ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「アンカー」福田ピンチで新首相候補は4人

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■8/27放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

この秋に福田政権に迫る危機…命運を握るのは誰か?青山ズバリ

080827-11siruet.jpeg

 自民党内ではすでに総裁選候補として4人の名前があがってるそうです。早すぎる?「いや、むしろメディアの政治報道の方が遅れてる」と青山さん。
 候補のうち1人が誰かはすぐに分かりますが、さて、あとの3人は?

 いつもの村西利恵アナは夏休みのようです。かわりに杉本なつみアナが進行役をされてました。

 細かい相づち、間投詞、言い直し、ツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。各画像をクリックすると新規画面で拡大します。


 内容紹介ここから____________________________
山本浩之
「さて、このあとは水曜日です、青山さんの“ニュースDEズバリ”のコーナーなんですが、今日はどんなお話を?」

青山繁晴
「はい。あの、今、国際的な話が出たんですけれども(グルジア紛争、ロシアが南オセチアの独立承認で米・欧と全面対決のニュース)、国内を見てみれば、福田政権がずっと内閣改造後も低迷してるっていうのは、皆さんどなたでもご存知ですね。ところがその自由民主党の中の派閥の領袖から、それから若手の人たちまで丹念に話を聞いていくと、夕べまでの段階で実はこういうことが分かりました(フリップ出す)」

080827-01frip.jpeg

山本浩之
『新首相に4人の名』って…。ちょっと早すぎませんか?(笑)」

青山繁晴
「あの、これ報道番組なんで根拠のないことは申せないんです。これが必ずしも早すぎない、むしろメディアの政治報道の方が残念ながら遅れてるということを、具体的にこの後、4人が誰なのかってことも含めてお話ししたいと思います」

山本浩之
「分かりました。ではコマーシャルをはさんで青山さんの解説です」

(いったんCM)

 …………………………VTR開始…………………………

080827-02kaiki.jpeg

 自民、公明の間で激しい綱引きがくり広げられていた臨時国会の日程がようやく決着。
 来月12日に召集され、会期を11月20日までの70日間とすることで合意した。

自民党 麻生太郎幹事長
「70日あれば、基本的には今出された法案というものが、あげるのに適切な期間だなと」

 インド洋での給油継続法案を成立させるためには、国会を8月下旬に召集し、80日の会期が必要としていた自民党。
 結局、9月下旬の召集、60日間の会期を主張する公明党との間をとった形の、70日間で決着したのだ。

080827-03fukuda.jpeg

福田康夫首相
「(Q:70日間の会期について)(与党の)執行部どうしがですね、よく話し合って決めたことですから。(Q:会期延長は?)そういうことは今申し上げることではないと思います」

 招集日となった9月12日といえば、インド洋給油継続に職を賭すとまで語った安倍前総理が突然職を投げ出し、辞任を表明した因縁の日。
 今回も給油継続が課題であるだけに、嵐の予感。

080827-04oota.jpeg

 そんな矢先、太田農水大臣の政治団体が秘書の自宅を事務所として届け出て、2300万円もの経費を計上していたことが発覚。
 さらに今日、2000年からの3年間にも2500万円近い計上があったことが新たに分かった。

 そこで今日は、秋の臨時国会で迎える福田政権最大のヤマ場を青山がズバリ解説します。

 …………………………VTR終了…………………………

山本浩之
「はい。ではこのあと解説に入ってもらいますけど、室井さん、ま、福田総理大臣としたら、太田大臣の問題また出てきてしまったし、臨時国会の、いつ集めるのか、いつまでやるのかっていうこともなかなか決められなかったし、もうほんとに、ま、お先真っ暗とまでは言いませんけれども、大変な状況なんですね、今」

室井佑月
「そうですよね。でも臨時国会の日にちっていうの、もう中間をとるとかっていうのって、一番だめなんじゃないかなって思って…(一同笑)」

山本浩之
「間をとったってやつですか。ねえ。そんな中で先ほど青山さんが出したキーワードが、新首相、新しい首相に4人の名前がということなんですよね。さあ、それでは解説をお願いしたいと思います」

