ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「ムーブ!」北京五輪開会式は失敗(ダライ・ラマ会見その他も)

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


「お気楽くっくり」更新済
 Youtubeが急に見れなくなりました。お助け~!(T^T)
 【追記4/13 18:50】Youtube側に原因があるらしい(JavaScriptのバグである可能性が高い)ことが分かりました。何とかなりそうです。アドバイス下さった皆さん、ご心配下さった皆さん、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■4/8(火)放送「ムーブ!」上村総局長の中国電視台

あと4カ月 参加かボイコットか…揺れる北京五輪開会式(当日のテレビ欄より)

080408-17sippai.jpeg

 やる前から断言!「北京五輪開会式は失敗!」。
 中国による「天皇の政治利用」についても。ふつう地上波でなかなかここまでは突っ込まないんじゃないかと。

 細かい相づちやツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオから、キャプチャさせていただきました。

 起こしの後、ダライ・ラマ猊下の会見などについての雑感も。さらには細切れぼやきで、映画「靖国」と立川ビラ事件上告棄却についても少々。いつも長くてすみません。

 
 内容紹介ここから____________________________

 …………………………VTR開始…………………………

 オリンピックと聖火リレーは平和の中で行われなければならない。オリンピックのトーチは選手やすべての人々を結びつける――。(国際オリンピック委員会 ロゲ会長)

 平和の祭典の象徴とも言える聖火リレーが今、異様な雰囲気に包まれている。

080408-01demo.jpeg

【7日パリ】
男性
「チベットに自由を」

080408-02seikabouei.jpeg

 パリの警備態勢は徹底していた。
 聖火ランナーの周りを固めている青と白の警備員は、中国からやって来た聖火防衛隊。

080408-03keibitaisei.jpeg

【FIGARO紙】
 その周りを機動隊の車両(48台160人)が囲み、その外側にローラースケートを履いた警察官(100人)、さらにその外側を消防士(100人)が伴走。そして一番外側を警戒するのは白バイ隊(65台)。
 総勢400人を超える布陣となった。

080408-04seikakieta.jpeg

 しかしそんな徹底した警備態勢でも――
 ついには聖火まで消えた。

080408-05bus.jpeg

 妨害活動が続き、バスの中に聖火は避難。
 結局、中国側の要請で聖火リレーは中止。バスでゴール地点まで移動となった。

080408-06title.jpeg

 こんな状況で聖火は北京までたどり着けるのか。
 そして、開会式は無事開会されるのか。

 世界は騒然。どうなる北京オリンピック。

 …………………………VTR終了…………………………

堀江政生
「えー、イギリスでも相当激しい妨害がありましたけれども、昨日(4月7日)の晩、これは日本時間ですが、昨日晩に行われましたパリでも妨害活動が続出し、少なくとも炎は4回消えるという事態になっています。えらいことですね」

080408-07title.jpeg

上村幸治
「あのー、中国が聖火防衛隊というのをですね、選りすぐりで出してやったんですが、ずっと外をまあ、あの、抗議する人が取り囲みましてね。しかもですね、パリの市議会の議員が、副議長がですね、あの、消火器を持って、その、聖火を消そうとしたっていう」

関根友実
「過激ですねー」
 
上村幸治
「ええ」

堀江政生
「はあー。えー、火は消えたわけなんですけれども、バスの中にいちおう、あの、ハプニングに備えて、もともと、その、備えているというね、聖火から持ってきたという物があるわけで、ま、何とか問題はないそうなんですけれども」

関根友実
「あ、種火のような物ですかね」

堀江政生
「種火ですね。こんな状況で、開会式を無事迎えることができるんでしょうか」
080408-08kuni.jpeg

関根友実
「はい。実は世界中でですね、オリンピックの開会式をボイコットしようという動きが出ているんです。特に人権擁護を掲げてきたヨーロッパではそういう動きが激しいですね。まず開会式をすでにボイコットしますよとしている所がポーランド、エストニア、ドイツ、そしてアイルランド、そして、あの、イギリスのチャールズ皇太子や、そもそも開会式の芸術顧問だったスピルバーグ監督などが、すでにボイコットをすると言っています。また、開会式に出席しますよと言っているのが、2012年、次回のオリンピックの主催国であるイギリス、そしてスウェーデン、ポルトガル、アメリカ、日本です。また、フランスなんですが、サルコジ大統領はあらゆる選択肢があるとしていますね」(注:イギリスの首相は4月9日に開会式欠席を発表しました

