ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

田母神氏参考人招致(付:「ムーブ!」勝谷さんらの見解)

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 本日11日、田母神俊雄・前航空幕僚長に対する参考人質疑が参院外交防衛委員会で行われました。
 テレビ中継がなかったのは残念ですが、今はネットという有り難いものがあります。
 本日の模様は参議院インターネット審議中継 -ビデオライブラリ-から見ることができます。左の「会議検索」からどうぞ。

 私、火曜日はもともと仕事が忙しくて、しかもこれ2時間半以上あるという……(T^T)。後日、時間ができたらじっくり見てみたいと思います。

 とりあえず読売新聞から「主なやりとり」を引用。
田母神氏・参考人招致の主なやりとり(読売11/11)
 11日の参院外交防衛委員会で行われた田母神俊雄・前航空幕僚長に対する参考人質疑の主なやりとりは次の通り。


 ◆懸賞論文紹介

 浅尾慶一郎氏(民主) 懸賞論文は自衛隊の誰に紹介したか。

 田母神氏 航空幕僚監部の教育課長に「こういうものがある」と紹介した。指示をしたのではないかと言われたが、指示をすれば多分90とか70なんぼという数ではなく、1000を超える数が集まると思う。

 ◆隊内誌への寄稿

 浅尾氏 (隊内誌の)「鵬友」昨年5月号に、論文と同趣旨の意見を発表している。寄稿の際に内局等から注意はあったか。

 田母神氏 なかった。

 ◆更迭の感想

 浅尾氏 航空幕僚長を解任された感想は。

 田母神氏 (過去の植民地支配と侵略への「深い反省」を表明した)村山談話と異なる見解を表明したことで更迭されたということだが、シビリアンコントロール(文民統制)の観点から、防衛相が「見解の相違がある」と判断されて解任するのは政治的に当然だろうと思う。私の書いたものはいささかも間違っているとは思っていないし、日本が正しい方向に行くために必要なことだと思っている。

 浜田昌良氏(公明) 良心の痛みを感じないか。

 田母神氏 論文を書いて出すのに大臣の許可を得ている先進国は多分ない。言論統制が徹底した自衛隊にすべきではない。政府見解で言論を統制するのはおかしい。

 浅尾氏 (隊内誌に寄稿した)1年前は問題にならなかったことをどう理解するか。

 田母神氏 今回は多くの人の目につき、マスコミ等で騒がれたからだと思う。

 犬塚直史氏(民主) 航空幕僚副長が、「辞職をするか、懲戒手続きの審理辞退の意思表示をしてくれ」と言ってきたことをどう感じたか。

 田母神氏 自衛官も言論の自由が認められているはずだから、言論の自由を村山談話によって制約されることはないと思っていた。副長には、「どこが悪かったのかを審理してもらった方が問題の所在がはっきりする」と申し上げた。

 ◆退職金

 浜田氏 退職金(6000万円)を返納する意思はあるか。

 田母神氏 意思はない。

 ◆アパグループとの関係

 浅尾氏 (代表の)元谷(外志雄)氏から資金提供やその他便宜を受けたことはないか。

 田母神氏 資金提供等は一切受けていない。

 ◆憲法改正

 浅尾氏 論文で集団的自衛権や武器使用について政府解釈と異なっていることを言っているが、政府解釈を変えた方がいい、憲法を変えたほうがいいと思って書いたのか。

 田母神氏 一般に話されているようなことをまとめて書いて、日本の状況はこうなっていると言っただけだ。今はもう改正すべきだと思っている。国を守ることについて、これほど意見が割れるようなものは直した方がいいと思う。
(2008年11月11日13時12分 読売新聞)

 詳報は産経に載ってます。

【田母神氏招致・詳報】(1)「後世の歴史の検証に耐えうる質疑をお願いする」
【田母神氏招致・詳報】(2)「村山談話の見解と私の論文は別物」
【田母神氏招致・詳報】(3)浜田防衛相「憲法に関し見解を述べることは一概に禁止されているわけではございません」
【田母神氏招致・詳報】(4)「自衛官にも言論の自由。どこが悪かったか審理してもらった方が…」
【田母神氏招致・詳報】(5)「絶対に意見が言えないと…どこかの国と同じくなっちゃう」
【田母神氏招致・詳報】(6)「ワインの会に都合3回ほど出席した」
【田母神氏招致・詳報】(7)「日本の国はいい国だったと言ったら解任された」
【田母神氏招致・詳報】(8)「yahooでは…58%が私を支持している」
【田母神氏招致・詳報】(9)「国家観なければ国は守れない」
【田母神氏招致・詳報】(10)「カリキュラムの中身は把握しておりません」と浜田防衛相
【田母神氏招致・詳報】(11)完「日本だけが悪いと言われる筋合いはない」

 今回の参考人招致は、自民党が「田母神氏に持論を展開させる舞台をつくる必要はない」として、田母神さんの意見陳述に続いて各党が質疑する従来の形式は取らず、テロ特改正案の審議に田母神さんが出席し、質問者の指名があった場合に限り答弁する通常の委員会形式で実施されました。

