ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

日本を守り抜きましょう

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 「もう秋やな……」。
 夫が冷蔵庫からキリンの「秋味」を取り出しながらポツリと言った。
 テレビでは麻生総裁の“敗北”インタビューが流れていた――。


 今これを書いてる時点でまだ全議席が確定したわけではないんですが、取り急ぎ新エントリーを起こしておきます。
 構成とか雑ですが、すみません<(_ _)>
 
 まずは、民主党支持の皆さん、おめでとうございます。
 自民党支持(≒民主党不支持)の皆さんは残念でした。

 皆さん、選挙結果についてはおっしゃりたいことが色々とおありだろうと思います。
 前エントリーのコメント欄がすでにヒートアップしかかってる気配ですが、できれば双方、なるだけ冷静にお願いしますね(^^ゞ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 私は選挙特番は主に関西テレビ(FNN系列)を見てました。

 で、政権交代が確実な情勢となった頃、鳩山さんの共同記者会見がありました。

 青山繁晴さんがそれについて感想を話されたんですが、開口一番「おかしな会見ですよね」と。「メディアの質問がおかしい」と。
 というのも、「これからこの国をどうするのかという理念を訊くべきところなのに、社民・国民との連立協議はどのようにするのか等の手続き論ばかり訊いている」。

 確かに。
 メディアも各政党、各候補者の国家観などはどうでもよくて、ただ「政権交代」の四文字しか考えてなかったんだろうと、今さらながらに思います。

 森田実さんは、民主党の「勝ちすぎ」を心配されてました。
 「勝ちすぎた場合、党内から『なぜ(少数の)社民、国民の話を聞かなきゃいけないのか』という声が必ず出てくる。トップの指導力が問われる事態になる」と。

 さらに森田さんは、「もし自民党がなくなってしまったら、日本は小沢さんの独裁になる。自民党は保守の原点に戻って立て直すべき」とも言われてました。

 それを受けて青山さんが、実例を出して、自民党内部からも以前から「公明党と組んで保守の票がなくなった」と批判の声が出ていたことを説明。

 私も自公連立については前から反対でしたし、保守の立て直しという意味では、自公連立が崩れたことは大変な朗報だと思います。

 ただ、自民党があまりにも負けたので、今後どうなってしまうのかが大変心配です。
 国民の多くも自民党がなくなってしまうことは望んではいないでしょう。多くの人が「二大政党制」を支持しており、今のところその受け皿は民主党と自民党しかないんですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 引き続き関西テレビの選挙特番より。
 普段は水曜日にやってる青山さんの“ニュースDEズバリ”、これの短縮版をやってました。
 キーワードは「すぐ国民参加」

 内容をうんと圧縮して紹介しますと――――

 民主党政権になって外交安全保障が心配であるとか、外国人地方参政権の問題とか、それらは必ず出てくるが、まず目の前の心配がある。
 それは経済政策。

【民主党の主な「経済対策」(マニフェストによる)】
 ・中小企業向けの減税
 ・最低賃金の引き上げ
 ・子ども手当
 ・高速道路の無料化

 民主党が最初から経済対策と言ってたのは、上2つ。子ども手当は教育分野、高速道路無料化は地方分権に関する話と言ってた。
 が、エコノミストその他からたくさん批判が出た。「経済を良くするためには成長してパイを増やさなきゃいけないが、民主党にはそれが全然ない」

 それで鳩山さんが「子ども手当、高速無料化で家計を潤して内需を振興する。成長戦略の一つなんだ」と(選挙戦の)後半、言うようになった。
 が、失業率が高いのは30代半ばまでの若者。結婚できない若者たちに子ども手当を出すのが経済対策になるのか?

 自公の政策の失敗、これからは民主党が具体的にどうにかしなきゃいけない。

 その時に大事なのは、若い世代が新しい成長分野の仕事をできることだけが、むしろ成熟した先進国の生き残り。子ども手当は噛み合わない。
 高速道路の無料化も、渋滞で排気ガスが増える。新しい分野の仕事=環境技術。無料化は排気ガスの少ない車を造ってからの話。

 民主党がどうやってこの不況を克服するのかがわからない。

 ネクストキャビネットの財務大臣・金融担当大臣の人選については、民主党内でも異論がある。
 藤井裕久さん(引退が決まってたのに公示前に突然比例で出た。元大蔵官僚で元大蔵大臣)が浮上しそうだが、この人は小沢さんの側近中の側近。
 若手を起用したり、鳩山さんの側近を起用できず、小沢さんに頼むのか?となる。

【鳩山新首相の分岐点】
 (1)大勢力をもって強引な政権運営をするのか(小沢の力も使って)
 (2)広く開かれた政権運営をするのか(新人が多いから、自民や民間から引き抜いてでも)

