ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

安易な帰化促進は危険だという分かりやすい事例

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

「竹島プロジェクト2010」進行中。詳細は「さくら日和」さんもしくは拙ブログ1/23付を(共に画像配布中)。
★外国人地方参政権付与法案を阻止しましょう。抗議・応援・要請先テンプレはこちら。情報交換の場として掲示板も是非ご利用下さい。
★選択的夫婦別姓法案もお忘れなく!こちらで署名用紙とチラシが配布されています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 外国人参政権問題で反対派からよく出てくるのが、「参政権がほしいんだったら日本に帰化すればいい、日本国籍を取ればいい」という意見です。

 私はこれに対し、1/30付:長尾教授の勇気ある「撤回」 今一度考えたい参政権と国籍の重みの後半部分で「安易な帰化促進には重大な危険性が潜んでいる」と指摘し、その理由を論理立てて説明しました。

 が、理屈ではなく直感的に理解していただける事例を、偶然、自分の過去記事に見つけてしまいました。
 それがこちらです。

100208top.jpg

06/11/24付:【過去】在日パチンコ王の激動人生「ワイスク」

 2005年5月18日にテレ朝「ワイドスクランブル」で放送された、「差別バネに年商1兆円/在日パチンコ王の激動人生」の内容紹介です。
 (記事の日付は06年11月24日になっていますが、これは自分の過去記事を再掲載した日付です)
 自分で紹介しておいてすっかり忘れてたというのも情けないんですが、ずいぶん前の話なのでお許し下さい<(_ _)>

 で、もしかしたらどこかに動画があるかもと思って探してみたところ、あっさり見つかりました(^^ゞ→こちら

 今さら起こし直すのもかったるいので、自分の過去記事から核心部分を引用いたします。
 全内容を知りたい方は動画をご覧下さい。

 なお、これは完全起こしではなくあくまでも内容紹介のため、私のツッコミがそこかしこに入っていますがご了承を。


 過去記事引用ここから____________________________
 
 主役は、在日韓国人一世でパチンコ「マルハン」創業者の韓昌祐(ハン・チャンウ)会長(74)。
 1945年10月、14才の時に密航して日本に上陸。兄を頼ってやってきた。
 「ボートピープルです。密航って言うと格好悪いから(笑)」
 彼は同郷の先輩の言うことに従ってすぐに役場に行き、戦後のどさくさに紛れて居住権を得た(ほんとに「戦後のどさくさに紛れて」って言ってた)。

 「日本人に差別を受けた。大学(マルクス経済学を学んだのだそう)の同級生には悪口ばかり言われた。日本人でも職業難だったから、朝鮮人はまともな仕事に就けない」
 ……あの~、日本に勝手に不法入国、不法滞在しといて(もちろん犯罪)、その言いぐさはないんちゃいますか。

〈中略〉ということで、番組は「韓さん、苦労してかわいそう」「差別する日本人はひどい」という作りでここまで来ました。
 が、ここからトーンが一変します。

 韓会長も二男も2002年に日本国籍を取った、と。

 そして韓会長曰く……

100208han.jpg

 民族と国籍は別次元。永遠に朝鮮民族。私は『ハン・チャンウ』という本名でちゃんと日本国籍を取ってる。権利として日本国籍を取るべき

 「自動車を運転するためには免許がいるが、国籍取得もそのぐらいに思っていればいいのでは。それほど国籍を重く感じる必要はない

 「韓国籍のまま日本政府に何を言っても蚊帳の外。国籍を取ることで権利を主張する。政治に参加する

 「世界のほとんどの人間がその国の国籍を取ってる。在日コリアンだけが、帰りもしないのに国籍もとらないのに文句を言ってる。在日韓国・朝鮮人は世界で最も立ち後れた民族である。本国よりも遅れている」

 「盧武鉉大統領も、同じ血を引く民族の北朝鮮の肩を持つ発言をしているがとんでもない。北朝鮮のやってることは世界的に見ても許されることじゃない」

 一見もっともなことを言ってるように見えますが、この人の場合、日本国籍を取って日本に同化するというよりは、日本の政治や経済の中枢に介入したいという思惑が見え隠れします。
 国籍を取ったのはあくまで便宜上のことであって、いざって時は朝鮮民族の味方をしますよという匂いが……。
 しかも国籍取ったのが2002年って。何で今頃取ったのか?……このへんに秘密がありそうですな。

