ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「ムーブ!」高まる中国の愛国心(善光寺リレー辞退と細切れぼやきも)

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 お知らせが遅れました。名古屋方面の方、間に合いそうならご参加下さい。

【4月19日(土)】フリーチベットデモ@名古屋市
【名称】 FREE TIBET in 名古屋
【開催日】2008年4月19日(土曜日)
【集合時間】 13:00 (時間厳守)
【開催時間】 14:00~ (時間厳守)
【場所】 若宮大通公園 (名古屋市中区)
【主催者】 中国政府のチベット弾圧に抗議するデモ実行委員会
【趣旨】チベットの平和を願い、中国政府によるチベット弾圧に対する抗議を目的としたデモ
【詳細】http://tibet.suppa.jp/
    http://www9.atwiki.jp/freetibetnagoya/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■4/15(火)放送「ムーブ!」上村総局長の中国電視台

高まる中国の愛国心(当日のテレビ欄より)

080415-09chuuka.jpeg

 各地で起こった聖火リレー妨害行動をきっかけに、高まる中国のナショナリズム。

 細かい相づちやツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオから、キャプチャさせていただきました。

 上村さんコーナーの後、勝谷さんの「ニュースバカ一代」の起こしも付けました。
 あと善光寺聖火リレー辞退の件と、細切れぼやきは空自イラク派遣に違憲判断、橋下府知事の涙。いつも長くてすみません。


 内容紹介ここから____________________________
 
 …………………………VTR開始…………………………

 各地で起こった聖火リレー妨害行動。平和の象徴が、争いの象徴となってしまった。

080415-01demo.jpeg

 国際批判の集中砲火を浴びた中国。

080415-02danketu.jpeg

 こうした逆境によって中国の若者の愛国心が激しく刺激され、今までにない団結力が生まれているというのだ。

080415-03title.jpeg

 チベット騒乱から1カ月。中国で高まるナショナリズム。

 …………………………VTR終了…………………………
080415-04title.jpeg

堀江政生
「えー、聖火リレーのこの各地の妨害活動なんですけれども、中国国内ではですね、この、逆に中国批判が高まっていることでナショナリズム、いわゆる国家や民族の統一・独立・繁栄を目指す思想や運動が逆に高まってしまってるようなんだと」

上村幸治
「そうですね。つまりあの、自分たちは欧米にいじめられている、で、欧米の弾圧に負けるな(笑)、で、団結しようじゃない、けど、つまりあの、チベットっていうのは、あの、胡錦濤さんはですね、あの、民族問題じゃなくって、国家の統一の問題だって言いましたね」

堀江政生
「そうですね」

上村幸治
「だから自分たちの領土が取られるぞっていうふうなニュアンスがあってですね、それを受けて、非常にまあナショナリズムが高まってます」

堀江政生
「どんな形でナショナリズムというのが高まっているんでしょうか」

080415-05sinbun.jpeg

関根友実
「はい。まず、今回の聖火リレーに対して中国の新聞やテレビでは、『オリンピック聖火リレー、パリで妨害される』という報道がなされています。さらに中国のインターネットでは、『聖火を守れなかったフランス政府に謝罪を求める』、『フランスのオリンピック参加資格をはく奪せよ』だとか、『妨害者に死刑を』、そして『西側メディアは客観的事実を報じていない」などなど、過激な意見が飛び交っているそうなんです」

080415-06fubai.jpeg

堀江政生
「そうですね、これはインターネットの世界なんですけれども。また、フランスの、その、商品ですね、こういったものの不買運動にまで発展すると。シャネルなど高級ブランド、買わないようにと。あるいは、中国で100店舗以上展開するフランスの大手スーパー『カルフール』、ありますけれども、そこでの買い物をボイコットしよう、ね、中国人のネットパワーを見せつけようといったようなことを、みんなで呼びかけている状況だと。えー、こういったのが携帯メールで出回っている。他にも『中国人よ!聖火守れ』、リレー現場の集結メール、そういった呼びかけも行われている」

上村幸治
「そうですね。あの、まあ海外で今、リレーしてますね。海外に住んでいる中国人に対して、その、聖火リレーの所に集まって、応援しようと。そういったことを言ってますね」