堀江政生
「うん、ま、ですから、開会式のボイコットもあり得るよということかもしれませんね」

上村幸治
「そうですね。あの、この、ま、あの、東ヨーロッパの国が多いのは、もともと社会主義だったんですが、それが崩壊した後ですね、非常に人権問題に、ま、過敏になってるんですね。でも、あの、チャールズ皇太子はもともとそうですね、チベット問題に関心がある。スピルバーグさんはダルフールの問題がありまして、あの、その、開会式の美術顧問を辞めますというふうに宣言しました」

堀江政生
「今回のチベットよりもはるかに前に」

上村幸治
「もう前にですね」

堀江政生
「辞任ということになりました」

上村幸治
「今年の春に」

080408-09mentu.jpeg

堀江政生
「こういった動きについて、上村さんはこうおっしゃってます。ま、開会式だけをボイコットするということになると、『一見地味に見えるけれども、“メンツの国”中国にとってはとてつもなく痛い』問題なんだ」

上村幸治
「ま、あの、もともと、あのー、普通の開会式じゃなくって、世界中のリーダーを集めて、しかもですね、あの、国威発揚といいますか、ま、そういうあの、自分たちの国力を示したいというふうな狙いもありましたんで、それがまあ、その、非常にイメージ悪くなっちゃいましたんで、非常にまあ痛いというですね。メンツが傷つけられたと」

堀江政生
「当の中国なんですが、実はこんなこと言ってるんですね。いや、『こちらが招待状を送ってない人が“ボイコット”と言うのは筋違いだ!』。まあ、屁理屈っていうのはいくらでも作れるもんなんですね」

080408-10sujitigai.jpeg

上村幸治
「あのー、招待状っていう形じゃなくて口頭でですね、招請するっていうのもあるんですね。だからたぶんそのことを言ってるんだと思います」

堀江政生
「なるほど」

080408-11shoutaijou.jpeg

関根友実
「さて、じゃあいったい誰に招待状を送っているのかと言いますと、実はこれまでこういう開会式の招待状なんですけれども、国際オリンピック委員会が送っていました。しかし今回初めて、開催国である中国が招待状を送付したということなんです。世界200カ国あまりの国と地域へ招待状を送るということなんですが、中国当局はアテネ以上の、アテネオリンピック以上の各国指導者や元首を呼びたいとしているんです。現在招待状を送っているという、わかっているのが、アメリカのブッシュ大統領、アメリカのヒラリー上院議員、そしてフランスのサルコジ大統領だということなんですが」(注:ヒラリーは4月7日、ブッシュ大統領に対し開会式を欠席するよう要請しました。当然彼女も出席はしないでしょう)

080408-12isihara.jpeg

堀江政生
「で、日本はどうかと言いますと、この方です。石原さん。まああの、石原都知事と言うと、実はアンチ中国というようなことでも有名な方でありますけれども、以前、『北京オリンピックはヒトラーの行った政治的なベルリンオリンピックに似ているな』なんていうような話もあった」

上村幸治
「えー、あの、実を言いますとね、正確に言いますと、あの、JRの葛西会長と話した時に、葛西さんが『あれは38年のベルリン五輪といっしょだ』と言ったら、石原さんはですね、『そんな整然とした国じゃないだろう』というふうに、若干違う見方してるんですね」

堀江政生
「なるほど」

上村幸治
「しかしあの、中国はずっと『右翼分子・石原』というふうな形で、あの、徹底的に叩いてきたんですね。だけど今回はあの、石原さんからすれば自分たちの東京オリンピックの、ま、開催の問題がありますし、中国からすればそういった人も受け入れますよというふうなですね、度量の大きさを示す場にしたいと」

堀江政生
「ああー」

関根友実
「なるほど」

堀江政生
「で、石原さんは招待状が届いたということで、ま、『状況次第では行きますよ』というふうに言っています。ま、これはやっぱり東京オリンピックやりたいっていうことを……」

上村幸治
「ええ、もうどうしても、それやりたくてしょうがない……」

堀江政生
「何よりもそっちだということですね。その、イデオロギーとかそういうもの関係なくなっちゃった」

上村幸治
「関係ないですね、ええ」

勝谷誠彦
「慎太郎老いたりですね。ほんとに残念極まりないですよ、この態度は。それよりも、東京は『北京に代わって今すぐでも、代わりに開催する用意がある』ぐらい言ってのけりゃいいんですよ」