 とは言え、この人はなんぼかマシです。
 国籍も取らずに、参政権をはじめ日本国民と同等の権利を与えろと主張してる在日に比べたら、100万倍マシでしょう。

 ____________________________過去記事引用ここまで


 「100万倍マシ」と当時の私は書いてますが、「100万倍狡猾」だと今は思います。
 表面上は日本人のふり。でも魂は死ぬまで朝鮮民族。いわば日本国籍を隠れ蓑にしているわけですから。

 もちろん、帰化を願う外国人全てが日本国籍を利用して政治に介入したいなどと考えているわけではありません。っていうか、普通に日本に溶け込んで暮らしたいと思っている人が大半でしょう。

 ただ、韓昌祐氏のような例を見ると、帰化の制度をむしろ今よりもっと厳格にした方がよいのでは?と思えてきます。

 参考までに、2007年に中国から日本に帰化した評論家の石平さんは日本国籍取得にあたり、「動機書も宣誓書も提出せず、まるでクレジット・カードにでも加入するような感じだった」と述べています。


 もう一つ、「安易な帰化促進には重大な危険性が潜んでいる」ことを理解していただける例を紹介しておきます。
 news archivesさん>07/3/31付より。

在日コリアンの日本国籍取得権確立協議会
国籍問題を考える・資料集
むくげの会と日本国籍  

在日外国籍市民の参政権を考える連続講座 第3回
演題:在日韓国・朝鮮人と国籍
 講師:李敬宰さん
日時:2001年12月14日18時30分~ 場所:京都YWCA
【講演記録】の[質疑応答]より抜粋

ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。ある統計では、一〇〇年後には五人の内三人が外国系になるといいます。そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。だから、私はあと一〇〇年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。これが夢です(笑)。そういう社会が来たら、その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。

こうした素晴らしい戦術があるのに、それを、今の左派のように、日本国籍を取ったらダメだということをやっていたら、いつまでたっても天皇制は温存されたままではないですか。


http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/siryousyuu7.htm

※「外国人がたくさん日本国籍をとったほうが、早く天皇制は潰れる」「なんとしても日本人を差別して死にたい」等がある質疑応答はHPより、既に削除されている。

 この発言をした李敬宰氏は、2006年に日本国籍を取得しています。2007年には大阪府議選に立候補したものの、ダントツ最下位で落選しました(Wikipedia参照)。2008年には自民党の政調、法務部会国籍問題に関するプロジェクトチームの会議にてヒアリングを受けています(きち@石根さん参照)。


 ところで、最近の政局を見てみますと、鳩山総理と小沢幹事長の「政治とカネ」の問題がまだまだ政権運営に影響を与えていますよね。
 外国人地方参政権付与法案については国民新党ははっきり反対と明言してますし(15日午後の衆院予算委員会で亀井金融大臣が反対する考えを改めて表明)、民主党内にも少数ながら反対の人たちはいます。
 主要閣僚もこのところ相次いで慎重な姿勢を見せているようです。

 前原国交大臣は2月6日、「私は賛成の立場」としながらも「法案をこの国会にかけるかどうかということについては、極めて慎重に取り扱うべきではないか」と述べました。

 岡田外務大臣は2月11日、韓国の柳外交通商相との会談で「政府として検討中だ」と述べるにとどまりました。

 北沢防衛大臣は2月9日の国会では法案に賛成を表明、そのうえ「衆院選のときに民団の方々と多く接触する機会があったが、民団の考え方は違ってきている。危険性はないと思う」というトンデモ発言をしましたが(民主党っていうのは「民団が主(あるじorぬし)の党」の略ですか?(-.-#))、12日には「対立の中でことが決まるような性格ではない。やや議論が未成熟ではないかという気がする」と慎重な姿勢に転換、「防衛相として賛否など積極的にモノを言うことは控えていきたい」と賛否を封印しました。

 原口総務大臣も14日、「国会で議論すべきテーマで、政府が一方的に法案を出していいわけではない。国民新党は絶対反対だ。連立政権なので1党でも反対すると政府としては提案しない」と述べています。

