ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

自民党マニフェスト発表&民主党はマニフェストに本音を書け

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 前回のエントリーで、ハッティ(民主党の鳩山代表)が7月29日に「この間出したのは政権政策集で、正式なマニフェストではない」と言い出し( ゚д゚)ポカーンって話を書きましたが、31日になって岡田幹事長がハッティの発言を「訂正」したそうです。

 曰く「正式なマニフェストだ。ただ、最終版ではない」時事7/31)。
 ハッティも最初からそう言えばよかったのにね(^_^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ちなみに民主党のマニフェストについては、与党だけでなく身内から、つまり民主党内からも批判が出てるんですね。
 産経8/1によれば、それは民主党現役都議の土屋敬之氏。
 土屋都議の日記はこちらなんですが、報道されてるのは7月31日分ですね。

産経ニュースによれば、我が民主党のマニフェストに、党の「重要な政策が意図的に脱落されている」

理由は簡単。そんな政策を掲げて選挙をやれば、民主は「第二社会党」だと批判を受けるからだ。
そもそも、この政策集、手続き的には問題がないのだろうが、実態は「サヨク丸出し」。そんな政策を作ること自体、「問題がある」

私が都議会で男女共同参画を問題にした時、ある議員が「それは党で決まっていることで、反対するなら除名になる」と言って来た。
一体、いつから、この政党中央集制政党になり、全体主義政党になったのか。

私は、このような「政策」に断固反対である。
ハッキリ言って、日本を滅ぼす。

しかし、政権交代を争う選挙と言うのなら、こんなつまらぬ政策は止めるか、正直にマニフェストに書くべきだろう。

そもそも、これらを脱落させたのは、到底書いたら、国民の支持を得られないと判断したからだ。それなら、間違った政策は止めたらいい。ところが、左派がそれは許さない。

そこで、「ねこだまし」で、国民に正確な政権構想を「知らせない」ことにしたのだ。こんな「姑息なことはない」これは、民主党所属議員として、党員としてハッキリ言わせてもらう。

嘘で政権交代をして、輿石参議員議員会長のように「教員の政治的中立はありえない」そこに出ていた何とかと言う議員も「金は出すが、口は出さない」などと、驚天動地の発言。

これが本心なら、学校は大変なことになる。と、言うより、日本が滅びる。

政党たるもの、議員たるもの、自分の政策は正直に国民に示して選挙を行うべきではないか。

多くの国民は、保守改革の政党を期待している。
夫婦別姓、ジェンダーフリー、国旗、国歌反対など時代遅れで、家庭崩壊を助長する、ばかげた政策は支持していない。

このマニフェストをつくった責任者は誰か知らないが、国民の高い支持率を悪用して、「本心」を書かないとは、政治家として、政党職員として、それよりも人間としての良心の問題である。

以下、産経の記事を掲載するので、熟読され、知人友人に転送をお願いしたい。

私は、民主党に所属をしているが、間違っているものは間違っていると言うことにしている。民主主義における議員とはそう言うものだ。私は、投票する機械ではない。アメリカの議員を見習えと言いたい!
私は、本当に怒っている。
こんな手法、恥ずかしくないのか!!!


(以下略。産経7/27の一部転載)

 めちゃ正論!しかも輿石東を名指しで批判!
 (輿石や日教組については土屋都議は別の日にも批判してます)

 すごい!……っていうか、ここまで言って大丈夫?ちょっと心配。
 地方議員だから大丈夫なのかな?しかも都議選終わったばかりですしね。だけどこれが国会議員だったらきっとタダじゃ済まないですよね。

 土屋都議のサイトのトップページを見ますとチベット問題や拉致問題のバナーを貼ってあったり、あとWikipediaを見てもかなり保守な人というのが分かります。

 民主党にも少数ながらこういう人がいるんですよね。地方議員だけでなく国会議員にもね。
 ただ、民主党の政策に直接影響を及ぼすまでの勢力にはなってないし、今後もそうなることは難しいでしょう。党内に旧社会党出身の「職業左翼」を抱えている限り。

 あと、産経8/1に山谷えり子さんのインタビューが載ってたんですが、日教組についても色々と語られてますので紹介しておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて、7月31日に自民党のマニフェストが出ましたが、私はかなり不満です。いや、マニフェストの内容が不満なんじゃなくて、マスコミの扱いが不満なんです。

 さっそくテレビは「各党マニフェスト比較」ってんで、主に自民党と民主党、この二大政党の違いを分かりやすく表にしたりして、で、政治評論家の解説とかも付けたりしてたんですが、各番組ともなぜかそこには「外交・安全保障」の項目がない。

 これを争点にしたら民主党が不利になると分かってるから控えてるんでしょうか?