堀江政生
「うーん。もう一人話題になってるのが、この方はどうなさるのか。天皇陛下です」

080408-13tennou1.jpeg

関根友実
「はい。実は去年の4月です。温家宝首相が来日した際に、開会式にぜひとも天皇陛下ご夫妻に来ていただきたいと、突然打診してきたんです。周囲もびっくりしました。さらに去年1月です。当時の王毅駐日大使が非公式で政府・与党に対し、皇太子ご夫妻の出席を要請していました」

080408-14sankei.jpeg

堀江政生
「このことについては、ま、秘密裡に進んでいたようなんですけれども、今月2日の産経新聞、『両陛下・皇族方 ご出席見送り』という記事も出ました」

関根友実
「実は中国には数々の問題が起きています。中国製ギョーザ中毒事件、そして東シナ海ガス田問題、チベット騒乱など不安定要素が多く、時期尚早と判断したということなんです」

堀江政生
「えー、振り返れば、こういうこともあったんですね」

080408-15tennou2.jpeg

関根友実
「1992年です。天安門事件が起きた後、国際社会から孤立していた中国へ日本の両陛下が訪問されました。えー、この回想録でですね、実は銭其深さん、当時の外相が『中国が西側の制裁を打ち破る、最も適切な突破口となった』と、両陛下の訪中が政治的に利用されたともとれるような側面が指摘されていたんですね」

080408-16tennou3.jpeg

上村幸治
「あの、本来日本はですね、あの、過去の歴史問題があったんで、いつかは天皇が訪中して国民感情を、お互いの国民感情を融和したいというふうな狙いがあったんです。だけど、そう伝わらなかったんですね。中国の方はどうも違うんじゃないかと、金儲けがしたくて来たんじゃないかとかいうふうにですね、逆にとっちゃった。とった時にちゃんと説明してですね、違うんですよってことを言っておけばよかったのに、それ言わなかったんで、で、銭其深さんがこんな回想録書いちゃったんですね。ですから、今度ももし、あの、オリンピックに行くとですね、また中国が政治利用するんじゃないかとかですね、そんなふうな話になってしまうんですね」

080408-92katuya.jpeg

勝谷誠彦
「いや、その通りだと思いますよ。だからこれ、今からお話あるのかもしれませんけど、非常に微妙な時期なのはですね、えー、4月の27日に日本の長野でリレーがありますよ、ね。で、胡錦濤の来日っていうのは5月に予定されてるわけですよ。こんなにその、今のリレーのああいう状態と、世界中が驚いてる状態と、それから向こうの元首らが来るっていうの、近い国ないんですね。さらにこの後、陛下が、あるいは皇族の方が行かれたらですね、それはチベットのあの暴虐の状態を追認、追認、追認と日本はしてるような、日本は中国と同じような非近代的国家だと思われる可能性がありますよ

堀江政生
「でも、ま、あの、そのあたりのこともね、須田さん、この、銭其深さんの話を見ていくと、こういう問題が起きてるからこそ来てほしいんだっていうふうにも、とれなくはないですね」

080408-93suda.jpeg

須田慎一郎
「まあそういう意識はあるでしょうね。あの、で、やっぱり私はフランスでね、あの、どういう対応をされるのかなと、要するにあの、聖火ランナーがですね、どういう対応をされるのかっていうのが、やっぱり非常に注目してたんですよ。というのは、人権意識の最も優れてるっていう、ま、進んでるというのがやっぱりフランスという国だと思うんですね。やっぱりフランスが王制から共和制に移るにあたって、一番その根拠、よりどころになった文書というのはフランス人権宣言ですよ。今、第五共和制ですけれども、その憲法の前文には、このフランス人権宣言の一文が引かれてるんですね。そこから考えると、要するにチベットであれだけのことをやった中国を、絶対フランスは許すことができない。フランス市民は容認することができないと。ですから、そういった非常に長い歴史の過程の中でね、要するに今回の問題に対して対応してるんだっていうことはわかった。そうするとやっぱりヨーロッパにしても、アメリカにしてもですね、あの、そういった対応で今後出てくる。ですからこれ、何もその聖火リレーの問題だけではなくて、ずーっと北京オリンピックまで、この、おそらく北京オリンピック開催中まで、この問題っていうのは尾を引く話だと思うんですね。この中で日本がどう対応するのか」

