ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

10周年です。ありがとうございます。

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 「ぼやきくっくり」は10年前の今日、1999年6月23日にスタートしました。
 おかげさまで10周年を迎えることができました。

 飽きっぽい上にムラッ気のある私がここまで続けてこられたのも、ひとえに読者皆様のご声援のおかげです。
 厚く、厚く御礼申し上げます<(_ _)>

090623-1kurituu.jpeg

【画像は「くっくり通信」トップページ。以下、文中に「ぼやきくっくり」の過去のデザイン画像を挟みましたのでお楽しみ下さい。一番下の画像のみ「お気楽くっくり」です】
 
 「ぼやきくっくり」はもともと「くっくり通信」という、人材派遣と在宅ワークをテーマとした情報サイト内の1コーナーとしてスタートしました。
 (「くっくり通信」は2007年9月をもって閉鎖)

 しかも当初は現在のようなスタイルではなく、数年間は「お気楽くっくり」っぽい軽めのネタや日常を綴ったものが主流でした。
 アクセス数も1日平均200程度だったと思います。

 ちなみに記念すべき第1回目は宇多田ヒカルさんの話でした。
 もうどーしようもない駄文。文体もキモイし。
 ……あっ、そこのあなた、過去ログをめくらないように!(^_^;
 (ま、わかりにくい所にあるから大丈夫かな)

 それが、ある時期からテーマがだんだんと政治や外交の方に移っていったわけです。
 確か「つくる会」の教科書が出てきて揉めてた時期だったから、2001年頃でしょうか。

 「くっくりさんって右翼だったんですね」などと言われて、それまでのご贔屓さんがずいぶん去っていきました。
 が、捨てる神あれば拾う神ありで、入れ替わりに新しい読者さんが急増。
 2005年にブログ化した直後には1日平均1万アクセス前後。
 ありがたいことに、拾って下さる神様の方が圧倒的に多かったのです。

 一番アクセスが多かったのは2006年の前半頃ですかね。
 毎日2万前後ありましたし、人気ランキングでは最高2位まで行ったことがあります(今は40位前後?)。
 まぁ、あの頃は今と違ってマメに更新してましたからね(^^ゞ

 で、長いこと政治や外交のニュース論評的なものを主にやってましたが、やがて同種のブログさんが爆発的に増えて希少価値がなくなってきたのと、私自身もいささかニュースの追っかけに飽きたというか疲れてきたので、だんだんとテレビ番組の内容紹介や文字起こしが増えていきました。
 あとは「外国人から見た日本と日本人」シリーズのような読み物、まとめ系ですね。

 また、昔はほぼ毎日更新してたんですが、2006年秋にちょっとわが家で緊急事態が発生しまして、一時お休みさせていただくこととなりました。
 ……って、1週間待たずに復帰したんですけどね(^_^;
 もっとも、しばらくの間は過去記事の再UPでしのがせてもらってました。

 で、2006年の年末にはまた新しい記事をUPさせていただくようになったのですが、もはや「ほぼ毎日更新」の体には戻れず(笑)、以降は週3回程度の更新でやらせてもらってきました。

 が、それもだんだんとしんどくなってきて、さて、これからどうしようかなーと。

090623-2kakoboya1.jpeg

 というのも、私はもともと遅考な上に、ものすごく遅筆なんです。
 ふだんアバウトなわりに変なとこで凝り性なので、それも災いしてるのかもしれません。

 たとえば「アンカー」の起こしは完成までに毎回6~7時間かかってるんですが、まぁこれは仕方ないというか、誰がやってもある程度の時間はかかってしまうと思うんですよ。

 問題は、起こし以外のニュース論評的な記事です。
 起こしに比べればうんと文字数は少ないのに、もっと時間がかかってしまうケースが多々あるんです。

 皆さんから見ると、もしかしたらさらっと書いてるように見えるような記事でも、実はすごく産みの苦しみを味わっていたり…。
 10行程度の文章がうまくまとめられず、何度も推敲することもあります。

