ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「ムーブ!」新型インフルエンザ 脅威の実態(細切れぼやきも)

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■6/2(月)放送「ムーブ!」

新型鳥インフルエンザ 国家的な危機になる…(当日のテレビ欄より)

080602-09hito.jpeg

 新型インフルエンザの脅威については、以前「アンカー」で青山繁晴さんが現地レポも交え、安全保障・危機管理の視点で取り上げてくれました(4/2放送分参照)。
 今回は「ムーブ!」です。番組初登場の竹内薫さんが、サイエンスの立場から予防策なども含めて解説をして下さいました。

 細かい相づちや間投詞、ツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。各画像をクリックすると新規画面で拡大します。

 今日は最後に「細切れぼやき」もあります。
 秋葉原無差別殺傷事件、「ムーブ!」に朝日新聞編集委員出演。


 内容紹介ここから____________________________
 …………………………VTR開始…………………………

080602-01sisha.jpeg

 日本人の死者210万人とも――。
 この驚くべき試算を打ち出した脅威というのが、新型H5N1型インフルエンザ。

080602-02tisiritu.jpeg

 強い毒性を持ち、鳥から人へと感染するウイルスで、一度感染するとその致死率は何と60%。
 人類は直面する危機を逃れることができるのか。

080602-03title.jpeg

 “新型インフルエンザ”襲来。
 脅威の実態をサイエンスライターの竹内さんに解説していただきます。

 …………………………VTR終了…………………………

堀江政生
「初めての出演の竹内薫さんなんですが、いきなりこんな所(パネル前)に来ていただいて申し訳ありません」

竹内薫
「頑張ります」

080602-04uwasa.jpeg

堀江政生
「ただ、竹内さんも、このことについては国家的な危機に陥るかもしれないと、そういう警鐘を鳴らされているということなんですね。緊急コーナーになります。で、この鳥インフルエンザの脅威なんですけれども、実はこの問題点、『ささやかれる不吉な噂』なんていうふうにありますけれども、これからのシーズンが危ないんだと」

080602-91takeuchi.jpeg

竹内薫
「そうですね。過去の新型インフルエンザの流行を見てますと、だいたいですね、初夏に一回流行をして、それから夏の間ちょっとこう下火になって、ま、冬にもう一回バーンと上がるんですよ。なので意外と初夏というのは、新型インフルエンザの始まる時期なんですよね」

関根友実
「私たちの感覚では冬だってイメージがありますけど、まず夏に来るっていうことを踏まえておかなきゃだめですね」

竹内薫
「そういうことですね」

堀江政生
「ではこの鳥インフルエンザなんですけれども、不吉な噂などについて、いったい何なのかを見ていきます」

080602-05dokokara.jpeg

関根友実
「人間のインフルエンザウイルスがどこからやって来るかといいますと、答えは『常に鳥の世界からやってくる』んだそうです。はじめは鳥同士でインフルエンザがうつり合うそうなんですね。それがウイルスが突如変化しまして、鳥から豚、また鳥から人へとうつってくるんだそうです。そしてまた急速にウイルスが変異しまして、人から人へとうつったら、これはまた大変なことになる。つまり鳥インフルエンザが進化して人から人へとうつるとなると、新型インフルエンザウイルスの発生となりまして、パンデミック、いわゆる大流行の恐れがあるということなんですよね」

竹内薫
「そうですね。これちょっと説明しますとですね、この鳥から鳥にうつってる間は、これは鳥インフルエンザです。それでこの鳥から人間にうつってる段階でも、現在はこれは鳥インフルエンザのままなんですね。ところがですね、今後ですね、人から人に感染するようにこのインフルエンザが進化すると、そこが新型インフルエンザということで。これね、実はフェーズがあるんですよ。フェーズ1・2・3(鳥インフルエンザ)、4・5・6(新型インフルエンザ)とあって、実は今、フェーズ3なんです。ですからこの段階では鳥から人間にはうつるんですよ。だけどもそれが流行はしないんです。で、次がフェーズ4で、そのフェーズ4では人から人にどんどん広がるんですね。で、今ね、ちょうどこのね、3から4のね、ほんとに中間なんですよ

