ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

日本人であること、あろうとすること

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


「竹島プロジェクト」進行中。
詳細は「さくら日和」さんもしくは拙ブログ1/24付を。


竹島プロジェクト style=

 いよいよ「竹島の日」。2月22日(日)午後1時から4時まで、島根県などが主催する島根県民会館中ホール(島根県松江市殿町158)にて「竹島の日」記念行事が行われます(詳細はこちらのPDFファイルを)。遠方在住のため参加できない皆様、当日会場に激励の祝電を送りませんか?電話の他にネットやコンビニからも申し込めるそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「WiLL」09年3月号掲載【わが記者生活53年、決別の辞】。

 産経新聞の「産経抄」を2004年まで30年以上にわたって担当した石井英夫さんが、08年12月25日、産経新聞社社論会議で話された内容を再録したものです。

 その中にとても気になったくだりがありました。
■国民のアイデンティティ

 私はちょくちょく中国に行きました。友人がいてよく呼んでくれたんですが、とにかく辺境なんです。司馬(遼太郎)さんのいく中国というのは、万里の長城の向こう側、つまり辺境から北京、こちら側を見るというのが、司馬さんの中国観だというふうに私は考えていました。

 辺境の中で印象に残っていることを一つばかり申し上げますと、こんなことがありました。麗江という、今は世界遺産になり有名になったところなんですが、そこに行った時の話なんです。

 そこにはナシ族という有名な、固有の文化を持った音楽宗教の民族が住んでいる。そこの和麗梅という二十四歳の女性と知り合いました。地元の民族学校に通っている人で、綺麗な顔だった。一緒に玉龍雪山という五千五百九十メートルの山に登っていたんです。

 そのとき、二十四歳なら結婚だなーというと、私は今年結婚できませんというんです。どういうことだよと聞くと、ナシ族には掟がありまして、十二、二十四、三十六など、四の倍数の年は結婚したり、転職したり、引越ししたりはできないと言うんです。

 え、何言ってんだよ、バカなことを言うなよ、いい若いもんが。迷信とか因習など、これからの人は破っていかないといけないじゃないかというと、石井さんはそう言いますが、これはナシ族の文化、掟なんですと。これを守らないと、私達は漢族と同じになってしまうんです、と言う。

 中国は民族同化政策で、結婚でもなんでも、血の同化でもやっていましたから、私達ナシ族がナシ族でなくなってしまうんです、と言いました。

 私はそれを聞いた時に、これもまた頭をぶん殴られたように立ちくらみがして、きれいな霊峰の川のほとりにしゃがみこんでしまいました。

 新疆ウイグル自治区に行った時に同じようなことがありました。

 首都ウルムチからカシュガルまで千何キロあるんですけど、そこで新疆鉄道がひけたという、七、八年前に。鉄道が開通したというので、行く行くと乗ったんです。

 一緒に乗ったのが、マリア・サキムさんという人だったんですね。その方は日本の東京理科大学に留学していたので日本語は私よりもうまい。薬草の生化学の先生だったんです。ところが車内で突然、急に涙ぐんでしまったんです。

 どうしたんだと聞くと、サキムさんはウイグル族の歴史を考えたという。このタクラマカン砂漠のタリム盆地は、七世紀から八世紀にかけていろんな民族が入り混じり、治乱興亡が続きます。

 日本の敗戦の後も、ウイグルには中国とロシアが両方入ってきた。ちょうど彼女達が小学校に入るときだったそうで、学校の教科書は中国語とロシア語が変わりばんこになっていた。

 そして私達ウイグル族には、自分で歴史を書くという、習慣というか、智恵が無かったというんですね。日本がうらやましい。日本人は中国から漢字を得たけれども、漢字を用いて万葉集や日本書紀なり古事記なり、自分達の歴史を作ったじゃありませんか。私達ウイグル族は、ウイグル族の歴史を中国人から与えられたんです、と彼女は、そんな話をしながら涙ぐんだことがありました。