堀江政生
「そうですね」

須田慎一郎
「その中で両陛下が、あのね、訪問されたりなんかすれば、要するに、日本は何を考えてるのかというふうな状況にもなりかねないと思いますね」

勝谷誠彦
「と言うんだったら、日本国憲法前文、もう一回読み返して下さい。『国際社会の人権と平和を守り、名誉ある地位を占めたいと思う』って書いてるじゃないですか。あんなに憲法大事で、憲法大事で、憲法大事で、憲法大事で、と言ってるマスコミがなぜこのことについて、それとチベット問題と並べてリンクさせて言わないのか。ましてや日本国の象徴である天皇陛下に行っていただけるわけなんかないでしょう」

上村幸治
「ほんとはね、あの、チベットで、中国政府がですね、融和的な姿勢を示せたら、あの、よかったですねっていう形で、皇族を出すことも可能なんです。でも、それでもやっぱり政治利用になっちゃうんですね。日本の場合、あの、戦前のまあ政治利用の問題がありましてですね、これだけは非常に敏感なんで、あの、相当に慎重にやらざるを得ないですね」

080408-17sippai.jpeg

堀江政生
「えー、これだけ騒がれている北京オリンピックの開会式について、どうなるのか、上村さんは……(パネル表示された途端、一同笑い)『もう失敗です』と」

関根友実
「やる前からもう」

堀江政生
「断言されています。『中国が目指す“大国アピール”という政治的目的は達成できない』。あの、これ北京に決まる時に、あの、中国も国際社会に普通に認められる、普通の国になっているというふうに宣言していたわけなんですけれど

上村幸治
「そうなんです」

堀江政生
「ここへ来て、全然できてないってことがばれてしまった

080408-95kamimura.jpeg

上村幸治
「ま、それはありましたよね。で、あの、もともと発展途上国がこんなに頑張って、こんなに豊かな国になりましたよと。そして国際社会で協調して、人権を守る国になりましたよっていうのを示す場にしたかったんですね。だけどそれが今、できてない。それどころかですね、むしろその、国威を発揚するような、力をその、見せつけるようなことをしてますので。そうしますと、初期の目標は達成できません。そういう意味では失敗ですね。初期の目標が達成できないという意味では失敗。でもたぶん、あの、開会式はちゃんとやるでしょうけどね

関根友実
「ちゃんとできますか」

上村幸治
「非常に限界状態ですね」

勝谷誠彦
「失敗した後が難儀で、指導部の求心力がなくなって、歪んだ愛国意識だけみたいなものが残ってしまうと、また混乱を呼びかねないですよね」

堀江政生
「上村さんのコーナーでした。どうもありがとうございました」

関根友実
「ありがとうございました」

 ____________________________内容紹介ここまで


 最後の方で堀江キャスターが指摘してる「北京に決まる時に、中国も国際社会に普通に認められる、普通の国になっているというふうに宣言していた」について。
 4月10日になって、IOCのロゲ会長がこんな発言をしてますね(日経4/10)。

同会長は「当時の招致団は、五輪を与えられることで人権問題を含む社会的課題で前進すると約束した」と述懐。開催都市契約などによる法的拘束力はないが「道徳上の契約」とくぎを刺した。

 私らから見たら、「中国が約束なんか守るわけないやん。ましてや彼らに『道徳』なんかあるわけないやん」ですよね(T^T)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■4/10午後に行われたダライ・ラマ猊下の会見について

 CSの日テレ24で生中継をやってたので見ました。
 今までニュース映像などで発言されてる場面を見たことはあったんですが、こんなに長く話されてるのを見たのは初めて。気さくな方だと聞いてはいたけど、本当に親しみの持てるお人柄でした。

 質問に立ったメディアは6~7人。
 うち欧米人が2人。中国人が1人(「ニーハオ」と挨拶した後、つたない日本語で質問してた。「ニーハオ」に猊下は反応されなかった)。
 あとは日本人。江川昭子さんと、それからTBSがなぜか2人で、うち1人は「ニュース23」の後藤謙次キャスター。

 実は、最後あるいは最後から2人目の質問者(江川さん、後藤さん以外の日本人だった)がした複数の質問の中に、「日本政府に何を求めますか?」というものがあったんです。
 が、猊下はそれには答えられませんでした。おそらく今の日本政府には何も期待されていないのでしょう。無理もありませんが。