堀江政生
「そうですね。これちょっと反日デモの時に似てますね」

上村幸治
「似てますね。あの時も、だからショートメールで、あの、集まろう、何時に集まろうっていうふうに言って、集まって、やったんですね」

関根友実
「一斉メールでどっと送られて来るわけですね」

上村幸治
「そうです」

080415-07kuruma.jpeg

堀江政生
「また一方で聖火を守った車いすの女性。ヒロインになっています

関根友実
「はい。中国で大絶賛されているのが、車いすの天使こと、パリで聖火ランナーを務めました金晶(きん・しょう)さん、27歳。女性です。トーチを奪おうとした抗議者にひるまずに、金晶さんはトーチを両腕で抱え守り抜いたとして、中国国内では人気が沸騰しているそうなんです。ちなみに金晶さんなんですが、9歳の時に悪性腫瘍により右足を切断しました。その後、車いすフェンシングの中国代表として活躍しています。アスリートです」

堀江政生
「この方もちょっと被害にあって、可哀相は可哀相でしたけどね」

上村幸治
「あの、この方はですね、アテネ・パラリンピックの代表になれそうだったというぐらいの、まあ有力な選手なんですね。で、今回こういったことがあって、被害にあったということで、上海に戻りまして、で、毎日、連日ですね、今日上海に着いた、今日家に入った、で、今日家で家族と何食べたとかですね、そういったのがどんどん報道されて、大変な人気者になってるんですね」

関根友実
「大フィーバーですね」

上村幸治
「で、本人は、普通の人に戻りたいとかですね(笑)、そういった状況なんですね」

080415-08younin.jpeg

堀江政生
「そうですねー。上村さんは、『中国政府がこうしたことを、ある程度容認してきた』とおっしゃるんですね。どういうことでしょう」

上村幸治
「あのー、CNNの報道とかが間違ってるということで、反CNNサイトというのができまして、それでそのCNNとか、欧米の報道を批判したんですね。あるいは、ウェブサイトの掲示板にそれを受けて、西側メディアは嘘つきだ、自分たち中国をいじめて、オリンピックをつぶそうとしてる、政治的な意図があるというふうなことを言ったんですね。それに対して、外務省の報道官は、それを質問された時にですね、あの、いや、そういう反CNNサイトができるということは、西側メディアがひどい報道してるからじゃないかと、当然そういうことが起きても仕方がないというふうなことを言ってですね、認めちゃったんです

堀江政生
「なるほど」

上村幸治
「だからどんどん、どんどん、これ広がってるんですね」

堀江政生
「そうですねー。勝谷さん、ネットですから意思統一、早いですよ」

080415-92katuya.jpeg

勝谷誠彦
「これネットない頃から、でもね、中国の人たちっていうのは、こういう傾向がありましてね。たとえばあの、義和団の乱っていうのがありましたけれども、あれは、あの時のスローガンが扶清滅洋(ふしんめつよう)って言いまして、要するに、清を助けて、それから、要は西洋ですね、西洋をやっつけるということで、騒乱が起きました。それから日本が対華、中国に要求を突きつけた時には、日華排斥と言いまして、日本の物を買わない、まさにこの『カルフール』です、これ仏華排斥をやっとるわけですわ。だから伝統的にそういう底流があるんですよね

080415-09chuuka.jpeg

堀江政生
「えー、なぜこんな過激な行動に走っているのかということなんですが、上村さんは、根底にあるのは『中華思想』であると」

勝谷誠彦
「そう」

堀江政生
「つまり、漢民族の誇り、中国が世界の中心であり、その文化・思想が最も価値のあるものであると自負する考え方。これなんだと言うんですね」

上村幸治
「ええ。ま、あのもともと、つまりプライドは高いんです。それがアヘン戦争以来、欧米にやられてしまったんでこんなに貧しくなって、あるいはこんなに後れてしまったんだと。非常にまあ、プライドとコンプレックスがあるんですね。そしてあるいは漢族は非常に、その、中華で文明を持ってる。そしてチベットは周辺の民族ですから、チベットの人たちが自分たちの文化を守りたいと言っても理解できない部分があるんですね。だからむしろ逆に何か利用されてるんじゃないかというふうに思って、そしてあの、今言ったような反応を示してしまう」