 もちろん雇用や年金や医療や教育も大事ですよ。それは分かります。
 (ただ、教育に関しては今回は手当のバラマキしか注目されてませんが)
 
 うちだって夫の給与がこの春から約5%下がったし、3年間ほど行ってた出向先がこの7月末で契約終了となってまだ次の出向先が決まってません。次のが決まるまでしばらく本社に缶詰になるそうで、そうなると実質的に「窓際族」のような扱いを受けるため、夫は現在非常に荒れてます(T^T)

 私の方も外注のチラシ入力の仕事が年々減っており、外注仲間の皆さん、「これじゃ食べていけない」と次々バイトなど副業を始めてる状態です(私もそろそろ本気で考えないと……)。

 こんな状況であっても、外交・安保に関わることはやっぱり譲れないんですよ。国が滅びたら年金だの何だのどころじゃなくなるんですから。夫もそこは私と意見がガッチリ噛み合ってます。

 7/29放送「アンカー」で青山繁晴さんが米中接近の話題に絡めて、「他の国だと選挙やってる時にこうやってアメリカと中国が急にくっついたりすると、これがすぐ争点になって、これをどうするのかっていうのを必ず与野党の政治家は発言しなきゃいけなくなって、それが選挙の争点になる」と言っておられましたが、ほんと、本来はそうあるべきなんですよ。

 何で日本の有権者はあまり外交・安保に関心を寄せないんでしょうか?

 北朝鮮の拉致・核・ミサイル、中国の軍拡や東シナ海ガス田問題、日本を取り巻く状況は年々厳しさを増しています。なのに、なぜこれらが全く争点に上がってこないのか、私は不思議でしょうがありません。

 このへんあまり報道しないマスコミにももちろん原因はあるでしょう。
 ですが、思い出してみて下さい。今年の春、北朝鮮がテポドン2号改良型ミサイルの発射実験をやった時、「日本のマスコミは騒ぎすぎじゃないか。北朝鮮はほくそ笑んでるんじゃないか」と評論家に批判されるほど、マスコミは大騒ぎしたじゃないですか。

 その時は日本国民の多くもマスコミに釣られて、「北朝鮮は怖い」「北朝鮮は許せない」「もしミサイルが日本に落ちたらどうするの?」とか色々考えたはずなんです。なのにそれも1週間も経てば「喉元過ぎれば……」で忘れてしまった。平和ボケにもほどがある。

 ともかく私が言いたいのは、自民党と民主党がそれぞれマニフェストで外交・安保についてどう記述しているのか、その部分をマスコミは有権者にちゃんと伝える責務があるのではないですか?ということです。
 自民党と民主党の違いは色々ありますが、最も顕著な違いは外交・安保なんですから。

 たとえば、海上自衛隊によるインド洋での給油活動に関して、民主党が新テロ対策特別措置法の期限が切れる来年1月で海自を撤退させる方針であることは広く報道されましたが、民主党はなぜかこれを追加マニフェストには記載しないというのです(共同7/31)。

 給油活動の賛否については世論もけっこう分かれてますし、民主党内にも給油継続派はいます。政権を取ったとして、その後の展開によってはもしかしたら早期撤退は無理って事態に陥るかもしれない。
 要するに「選択の余地」を残しておきたい。だから民主党はそれをマニフェストに書くのはやめることにした……って匂いを感じるのは私だけでしょうか?