 ところでこの会見、日本のメディアの取り上げ方を見てますと、差がありますね。「ダライ・ラマ14世が会見で一番伝えたかったこと」の解釈がかなり違うというか。

 以下は、やはり生中継を見ていた2ちゃんねらーさんの書き込みですが、私はこれが一番まとまってると思いました。

152 名前:名無しさん@八周年 メェル:sage 投稿日:2008/04/10(木) 16:23:39 ID:atcYgkm50
「オリンピックに関しては中国には開催する資格があるし成功を望んでいる。
しかし、中国政府は私を悪者のように言う。別に私はどう言われてもいい。
言論の自由というのは、私を悪く言う自由もあるということだから。
だけど、チベットには今言論の自由がない。
現実に今、何百人も殺され、何千人も逮捕されている。
そして中国本土の人たちはそれを知らない。
私はそれを悲しく思う。
どうかチベットを助けてください。誰よりも中国本土の人に言いたい。
あなたたちの兄弟であるチベット民族をどうか助けてください

 付け加えるならば、「暴動について国際機関の調査求める」という発言も重要ですね。

 そういう意味でまとまってた記事は以下の2つ。あ、AFPは日本じゃないけども。

来日したダライ・ラマ14世が会見 北京五輪支持も暴動については国際機関の調査求める(FNN4/10)
ダライ・ラマ、日本に立ち寄る 五輪への支持表明(AFP4/10)

 会見に先立って、猊下は安倍前首相夫人の昭恵さんとも会談されましたね。昭恵さんは安倍前首相のメッセージを伝えたそうです(産経4/10)。
 安倍さん本人だったらもっと良かったんですが。今の日本ではここが精一杯なんでしょうか。

 デイリースポーツ4/11付は「前ファーストレディーとダライ・ラマとの会談に対する中国政府の反発は必至。来日“ドタキャン”となれば、前首相同様、空気が読めなかったことになるだろう」と批判してますが、ドタキャンけっこうじゃないですか。
 今、胡錦濤に来られて日本の誰が喜びますか?

 福田さんにとっても今来られちゃマイナスでしょ。国際社会から「ダライ・ラマとは会わなかったのに胡錦濤とは会うのか。日本はチベットよりも中国を擁護するのか」と言われます。
 胡錦濤に「ダライ・ラマと話し合え!」とかピシッと言うならともかく、そんなの福田さんが「人間革命」(4/9放送「アンカー」のオチ参照(^_^;)でも起こさない限り、絶対無理でしょ。

 あと、人権擁護法案推進派の自民党人権問題調査会会長・太田誠一も、猊下と会談したんですね(時事4/10)。一般論しか言わなかったみたいですが。
 それにしても、こんな法律通したら日本は中共も真っ青の「人権弾圧国家」になりかねないんですが、わかってるんやろか?この人は。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ナゾの“青い集団” 聖火囲み並走、中国人警備隊(産経4/10)魚拓

 “青い集団”に対する聖火ランナーの怒りが紹介されています。

 シドニー五輪、柔道の金メダリストのダビド・ドイエさん(日本の篠原と対戦して誤審だと騒がれた人)が、「連中は私を取り巻き、走るのを妨げた。やっと聖火を次の走者に渡したが、連中が火を消した。彼らはロボット、番犬だ」。

 英BBC放送の人気子供番組で司会を務めたコニー・ハクさんは、「彼らは私に『走れ、止まれ』『もっと腕を上げて聖火を高く掲げろ』と大声で怒鳴りつけた。誰も彼らが何者なのか、どこの組織に属しているのか知らなかった」。

 五輪の陸上男子千五百メートル金メダリストで、ロンドン五輪組織委員会会長を務めるセバスチャン・コー氏は「恐ろしい暴漢たちだ。コース上に立っていたら3回も彼らに押しのけられた」。

 さらには、英紙タイムズからの引用として、「警備隊が観光ビザで入国したとしており、就労ビザの有無は不明だとしている。そうなれば入国資格の問題なども生じるだけに、野党の保守党は8日、ブラウン政権に『警備隊の背景や入国資格を調べたのか』との質問状を出すなど、厳しく追及する構えだ」。