080415-10aikoku.jpeg

堀江政生
「さらに、もう、最近になって強化されています、愛国教育が表面化してきているとおっしゃるわけなんですね」

関根友実
「はい。今から14年前です。1994年、愛国主義教育実施綱要というものが発表されました。これは、全国の小中学校で愛国主義教育を強化するために作られたものです。さらに96年には、アメリカ批判がテーマとなった『ノーと言える中国』という本がベストセラーになっています」

堀江政生
「うーん、上村さんは、大半の中国人なんですけれども、ま、経済成長により“プライド”が若者の間で育ってきたんだと。ものすごい今、大きな街になってますよね」

上村幸治
「そうなんです。だから自分たち、(堀江を示して)北京に行かれたっていうこと言いましたが、あの、大変、自分たち経済成長した、大国になってきた、なのにそういうふうに認められてこない。で、もともとはですね、社会主義教育をしていたんですね。でも社会主義はもうだめだということで、愛国教育にしました。実際に経済は成長しました。だから自分たちもプライドを持っていいんじゃないかというふうに、彼らは思ったんですね。それが今、若い人の間に出てきて、それが今度の、ま、反米感情と言いますか、ナショナリズムにつながってるんですね」

堀江政生
「須田さん、あの、プライドっていうのは経済が成長したから持つものではないような気がするんですけどね」

須田慎一郎
「うんー、あの、ですからね、日本の高度成長の時にも同じような部分がありましたよね」

堀江政生
「かもしれないですね、ええ」

080415-97suda.jpeg

須田慎一郎
「要するに、いい物を安く作って、それをどんどん売る、どこがいけないんだというところで。要するに自分たちの価値判断と、要するに欧米の価値判断、先進国の価値判断が、ものすごいギャップがあった。その結果、日本バッシングみたいなのが一時期ありました。ちょうどね、中国が今そういう状況に置かれてるんですよ。ですから、こっからですね、もう少し成長してくるのか、それともやっぱりその、自らのプライド守るために別の方向に行くのかね、非常にちょっと興味深いところじゃないかなと思いますよね」

080415-11bouhatu.jpeg

堀江政生
「うーん。で、こういって愛国心を利用してきた中国なんですけれども、上村さんは、この、愛国心の暴発を今、恐れてるんじゃないかと。なぜかと言うと、このままいくと、反欧米デモが起きて、これが反政府デモにまで発展し、オリンピックそのものが開催できなくなる可能性もある。どういうことですか」

080415-12vtr.jpeg

上村幸治
「今のネットとか、今のニュース報道見てますと、もう今、学生が街頭に出てですね、あの、反欧米って叫んだら、もうデモが起きかねないような状況なんです。デモが起きたら、絶対に一般の人が入ってきますね。で、今、労働者とか非常に不満を持ってるんですよ。インフレがあったり、あの、失業者が多くってですね。そういったところに火がついてしまったら、ちょうど反日デモの時と同じで、どういうふうな形で発展していくのかわかんない。非常に中国全体が不安定化してしまう。つまり、チベットの騒乱が全国で起きてしまうかもしれないわけです。ですから、非常にまあ、彼らはこれに対して、警戒心も持ってます」

堀江政生
「うん。いや、だから、このままの状態では、決して中国政府はいいと思ってないんでしょうかね」

勝谷誠彦
「思ってないけど、これ非常に、あのですね、反日デモの時ですね、中国共産党指導部はね、ひやりとしたそうですよ。つまりコントロールできない状況ができあがってしまったんですよ」

堀江政生
「ええ、その抜け方がどこに行くかですね」

勝谷誠彦
「そうなんです。だから結局最後は自分たちに来るということを一番恐れている。だからあの、金正日といっしょで、最終的に彼らの望みは体制の存続ですから。独裁国家ってそういうもんですから。そこに来るのを非常に恐れている。で、たぶん今、一番恐れてるのはですね、初めて中国側からインドネシアとマレーシアに対して、聖火リレーの縮小を言ったんです。あのプライドの高い中国が。これ、上村先生からご紹介あったように、チベットだけじゃないんです、民族問題は。あるいはもっと、一番、中国政府、共産党が恐れてるのは、実はあの、新疆ウイグル自治区、イスラム教徒による民族問題だと。イスラム教徒っていうのは、もっと過激なことをしかねない。今まで、つまり自爆テロや何かを見てくると。そうすると、インドネシア、マレーシアという、イスラム教徒が大勢いる国で、聖火リレーに対して何が行われるかと、これを、たぶん一番今恐れてるんですね