堀江政生
「どのくらい人間に迫ってきているのかというのも、ちょっとVTRで確認しておきましょう」

 …………………………VTR開始…………………………

 H5N1型ウイルス。
 1997年に香港で初めて確認されました。

080602-06honkon.jpeg

 その後ウイルスは各地に飛び火し、お隣の韓国では5年前に鳥が大量に感染。
 ニワトリやアヒルなど185万羽を処分し、被害額は実に14億円にも上りました。
 さらに拡大を続ける新型インフルエンザの猛威は、いよいよ鳥から人へと移りました。

080602-07map.jpeg

 3月18日現在、世界での発症者は373人で、うち236人が死亡。
 そしてさらなる展開を見せました。

080602-08china.jpeg

【今年1月】中国・衛生省の会見
「今回の症例はいまだかつて起きたことがないものだ」

 中国やインドネシアで、人から人への感染が確認されたのです。

080602-09hito.jpeg

 新型インフルエンザは感染を重ねるたびに感染しやすく変化し、いったん広がり始めると感染を止めるのは容易ではありません。
 そしてついに日本でも――。

080602-10kawaguti.jpeg

【先月】野付半島ネイチャーセンターガイド 河口真梨さん
「羽をたたんで首を下げていた状態で見つかったということですね。〈VTR中略〉普通の方が見たら、ハクチョウ寝てるのかなっていう感じだと思いますね」

 北海道の野付半島で見つかったハクチョウの死骸から、新型インフルエンザが検出。
 秋田県や青森県でも同様の結果が次々と発表されたのです。

 日本海を渡ってやって来た新型インフルエンザ。
 今後、国内でのさらなる拡大が懸念されます。

 …………………………VTR終了…………………………

堀江政生
「ま、近づいてきてますね」

竹内薫
「はい。えっとまあ、これなんですが、実はですね、96年ぐらいからこの新型インフルエンザというのが、強毒性というふうに変わってるんですよ。で、実は我々が普通かかるインフルエンザってのは、これ弱毒性と言われるもんなんですね。致死率は全然違うんですね。我々の普通のこのインフルエンザっていうのは、だいたい1000人かかると1人か2人死ぬ感じなんです。ところがこの新型インフルエンザっていうのは、1000人かかると600人死んでしまうんですよ」

関根友実
「全然違いますね」

竹内薫
「そうですね、はい」

080602-11dairyuukou.jpeg

堀江政生
「で、どのぐらい大変なことになるのか。この不吉な噂の中身なんですが、H5N1型の新型インフルエンザ大流行の可能性が飛躍的に高まっている、としています。そして竹内さんは、『このままいくと、日本は新型インフルエンザに蹂躙され、人的、経済的かつ国家的な危機に陥る』『予想される日本の死者は64万人から210万人、最悪の場合、日本のGDPの4%が失われる恐れがある』と、警鐘を鳴らしてらっしゃいます。大変な話ですね」

竹内薫
「そうですね。これ、えーっと4%というこの数字ですね、これ、国内のシンクタンクが算出している試算なんですね。それからこの64万人というのは、これはですね、厚生労働省が言っている最大の死者数なんですけれども、で、210万人というのは、これはですね、海外の研究機関が発表している数なんですよ。ということで、これはたぶん未曾有の危機になるんじゃないかっていうふうに考えられますね」

堀江政生
「ちょっとこちらをご覧いただきたいんですが、これを少し説明していただけますでしょうか」

080602-12kouroushou.jpeg

竹内薫
「はい。あの、実際にですね、これH5N1型の新型インフルエンザが流行を始めるとですね、おそらく日本人の4分の1がかかります。で、死亡数がそうですね、64万人、ま、入院患者がだいたい200万人ぐらいと…」

堀江政生
「そんな、病院が対応できないでしょう?」

竹内薫
「これはもう完全に麻痺しちゃいますね」

堀江政生
「そうですよね、パニックですよね」

竹内薫
「で、ここにちょっと、岡田晴恵さんというですね、国立感染症研究所の方がおっしゃってますけども、やはりどうもですね、210万人、まあ死亡者が出るんじゃないかということと、あとね、若者がね、これけっこう危険なんです」

