ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

麻生さん講演【中東和平】平和と繁栄の回廊

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


緊急「女性差別撤廃条約」が危険!このままでは国籍法の二の舞になってしまいます。国籍法で動いて頂けた国会議員にFAXでお願いしてください。時間は、20日(月曜日)までしかありません。詳細はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

090417-13hataraku.jpeg

 先日、朝鮮歴史館さん経由で素晴らしい動画を見つけました。麻生太郎さんの講演です。

字幕付【中東和平】平和と繁栄の回廊(ニコニコ動画)
2009年04月07日 20:49:58 投稿 投稿者コメント

sm6624475 さんの動画に触発されて字幕挿入作業を途中で投げ出していたものを今更ながらうp。 sm23699002008年2月17日に伊勢原青年会議所設立30周年記念で行われた講演『これからの日本、そして地域に求められること・・・』から平和と繁栄の回廊構想の箇所と少しおまけを。 字幕つき mylist/8405757 その他 mylist/4967796

 2008年2月17日ということは、麻生さんが前年9月の自民党総裁選で福田さんに敗れ、無役だった時代でしょうか。
 この動画はその2008年2月17日に行われた長い長い講演の一部です。

 動画は基本的に音声のみですが、投稿者様が字幕を入れて下さっています。あと、理解しやすいように地図や写真なども。

 今回はこの動画をテキスト化してみました。

 と言っても、投稿者様が打ち込んで下さった字幕をもとにこちらでテキスト打ち直しただけという、まさに「他人のふんどしで相撲を取る」エントリー<(_ _)>
 なぜ私はわざわざ動画をテキスト化するのか?その理由については、こちらの拙エントリーの後半部分をご覧下さい。
 もちろん動画をご覧になれる環境の方は、このテキストよりも動画そのものをご覧いただく方がベターです。

※明らかな誤字脱字は修正させていただきました。
※漢数字のうち横書きで見にくいものはアラビア数字にさせていただきました。
※講演全体はこちらをご覧下さい。65分58秒という長丁場ですが。
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm2369900


 動画テキストここから__________________________
090417-01title.jpeg

 平和と繁栄の回廊
 2008年2月17日
 伊勢原青年会議所設立30周年記念
 『これからの日本、そして地域に求められること…』より


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「これからの日本になに期待されているんだ?」と言われれば、私は今から言う例が一番だと思っているので、ちょっと話が長くなりますが聞いてください。

 パレスチナというところが中近東にあります。イスラエルとドンパチやってるところですが、1948年、今から約60年ぐらい前にここにイスラエルという国ができました。
 以来、パレスチナとの紛争は、ずーぅと今日まで続いて、全てのテロというものはまずは、ここから起こったと言ってもいいぐらい。

090417-02shuukyou.jpeg

 それに対して多くの人々は「イスラム教とユダヤ教との宗教戦争だ」とよく言っているが、こりゃ嘘だと思う。

 なぜなら、チリ…チリっていうのは、南米にチリという、皆さん方が飲まれるワインなんかもそうですが、チリという国があります。このチリという国の外務大臣の話によると、チリにおける最大の外国人のコミュニティは、Chile Jewish Society、チリ ユダヤ人協会。次に大きいのがChile Palestine Communityって言うんですって。この2つが一番デカイんですって。

 ユダヤ教…イスラム…ユダヤ教。両方、ご存知の通り、パレスチナはイスラム教、そしてイスラエルの方はユダヤ教ですよ。そしてチリはもちろんキリスト教ですから、キリスト教国の中に全然異なった宗教が2ついて、最大の勢力をもって、その3つともうまくいっている。
 即ち、宗教が全ての理由だったら、世界でよく言われている、宗教によってアレが起きてんだって話は嘘だ。

 そこで私はこういうところにおける、いわゆるテロが起きたりなんだったりするのは、そりゃー色々あるだろうが、根本的には貧乏、「貧困と絶望」だと思っているから。
 希望がない、メシが食えねぇ、この2つがテロになる一番大きな理由だと、私はそう思っています。

 僕ぁアフリカの電気のないようなところに2年もいたし、中南米のブラジルにも1年ぐらい、アメリカやイギリスにもいましたけど、こういうかなり貧しい電気もないようなところに、2年間ぐらいいたことがありますんで、よくそういったところの話と比較すると、わかりやすいんだと思いますが。

 そこで我々が日本政府として、これらの地域にどういった国際貢献ができるのかというんで、外務大臣になってちょうど1年…1回目を入れれば2年ぐらいになりますか、こういうプロポーズ、提案を出した。

