ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「ぶったま!」チベット問題 天台宗僧侶の勇気ある発言

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■4/5放送「ぶったま!」“ニュース20面相”よりチベット問題

080405-16bunsho.jpeg

 お待たせしました。
 関西テレビで4月5日(土)に放送された「ぶったま!」、チベット問題のテキストです。 
 青山繁晴さんの解説と、天台宗書写山圓教寺の僧侶お二方の勇気ある訴えです。
 (前エントリーでは取り急ぎ、大樹玄承さんが読み上げられた書簡だけUPさせていただきました)

 細かい相づちやツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオから、キャプチャさせていただきました。各画像をクリックすると新規画面で拡大します。


 内容紹介ここから____________________________
 
 …………………………VTR開始…………………………
080405-01fumie.jpeg

 先月14日のチベット暴動以来、各地で続く余波。
 今月1日、ネパールで僧侶たち87人と警察隊が激しく衝突しました。

080405-02demo.jpeg

僧侶
「チベット族を殺すな!チベット族を殺すな!……」

080405-02-1sisen.jpeg

 中国四川省では先週末、公安当局が寺院を捜索し、チベット族572人を拘束。

080405-03darai.jpeg

 インドに拠点を置くNGOは、公安当局が「ダライ・ラマ14世の写真を踏むように僧侶たちに強要した」と発表しました。

 また、ダライ・ラマが今月10日、訪米の途中で日本に立ち寄る予定について、中国政府は日本政府をけん制するコメントを発表。

080405-04gaimusho.jpeg

中国外務省 姜瑜報道官
「(ダライ・ラマ14世が)どんな名目や身分でも、外国で祖国分裂活動にかかわることに反対する」

 この問題の北京オリンピックへの影響も広がっています。
 インドでは、聖火リレーの走者を務める予定だったサッカー選手が、聖火リレーの不参加を表明。

080405-05sankei.jpeg

 日本政府も1日、中国がオリンピック開会式に天皇皇后両陛下をはじめとする皇族方に出席を要請していた問題で、この要請を受諾しない方針を固めました(産経新聞4/2付)。

080405-06kokintou.jpeg

 来月6日に来日することが決まった胡錦濤国家主席。
 国内外に大きな問題を抱えることとなった福田総理にとっては、非常に難しい首脳会談を迎えることとなりそうです。

 …………………………VTR終了…………………………

(いったんCM)

魚住りえ
「はい、今週は青山繁晴さんに解説いただきます。よろしくお願いいたします」

青山繁晴
「よろしくお願いします」

魚住りえ
「まずはですね、昨日発表になりましたFNN・産経新聞合同世論調査での、福田内閣の支持率がこちらです」

080405-07sijiritu.jpeg

くまきりあさ美
「すごい下がってる……」

魚住りえ
「ものすごい右肩下がりな感じですね」

青山繁晴
「はい。ほんとにね。今、あのガソリンの価格並みにドーンとこう(一同笑い)下がったって感じなんですけどね。あの、この支持率ってまあ、安倍内閣が突然崩壊した時の支持率にとても似てますね。だからここに危険水域と書いてるのは、誇張ではないんですけれども、この、内閣がいつ壊れてもおかしくないような支持率の最中に、実は連休明けにこういうことが予定されてる。はい(パネル表示)」

080405-08nicchuu.jpeg

魚住りえ
「胡錦濤国家主席が5月6日訪日へということなんですが、これは福田総理はどう対応するつもりなんでしょうか」

青山繁晴
「これね、はっきり言って、今の段階でこの2人が会談してね、福田さんがたとえば毒ギョーザとかチベット暴動とか、あるいは北京オリンピックについて、まともに物が言えるという気、皆さんしないでしょう?」