 こうした状況を鑑みた時、政権維持、そして参院選勝利を最大命題とする鳩山政権が、果たして今国会での法案上程を強行できるのかどうか(会期は延長がなければ6月16日まで)。以前に比べればその可能性はやや薄まってきた感はあります。

 仮に、仮にですよ、幸運にも今国会での上程は見送られたとしましょう。が、そうなったらそうなったで、私は別のことが心配になります。
 それは、バーターで帰化要件が緩和され(国籍法の改悪や、法務大臣の自由裁量が緩くなるなど)、日本国籍取得のハードルがめちゃ低くなってしまったりしないだろうか?ということです。
 参政権反対派の政治家の中には、亀井金融担当大臣をはじめ、「参政権を望む外国人は帰化で対応を」と主張している人がかなりいますからね。


 上の方で「安易な帰化促進には重大な危険性が潜んでいる」例として元在日韓国人のお二人に登場していただきましたね。
 が、以前指摘したように、実際のところこの問題の焦点は、減少傾向にある在日韓国人よりも爆発的に増えている在日中国人に移りつつあります。

 中国人は日本人と比べると大変したたかで合理的、つまり損得で行動する人たちです。
 金美齢さんは、「中国人が帰化するとしても、多くは日本にロイヤリティを持たず、自分の利益のために過ぎない」と述べています。
 ノンフィクション作家の河添恵子さんも、中国系移民がオーストラリアやカナダなどで引き起こしている問題を論じる中で、「中国系、とりわけ一世の問題は新天地の国旗に忠誠を誓わないどころか、厚顔無恥に権利とメリットだけを貪欲に追求する」と述べています。

 帰化要件が緩和され、このようなメンタリティを持つ在日中国人の方々が一斉に帰化したら日本はどうなるでしょうか?私は想像しただけで恐ろしくなります。

 ま、でも、これはあくまで次の段階の話ですね。
 まずは参政権付与法案そのものを、何としても国会に上程させないようにしなければなりません。
 政局が今後どうあろうとも、これからも手綱を緩めることなく、皆さんとともに頑張っていきたいと思います。


 最後に、1/30付:長尾教授の勇気ある「撤回」 今一度考えたい参政権と国籍の重み宛てにいただいたコメントの中から、特に皆さんにお読みいただきたいと思ったものを転載させていただきます(コメント欄までは読んでないという方もたくさんいらっしゃると思うので)。
 この問題を考える一助としていただければ幸いです。

アメリカの永住権取得も年々厳しくなっていますが、市民権取得だって、そう簡単ではありません。永住権を取得して5年以上住民としての義務を果たしていて、犯罪歴の無く、その上でアメリカの歴史、社会常識に関する英語のテストと受けて合格して初めて宣誓式に出れるのです。そこではアメリカと国旗に忠誠を誓うことを要求されます。

日本の帰化が難しいって言ったって、それでも日本人になりたい、という人だから、ならせて上げるんですよ。当然の権利みたいに主張しないで欲しい。

Risshin | 2010/01/30 02:46 PM

都内在住ですが、私の近所でも中国人が増えてきてます。この間歯医者さんに行ったら予約もなしに中国人親子がいきなり満員状態の私たちの前に割り込まれました(汗)。特に緊急を要する状態でもなく単なるフツーの虫歯だったのですが、名前が中国名のままだった所を見ると、どうやって入国したんでしょうかね??

通訳捜査官だった坂東さんがおっしゃるには、最近、戸籍を買って正規入国する「なりすまし」の中国人が増えてきているのが一番懸念されるそうです。

そもそも在日韓国人がこんなこと言い続けなければこんなに大事にはならなかった訳で…。くっくりさんは本丸は中国人とおっしゃっていますが(私も同感ですが)やっぱり半島は災いの元だなあと感じています。

