ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

岡田外相が天皇陛下のお言葉について意見

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


 出遅れてしまいましたが、岡田克也外相が天皇陛下のお言葉について意見した問題について。

 これは10月23日午前の閣議後の閣僚懇談会で、岡田外相が国会開会式での天皇陛下のお言葉について「陛下の思いが少しは入った言葉がいただけるような工夫を考えてほしい」と述べ、宮内庁にお言葉の見直しの検討を求めたというものです。
 天皇陛下のお言葉をめぐり閣僚が意見をするのは異例とのことです(産経10/23 12:38)。
 国会開会式での天皇陛下のお言葉は、内閣で原案が作成され、閣議決定されます。
 26日に召集される臨時国会開会式のお言葉は、23日午前の閣議で承認されましたが(読売10/23 13:39)、これに関連して出たのが今回の岡田外相の発言なのでしょう。

 岡田外相はその後、記者団に対しても「大きな災害があった直後を除き、同じあいさつをいただいている。わざわざ国会に来ていただいているのだから(宮内庁には)よく考えてもらいたい」と述べたそうです。

 さらに同日夕の記者会見でも、「内閣の助言と承認のもとで本来工夫されるべきではないか。ある意味で官僚的対応になってしまっている。もう少し自由度があっていい」と強調したそうです(産経10/23 19:31)。

 ちなみに同じ岡田外相の記者会見、読売10/23 21:44によれば、「(内閣が)無難に対応しようという官僚的発想で同じ表現が続いている。(国会の開会式で)いつも私は気になっていた」と説明し、「同じあいさつの繰り返しは陛下に申し訳ない」と強調したとあります。
 ディテールは少し違ってますが、概ね産経と同じ趣旨ですね。

 
 私は法律的なことはよく分からないし、そのへんはたぶん他のブログさんがすでに掘り下げて下さっているだろうと思うから、私の方では直感というか、感覚的なアプローチで書いてみます。

 岡田外相の一連の発言を見て、私はかなりの違和感を覚えました。「突然何を言い出すんだろう、この人は?」と。
 っていうか、「どこからそんな発想が出てくるんだろう?」と、まず、根っこのところからよく理解できないというか。

 参考までに、最近の国会開会式での天皇陛下のお言葉を宮内庁HPから引用してみます。

【第171回国会開会式 平成21年1月5日(月)(国会議事堂)】

本日,第171回国会の開会式に臨み,全国民を代表する皆さんと一堂に会することは,私の深く喜びとするところであります。

国会が,永年にわたり,国民生活の安定と向上,世界の平和と繁栄のため,たゆみない努力を続けていることを,うれしく思います。

ここに,国会が,当面する内外の諸問題に対処するに当たり,国権の最高機関として,その使命を十分に果たし,国民の信託にこたえることを切に希望します。

【第172回国会開会式 平成21年9月18日(金)(国会議事堂)】

本日,第172回国会の開会式に臨み,衆議院議員総選挙による新議員を迎え,全国民を代表する皆さんと一堂に会することは,私の深く喜びとするところであります。

ここに,国会が,国権の最高機関として,当面する内外の諸問題に対処するに当たり,その使命を十分に果たし,国民の信託にこたえることを切に希望します。

 これらを見聞きして、たとえば国民の間で「国会開会式での天皇陛下のお言葉っていつも同じだよなぁ。ちょっとは変えればいいのに」てなふうに異論が出てるとか、それだったらまだ分からないでもないですよ。
 でも、そういう議論は、少なくとも私の知る限りにおいては全く聞いたことがありません。

 「ある意味で官僚的対応になってしまっている」という箇所も違和感があります。
 え?こんなところにまで民主党のスローガンである「脱官僚依存」を持ち込んでアピールしようとしてるの?と。もしそうだとしたら、まさに政治利用ですよね。
 また、「同じあいさつの繰り返しは陛下に申し訳ない」というのも、正直、大きなお世話って気がするし。


 岡田外相の発言、これは左右どちらから見てもアウトかそれに近いんじゃないの?と思って、いちおういろんな人のコメントをネットから拾ってみました。

ソースは以下のとおり。
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/091023/imp0910232215002-n1.htm
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091024ddm005010077000c.html
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091023-OYT1T01066.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091023/stt0910231847007-n1.htm
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091023AT3S2302H23102009.html
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091025/plc0910250129000-n3.htm


●民主党の西岡武夫参院議院運営委員長
 「天皇陛下の政治的中立を考えれば、お言葉のスタイルについて軽々に言うべきではない。極めて不適切だ」「開会式における陛下のお言葉について、私どもが政治的にあれこれ言うことは、あってはならない。信じがたい」
 (ちなみに、この批判に対して岡田外相は「天皇陛下の国会開会式にあたってのごあいさつというのは、国事行為ではないが、それに準ずる行為。一定の制約があるのは事実だが、制約があるということと、同じ言葉を繰り返すことは違う」と反論し、「具体的にこういうことを言うべきだと言ったわけではない。陛下のご意思として従来と同じように続けるというのなら、それは陛下の判断だ」と説明しています(産経10/23 19:31))

●宮内庁の羽毛田信吾長官
 「陛下の憲法上のお立場をふまえれば、毎回違うお言葉になるような性格のものではない」と述べ、国政の場での陛下のお言葉には一定の制約があるとの見解を示した。また「陛下の国会開会式でのお言葉は国事行為に準じた位置付けであり、閣議で決定される」と指摘し、一義的には内閣で議論すべきとの考えも示した。

