ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

TBSの東條英機のドラマを見て感じたこと

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 拙ブログでは毎週木曜は通常、前日の水曜に放送されている「アンカー」青山繁晴さんコーナーのテキスト起こしをUPしてるんですが、実は今週は放送時間が短縮されており、青山さんコーナーはお休みでした。

 その代わりと言っては何ですが、12/24(水)はTBSで「シリーズ激動の昭和 あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機」をやってましたので、今日はそれについて書きたいと思います。

 「どうせTBSだし、また日本軍を悪者にしたドラマなんだろうな。特に今回は東條英機がどんなに悪人だったかってのを見せるドラマなんだろうな」と思って、当初は見るつもりはありませんでした。
 が、あのビートたけし氏が東條英機を演じることを知り、ちょっと興味を持ったので、公式サイトを見に行ったんです。

 で、このたけし氏の発言を見まして――

このドラマで昭和天皇はかなり冷静に、「戦争を望まない、平和を望む」って歌に託しているんだよね。阿部くん演じる石井とか、軍人にも冷静な人間がいたんだよね。だから戦争に関してはね、軍人だけじゃなく、国民全体がお祭り騒ぎになってたところもあると思うよ。代表である首相や軍人が開戦する決断をくださなければならないような空気を国民も作ったんだと思う。どの時代でも、国の大多数である人々にも責任があって、一部の指導者だけが悪いというのは嘘だと思うな。だからね、現代に置き換えても、国民として責任を取る努力をするとか、知識を得なければならないと思うよ。

 ――もしかしたら、ちょっとは期待できるのかしら?と。

 ただ、オリジナルテキスト(原作)が、一部で「蛸壺史観」と批判されてる保阪正康っていうのがちょっと引っ掛かりましたが(wikipedia参照)、まあでも思いっきりサヨクな学者よりはいいかと思い、期待半分、不安半分でしたが、とにかく見てみることにしました。

 第一部のドキュメンタリー部分は細切れにしか見てないのでよく分からないんですが(午後7時前から11時半までって長すぎ!(T^T))、第二部のドラマはけっこう微妙でしたね。

 どんな内容だったか?というのを、めちゃ雑ですが、ドラマのスタンスが表れてるであろう場面を中心にまとめてみました。
 (  )内は私のツッコミです。

 あ、ちなみに東條の側近だった石井秋穂が準主役。石井は開戦反対派です。
 また、総じて開戦派は過去の戦争ドラマにも見られたような声が大きくて高圧的なキャラ設定、開戦反対派は落ち着いてて「良い人」的なキャラ設定でした。


 大ざっぱな内容紹介ここから_________________________
 戦後、東都新聞記者の吉原政一(架空の人物)は、開戦に至る経緯を知るため、当時の言論界をリードした徳富蘇峰を訪ねる。徳富はA級戦犯容疑を受けたが老齢のため不起訴、公職追放されている。

 日本軍による南部仏印進駐に対し、昭和16年7月、アメリカは対日石油輸出禁止という厳しい経済制裁をとり、日米関係は一気に緊張。
 9月には御前会議で、政府と軍部は、外交がうまくいかなければ、「日米開戦を決意す」と決定。

(支那事変については「貧しかった日本は豊かさを求めて支那に進出した」という感じで触れる程度。安全保障上の視点はほとんどスルー)

 が、軍人の中にも開戦反対派はいた。特に海軍は最初は開戦には反対で、外交で解決してくれと政治にボールを投げていた。
 東條英機は開戦派。開戦しなかったらクーデターが起きると心配していた。

 首相の近衛文麿は戦争が嫌い。「新聞もラジオも国民も、国中がアメリカと戦えと言っている」とぼやき、「統帥権があるから馬鹿馬鹿しくてやってられない」と首相を辞任(海軍からボール投げられてたのに何もしなかった)。

 昭和天皇も外交で解決することを望んでいた。天皇は東條にしか開戦は止められないと考え、彼に組閣を命じた(実際のところ東條を首相に据えたのは内大臣の木戸幸一)。
 10月18日、東條が首相に就任したことで開戦は決定的かと思われたが、東條は就任後、9月に行われた御前会議の決定を白紙に戻し、戦争回避に尽くす。

 話は遡るが、昭和15年9月、日本は第二次近衛内閣の松岡洋右外務大臣の熱狂的なリーダーシップにより、日独伊三国同盟を結んだ。この時、軍からは「対米・対英関係と敵対し得策ではない」ということで慎重論があったのだが…(陸軍は賛成、海軍は反対した)。

