ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

日教組とズブズブの民主党に政権は託せない

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

 ブログのメニューに貼らせてもらっているアンケート「日本は核武装すべきですか?」。投票受付は10月27日(月)までです(日付が火曜に変わった瞬間に終了)。
 まだ投票されてない方は是非ご協力下さい<(_ _)>
 アンケートの概要などについては拙エントリー10/21付をご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて、今日のテーマはずばり「日教組」です。
 中山成彬前国土交通大臣の日教組批判は記憶に新しいところですが、今週は森喜朗元首相、塩谷立文部科学大臣からも日教組批判が出ましたね。
森元首相:「戦後教育の過ち」日教組を批判(毎日10/21)
 自民党の森喜朗元首相は20日、名古屋市での講演で、日本教職員組合について「親や子供を殺すようなことが珍しくもない世の中になったのはなぜか。やはり戦後の日教組教育の大きな過ちだ。それが民主党の支持団体じゃないか」と批判した。同党では、中山成彬衆院議員が同様の日教組批判などで失言をし、先月末に国土交通相を辞任している。

 森氏は、衆院解散・総選挙については「(年内選挙であれば)常識的には11月30日投開票になるが、国際金融問題で主要8カ国(G8)などの首脳会合をやろうと、ブッシュ米大統領が呼びかけている。麻生太郎首相も少し悩みが多いかと思う」と述べた。【近藤大介】

 森元首相のこの講演(愛知県連主催の時局講演会)における発言のうち日教組に関する部分、毎日新聞の報道は紋切り型でよくわからないんですが、現地で取材した産経の加納記者のメモにはこうあります(産経の阿比留瑠衣記者のブログ10/21付より)。

【日教組、官公労批判】

 あの政党でまとまって、ものがやれるはずがない。一番大事なことを言えば教育がそうでしょう。まだ日教組にへいへいしているんでしょ、あの政党は。道徳教育反対、粉砕。可哀想に中山さんが本当のこといったら、マスコミで寄ってたかってつぶしちゃったけど、言った中山君も考えなければならなかった面もないこともないが、文部(科学)大臣をやっているから彼はよく分かっているんですよ。日教組は加盟者が少なくなったとはいうけれども、根っ子にはかつて社会主義の世の中を作ろうと思った連中がまだいっぱいいるんですよ。その連中に子どもを任せられますか? 国旗はいけません、国歌はいけません、道徳教育を受けてません、そんなことを思っている輩が教育界にいて、可哀想な子供たちの教育をしている。親を殺す、子供を殺す、何にも恥部だと思わなければそう珍しくもないような世の中になったのはなぜか。戦後の日教組教育の大きな過ちでしょ。過ちを過ちと認めていない教組の諸君たちが、民主党の支持団体ではないか。

 民主党のマニフェストに、公務員の給与を2割下げると書いてある。本当に下げるのか。この間、前の町村官房長官が人事院総裁と人勧改正の話をするときに、今年はこういう状況だから値上げを待とうという話をしたニュースが伝わっただけで、民主党の政策審議会長の直嶋さんが来て、町村さんに「人勧を遵守しなければならない。何を言うんだ」と抗議を申し入れてきた。どうやってマニフェストの公務員給与を下げることができるのか。こういう政党だということを、どうぞ、世の中に間違った情報が流れて「一回はやらせてみたらどうか」「自民が目を覚ますかもね」ということを試しにやったら大変な混乱した世の中になる。なぜなら、最後まで今でも親方・日の丸でやっているのが日教組と教組と公務員でしょ。そういう皆さんが今の連合の主力だ。そして、民間の正しい労組をうまく立てながら背景にいるのがこの連中だ。まだ目が覚めないのかなと思う。そういう支持団体に支えられた民主党なんだよということを、皆様方で賢明な判断をして我が党へのご支援を。