090417-03pare.jpeg

 「パレスチナさん、おたくではこのまま行ったって先はない。世界中のパレスチナ人から送られてくる義援金だけで国が成り立つなんてことはありえない。そこで、イスラエルも1940年代、50年代は間違いなく義援金でやってたが、彼らはキブツ(kibbutz)」、ご年配の方なら覚えてると思うけれども、農業奉仕、ロシア語でいやぁコルホーズ、中国語では人民公社、「これの巨大なものを作って、イスラエルは巨大な農業国家としてまずはスタートしたんだ」と。

 「したがって、お宅もこの農業をやる気はないか?気候、風土はイスラエルと全く同じ所にあるんだから。気候、風土は同じだろう。作る技術は俺たちが教える。金も出そう」。
 できあがった物をどうするか。これは間違いなくこの国以外に売らにゃいかん。売って外貨を稼ぐ。「そこも俺たちが教える」。

 日本で今、イタメシ屋、色々なところで、イタリア料理で、トマトだ、レタスだ、みんな、中近東やらギリシャやら、トルコやら、また、色々なところから輸入してますから、輸入してやる。農協が教えてくれる。
 しかし、農協の人たちは商売ができませんから、農協の人たちは作るだけ。自分たちは商売する気がない人たちですから、だから自分たちで物売らないんだから、したがって「売るのは商社を使って教えてあげる。あんたらのやることはたった一つ。働け。日本人並に働いてみせろ」。

090417-04isu.jpeg

 「イスラエルさん、お宅のやることはひとつだ。何もしねぇーでくれ。この地域に一切何もするな。決めたとこにゃー、ココは、しないでくれ」。

090417-05yoru.jpeg

 となりにヨルダンという国があります。
 そちらから見たら、Urdunnの東側と言われてるんですが、Urdunnという小さな川…言っときますけど、相模川ぐらい大きいと思っていたら大きな間違いよ。小川みたいなもん、ヨルダン川ってのは。小さな…ポイッと飛び越せるぐらいの川。その川の東側がヨルダンだ。
 その国を通して輸出。イスラエル通して輸出したくないから。

 「お宅、飛行場までの道路、俺たちが作るから、道路だけタダで貸せ」と。「あと使ったっていいよ。俺たちがそれを舗装するから」。これが条件。

090417-06pare.jpeg

 これによってパレスチナは自分で食い物を作り、自分でそれを輸出して自分で稼ぐ。仕事と収入と未来が見えてくるから、「これを俺たちがやるが、どうだ?」。

090417-07tewo.jpeg

 交渉にかれこれ1年半ぐらいかかったと思いますが、昨年(2007年)の3月、シモン・ペレスという、今はイスラエルの大統領になりましたけれども、この人が来て、日本で、外務省飯倉公館で、日本、ヨルダン、パレスチナ、イスラエルの4カ国で手を握って、「…信用してみるか」いう話になりました。

 俺たちがやるんだ。他の国がやるんじゃない。日本人がやるんだと。フランス人が、イギリス人が、アメリカ人がやるんじゃない。俺たちがやるんだ。信用してもらっていいんじゃないか?」と言って、立ち上がって握手して。
 6月にfeasibility studyを終えて、6月にやれる、技術的な目処をつけて。

090417-08gaimu.jpeg

 8月、ジェリコ…ジェリコっていうのは、死の海と言われる、デット・シーという、死海、海抜マイナス320メーターという、世界で最も古い町のひとつ、ジェリコというところで、それをやることになりましたものですから、そこにイスラエルの外務大臣と、私と、他の国の外務大臣みたいなのが4人集まった。

 「イスラエルの外務大臣がジェリコに来たのは初めて」と大騒ぎで、新聞では…その辺りではめちゃくちゃ大ニュースですから。日本の新聞に載ったことありませんけど。

090417-09table.jpeg

 そして…ペレスというイスラエルの大統領が、「これまで俺たちは3カ国で何百回となく交渉のテーブルに着いたことがある。しかし、金儲けのために三者が一緒の席に座るのは初めてだ」。

090417-10wara.jpeg

 俺は「おかしい」とゲラゲラ笑った。「ユダヤ人が金稼ぐ以外で何で集まるんですか?」と。ゲラゲラ笑った。そしたら、だぁ~れも笑わないんだね(会場笑い)。もう極めて深刻なんだよ。
 政治家歴51年だからね、このペレスって男は。それが「ない」と言われて、今まで、調停とか休戦とかなんとか、「1回もない」。