 アイデンティティという言葉がありますが、日本語には訳せないんですよね。辞書をひきますと、自己同一性とか、帰属意識とか。自己同一性なんて誰がわかりますか。

 で、私なりに解釈すると、アイデンティティとは、ナシ族がナシ族であろうとすること、ウイグル族がウイグル族であろうとすることと同じように、日本人が日本人であること、これがアイデンティティではないか。そのことを少数民族の人に教わった記憶があります。

 言語というのは言うまでもなく民族にとって大切なものです。が、ふだん当たり前に日本語を使っている私たちが、そのことに気付く機会はあまりありませんよね。

 私は学生時代、現代国語がまあまあ得意でしたが、古典はさっぱりでした。
 「万葉集」「源氏物語」「枕草子」「徒然草」……、学校でいろいろ習いましたが、かなりしんどい思いをしました。同じ日本語でも古語だからスラスラとは読めないし。

 私が通っていた中学校では3年生の時に「枕草子」の出だし、そう、「春は、あけぼの。 やうやう白くなりゆく山ぎは……」というのを強制的に暗記させられました。
 覚えたら、休憩時間とか放課後に職員室の先生の所に行って暗唱するんです。1カ所でも詰まるともうアウトで、全部ちゃんと言えるようになるまで何度でもやらされました。

 当時は「何でこんなもん覚えなあかんねん」「将来何の役に立つねん」と大変うざったく感じたものですが、今思えば、日本語の持つ美しさ――音とか響きとかリズムとか――を感じ取らせるためのものだったんだろうな、と。

 そういえば前に読んだ本の中に、千年以上も前の和歌とか小説とか随筆なんかを、今の時代の私たちが原文で読むことができるのは、奇跡のようなことなのだと書かれてありました。

 私たち日本人はそれを当たり前のことのように捉え、ふだんほとんど意識せずにいますが、言語を失った民族はそういう恩恵には預かれないんですよね。
 言語が失われれば、歴史や文化も失われていきます。やがて民族そのものが地球上から消えてしまう。

 それを思うと、他民族に一度も征服されることなく、民族の歴史――言語、文化、伝統、さらには感性、情緒性なども含めて――を何とか維持し続けてこられた日本人は、幸運だったとしか言いようがありません。
 (実はGHQ占領下において、まかり間違えば日本語の漢字かな表記は廃絶され、ローマ字表記に変わっていたかもしれないという話もあります)


 石井英夫さんの話の中に、「ナシ族には掟があり、四の倍数の年は結婚したり、転職したり、引越ししたりはできない」というものがありました。
 石井さんでなくとも、多くの人が「そんな迷信とか因習なんか気にしなくてもいいのに」と思ったんじゃないでしょうか。

 が、よくよく考えてみれば、日本人も、昔に比べればこだわりはかなり減ってはきたものの、今でも迷信や因習をけっこう気にして生活してますよね。
 六曜なんかその代表的なものですよね。仏滅に結婚式を挙げる人は今も少ないと思います。

 そういえば、今年のお正月に日本テレビで放送された【たけしの“教科書に載らない”日本人の謎】という番組で、神や仏とともに陰陽道がいかに日本人の生活に深く根付いているか、という話がありました(実は六曜も陰陽道と関係があります)。

 陰陽道による天体観測や干支の組み合わせで知ることができるとされた、これから起こりうる災難や災いが「厄」であり、それらを取り除くために行われているのが「厄払い」。
 そして現在、神社や寺などで行われている多くの年間行事――どんど焼き、七草がゆ、節分、ひな祭り、端午の節句、七夕、七五三――などは全て陰陽道の厄払い行事だと。

 もし外国人に「節分?豆なんか撒いて何の意味があるの?豆がもったいないよ。そんな古くさい行事はもうやめたら?」などと言われたら、日本人としてはやはり「ちょっと待ってよ!日本人にとっては意味のあるものなんだから!」と反論したくなりますよね。

 現在の価値観に照らして理屈に合わない因習も、日本人のアイデンティティ(石井さんの言葉を借りれば「日本人が日本人であること、あるいは、日本人であろうとすること」)の源泉だったりするんですよね。

 お正月のたけしさんの番組は今思い返しても本当に素晴らしい内容で、40代半ばの私ですら知らずに来たことがいっぱい詰まっていました。日本人のアイデンティティを再認識させてくれる宝箱でした。