080827-05title.jpeg

青山繁晴
「はい。まずやっぱり太田さんの、太田農水大臣の問題を触れなきゃいけないですね。で、要は太田さんがまともな領収書を出せるかどうか、だけです。で、ちゃんと正規に、正当に使われているお金だったら、ま、やむをえないってことになるわけですよね。だけれども、いちおう太田さんの今までの説明では、通信費とかガソリン代とか言っててですね、え、そんなもんで何千万もなるのかと」

杉本なつみ
「そうですね、2000万以上も2年間で、はい」

青山繁晴
「実はもう自民党の中では、もうこれ太田さん、悪いけど切らなきゃだめだと。さっさと総理、切ってくれという圧力がかかってるんですが、例によって福田さんがグズグズして、切れないままいて、福田政権がだめになるんじゃないかってことを、自民党の中では言ってます。すでに、ね。ま、あの今後どういう領収書を出してくるかを見ての話ですけれども。で、この福田さんがグズグズしてるってことをですね、自民党の中のたくさんの政治家が言ってるんですけど、半ば公然と言ってますけど、その1つがね、さっきヤマヒロさんあるいは室井さんが話に出た、その臨時国会の会期の問題ですね。だけどこれはフェアに言うと、福田さんはこの件で言うと、愚図と言われる筋合いはないと思います、僕は。というのは、福田さん、非常に早い段階からですね、8月下旬から開きますと言ってましたね。臨時国会って普通、当然9月の声を聞いてからなんですよ。8月中はみんな議員は地元回りたいから。それなのに福田さんはあえて8月下旬から始めたいと。で、80日間、会期、最低でもほしい。どうしてか。さっき安倍さんが政権を賭けてしまった、そのインド洋の給油継続やりたいからだとはっきり言ってたわけですよ。だからこのことについて愚図と言われるっていうのは、僕はアンフェアだと思います」

080827-91ao.jpeg

青山繁晴
「しかし何が問題だったかというとですね、それに対してまあ公明党が真っ向から反対したので、福田さんはその公明党を説得してもらいたいと思って、麻生さんを幹事長に据えた。だから8月1日の内閣改造と党役員人事は、ほんとはそれだけが理由だったんですね。それだけが目的だった。でもそこですでに1個の読み間違いがあって、麻生さんはいわば自立した政治家で、自分の判断大事にする人だから、いや、もうこれは公明党の言うこと聞かなきゃだめなんだと。やがて総選挙やるんだから、公明党の協力なかったら、創価学会票がなかったら、はっきり言うと、自民党は大物から若手までみんな討ち死にだと。だから当然、公明党の言うこと聞かなきゃいけないと思ってるんですから、福田さんの言うような説得の仕方は当然しません。だもんで、福田さんの、内閣総理大臣が8月下旬から臨時国会やるんだ、80日間やるんだと言ってんのは、それが通らなかったということが大変異常な事態で、その異常な事態だから、室井さんの言ったことで関係あるんだけど、福田さんはそこでむしろ重大な決意をすべきだったんですよ。ところがまさしく室井さんが指摘した通り、ちょうど真ん中をとってしまったと」

