ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

福田改造内閣の顔ぶれを見て取り急ぎ

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 福田改造内閣の顔ぶれはこちらを。

 ポイントはいろいろあるんでしょうが、取り急ぎ、私が気になった点をいくつかざっと書いてみます。


 まず、麻生さんが幹事長!?
 まさか受けるとは思ってなかったので驚いたし、瞬間的に「もったいない!」と思いました。
 いくら麻生さんが幹事長でも、総理が福田さんのままじゃ選挙は厳しいでしょ?
 で、選挙に負けたら、やっぱり麻生さんも責任追及されるんでしょ?
 総理の座がまた遠ざかりませんか?

 幹事長は権限が大きいって言うけど、今は選対委員長ってのがいますからね(安倍さん時代まではなかったポストですが、福田さん時代からこれができて、党3役→党4役になった)。

 麻生さんは幹事長を引き受けるにあたり、選対委員長ポストを従来通り幹事長の配下に置くことなどを、福田さんに求めたそうですね。
 でも福田さんはそれを拒否し、古賀さんが選対委員長に留任。
 いくら幹事長が権限大きいって言っても、これじゃ旨味も半減ですよね。それでも古賀さんと仲が良いんだったらともかく、犬猿の仲と言われてますしね。

 ほんとに何で引き受けたんだろう?わからん。
 「自民党が危機的状況にある中、火中の栗を拾った麻生さんは男気があるな」って好意的に見る向きが、自民党からも国民からも出てくる可能性はあるんだろうけど、それはまた麻生さんの人気浮揚につながるんだろうけど、それにしても、やはりメリットよりもデメリットの方が多くないですか?

 まぁ麻生さんのことですから、私のような一介の主婦には思いも及ばない深謀遠慮というか、そういうのがおそらくあるんだろうとは思いますが。


 もう一つ意外だったのは、町村さんの官房長官留任。

 どのマスコミも識者も、前日まで、「官房長官は小池さんがなるんじゃないか」「いや、細田さんじゃないか」って、もう交替する前提で言ってましたからね。

 ま、でも少なくとも竹島問題のことを考えると、他の人がなるよりは、町村さん留任で良かったのかも?と、私は思ったりもするんです。

 「日本は竹島問題で最近、韓国にやられっぱなしじゃないか。あの『まっちー』ですら腰砕けじゃないか」と、情けなく感じている方もきっといらっしゃるでしょう。
 私もそう感じる面はあります。

 が、少なくとも、つーか、これはあくまで比較論ですが、最有力の一人として事前に名前が挙げられていた細田さん、この人よりは町村さんの方が百万倍マシです。
 細田さんがもし官房長官に返り咲いてたら、竹島問題はさらに目も当てられない状況になっていたでしょう。

 そう思う根拠はこれです。
 2007年9月に産経新聞大阪版朝刊で連載された「波頭を越えて-竹島レポート」第3部、当時私はこれを要約してブログにUPしたんですが(全文起こしではないのでご注意を)、そこから竹島問題と細田さんに関する箇所を再掲載します。

■第3部(5)【「島根1区だから…」】「棚上げ」意識からの脱却

 島根県選出のある衆院議員の秘書は、竹島に関する取材依頼に、こう応じました。
 「そもそもね、うちの選挙区じゃなくて、1区の問題ですから」
 「1区の細田(博之)先生を差し置いてお話はできません」

 竹島の住所は確かに衆院の選挙区では島根1区ですが……。

 結局は島根1区選出の細田、2区の竹下亘、参院の青木幹雄の3議員が連名で「統一見解」としたA4文書1枚を送ってきたそうです。発信元は細田事務所。

 文書には、「地元の要望を毎年聞き、調整やアドバイスをした」等これまでの取り組みが挙げられ、今後は「請願にもあった竹島問題を所管する組織の設置」などに取り組むとしていましたが、ある自民党の島根県議は「調整やアドバイスなんて聞いたこともない。竹島問題は、島根県選出の国会議員が、国会や外務防衛委員会で当然なのに、これまで一度も取り上げていないと断じています。