関根友実
「なるほどー」

堀江政生
「この、中国政府にとってはどういう思いがあるのかわからないけれども、イスラム教徒、多いようですね」

080415-95kamimura.jpeg

上村幸治
「多いんですよ。あの、新疆だけじゃなくって、北京にもですね」

堀江政生
「北京にもいらっしゃいました」

上村幸治
「回族っていう人はみんなイスラム教徒なんです。ですから、どっから火がつくかわかんないという非常に危険な状態の中で、でもナショナリズムが、どんどんどんどん、こう、沸点が高くなっていくというふうなのが状況ですね」

須田慎一郎
「それとね、先日ね、私、アメリカ国務省、日本の外務省なんですけどね、国務省の幹部と話をしてたら、オリンピック後が心配だって言うんですよ。北京オリンピック前だったら、まだオリンピックを成功裏に導きたいがために、とりあえず中国政府がですね、ブレーキをかけるだろうと。要するに、そのブレーキがかからなくなるんだと。オリンピック後は。だから中国が、どういう形でね、暴走し始めるかってところに、アメリカ注目してるって言ってましたね。そのへんはどうなんでしょうかね」

上村幸治
「あのね、ただアメリカ、一方でですね、北京オリンピック終わったら、あの、経済がおかしくなってしまって、もうそれどころじゃなくなってしまってですね、むしろその、経済問題の方が焦点になるっていう見方もありますね

堀江政生
「ものすごい勢いでインフラと建物を整備してます。それは北京オリンピックのためですもんね」

上村幸治
「そうなんです」

堀江政生
「それが終わった瞬間に、雇用が生まれなくなってしまう」

上村幸治
「そうなんですね」

堀江政生・関根友実
「ありがとうございました」

 ____________________________内容紹介ここまで


 金晶さんと言えば、疑惑がネット上で盛り上がりましたね。
 「トーチを奪おうとした男性は実は中共当局が雇ったスパイで、チベット人に扮して聖火ランナーを攻撃したのではないか」という疑惑です(大紀元4/12)。
 ネットではいろいろと検証がされていたようです。東アジア黙示録さんとか、なかなか説得力があるなと私は感じたんですが。

 もしかしたら、勝谷さんあたりがこの件に触れるかな?とも思ったんですが、スルーでしたね。ま、確証もないですし、この段階でテレビでうかつに言うわけにもいかなかったんでしょう。

 ところで、金晶さんのトーチを奪おうとした男性について、人違いがあったみたいで、間違われたアメリカ在住チベット人のロブサン・ゲンダンさんって方が、中国人から嫌がらせ電話とメールに悩まされたそうです。お気の毒に……(大紀元4/17)。


 さて、同日の「ムーブ!」では、「SPA!」で連載中の勝谷誠彦さんの「ニュースバカ一代」を紹介するコーナーでも、チベット問題が取り上げられました。
 「ニュースバカ一代」の起こしと(番組では一部紹介。全文は雑誌でご確認を)、その後のスタジオのやりとりを起こしておきます。

 内容紹介ここから____________________________

「SPA!」4月22日号
勝谷誠彦の「ニュースバカ一代」
VOL.281 ダライ・ラマ14世会見の巻

 「見識」という言葉が私は好きだ。
 おさまりかえっていれば誤魔化せるのが「品格」であるとすれば、ふいに飛び込んできたものに対する反応で試されるのが「見識」だと私は思っている。
 世界を巡っている聖火という中国の恥の火は、それぞれの国で人々の「見識」を問うことになった。
 ロンドンで、パリで、サンフランシスコで、人々が聖火に対して起こした行動は、まさに表現のオリンピックだ。
 いかに前のリレー地よりも効果的で、若干のユーモアやウィットも込め、そして何よりも非暴力の原則を護ってアピールするかということを、自由と人権を愛する人々は楽しんでいるようにすら見えた。
 そこには奴隷的支配や独裁といったものは、人類の歴史の普遍的な原理として消えていくものだという「見識」がある。
 だからこそ、ある種の余裕が人々の抗議行動の中に感じられるのだ。
 同じことを私は、来日されたダライ・ラマ14世猊下の成田空港での会見にも見た。
 中国政府が自らを悪魔呼ばわりしていることに対して、猊下は「悪魔かどうかはみなさんに判断していただければいいのですが、角はないですよね」と、両手を頭にかざす仕草までされた。
 その一方で、「暴力的な行動に出ないようにとメッセージを送っています」と、きちんと担保しながら、「誰も『黙れ』と言う権利はありません」と、人々の抗議行動を支持した。
 自由や人権に対する確固たる「見識」があれば、自ずと余裕が生まれてくるものだということを、私は今回の聖火をめぐる一連の動きで見て、人類というものをいささか見直している。
 北京五輪はあるいは皮肉な形で、人類の成長を助けてくれているのかもしれない。