080827-06kaiki.jpeg

杉本なつみ
「そうですね。会期はこちらになりました。9月12日に臨時国会が召集されまして、11月20日までの会期は70日間ということになりました」

青山繁晴
「これ、ほんとに真ん中とっててね。あきれるくらいちょうど真ん中で(一同笑)、福田さんは8月下旬って言ってて公明党は9月末って言ってたから、9月12日だと。で、福田さん80日って言って公明党は60日って言ってたから、70日だと。ね。で、福田さんの気持ちとしては、この臨時国会というのはですね、法の定めによって2回まで延長できる。つまり2回も延長できるから、この70日の間に何とか話し合いをして、麻生さんにも期待した話し合いをして、会期延長して、テロ特措法の延長もできるんじゃないかってことを期待してるわけですよ。ところがですね、これまずその9月の24・25に福田総理が国連総会に出席することになってる。それからさらに景気対策を考えると、もう臨時国会始まったらすぐにですね、まず景気対策の大型補正予算をやろうとなってる。ということは、テロ特措法の審議っていうのは、どう考えても10月以降になるわけですよ。ね。そうなるともうその時点で実はそもそも難しいなということになってくるんですが、なってくるっていうことは、すなわち福田さんが何となく期待してるようなこの間(会期内)に話し合いがつくんじゃなくて、福田さんの持ってるオプションというのは実は2つしかないです。で、まずそのうちの1つ。はい、出して下さい」

080827-07case1.jpeg

杉本なつみ
「ケースその1。完全屈服(一同笑)」

青山繁晴
「はい。これは誰に屈服するかというと、すなわち連立与党の公明党に屈服するということであって。これ(伏せてある文字)出して下さい」

杉本なつみ
「はい。つまりは給油活動の継続をあきらめて、年末年始に総選挙を行うと」

青山繁晴
「はい。公明党は臨時国会早く終わって、もう年末年始に総選挙やっちゃいましょうと言ってるわけです。これを全部そのまま受け入れる、こういうオプションがあるように見える。見えるけれども、実はこれできないんですよ。どうしてかというと、実は知られざる事実があって、これなんです。はい、出して下さい」

080827-08summit.jpeg

杉本なつみ
「実は洞爺湖サミット直前の日米首脳会談で、インド洋給油活動継続を『確約』してしまったからと」

青山繁晴
「はい。これあの、洞爺湖サミットの直前にやった日米首脳会談、これ皆さん覚えてらっしゃるのは、北朝鮮に対するテロ国家の指定解除について、福田さんが文句を言わなかったと。それはひどい話だと外務省の中の批判的な人が言ってるっていうのは、この番組で言いましたね。実はもう1個あった。その時に国会の見通しが立ってないのに、福田さんはブッシュ大統領のプレッシャーに負けて、それ約束してしまったと」

一同
「えー」

青山繁晴
「だからもしさっき言った完全屈服路線でいうと、日米首脳会談でちゃんと約束したことを守らないって事になるから、それやっぱりできないわけですよ。福田さんなりの信念もあるわけですから。そうすると次のオプションはこれになるわけです」

杉本なつみ
「はい。ケースその2。正面突破(一同笑)」

青山繁晴
「すなわち…(伏せてある文字)出して下さい。皆さんお分かりになると思いますが」

080827-09case2.jpeg

杉本なつみ
「会期延長も再議決もできず、解散総選挙。そして自民惨敗と」

青山繁晴
「はい。まず公明党が会期延長を呑むはずがないですけど、もし呑んでくれて、そのテロ特措法を審議にちゃんとかけていってもですね、再議決、つまり民主党はもちろん反対だから、再議決するためには公明党の衆議院の議席がないと、だいたい3分の2に届かないですから、これもできないと」

杉本なつみ
「はい」

青山繁晴
「ということは、これ八方ふさがりになるってことは、普通こういう時は内閣総理大臣は、日本の国で衆議院の解散権持ってるのは内閣総理大臣ただ1人ですから、じゃあ解散総選挙をやりますとなるのが普通で、今までもそういうことありましたね。ところがそれをやると、要するに公明党と喧嘩したまま総選挙をやるってことになるから、さっき言った通り必ず自民党は負けるってことになるから、これ実は解散権持ってるのは総理だといっても、自分だけ言っててもできないんですよ。これたとえばね、皆さんご記憶に、海部政権ってあったと思うんですね。で、海部さんがいわゆる政治改革に関連して重大な決意があると言った時にね、つまり解散するぞと言った時に、当時自民党の幹事長だった小沢一郎さんが『お前なんかに解散なんかやらせるか』と言って反対したので、海部さんは支持率が何と50何パーセントもあった。今考えたら夢のような支持率なのに、実は辞職になってしまったということなんで、この場合も自民党の大半が反対する解散総選挙を福田さんができるわけないから、これは福田さんの辞任につながっていき、福田さんのとり得るオプションはここまでなんだけど、自民党はその福田さんが辞めることによって、実は3つめのオプションができるという話なんです。はい、出して下さい」