おれんじ | 2010/01/30 10:43 PM

これは以前、私がワンルームマンションに住んでいた時の話なのですが、隣の部屋に中国人が数人引っ越してきました。(そこは契約上は単身者のみの部屋だったのですが・・。)
その中国人達は、自分達の洗濯物干し(洗濯バサミがぶらさがっている長方形のもの)を、自分達の窓の前にではなく、こちらの窓の前にかけるようになりました。
洗濯物を干しているときも、何も干していないときも、ずっと私の部屋の窓の前に、隣の中国人の洗濯物干しがかかっているのです。
頭に来たので、その洗濯物干しをその人たちの窓のほうに移動させたのですが、数日後、シャワーを使い出したら、お湯が出ないでずっと冷たいまま。
ガス代も毎月払ってるしおかしいなと思ってガス屋さんに来てもらったところ、表にある我が家のガスの元栓が何者かに勝手に閉められていたのでした。(私はそんなところにガスの元栓があることすら知りませんでした。)
その後も、ドアポストに生ゴミや真黒に汚れたスポンジなどを放り込まれたりするようになり、悔しかったですが、それ以上かかわってもろくなことになりそうもないので引っ越すことにしました。

自分達の部屋の窓にではなく、隣の部屋の窓の前に自分達の洗濯物を干す神経、そしてそれを直されたら仕返しをする根性、本当に中国人って怖いです。

人権だの何だのと綺麗事オンリーのゆるいマスコミでは報じられないリアルな中国人体験です。

かな | 2010/01/30 11:01 PM

福岡も中、韓はやたら多い。中国人は本国での生活が大変なので、日本になるだけ居たいようです。本国では法律も情実に左右され、独裁政権の下選挙もやったことがないだろうし、彼等なりに真剣にやってることが、日本では様々な軋轢を引き起こす。台湾人の留学生は一まとめに中国人と誤解されるので、迷惑がっています。民主党支持の人達と話してみても、何も知らないので論議になりません。年金額を上げるとか非専業農家に金をばらまくとかが受けています。外国人参政権も含め、後は野となれ、山となれってとこです。

忠吾 | 2010/01/31 06:13 AM

中国は一人っ子政策ですよ。つまり中国人が移民してきたら、中国人一人につき二人の老親を連れてくることが考えられるのです。中国は、日本以上に高齢化が深刻で社会保障費も整備されていないので日本につれてくる可能性が大です。彼らを生活保護で面倒見るのでしょうか?そうしたら、日本の財政はどうなるのでしょうか?
スウェーデンは、移民が本国から両親、祖父母を連れてきてしまったために高齢者人口が増えてしまい悲鳴を上げています。
わが国でも「高齢化対策としての移民」という声が聞こえますが、移民自身も高齢化することに加え、本国から親を連れてくることを想定すれば、その論は間違いであることは明白です。というか既に「高齢化した外国人」によって社会保障費が増大し、財政難に陥っている自治体が既に存在しているのです。
高齢化問題が深刻であるからこそ、移民、特に中国人の移民は危険です。

ウミユリ | 2010/02/01 04:38 PM

多文化共生社会だの多民族共生社会だの綺麗ごとや理想論ばかり唱える人々は、実生活において外国人と接触しない人々であり、末端の苦労など知らないお花畑人間ばかりです。
東南アジアでは、昔から半世紀に一度の割合で中国人の虐殺が行われていますが、これは排外主義ではなく、不穏な動きをする中国人に対して、自分たちの生活圏を守るための防衛行動だといえるでしょう。つまり「郷に入っては、郷を破壊せよ」である中国人の特質が引き起こした結果なのです。
最近では、ソロモン、パブアニューギニアでも中国人の店の焼き討ちが起こっていますし、イタリアやルーマニアでは中国人が暴動を起こして軍隊が出動する騒ぎとなり、アフリカ各地でも中国人は問題を起こし、反中国人暴動が起こり、中国人地域は軍隊が護衛している場所もあるのです。
南アフリカでは、中国人が町ごと買取り、自治区のようなものを作り、地元と衝突を起こしています。
人類皆兄弟というのは、幻想です。性格も文化も思考回路も違うう民族は同じ場所で暮らせないからこそ、国境線を引いて棲み分け、生活圏を破壊しない異分子を内部に入れようとしたのではないのですか?