勝谷誠彦
「うん、ま、非常にその、ある意味、変な話、オリンピックの会場で大勢の選手が集うよりも、以上の、人類の連帯感をね、この聖火リレーは、逆の形でね、中国が考えたのと逆の形で与えてくれていますね。よし、ロンドン頑張ったじゃないか、よし、パリが頑張ってるじゃないかって、我々も思うし、たとえばサンフランシスコの人たちも思うわけだし、もっと人権が、まあアフリカはこないだ回ってきまして、もっと人権が抑圧されてるような国々でも、何人かの人たちはこれでなるほどって、立ち上がろうって思ったかもしれないわけですよ。だからそこにあるのは、やわらかな連帯であり、やわらかな余裕だと思うんですよ。逆に、それに対して反発する中国っていうのは、先ほど、今日、上村先生のコーナーでご紹介されたように、非常にその、何て言うかな、幼稚な怒りですね。それが愛国心になって向かってしまうっていうことが、逆にちょっと恐ろしくなりますよね」

堀江政生
「上村さん、ですから、余裕のあるのがダライ・ラマ14世で、余裕のないのが中国共産党……」

上村幸治
「あのー、その点については全く同感でね、やっぱり余裕がないんだと思うんですね。まあ幼稚というよりも、僕は中国は今、余裕がなくって、ああいう対応しかできなくなっているっていうのが実態で、やっぱりダライ・ラマさんてね、やっぱり大したもんですね」

勝谷誠彦
「大したもんですね」

上村幸治
「あの、ユーモアをちゃんと出してね、で、かつ、でもオリンピックには行きますっていうところがですね、やっぱりしたたかだなっていう感じ、しましたね」

 ____________________________内容紹介ここまで

 
 勝谷さんといえば、前にも紹介しましたが、4/13放送「たかじんのそこまで言って委員会」で、「善光寺のお坊さんからいっぱいメールが来る」と言っていました。
 メールは「私たちも立ち上がります。寺の上層部はどうか知らないけど、私たち若い僧が(チベット問題を)考えてないと思わないで下さい」といった内容だそうです。

 その若いお坊さんたちの思いが上層部に通じたのでしょうか。
 ついに善光寺が聖火リレーのスタート地点の辞退を申し入れました!
 長野市側もこれを受け入れ、コースが見直されることになりました。

 辞退の最大の理由は「文化財や信者を守らなくてはいけないという安全上の問題」とのことですが、「チベットの人権問題」も大きな理由となったようです。
 善光寺の若麻績(わかおみ)信昭・寺務総長は18日に長野市役所で開いた記者会見で、以下のようにかなり踏み込んだ発言をしています。

 「無差別殺人が行われて、チベットの宗教者や仏教者が立ち上がったが、それに対する弾圧は憂慮される」
 「五輪憲章は人種や宗教、イデオロギーを超えた平等の理念がある憲章だと考える」

 善光寺によると、1日100件を超える電話があり、その99%が善光寺が出発点となることに消極的な意見で、「チベットと同じ仏教の寺でどうして」という内容のものもあったそうです(以上、毎日4/18)。

 また、これは会見の前になりますが、住職の1人は取材に対し、「われわれはチベット人と同じ仏教徒との気持ちが強かった」と話したそうです(時事4/18)。

 善光寺GJ!(≧∇≦)
 勝谷さんの言葉を借りれば、まさに「見識」を示したのだと思います。拍手を送りたいです。

 善光寺だけではありません。
 上田市に住む僧侶の方々は千曲市と長野市で、ドキュメンタリー映画「チベットチベット」の上映会を開くそうです(18日と23日と24日。読売4/18長野版を参照)。
 4月5日に天台宗書写山圓教寺の僧侶が、テレビの生放送で日本の仏教者に呼びかけをされたことも記憶に新しいところです(4/5放送「ぶったま!」やりとり全文)。