080827-10case3.jpeg

杉本なつみ
「はい。政権の投げだし、そして自民党総裁選へと」

青山繁晴
「はい。これあの要は自民党が新しい首相、新しい総裁、そして総理を選んで、その新しい総理のもとで、公明党との連立をもう一度組み直して強化して、解散総選挙になった時に学会票が今までよりもっと協力してくれるというふうにして、総選挙やりたいってことなんですね」

一同
「はあー」

080827-01frip.jpeg

青山繁晴
「そしてさっき言いました、今日最初に言いました、この新首相に4人の名ということになるんですが、皆さんここが肝心なところで、この4人の名前というのはですね、こういう人が出るかもしれないという話だけだったら、報道番組ですし、こういうことは言いません。そうじゃなくてですね、さっき僕申しましたが、まず自民党の派閥、派閥の領袖の、派閥の会長たちね、それからその幹部、それからその下で手足となって動く若手の議員たちに、さっき言いました通り一人ずつ会って、あるいは電話して話していくとですね、この4人というのはいずれもね、まず派閥の領袖の人、この中にいますが、それはその人は自分の派閥の幹部にすでに話をしてんです。『俺は出る』と」

一同
「うーん」

青山繁晴
「それから派閥の領袖じゃない人は、派閥のボスに『私出ます』ということを言い、さらに若手の中にはですね、その自分と年代が近い諸君たち、派閥を超えて声をかけてて、『俺は出るから』と」

一同
「うーん」

青山繁晴
「で、夕べ最後に会った人はね、夕べ、つまり昨日の昼間に俺は頼まれたばかりだと。『俺は次、もう間もなくある総裁選に出るから宜しく頼む』ってことを言われた、ということなんですね」

一同
「へえーー」

青山繁晴
「はい、それでその4人なんですが」

080827-11siruet.jpeg

杉本なつみ
「シルエットが出てきましたが…」

青山繁晴
「まず1人目。1人目はこれは誰でも分かるはず。とプレッシャーをかけて…(全員挙手&ざわざわ)」

080827-12studio.jpeg

山本浩之
「麻生さん!」

室井佑月
「私から!」

山本浩之
「(室井に)もう麻生さんって言ってるやん」

室井佑月
「ずるーい!」

岡安譲
「ふつうメインキャスターがやることじゃないですよ、今のは(一同笑い)」

室井佑月
「そうだよ、卑怯だよ(笑)」

岡安譲
「譲りなさいよ、ちょっとは」

青山繁晴
「いや、あの、報道番組なので…(一同笑)」

杉本なつみ
「クイズじゃないのでね(笑)」

080827-13asou.jpeg

青山繁晴
ここは麻生さんですね。これすなわちさっき言いました派閥の領袖であって、麻生派っていう派閥の幹部たちに実は内々にこういうこと言ってる。麻生さん自身はそれ認めてませんよ。幹事長ですからね。そんなことできませんから。しかし麻生派の中で僕と長年の付き合いがある人がいて、いや、言われてるということを実は言ってるわけです。じゃあ3人は誰なのか。しかもそのうちの1人は麻生さんに勝つ可能性がわずかながらある人です。それは…」

杉本なつみ
「はい。それはお知らせの後です」

山本浩之
「(ジングルが鳴り始める)あ、その間に考えよう(笑)」

室井佑月
「ひどいよー、司会者なのに……(笑)」

(いったんCM)

山本浩之
先ほどは大人げない振る舞いをしまして、大変申し訳ありませんでした(一同笑)。さ、4人のその名乗りをあげた人たち、1人はその麻生さんていう名前が出ました。続き、宜しくお願いします」