 新聞記者・吉原の上司は、吉原に記事のダメ出しをする。「他紙を見てみろ!もっと国民が喜ぶような派手な見出しをつけろ!」。当時、新聞各紙は競って戦意高揚記事を書いていたのだ。

 国民が戦争を欲し、陸軍の中枢部にいた石井秋穂が和平を模索するという、奇妙な現象があった。

 一方、日本の情報はアメリカに筒抜け。暗号解読されていた。情報戦ですでに日本はアメリカに負けていたのだ。

 ルーズベルトは日本を叩き潰したかったが、当時アメリカ世論は戦争には反対。だからルーズベルトは参戦の大義名分を探していた。

 新聞記者・吉原は戦後、徳富を訪ねた際に「シナや満州から撤退すればよかったのに」と言うが、徳富は「満州は日本の生命線。もはや支那や満州から撤退することはできなかった。国民が満州を失うことには耐えられなかった。開戦しかないと世論も傾いていた」

 (吉原はドラマ冒頭、「満州は中国の一部なのに日本軍はやりすぎた」と言っているが、満州はそもそも中国(支那)の土地ではない)

 天皇は戦争反対をなぜ強く言わなかったのか?と、吉原に聞かれ、徳富はこう答えた。「『君臨すれども統治せず』を守ったから。臣下は天皇の気持ちを尊重して判断する。明治では上の人が偉かった。伊藤公、山縣公が偉かった。だからみんな従った。昭和の下剋上の軍隊にまともな戦略など立てられない。だから日本は敗れた。が、例外もいる。真珠湾攻撃を任された山本五十六は偉かった。彼には戦争の結果が見えていた」。

 11月1日、最後の政府大本営連絡会議。東條は戦争回避しようと頑張るが、なかなかまとまらない。
 石井秋穂は内閣総辞職を進言する。「そうすれば確実に開戦は遅れる。また一から会議で戦争準備が大幅に遅れる。年が明ければ海も荒れて出撃できない」。

 それに対して東條は言う。「天子様はわしでなくては軍がまとめられんと言って内閣をお預けになった。それを放り出せるか」「今の日本はバラバラ。政治は利権に走り、統帥部はお上の名を借りて勝手に戦争。貧しい庶民が増加。ひとつにまとめて挙国一致、東亜に新秩序を打ち立てるのが使命」「代わりの首相が立ち一時の和平を得ても、国がばらばらではアメリカにつけこまれる。明治以降、国民の手で作り上げてきた帝国が、下手をすれば未来永劫、奴隷国家になってしまう。そうしたくはない」

 それに対し石井は「それでは戦争は回避できない。今の日本はバラバラでよい」「『高貴なる帝国』であるが故に戦争をしたくなるのではいか」

 もし内閣総辞職をしていれば歴史は変わったかもしれない。が、東條はそれをしなかった。それが彼の限界だった。…と、徳富の呟き。

 結局、16時間かけたこの日の会議で開戦が決定的となった。
 東郷外相は責任をとり辞任を考えたが、後任に開戦派が就くのを恐れた外務省幹部に慰留され留任。
 賀屋蔵相はこの会議の議定書にサインすることを拒んだが、結局翌日サインしてしまった。

 東條は天皇に「開戦は12月初頭とし、対米交渉は12月1日午前0時をもって打ち切り、我が国は自存自衛のため、対英米蘭に対し戦いを…」と号泣しながら上奏した。

 11月26日の日米交渉で日本はハル・ノートを突き付けられた。
 ハル・ノートの原案にルーズベルトが興味深いメモを添えていた。「日本がこれを受け入れる可能性はほとんどないだろう」。
 スチムソン陸軍長官は日記で、「大統領は日本は無警告攻撃で悪名高いと言う。問題は日本をどう誘導していくか。最初の一発を日本に撃たせるように…」。

 日本政府はハル・ノートで開戦を決意。
 徳富は「惜しむらくはもっと早く決断するべきだった。そうすれば戦局も変わった」と振り返る。それに対し吉原は「そのかわり国民の犠牲が早まった」。

 徳富は「米国の属国として甘んじる今日の無残さよりその方がよかったのでは。君たち新聞記者も書いたじゃないか。日本は勝てると。そういう調子で国民を煽った。わしも日本は戦えば一丸となって勝つと思った。日本中がみんな自分自身を買い被っていた。何とかなるだろうと」と返す。