 日教組の教育のせいで親殺し・子殺しがそう珍しくもないような世の中になった(親殺し・子殺しが増えた)というのは事実としてはないと思いますが、日教組の教育が親殺し・子殺しを「何にも恥部だと思わない」ような人間を増加させた側面は否定できないでしょう。何せ日教組は道徳教育に反対してきたわけですから。

 なお、阿比留記者のブログのこの日の記事では、森元首相の06年10月の産経新聞のインタビューに対するこのような発言も紹介されています。
 「一番の問題は知事だと思うね。知事は必ず自治労と日教組と妥協するんです。それで次の選挙で応援させる。そうすればよほど失政がない限り、2期、3期はやれる。さらに4期、5期…。地方議会も知事の子分に成り下がっている。だから日教組、自治労を壊滅できるかどうかということが次の参院選の争点だろうね。どう決別できるか。民主党にはできないんだから、自民党はそれを争点にすべきだと思うよ」

 他に阿比留記者が紹介しているのは、まず中曽根元首相の1997年2月の発言。「今、日本の指導層になっている50歳から60歳の人たちは戦後の日教組の教育を受けた画一製品で個性がない」。

 同じく中曽根元首相が1998年12月、加藤紘一氏らに言及したこの発言。「戦争中の勤労動員で基礎学力が乏しかったり、(青年期は)日教組がいちばん鋭かったときに教育を受けた。だから考え方が安定しておらず、ジャーナリズムやマルキシズムの影響を受けすぎている」。

 あと、こちらは1998年4月の町村信孝文相(当時)の発言。「これまで、道徳教育がなおざりにされてきた。日教組が道徳教育を『亡き者』にする努力をしてきたのは事実。もっといい道徳教育をつくる努力をしていきたい」。

 町村さんと言えば、2005年8月15日放送のNHK「日本の、これから」に出演した時には、このような趣旨の発言をしています(拙エントリー05/8/16付より)。
 「(学校の歴史教育で)近現代をやるのは先生の思想性が関係してくる。日本は今でも日教組の、まだかなり大勢の教師の方々がマルクス・レーニン主義の教え方をするから、それは困ると。だから江戸時代で終わって、近現代は触らないと。これが事実です」


【画像は昨年7月1日放送TBS「『報道特集』日教組徹底研究」より、杉並区職員組合の事務室に置かれたレーニンの胸像】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 森元首相が発言した翌日、塩谷立文部科学大臣もこのような発言をしたそうです。

文科相、森氏の日教組批判に同調 道徳教育阻害と指摘(共同10/21)
 塩谷立文部科学相は21日午前の記者会見で、森喜朗元首相が20日の名古屋市での講演で親殺しや子殺しと戦後の教育を関連付けて日教組を批判したことに対し、「すべてが日教組の影響とは思っていないが、そういうことも一つの原因になったのかな」と述べ、批判に一部同調する見解を示した。

 塩谷氏は過去の日教組活動の問題点として「例えば道徳教育を阻害したとか言われている部分はあったのかなと感じていた」と指摘。

 その上で「現在は(日教組の)組織率も低下し、昔の活動とはだいぶ変わっているが、個々の地方ではストライキもある。そうした点にはしっかり対応していかなければならない」と述べた。

 森さん、塩谷さんと来て、これを機に自民党議員から日教組批判の発言がさらに続くのか!?と思いきや、残念ながら今のところそういう動きはないみたいですね。総選挙を控え、それどころではないんでしょうか?
 いや、むしろ選挙のことを考えれば、民主党との対立軸を鮮明にするという意味において、自民党としては日教組や自治労の問題は外せないと思うんですけどね。

 ただ、森さんは前出の06年10月の発言の中で「日教組、自治労を壊滅できるかどうかということが次の参院選の争点だろうね」と言ってますから、今回も争点化を狙っての発言だったのかも?