 「ユダヤ人が金儲けの話をしないのはおかしいんじゃないの?」って言ってゲラゲラ笑ったら、「あそこで笑ってくれて助かった」と。「笑ってくれなかったら、実は、ちょっと間が持たなかった」と。「お前が笑ってくれたおかげで助かった」と言われたんですが。

090417-11kisha.jpeg

 この事に関して、「そんなとこに手ぇ出したら、アメリカからなにか言われたらかないませんよと、野党の人も言った。新聞記者も言ったよ。

 しかし…アメリカが日本に対してなんて言ったか。
 「本当か?!」「お前、正気か?」って言うから、「おぉ」。

 「何でそんなことができんだ?」って聞くから、「あんたらは、これまで平和というものを政治と軍事でやってきた。しかし50年間、うまくいったことはねーだろうが?俺たちはそれを経済でやる。だから時間をよこせ。しばらくやらせてみろ、俺たちに。あんたらはダメ。アメリカ人、イギリス人、フランス人、信用できない。俺たちはなん~にもこの地域に今まで関係ねーから、だから俺たちは信用がある。この顔がええんだ。その顔はダメ(会場笑いと拍手)。これが証拠だ」と言ったら、これも今みたいに手叩いてくれる人がいたらよかったんだけど(会場笑い)、相手のアメリカのえらい人は黙ぁ~って、「すごい、それが起きたら奇跡だ」と言ったんだけど。

 少なくともかれこれ1年近く経ちますが、これまで弾撃ち込まれたこともないし、妨害されたこともありません。

090417-12heiwa.jpeg

 「少なくともあの砂漠が緑に変わったら、平和が我々にこれだけの繁栄を与えてくれる、というのを日本人が俺たちに教えてくれる。それに応える義務と責任は、我々パレスチナ人、そしてイスラエル、それに責任はかかっている」と言って、パレスチナの外務大臣が演説したのに対して、イスラエルの外務大臣は…って、うなずいてましたけど。

 これがもし3年後、きっちり青い物ができて緑になった場合、たぶん世界は“奇跡”って言うよ。おらぁ日本人がやるってのは、こういうことだと思うね。これからの日本ってのは。

090417-13hataraku.jpeg

 これで言っていることはねぇ、肝心なことはひとつなんだよ。“働く”ってことなんですよ。働く。他の人たち…中国の人たちなんかは人を働かせるのはうまいよ。ね。しかし自分で働くか?これすごく肝心なところですよ。

 これね、宗教観に基づいていると僕は思うね。俺の偏見かもしれんけど。
 旧約聖書。イスラム教、ユダヤ教、キリスト教の経典は旧約聖書ですよ。この旧約聖書に、例のアダムとイブってのが出てくるんですが、神との契約を破ったアダムに対し、神が与えた罰が“労働”であります。したがって“労働は罰”なんだ。Working is a punishmentなんだ。

090417-14sizen.jpeg

 しかし我が方、これは神道っていうのは、あのぉ、我が方は経典がどうの…そんな難しい宗教じゃなくて、ね、土着宗教みたいなもん。“シャーマニズム”って言うんだけど、土着宗教。
 こっちは経典なんかねぇ。“自然との共生”“先祖崇拝”、だいたいこんなもんだ、あとありゃしない(会場笑い)。ね。

 そういうものであって、したがって経典がないから一番古い本ってことになると、これは“古事記”ってことになる。例の天照大神っていうおばさん…おばさんって言っちゃいけねぇ(会場笑い)、女の神様がいる。この天照大神が一番えらい神さんなんだな。

090417-15hataori.jpeg

 この天照大神が、“機織り小屋からいでたまえ 神々はいかにしておわすぞと 天の岩戸を開けたまい 高天原をながむれば 神々は野に出て働いていた”と書いてあるだろ。
 ご年配の方だとこの辺は誰でも記憶があると思うよ。今日日の青年会議所は、こんな格調高い日本語なんて全然知りませんよ(会場笑い)。これダメ。こういうのを教えるのが、おじさんたちの仕事ですから。

 この話を読めばわかること…一目瞭然にわかることがいくつかある。
 天照大神が、女の神様が機織小屋から出てきたんだから、一番えらい女の神様も働いていた。“神々は野に出て働いていた”ってんだから。間違いなく“神々”、複数だ。一神教じゃない、複数。