 が、吉原は言う。「気づいていた人たちもいたのでは?石井秋穂中佐のように。このままではまずいと。それを我々に一言でいいから言ってほしかった」。そして「たった一握りの軍人や官僚が開戦を決めて300万人死んだ。あなたにも責任がある」と徳富を責める。

 徳富は反論する。「国民たちは戦意高揚記事を熱狂して読んだ。そういう時代だった。戦争は起こるべくして起きた。わしは逃げも隠れもしない。しかし、あの戦争が間違いとあの時点で誰が分かっていたというのか?分かっていたのはほんのわずかな人間たち。我々は何も知らされていなかった。責任は東條たちが負わなければならない」

 去っていく徳富に吉原は言う。「我々は何も知らなかったのではない。我々は知ろうとしなかった。だから徳富先生にも責任がある。私にも責任がある」

 吉原の最後の台詞。
 「いったい誰があの戦争を起こしたのか。東條だったのか。統帥部だったのか。軍隊を支えた官僚たちだったのか。それともそれを許した我々国民だったのか。まだ私ははっきり分からない。歴史の底に沈んでいく太平洋戦争という事実を、もっとはっきりと記憶にとどめ、それが何であったかを明らかにしなければならない。それが私に残された永遠の課題だと思った。二度と戦争の風景を見ぬために」

 まとめのナレーション。
 ルーズベルトの思惑通りになったが、彼は3年後、勝利を見ることなく死去した……。
 結局始まった戦争で、たくさんの人が死んでいった……。
 東郷は平和主義者だったのにアメリカに断罪された……。
 近衛文麿の長男はシベリアで死亡。その妻曰く「軍人は戦争したがる」……。
 東條の獄中ノートには「日米交渉は誤解の連続」……。
 統帥権という魔物は消え、天皇は象徴となった……。
 東條処刑の日の徳富の日記には「東條は首相の器に非ず」……。
 東條の葬儀は60年前の12月24日に行われた……。

 _________________________大ざっぱな内容紹介ここまで


 ――という感じで。

 他にもいろんな人物が出てきたり、ナレーションで説明があったりしたんですが、はしょってます。そもそもが長丁場のため始めから終わりまでじっくり見てたわけじゃないので(T^T)
 特に会議のシーンはたくさんあって、やりとりを細かく再現してたようです。

 で、私の感想ですが、「それを言っちゃおしまいよ」かもしれませんが、大東亜戦争開戦だけをテーマにしてる上に、東條が首相になる少し前から始まってるので、それまで日本のたどってきた道筋がよく分からない作りになってたように思います。

 ただ、事実を淡々と描いているなという感じはしました。TBSってふだんはほぼ完全に軸足が左なので、その点で言えば異色のドラマだったのかもしれません。

 よく知らない人がこのドラマを見たら、「世間で言われてるほど東條って悪い人じゃないんだな」と感じたんじゃないでしょうか。少なくとも「独裁者」には見えなかった。
 逆に、左の人は「東條を美化しすぎだ」とか言い出しそう。TBSはそれでいいんでしょうか?(^_^;

 良かったのは、「軍部だけでなく政治にも、マスコミにも、国民にも、戦争を煽った責任がある」というスタンスがそこかしこに見られたこと。
 また、東條は望んで首相になったのではなく、陸軍が押し立てたのでもない、ということも分かるようになってました。
 あと、当時は官僚も海軍も陸軍も、みんなとにかくバラバラで、話し合いをしてもなかなか決められなかった。軍部だけでなく外務省はじめ官僚にも問題があった。……ということも分かるようになってたと思います。

 「?」だったのは、近衛文麿が良い人のように描かれてたこと。特に第一部ではそれが顕著だったんじゃないでしょうか。私なんか「ははーん、近衛=文民=善人、東條=軍人=悪人という図式にするつもりね」と思ったほどです。

 そもそも近衛を取り上げるなら、支那事変からやらないと駄目なのでは?「日中戦争の責任を感じていた」とかナレーションは入れてたけど、何かアリバイ作りみたい。

 近衛内閣は第三次までありましたが、もうどうしようもないというか……。
 特に、蒋介石政府との和平交渉(トラウトマン工作)を打ち切って、かの有名な「国民政府を対手とせず」声明を発表してしまった件。そこから泥沼になってしまったわけですよね(近衛は積極的に打ち切ったのではなく何もしなかっただけという話も聞きますが、それもまた無責任な話ではないでしょうか)。