 選挙と言えば、民主党が「これまで早期採決を容認してきたけど、早期解散しないんだったら、その方針を転換するぞ」と言い出したようですね(産経10/23)。

 たとえば新テロ特措法について、民主党は麻生政権誕生後、「昨年、十分議論したから審議は1日でいい」と主張、「反対はするけれども早期の採決に応じる」という方針を決め、実際、21日に衆院であっさり法案を通しましたよね。しかもその時点で、民主党は参院でも早期採決を容認する方針でしたよね。なのに23日になって一転、「参院では十分な審議をする」。……はい?(^_^;
 金融強化法改正案についても、輿石東参院議員会長が「衆院解散先送りの事態が来れば基本方針を変えることもあり得る」と(毎日10/23)。

 やはり民主党は「反対のための反対」で、結局は国民のことなんか全然考えてないんじゃないですか?金融不安で企業から庶民までヒイヒイ言ってる時に、選挙だの政権交代だのそれしか頭にないの?「国民の生活が第一」じゃなかったの?
 ま、実際のところ、早期解散せよという声は与党内にもたくさんありますが、ただ、民主党のやり方はあまりにも露骨だと思います。少なくともこの「方針転換」を支持するコメントを私はこの2日間、テレビで1度も聞いてません。

 ……話がずれましたね。すみません。
 輿石東と言えば日教組。この後、いろいろ書かせてもらいます(^_^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 話を戻して\(^^\) (/^^)/
 上の塩谷立文部科学大臣の発言の中に、「現在は(日教組の)組織率も低下し、昔の活動とはだいぶ変わっているが、個々の地方ではストライキもある」というものがありましたよね。

 日教組の組織率が低下しているからといって、その影響力も低下しているかというと、必ずしもそうじゃないんですよね。
 やる気のない100人とやる気満々の10人、どっちが怖い?って考えたら、すぐわかると思うけど。

 そもそも、日教組の強い県は教育の思想的中立性が疑われるため、組織率を過小申告する傾向が強いそうです。
 先ごろ教員採用汚職が発覚した大分県はその典型で、教員以外の事務職員や管理職の教頭も分母に含めた数値を文科省に報告しています。
 文科省に報告された大分県教組の組織率(加入率)は約65%ということですが、県教委の内部資料によれば、事務職や管理職を除く一般教員の組織率は平成19年10月現在で小学校88.2%、中学校88.3%。しかも、この数値も過小に見積もられた可能性があるということです。
 (月間「正論」08年9月号【なぜかマスコミが斬り込まない大分県教組の闇の顔】川瀬弘至氏による)

 日教組の組織率の高さと運動の過激さ、これも必ずしも比例しません。
 日教組は全国で同じ運動方針を掲げながらも、実際の取り組みには様々な温度差を抱えているからです。
 たとえば北海道やかつての広島県のように文部科学省を頭から敵視し、何事にも反対を唱え、ストライキや実力行使もちらつかせながら裏で妥協点を模索するような「武闘派」が多い地域もあれば、神奈川県や兵庫県のように組織率が高く資金力も豊富な地域では、暴力的な闘争体質は表立っては少ないのだそうです。
 ただ、こういう穏健に見える地域は、一見話し合い先決で協力的に見えるものの、結局は癒着を図り、教育委員会の内部に潜り込み、組合に顔が利くことを利用しながら中から公教育を蝕んでいくケースも多いそうです。
 (月間「正論」08年11月号【後退する教育改革 広島・是正指導から十年の驚愕実態】安藤慶太氏による)

 たとえば山梨県は非常に日教組の組織率が高いのですが(毎日新聞2006年12月17日付によれば100%近い組織率を維持しているとのこと)、ここも実は穏健路線なのです。

 山梨県の日教組、すなわち山梨県教職員組合(山教組)は、民主党の輿石東参院議員の支持母体でもあります(輿石議員は民主党を中心とする日教組の組織内議員団、日本民主教育政治連盟(日政連)のトップでもある)。


