ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

親王殿下の御誕生を心よりお慶び申し上げます

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 こんな時間帯(平日のお昼前)にエントリー更新。我ながら珍しい。
 でも、嬉しくて嬉しくて、書かずにはいられません(^_^;
 親王殿下の御誕生です!おめでとうございます!!

紀子さま、男のお子さまご出産
 秋篠宮文仁親王殿下(40)と同妃紀子殿下(39)の第3子が6日午前8時27分、東京都港区の愛育病院で誕生された。宮内庁によると、お子さまは親王(男児)で、体重は2558グラム。皇族としては初めてとなる帝王切開でのご出産となったが、母子ともにお元気という。皇室では昭和40年にお生まれになった秋篠宮さま以来、41年ぶりの男子で、天皇、皇后両陛下には皇太子さまの長女、愛子さま(4)に続く4人目の孫。お子さまのご誕生で皇族は皇后さまをはじめ22人となった。
 ご出産の喜びは、すぐに天皇、皇后両陛下に伝えられ、両陛下は非常にお喜びのご様子だったという。
 秋篠宮さまも大変安心して喜ばれ、長女の眞子さま(14)と二女の佳子さま(11)は初めて弟ができた喜びをかみしめられた。
 皇室では秋篠宮さまのご誕生の後、9人続けて女子が誕生されていた。
 お子さまの皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに次ぐ第3位。第4位は常陸宮さま、第5位は三笠宮さま、第6位は寛仁親王殿下、第7位は桂宮さまとなる。
 紀子さまは2月7日にご懐妊の兆候が確認され、宮内庁は同24日、妊娠3カ月目と正式発表。7月12日、宮内庁病院での検診で、胎盤が子宮口の一部をふさぐ「部分前置胎盤」の状態で帝王切開が必要と診断された。
(09/06 09:34)

 ああ、本当に良かった〜(T^T)
 嬉しいのと、あと大急ぎで書いてますので、まとまりなくてごめんなさい。日本語もかなりおかしいかも。どうか許されて!<(_ _)>
 
 “午前10時過ぎに札幌のホテルから出てこられた天皇皇后両陛下”の映像を、今さっき拝見しました。非常に晴れやかな笑顔をなさっておられました。
 皇太子殿下と雅子妃殿下もきっとお慶びのことだろうと思います。プレッシャーから少しは解放されたお気持ちでいらっしゃるのではないか、という気が私はしています。
 
 お生まれになるのが親王か内親王かはやはり気にはなっていましたが、私はどっちか言うとそれよりも、紀子さまが「部分前置胎盤」と診断された件、これがまずすごく気になってまして。
 私、出産経験がないんですよ。だから知識がない。出産経験のある方たちのお話では「大丈夫、心配いらないよ」ということだったけど、でもやっぱり心配で……。
 だから母子ともにご健康でありさえすれば、もうこの際男の子でも女の子でもどっちでもいいや、と(もう1つそう思った理由があるんだけど、後で書きます)。

 思えば今年2月、紀子さまのご懐妊を知った時、私は「お身体を張って皇室典範改悪に待ったをかけて下さった。紀子さま、ありがとうございます」と心から感謝したものです。
 実際、小泉首相はこの問題から一旦手を引かざるをえない状況に追い込まれました(逆に言えば、政局に発展させずに済んで、「小泉首相は運が強すぎる」伝説に新たな1ページが追加されることになった(^_^;)。
 
 ご懐妊が発表された直後の2月8日の朝日新聞の報道でこういうのがありました(すでにリンク切れ)。

 「東宮さまのほうに遠慮していたが、『もうそろそろいいよ』とのお許しがあったので……」
 秋篠宮さまは、親しい人にこんな話をもらしたことがあるという。
 03年12月、当時の湯浅利夫宮内庁長官が記者会見で「皇室の繁栄を考えると、(秋篠宮ご夫妻に)3人目を強く希望したい」と述べた後のことだった。
 会見の翌日、体調を崩して公務を休みがちだった皇太子妃雅子さまの静養が発表された。突然の第3子発言は、天皇、皇后両陛下の意向を受けたものだったと見られている。
 その後、紀子さまは、東京都港区の愛育病院を訪れ、検査を受けたり体調管理を相談したりしていた。「なるべく自然に」とのご夫妻の意向で、特別な医学的な手だてはとられなかったという。

