ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「アンカー」竹島問題&どうなる内閣改造

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■7/16放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

再燃か?日韓の大きな火種に…“竹島”問題の裏側を青山ズバリ

080716-02frip1.jpeg

 当日のテレビ欄は上のようになってましたが、実際は竹島問題と内閣改造の二本立てです。

 細かい相づち、間投詞、言い直し、ツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。各画像をクリックすると新規画面で拡大します。


 内容紹介ここから____________________________

(夏休みに入った福田首相。でも宿題がいっぱいあるねってニュースの後)

080716-01shukudai.jpeg

山本浩之
「今日のこの後の“ニュースDEズバリ”は、この下の2つですよね。竹島問題それから内閣改造と書いておりますけれども、これについてお話をいただけるというふうに聞いておりますけれども」

青山繁晴
「あの、ま、竹島の問題、今VTRでも韓国の激しい抗議ってやってましたけどね、それと内閣改造問題も絡んでしまうってことなんですが、実はその竹島問題については、一番大きなポイントが抜けてますよと。それはこれです」
080716-02frip1.jpeg

山本浩之
『誰のための教育か』

青山繁晴
「はい。今日は大分の件でもね(大分県教委汚職で不正合格の教員採用取り消しへ。冒頭のニュースコーナーで伝えられました)、教育が話題になってますけど、実はこの竹島の件は、韓国がどうのこうのじゃなくて、私たちの教育に関する話、そしてこれがやがて福田政権の命運を左右していくと思います。今日はそのあたりをお話ししたいと思います」

山本浩之
「はい。コマーシャルを挟んで青山さんの解説です」

(いったんCM)

 …………………………VTR開始…………………………

 韓国の日本非難が鳴りやまない。

080716-04kougi1.jpeg

 今日もソウルの日本大使館では、デモ隊が生卵やトマトを投げつける猛抗議が続いている。

080716-05kougi2.jpeg

【きのう(7/15)】
 「独島強奪を企てる日本は謝罪せよ!」
 「謝罪せよ!謝罪せよ!謝罪せよ!……」

080716-06meiki.jpeg

 日本と韓国がともに領有権を主張している竹島について、日本政府は初めて中学校の学習指導要領の解説書に明記することを発表した。

080716-07mati.jpeg

【おととい(7/14)】
町村信孝 官房長官
「日韓関係への配慮と言いましょうか。できるだけギクシャクしないようにしたいものだという、日本政府の意図の表れだとご理解をいただければと思っています」

 解説書では「我が国と韓国との間に竹島をめぐり相違があることにも触れ」と記述。

080716-08hoppou.jpeg

 外交的な配慮から「固有の領土」という言葉を竹島には使わず、「北方領土と同様」とすることで間接的に日本の領土であることを表現した形となった。

 これに対し、韓国側は与野党を問わず一斉に反発。

080716-09taisi.jpeg

 韓国の権駐日大使は抗議のため外務省を訪れ、出迎えた藪中次官の握手をスルー。
 「日本は大事なものを失う」と述べ、韓国へ一時帰国した。

080716-10fukuda.jpeg

【きのう(7/15)】
福田康夫 首相
「ま、冷静に判断していかなければいけない問題だと思います」

 …………………………VTR終了…………………………

080716-91studio.jpeg

山本浩之
「さ、今、ご覧いただいたようにこの竹島問題、室井さん、この問題になると韓国側はすごいですね。今回もまた例によって」

室井佑月
「でも教科書って本当のことを書くべきでしょ。その、国の考えとか関係なく、本当のことを書くべきだと思うからさ、何が悪いのかって思っちゃう。すごい配慮した言い方だったね、しかもね。日本の物だって言わないでね