 だから私は、残念ながら田母神さんが「国会の場で堂々と持論を主張をする」という展開にはならないだろうと思ってたんです。
 が、報道をざっと見た限りにおいては、私の予想よりは持論を述べる機会に恵まれたようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 以前、自民党からも民主党からも田母神さん擁護の声が出ているということで、「現役雑誌記者によるブログ日記!by オフイス・マツナガ」さん11/4付を紹介しました。
 今日の参考人招致に先立ち、自民党の国防関係合同会議が行われたのですが、そこでもやはり田母神さん擁護論が出たようです。

自民国防関係会議、田母神氏の歴史観を擁護する意見も(日経11/11)
 自民党は11日午前、国防関係合同会議を開き、政府見解に反する論文を公表した田母神俊雄前航空幕僚長の更迭問題について議論した。出席した議員からは田母神氏の歴史観を擁護する意見も出た。

 衛藤晟一参院議員は「(日本の侵略と植民地支配を認めて謝罪した)村山談話は閣議決定されて効力はあるが、職務と歴史観は関係ない」と指摘。西田昌司参院議員は「田母神氏の論文には問題がないと感じた。歴史観が処分の理由なのか、政治家が議論して現場の自衛官を戸惑わせないようにすべきだ」と語った。

 幕僚長を国会同意人事とすることにも「日本の司令官が政治に左右されてしまう」(有村治子参院議員)など慎重論が相次いだ。一方、玉沢徳一郎元防衛庁長官は「文民統制を外して行動を正当化するのは大問題だ」と批判した。(13:26)

 もうほんと、みんな堂々と、広く深く議論しろよと思う。田母神さんの歴史観を批判してる人たちも、どこがどう間違ってるかって具体的な指摘はほとんどしなくて、「捏造だ」とか「危険だ」とか一言で終わらせてるでしょ。
 深く議論したら何かヤバイことでもあるの?村山談話が間違いだとなるとマズイから?などと疑念を抱いてしまいます。

 参考人質疑終了後、田母神さんは記者に対して、「村山談話は言論弾圧の道具だ。自由な言論を闘わせることができないならば、日本は北朝鮮と同じだ」と述べましたが、ほんと、その通りだと思います。

 論壇やネットだけで議論してるんじゃなくて、政治家が、国の舵取りを任されている人たちこそが、率先して議論すべきだと思いますよ。「文民統制」云々言うんだったら尚更です。
 (だけどそういう芽が出てきたら出てきたで、マスコミがいつも潰しにかかるんですよね(T^T))

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて、今日の「ムーブ!」ではこの件がトップで扱われました。
 いつものように全てを起こす時間はないので、コメンテーターの発言要旨のみ紹介しておきます。
 コメンテーターは勝谷誠彦さん、須田慎一郎さん、富坂聰さん。

須田慎一郎
「(浜田防衛大臣の答弁は)もう完全に逃げの一手。インド洋給油法案が控えてるから、ここを何とか乗り切れば問題なくなるだろうということで」

勝谷誠彦
「(国会で)徹底的にやるべき。だいたいあの委員会、麻生首相に出席を求めてないのが、民主党はまずひとつヘタレ。それからテレビ中継しなかった。これこそ国民が注視すべきもの。テレビの生中継がないと全然緊張感が違う。そのへんでも民主党が昔ながらの国対政治で、むしろどこかで(与党と)手を握ってるんじゃないかとすら思う。追及が甘い。国会議員が分かってないのは、空幕長たる自衛官の立場としての発言と、それから自衛官の言論の自由、憲法で保障された言論の自由というのが自衛官というものにあるわけであって、個人の資格で言うこととは、それ、峻別しなきゃいけない。あれで懲戒免職にしたら、自衛官みんな辞める。職務放棄する。我々に言論の自由はないのかと。自由闊達な議論があることで、国防の自由もあるわけだから」

富坂聰
「昔、明治天皇が軍人勅諭の中で、『世論に惑わず政治に関わらず』というふうに、軍人に戒めている。だからこういう意見があって言いたいなら、立場を変えればいい。辞めて政治家になればいい。もう1つ気づいたのは、(この問題に)中国が全然反応しない。たぶん日本の政治力が非常に落ちたんだと思う。ぎゃんぎゃん言わなくても、もういいと。ほっとけという感じになってる」

勝谷誠彦
中国は今の宙ぶらりんの状態で、日本人が憲法について論議しない状態がいちばん楽。逆にこれで寝た子が起きて、『よし、じゃあ論議しようじゃないか』となるのをむしろ恐れてるから、今そーっとしてる。田母神さんの、今は(退官したから)いいが、幕僚長時代の発言で問題なのは、今の憲法は改正すべきだと。これは駄目。なぜかというと、軍は憲法によって忠誠を誓っているわけだから、本末転倒になる。だから解任しますと、で、退職金あげるから辞めて下さいというのが、いちばんまっとうな落としどころ」