堀江政生
「若者?」

竹内薫
「ええ。普通だったらば、インフルエンザですと高齢者の方が危ないじゃないですか。ところがですね、この新型インフルエンザというのは非常にこう強いので、若者のですね、こう免疫機能が暴走を始めてしまって、自分の身体を攻撃してしまって死んでしまうんですよ。だから非常に怖いんですね」

堀江政生
「ああー。それはしかし、相当な覚悟を決めないといけないですか、勝谷さん」

080602-94katuya.jpeg

勝谷誠彦
「そうですね。で、これ200万人レベルのですね、入院になると、何が起きると言いますとですね、社会基盤が壊れるんですね。つまり警察や消防、防衛、それからインフラですね、鉄道やですね、電気、電話、水道みたいなものを維持してる人たちに直接影響がある。そうするとかかってない人たちでもですね、あの、私たちの社会生活が成り立たなくなる。要するに社会が壊れてしまう可能性が非常にあるんですね。だから今、そのタミフルや何かの備蓄にしてもですね、そういう人たちに優先的に、あるいはお医者や看護婦さんに優先的に回そうなんて計画も今、出てるぐらいですね」

080602-13map.jpeg

関根友実
「はい。実は2008年の3月18日現在なんですが、10人以上の死者が出てるのは最も多いのがこちらのインドネシアなんですね。人の発症者数が129人で死者数が105人ということなんです」

堀江政生
「やっぱり恐ろしい致死率ですね、これね」

関根友実
「また、ベトナムでは発症者106人、死亡者52人、2人に1人ですね。さらにエジプトです、人の発症者数が47人、死亡者が20人。中国は人の発症者数30人、死亡者が3分の2の20人です。そしてタイが25人、そして死亡者17人ということで、怖いのがその致死率です。ご覧のように63%の人が亡くなってしまうと」

竹内薫
「で、これですね、実際ですね、このインドネシアですね、ここがですね、封じ込めに失敗したんですよ」

一同
「ああー」

竹内薫
「これもう完全に抜きん出てますから。それでここですね、結局ニワトリとかカモっていうか、いわゆるそういう鳥ですね、家きん類を普通にこう飼ってるんですね。そこからこう感染するんですが、その家きん類をですね、処分を、ま、できないんですよ。経済的なまあ、いろんな理由がありまして。ということで、非常にもう今、全世界にこう広がりつつあるっていう状況なんですね」

関根友実
「やっぱり人と鳥が濃厚に接触すればするほど、こう、うつる可能性が…」

竹内薫
「そうですね」

堀江政生
「これ、しかも今、世界中が人間同士の交流が激しいわけですよね」

竹内薫
「はい。これはですね、ですからいったんですね、こう完全にフェーズ4まで入ってしまうと、おそらく世界中にですね、1週間以内で蔓延します

一同
「えっ!」

関根友実
「そんなあっという間なんですか」

竹内薫
「ええ。で、これはですね、空港なんかで止めることはほぼ、できません。というのは、このインフルエンザというのはですね、こう感染をしてから1週間ぐらいですね、潜伏期間があるんですよ」

堀江政生
「気付いてないわけですね」

竹内薫
「ということなんです。なので、熱も出ませんから、ま、入って来ちゃうんですね」

関根友実
「その間にうつって行くんですね」

竹内薫
「そうなんです」

堀江政生
「ああー。いや、山本さん、怖いですね」

080602-93yama.jpeg

山本譲司
「そうですね、怖いんですけど、その、これ季節のサイクルじゃなくって、このまあ、過去たとえば1世紀ぐらいの歴史で言うと、スペイン風邪、4000万人が亡くなったと言われるスペイン風邪、1918年。その後、アジア風邪、それから香港風邪。だいたい香港風邪、1968年ですよね。10年から40年のスパンですよ。1968年から40年っていうと今年なんですよね。ですから、その、家きん類を飼っていた人たちが感染してるっていう、ま、感染源が特定してる人もいるんですけど、感染源が特定できてない人もけっこう増えてきてるんですよね。それとね、やっぱりこれだけじゃなくって、WHOへの情報提供が十分じゃない国っていうのも、まだまだあると思います。国の中でもあると…」