 とにかく、政治家として有効な手を何も打てず、投げ出しちゃった無責任な人というのが、大方の歴史家の見方だと思うんですが。


 気になったこと、もう一つ。

 第一部で「統帥権」の説明がありましたが、「統帥権干犯」問題には触れなかったですよね。でもこれって、軍部の「暴走」つまり文民統制を考える上では非常に大事な問題だと思います。
 まぁゴールデンタイムの民放、しかもTBSにそこまで触れろっていうのも無理な話かもしれませんが。

 「統帥権干犯」問題については、田母神論文が問題になったのをきっかけに、「文民統制」の視点から言及されることもしばしばあるようですので、ご存知の方も多いと思いますが、ご存知ない方はwikipediaとか、あとこちらのサイトなども参考になさって下さい。

 それまで全く問題にされなかったのに(というか、いろんな解釈ができるので議論が分かれてた?)、昭和5年、ロンドン海軍軍縮会議をきっかけに出てきたのが「統帥権干犯」問題。
 私もあまり当時の政治状況などに精通してないので細かなことはよく分かりませんが、明らかな事実として言えるのは、野党が濱口内閣を「統帥権干犯」だと非難し、政治問題にしてしまったことです。

 野党だった政友会の鳩山一郎や犬養毅が軍部と呼応し、統帥権を政争の具にしてしまったのです。これに陸軍や右翼、マスコミも乗っかって、問題はさらに大きくなってしまいました。

 「統帥権干犯」問題は軍部の「暴走」の例としてよく出されるようですが、決して軍部が先に騒いだのではなくて、あくまで野党が政治抗争のために利用したのが発端で、それが後の軍部の「暴走」の下地を作ったということです。

 そもそも軍部は暴走しようにも、議会が予算を通してくれなければ何もできません。軍といえども官僚組織なのですから。
 「とにかく軍部が悪かったんだ」と主張する人は多いけど、予算を通した政治の責任も問うべきではないでしょうか。

 とにかく、こういう国家の根幹や行く末に関わる重大なことを政争の具にしてしまうというのは、戦前も今も変わらないですね。今も国防とか安全保障とか自衛隊とか、ほんとによく政争の具にされますから。

 田母神論文だって、村山談話見直しや憲法見直しという根本的な方向には行かずに、政府叩き、防衛省叩き、自衛隊叩きの具にされてしまってますよね。

 それと、田母神論文が問題にされて以降、政府も政治家もマスコミも「文民統制、文民統制」ってアホの一つ覚えみたいに言ってて、まるで「文民統制さえしっかりしてれば平和が保たれるんだ」と言わんばかりですが、必ずしもそうとは限りません。愚かな文民が国を危機に引きずり込んだ例も少なくありません。

 たとえばヒトラーは文民です。選挙で国民の圧倒的支持を得て政権を取り、軍を動かしました。軍もヒトラーのやり方には反対しながらも、文民統制に忠実に従いました。その結果、ドイツはどうなった?
 (第二次世界大戦時の為政者を見ると、大半が文民です。文民でなかったのは、スペインのフランコ、蒋介石、この2人は軍人です。フランコは第二次大戦では巧みな外交で中立を守りました。軍人=「好戦的」「暴走する」とは必ずしもならないという例です)

 日本にはヒトラーのような独裁者はいなかったけれど(日本で東條英機を独裁者のように思っている人は、さすがにもういないでしょう)、逆に、政治家が決断できないという状況にあったわけで、それが日本にとっての不幸でした。
 ……あ、実は今もその不幸は続いてるんですね(T^T)

 「WiLL」09年2月号で、小林よしのり氏がこのように指摘していますが、本当にその通りだと思います。

 結局、体質は戦前となにも変わらないわけですよ。戦前は軍部の暴走だったというけれど、政治が腐敗していて政治家がなにも決断しないという状況があった。満州や支那をどうするのか、政治でちゃんとプランを決めて、軍人を説得できる政治的論理で軍を導かなければならなかったのに、その役割を果たせなかった。

 現場にいる軍は、たとえば満州で居留民がテロの脅威にさらされるとなれば、現場の権益と居留民を守るためには動かざるをえない。なにも私利私欲のために動いたわけじゃない。