 日本の仏教者もまだまだ捨てたものではないな、と秘かに感動している今日このごろです。


※関連ニュース
人民網「善光寺聖火リレー辞退」―チベット問題触れず(中国情報局4/18)
石原都知事 善光寺の辞退は「立派な姿勢」(スポニチ4/18)
「現実を直視せよ」 福田首相が中国外相に会談で(産経4/18)
チベット:中国青海省で僧侶や住民ら100人以上拘束(毎日4/18)
「帰国したら死体細切れ」 チベット問題でネット暴力 仲裁の中国女子留学生に悪質非難(産経(共同4/18))
「聖火防衛隊」受け入れず 長野市リレーで官房長官(産経4/18)
長野の聖火リレー コカ・コーラ宣伝カーの参加取りやめ(朝日)
聖火リレー:インド、混乱なし チベット人鎮魂の行進(毎日4/17)
小沢氏「中国は変化を」・チベット問題で(日経4/17)
真保守研 中国政府に「人権弾圧を即刻停止せよ」 福田首相にも「毅然と」(産経4/17)
「チベットは内政問題」 日中外相会談(産経4/17)
在日中国人2000人が長野へ集結 聖火リレーで(産経4/17)
 関連→<聖火リレー>立て、中国人留学生よ!各地で応援呼びかけチェーンメール交錯、26日の長野も(レコードチャイナ4/14)
CNN失言で中国激怒 中国人は小悪党(産経4/17)
パリ市長、ダライ・ラマを名誉市民に・中仏関係に新たな火種?(産経(共同)4/17)
「ダライ・ラマは暴力的」胡錦濤主席が自公幹事長に表明(産経4/16)

※その他おすすめ
【五輪の中国】聖火異変(1)主権けちらす「青い軍団」
【五輪の中国】聖火異変(2)目立たないスポンサー
【五輪の中国】聖火異変(3)リレーの“火種”北京へ
【私も言いたい】聖火リレー大混乱 8割が抗議行動支持 「チベットの文化尊重を」(産経4/18(ネットアンケート))
news archives>4/16付:テレビ朝日が「ダライ・ラマ来日記者会見」の報道で悪質な印象操作
 
※拙ブログ関連エントリー
08/3/15付:「ムーブ!」スピルバーグ北京五輪にNO!(最近のまとめとチベットも)
08/3/18付:「ムーブ!」中国の軍事費が急増(台湾総統選とチベット騒乱も)
08/3/20付:「アンカー」チベット暴動 写真が暴く中国の嘘
08/3/22付:チベット問題に関心を持ち続けよう
08/3/29付:「ムーブ!」チベット抵抗史 ペマ・ギャルポさん出演
08/4/1付:「ムーブ!」チベットだけでない 中国が抱える民族問題
08/4/5付:「ムーブ!」チベット情報戦 中国のヤラセ発覚?
08/4/5付:「ぶったま!」書写山 圓教寺の大樹玄承 執事長の書簡(取り急ぎ)
08/4/7付:「ぶったま!」チベット問題 天台宗僧侶の勇気ある発言(やりとり全文)
08/4/12付:「ムーブ!」北京五輪開会式は失敗(ダライ・ラマ会見その他も)
08/4/15付:チベット問題と中華思想、捕鯨問題と白人至上主義


・・・・・・・・・・・細切れぼやき・・・・・・・・・・・


空自イラク派遣は違憲 原告の控訴は棄却 名古屋高裁(産経4/17)

 また傍論ですか(T^T)
 皆さんご存知でしょうが、傍論とは、判決理由と関係のない部分。裁判長の私的見解。判例にはならない。法的拘束力はない。

 原告は敗訴してるというのに、「実質勝利だ~!」なんてはしゃいでる。で、裁判長が「違憲判断」を出してくれたからもういいやって、上告はしない。「最高裁まで持ってっても、おそらくここまでは踏み込んではくれないから、もうここで止めとこう」という計算。
 一方、被告(国)は勝訴してるから、上告もできない。「違憲判断」は確定してしまう。
 前にあった靖国訴訟と似たようなパターンですね(拙エントリー05/10/2付参照)

 今回もまた、マスコミは「違憲判断」を「違憲判決」とミスリードするんでしょう。今後何かにつけ、「イラク派遣の航空自衛隊の空輸活動については違憲判決が出てます」って言うんでしょう。こんなミスリードを許してしまうのって、制度的におかしくないですか?