堀江政生
「報告ちゃんとできてない」

山本譲司
「はい。ちゃんとできてないという所もあるでしょうから、ま、確かにその、今、日本は新型インフルエンザ対策行動計画に基づいていろんな政策を打ち出してきてるんですけれど、やっぱりこれは、これだけ大規模な感染症っていうのは国境はないんですね。水際で……侵入するってのも、なかなか難しいですよね」

堀江政生
「どうやって、じゃあ我々は身を守ったらいいのかっていう話なんですよね」

山本譲司
「やっぱり国際的なね、監視体制だとかそういうのをきちんと整える必要があるでしょうね」

080602-14taishohou.jpeg

関根友実
「どうやって我々が身を守ったらいいのか。2つの方法が今、防御法としてあるそうです。スイス型とアメリカ型、2つの考えがありまして、まずスイス型なんですが、備蓄ワクチン、備えてとっておいたそのワクチンによる“予防型”ですね。そしてアメリカ型なんですが、病気が発生した後にワクチンを製造し提供する“発生対処型”。この2つがあるということなんです」

竹内薫
「これなんですけど、日本はですね、今のところ、このスイス型なのかアメリカ型なのか、わかんないんですよ。決めかねてるんですよ

一同
「ああー」

竹内薫
「実際スイスはですね、全国民分の備蓄ワクチンをもう用意しています。それからアメリカなんですが、アメリカの場合はですね、発生後のワクチンを作る態勢を完璧に今、整えていて、半年間で全国民分が作れます。ところが日本はですね、この備蓄ワクチンは今のところ1000万から2000万人、多くても3000万人分しか作らないんですよ。で、しかもですね、この発生後のワクチンがいったいどれぐらいの期間で全国民に行き渡るのかっていうのがね、今、わかんないんですよ。作らないんですね。ということで、今これ、どっちにしようかっていうふうに迷っている段階で」

堀江政生
「急いでほしいんですけど」

竹内薫
「これはね、決めてほしいですねー」

堀江政生
「で、一方、これまあ予防の方ですけど、かかっちゃった時、通常のインフルエンザの治療薬としてタミフルがあるわけですが、これ効きますか?」

竹内薫
「これがですね、実はですね、新型インフルエンザに関してタミフルが効いたという事例は、今のところ確定してないんですよ」

一同
「うーん」

竹内薫
「で、これ実際ですね、インフルエンザにかかってから48時間以内に飲まないと効果がないんです。ところがたいていの場合ですね、ま、48時間というと、ちょっと熱っぽいかなーとか言って寝ちゃうんですよ。なのでこれはね、手遅れになる可能性があるのでちょっと厳しいんですよね」

堀江政生
「予防法としては何かあります?」

080602-15mask.jpeg

竹内薫
「あります。えーっとですね、ちょっとここに持ってきたんですけれども(マスクを取り出す)、これがですね、インフルエンザを、ま、通さないと言われてるマスクですね。で、ここにですね、ちょっと見えるかどうかわかりませんが、『N95』って書いてあるんですね」

一同
「(口々に)ああ、書いてありますね」

竹内薫
「これ、要するにですが、インフルエンザの、ま、粒子、これを95%カットするっていうような意味と考えて下さい」

一同
「ほぅー」

竹内薫
「で、これがですね、だいたい1つ100円とか200円で」

堀江政生
「えっ、あんまり高くないですね」

竹内薫
「ええ。ま、20個パックぐらいで売ってますから」

関根友実
「普通に市販されてるものなんですか?」

竹内薫
「そうです。これはまあ必需品ですね。で、あとはですね、意外と効くのがですね、鼻うがいです。普通ですね、えっと、うがいはするんですけども喉だけじゃだめなんですよ。というのはインフルエンザのウイルスは鼻の奥で増殖するんですよ」

