ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

【過去】めぐみさんへの手紙

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 クリス・シェリダン、パティ・キムご夫妻監督による映画 『めぐみ−引き裂かれた家族の30年』が11月25日に公開されました。

 まだご覧でない皆様、ぜひこの週末、お近くの劇場に足をお運び下さい。

※劇場により公開日が異なっています。来年公開の所もあります。
 詳細は公式サイトから劇場情報をご覧下さい。

 私もぜひ見に行きたいと思っているんですが、近くでやってないんですよね〜。これまでのように「仕事の合間に」というわけにはいかなさそうです。さてどうやって時間作ろう(T^T)


 今日は横田めぐみさん関連で2本の過去記事を紹介させていただきます。

 1本目は2000年4月11日付。6年半以上前ですね。
 「ぼやきくっくり」を書き始めたのは1999年6月ですが、横田めぐみさんについて初めて書いたのがこの日でした(たぶん)。
 産経など一部を除き、まだ日本のメディアが北朝鮮に対して完全に腰が引けてた頃ですね。私も朝鮮半島情勢には全く詳しくありませんでした(今もそんなに詳しくはないけど(^_^;)。

 2本目は昨年10月5日付。
 皆様ご存知でしょうが、10月5日は横田めぐみさんの誕生日です。


過去記事ここから___________________________________
 
 
00/4/11(火)歴史的会談と人は言うが…

 いや〜、昨日のニュースにはびっくりしました。
 ここんとこ、凶悪事件は立て続けに起こるわ、火山は噴火するわ、首相は倒れるわで、たいがいの事には驚かなくなっていたんだけど、さすがにこのニュースにはびっくり。
 それは、韓国と北朝鮮による初の首脳会談開催が決定したというニュースです。あんなに仲が悪かった(って北朝鮮と仲が悪くない国があるとは思えないが)両国が、ついに会談とな!

 韓国としては金大中大統領(関係ないけど、私の父ってこの人ソックリの風体)が選挙前に業績を作っておきたいって打算があるようだし、北朝鮮は経済がひどい状態になっていて飢餓も続いているので、やはり大規模な支援をもらうのが目的でしょう。

 朝鮮が南北に分かれて久しいけど、考えてみれば日本も分断されていてもおかしくなかったんですよね。太平洋戦争終結時、実際に日本を連合国各国で分断するという計画があったそうです。もし、本当にそうなっていたら、今の日本はどうなっていただろう?親戚や友人と離ればなれになってしまうなんて、考えただけでも悲しいですよね。
 その面から見ると、1日も早く両国が仲良くなって、統一されないまでもせめて自由に行き来ができるようになればいいな…と思うのが人情です。

 ただ北朝鮮という国は、これまでの経過を見る限りにおいてはそんな甘い考えの通用しない国です。昼ドラのように脈略のない展開を見せて、世界中を唖然とさせる出来事がいったいこれまで何度あったことでしょう。

 もしこの会談が思ったよりうまく運んだとしても、日本政府には浮き足だってほしくないですね。そう、何度も言うけど、北朝鮮には先に「拉致した日本人返せ!」です。話はそこからでしょう。

 拉致されたとされる横田めぐみさんは私と同い年です。彼女は13歳で拉致されました。生きていれば今35歳です。彼女のことを思うと、私はいつも胸がキュンと痛みます。
 私が学校に通ったり、クラブ活動したり、好きな男の子ができてドキドキしたり、恋が実ってデートしたり、はたまた失恋したり、バイトしたり、就職したり、転職したり、劇団やったり、バンドやったり、夫と出会って結婚したり、ハワイに新婚旅行に行ったりしている間、めぐみさんは北朝鮮で自由すら与えられずに過ごしてきたのです。
 いったいこれまでどんな暮らしをしてきて、そして今、どういう暮らしを強制されているのだろう…と想像すると、本当に胸が痛くなるのです。

 早く拉致された彼女たちが日本に帰って来れて、1日でも早く親族の方々と再会ができることを祈ります。


05/10/5(水)横田めぐみさんへの手紙

 めぐみさん、41才のお誕生日おめでとうございます。
 今日の日をどこでどのように迎えられたのでしょうか。

 あなたが北朝鮮に拉致されたのは13才の時でしたね。
 私はあなたと同い年です。私が両親をはじめ周りの人の愛情に支えられて過ごしたこの28年間、あなたはどんなふうに、どんな思いで過ごされてきたのでしょうか。それを考えるたび胸が締めつけられます。

 日本は平和な国だと言われています。国民の大多数もそう考えているようです。
 が、現実はどうでしょう。この数十年の間、北朝鮮の工作員がフリーパス状態で日本に侵入し、あなたをはじめ何百人もの国民をさらっていった。なのに日本政府は長年それを放置してきた。そして未だにあなた方を奪還できないでいる。
 これの一体どこが「平和な国」なんでしょうか。

 あなたのご両親はいまもあなたを助け出すための運動をされています。
 全国を回って国民に支援を訴えたり、アメリカ政府に協力を訴えに行ったり、本来なら日本政府がすべきことも先頭に立ってされています。いえ、せざるをえない状況なのです。おかしいですよね。

 一体「国」とは何なのでしょう。国民の生命を守り安全を図る義務があるはずの「国」が、北朝鮮の国家犯罪の被害者であるあなた方を未だ助け出せずにいる。
 ここ1年ほどは日本政府もあまり動きがなく、果たして本気で助け出す気があるんだろうか?と暗澹たる気持ちになります。