 そうこうしてるうちにUPのタイミングを逃してしまい、お蔵入りになってしまうパターンも少なくありません(ブログ化する前のhtml時代は、そういうお蔵入りネタを年末に一気に公開してました)。


 遅考・遅筆は他にも様々な弊害をもたらします。

 たとえば、拙ブログに宛てて、読者様からよく「この問題を取り上げて下さい」といったご要望のコメントやメールをいただくんです。
 その全てにお応えしたいのはやまやまなのですが、物理的に無理ですから、自分の中で優先順位をつけて、「これは」と思ったものを優先的に取り上げることになります。

 が、取り上げることができなかった案件について、後々その要望を寄せて下さった方から、たまに“恨み節”が聞こえてきたりするんですね。
 私がもう1人いれば、あるいは1日が30時間ぐらいあれば…と、よく思ったものです。

 あるいは、ブログで取り上げるには取り上げたものの、ちょっと時期が遅れてしまった案件があったんです(仕事が忙しい時期でしばらく置いてあったのと、全く知らない話だったのでネットで少しずつ調べていた)。
 その時もご本人に「今さら何ですか」的なお言葉を頂戴してしまいました。

 私は何のために、誰のためにブログをやってるんだろう?別に見返りを求めてやってるわけじゃないけど、こういう返しが来るとキツイなぁ…と、その時は正直かなり落ち込みました。

090623-3kakoboya2.jpeg

 話を戻して、「さて、これからどうしようかなー」の話です。

 実はここ1年ほどは、10周年を一区切りとして考えてきました。

 掲示板(ブログ)荒らしが来たり、脅迫めいたメールやコメントが来たり、わけわからんメルマガに大量にメルアド登録されたり、不正アクセスされたり(警察に相談も証拠不充分で立件には至らず)、それからさっき書いたような“恨み節”があったり、この10年間ほんとにいろいろあって、「やめよう」と思ったことも一度や二度ではありません。

 が、その度、「今回だけ我慢しよう。今度また何かあったらその時はやめよう」ということで、延ばし延ばし何とかここまで来ました。


 他に、「更新頻度をもっと減らして楽したい」と思うことも多々ありました。

 これ、ブログを運営されていて、なおかつ定期的に更新されている方なら分かって下さると思うんですが、「更新」がプレッシャーになることってよくあるんですよね。
 特に毎日更新されてる方なんか大変だと思います。「わー、どうしよう、今日は何もネタないぞ!何かないか?ないか?」って焦られること、すごく多いんじゃないでしょうか。

 私もそういうプレッシャーをここ何年かずっと感じていて、物理的にもそうですが精神的にも追い込まれることが度々ありました。
 なので、暇を見ながら時節にとらわれないネタをできるだけストックするようにするようになったんですが(「外国人から見た日本と日本人」シリーズはその最たるもの)、それも限界ありますしね。

 ま、いろんな悩みを抱えながらも、とにかく10周年までは何とか頑張ろう、週3ペースは崩さずにやって、そこから先は、またその時になってから考えようということで来たわけです。

090623-4kakoboya3.jpeg

 そして、ようやくです。

 ようやくその10周年を迎えることができましたので、勝手ながら、今後はほんとにマイペースでやらせてもらおうと思っています。

 とは言うものの、実は私自身、自分の「ペース」が読めません。

 週に一度の「アンカー」起こしは今後も続けるつもりでいますが、それ以外はその週、全く更新しないことも出てくるかもしれません。
 逆に書きたいことや書くべきことが連日出てきたら、時間の許す限り立て続けに、たとえば1週間連続更新みたいなことも起きるかもしれません。…って、いくら何でもそれはないか?

 (忘れないうちに書いておきますと、6/20(土)にUPした【アンケート】臓器移植法改正4案 どれに賛成?の結果と全コメントまとめは、締切後直ちにUPする予定にしていますので、ご安心下さい!)