【画像は昨年7月1日放送TBS「『報道特集』日教組徹底研究」より、日教組・日政連定期会合での輿石議員】
 
 山梨県教職員組合については、かつて、政治献金問題と教員の政治活動問題が産経新聞で報じられたことがあります。このことは国会でも取り上げられました。

 どのような問題かというと、2004年(平成16年)の第20回参院選に向けて、小中学校の教職員らから組織的に選挙資金を集めていたことが発覚。またその時、選挙対策本部が教員を有権者への電話作戦に動員させていたことも判明したのです。
 これは、学校での政治的活動を禁じた教育基本法や教育公務員特例法の他、政治資金規正法にも違反している疑いがあるとのことですが、問題発覚以後も輿石議員と山教組の関係は依然として続いているそうです。
 (Wikipedia>日本教職員組合>山梨県教職員組合の政治献金問題・教員の政治活動問題及びWikipedia>輿石東>山梨県教職員組合の政治献金問題・教員の政治活動問題による)

 阿比留記者のブログに、当時この問題を調査した自民党の内部文書が載せられています。
10/20付:山梨県の教育会館に関する平成16年の自民党調査報告
 これは、県教育委員会所管の公益法人である教育会館が、山教組の政治団体である県民主教育政治連盟(県政連)の先生方が集まって輿石議員の選挙活動を展開する拠点となっているという情報について、現地に行って確かめてきた際の調査報告です。

 そしてこちらも阿比留記者のブログから、山梨県民の声です。
10/6付:地元紙の投書から・「穏健」と言われる日教組単組の実態
 阿比留記者自身が国会図書館に通って一つひとつコピーして集めた山梨県の地元紙、山梨日々新聞に掲載された山教組批判と輿石議員批判の投書20通分が紹介されています。

 投書を少しだけ紹介すると――

 「(教員は)選挙があると自己の政治信条とは無関係に民主党(旧社会党)候補を応援することを強制される。具体的には1万円のカンパ、50人の個票集めなどである」
 「私は子供の通う学校のPTA総会で、『保護者名簿』を選挙活動のために校外に持ち出すのはやめてほしいとお願いしたことがある」
 「選挙となれば県民の皆さん周知の通り、個票集めや電話戦術、ビラ配りなどを強いられます。『私はこんなことをするために教員になったのではない』と叫びたくなります」
 「選挙運動に疲れた教師が次々と休暇を取り、選挙中にはわが子の学校は自習ばかり
 「中山成彬文科相は、この問題は明らかな違法行為であり、それ相応の処分が行われるべきであると答弁した。(中略)渦中の人物である輿石東国会議員も、自分とは関係のないことと平然としている。この問題は単に選挙資金のだけの問題ではない。特定の政治勢力による県政の支配であり、重大な県民への裏切り行為である
 「不慣れな土地で多くの知人をつくろうと、皆が敬遠するPTA役員も引き受けたが、山教組主催の集会に動員をかけられ知らぬ間に、ある民主党議員の『支持者』にさせられていた
 「輿石東参院議員の言動には度々閉口しております。教育の大先輩としておわびや責任の取り方を全く承知していないことは、上に立つ人としては不幸とさえ思えてなりません

 まさかここまで酷かったとは……。
 こういった地方の声が全国的にクローズアップされれば、民主党に投票する人は格段に減ると思うんですけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私は10年ほど前に購読新聞を朝日から産経に変えましたが、朝日時代、日教組批判の記事を見た記憶が全くありません。
 その点、産経は実例を織り込みつつ日教組の実態をどんどん晒してくれるので、ありがたいです(まあ今はネットもありますけど(^_^;)。