 中国側は“青い集団”を「武装警察ではない」と言っているそうですが、映像を見た日本の警備の専門家らは口を揃えて、「訓練を受けた人間だ」と言ってるようです。
 一例あげると、(株)リスク・マネージャーの西久保博信氏は「格闘術をやってる人たち」「訓練を徹底的に受けた人の動き」と言ってました(4/10放送「FNNスーパーニュース」)。

 上記産経の記事は、4/10放送「ムーブ!」でも紹介されました。
 他に、中国政府が長野で行われる聖火リレーに関して、日本側に「中国政府を批判したりするような活動は事前に一切排除してほしい」と要請してきた件も紹介されたんですが、そこで宮崎哲弥さんが例によって怒り爆発!
 「中国じゃないんだよ、日本は。中国だったら批判を排除することもできるだろうけど、ここは自由の国ですから」

 さらに「聖火リレーは必要か?」という話になって、哲ちゃん、「聖火リレーで、武装警察みたいなのがついてないとだめだったり、コースを秘密にしなきゃいけなかったり、そういうことをやってること自体が、映像として世界に流されるのは意味がある」と。
 確かに。やればやるほど中国のほころびが露呈する結果になってますよね。

 さらに哲ちゃん、「仏教徒として許し難く思うのは善光寺。善光寺は無宗派であるがゆえ、日本の仏教を代表していると言える。仏教者が迫害されているのに、その善光寺が(聖火リレーの)出発点でいいのか」と指摘。

 1コ前のエントリーで紹介したけど、木村太郎さんが言うように、いっそ日本は聖火リレーを辞退したらどうかと思います。
 滞りなく終わったら欧米から「日本は人権意識が低い」と批判される。かといって、問題が起きたら中国が怒ってくる。勝手に怒らせとけばいいんですが、福田政権は絶対オタオタするでしょ。そしたらやっぱり欧米から「日本は情けない。中国の属国か」と批判される。つまり、どう転んでも日本にとってプラスにはならないだろうと。
 (それでなくても「日本も共犯扱いされている」という、こんな話もあるのに

 日本政府はヘタレですが、警察はまだ骨がありそうです。
 というのは、北京五輪組織委員会(BOCOG)が聖火リレー長野市実行委員会に対し、“青い集団”の派遣を伝えてきたそうなんですね(時事4/10)。
 これに対し、泉信也国家公安委員長は11日の会見で、「警備みたいな役割を果たすのなら、それは長野県警の役目」「他国で走られたから日本でも走るという考え方は歓迎できない」「警備は日本の警察が行うという原則は崩すべきではない」と発言。警察庁も「伴走が聖火のトーチのメンテナンス要員なら問題ないが、警備を行うということなら日本の主権の侵害にあたり問題で中国側に警備を行わないように通告することになる」と話しているそうです(毎日4/11)。GJ!(≧∇≦)

 オーストラリアのラッド首相も、聖火防衛隊の伴走は認めないと明言しています(CNN4/10)。中国語ベラベラの親中派首相でも、これぐらいのことは言うんです。うちの親中派首相もそろそろ何か言ったらどうよ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※私たちにもできることがあるかもしれません

大規模OFF板【胡錦濤来日時に東京をチベット旗だらけにするOFF 】@ wiki
For the People of Tibet(チベット弾圧に抗議する署名)
 署名の方法など、博士の独り言さんに説明があります。


※おすすめリンク

【櫻井よしこ 福田首相に申す】チベット弾圧抗議せよ(産経4/10)
清水満さんのブログ>4/10付:日本はまだ沈黙ですか…~中国の”チベット問題”
阿比留瑠比さんのブログ>4/10付:安倍前首相の昭恵夫人がダライ・ラマ14世と面会

Japanese Buddhist protests the suppression in Tibet(Youtube)
 4/5の「ぶったま!」で読み上げられた圓教寺・大樹玄承さんの書簡、英語字幕。
Strong protest against Beijing from Japanese Buddhists(Youtube)
 日光修験道のチベット弾圧に対する憤りと抗議、英語字幕。


※関連ニュース

チベット通過、国内リレー計画通り=ロゲ会長、五輪成功へ団結強調-IOC(時事4/11)
マケイン氏も大統領欠席を要求・北京五輪開会式(日経4/11)
チベット騒乱に国連、沈黙のナゼ(産経4/11)
北京五輪:EU首脳、開会式欠席も 中国のチベット暴動弾圧、欧州議会が非難決議(毎日4/11)
チベットでの弾圧中止求める決議を可決、米下院本会議(CNN4/10)
ノーベル平和賞・マータイさん、聖火リレー参加辞退(読売4/11)
人目はばかる聖火リレー 中国系メディア絶賛、米では厳しい視線(産経4/10)
「この嘘つきめ」と中国人ら(産経4/10)
 どちらが嘘つきで、どちらが恥知らずか、世界中がすでに知ってると思う。