 そうそう、産経朝刊4/18付紙面(ネットで見当たらない)の「視点」という囲み記事に、「原告側の狙いは派遣差し止めや慰謝料など主文上の勝訴ではない。政治運動の一環として訴訟を乱発し、運が良ければ下級審のどこかで出るかもしれない“違憲判決”を確定させることに主眼を置いている」と、もうドンピシャリのことが書かれてありました。

 あと、これも紙面だけみたいですが、青山裁判長の経歴についても書かれてました。名城大法科大学院の教授に就任するため定年まで2カ月を残して3月31日付で依願退職しており、これが最後の判決だったことや、あとは、過去にこんな裁判でこんな判決を出しましたよとか。
 よくわかりませんが、これって「どうせ辞めるんだから、最後に自分の思ったことを言ってやれ」ってことだったんじゃ?

 しかし今回の「違憲判断」、逆にサヨクの首を絞めることになりませんかね?「憲法解釈ではやはり限界がある。やはり憲法改正するしかない」って、憲法改正論議が再燃しないかな?……少なくとも福田政権下では無理かな(T^T)

※関連記事
「蛇足判決こそ違憲」 イラク派遣 最高裁判断封じる(産経4/18)
 

思わず、涙もポロリ 橋下知事に府内市町村長から反発相次ぐ(産経4/17)

 当日夕方のニュースの時間帯に関西ローカル実況を見てみたんですが、9割方が府知事支持で、はっきり言って首長側は総スカン状態でした。
 大阪では今、市町村で不適正な会計処理を巡る不祥事が相次いで発覚しているんですが、大部分の首長が自主調査に後ろ向きという状況ですから(産経4/15)、首長側に同情が集まらないのも無理はないと思います。
 全国的にはどう思われてるのかわかりませんが、いろんな世論調査を見ても、大阪府民の橋下支持率は高いようです。

 ただ、産経新聞(大阪版)が意外と府知事に冷たいんですよね。どこがどうと言われると困りますが、全体的なトーンが。産経でこうなら他紙(朝日とか毎日とか)はもっと冷たい?!

 それにしても大阪市は、市労組との兼ね合いだと思うんですけども、経費削減どころか職員の給与をアップしたり、前市長が打ち切った新規採用も復活させたりしてるんですよ。
 その市長が府知事に「補助金ちょーだい」とか言える立場か?とは思いましたけどね。ま、私は大阪府民でもあり大阪市民でもあるので、心中複雑ですけれども。

 が、大阪市の諸々の問題って、関西でもあまり報道されてません。「ムーブ!」も前市長の時は力入れて叩いてたんですが、市長が今の平松さんになってからは、ほんとに取り上げなくなった。民主党寄りなんですかね、やっぱり。

※関連ニュース
【橋下知事、あなたの意見は?】(27)涙の知事に反響続々「泣きたいのはこっち」(産経4/18)
「昨日の涙は嘘泣きにして」 橋下知事強がる(産経4/18)

※関連リンク
大阪市問題まとめサイト
「朝礼で橋下徹知事に噛みついた大阪府の女性職員」 まとめサイト


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/330-eefde8d7
 3月24日に北京オリンピックの聖火の灯火式がギリシャのオリンピア遺跡で行われましたが、その2週間前の3月10日の「1959年チベット蜂起記...
2008/04/19(土) 18:18:45 | Red Fox
 規制のすべてが悪いとは言わない。  悪いことは規制するべきだ。  その際たるものが犯罪だろう。  それくらいはわきまえている。  が、何でもかんでも規制すればいいのか、というとそれも違う。  放っておいたら悪い結果になることを規制するべきだ。  まして?...
 規制のすべてが悪いとは言わない。  悪いことは規制するべきだ。  その際たるものが犯罪だろう。  それくらいはわきまえている。  が、何でもかんでも規制すればいいのか、というとそれも違う。  放っておいたら悪い結果になることを規制するべきだ。  まして?...

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索