青山繁晴
「で、残り3人の人も、本気で実は内々で手をあげてるんですが、まずこれ、いわゆる大物と言っていい人です。これ誰でしょう?」

一同
「大物?」

青山繁晴
「で、麻生さん、福田体制の一員ですが、この人も福田体制の一員です。ヒント言うと閣僚です。現職閣僚。誰でしょう?(一同考え込む)」

山本浩之
「現職閣僚で大物…」

青山繁晴
「いわゆる大物。僕はあんまり大物と思ってないんですけど(一同笑)、いちおう新聞的には大物と言われてた(答を知ってる杉本アナ苦笑)」

山本浩之
「今までも総裁選とかって出たことありますか?じゃあ」

青山繁晴
総裁選挙に正式に出たことありますね

山本浩之
「閣僚だったら、谷垣さん」

080827-14tanigaki.jpeg

青山繁晴
「ああ、正しい。はい、谷垣さんです

室井佑月
大物じゃないじゃん、別に(一同笑&ざわざわ)」

青山繁晴
「僕は大物と思ってないけど、でもね」

杉本なつみ
「ま、個人差があるかもしれませんが」

山本浩之
「(焦って)でもそこで谷垣さんって言ったんじゃないですからね!(一同笑)」

青山繁晴
「じゃあもう1人、もう1人、このシルエット(左側)」

村西利恵
「はい、ご本人のシルエットですね(一同考え込む)」

青山繁晴
この人は一時期、実はすごく有力なんじゃないかと言われて

室井佑月
「あ、わかった。小池、小池百合子さん」

青山繁晴
「ああ、正しい」

080827-15koike.jpeg

杉本なつみ
「その通りです。小池百合子さんですね

青山繁晴
「そしてですね、この2人(谷垣・小池)については今から判断するのは早いけど、勝算は、つまり麻生さんに勝てる見通しは、麻生さんが当然本命ですからね、勝算は本当は少ないと思います。しかしこの4人目については、意外に麻生さんに肉薄するか、ひょっとしたらひょっとするかもしれないと。誰でしょう?はい」

一同
「えー」

青山繁晴
「ヒントはね、このヒントも難しいかもしれませんが、安倍前総理に『おまえ裏切ったな』と言われた人

岡安譲
「はい、塩崎さん」

青山繁晴
「塩崎さんは裏切ったと言われてない」

室井佑月
「裏切った?与謝野さん?違う?」

一同
「(口々に)おまえって言うぐらいだから…、下でしょう…」

青山繁晴
「はい。えー、僕と記者仲間でした」

山本浩之
「石原伸晃さん!」

一同
「ああー」

080827-16isihara.jpeg

青山繁晴
石原伸晃さんで、さっき言いました、昨日の昼間にある若手議員がこの石原さんに、『俺出るから、総裁選は意外に近いから俺出るから、あんた派閥が違うけど頼むよ』ってことを現に言われたと、夕べ、その本人に聞きました」

一同
「へえー」

青山繁晴
「そしてこの石原さんが裏切り云々って話はですね、つまり石原さんって小泉政権、安倍政権を通じて改革派で売り出した、若手改革派で売り出した。ところが安倍政権の凋落とともに山崎派に移ったでしょう?それで北朝鮮の拉致問題を含めて、山崎拓さんと安倍さんっていうのは当然仲悪いです。仲悪いっていうか正面衝突してます。今もしてますね。その山崎派に行ったので、安倍さんは思わず『裏切りだ』と言ったので、僕は実は安倍さんサイドに聞きました。よく聞いたらですね、安倍さん側はそれ調べていて、いや、どうも石原伸晃さんと山崎拓さんの密約があるらしいと。つまり石原さんがやがて総理候補、石原さんはわりと実は孤独なところがあって、友だちが少なかったんで、ま、記者時代はもっと少なかった。今はだいぶ大人になられて友だちは増えたようですが(一同笑)、でも総理総裁目指すには足りなかったから、山崎派の人数をもらう、つまり山崎派がやがて石原派になるという密約、山崎さんにとっては派閥のイメージを急にアップさせるメリットがあるから、そのお互いの密約でどうも行ったらしいと」