山本浩之
「なるほどね。ただ、韓国側は猛反発しております。さ、さっそくそれではキーワードは『誰のための教育か』。えー、青山さん、よろしくお願いします」

080716-11title.jpeg

青山繁晴
「はい。あの、さっきのVTRでね、韓国の大使が韓国帰っちゃいましたけど、帰る間際に『日本はこれで大事な物を失うんだ』と言いましたよね。で、彼は何を言おうとしたかというとね、要するに日本は今、拉致問題を解決したいと。で、6カ国協議もありますねと。で、その時に韓国の協力が必要でしょう?と。それが1つと、それからこの、今(パネルに)映ってる李明博大統領というのは、前の盧武鉉大統領に比べると、反日から親日へと言われてると。その李明博、親日派の大統領を追い込んでいいのか?と。この2つのことを言ってるつもりなんですよ。で、韓国の大使はそれだけ言えば日本は分かると思ったのは、日本の側にそれを受け入れるような、認めるような報道も、それから政府与党の中の発言も水面下ではあるんですね。で、たとえば報道でよく言われてるのは、これ要するにタイミングが悪いんじゃないかと。室井さんが言った通り、竹島の問題、はっきり言わなきゃいけないのは分かるけども、何も今言わなくてもいいんじゃないか?と。さっきのように拉致問題での韓国の協力とか、それから韓国の政権交代を考えたら、タイミングが悪すぎるっていう説が日本にあるから、すでにそういう報道は何度もありました。東京のテレビを中心にそういう報道が何度もあり、それから政府与党の中でもそういう発言があるんだけども、それがそもそも大きな間違いなんです。で、その間違いだっていう証拠をね、ちょっと皆さんといっしょに見ていきたいんですが、まずちょっとね、この人に出てもらいます。はい」

080716-12tokai.jpeg

村西利恵
「はい。渡海文科相ですが、『「竹島」という言葉は入れようと考えている』。10日の夜、あるパーティーにて」

青山繁晴
「はい。これあの、7月10日、先週の木曜日の夜なんですけど、あるパーティーって書いてありますけど、はっきり言うと自民党の山崎派のパーティーです。で、そこに渡海さん、山崎派なんでやって来て、僕は山崎拓さんと今、正面衝突してるし、隅の方に隠れてたんですよ。ま、渡海さん、同じ兵庫県でよく知ってることもあって、『ちょっと青山さん、こっちこっち』っていうふうに僕を呼んで、で、僕、渡海さんのところに行きましたらね、『これから竹島のことを決めなきゃいけないんだ』と。『中学校の学習指導要領の解説書に、竹島をどうするのか、それ決めなきゃいけないんだけど、あなたどう思いますか?』と聞かれたんで、僕は当然、さっきの室井さんが言ったのと同じでね、『明々白々に日本の領土なんだから、それは竹島問題、きっちり入れなきゃいけない』と言ったら、渡海さんは、要は『竹島という名前だけはどうしても入れたい』と。ね。『それだけはもう絶対譲ることはない』と言ったんです。で、それ、渡海さんの信念というよりはね、これは実は日本は法治国家だから、法に基づいて言っただけなんですよ。というのは、皆さんご存知のように、安倍内閣の時に教育基本法が戦後初めて改正されて、で、その中に、たくさん議論は呼んだけれども、『国と郷土を愛する心を養う』という言葉が入ったんですね。で、たとえば僕なんかは『愛国心』って言葉入れるべきだと思ってるから、それ反対でしたけれど、で、渡海さんは逆に、もうそういう言葉もあんまり入れない方がいいぐらいで、安倍さんとむしろ対立する立場だったんですが、そういう議論の違いはあってもですね、とにかく改正されて、それ定まった以上は、今回はその竹島っていう領土についてやらなきゃいけない。ね。それも、しかし今の話だけだったらですね、じゃあそのタイミングの話はどうなのかってことになるでしょう?しかし、これは実はタイミング云々とは全然関係ないんです。はい、ちょっとこれ出してくれますか」

080716-13kaisetusho.jpeg

村西利恵
「そもそもこの『学習指導要領の解説書とは?』ということなんですが、約10年に1度改訂される『指導要領』に合わせて文科省が内容の詳細を補足するもので、今回のものは2010年度から適用されて、教科書を編集する時の参考になるということです」