ウミユリ | 2010/02/01 04:53 PM

参考です。

アメリカ 仕事を奪うだけの低レベル移民に反対の声高まる、潮目来るか?
カナダ 中国移民がやりたい放題で都市の治安風紀が激悪化、移民規制の声強まる
フランス 失業問題や移民の暴動多発で国民は移民規制強化を要求
ドイツ 移民がコロニー化&やりたい放題でコントロール不能に、移民規制へ
イタリア 中国人等の移民のコロニー化が社会問題化、規制の機運高まる
スペイン アフリカ系・中国系移民の急増&失業問題で移民規制へ
ロシア 東欧・中国からの違法移民問題続発などもあり、規制続く
キルギスタン 中国人移民急増、雇用や産業の軋轢と中国依存への警戒で政治問題化
オーストラリア 中国政府誘導の大量移民で政治経済を掌握中、国が乗っ取られ中
ザンビア 中国からの援助と大量移民で経済搾取開始、国が乗っ取られ中
ガーナ 違法就労を発端に移民中国人への反発強まる、移民局が強権発動
南アフリカ 中国人移民が無法行為と産業掌握により現地と軋轢、社会の不安定要因に
ガボン 中国が巨額援助で政府懐柔しつつ年に万単位で中国人移住&資源搾取、現地で軋轢
アンゴラ・ナミビア・ジンバブエ だいたい同じ

モスクワから半年で6000人の外国人を駆逐!
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=33960
不法移民排除の法案可決で中南米社会に衝撃 米アリゾナ州
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200411081126211
オーストリアの移民排除法案、可決
http://matinoakari.net/news/na/item_39845.html
オランダ--亡命希望者を非合法化する政策が強化されている
スペイン--移民労働者の合法的入国を不可能にする政策
http://www.jrcl.net/frame1128f.html

イナバ | 2010/02/01 09:53 PM

http://www.youtube.com/watch?v=fzjRCvUMeZg&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=6hhIPmlrjz8

これは、外国人参政権を一部認めたスウェーデンの惨状です。ゲットーが作られ、警察が入ることすら困難な無法地帯ができ、暴動まで発生しました。小規模とはいえ、内戦に近い状況です。
同様の状況は、ドイツ、ギリシャ、スペイン、イタリア、ルーマニアで発生しており、わが国も時間者問題だと思います。

イナバ | 2010/02/02 02:56 PM


※お勧めリンク
【議員アンケート】「政治とカネ」小沢氏の対応不十分は75%、「外国人参政権」は民主内にも反対論(産経2/14)
 実名で反対を表明した民主党議員は、松原仁氏、柴橋正直氏、津川祥吾氏、長尾敬氏、向山好一氏。賛否を決めていないが「慎重な判断を」と回答したのは大西健介氏。こちらにアンケート結果の一部が掲載されています。
ジャックの談話室さん>移民問題:オランダの場合
 「現在、オランダは古くからのオランダ人社会と新しくやってきた移民社会に完全に分断されているの」「結局、あたしたちオランダ人が悪いのよ。移民を受け入れたのはあたしたちオランダ人なんだから。現在の事態を生み出したのはオランダ人自身なの。誰も責めることはできないのよ」

※拙ブログ関連エントリー
07/10/20付:「太田総理」外国人に地方選挙権をあげます
07/12/1付:外国人参政権と人権擁護法案がセットで来てます
08/1/26付:「ムーブ!」外国人選挙権は与党分裂の火種
08/2/19付:「たかじん委員会」韓国と外国人参政権と在日特権
09/5/16付:「TVタックル」外国人参政権と在日韓国人の本国参政権
09/9/24付:「アンカー」優先順位がおかしい鳩山政権&動き出してる外国人参政権
09/11/12付:「アンカー」外国人地方参政権と外国人住民基本法で日本侵食
10/1/16付:外国人地方参政権 真の脅威は中国
10/1/30付:長尾教授の勇気ある「撤回」 今一度考えたい参政権と国籍の重み

★外国人地方参政権付与法案を阻止しましょう。抗議・応援・要請先テンプレはこちら。
★選択的夫婦別姓法案もお忘れなく!こちらで署名用紙とチラシが配布されています。



・・・・・・・・その他今日気になったニュース・・・・・・・・

「JAPANデビュー」偏向番組訴訟 台湾統治でNHK側は争う姿勢(産経2/15)
 報道してるのは今のところ産経のみ?
北海道教組から民主・小林議員側へ1000万円超の裏金か 札幌地検が捜査(産経2/15)
 これも産経のみ?……と思ったら15日夕、捜索来ました。
シー・シェパード:メンバー1人が調査捕鯨船に侵入(毎日2/15)
 先週、液体入り瓶が投げ込まれ3人が怪我をしたばかり。


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328-2.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/637-cf0b852b

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索