山本健治
「だから我々から言えば、もうやめてくれって、こんなことはね。もう、何をするねんお前は、っていうふうにやっぱり言いたいよね」

080405-09studio.jpeg

桂きん枝
「逆に福田さんも来てほしくないちゃいます?来たら答、出さなあかん」

山本健治
「そこまで、僕はね、あれ、ちゃうと思うねん。ほんまに……」

青山繁晴
「あの、ヤマケン(山本健治)さんと、それからきん枝さんの感覚は正常だと思うんですよね。本来ならやっぱり延期する話ですよ。一時延期の話もあったんですが、それがどうして5月の連休明けにやっぱり来るってなったかというと、それは中国側の強い要請なんです。要請っていうか、はっきり言うと要求ですよね。つまり、毒ギョーザは日本が悪いんだと。日本で毒を入れたんだと」

魚住りえ
「あ、失礼しました。ちょっとモニタの調子が悪いようで、あの画面が……」

青山繁晴
「毒ギョーザは日本が入れたんだと。それからチベット暴動は内政問題だから口出しするなと。それから北京オリンピックはスポーツなんだから政治云々なこと言うなと」

大平サブロー
「何か上から目線ですね、全部」

青山繁晴
「というのを、中国側ははっきり言うと日本、福田さんをダシにして、言いたいから来るわけですよ

魚住りえ
「日本を利用しようとしてる感じがします」

青山繁晴
「その時にじゃあ福田さんがどう応えられるかというと、まず皆さんね、これ5月の連休明けでしょう?連休明けっていうことはですよ、連休中に自由民主党の議員もね、その、全部選挙区に帰って、選挙区でもう福田じゃだめだと、ガソリンもそのまま下げたままにしろってことさんざん言われて、議員が帰っていって、そのあと、これ(胡錦濤との会談)をやるわけですから。福田さんがその中でじゃあ、福田さんが急に個性変わってですね、毒ギョーザは中国がやったんでしょう?と、ね。それからチベットの抑圧はいけませんよと、このままだとオリンピックもまともに開けませんよって言えるかというとですね、これ実ははっきり申しますが、現職閣僚の中でね、福田内閣の現職、しかもかなり大事な閣僚の中に、僕は電話して、今朝、もう一度電話して聞いたらですね、『青山さん、言える見込みはほとんどないよ』と。だから自分も本当は反対なんだけど、もうどうしようもないねということなんですね」

大平サブロー
「じゃあ、全部、来てもはぐらかすだけですか。それとも、よう言わないで、うんうん言うてるだけですかね」

青山繁晴
「あの、その恐れが強いってことを現職閣僚も言ってんですが、そうなると福田個人の問題じゃなくて、私たち日本国が世界から、日本国民がね、世界に赤恥さらすことになります。ね」

山本健治
「でもね、日中会談をやめろということ以前に、やっぱりもう福田さん辞めなさいということじゃないんですか、それは」

080405-10title.jpeg

青山繁晴
「うん、今日はあとでその話もいたしますが、そいで、今日はこの中でまず、このチベット暴動について、チベット問題についてですね、チベットの民衆蜂起について今日お話ししたいと思うんですが」

魚住りえ
「かなりあの、中国側とチベット側のですね、報道が、情報が食い違っている」

青山繁晴
「うん、食い違ってるだけじゃなくて、これは日本のマスコミはもっとしっかりしなきゃいけないんですが、中国はもうチベット、収まったかのように言ってるでしょ?(一同同意)日本の報道、あっという間にもう静まりかけてるでしょ。ところが冷静に見るとですね、こんなに、魚住さん言ったように食い違ってるんです。はい、ちょっと出して下さい(パネル表示)」

080405-11higai.jpeg

青山繁晴
「はい。まず中国政府は亡くなった人20人が出たと、認めたような感じするかもしれないけど、これはほとんどいわゆる漢族、漢人、ね。中国人の人たちのこと言ってるんであって、チベット人が亡くなったことについては、実質触れてないと思われるわけですね」