青山繁晴
「はい。当たり前のことを書いてるようなんですが、ちょっと皆さんもう1回ね、分かりやすく理解していただきたいんですけど、要は中学生に対してどんな教科書を用意して、どういう教え方をしますかっていうのがこの学習指導要領ですね。で、これは本来は、たとえばこの科目、何時間教えて、単位はいくつ与えますっていうのを、大まかなことを決める。で、具体的なことは、このここにある解説書ですね、解説書で具体的なことを示していくんですね。で、これさっき言いました通り、法に基づいて、つまり教育基本法に基づいてやっていくことなんですが、大事なことはですね、これ10年に1回しか改訂しないんですよ。考えたら当たり前でしょ?教育方針をころころ変えられたらですね、子供も親も先生もたまったもんじゃないわけですよ。ということは現在の、今年の改訂っていうのはね、10年振りで、1998年から99年にかけて、あの有名な『ゆとり教育』ってやつを10年前に打ち出して、10年間いろいろあったけど、やっぱりこれダメだなっていうことになって、10年振りにそれを変えた。それが3月に出た学習指導要領なわけです。だから韓国の大統領が交代したとか、拉致問題で韓国に協力得なきゃけない、そんなタイミングは全然関係なくてですね、これは10年に1回しかできない。もう1回言いますが、もっと短かったりしたらみんな大混乱ですから、今回やらなかったら、何と2018年から19年にかけて、やっと竹島の話しますってことになるから。しかもその10年の間に、当然韓国の実効支配ってもっと強まっていくわけだから。こんなもの他のタイミングでできるはずがないわけですよ。で、それ、どうしてそういうね、タイミングの話が出るかというと、実はこの国においては、さっき言いましたが、東京のテレビを中心としたメディアとか、それから政府与党の中の名前の有名な政治家たちも含めてですが、教育と外交がごちゃごちゃになってるわけですよ。で、どこの国でもですね、自分の教育、自分の子供たちに何を教えるかっていうのは、それはもちろん内政だし、もちろん主権だし、全部自分たちで決めるんで、その時に外国に意見を聞く国なんて存在しないんですよ

山本浩之
「当然ですね」

080716-92ao.jpeg

青山繁晴
「国連加盟国192カ国あるけど、そんなのはその、日本だけでね。だからそこを福田政権が分かってるかどうかなんですが、ま、その、もう1つ言っとくとですね、この実際に改訂された学習指導要領、それからそれに解説書が付け加わって、これが実際に教育を変えていくのは4年後なんですね。つまり2012年の中学生が使う教科書から変わっていくんですけど、これ実はですね、今現在の中学校の教科書はどうなってるかと言うとですね、この竹島に関係ある教科っていうのは2つです。公民と地理ですね。で、公民、地理合わせて今14種類の教科書あるんですけど、その中でとにかく竹島に触れてるっていうのは、たった4種類しかない。10の教科書は全然、竹島の『た』の字もないわけです。そうするとね、よくテレビでね、これ大阪のテレビでもね、韓国ではあんなに竹島、ま、韓国に言わせると独島になりますけどね、韓国はあんなに興味あるのに、日本では若い人が竹島の存在も知らないんだと。ね。若い人はけしからん、みたいに言うけど、ちょっと待って下さい。それ…」

山本浩之
「教えられてないし、だって(笑)」

村西利恵
「知りようがない」

青山繁晴
「ええ。義務教育までにですね、竹島っていう言葉が1回も出てこないのに、どうして子供たち、知ってるんですか?と。我が日本国民や若い人がバカなんじゃなくて、それは今まで入れてこなかったことが悪いんですよ。ということはですね、福田政権はこのことを国民に対して、いや、韓国とどうとか、そういう外交とごちゃごちゃにするんじゃなくて、あくまでこれは教育の話ですと、福田総理も、それから政府のスポークスマンである町村官房長官も言うべきだったですね。みんなここまで分かっていただけたと思うんですが、客観的事実として町村さんはどう言ったか?こうおっしゃったわけです」

080716-14mati.jpeg

村西利恵
「はい。14日の会見でこのように話しています。『日韓関係の配慮とでも言いましょうか。できるだけギクシャクしないようにしたいという日本政府の意図の表れ…』」

