所まで戦ったかと思うとね、私は、ほんとに胸が締め付けられるような気がする。で、一番私が、まあ皆さんにも見ていただきたいと思うのは、最後に、約6000人の写真がある」

100314-14iei.jpg

三宅久之
「あれをね、ずーっと見てると、ほんとに胸が締め付けられる思いがするんですけども、その写真の前にね、花嫁人形が飾ってあるんです」

100314-15hana.jpg

三宅久之
「それ、ちょっとお借りして、今、ここで皆さんにも見ていただこうと思うんですけども」

100314-16iei.jpg

三宅久之
「これはみんなね、自分たちの子供たちが、あるいは弟が、女性を知らないで散っていった、せめてもの、母が、姉が送った花嫁人形なんです

100314-17namida.jpg

三宅久之
「私はこれを見るといつもね(涙)、歳とって情けないと思うけども、涙が止まらないんです(ハンカチで涙を拭う)。こういう若者たちが、女性の手を握ることなく、死んでいってくれて、今日の我々がある。平和がある

100314-18miya.jpg

三宅久之
「このきれいな花嫁さんたちを、彼らにもほんとに抱かせてあげたかったと、ほんとに思いますねぇ。国を守るってことがいかに尊いことか。多くの人々の犠牲によって成り立ってるか

100314-19nin.jpg

三宅久之
「その子を思う、お母さんやお姉さんたちの気持ちがね、この花嫁人形に結晶してるんですよ」

100314-20isii.jpg

三宅久之
「この、見て下さい。英霊ですからみんな、石井善一の命(みこと)とね、命に捧ぐと、いうことで、遺族の方が出してる、ね」

100314-21aizawa.jpg

三宅久之
「横浜の、相澤さんのお姉さんや妹さんたちが、相澤貞義の命に、お嫁さんは、こういう人だよと」

100314-22aizawa2.jpg

三宅久之
「こんなきれいなお嫁さんがほんとに、抱けたら、この英霊たちはどんなに幸せだったかと思いますけどねぇ」

100314-23inori.jpg

三宅久之
「ほんとに、散った方々の魂よ安らかにと、祈ります」

100314-24okuni.jpg

 戦時中、十代だった三宅さんと、さほど年の変わらない若者たちが、「お国のために」と死んでいった。

100314-25kansha1.jpg

 その先人たちに感謝するという気持ちがなぜ、戦争を美化していると誤解され、

100314-26kansha2.jpg

 戦争礼賛だと非難されることになるのでしょうか?

100314-27seisou.jpg

 アジアをひとつにするための障害となっている、過去の戦争と歴史認識。

 ____________________________内容紹介ここまで


 最後の「アジアをひとつにするための障害となっている……」というナレーションに、違和感を覚えた方もいらっしゃると思います。
 が、それについては、この日のメインテーマが「アジアはひとつになれるか?」だったため、こういう言い回しになっているのだとご理解下さい。

 さて、VTR終了後、スタジオ向けに「質問」が。
 【アジアの皆さんに質問です。あなたは靖国神社を参拝する日本人をどう思いますか?】

 各人の回答は以下の通り。

クンナ・ダッシュ(インド・NPOインド日本友の会理事長)
 「亡くなった人を参拝するのは悪いことではない」
ヘリョン(韓国・タレント)
 「韓国人としては複雑です…」
朴一(韓国・大阪市立大教授)
 「心情は理解できる。でも首相の参拝は…」
松尾カニタ(タイ・FMCOCOLODJ)
 「なんらとがめる必要なし」
金美齢(台湾(帰化済))
 「敬意を表します」
ペマ・ギャルポ(チベット(帰化済)・チベット文化研究所所長)
 「当然」
張景子(中国(帰化済)・元北京放送キャスター)
 「参拝する気持ちによる」
孔健(中国・チャイニーズドラゴン新聞編集主幹)
 「周りの中国人は誰も反対しない」