一同
「はぁー」

竹内薫
「だいたい1個のウイルスが24時間で100万個に増えます。なので鼻うがいもしてほしい。それから手をちゃんと洗う。顔も洗う。そういうことですね」

関根友実
「じゃあ基本的にインフルエンザの予防法と変わらないと…」

竹内薫
「そういうことですね、はい」

堀江政生
「鼻うがいってやったことないんですよ、僕」

関根友実
「痛いんですよね。塩水でこうクッとね」

竹内薫
「そうですね」

勝谷誠彦
「非常に気になるのが、さっき中国の数字出てましたけど、あれ僕、信用できないんですよ。で、非常に今まで中国史上ない人の大移動が北京五輪であるんですね」

堀江政生
「そうか、そうですね」

勝谷誠彦
「だからあれはね、非常に僕は気になってますね」

堀江政生
「世界中が交流する時でありますよね。……竹内さん、どうもありがとうございました」

 ____________________________内容紹介ここまで


 「N95」のマスクって私、初めて知りました。薬局へはわりとよく行くんですが、今まで見かけたことなかったです。
 でもネットで調べたら、ちゃんと市販されてるんですね。但し竹内さんも言われてるように「20個パック」みたいな感じで、1個では売ってないみたい。1個100~200円で使い捨てだとしたら、ちょっと高いかなぁ。でも命には代えられないですよね。

 山本譲司さんがWHO(世界保健機関)にちらっと言及されてますが、WHOと言えば、私が以前から気になっているのが台湾の加盟問題です。

 台湾はずっと前からWHO加盟を訴えていますが、中国が反対しているために加盟できずにいます。WHOが国連の専門機関である以上、台湾のWHO加入を認めたら、台湾が国際的に「国」と認められたことになってしまうので、中国から見たらこれは絶対に容認できないってことなんですね。

 が、WHOに加盟していないと、感染症などに関するまざまな情報を素早く入手できず、これが対応の遅れにつながってしまう可能性が高い。実際、台湾は2003年のSARS禍でひどい目に遭いました。

 WHOの加盟が無理なら、せめて年次総会へのオブザーバー参加を認めてほしいということで、李登輝総統時代からはそれを求めてきました。アメリカや日本は支持したものの、やはり中国の反対で実現しないままです。

 四川大地震発生後、中国政府は政治問題を超えたところで各国の援助を受け入れてきた側面もある、大地震をきっかけに中国も以前に比べたら変わってきたんじゃないかと言われたりもしているようですが、こと台湾に関しては、今後も中国は頑なな姿勢を変えないでしょうね。

 人の命に関わることですから、政治問題とは切り離した別次元のところで、日本はじめ国際社会は台湾を支援していくべきだと思うのですが……。

 あと、コーナーの最後で勝谷さんが、暗に「北京五輪をきっかけに、世界に新型インフルエンザが広がってしまう可能性もある」と指摘されてますね。
 新型インフルエンザに限らず、毒ギョーザをはじめとする食品問題などでもそうですが、日本はもっと“チャイナリスク”を考えないといけませんよね。
 日本政府はどの程度まで真剣に考えてくれてるんでしょうか。民間レベルでいくら注意しても限界がありますしね(T^T)

 
※参考リンク
WHO加盟求める 台湾の医療・衛生関係者(産経5/16)

※関連ニュース
香港の市場で鳥インフルウイルス、輸入と出荷を即日停止(読売6/7)
鳥インフル:秋田、青森のオオハクチョウ8羽は陰性(毎日6/5)
インフルエンザの死亡者、109人に インドネシア(CNN6/5)
英国からの家きん肉等の輸入を一時停止 -農水省(6/4)(農業協同組合新聞6/9)
米国アーカンソー州からの家きん肉等の輸入を一時停止 -農水省(6/3)(農業協同組合新聞6/5)
欧米で流行した鳥インフル 人へ感染しやすく変異(読売5/27)
新型インフルのワクチン、全国民に用意・経済界要請へ(日経5/24)
英グラクソなど、新型インフルワクチンを日本に輸出へ(日経5/20)

※拙ブログ関連エントリー
4/3付:「アンカー」新型インフルエンザ 火種はやはり中国?