 すなわち神々が行うんだから、罰のはずがない。神々が行うのは善行しかねぇ。したがって“労働は善”です。Working is a mitzvah。片っぽはWorking is a punishment。
 罰と善行じゃ全く違いますよ。したがって、外国人と付き合いのある人ならわかると思うが、外国人と付き合ってごらん。「退職した!」、シャンパン抜いて大騒ぎだろうが。

<講演の続きは“sm2369900”へ>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

090417-16torikumi.jpeg

平成19年(2007年)8月15日
「平和と繁栄の回廊」構想4者協議閣僚級会合以降の日本の取り組み



平成19年(2007年)9月4日~11日
「イスラエル・パレスチナ合同青年招聘」事業を実施

平成19年(2007年)9月24日
パレスチナ支援調整委員会閣僚級会合@NY

平成19年11月27日
中東和平国際会議@アナポリス

平成19年12月17日
パレスチナ支援プレッジング会合@パリ

平成20年(2008年)2月25日~28日
オルメルト・イスラエル首相が来日

平成20年(2008年)6月5日
日エジプト首脳会談@ローマ

平成20年(2008年)7月29日~8月4日
「イスラエル・パレスチナ合同青年招聘」事業を実施


平成20年(2008年)12月19日
停戦終了に伴いガザで戦闘再開

平成20年(2008年)12月29日
ガザ情勢について日イスラエル外相電話会談

平成20年(2008年)12月31日
日イスラエル首脳電話会談

平成21年(2009年)1月3日
日パレスチナ首脳電話会談

平成21年(2009年)1月7日
ガザ情勢について日伊外相電話会談

平成21年(2009年)1月7日
ガザ情勢について日イラン外相電話会談

平成21年(2009年)1月7日
在京パレスチナ常駐総代表の外務政務官への表敬

平成21年(2009年)1月13日
日エジプト外相電話会談

平成21年(2009年)1月15日
日本の中東和平担当特使、パレスチナ大統領、イスラエル大統領、首相を表敬、イスラエル内相、エジプト外相と会談

平成21年(2009年)1月18日
双方が停戦を表明


平成21年(2009年)1月23日
ガザ地区に対する人道支援

平成21年(2009年)2月4日
支援物資のガザ地区への一部搬入

平成21年(2009年)3月2日
ガザ復興のためのパレスチナ経済支援に関する国際会議に外務副大臣が出席スピーチす
We will strengthen our support for the creation of a viable Palestinian economy through the "Corridor for Peace and Prosperity" initiative and other means.(出典:外務省)

平成21年(2009年)3月16日
日本外相とアリ・ヨルダン計画・国際協力相会談@東京
アリ大臣からは、日本が中東情勢において重要な役割を果たしていることへの評価を示しつつ、「平和と繁栄の回廊」構想へのヨルダンの協力方針が示されました(出典:外務省)


<……まだまだ道半ば>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

090417-17teikyou.jpeg

 ………提 供………

 mikanpapa
 俺も一生懸命に働くよ。日本が好きだし。

 __________________________動画テキストここまで


※参考資料>外務省
イスラエルとパレスチナの共存共栄に向けた日本の中長期的な取組:「平和と繁栄の回廊」創設構想(平成18年7月)
「平和と繁栄の回廊」構想:4者協議立ち上げ会合の開催(概要と成果)(平成19年3月15日)
麻生大臣のヨルダン、イスラエル及びパレスチナ自治区訪問(概要と成果)(平成19年8月)

 どうですか、この日本ならではの「平和外交」!
 こんなに平和的な国際貢献をしてるのに(しかもアメリカの言いなりにならずに)、「反戦平和」主義者の皆さんは、いったい麻生さんの何がお気に召さないのでしょう?(^_^;

 こういった「功績」を全くと言っていいほど報道しない、日本のメディアにも腹が立ちます。

 産経4/17付に、この11日にタイで行われた日中首脳会談、北朝鮮のミサイル発射問題で麻生さんが先頭に立って戦う姿勢を見せ、安保理決議における「北の『違反』」という文言を勝ち取った…旨の記事が載りましたが、こういうのは稀なケースでしょう。

 中近東という遠い地域の話だし、日本から見て関心が薄いから報道されないのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、いや、そういうことじゃないんですよ。

 これから引用する文章を読んでいただければ、それがよく分かると思います。
 拙エントリー2007/9/15付で紹介済ですが、改めて引用。
 これは麻生さんじゃなくて、安倍さんの話。安倍さんが首相だった頃の話です。

■「諸君!」07年10月号【安倍総理は開き直って「拉致解決」に邁進する】
 荒木和博・特定失踪者問題調査会代表と中川昭一・自民党前成長会長の対談より
荒木
「平和や友好を錦の御旗にして、国内を混乱させようとする動きをする勢力があることは認識しておいたほうがいい」