090623-5kakoboya4.jpeg

 ただ、ご要望については、もう無理にお応えしようとするのはやめます。

 何の知識もないゼロのところからネットや本で調べて、文章をまとめて、人様に問題提起をしていくようなレベルに持っていくのは、正直めちゃくちゃハードなんです。
 自分で「何だろうこれは?」と思って自発的に調べて、まとめて、それで問題提起する、そういう方向でなら今後もやっていけると思いますが。

 なので、「是非この問題を取り上げて下さい」的なご要望は、申し訳ありませんが、できれば今後は活発に活動されている他のブログさんにお願いなさって下さい<(_ _)>

 あ、もちろん「ヒント」は拒絶いたしません。
 「こういう問題があるみたいだけど、くっくりさん、知ってた?」という感じのものであれば大歓迎です。

 世の中、まだまだ私の知らない問題の方が圧倒的に多いわけですし、私だってニュースを隅々までチェックしてるわけではないので、情報を下さる皆様の存在はすごくありがたいのです(勝手かもしれませんが…)。

 あと、今後は個人的にはニュース性の記事よりは、読み物系のものを増やしていきたいと思っています。
 ニュース性のものはスピードが勝負なので、遅筆の私にはやはりしんどいんです。
 その点、読み物系だと時間をかけてじっくり取り組めますからね。

 それと、もう1つのブログ「お気楽くっくり」ですが、こちらも同様に更新はペースダウンするかもしれません。
 「お気楽くっくり」だけを目当てに来られている人はほとんどおられないと思いますので、取り急ぎこちらでお知らせしておきます(^^ゞ

090623-6okiraku.jpeg

 さて、この10年、個人的にもいろいろありましたが、日本、そして世界でも本当にいろいろありました(当たり前ですね(^_^;)。

 憲法改正にしても、外交安保にしても、領土問題にしても、教育問題(教科書や日教組など)にしても、歴史認識問題(靖国参拝や南京事件など)にしても、なかなか前に進まない原因を考えてみた時、突き詰めれば行き着く先はいつも日本のマスコミです。

 公正な報道をしない、真実を報道しない、そういったところに全てが集約されているように思えてなりません。
 日本を良い方向に変えるには、まずはマスコミから何とかしないと駄目でしょうね。


 何かまとまりのない文章になっちゃいました。
 その上、ぼやきが多くてすみません。
 って、そもそもタイトルが「ぼやきくっくり」ですし、何卒お許しを…(^^ゞ

 というわけで、今後このブログはたぶん縮小方向に行きますが、決して閉鎖してしまうことはありません。
 とにかく気張らず、マイペースでぼちぼちやらせていただくつもりですので、皆様方も気張らずに、お気が向いたらフラーッと立ち寄ってやって下さい。

 あと、先日、読者様向けの掲示板を設置しましたので、よかったらこちらにもお立ち寄り下さい。

 http://boyakuribbs.progoo.com/bbs/

 もともと別の目的で設置したものですが、せっかくですからこの際、意見・情報交換・雑談用などとして活用していただければ幸いです。
 あ、デモや集会の告知とか、そういうお知らせ系のものもどうぞ。
 なお、ブログの投稿規約は掲示板にも適用されます。

 最後に改めまして、皆様、この10年間本当にありがとうございました。
 今後も何卒宜しくお願い申し上げます<(_ _)>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

NHKスペシャル「アジアの“一等国”」偏向報道問題
国民の受信料で作られた反日洗脳番組に抗議を!


この問題の詳細は以下のサイトを。
台湾は日本の生命線!
NHKスペシャル 「アジアの“一等国”」偏向報道問題まとめWiki

抗議オフ予定
・NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動 in 大阪 6月27日
・NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動 in 名古屋 6月28日
詳細はこちらのページを。

署名サイトもよろしく。
NHKを正す会による署名サイト→提出先:NHK
日本李登輝友の会による署名サイト→提出先:麻生総理

村山談話白紙撤回の署名にご協力ください。

megumi080328-4.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。
コピーフリーです。世界に広めましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/545-533e4016

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索