 問題になるのは鳩山さんと小沢さんの関係だが、それは永田町の中の話。
 大事なことは、組閣までにあと半月ある。
 冒頭で「すぐに国民参加」と言ったのは、普通、総選挙が終わって新しい政権ができそうになったらもうお任せだが、そうじゃなく「(1)と(2)、どっちにするんですか?」ということを国民が考えて声を挙げていくこと。

 投票して終わりじゃなく、「民意」で政権交代が実現した以上は、有権者の側も責任を持って声を挙げていくこと。

 ――――だいたいこんな感じでした。

 森田さんは、「青山さんの言う通りで、民主党には経済をどう立て直すかという基本的理念がない」と言ってました。

 本当に「投票したから、あとはよろしく」で終わるんじゃなくて、私たち国民は選挙後だからこそ動かないといけませんよね。

 自公政権時代も、何かちょっと変な動きを見つけたら、私たちネット住民はすぐさま「どういうことやねん!?」ってメールを、政党その他関係各所に送ってきましたよね。
 民主政権になっても、いや、民主政権になるからこそ、私たちはよりいっそう厳しいチェックを施すべきだと思います。

 新政権に関しては、今度の水曜日の「アンカー」で青山さんからまた解説があると思いますので、それを待ちましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 それにしても、ある程度は予想していたこととは言え、やはり衝撃ですね。

 だって、党大会に国旗すら掲げない政党が日本の政権を取ってしまったのですから。
 いや、国旗を揚げないどころか、国旗を切り貼りした党旗を掲げ、その画像を平然と党のHPに載せていた政党が、今後日本の舵取りをすることになったのですから。

 終戦の日に書いたエントリー(8/16付:64年目の夏に読む青山さんの新刊&うじき氏親子の「戦争」)で、産経新聞の読者投稿欄(8/12付)に掲載された岡山県在住の山崎さんという76歳の男性の投稿を紹介しましたが、皆さん覚えておられますか?

 山崎さんが終戦を迎えて数日後、学校で英語教諭に言われた、

 「これから先、どんな時世になろうとも、大和魂、大和心だけは決して捨てるな。それをなくしたら、日本は、日本民族は滅びるぞ。戦争に負けたくらいでへこたれるな」

 という言葉、これが今も山崎さんの心に強く印象に残っているというお話でした。

 戦後、「大和魂」「大和心」が薄れ、少しずつ滅びの道を歩んできた日本と日本民族。
 その滅びの歩みが、民主党が政権を取ることに決まった今日(8/30)を境に一気に加速してしまうのではないかと、私は大変危惧しています。

 鳩山さんが街頭演説でよく言ってた「何年後かに『8月30日を境に日本の政治が変わったね』と理解される日が必ず来る」という言葉。
 あるいは「政権交代でしか実現できない日本がある」というキャッチフレーズ。
 私はこれらを聞く度に、すごく違和感を覚えていました。

 だって、日本人(日本を愛する日本人)にとって良い方向に変わればいいけど、民主党のベクトルは必ずしもそっちには向いてないでしょう?
 人権救済機関の設立、外国人参政権付与、自称元慰安婦への賠償……、外国人が住みやすく日本人が住みにくい、そんな国に変わってしまったりしませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 自民党の保守の人、たくさん落選してしまったみたいですね。中川昭一さんのような大物でさえも。
 あと、私が秘かに応援していた西村眞悟さんも駄目でした(比例で「改革クラブ」と書く手もあったんですが、今回は見送ってしまいました)。

 民主党にも保守の人はいるので(我が大阪2区で当選した萩原さんもまぁまぁ保守)、彼らに希望をつなぐしかないのかなあ。
 あとは平沼さんとか城内さんとか、無所属の保守の人たち。

 ちなみに、西村眞悟さんが「正論」8月号に寄稿した【不作為に堕した国防における「現実主義」】のタイトル部分にはこう書かれています。

 「自国民を拉致され、核とミサイルの恫喝を受けながら、戦後体制を疑わぬ人たちが観ているのは何か。不可能なことを可能にしようという意思がなければ、可能なものも可能にならない」

 そして論文の最後はこう締めくくられています。

 「日本の勝利は不可能と世界が思った日露戦争を戦い抜いて、世界に感銘を与えたのが津々浦々の日本国民であったように、これからも天皇と共にある津々浦々の日本国民が日本を守り抜くことを信じている」

 私は、人も国も逆境にあってこそ底力を発揮すると思っています。だから希望は捨てません。
 先人が血の滲む思いで守ってきて下さったこの美しい日本を、私たちひとりひとりの国民の手で今後も守り抜いていく決意をしましょう。
 8・30をその新たなる決意の日としましょう。


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

megumi080328-1.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。
コピーフリーです。世界に広めましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/569-f278df20

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索