 この火曜日には「正論」に佐々淳行さんの日教組批判が載ってました。ちょっと長いけど保存の意味も込めて全文引用。

【正論】初代内閣安全保障室長・佐々淳行 日教組よ、まず「自己批判」せよ(産経10/21)
 ≪政治信念貫いた中山氏≫

 中山成彬前国土交通大臣が、日教組(日本教職員組合)が日本の教育に及ぼした害悪を批判し、舌禍事件として騒がれた。確かにTPOが悪い。唐突で、麻生新内閣にはマイナスだった。だが中山氏は政治信念を貫いて日教組批判を撤回せず大臣を辞め、堂々と自らの責任をとった。その出処進退は九州男子らしく見事である。

 中山氏の日教組批判は、表現はちょっと粗いものの、国民の大多数が日教組に対して内心で抱く気持ちを代弁したものだ。もちろん、文部科学省(旧文部省)も悪いが、日教組は教育現場で半世紀にわたり、子供の教育よりイデオロギー闘争を優先させ、初等・中等公立学校教育を今日のような荒廃に陥れた。明らかな日教組の弊害である。

 反体制的な自虐史観、日の丸・君が代反対、全国学力テスト反対、デモ・座り込みなどの校外での政治活動優先…と、いちいち、中山氏が指摘した通りではないか。

 日教組関係者は、道徳教育は反対ではないという。しかし彼らが半世紀にわたり、道徳教育の導入に時には集団暴力で、時には陰湿な抵抗運動で反対し続け、児童・生徒たちの公共心やモラル、愛国心の低下をもたらしたこと、これまた歴史的事実である。日教組が文科省との協調に路線転換したのは1995年。だが、公共心、愛国心、道徳教育を謳(うた)った一昨年の教育基本法改正を「改悪」といっているではないか。

 ≪教育講習を暴力で妨害≫

 岡本泰良書記長はじめ日教組は中山氏を批判する前に、まず自ら犯した半世紀の過ちを反省し、謝罪すべきである。黙っていれば、言いたい放題。筆者は歴史の生き証人として、中山氏が言わなかった2つの事例をあえて証言し、日教組の反省と総括、自己批判を強く求める。

 第1は、日教組が文部省の道徳教育に暴力で反対した事実である。昭和33年、全国7つのブロック別に校長・教頭を対象にした「道徳教育講習」が実施されたが、当時の小林武委員長率いる日教組は数千人を動員して実力妨害した。全国7番目、九州地区の別府道徳教育講習には、全国を転戦してきた日教組武闘派2000人が大分県職組、大分全学連と組んで、デモや反対集会を展開した。会場旅館での座り込み、校長・教頭の参加実力阻止と、別府に騒擾(そうじょう)状態をもたらした。

 当時大分県警1300人の警備部隊を指揮したのは、筆者である。

 その渦中で、W巡査部長が日教組の闘争本部に監禁される事件が起きた。筆者は部下のU警備部長らを伴い、警察官の即時解放を求めて、制服で交渉に赴いた。すると、闘争本部では、筆者らを武装解除して人質に、と騒ぎ出すしまつだ。筆者は腕時計をみながら「県警の機動隊には、30分たってわれわれが帰らなければ、突入し、全員検挙せよと命じてある。その時は二宮武夫県議(故人・のち社会党代議士)、貴方に私が手錠をかける」と告げた。間もなくW巡査部長は解放された。

 ≪警官の子を立たせる体罰≫

 第2は、当時警視庁警備課長だった筆者の息子が世田谷区立小学校で日教組闘士の女性教師Sから、警察官の子というだけの理由で、長時間居残り、立たされるという体罰を受けた事件だ。この教師は授業中、「お父さんが警官、自衛官の子は立ちなさい」と命じた。数人がオドオドしながら立つと、クラス全員に「この子たちのお父さんは、ベトナムで戦争し、学生を警棒でなぐっている悪い人たちです」といい、「立っていなさい」と理不尽にも放課後、夕方まで立たせていた。