山本浩之
「これ、びっくりしたねー」

青山繁晴
「これね、これはね、ほんとにショッキングな致命的な発言でね。これ何か丸めて言ったつもりかもしれないけど、この町村官房長官って福田政権の公式スポークスマン、しかも次期総理も狙ってる人がですよ、ほんとは福田さんより先にやりたかったぐらいの人がですよ、この教科書について日韓関係に配慮したんです、ギクシャクしないそういう意図を持ってたんです、日本国の教育は外国の意見を聞かなきゃいけないんです、現に聞きました、ってことを言ってしまった。これは本当に致命的な、福田外交のいわば大失敗ですよね。で、その上でですね、でもいちおう念のためね、竹島っていうのはほんとはどういうことなのかなっていうのを、公平にちょっと整理しときましょう。はい、ちょっと出して下さい」

080716-15map.jpeg

村西利恵
「はい。地図でご覧下さい」

青山繁晴
「はい。地図と年表で見てほしいんですけども、これもちろん大まかな話ですけどね。まず、江戸時代の初期の頃ですけど、17世紀中にすでに日本は竹島を自国の領土として領有権を確立してました。つまりここを拠点に、当時のここ、幕藩体制ですけどね、江戸時代ですから。その漁業を含めて竹島を自分の領土にしてました。で、改めて1905年にこれを閣議決定で、つまり近代日本になって、明治維新の後にですね、島根県に編入したのが1905年なんですね。で、その後、40年後に日本の敗戦があるんですが、この途中にですね、竹島に直接関係ないから字では書かなかったけど、1910年に日本が韓国を併合してしまったと。日韓併合がありますね。で、それについて韓国は『だから1905年に竹島を島根県に入れたのが、韓国を呑み込む、韓国を併合する始まりだ』と。『だから竹島は韓国の物だ』と言ってるわけです。それ、めちゃくちゃな話で、これは歴史的な書物から、ちゃんと江戸時代の初期からもう竹島は日本の物ですから。ね。韓国を併合したのは事実ですよ。間違いない事実ですが、(竹島は)日本の物ですから。韓国の物を併合するという話と全然違うわけです。違うからですね、日本が敗戦した後に、ここ(1952年4月)に日本の独立が回復した。7年後に日本は独立回復しましたね。1952年の4月にサンフランシスコ講和条約が発効、効き目を現して、日本は元通り独立国に戻りました。このサンフランシスコ講和条約の中に何が書いてあるかというと、これは、日本は独立を回復するにあたって、この韓国本体と、それからたとえばこのへんに鬱陵島ってありますけど、鬱陵島とか、それから済州島とか、そういう物を韓国に返還しますと書いてあるんです。で、竹島は入ってません、条約の中に。何でかというと、竹島は国際社会が認める通り、もともと日本の物だから。韓国に返すって話じゃないわけですよ。それを韓国自身がよく分かってたから、実は当時の李承晩というもともと反日で有名だった大統領が、この(日本独立回復後の)3カ月前に、突然、李承晩ラインというのを勝手に引いたんですよ。どう引いたかというと、竹島を韓国側に入れちゃったわけですよ。ね。日本が独立を回復しない、まだ物を言えない時代にこれをやってしまった

村西利恵
「今のうちだと……」

青山繁晴
怒ったのはアメリカだったわけですよ。ね。これサンフランシスコですから、アメリカが中心になってやった、『これは国際ルールに従ってやってることなのに、韓国はむちゃくちゃしてる』と言ったから、実はその後、日韓基本条約が結ばれた後に、李承晩ラインというのはですね、これ実際もうなくなってるわけですよ。だからこれ全部、僕も別に日本の視点で言ったんじゃなくて、今アメリカも含めて言いましたが、国際社会の普通の視点で言ってるんで、これが外交問題であるはずはないんです。室井さんが言った通り、こういう客観的な事実を私たちの国民、私たちの若い世代に教えるだけのことなんですよ。で、それが福田外交の大きな失敗と言いましたけれどね、皆さん振り返っていただくと、福田外交って失敗続きですよね。で、その福田外交、これも含めて失敗続きであるために、今日のもう1つのキーワードはこれになると」

080716-16frip2.jpeg

村西利恵
「ここでズバリキーワードは『そして内閣改造も失敗へ』。なぜ内閣改造まで失敗するのか。これはCMの後、詳しく話していただきます」

(いったんCM)