一同
「はあー」

青山繁晴
「だけど、ま、次の次狙いだと思われてたのが、その石原さんに支援を頼まれた若手議員、これ実は1人じゃなくて複数なんですが、その彼らが言ってたのは、今回は麻生さんに負けてもいいと。ある程度迫れるだけでも、とにかく若手の中で手をあげてくことが大事だということなんですが、しかしその言われた若手議員の方はですね、案外これ芽があるんじゃないかと。というのは、たとえば杉本さんにとってもですね、麻生さんはいいけど、やっぱり68才ですよね。そしてそういう福田さんは今70超えてますよね。そういう方たちがまた同じようにやるんじゃなくて、ここらで若い人どうだというのは当然空気としてあるから、総選挙に勝つためには、案外ドーンとこういう若い人を持ってくるんじゃないかという話もあるわけです」

一同
「はあー」

青山繁晴
「で、但しですね、その石原さんも、実は僕も伸晃さんは若い若いと思ってたけど、もう51なんですよ。ね。さっきのロシアのメドベージェフ大統領はまだ42才」

一同
「えー」

青山繁晴
「そしてクリントンさんは大統領になったのは46才の時。イギリスのブレア首相も43才でなった。だから51の伸晃さんはと言ったら」

村西利恵
「若すぎるということはないということですね」

青山繁晴
「もう手をあげなきゃいけないっていうことになるわけですね。そして自民党からしたらですね、実は福田さんに何とか早く辞めてもらって、総裁選自体を急ぎたい理由があります。はい、これです」

080827-17minshu.jpeg

村西利恵
「はい。民主党『代表選見送り』とあります」

青山繁晴
「はい。これ当然誰が考えてもですね、小沢さんが3選するのはいいけども、当然、代表選挙を華々しくやって、メディアの注目も集めてやればいいのに、なぜ見送ったのかなあと。9月8日に代表選告示だけど、その場で決まっちゃうわけですね。それから延々日を置いてから新体制発足って、これやっぱり妙でしょう?そしてここに鳩山さんの顔があるのは、たまたまあるんじゃなくて、僕まあ政治記者時代から長い長い付き合いなんですが、鳩山、僕は由紀夫ちゃん、由紀夫ちゃんと呼ぶんですけど、これ、由紀夫ちゃんは本音をポロポロ言う人でね。そこがまあ憎めないとこなんですけど、つい最近の発言でね、『この小沢さんの顔が怖くて、小沢さんに刃向かったら、つまり代表選に出たら、あとでどんな仕返しされるか分からないと(一同笑)皆さん思ってて、見送りだと思ってるでしょ?でも違うんですよ』と言ったんですが、その最後の『違うんですよ』はもう誰も聞いてない(一同爆笑)」

杉本なつみ
「怖いんですか…(笑)」

青山繁晴
「それやっぱり小沢さんが怖くてできなかったのかと。そうすると自民党がたとえばこの9月下旬にね、9月8日はさすがにもう間に合わないと思うけど、9月下旬頃に総裁選ぶつけてですよ、さっき言ったその小池百合子さんは出るわ、それから現職閣僚の谷垣さんも出る、麻生さんももちろん出る、そして石原伸晃も出るっていうのをバーンとぶつけていったら、イメージがどんどん変わって、自民党のフレッシュなイメージが出て、それで解散総選挙をやって