魚住りえ
「デモ隊側の死者を一切報じていないということですね」

青山繁晴
「はい。で、ま、さすがにね、チベット自治区の主席が、そのあとに、ま、暴徒というからにはチベットのお坊さんとか一般民衆の人の中で、死んだ人も出たってこと、一部認めましたけど。これ3人になってますが、ところがですね、チベットの亡命政府、ね、亡命ってことは今、やむをえずインドにいますけど、ね。その、この、ちょっとまずね、この亡命政府ってこと、日本の新聞ちゃんと書かないんですけども、皆さん、これ考えて下さい。亡命政府ってね、ちゃちに名前つけてるわけじゃないんですよ。ちゃんと国会議員を選挙で選んで、それから行政機関もあってですよ、で、一番上にダライ・ラマが象徴でいらっしゃるだけで、まともな政府です。ね。だから適当に言ってるんじゃないんです。その適当じゃない政府が140人と言っててですよ、こっち(中国側)3人ですよ。ね。この違いはいったい何なのか。で、本来、公平な立場であるはずのNGO(チベット人権民主化センター)はやっぱり100人以上と言ってるわけです。ま、チベット寄りだと中国は言うかもしれないけれども。しかしやっぱり公平に見るとですね、3人で終わってるはずがない。ということはですね、まず何よりも、どんな立場も乗り越えて、中国に、ちゃんと情報出しなさいという要求を私たち日本がやらないと、その、日本の名誉もおかしくなるということなんですよね。そして今日、今日はこっからが一番肝心なところであってですね、皆さん、実はチベット問題ってのは、何よりもまず宗教の自由の問題なんです。ということは、日本もチベットも両方とも仏様のいらっしゃる国ですよね。そうすると日本の仏教界から、これだけたくさんいる日本のお坊さんから、なぜ声が挙がらないのかということについて、僕のとこにもたくさんメールが来たんですが、とうとう日本の仏教界で初めて、そして日本のマスコミで初めて、今日お坊さんに来ていただきました

魚住りえ
「はい。ようこそお越し下さいました。姫路市にあります、書写山圓教寺より大樹玄承(おおき・げんじょう)さんと、そして金子峻祐(かねこ・しゅんゆう。「祐」のヘンは正しくは「示」)さんにお越しいただきました」(2人入場)

080405-12ooki.jpeg

一同(口々に)
「おはようございます。よろしくお願いします」

080405-14kaneko.jpeg

青山繁晴
「はい。僕は今、感無量なんですけれどもね。あの、まず、書写山圓教寺という所についてですね、客観的な説明をしたいと思います。ちょっと出していただけますか(パネル表示)」

080405-13engyouji.jpeg

青山繁晴
「えー、これあの、圓教寺の、大きなお寺なんですけれども、あの、別に来ていただいたから話を大げさに言うんじゃなくて、この書写山圓教寺というのは、ただのお寺じゃありません。これは西の比叡山と呼ばれる世界で有名なお寺で、ま、やがて世界遺産に指定されるかもしれません。ね。そういう観光の問題じゃなくて、生きてる、問題だけじゃなくて、生きてるお寺で、天台宗の別格本山であって、天皇皇后両陛下にとっても親しみのあるお寺です。その、とっても大事な、影響力のある圓教寺の執事長でいらっしゃる大樹玄承さんと、それから執事でいらっしゃる金子峻祐さんにいらしていただきました。で、まず申したいのはですね、実は前から存じ上げたわけじゃないんです。僕はもともと、たとえば共同通信の京都支局の時に、宗教記者会にいましたから、さっきの圓教寺の値打ちも知ってるわけですが、でも、だからと言って、前からつき合ってたわけじゃありません。これなぜ言うかというとね、たとえば中国は、たとえば、こういう、こういう人間がね、企んだっていうことをね、この後言うかもしれません。しかし企んでないです。そうじゃなくてですね。今からお話ししていただきますが、むしろ大樹さん、ね、圓教寺の側の方から僕にまずアプローチがあったんです。ちょっとそのいきさつを皆さんにお話しいただけますか」

