ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「ザ・スクープ」真珠湾以前に米国が日本爆撃を計画していた

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

【追記:12/8 13:05「サー・フォール」の記事】

 本日12月8日は真珠湾攻撃の日ということで、ここ数日、テレビ各局がさまざまなドキュメンタリーやドラマを放映していますね。

 そんな中、昨日7日にテレ朝系で放映された「ザ・スクープスペシャル」第25弾、その第一部「幻の米国“日本先制爆撃計画”67年目の真実」は大変興味深かったです。

 テキスト起こそうかなとも思ったんですが、実は公式サイトで放送翌日より動画が配信されるそうなんです。皆さんにはそちらを是非ご覧いただきたいと思います。

 ただ、動画をなかなかゆっくり見られないって方もいらっしゃるでしょうから、いちおう内容をざっと説明しておきますね。
 
 「元ネタ」はアメリカ人のアラン・アームストロング氏が書いた『「幻」の日本爆撃計画―「真珠湾」に隠された真実』という本で、実は真珠湾攻撃以前に、アメリカが日本本土への先制爆撃を秘かに計画していたという内容です。

 日本でもネット等で少しは紹介されている話ではあるものの、計画を裏付ける具体的な証拠には行き着かない。
 そこで長野智子キャスターが渡米、国立公文書館でその証拠史料を見つけます。

 それは秘密文書(CONFIDENTIAL)で、ファイル名は「JB355」。JBというのはJoint Boardの略で、当時の統合本部、つまり軍上層部を指します。
 「JB355」は1941年5月10日から7月18日まで、97枚にも上ります。
 文書の大まかな内容は以下のようなものです。

・戦闘機350機、爆撃機150機を用意し、1941年11月1日には計画を遂行できる。
・中国から飛び立ち、日本本土に焼夷弾を落とす。攻撃目標は長崎、神戸、大阪、東京(つまり真珠湾攻撃とは違い、民間人への無差別爆撃)。
・この報告を承認するというルーズベルト大統領の直筆サイン「FDR」が入っている。FDRは「Franklin Delano Roosevelt」の略。

 ただ、皆さんよくご存知の通り、ルーズベルト大統領は選挙公約で戦争はしないと言っていたし、アメリカ国民も6割が戦争反対だったため、正規軍に日本を先制攻撃させるわけにはいきませんでした。

 そこで、中国国民党を支援していたアメリカ合衆国義勇軍(正規軍ではない)の航空部隊で愛称「フライング・タイガーズ」に爆撃を実行させることにしました。
 つまりアメリカは中国を隠れ蓑にして日本を先制攻撃しようとしたのです。

 この計画を主導したのは、「フライング・タイガーズ」の司令官だったクレア・リー・シェノールト(Claire Lee Chennault)と、ルーズベルトの補佐官でシェノールトとアメリカ政府とのパイプ役を務めたロークリン・カリー(Lauchlin Currie)の2人です。

 シェノールト(日本では「シェンノート」と呼ばれることが多いそうです)はわりと有名じゃないでしょうか。蒋介石に雇われたアメリカ軍予備役士官でした。妻は中国人でアメリカで存命中です。

 当事者2人はすでに亡くなっていますが、本人の生前の証言(カリーは亡くなる2年前の1991年、アメリカの報道番組「20/20」で計画の存在をはっきり認める証言をしています)、本人が残した自伝、家族の証言などにより計画の存在が裏付けられていきます。

 なぜ計画は実行されなかったのか?というと、実は日本側に事前に計画が洩れていたらしいんですね。
 が、それよりもっと大きな理由、というか本当の理由は、アメリカ軍に混乱が生じて計画が予定通りに運ばなかった、つまり中国に来るはずの爆撃機がヨーロッパ戦線に回されてしまったことにありました。

 シェノールトはあきらめずに爆撃機の到着を待っていたそうですが、そうこうしているうちに12月8日を迎えてしまったというわけです。


 この日本先制爆撃計画については、実はアメリカ国内でも報道されていて、アラン・アームストロング氏は著書でこう述べているそうです。

 「あの時(アメリカが)先制攻撃をしなかったために、真珠湾攻撃が起きてしまった。もし先制攻撃があったなら、日本は本土防衛を優先する方針に転換して、結果としてアメリカとの戦いを避けて、甚大な被害を招かなかったかもしれない