山本浩之
「なるほど」

青山繁晴
しかも公明党の要求とも合うから、これでいいんじゃないかという目算なわけです」

一同
「へえー」

青山繁晴
「だから今日の話は決して、そのまあ、盛り上がりましたけど、おちゃらけの話じゃなくて、いわばこの自民党のその最後の賭け、断崖絶壁の賭けであると同時に、公明党という党にぎゅっと握られてしまった自民党の退廃、ほんとは退廃してるんだということを物語ってる重大な話で。最後にもう1つ皆さんにお話ししなきゃいけないのは、福田さんが何かの奇跡で、公明党、創価学会を何とか説得してですよ、もう万一の奇跡で福田さんが生き残っても、それからさっき言った4人のうち誰かが新しい総理になっても、実はこの秋には重大なことに立ち向かわなきゃいけない。それはこれですね」

080827-18rati.jpeg

村西利恵
拉致の再調査が控えています」

青山繁晴
「はい。これが重大って1つの証拠がもう出ましたね。今日のほんとはもう1つ大きなニュースっていうのは、この北朝鮮が、あのタワー(冷却塔)まで爆破した寧辺の核施設の無力化をいわば中断しますと。もう中断したと。ね。アメリカが言うこと聞かない、テロ国家の指定解除をちょっと延ばしただけで、もうそれ中断したと言ってる。ということは、政府が心配してるのは、拉致の再調査も始まらないんじゃないか。未だに例によって全然連絡はないということになってるわけですよ。但しこれは僕は違う芽もあると思います。つまり北朝鮮はしたたかですから、アメリカとの交渉、うまくいった交渉がこうなった(手で×印を作る)、なりかかったら今度は日本を動かして、それを使ってアメリカを動かそうということもありえるから、必ずしも再調査が絶対できないっていうわけじゃないけれども、いずれにしてもこの『アンカー』で何度も申しましたが、この再調査っていうのは、実は北朝鮮がまた勝手に帰国者を選別するという重大なことにつながりかねないから、新しい首相であれ、福田さんであれ、それにもう正面から立ち向かわなきゃいけない。そしてこのことに関してですね、実は昨日、拉致問題担当大臣の中山恭子さんにお会いをして、この『アンカー』のために単独インタビューに行ってきました。ちょっとその絵を流していただけますか(VTR出る)」

080827-19nakayama.jpeg

青山繁晴
「昨日撮ったばかりの、これ大臣室に入っていくとこなんですけど、中山さんは拉致問題について非常に強硬な姿勢をとっておられて、比較的いわばその北と対話路線の福田政権の中ではなかなか厳しい立場だと思うんですが、あえて単独インタビューを受けていただいて、ずいぶんと本音の話をしていただきました。これは今週やる時間はないので、来週にこのインタビューをお届けしたいと思ってます。はい」

山本浩之
「はい。分かりました。以上、青山さんの“ニュースDEズバリ”のコーナーでした」

 ____________________________内容紹介ここまで


 福田さんは国益を損ねてばかりですから、とにかく一刻も早く誰かと交替してほしいです。
 麻生さんがベターですが、青山さんの話では公明党と仲が良さそうだし……(つーか、現状では仲良くせざるをえないってこと?)。
 かと言って石原伸晃さんは困る。売国ヤマタクと組むような人は絶対だめ!(-.-#)

 ほんと自民党ももうここいらで、公明党と何とか切れないもんですかね。切るためにはたとえ惨敗すると分かっていても解散総選挙をやって、ほんで政界ガラガラポンしかないんでしょうか?
 そのためなら一度民主党に政権が渡っても……、いやいや、やっぱり怖いですね民主党は。
 もう自民党だけでなく国民も八方ふさがりって感じ!(T^T)

 それはともかく、来週は中山恭子さんのインタビューが放映されるとのこと。今から非常に楽しみです♪


※拙ブログ関連エントリー/「アンカー」起こし
こちらからどうぞ。

※参考リンク
ON THE ROAD : Aoyama 's Daily Essay(青山繁晴さんのブログ)
 青山さんに直接コメントが送れます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お気楽くっくり」更新済
 今回の五輪で私が一番感動したシーン。



このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

megumi080328.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。
コピーフリーです。世界に広めましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/397-b8c9bba5

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索