※拙ブログ関連エントリー

07/5/5付:大高未貴さんチベットを語る
07/5/12付:ペマ・ギャルポさんチベット・モンゴルを語る
07/10/9付:Nスペ「激流中国『チベット』」
08/3/15付:「ムーブ!」スピルバーグ北京五輪にNO!(最近のまとめとチベットも)
08/3/18付:「ムーブ!」中国の軍事費が急増(台湾総統選とチベット騒乱も)
08/3/20付:「アンカー」チベット暴動 写真が暴く中国の嘘
08/3/22付:チベット問題に関心を持ち続けよう
08/3/29付:「ムーブ!」チベット抵抗史 ペマ・ギャルポさん出演
08/4/1付:「ムーブ!」チベットだけでない 中国が抱える民族問題
08/4/5付:「ムーブ!」チベット情報戦 中国のヤラセ発覚?
08/4/5付:「ぶったま!」書写山 圓教寺の大樹玄承 執事長の書簡(取り急ぎ)
08/4/7付:「ぶったま!」チベット問題 天台宗僧侶の勇気ある発言(やりとり全文)


・・・・・・・・・・・細切れぼやき・・・・・・・・・・・


「靖国」刀匠 議員「本人が削除希望」監督「なぜ変心」(朝日4/11)
 制作経緯に不信感 「靖国」出演の刀匠(高知新聞4/10)

 10日に参院議員会館で監督や支援者による会見が開かれました。
 主要登場人物の刀匠の刈谷直治さんが映画でキャストになることを全く知らされていなかった問題、双方の主張はまっこう食い違ってますね。
 ただ、刈谷さんが完成品を見せてもらってないという点、これは監督も認めてるようです。というか、少なくとも監督側から「刈谷さんに完成品を見せた」という発言は見当たらないです。

 デイリースポーツ4/10付によると、田原総一朗が「隠し撮りはしてない」って言ってますが、これも気になります。現役自衛官が無許可で撮影され映画に使われた問題はスルー?

 あと、これはどーでもいいんですが、石坂啓の「靖国や従軍慰安婦など、十年前は漫画にできたテーマも今はできない。見たいものを見る権利が奪われている」という発言。小林よしのりさんや山野車輪さんのように、あなたも描いたらええやん。ただ、中韓の主張そのもののあなたの漫画はもはや日本の大衆には受け入れられない、それだけのことでしょ?

※参考リンク(阿比留瑠比さんのブログ)
前編・映画「靖国」上映中止と参院内閣委での有村議員の質問
後編・映画「靖国」上映中止と参院内閣委での有村議員の質問


ビラ配布の官舎立ち入り、最高裁が上告棄却 市民団体3人の罰金刑確定へ(産経4/11)

 判決要旨はこちらに(共同通信4/11)。
 当然の判決です。不法侵入を「表現の自由」で済まされたらたまりませんよね。
 今回は投入されたビラの内容以前に、手段が問われたということのようですが、ビラの内容もそりゃまあひどいもんでした。
 「復興支援は強盗の手伝い」「殺すも殺されるも自衛官です」「その地域の住民にとって、自衛隊は死に神になります」――。反戦ビラどころじゃない、中傷ビラですよ。

 この事件の詳細については、朝日新聞のダブスタも含めて拙エントリー05/12/10付をどうぞ。
 明日の朝日社説、きっとこれでしょうね。「処罰するほどの違法性があったのか」とか「表現の自由の危機だ」とか「民主主義社会の根幹を揺るがす判決だ」とか、言いそう(^_^;


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/327-6f5340ee
 北京五輪聖火リレーはロンドン、パリで抗議運動に遭ってきた。 米国のサンフランシスコでは直前にルートを変更する奇策で抗議運動をやっと交わす有り様だ。  これに対して、米国訪問の途中で、日本に立ち寄ったダライ・ラマさんは記者会見で、「聖火リレーの暴力によ...
2008/04/12(土) 05:49:27 | 無党派日本人の本音

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索