ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「ムーブ!」亡命チベット人タシィさんの思い(四川地震と竹島問題も)

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■5/19放送「ムーブ!」

独立叫んで長野市で逮捕…20日ぶりに釈放された亡命チベット人の思いは(当日のテレビ欄より)

080519-10te.jpeg

 皆様、いつも拙ブログにご訪問いただきありがとうございます。
 今回のエントリーは普段にもまして「皆様にぜひ目を通していただきたい!」と筆者が強く願う内容になっております。

 長野の聖火リレーで逮捕された亡命チベット人2世、タシィ・ツゥリンさん。胡錦濤が訪日している間、捜査当局によって身柄を拘束され続け、国内外から抗議と釈放を求める声が上がりました。

 先週金曜、タシィさんはよくやく解放され、記者会見を行いました。「ムーブ!」からは、勝谷誠彦さんがインタビューに駆けつけました――。

 細かい相づちやツッコミ、言い直しなどはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。各画像をクリックすると新規画面で拡大します。
 緑色の文字はナレーションです。

 内容紹介ここから____________________________
080519-01title.jpeg

堀江政生
「長野で行われました聖火リレーの時に、飛び出して逮捕された亡命チベット人2世のタシィ・ツゥリンさんが、実は長野で拘束され続けていまして」

関根友実
「ずーっと拘留されていたんですね」

堀江政生
先週の金曜日、20日振りに釈放されたんです。で、タシィさんなんですが、亡命チベット人の両親から生まれて、これまでチベットの自由のために人生をかけて戦ってきた方なんですが、抗議行動に至った思いを語ってくれたわけなんですね、勝谷さん」

勝谷誠彦
「そうですね。最初は『台湾人の暴漢』という書き方がされました、ほとんどのマスコミで。で、たまたま産経新聞がちゃんと書いた。身元もあって、こういう運動してる人だと。彼には一片のその、あれを示す、いわば権利があるし主張があるんだということを初めて書いて、ま、それがつながって今回のインタビューになったんですけれどもね」

堀江政生
「これまでをちょっと振り返ります。上田さんです」

080519-02rireki1.jpeg

上田剛彦
「はい。タシィさんが生まれる前、1959年です、亡命チベット人2世、台湾籍ですが、タシィ・ツゥリンさん42歳は、59年にチベット独立運動をする父親が中国公安当局に政治犯として逮捕され、死刑判決を受けるんです。ところがこの死刑執行の前の日に、父親は刑務所の窓から飛び降りて脱走をします。母と当時7歳だった兄とともにヒマラヤ山脈を越えて、命がけでインドに逃れました。そのインドで1966年に生まれたのがタシィさんです。その時の一家の生活は、何もない中でホームレスのような生活だったと語っています」

080519-03rireki2.jpeg

上田剛彦
「タシィさんは父親から聞かされた話やダライ・ラマの言葉を知り、暴力を使わずに平和的にチベットの自由を取り戻すんだとして、チベット独立運動に25年近く身を投じてきました

堀江政生
「タシィさんは20日間拘留されまして、先週の金曜日に釈放されました。『ムーブ!』の取材に対し、抗議行動に至った思い、そしてチベットに対する思いを語ってくれています」

 …………………………VTR開始…………………………

080519-04seika.jpeg

【先月26日 午前9時6分 長野・聖火リレー】

 タシィさんが抗議行動をした長野・聖火リレー。

 そのスタート地点に拘留を決めた長野の検察があります。
 この日、釈放を知った支援者が駆けつけました。


080519-05sijisha.jpeg

チベット支持者
「おそらくその、政治的な問題が強く絡んできてるのかな、とは思いますけどもね。〈VTR中略〉胡錦濤さんがね、先週までいらっしゃって」

080519-06kokintou.jpeg

 タシィさんの逮捕から11日後、中国の胡錦濤国家主席が来日しました。
 そのため日本政府が中国政府に配慮して、タシィさんを釈放しなかったのではとも言われていました。