●別の宮内庁幹部
 「憲法では、天皇は『国政に関する権能を有しない』と規定しており、政治そのものを扱う国会でのお言葉は慎重にも慎重であるべきと思う。中身が同じであっても、陛下は毎回気持ちを込めて読んでおられる」

●高崎経済大学の八木秀次教授(憲法)
 「岡田氏の発言を要約すると天皇陛下に『お言葉のあり方を考えてほしい』と言っているに等しい。陛下は政治的、党派的な発言をなさらぬよう心がけておられる。国会開会式も諸々の事情を踏まえてあのようなご発言になっている。岡田氏の発言はそうした事情を十分に斟酌(しんしやく)しない、非常に不遜(ふそん)な発言に思える」と指摘し、そのうえで「仮に岡田氏の発言を踏まえて陛下がお言葉を変更されたとしたら強い違和感を覚える」

●11月に開かれる天皇陛下の即位20年の奉祝行事にもかかわる団体の幹部
 「岡田氏の発言の真意がどこにあるか不明な点もある」としながらも、「岡田氏が誰に向かって発言したかが問題。岡田氏の発言は一閣僚の立場で許されるのかという印象もあるが、『政府がお言葉を作成する際に、陛下の思いをもっと踏まえて作成されるべきである』という意味ならば全く異論はない。政府への注文ならばむしろ歓迎する内容だ」

●社民党の福島党首(消費者相)
 「天皇陛下のお言葉は慎重に考えられるべきだ。政治利用が起きたらまずい」

●自民党の大島幹事長
 「政府が陛下のお言葉にものを申し上げるのは、憲法上も、政治論としても行き過ぎた発言だ。民主党のおごりを感じる」

●国会関係者の一人
 「内閣の助言と承認は、天皇の政治利用を防ぐことが目的だ。そもそも公的行為で天皇の思いを伝える必要はない」

●鳩山首相
 「岡田大臣がそのように考えたんだと思いますが、やはりこれは天皇陛下のおこころがどうであるかということはなかなか推し量れませんので、そこは申し上げることは少なくとも、わたしとしてはコメントすべきではないと思っています。従ってコメントしません」

 ――という感じで、岡田外相、やはり左右両方から批判されてしまってますね。それどころか民主党内で庇うコメントすらないようだし。
 ただ、意外と言っていいんでしょうか、「天皇陛下の即位20年の奉祝行事にもかかわる団体の幹部」は条件付きで理解を示してますね。


 私は別にこだわらないというか、国会でのお言葉の内容が毎回一緒であっても全くかまわないと思うんですけどね。
 これがたとえば民間の行事でのお言葉で、北海道に行かれても沖縄に行かれても同じ内容のことしか言われないとかだったら、また話は別ですが。

 そもそも国会でのお言葉と民間の行事でのお言葉とでは性質が違うわけで、国会でのお言葉が定型文のようになっても、それは別に普通のことというか、わざわざ問題にする方がおかしいのでは?と思います。

 要は「お気持ち」の問題でしょう。
 宮内庁幹部が述べたところの「中身が同じであっても、陛下は毎回気持ちを込めて読んでおられる」、ここに集約されているのではないでしょうか。
 逆に言えば、岡田外相は以前から「陛下のお言葉には気持ちが込められていない」とか思ってたんですか?と。

 天皇陛下が祭祀などを通じて私たち国民の幸福と安寧を日々祈られていることは、もはや周知の事実です。
 ですから、お言葉を発せられる場が国会であろうが民間の行事であろうが、そのひとつひとつのお言葉の中に陛下のお気持ちは十二分に込められていると受け止めるのが自然でしょう。

 つまりお言葉の内容がどうこうという「字面」の問題じゃなくて、もっと精神的なものなのです。
 国民のことをいつも思って下さっている陛下のお気持ちは、日々いろんな形で私たちのもとに伝わってきています。
 だからこそ私たちは陛下が発せられるどんなお言葉も、“自然に”“ありがたく”拝聴する気持ちになるのではないですか。
 だから国会でのお言葉がいつも同じ内容であっても何ら問題はないと、私は思うのです。


 それにしても、この問題、あまり大きく報道はされてませんね。
 テレビのニュースでも、岡田外相がこういう発言をしたという最低限の事実が伝えられただけですし、新聞も社説で取り上げたのは大手では産経だけ(25日現在)。
 
 民主党に不利なことはあまり報道されないっていうのは、ま、今に始まったことじゃないですけどね。
 これが自民党政権だったらマスコミももっと激しく批判、追及するでしょうし、下手したら発言した大臣だけでなく、首相の任命責任まで問われる事態に発展してもおかしくないのでは?

 私の気のせいかもしれませんが、鳩山首相も閣僚たちも、思ったことを端からポンポンと安易に口に出しすぎじゃないの?という気がします。
 単にオッチョコチョイが揃ってるのか、あるいは与党になった高揚感がまだ続いてるのか、理由はよく分かりませんが。
 あと、内閣支持率がまだまだ高水準をキープしてるっていうのもあるのかも。「今だったら何を言っても国民は怒らないだろう」なんて思い違いをしてたりしませんかね?


天皇陛下御即位二十年奉祝委員会
 国民こぞって御祝いいたしましょう。リンクバナーの配布もあります。
天皇陛下御即位二十年奉祝委員会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■10・27「日本解体法案」反対請願受付国民集会&デモ
詳細はこちらを。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

okirakubanner.jpg

「お気楽くっくり」更新済
 ノムさん、お疲れ様でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ


村山談話白紙撤回の署名にご協力ください。

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/589-95299cd0

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索