 学校でもああいうことをたくさん教えてほしいなぁ。日本国や日本人の特性を「発見」していく作業をさせてあげてほしい。そしたら子供たちも日本のことがもっと好きになるし、アイデンティティも自然と芽生えると思います。
 「愛国心」に警戒を示す日教組の先生なんかも、これだったら敷居が低いんじゃないでしょうか。

 と思ったけど、いや、やっぱり「日本人のアイデンティティ」って時点でアウトか。
 彼らは「地球市民」なんてありもしないものを夢見ていて、子供たちにもそれを継承しようとしているのだから。

 ちなみに藤原正彦さんもこのように言っています。

 「日本ではよく、最初に人類愛を教えようとしますが、そんなことがうまく行くはずがありません。『地球市民』なんて世界中に誰一人いない。そんなフィクションを教えるのは百害あって一利なしです。まずは家族愛をきちんと整える。それから郷土愛。それから祖国愛です。このうちのどれかが欠けていたら、世界に出て行っても誰も信用してくれません。
 私は、ガーナ人でガーナを愛さない奴がいたらブッ飛ばします。韓国人で韓国を愛さない奴がいたら張り飛ばします。仮に張り飛ばさなくても、少なくともそういう人間とは絶対に付き合いません。根無し草と付き合っても、何一つ学ぶものがないからです
(『国家の品格』p.112)


 あと、もうひとつ石井英夫さんの話の中で気になったのが、ウイグル人女性の以下の言葉です。

 「私達ウイグル族には、自分で歴史を書くという、習慣というか、智恵が無かった」
 「日本がうらやましい。日本人は中国から漢字を得たけれども、漢字を用いて万葉集や日本書紀なり古事記なり、自分達の歴史を作ったじゃありませんか。私達ウイグル族は、ウイグル族の歴史を中国人から与えられたんです」

 確かに日本人はこれまで自分で歴史を書いてきたし、作ってもきました。
 が、このまま行くと近い将来、ウイグル人同様「日本人の歴史を中国から与えられる」ってことになりはしないか?と、私は半ば本気で心配しています。

 実際、もう20年以上も前から日本には近隣諸国条項という愚かしいものが存在しており、それが教科書に反映されています。近現代史の記述については、中国(や韓国)に「配慮」をしなくてはいけなくなっているのです。

 いや、それ以前に、大東亜戦争で敗北した日本人はGHQに「洗脳」を施されました。教科書も大きく塗り替えられました。その意味では「日本人の歴史をGHQから与えられた」とも言えるわけですよね。

 つまり日本は現在までに、たとえ国土は征服されていなくとも(竹島や北方領土のように一部は不法占拠されてしまっていますが)、精神面ではかなりの部分を征服されてしまっていると言えるのかもしれません。

 となると、私が先ほど書いた「他民族に一度も征服されることなく、民族の歴史――言語、文化、伝統、さらには感性、情緒性なども含めて――を何とか維持し続けてこられた日本人は、幸運だったとしか言いようがありません」というのは、厳密に言えば正確ではなくなりますね(T^T)

 それでなくとも現代はグローバル化の時代。
 この大きなうねりの中で日本人が日本人であること、日本人であろうとすることは、簡単なようでいて本当はとても難しいことだと思います。

 それでも私たちは呑み込まれてはいけない。祖国である日本を愛し、日本の歴史や伝統や文化を大切にし、それを後世に伝えていくべき責務を負っているのです。
 連綿と続けられてきた先人たちの努力を、決して無駄にはしてはならないのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お気楽くっくり」更新済
 R-1ぐらんぷり。バカリズムがいちばん面白かったです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

村山談話白紙撤回の署名にご協力ください。

megumi080328-1.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。
コピーフリーです。世界に広めましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/480-3d073d85
韓国、 定着する「性犯罪国家」のイメージに焦りの声」という記事があった。 理性というものはないのだろうか? 韓国には信じられない...
2009/02/21(土) 11:20:20 | ねぇ知ってたぁ?

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索