080519-07taipei.jpeg

【先月30日 台北市】

 台湾ではタシィさんの釈放を求める抗議デモが行われ、

080519-08tangan.jpeg

 日本でも釈放の嘆願書を集める動きが広がりました。

080519-09bakkin.jpeg

 釈放にあたり長野の簡易裁判所が下した命令は、罰金50万円。
 これは威力業務妨害で最も重い罰金刑でした。


080519-10te.jpeg

【16日午後7時すぎ 東京・有楽町】

 釈放後、支援者の待つ東京に姿を見せたタシィさん。

080519-11mas.jpeg

 ごく一部のマスコミだけが出席して会見が開かれました。

(通訳はペマ・ギャルポさんです)

080519-12tasi.jpeg

 タシィさんはまず謝罪の言葉を述べた後、抗議行動はやむにやまれぬ理由があったと語りました。

タシィ・ツゥリン
「私自身はインドで生まれて、祖国を見たこともないし知りません。しかし親から話を聞いて、何があったのかということについて、自分自身で常に考え、18歳から今日まで一度も心が落ち着いたことがありません。今、チベットで何が起きているのか、今回の暴動だけでも、チベットで殺された人たちのことを考えると、ただじっとしていられなかったのです

080519-13china.jpeg

 タシィさんはあの日、聖火リレーの列に飛び出すつもりはなかったと言います。
 しかしそれを変えたのは、長野に集まった中国人たちの心ない言葉でした。


080519-14pema.jpeg

タシィ・ツゥリン
「私がデモに参加して歩いている時に、中国の支援者が挑発的なこと(ダライ・ラマへの暴言)を言ってきました。それを聞いて急に、私の父親が刑務所から逃げてきたこと、そういう人たち(中国から弾圧された人)がどんな目にあったのか、そういうことが全部思い出されて、気付いたら飛び出していました。他の国ではあそこまでやらなかったし、逮捕されることもありませんでした」

080519-15taiho.jpeg

 タシィさんは威力業務妨害で逮捕され、20日間も拘留されました。

080519-16tagami.jpeg

 その間、日本や海外から届いた100通以上の激励の手紙を読んで過ごしたそうです。

 会見では拘留中に中国で起きた四川大地震に触れ、何よりも救助を優先すべきだと訴えました。


タシィ・ツゥリン
「これはあくまでも私個人の意見ですが、とにかく今、地震で生死をさまよっている人たちを一人でも多く助けることの方が、北京オリンピックよりもはるかに重要じゃないかと思います

 最後に、中国政府に対する思いを聞かれたタシィさん。
 チベット仏教の教えを引用して、こう語りました。


080519-17gorin.jpeg

タシィ・ツゥリン
「私たちチベット人も中国人も同じ人間としての幸せを求めて、誰も苦しむことは望んでいません。そういう意味では中国人もチベット人も同じだと思います。チベット仏教で『人の為になることができなくても害を与えなければいい』という。今は中国の政府がチベットに害を与えています。そのことについての怒りはありますが、中国の国民に対しては同じ幸せを求める人間だと思っています

 …………………………VTR終了…………………………

堀江政生
「上杉さん、非常に理路整然と話してらっしゃいますね」

080519-18uesugi.jpeg

上杉隆
「そうですね。やはりもともと、その、中国がチベットを、ま、占領したという形になってるんですけど、実際ですね、やはりその、占領された後も、ダライ・ラマに至ってはですね、一貫して高度な自治を求めて、独立を求めてないんですね。そういうふうに平和裏に解決しようとしてるのを、これ妨害してるのは中国側というのは明らかなんですが、ただ日本のこの対応というのは、今の映像を見てもわかる通り、どうもちょっと中国側に寄りすぎてんじゃないかと。たとえば中国の国旗を持って留学生が集まるんですけど、なぜ中国の国旗はよくてチベットの国旗はいけないのか、そういう素朴な疑問もありますし、ま、そういう意味では、あと逆にですね、中国の留学生も日本で聖火リレーをやるんだったら、中国の旗じゃなくて日本の旗もいっしょに持つとか、そういうような形で、オリンピックは誰のものかという形で少し考え直した方が、これは中国政府のためにもなるんじゃないかかな、というような印象を改めて受けましたね」