 まず、田嶋陽子さんが「日本人だけじゃない。日本が仕掛けた戦争で同じような思いで死んでいったアジアの人たちがいる。その人たちのことはどうするのか」と噛みつきました。
 孔健さんも「(靖国の英霊は)国を守るために死んだのではなく、他国を侵略して死んだ」。
 予想通りの反応ですね(^_^;

 三宅久之さんの反論。
 「GHQで、靖国神社を焼却してドッグレース場にしようという意見が出た。マッカーサーがローマ教皇庁の駐日臨時代表だったブルーノ・ビッテル神父にどう思うかを尋ねたところ、彼はこう回答した。いかなる国も、その国のために殉じた兵士に対して敬意を表す権利と義務があり、それは戦勝国・敗戦国を問わず、平等の真理である。もしアメリカ陸軍が靖国神社を焼却したならば、アメリカ陸軍の歴史に、永久に消すことのできない汚点を刻むことになるだろう』。マッカーサーは焼却計画の中止を指令した。他国がこのことで日本にあれこれ言う権利はない」

 但し、三宅さんは対支(対華)二十一箇条の要求を例に、「侵略戦争ではなかったとは思っていない」ということも言われてました。

 次に、朴一さんが「靖国神社に葬られているのは日本人だけじゃない。朝鮮人、台湾人も葬られている。韓国人の遺族に会ったが、A級戦犯と一緒に葬られている所から息子を出してほしいと言っている」。

 朴さん、あなた日本生まれの日本育ちのくせに、「葬られてる、葬られてる」って何を連呼してるんですか、あそこは墓地じゃないんですよ……と思ってたら、勝谷誠彦さんが突っ込んでくれました。

 「日本の神道の本質を分からず発言してる。あそこは祀っている所。そして大きな魂であって分けたりできない。A級戦犯が祀られていることの論議はあるだろうが、祀っている以上は分けることはできない。お互い、それぞれの宗教がある。それに対してむりやり分けろとか言わないでしょ。日本人にとってはあれは約束。靖国神社に僕たちが会いに行くから散ってくれと言って、若者たちは死んでいったんです」
 
 ここで、張景子さんが「三宅さんのような気持ちで行くのは賛成だが、A級戦犯も含めて英雄ですよというふうに参拝するのは反対」と。

 そんな張さんに意外な人から反論が。朴さんです。
 「張さんのは中国政府の解釈。東京裁判にはいろんな疑義がある。東京裁判の問題性を今の日本人が引きずってるので、ギクシャクした関係になってる。東京裁判で、少なくとも天皇陛下に戦争責任を負わせてはいけない、一般の国民にも戦争責任を追及しない、その代わりに、全ての責任をA級戦犯はある意味で背負って逝ってしまった」

 この解釈には三宅さんも同意。
 が、朴さん、ここから滅茶苦茶に……。

 「そうだったとしたら、靖国神社に入ったから、亡くなった人はもう罪はないと、前に三宅先生もおっしゃってたが、そういうことをあえて誇張してしまうと、靖国は戦争責任に対する忘却装置にしかアジアの人には映らない」

 ちょっとちょっと、別に誇張なんかしてませんって。あんたらがしつこく文句言ってくるから、それに対する反論の中で、日本人の宗教観に言及せざるを得なくなるだけですよ。
 それにほら、やっぱり「アジアの人」って一括り。
 あなたのおっしゃるアジアってどこの国のことかしら?@櫻井よしこさん

 じゃあ中韓北以外の「アジアの人」はどう考えてるかというと、タイ人の松尾カニタさんはこういう主張を。
 「タイも大なり小なり被害はありましたが、亡くなった方をいつまでも恨むのはいかがなものか。昭和38年にタイのプミポン国王も靖国参拝している。亡くなった方への敬意は持つべき