080405-15studio.jpeg

大樹玄承
「あの、ダライ・ラマ法王は私は尊敬してて、興味があった方です。で、今年の、先月の報道っていうか抗議行動からですね、いろいろ注目はしてたんですけれども、ま、たまってくるものがいっぱい、あるのはありました。で、つい先日、あの、数人のメディアの人が入りましたね」

青山繁晴
「チベットにですね」

大樹玄承
「チベットにですね。はい。で、その時にお寺とか商店街とか、そういう所が出ました」

青山繁晴
「チベットのですね」

大樹玄承
「チベットのお寺に、出たんです。で、まあ普通、あそこ行くとこう線香の束を持って、五体投地(ごたいとうち)をするように、礼拝(らいはい)しますから、だいたいお寺の中っていうのはモヤモヤしてるんですけども、そんな気配があんまりなくって、というと、しばらくすると、あの、チベット人のお坊さんがカメラに近寄ってきて、いきなり泣き出して、あの、『違うんだ』と、『この人たちは参拝者でも何でもないんだ』というふうに」

青山繁晴
「ニセモノだと」

大樹玄承
『中国の監視員なんだ、自分たちを監視してる人なんだ』と。あれはもう命がけです

山本健治
「もう逮捕されるの覚悟で私は言いますっていって、おっしゃってましたよね」

大平サブロー
「ああー、そういうメッセージをカメラに向かって言うと、危ないという」

青山繁晴
「いや、もう危ないどころか、彼らの運命は、もう想像するのは怖いぐらいのことです、その後の運命は。今、大樹さんがおっしゃったのはね、あの、チベットご存知ですから、普段だったらお線香の煙が立ちこめている所が、何もない。つまり、もう宗教活動は弾圧されてると。ね。で、それで中国は、世界のマスコミに見せたつもりだったら、命がけでチベットの僧侶が飛び出してきた。じゃあ日本のお坊さんは何もしないでいいのか?ということで、僕にまず連絡をしてこられた。それがまだ、つい最近のことです。でね、しかし実は、さっき言いましたように、圓教寺はただのお寺じゃなくて天台宗の象徴でもあるお寺ですから、天台宗の中でもこれからいろんな抵抗があるし、これ、お出になること自体に抵抗があったと思うんですが、はい、いかがでしょう」

大樹玄承
「まあいろいろ、皆さん、それぞれ日本のお坊さんも思いはあって、考えてらっしゃると思うんですけれども、言わないのにはそれぞれ理由があったり、とも思うんですけども、あの、それがわかってるのに何で言うんだとか、あの、いろいろ、ほんとに揶揄されるようには言われると思います。あの、たとえば怖いものがなくっていいなとか(笑)、いろいろあろうと思うんです」

青山繁晴
「そして今日は、あのこういう、いわばお話だけじゃなくてですね、いわば正式に文書を読み上げていただく決意をして下さいました。その文書を今から読み上げていただきますので、皆さん今日はほんとに耳を澄ませて……」

山本健治
「これはもう、すごい大英断というかね、日本の宗教界というのはね、ほんとにこういうことについてね、一切言おうとしないし、報道しない。そのことに対してね、今、本当にね、信教の自由という立場でね、現職のね、方が言われるというの、ほんまありませんよ。テレビのね、生番組でね、出てきて言われることなんて絶対ありませんよ。ものすごい僕は尊敬しますよ」

青山繁晴
「そうです。その通りです。やりかえしのつかない生番組に出てきたっていうのはすごいんですよ。じゃあ、その文書を読んで下さい」

魚住りえ
「お願いします」

青山繁晴
「どうぞ。みんな心を澄ましてお聞きいただきたいと思います」

080405-16bunsho.jpeg

(以下、大樹玄承さんが読み上げられた文書の内容)