堀江政生
「この会見の後なんですが、勝谷さんが駆けつけました。で、タシィさんにインタビューをしています」

 …………………………VTR開始…………………………

080519-19katutasi.jpeg

勝谷誠彦
「タシィさん、どうも。長い間、寒かったですか、長野は」

タシィ・ツゥリン
「いいえ、そんなことないです」

勝谷誠彦
「ご苦労様でした」

タシィ・ツゥリン
「………(訳がなくて不明だがおそらくお礼の言葉)」

(ホテルのロビーのような場所で)

勝谷誠彦
「あなたは実際はその、中国の弾圧を体験していないわけだけれども、お父さんの言葉だけで、ここまでね、激しい行動をしようと思ったのはどうしてですか?」

080519-20ikoku.jpeg

タシィ・ツゥリン
「何よりも自分自身が難民として、両親がどんなに苦労したか見ている。もしチベットにいれば自分の家も畑も自分たちの仕事もあった。それを捨てなければならなくなりインドに亡命して、両親は英語も現地の言葉もできない。何もない異国で苦労しなければならなかった。自分自身はその父親の体験を見てきた」

勝谷誠彦
「お父さんは今のチベットのことを、どういうふうにおっしゃってますか?」

タシィ・ツゥリン
「お父さん、お母さんは他界してもう5、6年経ちます」

勝谷誠彦
「(通訳を聞いて驚く)ああ、そう」

080519-21mosi.jpeg

タシィ・ツゥリン
父親が亡くなる前に、自分の生涯に何が起きたのか全部話してくれた。『次はあなたたちが(チベット独立の)闘争を続けなければならない』『もし、あなたたちがここで止めたらこれで終わってしまう』と頼まれました

勝谷誠彦
「チベットの人たちは自分の志と誇りを持って、自分たちの文化を守ってるわけだから、ぜひ自分の国を回復してほしいと思うんですけど、どう思いますか?」

タシィ・ツゥリン
チベット独立のためには、チベット人自身が忍耐をしないといけない。独立のためにはいろんな方法があると思います。ある人は過激なことを言うし、別の人は平和的にやったほうが良いと言う。いずれにしても、自分たちの希望を捨てず努力することが大事だと思う」

勝谷誠彦
「僕ね、タシィさんが飛び出したっていうことは、確かに日本の法律では捕まることかもしれない。けれども対話が拒否されているのであれば、そういう行動は、一つの突破口を開くしかないじゃないですか」

080519-22jikankasegi.jpeg

タシィ・ツゥリン
中国政府は『対話をする』と言っているが、いつも時間稼ぎしかやらない。今回も『対話を再開した』と言うが、正直言って私たちは信用していない

勝谷誠彦
「タシィさんはこれからもこういう活動を続けていくつもりですか?」

タシィ・ツゥリン
「はい。必ずやります」

 …………………………VTR終了…………………………

堀江政生
「勝谷さん、その、しばらくお話をされていて、で、さらにまあ、これから台湾に戻られると思うんですけども、タシィさんね。日本でとんでもない目にあったっていうことをおっしゃっていくんでしょうね、きっと