 それに対して、張景子さんがまた「A級戦犯が問題なんですよ!」と噛みついたんですが、ここで勝谷誠彦さんが安重根の話を。

 「こないだ安重根の100周年に韓国に行きました。安重根は日本から見たら伊藤博文を殺したテロリスト。それが韓国では首相が来て式典をやって、銅像の除幕式もやった。見てて非常に不愉快です。けど、日本国政府が抗議したりはしません。嫌な気持ちになるけども、そこは韓国の人の心情はそうなんだろうと考えて。そこを譲り合わないと、アジア共同体なんかできない」

 またギャーギャー言う張さんに、今度はペマ・ギャルポさんが「死んでも墓を掘るような(中国の)文化と、死んだらみんな仏になるという(日本の)文化の違いなんですよ」。
 松尾カニタさんも上の席から、「そう、文化の違いなんです。だから中国もチベットの文化、理解できないんですよ」。

 さらにペマさん、先ほどの朴さんの東京裁判の話の続きで、「東京裁判の結果として7名の人たちを死刑にしたんですよ。だからあの人たちは全てを背負って逝った、それに対してみんなが感謝することのどこが悪いのか、ということですよ」。

 そしたら張さんが「殺人犯を祀っていいのか」。
 あくまで喩えとして言ったんでしょうが、桂ざこば師匠に「事件とは違う」と突っ込まれてしまってました。それでも張さんは「同じです」と頑張ってましたが……。

 靖国問題についての討論は以上のような感じでした。


 あと他の討論で注目すべきは、国籍についてのやりとりだったかと。

 張景子さんは3/1放送「TVタックル」の時と同様、日本国籍を取得した理由として、「仕事上便利だから」という主張を展開されてました。
 また、トークには出てきませんでしたが、回答パネルには「参政権」の文字もありました。

 他にこの日の出演者で帰化済なのは金美齢さんとペマ・ギャルポさんだったんですが、このお二方はともに「もし利害が衝突したら日本の側に立つ」「日本国民として義務を果たす」という趣旨のことを言われてました。
 「日本国籍の方が便利だから」と公言してはばからない張さんとは全く違いました。

 このあたりのやりとりを起こして下さっているブログさんを見つけましたので、ぜひご覧下さい。
オノコロ こころ定めて>3/18付:“帰化した者には参政権”も危険と教えてくださる、張景子中国工作員(たかじん委員会)

 今、日本にはたくさんの永住中国人がおられます(平成20年末で一般永住者と特別永住者を合わせて145,361人)が、今後帰化を考えている方も少なくないでしょう。
 今後帰化するであろう中国人、すでに帰化した中国人、全員がそうだなんて言うつもりは全くありませんが、ただ、張景子さんのような「便宜主義で国籍を日本に変えただけ。魂は死ぬまで中国人」というメンタリティをお持ちの方は相当数に上るはずです。

 もちろん中国人に限ったことではありません。
 2/15付:安易な帰化促進は危険だという分かりやすい事例でも紹介しましたが、「民族と国籍は別次元。私は永遠に朝鮮民族」とテレビで述べたパチンコ『マルハン』創業者で在日韓国人一世の韓昌祐氏、「外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れる」と講演で述べた高槻むくげの会代表で在日朝鮮人二世の李敬宰氏、彼らはともに帰化しています。

 法律上は日本人だけど魂は中国人(朝鮮人etc)、日本と運命を共にする気はない。そういった方々が日本人と全く同じ権利を得る。もちろん参政権もです。
 ……これってどうなん?(T^T)

 このあたりのことは過去に何度も書いてきたので今日はもうやめておきますが、ただ、この日の「たかじん番外編」を見て私と同じ不安を覚えた視聴者は、きっとたくさんおられたと思います。


※拙ブログ関連エントリー
06/8/26付:首相の靖国参拝反対派への反論
 ちょっと古いですが、靖国問題のまとめ。
10/3/8付:中共が靖国を否定する理由【将兵万葉集】(2)特別攻撃隊・神風-1
 靖国は日本人の精神の根源。それゆえ中国は潰しにかかっている!?


okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 おもしろ店名シリーズ。

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328-1.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/653-d9c343aa

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索