 北朝鮮があなたの遺骨だと言って出してきた遺骨が、全く別人の物だったということが判明したのが去年の12月です。
 その時は日本政府もとても怒っていて、細田官房長官は12月24日に「北朝鮮が迅速かつ誠意ある対応を取らなければ厳しい対応をとらざるを得ない」と発言しました。

 その後北朝鮮は誠意ある対応を見せるどころか、遺骨を偽物と鑑定した日本政府を非難、遺骨を返還しろと言ってくるだけでした。
 なのに日本政府はそんな北朝鮮に対して、現在まで「厳しい対応」は何もとっていません。

 あなたのご家族、他の被害者のご家族、皆さん口を揃えて「北朝鮮に対して経済制裁を発動してほしい」と日本政府に訴えています。世論調査によれば日本国民の大半もそれに賛成しています。
 なのに政府は動かない。「六カ国協議の兼ね合いがあるので、いまは制裁はできない」とか「日本単独の制裁では効果がない」というのがよく言われる理由です。
 でも、私はそういう次元の話ではないと思うのです。

 北朝鮮は、日本国民が怒っているのはよく知っていると思います。が、日本政府はさほど怒ってはいないようだとタカを括っているように見えるのです。
 「いくら日本国民が怒っていても、日本政府が怒ってなければこちらに実害は及ばない。恐るるに足らず」と考えているんじゃないでしょうか。

 この際、制裁の効果の有無はあまり関係がありません。
 ご家族の皆さんも仰っていますが、「日本は国民も政府もこんなに怒ってるんだぞ!被害者を早く返せ!」というメッセージを明確に示すための一番有効な手段、それが制裁発動だと私は思います。

 もっとも経済制裁に全く効果がないわけではありません。実際、北朝鮮の専門家の多くは、単独制裁でもそれなりに効果はある、特に万景峰号を止めたらかなりの効果がある、という意見です。

 それに六カ国協議は実質上もう破綻しています。この前の協議で初めて「合意」がされましたが、翌日には北朝鮮が「軽水炉を先に寄こさないと核放棄はしない」と言い出し、日本も他の国も「やっぱりな〜」てなもんです。

 近く日朝政府間協議が再開されるようで、私も期待はしたいのですが、果たして拉致問題の解決につながるかどうかは不透明です。
 本当に日本政府は何やってんでしょう。すぐそこにいるあなた方を奪還できない。国民の一人として歯がゆくてなりません。
 普通の国なら武力で脅すやり方もあるんでしょうが、日本は憲法9条の縛りがあって、それもできません(そもそも憲法9条なんてのが最初からなかったら、あなた方の拉致も起きていなかったはずなのです)。

 何だか後ろ向きな事ばかり書いてごめんなさい。でも明るい話題もあります。
 早ければこの10月中にも、あなた方に向けて短波ラジオ放送が始まります。
 あなたのお父様やお母様のメッセージも電波に乗ることと思います。聴取は難しい環境なのかもしれませんが、どうか、どうかあなたのお耳に届きますように。

 私たち国民はくじけません。あなた方を一人残らず奪還するまで決してあきらめません。
 ですからどうかその日まで希望を捨てず、元気でいて下さい。

 長文、失礼致しました。


過去記事ここまで___________________________________



※※※関連サイト紹介※※※


しおかぜ通信

 過去記事2本目で紹介した「短波ラジオ放送」、これこそが『しおかぜ』。
 『しおかぜ』は民間のカンパにより運営、制作されています。カンパ募集中(サポーターグッズ販売中)です。


拉致映画製作実行委員会

・サイトのタイトル部の動画より
この映画は、あくまで劇映画であり、ドキュメンタリー映画ではない。この映画の主題は、拉致問題を民族の「受難」として受け止める。したがって、映画の主役は、政府公認の16名とその家族だけではなく、政府未公認の特定失踪者480名余人とその家族を含む「群像」とする。この映画の目的は、この「民族の受難」をどうしても明らかにしたくない「闇の権力」が我が日本に隠然として存在していることを描ききることである。
(くっくり注:政府公認の拉致被害者は、松本京子さんが新たに認定されたため現在17名です)

 こちらもカンパ募集中です。
 バナーやリンクを貼って下さるブログさん、サイトさんも募集中です。
 私も遅ればせながら貼らせていただきました。

 10/24付拙エントリーにて、『めぐみ−引き裂かれた家族の30年』の試写会の話題が取り上げられた「ムーブ!」の内容をちょこっと紹介しましたが、宮崎哲弥氏のコメントが重かったですね。

 「『なぜ日本人が先に作れなかったか』という(観客の)感想があったが、これは私の偏見かもしれないが、日本のドキュメンタリー作家はサヨクが多い。この問題を取り上げなかったのは、イデオロギー的なものがあったとしか思えない


●横田めぐみさん関連の著書

「めぐみ、お母さんがきっと助けてあげる」横田早紀江(著)
「めぐみ〈前編〉」横田滋・横田早紀江(著)、本そういち(画)
「めぐみ〈後編〉」横田滋・横田早紀江(著)、本そういち(画)
「ブルーリボンの祈り」横田早紀江・斉藤真紀子・真保節子・牧野三恵(著)
横田めぐみは生きている—北朝鮮元工作員安明進が暴いた「日本人拉致」の陰謀
「新証言・拉致—横田めぐみを救出せよ!」安明進(原著, 翻訳)、太刀川 正樹(翻訳)


!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


★★★毒吐き@てっくさんが旧宮家復籍キャンペーンフラッシュ作成にあたり、カンパを募集されています★★★
かなり大規模な計画になりそうです。いろんな著名人が噛んでます。これ以上は企業秘密。まだまだカンパ募集中です!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/57-a33e0718

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索