 帰宅した息子からこれを聞き激怒した筆者はN校長に抗議の電話をかけた。ところが校長は「相手は日教組、争わない方がよい」と応えた。筆者が「公立小学校で親の職業による差別・いじめ教育と、罪のない子供に『立たせる』という体罰について教育委員会に提訴する」と迫ると、校長は当の教師を拙宅によこした。そして彼女は日教組を盾に、「組織をあげて警察の権力的弾圧と闘う」と息巻いた。

 筆者が「私は一個人の父兄として貴方をクビにするまで闘う」というと、女性教師は突然、床に土下座して「クビになると食べていけない。みんな日教組の指示によるもの」と、泣訴哀願したのだ。

 また、京都では警察官の子は勉強ができても成績は「オール3」だったという事実もある。

 自虐史観の日教組は、日本のアジア侵略について、やった方は忘れても、やられた方は忘れないと言っている。同様に子供たちも忘れていない。日教組は、何の罪もないのに理不尽に心を傷つけられた警察官、自衛官の子供たちに謝ってから、ものを言うべし。(さっさ あつゆき)

 自衛官や警官の子を差別する日教組の教師の実例、過去に何度か聞いたことがありますが、佐々さんのご子息も被害者だったとは。

 自分が何か悪さをして、それで先生に立たされたのであれば仕方ないでしょう。が、佐々さんのご子息の場合、お父さんが警官だというだけでこんな目にあった。聖職者が何たる差別主義!
 自分に全く責任がないことで叱られた上に、親をも貶められた子供たちが、どれほど傷ついたか。察するに余りあります。私がもしこんな理不尽な目にあわされたら、きっと一生忘れられません。

 私自身(昭和39年生まれ)は日教組の教師に直接ひどい目にあわされたとか、そういった経験はありません。
 ただ、過去にもここで再三書いたように、小・中・高校(いずれも和歌山市内の公立学校)の12年間、学校で一度も国歌を歌ったことはありませんでした。習うことすらなかった。
 国歌の歌詞を覚えたのは大人になってから。初めて歌ったのはプロ野球の試合前の国歌斉唱の時。どうです、この体たらく!(T^T)
 もし、私の在学中に国歌国旗法ができてたら、学校側と組合側でバトルが勃発してたかもしれませんね(^_^;

 国歌国旗法が施行された後も、卒業式や入学式で一部まだ混乱している学校もあるようですが、ただ、私のように国歌も歌えない、歌詞も知らないという生徒は、今後はもう生まれないはずです(と思いたい)。
 というのも、今年春に文部科学省が告示した小中学校の新しい学習指導要領に、「君が代を歌えるよう指導する」ことを明記したそうなので。これまでは「君が代を指導する」としか書かれてなかったそうです(産経3/28)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 これまた産経からなんですが、読者投稿欄「談話室」に日教組にまつわるひどい体験談が載ってました。
 投稿者名は紙面には実名で載ってたんですが、民間人の方々ですし、ここではイニシャルにしておきます。

■10月7日掲載「私が体験した日教組の実態」高校教師 Y・H(50)(東京都板橋区)
 中山成彬前国土交通相の日教組に関する発言が問題になったが、長年、教育現場に携わってきた私は中山氏の発言には一部賛同する。

 新規採用された教師は、何も分からないうちに組合(日教組)に入るように勧められる。そして、教師の本来の目的は教科指導や生徒指導であるはずなのに、管理職や教育委員会の方針にひたすら反対するよう洗脳される。

 組合は授業時間にもかかわらず、管理職がやめるように言ってもストライキや集会も平気で行う。明らかに法律違反だ。とにかくサボることと遊ぶことに熱心で、日曜出勤せざるをえなくなる学習合宿や英語検定、漢字検定の行内実施はつぶしにかかる。卒業式や入学式の国旗国歌問題で毎年現場を混乱させているのも日教組だ。