勝谷誠彦
「うん、でもね、彼はあの、何というかね、決して怒ってはいないんですよ

堀江政生
「って20日間も拘留されたんですよ?」

勝谷誠彦
「怒ってないので、怒りがちゃんと持続してるんですよ」

堀江政生
「ああー」

080519-23katuya.jpeg

勝谷誠彦
「で、僕ね、すごく意外だったのは、要するにね、僕はチベットの中を千数百キロ走って行ってきたことあるんですよ。だけどチベット人の彼はチベットに入ったことがないんですよ。インタビュアーの僕がチベットを知っていて、彼が知らない。だけど彼のあの美しいチベット語、あれは亡命した後、ダライ・ラマがお作りになった難民学校で、あれを覚えたんです。あれが僕は民族っていうもんだと思うんです。その文化と言語をちゃんと○○○○(聞きとれず)と習って、それ以上に、世界中でこうやって活動するために、彼、6カ国語ができます。大変なインテリです。ええ。ほんとにね…」

堀江政生
「でもスタートはホームレスのような生活で、スタートしてるんでしょ」

080519-24tasi.jpeg

勝谷誠彦
「そうです。だけどその、自分の国を取り戻すために勉強に勉強を重ねて、お金もこのために使って、で、お金、大変でしょ。こういう活動するっつったら。彼はその時にね、ジョン・F・ケネディの言葉を引きました。『国が自分に何をしてくれるかじゃなくて、自分が国のために何をできるかを、私は考えている』っていうことで、私はもう非常にね、あの、そういう運動家、活動家というよりも一人の人間としてですね、その人格に打たれました。で、『ムーブ!』を見て下さってる方々は、タシィさんはこうやって、彼の謦咳(けいがい)に接することができたけれども、日本のマスコミはどこも、タシィさんにまともなインタビューもしていない

関根友実
「そういう背景がほんと、知らなかったですもんね」

勝谷誠彦
『台湾人の暴漢』と書いて、書き散らしただけですね、日本の大新聞なんかほったらかしてるじゃないか!非常に失礼だと思います、僕は。そういう意味では、『ムーブ!』は非常にこういう場をね、与えてくれて嬉しいですね」

堀江政生
「山本さんね、ま、あの生まれ育ったところに、同じ民族といっしょに住み続けるっていう、ごくごく当たり前のことですよね」

080519-25yamamoto.jpeg

山本譲司
「この人の置かれてる、あるいは同じようなチベットの人たちの置かれてる境遇を考えればね、今回の件だってそんなに悪質性は感じないわけですよ。ましてや、たぶんその、取り調べの席でも、最初にもしかして謝罪の言葉を述べたかもしれないと。さらには彼にとってね、今回の事件で証拠隠滅を図るなんてことはないわけですよ。にもかかわらず、20日間の拘留っていうのは、何らかのこれは政府の意図も感じます

堀江政生
「ま、胡錦濤さんがいる間は出すなってこと…」

山本譲司
それをやりやすくしたのは、まさにあの、勝谷さんおっしゃられたように、大マスコミの姿勢ですよね。これ、ま、20日間といったら相当なもんですよ。私なんか…」

関根友実
「しかも50万の罰金も知らなかったです」

山本譲司
「そうなんですよ。これは最高ですよ、この罪の中ではね。私なんか結果ね、1年6カ月の実刑判決を受けた人間でも19日ですよ、起訴前の拘留は

一同
「ああー」

山本譲司
「それが何でこういう人たちに20日間もね、ああいう刑事施設なんかに閉じ込めておくのかと」

勝谷誠彦
「ま、だからこのことは、世界中にやっぱり通信社が打電しますから、日本がどの程度の人権意識を持ってる国かっていうことを、世界中が知るわけです。だから逆に言うと、こういうささやかなインタビューさせてもらって良かったです」

 ____________________________内容紹介ここまで


 四川大地震発生以降、チベット関連の報道は日本ではすっかり沈静化してしまった感がありますね。

 中国政府は19日から3日間、「全国哀悼日」と定めたそうです。全土に半旗が掲げられ、聖火リレーは3日間中止すると(中日新聞5/19)。

 日本でも、各地で中国人留学生などが地震の犠牲者のために黙祷をしたりしていますね。
 その100分の1でもいいから、中共に虐殺されたチベット人やウイグル人のために哀悼の意を表してくれんもんかね。……って、絶対するわきゃないけどいちおう言ってみた(-.-#)