 つまり「先制攻撃すればよかったのに」という文脈で、アメリカでは報じられていると。

 ただ、アメリカは政府も多くの国民も「Remember Pearl Harbor!」、1941年12月7日は屈辱の日だ、真珠湾攻撃がなければ原爆投下もなかったんだ、という認識で今もいるわけですよね。
 それが実はルーズベルトが公約を破って先に戦争を仕掛けようとしていたんだとなると、マズイというか、この計画の存在を素直に受け止めるわけにもいかないんじゃないでしょうか(特に政府は)。

 歴史に「たられば」はないと言いますが、もし真珠湾攻撃よりも前に中国に爆撃機が到着していたら、日本はどうなっていたでしょうか?アームストロング氏の言うように、結果的に戦争全体の犠牲者は少なくすんだのでしょうか?私には分かりません。

 ただ、どういう道筋を辿ったとしても、日本は白人支配を打ち破るため立ち上がらなければならなかった、有色人種の先陣を切って立ち上がらなければならなかった、その運命は変えられなかっただろうと私は思います。


 いずれにしても、こうやって史料が発掘されたり検証されて、歴史の真実が明らかになっていくのは良いことですよね。

 これは中西輝政氏が「WiLL」1月号で述べられていることですが、第二次世界大戦についての史料は、敗戦国ではほぼ出尽くしているのに対し、戦勝国のそれは、この10年ようやく本当に重要な史料が出始めたばかりと言ってよいのだそうです。

 ソ連崩壊後、様々な新史料が出始めており、また、21世紀に入ってから欧米各国が第二次大戦に関する重要な秘密資料を徐々に公開するようになったことがとりわけ大きいと。

 公開することになった理由として、冷戦が終結した以上、秘密資料を出してももはや国益を損なうことはないとの判断と、もう1つ、旧ソ連側から東京裁判の判決が多くの点で明白に誤りであることを裏付ける史料が次々と出てきたため、欧米諸国もそれを隠し通すことはできないと判断したからだとも言えるそうです。

 もちろんまだまだ非公開の史料は多いのですが、研究者が新たに公開された史料をつぶさに検証していくことで、たとえば、田母神論文も別段おかしなものではないということが、世間一般に認知される日もそう遠くはないかもしれません。

 (余談ですが、渡部昇一氏は田母神論文を批判した秦郁彦氏について、「秦氏は支那事変の研究についてのある意味での先覚者ではありますが、その後に発見された様々な史料、特に21世紀になってから発見された史料や研究には目をつぶっておられるように見えます」と指摘をしています。これも「WiLL」1月号から)


 ちなみに、第一部「幻の米国“日本先制爆撃計画”67年目の真実」ではもう1つ、真珠湾攻撃にまつわるエピソードが紹介されました。

 真珠湾攻撃で戦死した「九軍神」、実はこの部隊は全部で10人いたのに、残りの1人についてはその存在を軍により隠蔽されてしまいました。それは捕虜第1号になってアメリカ本土に送られた酒巻和男さんです。
 酒巻さんについての詳細はWikipediaなどをご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【追記:12/8 13:05】

 私としたことが、紹介し忘れてました(^^ゞ

081207kudou.jpeg

漂流中に日本海軍「雷」が救助、元英大尉「恩人」の墓訪問(読売12/7)

 サー・フォール(サムエル・フォール卿)がついに工藤俊作艦長の墓参を果たされました。
 産経12/7によると、「墓前への献花では、高齢のため車イスを使うフォール氏が『座ったままでは失礼』と立ち上がって敬意を表し、戦時に工藤艦長が示した武士道に英国の騎士道で返礼した」のだそうです(T^T)

※拙ブログ関連エントリー
 11/3付:「雷」工藤艦長の武士道精神とサー・フォールの報恩

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お気楽くっくり」更新済
 年末だからよけいに心配になったのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

megumi080328-2.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。
コピーフリーです。世界に広めましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/445-b323439c

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索