山本浩之
「えー、失敗続きの福田内閣、青山さんの2つめのキーワードは『内閣改造も失敗』というキーワードでした。続きをお願いします」

青山繁晴
「はい。えー、後半、まずもう1人の現職閣僚にちょっとあえて登場してもらいましょう。ちょっと出して下さい」

080716-17amari.jpeg

村西利恵
「はい。甘利経産相。『青山さん、私はもうすぐ経済産業大臣じゃなくなりますよ』?!」

青山繁晴
「はい。これ、さっきのパーティーと同じ山崎派のパーティーです。10日木曜日の夜。甘利さんも山崎派ですよね。それで僕は、これは僕の方から甘利さんの方に寄って行きました。というのは、甘利さんに会うためにほんとはこのパーティーに行ってたんです。山崎拓さんとぶつかってますが、甘利さんとは連携したいことがあったので、寄って行った。それ何かというと、『日本のメタンハイドレートをきちんと開発して、日本を資源大国にしましょう』と。『あなたともっときっちりした話をしたい』と申し入れたんですね。すると甘利さんは、『分かりました。その話はぜひ私も聞きたい。但し青山さん、私は間もなく経済産業大臣じゃなくなっちゃいますよ』と」

村西利恵
「どういうことですか?(一同ざわざわ)」

青山繁晴
「だもんで、いや、これは当然ね、つまり甘利さんが言おうとしたのは、福田さんから耳打ちされたと。で、おそらくその言葉はですね、これ甘利さんが直接言ったんじゃありませんが、その後、補足取材をしたら、甘利さんに対して、福田さんが『あなたは今までよくやってくれましたね、点点点(…)』ということを言ったと」

村西利恵
肩たたきってことですか

青山繁晴
「肩たたきです。いい表現ですね。その通りで、しかもね、僕がその時に大変実は驚いたんです。というのは、これ先週木曜日の段階ですね。で、こないだの土日ぐらいからね、もう内閣改造、当たり前みたいになったですけども、実は先週の木曜日、わずかな日数の違いですけど、このあたりはまだ内閣改造をやらないんじゃないかと、やれないんじゃないかという話の方が強かった。というのは具体的に、福田さんは小泉さんとよく密会を最近してるんですけど、小泉さんは『内閣改造なんかやってロクなことはないんじゃないか。その後、総選挙までやりたくなくてもやることになっちゃいますよ』というようなアドバイスをしてるんで、その小泉さんのアドバイスを聞いて、福田さんがたとえば森喜朗さんにね、森さんは子分にポスト与えたいじゃないですか。そんなの嫌だっていう意味のことを伝えてたから、この段階では僕はこれを聞いた時にびっくりしたんですよ。『え、甘利さん、福田さんは内閣改造をやりたくないんじゃないんですか?』と聞いたら、甘利さんは、いや、そうじゃなくて、さっきちらっと言いました、その耳打ちの話を、ま、それとなくしたわけです。で、そのキーポイントはね、この日付なんですよ。7月10日木曜日の夜ってどういうタイミングかというと、7月9日水曜日に、『アンカー』の日ですけど、このコーナーの日ですけども、サミットが終わって、その日の夜11時半頃に北海道から政府専用機で福田さんは羽田空港に帰って、で、9日の深夜っていうか、10日の未明、午前0時過ぎぐらいに首相公邸に入って行ったんですよ。で、すなわちそのサミットが終わって東京に帰ってきた、その翌日にいきなり甘利さんにそれを言ってるんですね。で、どうしてそういうタイミングかというと、実は複数の外務省の方々がこう言ってます。はい」

080716-18summit.jpeg

村西利恵
『福田総理は、サミットは大成功したと思い込んでいる』

山本浩之
「ええーー(一同笑いとざわめき)。それは『大』はつかないですよ、少なくともね」

青山繁晴
「だからまさしくサミットの翌日、福田さんはすごい高揚してて、まず甘利さんのような主要閣僚に自ら耳打ちをして、私は改造に踏みきるんだと意図を出して、さらにこの後、こういうこともやった。はい、ちょっと出して下さい」