 今だって、もし拉致問題を自衛隊が独自に動いて救出したらどうなるか。国民のために動いて、国民の命を守ったとなれば国民は拍手喝采するでしょう。しかし政治家に決断力もなければ、軍を使いこなす能力もない。これは戦前と同じなんです。


 あと、マスコミが国民を煽って世論を誘導したり、時には日本の将来を大きく左右してしまうという点も、戦前と変わらないですね。
 もっとも今はネットがあるので、マスコミの欺瞞に気づいてる国民も大勢いるんですが(今ここをご覧の皆さんのように)、残念ながらまだまだ一つの「勢力」とはなり得ない。

 ドラマにもあったように、戦前のマスコミ、特に朝日新聞なんかは大いに戦意高揚記事を書いて世論を煽りました。
 それがどのぐらいひどい記事だったか?っていうのは、「百人斬り」のでっち上げ報道(これは毎日新聞)などを見ればだいたい分かりますが……、実は最近、面白いものを入手しました。

 飛鳥新社「1937南京の真実」
 これはドキュメンタルコミックとコラムで構成されている本ですが、特別資料として、南京陥落を報道した朝日新聞と毎日新聞の原寸大カラーコピーが封入されてたんです(実はそれを目当てに買ってたりして(^^ゞ)。

 それが以下の2点です。
 (裏面もありますが今回は表面だけをUP)

081224asahi.jpeg

081224mainichi.jpeg

 これらの南京陥落報道について、大高未貴さんのコラム【当時の日本の新聞は“南京攻略”をどう報じたか】より一部引用。

 朝日新聞が、トップに真紅の日章旗を掲げ、赤文字で「南京遂に陥落す」と大書きしたのは昭和12年(1937年)12月10日の夕刊である。この大見出しに続いて「全城門、城壁に日章旗」「直(ただち)に残敵掃蕩(そうとう)戦開始」「抗日の本墟ここに覆滅(ふくめつ)」などの活字が躍る。誰がどう読んでも、南京攻防に決着がついたと読める構成だ。

 しかし、南京が本当に陥落するのはそれから3日後の12月13日、完全な虚報である。では、なぜこんな虚報が堂々と罷り通っていたのかといえば、当時の新聞が、戦意高揚と好戦的な国民の期待に迎合する形で、先を競って戦争報道を繰り広げていたからだ。

〈中略〉朝日新聞だけが先走りしていたわけではない。大阪毎日新聞は、南京陥落から6日も早い12月7日「南京攻略成る」「敵戦意を失うて潰走」「我軍の猛攻、見事奏功」と報じている。もっともこの記事の片隅に、虫眼鏡でないと読めないような極小の活字で「敵の本防衛線を占領し南京城攻略の態勢を完成せり」とある。紙面全体を覆う、活劇映画もかくやと思わせる戦闘描写の中で、この数行だけが真実を伝える報道だったのだ。

 こうした、東スポ的「勝った!勝った!」という先走り報道を受け、国内ではあちこちで祝賀行事や提灯行列が敢行され戦況は天皇陛下にも上奏され「陛下の御機嫌斜(ななめ)ならず」というニュースまで流れた。

 こうした誇大報道に対し入江相政侍従は「刻々戦況を上聞に達した(陛下に報告した)と(朝日新聞に)書いてある。実に出鱈目も甚だしい」と日記に怒りを記し、上海の軍報道部の責任者の一人、馬淵逸雄は、「南京完全占領が(陛下に報告されたとあっては)両三日中に達成できなければ自決の外無し」と覚悟を決めた。新聞の暴走は、戦争当事者の軍人にまでプレッシャーを与えていたのだ。

 「軍部が暴走して勝手に戦争を始めた」と一方的なことを言う人は多いけど、実際はこのようにマスコミが煽って、世論もイケイケドンドンになって、それが軍部を後押ししたという側面があるのも確かです。

 戦後、特に朝日新聞なんかはそのことに完全にほっかむりして他人事のような顔をしてますが、日本が二度と戦争をしない、あるいは巻き込まれないためには、何よりもまずそういったマスコミが反省する必要があると私は思います。


※参考リンク
NHKスペシャル 「御前会議」太平洋戦争開戦はこうして決められた
 番組起こしです。石井秋穂氏がインタビューに答えています。今回のTBSのドラマによれば石井氏は平成8年に亡くなってるので、これはそれ以前に放送されたものでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

megumi080328-1.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。
コピーフリーです。世界に広めましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/453-0f399f01

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索