 7月の参院選で島根選挙区で初当選した国民新党の亀井亜紀子氏は、こう話しています。
 「選挙戦で1区の松江市美保関町を回った時、『細田先生は竹島問題に取り組んでくれない』という声を聞いた」
 「自民では竹島問題は進展しないし、地方は活性化しない。だから私が勝ったんでしょう」
 「『竹島の日』条例には大いに賛同するし、領土問題は主張しないと解決しないのだから、外務省は政策を転換すべき。本来、外務省に働きかけ、動かすのが国会議員の役割なのに、島根県選出の議員は、政府が本腰を入れていない問題をそこまでやりたくなかったんでしょう。でも、私はそれでいいとは思わない」

 そう、実は竹島は細田さんの地元なんですよ。全国的にはあまり知られてないみたいですが。
 地元にも関わらず、竹島問題に全く無関心。こんな人がこの時期に官房長官なんていう重要ポストに就いてたら、どうなってしまっただろう?と、考えただけでも背筋が寒くなります。

 あと、ほら、細田さんって官房長官時代、慰安婦問題でいらんこといっぱいしてたでしょ。
 自称・元従軍慰安婦2人に面談して謝罪したり(ちなみにこのうち1人は李容珠という矛盾だらけの証言をしてる婆ちゃん)、あと、中山文科相(当時)が「従軍慰安婦という言葉はその当時なかった。間違ったことが教科書からなくなったことはよかった」と発言した時には、横やりを入れてきてた。

 だから町村さん留任については、「細田さんでなくてよかった、とりあえず最悪の事態は避けられた」と、実は私は胸をなで下ろしてるという。


 お次は、経済産業大臣。また二階ですか!?
 この媚中派!アンタもう引っ込んでてよ!(T^T)

 過去に何度も紹介してますが、しつこくプレイバック。

 05年11月20日の「サンデープロジェクト」に経済産業大臣に就任直後の二階俊博が出演。
 東シナ海ガス田問題についての討論で、田原総一朗が「ある石油会社の幹部の意見なんですが」と、このようなフリップを出しました。



 田原は尋ねました。「こういう意見もあるんですが、どうですか?」
 二階は答えました。「おっしゃる通りです」

 「私は試掘の道は取らない」と言って、前の経済産業大臣・中川昭一さんの努力を水の泡にしてしまったのが、この二階という男です。


 あと、防衛大臣に林芳正さんが就任。
 実は私はよく知りません。今、ざっとネット見たら、日中友好議員連盟の事務局長とのこと。あと、Wikipediaには宮崎哲弥さんと友人関係だとありますね(^_^;

 林さんよりも私はむしろ、続投を断った(おかげで調整が難航したらしい)石破茂さんの方に関心があったりして。
 何で断ったのか?邪推ですが、もしかして、こないだの「アンカー」で青山さんが言ってた防衛利権、東京地検特捜部の手がこの人に伸びてきてるってことはないですかね?


 最後に、拉致問題・少子化担当に中山恭子さん。初入閣。
 GJ!と言いたいところですが、実際のところ、どうなんでしょうか?

 そもそも拉致と少子化を兼任させるってのが、何だかなぁ。
 拉致被害者家族会や保守派から不満が噴出しないように入れてみただけで、実際は少子化問題ばかりやらせるってことはないでしょうね?(T^T)


 取り急ぎ、私の方からはこんな感じで。

 今夜は別の話題でもう1本UPする予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お気楽くっくり」更新済

 例のパン屋さん、私もよく行ってたんです。


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/383-83092a9d
福田改造内閣…与謝野経財相・伊吹財務相、財政再建へ布陣:読売  福田首相は1日、内閣改造と自民党役員人事を行い、福田改造内閣がスタートした。  衆院選に備える体制作りのため、党幹事長に麻生太郎氏を起用した。閣僚では与謝野馨・前官房長官を経済財政相、?...
2008/08/04(月) 12:58:34 | アジアの真実

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索