・・・・・・・・・・・細切れぼやき・・・・・・・・・・・


逮捕の25歳派遣社員「人を殺すために秋葉原に…」(読売6/9)
 「秋葉原で人を殺します」加藤容疑者、携帯掲示板に予告(読売6/9)
 
 「集団自殺」が流行ってますが、まさか「間接自殺」まで流行ったりせんやろなぁと、すごく心配です。そうなったらもう、日本に安全な場所なんて一つもなくなってしまいます。

 事件が起こる4日前の6月4日、犯罪心理学者で聖学院大学客員教授の作田明さんの論文が産経新聞「正論」に掲載されました。題して「凶悪犯罪多発の3つの背景」。その中にこのようなくだりがあります。
 
 近年欧米、特に米国を中心に無差別的殺人が増加する中で、いわゆる無動機的犯罪についての心理的メカニズムの探究が進んできている。洋の東西を問わず、いわゆる無動機的犯罪にはいくつかの共通点がある。
 犯人はほとんどが男性の単独犯である。若い人が多く、単身者であるか、家族と同居していてもあまり接触せずに孤立した生活を送っている人々が大多数である。
 米国では、犯罪一般については黒人など有色人種の比率が高いが、こうした凶悪犯罪についてはむしろ白人の発生頻度が高くなっている。家庭環境については中流家庭出身者が多く、もともと貧困家庭に育った者は少ないと言ってよい。
 犯行者には無職の者が多いが、小、中学校の成績は必ずしも悪くないし、中には非常に優秀であった者も少なくない。高等教育を受けるようになるまでに挫折した体験の持ち主が多く、そのために不本意な就職をしたり、あるいはほとんど定職につけなかった者が少なくない。

 この論文は今日(6/9)の「ムーブ!」で宮崎哲弥さんも紹介してましたが、今回の容疑者の特徴に怖いほど当てはまってますよね。

 中学までわりと上手くいってても高校で落ちこぼれちゃう人なんて山ほどいます(私もその一人)。仕方なく低賃金で働いている人だって山ほどいます(私も派遣でつないでいた時期があった)。
 でもみんな辛い現実を受け入れつつ、自分なりにがんばって生きてるわけですよね。なのに、この人は何がどうしてこうなっちゃったんだろう?

 余談ですが、朝日がまたやってもーたみたいですね。

読売「警察官が拳銃を構えると、加藤容疑者は観念したように路上にナイフを捨てて…」
産経「警察官が拳銃を抜いて「おとなしくしろ」と叫ぶと倒れ込むように座り込み…」
毎日「警察官が拳銃を取り出すと、男はナイフを路上に置いた」
朝日「男がナイフを下に落とした。すると警察官は拳銃を抜き、男に向けた」

 朝日の記事はすでに書き換え済です。魚拓でご確認を。
 他紙だったら「単なるミスかな」と思うだけですが、朝日だと「そんなに警官を悪者にしたいの?」とか思っちゃいますね(^_^;


6/9放送「ムーブ!」に朝日新聞編集委員・星浩が出演

 よりによって星浩!?「ムーブ!」もついにここまで堕ちたか(T^T)

 でも今日はコメンテーターとして宮崎哲弥さんと勝谷誠彦さんがいる!
 哲ちゃんはともかく勝谷さんは朝日新聞をふだんボロカスに叩いているし、真っ向から批判は無理でも嫌味の一つや二つは……。
 と思ったけど、全然ダメ。終始なごやかなムード。それどころか、福田政権の話題で、問責決議案について述べた朝日の社説(6/6付)を「全く朝日の言う通り」とほめて、堀江キャスターに「勝谷さん、今日はどうしちゃったんですか!」と突っ込まれる始末でした。

 あ、でもそんな勝谷さんも一度だけ、嫌味を言った場面がありました。中国四川省政府が、四川大地震の被災地を取材できる外国メディアの記者の人数を1社2人までに制限する措置を取ったというニュースが紹介された後、コメントを求められた勝谷さん、「人民解放軍の力が強くなってて、検問で日本の記者が拘束されるということがあった。朝日という中国に好意的なメディアも拘束された」と笑顔でチクリ。
 でもそれだけ。星も苦笑しただけで反論とかゼロ。
 せっかく中国の話題なのに……。勝谷さん、もっと言ってやって下さいよ!(-.-#)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

megumi080328-4.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。
コピーフリーです。世界に広めましょう!

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/356-09215d0b
 日本の外交についてのアンケート、受付終了しました。  ご協力ありがとうございます。  集計結果はこちらを参照してください↓ 日本の外交についてのアンケート http://enq-maker.com/result/3WLehuW  やっぱり、というか当然というべきか。  ほぼ予想通りの結...

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索