 もし仮にそうだとしたら、土屋都議じゃないですが、「政党たるもの、議員たるもの、自分の政策は正直に国民に示して選挙を行うべきではないか」と言いたくなります。

 こういった懸念があるから、なおさら私はマスコミの姿勢が気になるのです。
 「有権者の皆さん、各党の違いをきちんと見て投票しましょうね」とか表向きは立派なことを言っておきながら、外交・安保の違いについてほとんど伝えようとしないマスコミっていうのは、はっきり言って詐欺に近いんじゃないだろうか?

 ただ、外交・安保の違いについてマスコミが伝えたとしても、有権者がそれを争点の一つと考えてくれるかどうかは、やはり疑問が残るんですけどね。
 個人的な印象ですが、とにかくバラマキとか目先のことにごまかされてる人がすごく多いような気がします。

 今度の総選挙は、日本の将来が大きく変わる可能性のある大事な選挙なんですから、ほんとに冷静に考えてほしいと思いますわ。
 麻生総理がマニフェスト発表の記者会見で言ってたように、じっくりと「この8月を、日本を考える1か月に」してほしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 と、ここまで書いて、自民党のマニフェストの中身についてまだ全く触れてないことに気付きました(^^ゞ

 自民党のサイトにマニフェストがUPされています。
 先日書いた通り、民主党のマニフェストは私のパソコンが古すぎるせいで見ることができないんですが、今回、自民党の方は何とか見ることができました!(≧∇≦)

 他の項目については新聞・テレビでさんざんやってるから、ここでは外交・安保のみピックアップします。
 画像は自民党マニフェストの「政策BANK」(要約版ではない方)より。赤い線は私が引きました。

090801jiminmani1.gif

090801jiminmani2-1.gif

090801jiminmani2-2.gif

090801jiminmani3.gif


 まず、「おっ」と思ったのは以下の箇所です。

 「自衛官の処遇等を改善するとともに自衛官が敬意と感謝の念を持たれるよう努める」

 軍人(自衛隊は憲法上「軍」ではないですが)が尊敬されない国なんて、世界のどこを探しても日本以外ないんじゃないですか。自民党が頑張ったところで反日マスコミが存在する限り、自衛官のイメージアップは一筋縄ではいかないでしょうが、とにかく自民党のこの心意気は買いたいと思います。
 ただ、それと同時に、「だったら何で田母神さんを一方的にクビにしたのよ」という割り切れない思いがあるのも書き添えておきます。

 「北朝鮮の弾道ミサイルから日本国民の安全を守るため、同盟国である米国に向かう弾道ミサイルの迎撃や弾道ミサイル防衛で連携する米国艦艇の防護などが可能となるよう、必要な安全保障上の手当てを行う」

 日本にとって北朝鮮が脅威であることを示した上で、集団的自衛権の行使に関する憲法解釈の変更検討に踏み込んだ形です。
 ただ、ここまで言うんならば、実質「解釈変えますよ」って言ってるのと同じでは?すぱっと言ってくれた方がすっきりしたんじゃないでしょうか。

 「国家の威信をかけ拉致被害者全員の帰国を実現する」

 「国の威信をかけ」という言葉に覚悟を感じました。
 ちなみに民主党は拉致問題についてどう書いてるかというと、さっき言ったように私はマニフェストを見ることができないので新聞から要旨を引っ張ってきますと、「北朝鮮による核兵器やミサイルの開発を止めさせ、拉致問題の解決に全力を挙げる」――。
 「解決」の中身がよう分からん。自民党の言うように「全員の帰国」を目指すのか、あるいはどこかで手打ちにするのか。このへんはっきりしてほしいと思いました。

 あと、領土問題については自民党のマニフェストでは「資源・エネルギー」のところに入れられてるんですが、こう記述されています。

 「わが国固有の領土であるにもかかわらず現在、不法に占拠されたままである北方領土と竹島の問題の平和的解決に向けて、今後とも、強い意志をもって粘り強い交渉を行う。また尖閣諸島には、領土問題は存在しないものの東シナ海問題が存在するため、今後とも毅然とした姿勢で対処し、東シナ海を「真の友好の海」とすることに努める」