 今、私たち日本の仏教者の真価が問われています。
 チベットでの中国の武力行動によって、宗教の自由が失われることに心から悲しみと、止むに止まれぬ抗議を表明せずにはいられません。
 私たちはあくまでも宗教者、仏教者として、僧侶をはじめとするチベット人の苦しみを、もはや黙って見過ごすことができません。
 チベット仏教の宗教的伝統を、チベット人の自由な意思で守るということが、大切な基本です。
 皆さんは、日本の全国のお坊さんがどうしているのかとお思いでしょう。
 日本の各宗派、教団は日中国交回復のあと、中国各地でご縁のある寺院の復興に力を注いできました。
 私も中国の寺院の復興に携わりました。
 しかし、中国の寺院との交流は全て北京を通さずにはできません。
 ほとんど自由はなかった。
 これからもそうだと、全国のほとんどの僧侶は知っています。
 そして、日本の仏教教団がダライ・ラマ法王と交流することを、北京は不快に思うこともよく知られています。
 あくまでも、宗教の自由の問題こそ重大であると、私は考えています。
 しかし、チベットの事件以来、3週間以上が過ぎてなお、日本の仏教界に目立った行動は見られません。
 中国仏教界が大切な友人であるなら、どうして何も言わない、しないで良いのでしょうか。
 ダライ・ラマ法王を中心に仏教国としての歴史を重ねてきたチベットが、今、なくなろうとしています。
 私たちは宗教者、仏教者として、草の根から声を挙げていかなければなりません。
 しかし、私の所属する宗派が、中国の仏教界関係者から抗議を受けて、私はお叱りを受ける可能性が高いでしょう。
 このように申し上げるのは、私たちと行動を共にしましょうということではないのです。
 それぞれのご住職、檀信徒の皆さんが、これをきっかけに自ら考えていただきたいのです。
 オリンピックにあわせて、中国の交流のある寺院に参拝予定の僧侶もいらっしゃるでしょう。
 この情勢の中、中国でどんなお話をされるのでしょう。
 もしも宗教者として毅然とした態度で臨めないならば、私たちはこれから、信者さん、檀家さんにどのようなことを説いていけるのでしょうか。
 私たちにとってこれが宗教者、仏教者であるための最後の機会かもしれません。

書写山 圓教寺 執事長 大樹 玄承 
平成20年4月5日

080405-17studio.jpeg

(一同、拍手)

青山繁晴
「ありがとうございます。いかがですか、皆さん。何でも、どうぞ聞いて下さい」

山本健治
「まずね、あの、本当にね、信教の自由がね、今もう本当に、僕はね、仏教徒だ、どうだこうだと、いろいろあると思うんですよ。だけどね、全てを超えてね、いろんな、キリスト教を信じようが、仏教を信じようが、イスラム教を信じようが、そういう、その全てをね、信教の自由をね、守ることが基本なんだというね、今もう心からの叫びをね、やっぱり出されたと思うんです。それをしっかりね、受け止めたいと思いますよ」

青山繁晴
「はい。サブローさん、いかがですか」

大平サブロー
「僕あの、今まで、そう言えばほんとにそういうメッセージを聞いたことないな、たとえば、えー、アメリカがどっか攻めても、何かあまり聞こえてこない。それ、皆さんの秘めるものは、我々以上のものを秘めてらっしゃるなぁいうのが、今、痛切に伝わってきたので、僕らもほんとの意味でこれ、考えないといけないなーという」

青山繁晴
「おっしゃる通りですね。あの、僕は今のこの大樹さんていう僧侶のお話にね、2つ大きなやっぱり謙虚さを感じるんですよ。1つは決して政治に踏み込んでいなくて、あくまで宗教者として、宗教の自由についてお話をされてて、それからもう1つは人のことを非難するんじゃなくて、ご自分の生き方を今、話されたでしょう?」