 もちろんすべての学校が日教組の“負の思想”に汚染されているわけではないが、少なくとも私が勤務してきた高校ではこのような現実がある。

■10月19日掲載「教師への信頼壊した日教組」主婦 O・E(54)(熊本県菊陽町)
 7日付談話室の「私が体験した日教組の実態」を読んで共感した。それは高校時代のある担任教師が発した言葉を思いだしたからだ。

 ある日、その教師は「今日は、お前たちは自習だ」と宣言し、「私は今から、組合のデモに参加する。授業をサボって給料を上げろと訴えて歩くのかと批判する向きもあるが、先生だって人間なんだ」と言った。

 その日のことは、今もしっかりと記憶している。思春期の私にとって大変ショックな出来事だったからだ。この日から、私は教師という職業の人たちを尊敬しなくなった。同級生の中から、先生のことを「先公」と呼ぶ生徒が出てきたのも、このころだった。

 学校が荒れ始めた原因の一つに、教師が聖職としての品性を忘れ、尊敬されなくなったことがあげられると思う。人は、相手が尊敬できる人であるからこそ、その人から学びたいと思うのではないだろうか。

 あと、これはだいぶ前に私が読者の方からいただいた体験談です。
 実はその方とは現在連絡が取れない状況で、そのまま掲載するのはマズイかもしれないので、地名など詳しいことは伏せて簡単に紹介させていただきますね。

 ――その方が中学生の頃の話です。お父さんは当時、警官でした。
 その方が通っていた中学校にひどい日教組の教師がいまして、歴史の授業で何だか言ってることがおかしいと。で、その方は自分で本などで調べて教師を論破。すると教師は逆ギレし、「税金泥棒の子がえらそうに!」と吐き捨てたそうです。
 その方は、その教師だけでなく他の教師も自分をそんなふうに蔑んでいるのかもしれないと、大変落ち込んだそうです。――

 まあこの体験自体、かなり前のことらしいんですけどね。
 それにしても、同和教育なんかには大変熱心に取り組んで「差別はいけない」と教えておきながら、一方では親の職業を理由に生徒を差別する日教組の教師って一体……(-.-#)

 こちらのページもぜひご覧下さい。
2ちゃんで拾った日教組(左翼)先生の実態!! 
 ソースが2ちゃんねるですし、どこまで本当のことかわかりませんが、実に具体的な体験談が多いです。

 たとえばこんな体験談。
 「高校時代に日教組の社会科教師がサヨク団体の人を連れてきて、朝鮮人強制連行、強制労働の実態とやらを解説、やがて日本の戦争責任論に発展し、ついには朝鮮人の死体写真をスライドで何枚も見せつけて、『いいですか!あなた達のお爺ちゃんお婆ちゃんがやったんですよ!』」。

 ……もうため息しか出ませんわ。
 戦争について考えるのはもちろん大事なことですよ。でも、真の平和教育、人権教育を目指すのならば、拉致問題やチベット問題こそ取り上げるべきだと思います。


※拙ブログ関連エントリー

7/22付:再録「報道特集」日教組徹底研究
 Youtubeにまだ動画が残ってるようなので、できれば動画の方を見ていただきたいんですが、まぁ惨憺たるものです。日教組の集会で「国会に日教組の旗を立てましょう!」と絶叫する女教師。民主党議員に向かって、「民主党頑張れー!日教組は最後の最後まで闘うぞー!」とシュプレヒコールを上げる日教組の教師たち。こういう実態を知れば、世のお父さんやお母さん方も「民主党はヤバイ」って素直に感じ取ることができると思うんですけどね。

10/13付:「たかじん委員会」教育問題と日教組
 ゲストの石井昌浩氏(元・国立市教育長)曰く、「戦後教育の主役というのは、まず最大の主役はGHQ、それから現地代理人の文部省、それからその学校現場の実践者としていわば色々の思想を実践する実践者としての日教組、この三者が日本の戦後教育をほとんど支配した」。

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

megumi080328-1.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。
コピーフリーです。世界に広めましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/423-ee5a5e41

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索