中川
「その意味では、マスコミの役割は非常に大きいと思います。六月のドイツ・サミットで、こんなことがありました。ブッシュ大統領とフランスのサルコジ大統領が環境問題をめぐって、罵り合いを始めた。サミット宣言も出せないまま会議が終わりかけようとしたところで、安倍総理がふたりの意見を酌んで発言し、宣言文の地球温暖化の部分をまとめ上げたんです。
 これは日本の外交史に残るほどの大きな仕事です。
会議には各国の首脳と通訳しか同席しませんが、この事実をドイツの地方紙がスクープし、記事は世界中に配信されました。でも日本では、産経新聞が小さく掲載しただけです。参院選の応援で全国を演説して歩いたとき、このことを誰も知らないので驚きました。いくら安倍さんに対する批判が強い時期だったとしても、報道は国益のためにカウンターバランスをとる努力を放棄すべきではありません

 サミットという大舞台。しかも環境問題が絡んでる。日本の関心も高かったはずです。なのに、日本は産経以外のメディアは報道しなかった。どういうことやねん!

 つまり、はっきり言ってしまえば、日本のメディアなんていうのは基本的に政治家の揚げ足取りばかりに一生懸命になって、功績なんてほとんど報道しないってことですよ。

 ちなみに、私は安倍さんの首相辞任表明後にこのくだり読んだんですが、泣けて泣けて仕方なかったです(T^T)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

作家の上坂冬子さん死去(産経4/17)

 産経新聞の夕刊(大阪版)で訃報を知りました。残念です。
 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 あまりテレビとかお出にならない方だったと思うのですが(少なくともここ10年ほどは)、一つ忘れられないのは2006年の夏、靖国問題が喧しかった頃、「NEWS23」に出演された時のことです。

 上坂さんは、「国のために亡くなった人を祀るのは日本の国の規定」「(いわゆるA級戦犯は)どんな間違った裁判でも受けて、刑を受けて、命取られて、一件落着でしょ。それで償いしてるんだから」等々、持論を述べられていました。
 また、共演した姜尚中氏に対して、「あなたいつもドイツって言いますけどね(苦笑)」と突っ込み、姜尚中氏がタジタジとなる場面もありました(拙エントリー06/8/15付参照)。

 また、上坂さんは雑誌「正論」で「今月の自問自答」というエッセイを連載されていまして、政治や外交や社会問題を実に分かりやすい文章でスパッと斬って下さっていました。

 現在発売中の5月号では、かつて上坂さんがトヨタに勤務されていた時代のことを中心に書かれています。
 最後はこう締めくくられています。

 不況、不況と騒ぎたてて政権交代の要因にまで結びつけたりしてるのは、何と雑なことか。人間の生活力や生命力を軽くみすぎていると思われてならない。
 戦中戦後を切り抜けてきた私たちの年代にとって、アメリカの失態による“不況”にすくなくとも軽々しく躍らされたくない。むしろ実態としても、話題としてもまもなくおちつくだろうと、私は多寡をくくっているのだ。
 そんなことより、いまこそ所属する企業と私たちの生活の歴史、ひいては日本の歴史にそって伸びてきた地元の歴史など振り返ってみるいいチャンスにすべきだと思われる。
 私は、よくもまぁ国家も国民も企業も今日まで立派に数々の障害を乗り越えてきたものだと日本をホメてやりたいし、今後のことも日本人の生活力を信じて、さほど心配などしていないのである。おおきな流れに身を任せて、むしろ安心さえしている。
 この不況を百年に一度の大事件のようにとりたて、政局の焦点をボカすのはズルイ。

 この上坂さんの言葉には、麻生さんが普段言われていることと同じメッセージが込められていると思います。それは「日本人の底力」です。

 実は私もここ1~2年、不況をほんとに肌で感じる状況にあったりするんです。でも上坂さんにこう言われると、何だか私も「日本人の生活力」を本気で信じてみたくなってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お気楽くっくり」更新済
 この人の一番何が尊敬できるかって聞かれれば……


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

村山談話白紙撤回の署名にご協力ください。

megumi080328-1.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。
コピーフリーです。世界に広めましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/508-794520c1
伊勢原青年会30周年記念で麻生総理が講演したときの様子が Youtubeで紹介されていたようです。 他に、G20の時の様子を映画仕立てで(これま...
2009/04/20(月) 15:16:40 | ワテもボヤかずでか。

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索