山本健治
「押し付けるつもりもないしね」

080405-18studio.jpeg

青山繁晴
「そうです。その2つね、これは私たち日本のね、仏教というだけじゃなくて、この日本国という国の国柄、私たちの名誉そのものじゃないですか。そしてね、この件で最後に申したいのはですね、今この放送の中身はですね、たとえば、アメリカのラジオ・フリーアジアっていう放送でおそらくチベットに流れるでしょう。ね。今まではその放送局にかかってきた電話が、ぱたっとかからなくなって、つまり、中国の警察とか軍隊が各家庭まで入っていって、電話すらさせないようになってる状況の中で、そのラジオ放送は何とか聞くだろうから、この状況を聞いたら、チベットのこの、今ひどい目に遭ってる僧侶にとっては、初めて世界からね、連帯の声が聞こえる。そして皆さん、この視聴者の方々ね、どうぞこの中身をインターネットでどんどん書き込んで下さい。必ずね、中国はインターネットの規制もしてるけど、人民解放軍のサイバー部隊まで使って規制してるようですが、しかし、この今のお2人の勇気ある声が必ずチベットに届きますので、そのことをみんなと共有して、それぞれの立場で声を挙げるということをやりたいと」

魚住りえ
「はい。今日はほんとにありがとうございました」

大樹・金子
「ありがとうございました」(2人退場。一同拍手)

魚住りえ
「書写山圓教寺の大樹玄承さんと金子峻祐さんでした。ありがとうございました」

 ____________________________内容紹介ここまで


 この後、青山さんの解説はガソリン暫定税率やポスト福田に移るんですが、今回は起こしはここまでということで。すみません。時間ができたら後日テキスト化したいと思います。


 今回勇気ある発言をされたことで大樹さん、金子さんが不利益な目に遭われないよう、もし何かできることがあれば、私も微力ながらご協力申し上げたい気持ちでいっぱいです。信教の自由や言論の自由が認められた国の、国民の一人として。

 ところで、大樹さんたちが「ぶったま!」に出演されることになったきっかけ、それは青山さんのブログON THE ROAD : Aoyama 's Daily Essayの、3/20付のコメント欄に大樹さんが寄せられたこのメッセージだったようです(3/22付青山さんの本文によれば、青山さんが社長をされている独立総合研究所の総務部にメールもされたようです)。

チベットについて (大樹玄承) 2008-03-22 16:18:02

こんにちは。初めまして、私は姫路市にある山寺の圓教寺と言うところの僧侶です。TVでのチベットのお話について、その日は聞くことができませんでした。
私は抗議をしようと思っています。今までもチベット、ダライ・ラマ法王について、意見を持ちながら同じ仏教徒として何もしないまま来てしまいました。
ウチは天台宗に属していますが、恐らく他の教団同様に何もしないと思います。
今回は一文をしたためて、地元神戸新聞にそういう投稿の枠があるのでそれを利用できればと思っています。知り合いの記者に、どうすれば良いか助けてくれ!と電話したら、それを教えてくれました。
上と相談すると言うことでしたから、決定ではないのです。
今原稿を書き上げたのですが、はっきり言って怖いのです。素人がnetやTV、新聞程度でしか得ていない知識で正義感ぶって、自分が恥をかくことが怖いのではなくって、一部の人に迷惑をかけることになるのですね。天台宗とか、宗務庁とかですね。
でもこれを言い出すと、結局何もできなくなってしまう。
効果的な方法、間違いのない情報を得た上で、私は声を上げたいのですが、時間が経つばかりで、イライラしています。独研ではそういうサポートをしてくださるのでしょうか。

 青山さんのブログの読者一同、この件の行方を緊張しながら見守ってきて、そして今回の「ぶったま!」を迎えたというわけです。

 なお今回の「ぶったま!」について、青山さんのブログに裏話的な記事が掲載されています。

ことしの桜花はいつもより長く咲いている。ぼくらに、これが最後の機会だと教えるように。2008年04月05日 21時04分56秒
 実は、ゆうべ金曜の夜に、関西テレビの小さな会議室で顔を合わせたとき、師の眼には苦悩の色がありました。
 そして、「青山さん、青山さんはブログに良心と勇気と書いてらしたけれど、わたしは、そんな大それた人間じゃありません」とおっしゃったのです。