080716-19gaiyu.jpeg

村西利恵
『閣僚と副大臣全員に、7月下旬以降の外遊を控えるように指示していた』

青山繁晴
「これ実は正確に確認できたのは、僕も今朝なんですけれども、甘利さんとか主要閣僚に耳打ちした後に、今度は全閣僚と全副大臣に対して7月下旬以降外遊するなと。もう相手国と約束が出てても、それは全部キャンセルしろと。ということは、もう誰が考えても、7月28日から30日にかけておそらく改造するだろうということに、もう福田さんはいったん踏み切ってしまったわけです。そしたらですね、この指示が出たと思われるあたりの直後に一斉に各社の世論調査が出て、福田さんに厳しい所も優しい所も全部合わせて、いや、サミット効果は全然なくて、支持率は高まってない。新聞は遠慮して支持率は微増って書きましたけど、もともと大変な低い支持率なんだから、それが増えないってことは、サミットをやっても結局だめじゃないかっていう話になったわけですね。で、しかもこれ大事なことはですね、この、国民から見たら、支持率をあげない本当の理由はサミットだけじゃなくてですね、たとえばさっきの竹島でも、これから韓国はどんどんどんどん実効支配を進めていく。日本はやがて国際司法裁判所でこれを解決しなきゃいけない。そのためには、韓国が今度は軍事施設だけじゃなくて生産施設とか観光施設とかたくさん作る、その時にどんどん抗議しなきゃいけないけど、福田さんでそれができますか?という疑問を持ってるわけですよ。そしてさっきの李承晩ラインでいうと、実は日本の漁民は40数人の方々が韓国軍に殺されてて、今も島根県の漁民は原油が高くなくても沿岸漁業ができない状態に追い込まれてる。そんな現実を国民は案外知ってるから、ね、国民賢いから、福田さんでそんなこと乗り切れるのかと思うから、実は福田さんに対して支持率をあげなかった。それを自民党の最高幹部あたりも今はもう、福田さんはこれ、ほんとは改造できないんじゃないの?という話になってるわけですね。で、できないんじゃないの?と言ったって、もうこんな指示まで出してしまったんだから、福田さんプライドも高いので引っ込みつかない。引っ込みつかないからどうするかというと、今、自民党の幹部の方々が予想してるのは、これはひょっとしたら1人とか2人だけ替えて…」

山本浩之
「あ、小幅で」

青山繁晴
「だから超小幅というか、これで改造と言えんのかなというのを考えてるんじゃないか」

山本浩之
「それ具体的に、じゃあどのへんを替えようっていう…」

080716-94aotitle.jpeg

青山繁晴
「うん、そこなんですが、あんまり仲がよろしくない渡辺喜美行革担当大臣は、むしろ留任させるんじゃないかと思います。それから舛添さんのようにね、厚生労働大臣の舛添さんのようにすごい人気のある人、こういう人は置く。たとえば渡辺さんは外しちゃうと、もう行革やらない、天下り規制やらないになっちゃうから、そういう人は置くんじゃないか。すると当たり障りのないところで外すだけじゃないかと言われていて、これじゃあもたないから、今日の最後の話なんですけど、小泉さんからの新しいアドバイスとして、小泉政権時代にあの若い安倍さんを自民党幹事長にしたために、20%ぐらい支持率が戻ったんですよね。それをもし福田さんがやれるんなら、これはもうズバリ外務大臣しかない。『外務大臣に麻生太郎さんを入れて、中国や北朝鮮に厳しい、しかも次期総理に最有力の麻生さんを外務大臣に取り込むぐらいの勇気があったらやれるけどな、点点点(…)』というアドバイスが、小泉さんから福田さんに送られたようです」

山本浩之
「じゃあ町村さんなんか、官房長官はそのままですか?」

青山繁晴
「いや、福田さんは当然替えたいと思いますけど、そのへんは僕にもよく分かんないです。一般には替えるんじゃないかと言われてますけど」

山本浩之
「ま、いずれにしても夏休みですから、なにがしかの内閣改造があるのはもう間違いないというところ、ありますけど、それが今のお話ですと、超小幅な内閣改造しかできないんじゃないかとう」