 被災地入りしていた日本の緊急援助隊ですが、撤収が決まったようです(読売5/19)。本当にご苦労様でした。
 隊員の皆さんは心残りでしょうが、中国に到着してからずっと中国側の都合に振り回されてきてましたし、もうお気の毒で仕方なかったです。
 都市部を想定した機材しか持ってきてないのに崖崩れの現場に行かされたり、すでに人民解放軍が救援活動した後の現場に行かされたり、で。

 中国の人民はおおむね日本の援助隊に感謝しているようですが、軍はそうじゃない。
 兵士の1人は「あれは日本隊だろ。早く帰れよっていう感じだ」と口走り、ある中国筋は「軍が仕切る現場で日本隊に生存者を発見させると思うか?」「軍などがいったん捜索し救助活動をすでに終えた現場で、もし日本隊が生存者を発見したら、それこそメンツが立たない」と話したそうです(産経5/18)。

 この記事を読んだ時は、「口撃」の段階ならまだいい、そのうち本当に「攻撃」されるような事態に発展したりしないか?とかなり不安になりました。
 だから撤退と聞いて、ほっとしたというのが正直な気持ちです。
 

 タシィさんについて。
 「ムーブ!」って曜日によってはサヨク色が強かったりして、「はぁ?」と思うことも多いんですが、大手メディアが中国に「配慮」して報道しないことを、このようにちゃんと伝えてくれるところは、本当にGJだと思います。

 タシィさんのお父さんがタシィさんに託した「次はあなたたちが(チベット独立の)闘争を続けなければならない」「もし、あなたたちがここで止めたらこれで終わってしまう」という言葉には、本当に考えさせられました。

 私たち日本人は祖国があって、生まれてから今までずーっと普通にそこに住んでいる。また、それを空気のように当たり前に感じていますよね。
 だけどタシィさんのご両親は祖国から逃れざるをえない状況に追い込まれ、そしてついに二度と祖国の地を踏むことはなかった。

 そんなご両親の間に生まれたタシィさんは、未だに祖国に入ったことすらない。だけど自分がチベット人であることを誇りにしている。
 ご両親の遺志を継ぎ、異国の地に住みながらも文化を守り、祖国を取り戻すため、世界各国を回り運動を続けている。しかも(おそらくは)そのために多数の言語もマスターした。
 私みたいに安穏に暮らしてきた人間には想像を絶することです。全く頭の下がる思いです。

 そんな厳しい生き方をされてきたにもかかわらず、人柄は穏やかで優しい。ご両親があんなに酷い目にあったのに、それでも中国人(漢族)も「同じ人間」だと見なしている。ダライ・ラマ猊下の影響も当然ながらきっと大きいんだろうなと思います。

 チベット人を見捨ててはいけない。日本政府がヘタレなら、私たち国民が出来うる限り支援していくべきだ。改めてそう感じました。


 話は変わりますが――

 平成24年度から全面実施される中学校社会科の新学習指導要領をめぐり、文部科学省が社会科の指導要領の解説書に竹島を「わが国固有の領土」と明記する方針を固めた件について(毎日5/19。政府は「まだ決まっていない」としている)、さっそく韓国側が抗議してきたとのこと(産経5/19)。

 主権の侵害だの何だの言ってるようだけど、他国の教科書に横やり入れてきて、いったいどっちが侵害してるのか。「内政干渉」って言葉を知らないのかね。
 そもそも竹島は日本の領土です。文句あるんやったら国際司法裁判所に出てきなさいよ。

 韓国はこれを機にまた騒ぎ始めるんでしょうか?
 李明博大統領は、就任わずか3カ月で支持率が何と20%台にまで急落しています。ひょっとしたら人気回復のため、さっそく「反日」を利用してくるかもしれません。
 そうなったらなったで別にいいんですけどね。韓国に騒いでもらった方が、「日韓に領土問題あり」と国際社会に注目してもらえますから。