 「東宮さまのほうに遠慮していたが、『もうそろそろいいよ』とのお許しがあったので……」というご発言が本当にあったのかどうかは知りませんが、秋篠宮さまも紀子さまも、「何とか皇統を繋がなければ」という御決意は当然お持ちだったでしょう。

 「日本は主権在民だから決めるのは国民」というお思いはお持ちだったとしても、少なくとも皇室典範改正に向けてのあの拙速な動きに待ったをかけたいと、相当強いお気持ちを抱いておられたのは間違いないと思います。

 だからこそよけいに今回の御出産には、「感動!!」なのです(T^T)
 しかも親王殿下の御誕生。言うことなしです。


 皇室典範改正論議は当面先送りになりそうですね。
 女系容認で突っ走ろうとしていた人たちはさぞガッカリしてることでしょう。
 ただ男系維持派の私としても、先送りは長い目で見るとどうなんだろう?と、ちょこっと心配してます。

 というのも……
 男系継承を維持するためには、今の皇室典範のままではいずれ必ず行き詰まります。何十年後かにはまた絶対に、男系維持VS女系容認で激しい論争が沸き起こるでしょう。

 その時になって、例えばこちらが「旧宮家を復帰させる案」を主張しても、「そんな大昔に皇籍離脱した方々を復帰させるなんて、国民が受け入れませんよ」とかあっさり却下されちゃいそうでしょ。
 60年しか経ってない今でさえ、もうすでに女系容認派は大した根拠もなく、「国民が受け入れないだろう」って言ってるんですから。
 (だから極端な話、内親王殿下誕生でも良かったと私は思ってたんです。先送りされればされるほど、旧宮家復帰は難しくなると思うので)

 産経もさっそくそのあたり、心配してるっぽい。
 ・どうなる皇室典範改正論議 女系論議は沈静化か

 ……いや、今日はいいですね、こんな話。すみません。
 今は素直に親王殿下の御誕生を心からお慶び申し上げましょう。


※てっくさんが色々書いて下さってます。
 9/5付:新宮様ご生誕を控えて
   皆さん、各メディアが使ってる「用語」をチェックしましょう。
 9/6付:週刊新潮のしったかを笑う
   9/5にうちで「ムーブ!」(皇室)を取り上げたけど、それについて。
 9/6付:祝・ご誕生・皇孫殿下
   てっくさん、夕べは寝られなかったそうです。


 実は私もあんまり寝てません。3〜4時間ぐらいかな。
 昨夜、寝る時に夫と大げんかになりましてね。皇室全般の話で大議論になっちゃって。
 夫は皇室が嫌いなんです。税金で悠々自適に暮らしてると思い込んでる。そのへんの税金泥棒の公務員とごっちゃにしてる。
 皇室が歴史上どれだけ重要な役割を果たしてきたか、とか、そのへんを私が何度説明してもダメなんです。わかってくれません。靖国問題ではほとんど意見一致してるのに……。
 GHQのアホ……、戦後民主主義のアホ……(T^T)

 夫はその後すぐに寝ちゃったみたいだけど、仕事部屋に追放された私、なかなか眠れず……。
 あああ、また水を差すような話を。ごめんなさい。嬉しさと寝不足で頭ちゃんと回ってませんわ。
 仕事もあるし、今からちょっと仮眠しようかと思います。


!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


★★★毒吐き@てっくさんが旧宮家復籍キャンペーンフラッシュ作成にあたり、カンパを募集されています★★★
かなり大規模な計画になりそうです。いろんな著名人が噛んでます。これ以上は企業秘密。まだまだカンパ募集中です!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/3-006596bc

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索