ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

中国・四川大地震で感じたこと

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 半日でエントリー3本UP。
 「くっくりさん大丈夫?」。いえいえ、心配ご無用。
 いつもは「面倒くさい」ってんで1本に無理やり詰め込んでたのを、3本に分けてUPしただけです(^_^;


 5月12日に発生した中国の四川大地震について。
 すでに多くのブログさんがまとめ記事などUPされてるようですし、私の方は雑感程度でざざっと<(_ _)>
 まず、今回の地震で亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を表し、被災された方々には心よりお見舞いを申し上げます。


 中国政府は初動が遅れましたね。
 日本もたとえば阪神・淡路大震災の際は初動がかなり遅れましたから、あまりえらそうにも言えないんですが、逆に言えば、せっかく隣の国にそういう教訓があるわけですから、お手本にすればよかったのに。

 ま、向こうの立場で考えれば、全体主義の国ですし、チベット問題を抱えていたり北京五輪も控えてるわけで、すんなりと動けない事情はあるのでしょうが、でも被災者から見たら、国民の命より政治が優先されるなんて、たまったものではありませんよね。

 特に「中国共産党の指導部が、国内のメディアに対して被災者の救出の特に感動的な様子を積極的に報道するよう求めていた」ってニュースを見た時は、やっぱりこういう国なんだなと強い不快感に襲われました
NHK5/14。リンク切れの際は2ちゃんねるにコピペあり)。

 中国のネットでは政府の対応について批判の書き込みも多くなされているそうですが、当局はそういった書き込みは直ちに削除し、閲覧不能にするなど、当局と民衆との間で激しい攻防がくり広げられているそうです(読売5/15)。

 海外メディアについては、3月のチベット蜂起の時などに比べたら、かなり現地に入れてはいるようですが、それでもやはり規制はされているらしいですね。

 日本のテレビニュースを見ていると、現地レポで急に回線がダウンするシーンに時々遭遇します。もちろん通信事情が悪いから本当にダウンしたケースがほとんどでしょうが、ひょっとして当局が「まずい」ってんで切ったケースなんかもあったりしませんかね?考えすぎ?

 また、中共は「転んでもただでは起きない」とばかりに、この地震をむしろ、チベット問題はじめ国際社会から浴びせられている批判を薄めるというか、そういうチャンスと捉えているような面が随所に見られて、何だか嫌な感じです。
 私たちの違和感とは裏腹に、それが功を奏したのか、欧米メディアはミャンマーのひどい対応と比較する形ではあるものの、中国をおおむね称賛しているようです(産経5/16)。
 そりゃミャンマーと比べたらねぇ……。


 あと、日本の緊急援助隊について。
 中国政府は受け入れをいったんは拒否したんですよね。「受け入れ体制ができてない」云々言ってましたが、それ以上にメンツの問題があったのでしょう。
 その後は一転、受け入れを決定しましたが、被災地で想像をはるかに超えた被害が出ていると分かり、もうメンツだの何だの言ってられなくなったのでしょう。「国際協調」を内外にアピールするって狙いももちろんあったんでしょうけども。

 とにかく海外の援助隊としては初めて日本の援助隊が被災地に入ったわけですが、その前日の15日、中国外務省は定例会見で、「中国政府と人民は、日本の力強い支援に非常に感激している」と、感謝の意を表明したそうです(産経(共同)5/15)。

 中国が日本に感謝の意とな。まあ珍しいこともあるもんですね。
 感謝したからって、もちろん中共は日本に向けてるミサイルを撤去するわけじゃないんですけどね。
 ……なんてしょーもないツッコミはさておき、果たしてこのことは「中国の人民」には伝えられているんだろうか?てな疑問が頭をもたげてきたわけです。

 胡錦濤は来日時に友好ムードをアピールしたものの、ギョーザ問題でも他の問題でも日本にとって進展はほとんど見られなかったわけですよ。
 今回の「日本の支援に感激」発言も、そんな日本人の対中感情を和らげる狙いで言ってるだけじゃないの?と。

 ところが5月16日の「報道ステーション」を見たところ、中国中央テレビは日本からの援助隊が到着したことをちゃんと伝えているようです。それも、くり返し伝えていると。

 それならそれで、中国って国にとことん懐疑的な私は、じゃあ新たな疑問というか不安が沸いてくるわけです。日本の援助隊が現地で罵声を浴びせられたりしてないか?と。

 いや、反日感情とかそんなんじゃないです。被災者にそんな余裕などないでしょう。
 問題は日本の援助隊が到着した時点で、生き埋めになっている人の生存率が急激に下がる「発生後72時間」をとうに過ぎていたことです。

 もちろんそれは日本のせいではありません。ですが、「遅すぎた」「もう少し早く来てくれれば」という声が住民から挙がっているなんてニュースを見ますと(日刊スポーツ5/16)、まさか「遅れたのは日本がモタモタしてたから」なんて思われてるんじゃなかろうな?と。
 だって中国政府がいったん日本の申し出を断ったことなんて、彼らは知る由もないわけだから(たとえ報道されてたとしてもライフラインが寸断されてるから知る由がない)。


 まあとにかく、阪神・淡路大震災では私も本当に怖い思いをしたわけで。
 って、私自身は本棚が倒れた程度でケガはなかったんですが、友人知人で被災した人をたくさん見てきましたから。

 だから今回の地震で家族を亡くした人、家を失った人、未だ生き埋めになってる人、そういった映像をテレビで見てますと、やはり民族を超えて人間として「何とかしてあげてよ!」と思うわけです。

 特に震源地のアバ・チベット族チャン族自治州ブン川(ブンはさんずいに文)県のように、チベット人など少数民族が多くを占める被災地の映像を見ていると、「何とかしてあげてよ!」感はさらに強くなるのです。


 5/15付エントリーの最後に、私は「テレビなどがやってる中国の地震や中国の地震やミャンマーのサイクロンの被災地緊急募金は、ちゃんと被災者に届くのか?と考えると、募金を躊躇してしまう」と書きました。

 この件でご意見寄せて下さった皆さん、ありがとうございました。やはり少なからず皆さん、同じように感じてらっしゃるみたいですね。
 完全に被災者に届く募金っていうの、もしあったとしても一民間人が突き止めるのは至難の業でしょうからね。本当に悩んでしまいますわ(T^T)


※関連ニュース
中国中央テレビの女性記者、地震現場リポートでっち上げ?でネット“炎上”(産経5/16)
異例の「検閲なし」 新華社、災害報道で独走(産経5/16)
四川大地震の影響で空前の献血・募金ブーム(産経5/16)
「水道汚染」「米国の兵器」…四川大地震、ネット上にデマが氾濫(産経5/16)
嫌中・反日バトルに異変、地震記事で目立つ応援と感謝(中国情報局5/16)
中国四川大地震で振り込め詐欺が横行 当局が注意喚起(産経5/15)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

megumi080328-3.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。
コピーフリーです。世界に広めましょう!

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/346-f3c5775a
大震災に見舞われた支那ですが、その被災地では凡そ日本では考えられない事態が起こっているようです。被災者が支援物資奪い合い、運搬中の車に殺到…四川大地震(読売新聞) 【綿竹(中国四川省)=牧野田亨、都江堰(同)=竹内誠一郎】中国の四川大地震から3日目とな?...
2008/05/17(土) 19:52:20 | 閣下の憂鬱

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索