青山繁晴
「ええ。だから改造も失敗に終わるんじゃないか。もともと福田さんが得意分野という外交で失敗してるのが、その根っこだと」

山本浩之
「室井さん、お話伺っていかがでしょう?」

室井佑月
「あたしも内閣改造したらおしまいな気がする。だって、福田さんの下で大臣でいられるのって、そんな長くないと思ってると思うんだよね。それでみんな…」

山本浩之
「ああ、言われた本人が」

青山繁晴
「ああ、新しい大臣がね」

室井佑月
「うん。大臣ポストっていうのに就けなかった人が、今度もういよいよ福田さんおろしを始めるでしょう?だからもう終わりになっちゃうと思う

青山繁晴
「その通り、その通り。小幅にしちゃったら、漏れた人の方が多くなるから、当然不満の方が絶対的に大きくなるわけですよ。だから全体に福田政権の命運は、実はこの竹島問題で終わりが始まったなという印象ですね」

山本浩之
「はい。ありがとうございました。青山さんの“ニュースDEズバリ”でした」

 ____________________________内容紹介ここまで


 青山さんGJ!(≧∇≦)

 欲を言えば、韓国がごく最近まで、つまり1952年に李承晩ラインを引く直前まで、竹島を自分の領土だと主張したことがなかったことも説明してくれたら嬉しかったんですが。
 その上で、「ラスク書簡」に触れてくれたらなお良かった。

1951年8月10日 国務次官補(ラスク)から韓国大使への回答
ドク島、又は竹島ないしリアンクール岩として知られる島に関しては、この通常無人島である岩島は、我々の情報によれば朝鮮の一部として取り扱われたことが決してなく、1905年頃から日本の島根県隠岐支庁の管轄下にあります。この島は、かつて朝鮮によって領土主張がなされたとは思われません。

 「ラスク書簡」の全文はWikisourceにあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 起こしではカットしてしまいましたが、実は青山さんのコーナーに入る前に、室井佑月さんのGJ発言がありました。

080716-01shukudai.jpeg

 「福田首相 夏休みの宿題」ってフリップが出た時です。

 山本浩之キャスターが室井さんに「いっぱいあって選ぶの難しいと思いますが、室井さん、(福田総理はこの中で)まず何をすべきだと思いますか」と尋ねたんですね。

 そしたら室井さんはこう答えました。

 「まずはアレじゃないの?自分が総理でいたら、日本にとって得であるか損であるかって、じっくり考えた方がいいんじゃないの?だって一番上の漁業危機、ガソリンの値段が上がってること、サミットで何も話さなかったし、後期高齢者医療制度とか年金とかは引継でしょうがないと思ってると思う(=自分には関係ないと思ってる)。道路財源一般財源化は支持率低いから、もう流れに負けてるって感じ。竹島問題はみんな揉めてるし、内閣改造は今さらやってもしょうがないと思う。だから、まず自分は何がしたいのかを考えた方がいいと思う。だから、自分が総理でいるべきかいないべきかっていうのを考えるべきなんじゃないの?」

 青山さんは「横で聞いていて、これ完璧なコメントですよ」とベタ褒めでした。私も同感です。室井さん、最近わりとGJコメントが増えてきたような気がしますが、青山さんの影響なんでしょうか?(^_^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※拙ブログ関連エントリー
08/7/15付:竹島は明記されたけど
 新学習指導要領の解説書に竹島が明記された件のまとめです。
07/1/7付:【過去】竹島問題TV起こし
 「ラスク書簡」が紹介された06/4/22放送「ワイスク」や、青山繁晴さんが朴一を撃破した06/5/15放送「TVタックル」も収録。

※拙ブログ関連エントリー/「アンカー」起こし
こちらからどうぞ。

※参考リンク
ON THE ROAD : Aoyama 's Daily Essay(青山繁晴さんのブログ)
 青山さんに直接コメントが送れます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

megumi080328-4.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。
コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバックを下さる方へ
お手数ですがこちらに一度目を通されてから宜しくお願いします。

★コメント(投稿)を下さる方へ
初めてコメント下さる方は、お手数ですがこちらに一度目を通されてから宜しくお願いします。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/376-bed81e2e

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索