ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

古事記を語り継ぐ浅野温子さんを応援します

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


090518asano.jpeg

 「SAPIO」最新号にて、女優・浅野温子さんの新連載【浅野温子の古事記を旅する】が始まりました。
 神話の語り部として全国の神社を巡る浅野さんが誘(いざな)う神話の旅です。

 ……読者皆様の中にはもしかしたら、元祖トレンディー女優の浅野温子さんと「古事記」が結びつかなくて、「えっ?」と思われる方もおられるかもしれませんね。
 浅野温子さんは平成15年(2003年)以降、全国各地の神社を舞台に「古事記」をモチーフに脚本化した神々の物語を独演されています。
 ある時は神職以外が入ることの許されない聖域で、ある時は地域住民にしか知られていない小さな神社で、浅野さんは一人で神々を演じ、神話を伝えていっておられるのです。

 浅野さんがこの“語り舞台”を始めたきっかけは約10年前に遡ります。
 それまで「映像っ子」だった浅野さんが初めての舞台に出演した時、本当につらくて、その時はっと思ったのだそうです。

 「私はこれまで、自分から何かを発信したことがなかった。自分は役者だから賛成も反対もない。捕まえる役も捕まえられる役もやる。自分から何かを発信する必要なんてないって考えていた。でも、これからは執着できるものを一つ持ちたい」

 昔から本を読むのが好きだった浅野さんは、一人でも続けられることを突き詰めて考えるうち、「日本の物語の原点の世界を演じてみたい」「幼い頃に読んだり聞いたりしていた神話や説話が現在では失われている。その原典である『古事記』を次の世代に継承する必要がある」という思いにたどり着いたのだそうです。

 もちろん、“語り舞台”の実現までには神社関係者の並々ならぬ協力がありました。
 幸運なことに、浅野さんの「『古事記』を語り継ぎ、ひいては地域の生活の中にその物語を取り戻したい」という思いは、神社関係者の多くに好意的に受け入れられ、「実行委員会」が結成されることになりました。

 地方にある神社にかつての活気を取り戻すことも、この“語り舞台”のもう一つの目的です。

 例えば1年目、伊勢神宮と出雲大社に続き訪れた神社のひとつに山口県長門市の赤崎神社があります。
 この神社の重要文化財・楽桟敷(がくさじき)を舞台にするため、地元の青年団は生い茂っていた雑草を懸命に刈り込みました。裸足で演技する自分のためにと、小石まで取り除いてもらったことを浅野さんは忘れられないそうです。

 また、昨年訪れた島根県奥出雲町の稲田神社は、参拝客もほとんど見られぬ寂れた神社でした。保存会はあるものの、手入れには限界があり、本殿は雨漏りをしている有様でした。
 が、彼らはそれを直し、さらに地元のデザイン専門学校の生徒や先生が、ビール瓶のケースに平板を乗せて、舞台作りをしてくれたのだそうです。

 浅野さんとスタッフは公演の際、地域の人々や神社の宮司さんに聞き取りを行っており、伝承されてきた神話の物語や風土記を参考にしながら、なるべくその土地に関係の深い神々の物語を選び、脚本もより地元に密着した形に変えるそうです。
 つまり全国一律ではなく、その地域の人々にとっての神話であり物語が演じられるわけです。


 さて、そんな浅野さんの「SAPIO」連載【浅野温子の古事記を旅する】。
 第1回は伊勢神宮。
 そこから一部引用させていただきます。

 天照大御神の鎮座する正殿は、二十年に一度の式年遷宮で、二か所の殿地へ交互に建て替えられてきました。次回の遷宮は平成二五年。御垣内の建物や御神宝なども、全て古来の技術と手法で作り直されます。

 神宮の神職の方々と会話をしていつも胸に抱くのは、「受け継いでいくこと」への使命感の大きさです。

 例えば建物に使う檜(ひのき)の苗を植え、神宮林を守っていくことを考えても、いま植えられた樹が使われるのは二〇〇年も先だといいます。

 そのとき私たちはもう生きてはいない。でも森を守り育てることは、神宮の伝統や文化を受け継ぐために「いま」しなければならない。何かを「伝える」とは、まさしくそのような行為なのですね。

 彼らのそんな思いに触れるとき、同じく日本に残されてきた『古事記』の物語を、私もまた伝え続けていきたい、という気持ちをあらためて強くするのです。

 私は自分では特に何もしていないので偉そうには言えませんが、浅野温子さんの「受け継いでいきたい」「伝え続けていきたい」という気持ち、大変よく理解できます。
 浅野さん(1961年生まれ)とはほぼ同世代の私(1964年生まれ)ですが、最近、やはり自分の中でそういう気持ちが次第に強くなっているのを感じるのです。