怒り、ひとつ (★さらに5時間後に追記)2008年04月05日 22時31分52秒
 「もちろん、著作権法は大切にしなければならない。ぼくも、物書きの端くれだから、著作権法に違反する行為によって被害を受ける立場だ。
 それでも、なにがなんでも削除するだけが能じゃないだろうっ。」

 全文はリンク先を……<(_ _)>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※関連リンク

書寫山圓教寺 公式ホームページ
 メールも受け付けているようです。今後の展開によっては私もメールを送るかもしれません。
 余談ですが、圓教寺は映画「ラスト・サムライ」のロケ地になったことでも有名です。私も行ったことがありますが、姫路の中心街からけっこう離れていて、実に荘厳な空間でした。


※関連リンク/Youtube

(1) You Tube ~ 天台宗のトップ、チベット問題を涙ながらに語る。その0
(2) You Tube ~ 天台宗のトップ、チベット問題を涙ながらに語る。その1

(3) ぶったま! 青山解説チベット実情(1/2)((1)と同一内容)
(4) ぶったま! 青山解説チベット実情(2/2)((2)と同一内容)

(5) Japanese Buddhist protests the suppression in Tibet
 大樹玄承の文書読み上げの場面に、Gregさんが英語字幕をつけて下さいました。世界に広めましょう。

 以上、削除される可能性があります。でも、ミラーがUPされる可能性も。リンク切れの際は自力で探してみて下さい。


※関連リンク/2ちゃんねる

関西テレビで天台宗の仏教僧が生放送で中国批判。青山さんが動画拡散推奨。★2
胡錦濤来日迄に日本中チベット旗だらけにするOFF11


※チベット関連ニュース

googleニュース(チベット)
Yahoo!ニュース(チベット)
 チベット問題のエントリーでは、これまでいつも関連ニュースをご紹介(リンク貼り付け)してきたんですが、今日はちょっと巡回してる時間がありません(T^T)
 今ざっと見たところでは、各地で相変わらず暴動や抗議デモが発生しているようです。


※拙ブログ関連エントリー

07/5/5付:大高未貴さんチベットを語る
07/5/12付:ペマ・ギャルポさんチベット・モンゴルを語る
07/10/9付:Nスペ「激流中国『チベット』」
08/3/15付:「ムーブ!」スピルバーグ北京五輪にNO!(最近のまとめとチベットも)
08/3/18付:「ムーブ!」中国の軍事費が急増(台湾総統選とチベット騒乱も)
08/3/20付:「アンカー」チベット暴動 写真が暴く中国の嘘
08/3/22付:チベット問題に関心を持ち続けよう
08/3/29付:「ムーブ!」チベット抵抗史 ペマ・ギャルポさん出演
08/4/1付:「ムーブ!」チベットだけでない 中国が抱える民族問題
08/4/5付:「ムーブ!」チベット情報戦 中国のヤラセ発覚?
08/4/5付:「ぶったま!」書写山 圓教寺の大樹玄承 執事長の書簡(取り急ぎ)


※拙ブログ関連エントリー/「アンカー」青山さんコーナー起こし

こちらからどうぞ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「お気楽くっくり」更新済

 夢と現実が交錯する季節です。


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/325-3594d910
人権というと特定アジア諸国の陰がちらつくので出来る限り距離を置いて…
2008/04/07(月) 01:31:59 | zeek21の関心空間
映画「靖国」について有村治子(自由民主党・無所属の会)質疑2008年3月27日 (木)  参議院 内閣委員会 其の壱 映画「靖国」について有村治子(自由民主党・無所属の会)質疑2008年3月27日 (木)  参議院 内閣委員会 其の弐 映画「靖国」について有村治子(自由民主党・...
2008/04/07(月) 20:15:26 | 憂国、喝!

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索