須田慎一郎
「軍だけじゃなく、公務員も憲法を遵守することが求められてる。要するに公務員としての資格から離れてしまう。(論文応募が組織的関与だったか?について)この問題は重要で、田母神さんは防衛学校で先生役をやってる。どうも授業の中で自分の思想を教えた形跡がある。組織的に考えを広めようとした。その一環でこの応募が出てきたと考えれば、相当根深い。私が取材した中でも、『私は田母神チルドレンです』と胸を張って言う自衛官もいる。相当思想が浸透して、危険な状態になっていくのではないか

【アパグループの元谷代表(小松基地金沢友の会会長)と田母神氏との関係、さらに小松基地のある石川県を地元とする森元総理との関係、さらに安倍元総理、民主党の羽田元総理との関係(この3人は12月の授賞式に招待されていた)について説明があった後】

勝谷誠彦
「地元の企業と地元の基地は非常につながりがあるし、軍を知る人だったらだいたい分かると思うが、確かに田母神さんは(応募するように自衛官らに)言ったんじゃないかもしれない。しかし上官の意思を忖度して先に動くというのは、できる軍人の基本。言った、言わないという民間の理屈で押し通しても無理がある」

081111move.jpeg

【民主党は責め手に欠けたのかもしれない。田母神氏とつながっているのではないかという話も出ている。鳩山由紀夫夫妻がアパグループ主催の「日本を語るワインの会」に参加していた。鳩山氏側は「全体のムードもお話も特異なことが多かったため、ほとんど話もせず、失礼にならないように中座した」と弁明している、という説明があった後】

須田慎一郎
「呼ばれたからって、ひょいひょい付いていくのもおかしな話で、ただ、選挙があったり政治家としての立場を考えると、自分にプラスになるんじゃないかと出かけていってしまう見識のなさが、こういう状況を招いた。民主党も無関係とは言えないんじゃないか

勝谷誠彦
元谷さんは頭の悪い保守の典型で、日本の保守を応援してるつもりで、さんざん耐震偽装の時も安倍さんとの関係を取り沙汰されたり、ずっと足を引っ張ってる。だいたい、南京大虐殺は中国の情報謀略戦、日本の核武装の重要性、これらを何で語っちゃいけないの?別に語ったっていいいじゃないですか。こういうこと語るなっていうことの方が言葉狩りであり、思想統制じゃないですか。(鳩山氏は)『行って話をしましたけど、私の意見は違いますよ』と言えばいいだけの話でしょ。こういう風潮(田母神氏と話したこと自体を隠そうとすること)の方が、僕ははるかに嫌な感じがするね

 一同シーン(何か言えよ、司会の堀江さん!)。
 このままコーナー終了。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 田母神さんご本人が近いうちに「たかじんのそこまで言って委員会」に出演されるそうなので、そこでまたいろんな話が聞けるのではないかと思います。

 (本当は11/9放送分に出演予定でしたが、参考人招致が決まったため欠席、代わりに元自衛官の恵隆之介さんが出演されました。なお、珍しくYoutubeに11/9放送分「たかじん委員会」がUPされてるのを見つけました。ご覧になってない方は、削除される前にぜひご覧下さい)

 では仕事に戻ります(ToT)/~~~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※参考リンク
【政論探求】「田母神論文」審査の真実(産経11/11)
 アパグループ懸賞論文の審査委員の1人だった中山泰秀衆院議員(当時外務政務官)。本人は出席せずに2回の審査会に秘書を代理として出席させた。この秘書が事実に反することをテレビで話したため、田母神氏を最優秀賞にするための工作があったのではないかと疑われる要因となった。とのことです。
東京裁判60年 歴史観の呪縛から脱却を(産経社説11/11)
 奇しくも、東京裁判の判決から11月12日で60年。
 「日本の教育界や政界が、いまだにその(東京裁判史観の)呪縛から抜け切れない状況は異常である。戦前・戦中の日本の歩みを冷静に見つめ直す時期だ。近年、南京事件などについて、異なる立場からの実証的な研究が進んでいる。この流れを大切にしたい。もちろん、戦争を美化してはならぬが、戦後の価値観で日本の過去を裁くこともしてはならない。当時の国民がどんな価値観をもって行動したかを理解する姿勢が必要である」

※拙ブログ関連エントリー
11/8付:「ムーブ!」田母神論文で勝谷さんの苦悩?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

megumi080328-1.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。
コピーフリーです。世界に広めましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/431-306ebb8c
 田母神さんの参考人招致について各社が社説を発表した。 読売、朝日は言論の自由を履き違えたと田母神さん批判、産経は村山談話、集団的自衛権の見直しの必要性と、民主党の自衛隊の統合幕僚長や陸海空幕僚長の4人を国会同意人事の対象とする考えの批判を書いている。...
2008/11/12(水) 17:35:00 | 無党派日本人の本音

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索