 私たちは竹島も、北方領土も決してあきらめてはなりませんね。
 タシィさんのお父さんの言葉を借りれば、「次は私たちが闘争を続けなければならない」「もし、私たちがここで止めたらこれで終わってしまう」だろうと思うから。


※関連ニュース
長野の聖火リレーで逮捕されたタシィさん、釈放され会見(産経5/17)
【四川大地震】チベット民族の歌手、「眠れぬ夜もう嫌」(産経5/17)
四川大地震「悲しいこと」 ダライ・ラマ14世(産経5/17)
チベット旗、毛沢東がお墨付き…ダライ・ラマが秘話明かす(読売5/17)
ファン・ビンビン、チベットの子供を招待し北京を案内(中国情報局5/17)
英首相、ダライ・ラマと会談へ=「政治色回避」に批判も(時事5/18)
来月にも正式対話 中国がチベット政府に要請(共同5/18)
ダライ・ラマ、独閣僚と会談=チベット支援集会に参加(時事5/19)

※拙ブログ関連エントリー
07/5/5付:大高未貴さんチベットを語る
07/5/12付:ペマ・ギャルポさんチベット・モンゴルを語る
07/10/9付:Nスペ「激流中国『チベット』」
08/3/15付:「ムーブ!」スピルバーグ北京五輪にNO!(最近のまとめとチベットも)
08/3/18付:「ムーブ!」中国の軍事費が急増(台湾総統選とチベット騒乱も)
08/3/20付:「アンカー」チベット暴動 写真が暴く中国の嘘
08/3/22付:チベット問題に関心を持ち続けよう
08/3/29付:「ムーブ!」チベット抵抗史 ペマ・ギャルポさん出演
08/4/1付:「ムーブ!」チベットだけでない 中国が抱える民族問題
08/4/5付:「ムーブ!」チベット情報戦 中国のヤラセ発覚?
08/4/5付:「ぶったま!」書写山 圓教寺の大樹玄承 執事長の書簡(取り急ぎ)
08/4/7付:「ぶったま!」チベット問題 天台宗僧侶の勇気ある発言(やりとり全文)
08/4/12付:「ムーブ!」北京五輪開会式は失敗(ダライ・ラマ会見その他も)
08/4/15付:チベット問題と中華思想、捕鯨問題と白人至上主義
08/4/19付:「ムーブ!」高まる中国の愛国心(善光寺リレー辞退も)
08/4/22付:「ぶったま!」反響報告と聖火リレーと日中首脳会談(細切れぼやきも)
08/4/27付:長野聖火リレー&中国の見せかけの「対話」を許すな
08/4/29付:「TVタックル」張景子の( ゚Д゚) ハァ?発言集
08/4/29付:「ムーブ!」長野聖火リレー 報道されない真実
08/5/1付:「アンカー」長野聖火リレー 報道されない真実&今後の政局
08/5/3付:「ムーブ!」門前にチベット旗 勇気ある僧がまた一人
08/5/10付:胡錦濤訪日中のあれこれ(拉致問題も)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お気楽くっくり」更新済

 残念ながら初期しかよく知りません<(_ _)>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

megumi080328-4.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。
コピーフリーです。世界に広めましょう!

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/347-33a38df0
引用が錯綜してきたのであんまりしたくないのですが当記事は色を変えさせて頂きました。 なぜ色を使わないようにしているかと言うとデザイン面の拘りとコピペや色盲の方にも対応 しているためで(&larr;後付けな理由w)決してここの主が面倒くさいとかの話では(ry ...
2008/05/20(火) 22:27:37 | 帝國ブログ
ようやく「釈放」されたタシィ氏 長野の聖火リレーで逮捕されたタシィさん、釈放され会見  長野市で先月26日に行われた北京五輪聖火リ...
2008/05/21(水) 08:55:32 | 博士の独り言

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索