 若い頃はただ前を見て、自分と周辺(家族など)のことだけを考えてがむしゃらに走ってこられたんですけどね。
 それが人生の折り返し地点を過ぎてふと立ち止まった時、そろそろ下の世代に何かを残したい、これまで自分が吸収してきたことを伝えていきたいという思いが(ある種、独りよがりな思いなのですが)沸き上がってきたといいますか。
 私の場合は子供がないので、よけいにそう思うのかもしれませんが…。

 そうそう、20年に一度の式年遷宮といえば、今年のお正月に放送されたビートたけしさんの番組を思い出しました(拙ブログに内容紹介あり)。

 その中で、たけしさんが伊勢神宮を生まれて初めて参拝するという企画があったんです。
 たけしさんを案内した神宮司庁広報室長神宮禰宜の小堀邦夫さんは、遷宮についてこう述べておられました。

 「今ある社を壊して建て替えるのではなくて、空き地になっている側に新しいお宮が建って、神様にお移りいただいた後、これを解体する。組み立て式なので抜けば取れる。立派な宮殿が外国にもあるが、それが石で造られていると、千年、二千年に1回それを建て改めるとなったらできるかっていう大問題になりますね。そこには人の知恵とか技術とかいうものは、形だけあっても伝わらないということですよね。造っていかないと。外国とはそこが違うんですね。日本はこういうふうに繰り返す、循環していくという中での永遠を考えるということですね

 伊勢神宮では遷宮が1300年以上にわたって続けられています。

 歴史や伝統という長いスパンの中で見ると、人間の一生なんてあっという間です。昔だったら50年ぐらいですか。医学が発達した現在でも、どんなに長生きしてもせいぜい100年ですよね。

 個人として捉えた時には何とも儚く、いわば点のような存在である人間が、「受け継ぐ」ことによって線になる。流れができる。
 次の世代へ、またその次の世代へと工夫を凝らしながら、私たち日本人は、その伝統や精神を絶やすことなく連綿と継承してきたわけですよね。
 これって一見何でもないことのように見えて、実はすごいことだと思います。

 現代の日本は合理主義だのグローバリゼーションだのが重視され、古い伝統は軽視されがちです。
 特に神話は戦後、台頭した左翼の影響もあり、ないがしろにされてきました(元はと言えばGHQが原因なんでしょうが)。

 「天の岩屋戸」や「因幡の白ウサギ」などのポピュラーな物語ですら、今の若い世代はあまりご存知ないそうです。
 たぶん私の世代ぐらいまでは、親から聞いたり本で読んだりして、話の大枠ぐらいは把握していると思うのですが……。

 次の世代に神話を語り継いでいく、日本の伝統を継承していく、そういう意味で浅野温子さんは非常に意義のあるお仕事をされていると思います。
 そんな浅野さんに対し侮辱的なことを言う勢力もあるようですが(これは革マル派?)、中傷や圧力に負けずに、この先20年、30年と可能な限り続けていただきたいものです。


 浅野温子さんの“語り舞台”についてもっと知りたい方は、ぜひ公式サイトを訪問なさって下さい。今後の公演予定も載っています。

 公式サイト内のブログ「語りVOICE」には、公演レポートが。ライトアップされた夜の神社、美しいです。
 こちらには「正論」2008年11月号に掲載された浅野さんのインタビュー記事がUPされています。

 他に、公式サイト顔負けの濃~いファンサイトもあります。


※参考文献
・「SAPIO」2009/5/13号掲載
  【この国のどこかで 稲泉連/第11回 ある神社の境内で】
・「SAPIO」2009/5/27・6/13合併号掲載
  【浅野温子『古事記を旅する』第1回 伊勢神宮】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

NHKスペシャル「アジアの“一等国”」偏向報道問題
国民の受信料で作られた反日洗脳番組に抗議を!


<抗議先>

福地茂雄会長宛てに、番組制作責任者・濱崎憲一ディレクターの罷免要求を!
[NHK]視聴者コールセンター 電話:0570-066066
[NHK] FAX:03-5453-4000
メール:http://www.nhk.or.jp/special/
※福地会長に宛てたファックスは有効だ。

[放送倫理・番組向上機構(BPO)] 電話:03-5212-7333 FAX:03-5212-7330
メール:https://www.bpo.gr.jp/audience/send/form.html

[総務省] 電話:03-5253-5776(放送政策課 直通)FAX:03-5253-5779
メール:https://www.soumu.go.jp/common/opinions.html
※鳩山邦夫総務大臣宛に問題提起を。

この問題の詳細は以下のサイトを。デモ・集会の情報もあります。
台湾は日本の生命線!
NHKスペシャル 「アジアの“一等国”」偏向報道問題まとめWiki

NHKを正す会 署名サイトもよろしく。

村山談話白紙撤回の署名にご協力ください。

megumi080328.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。
コピーフリーです。世界に広めましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/525-678c3910

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索