 「わが国固有の領土であるにもかかわらず現在、不法に占拠されたままである北方領土と竹島」「また尖閣諸島には、領土問題は存在しないものの」という表現は良いと思うんですが、対応策として「粘り強い交渉」「毅然とした姿勢」といった曖昧なことしか書かれてないのが残念。
 ま、具体的なことにまではなかなか踏み込めないんでしょうが、たとえば竹島については「国際司法裁判所で決着を付けるよう韓国政府に働きかける」とか、ある程度の踏み込みはほしかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 最後に、やや余談になりますが――。

 産経8/1が自民・民主マニフェストに対する有名人の格付け評価を掲載してるんですが、弘兼憲史氏が自民党をべた褒めしてたので驚きました。

 「マニフェストが出るまでは選挙で民主が圧勝するという感じだったが、自民は現実的で必要なところに手当てした政策が並び、民主は財源が不明瞭でアラが見えた」ということで、4つ星と高得点の自民に対し民主は2つ星半と自民に軍配を上げたと。

 おろ?この人、確か小沢一郎氏のファンじゃなかったっけ?
 少なくとも『加治隆介の議』(昨年のキムタク主演のドラマ『CHANGE』に若干似ている)を描いてた頃はそうでした。
 でもこれってだいぶ前の作品だから(1991年~98年連載)、それ以降の小沢氏の言動を見て考えが変わったとしても不思議はない?

 試しに検索してみたら、弘兼憲史氏による小沢氏(民主党)批判をいくつか発見しました。

 「民主党の小沢一郎代表が政局好きというのがはっきり分かった。すべて否定から入る社会党のようだ。国会を長引かすだけで意味がない」08年6月11日の参院本会議で福田康夫首相に対する問責決議を野党の賛成多数で可決したことについて

 「公設第1秘書が起訴された後、世論の様子をうかがっていたのだろうが、もう少し早く辞めた方がよかった」09年5月11日の小沢代表辞任について

 『09年5月27日の党首討論で、麻生首相80点、鳩山代表20点と採点』(読売5/28付。こちらのブログさん他、ネット上にて言及多数)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★★★★★★拙ブログ民主党関連エントリー(降順)★★★★★★

<民主党全般>
7/28付:民主党がマニフェストを発表したわけですが
6/29付:“民主政権”への100の不安 「WiLL」より
6/16付:郵便不正事件 民主党国会議員関与でメディアに温度差
6/9付:民主党のバナー作りました
6/6付:鳩山由紀夫 変節まとめ(付:替え歌「傀儡ハッティ」)

<日教組>
7/5付:民主政権は“日教組政権”だ 「WiLL」より
08/10/25付:日教組とズブズブの民主党に政権は託せない
08/10/13付:「たかじん委員会」教育問題と日教組
08/7/22付:再録「報道特集」日教組徹底研究

<外国人参政権>
5/16付:「TVタックル」外国人参政権と在日韓国人の本国参政権
08/2/19付:「たかじん委員会」韓国と外国人参政権と在日特権
07/12/1付:外国人参政権と人権擁護法案がセットで来てます
07/10/20付:「太田総理」外国人に地方選挙権をあげます

<自治労>
07/6/12付:「たかじん委員会」年金問題と自治労、麻生太郎

<おまけ:麻生政権関連エントリー>
5/12付:「危機をチャンスに変えろ」(後編) 予算編成の舞台裏
4/25付:「危機をチャンスに変えろ」(前編) G20サミットの舞台裏
4/18付:麻生さん講演【中東和平】平和と繁栄の回廊

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お気楽くっくり」更新済
 ドラマ「官僚たちの夏」はどこまで事実?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

NHKスペシャル「アジアの“一等国”」偏向報道問題
国民の受信料で作られた反日洗脳番組に抗議を!


この問題の詳細は以下のサイトを。抗議OFFのお知らせなども。
台湾は日本の生命線!
NHKスペシャル 「アジアの“一等国”」偏向報道問題まとめWiki
 ……………………………………………………………………
NHK「日本の、これから」ご意見・出演者募集中!
8月15日放送予定。テーマは「核」。


村山談話白紙撤回の署名にご協力ください。

megumi080328-4.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。
コピーフリーです。世界に広めましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/559-b13d0f85

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索