ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「アンカー」国会周辺案内&消費税解散!?

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■1/23放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

危機管理が甘い?福田首相次の思惑は消費税の引き上げか?青山がズバリ

080123-03gijido2map.jpeg

 今日の青山さんはVTR出演でした。
 スタジオにはピンチヒッターで村田晃嗣さんが来られてました。

 細かい相づちはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像は“たか改名 元祖たか”さんがUPして下さったビデオ(最後のリンク集参照)から、キャプチャさせていただきました。
 各画像をクリックすると、新規画面で拡大します。
 緑色の文字はナレーションです。


 内容紹介ここから____________________________
080123-01studio.jpeg

山本浩之
「今日の青山繁晴さんの“ニュースDEズバリ”のコーナーなんですけどれども、ガソリン国会の主戦場である国会議事堂周辺を青山さんに案内してもらいながら、お送りしたいと思います」

村西利恵
「はい。今回は福田総理の施政方針演説に隠されたメッセージを解説して下さるということなんですが、果たしてどのようなメッセージが隠されていたのか。ご覧下さい」

 …………………………VTR開始…………………………

080123-02gijido1ao.jpeg

青山繁晴
「皆さん、こんにちは。今日は東京からお送りします。えー、後ろは皆さんおなじみの国会議事堂です。おなじみの場所なんですけれどもちょっと見方を変えてみると、今、この国に何が必要なのか、それからニュースの裏の見方、そういうのが実は見えてきます。えー、見慣れた光景ではありますけれども、今日は僕といっしょにこの国会議事堂とか、それから首相官邸、首相公邸、そして霞が関、この後ろに霞が関があるんですけれども、官庁街をいっしょに回ってみたいと思います」

【【【青山の ニュースDEズバリ!】】】(タイトル)

 まずは、ニュースによく登場する国会議事堂。
 でも青山さんといっしょに周辺を歩いて回ると、少し違った風景が見えてきます。


080123-03gijido2map.jpeg

青山繁晴
「国会議事堂の向かって左側なんですけど、こっち、衆議院です。で、僕は記者時代、衆議院で取材が多いから、こっから入ってました。〈VTR中略〉こうやって、あの、今、テロに備えて、僕の記者時代よりはるかに警備が強化されてて、何かおっかないけれども」

080123-04gijido3kodomo.jpeg

青山繁晴
「えー、今、子供たちが入ってますけど、一般の人もちゃんと手続きをすれば、この国会議事堂の中に入れます。えー、入るとやっぱりいろんなことわかりますから、これをご覧になってる方はどんどん申し込んで、この国会議事堂の中に入ってほしいと思います」

青山繁晴
「こっち側に来るとですね、えー、手続きをすると、えー、実際に国会でいろんな法案を審議してるところも見ることができます」(下の画像の中央、門の向こうの小さな人影が青山さん)

080123-05gijido4kuruma.jpeg

警備員
「すみません、車ここ通りますんで、どいてくださ〜い」

080123-06gijido5kuruma.jpeg

青山繁晴
「えー、今のようにえらそうに出ていく車だけでなくてね、普通の国民がここには実際に来れます。アメリカの議会だったら、あるいはヨーロッパの国々でも普通に手続きなくて、こう、並んだら順番に入れるんです。本来はその姿だと思います。〈VTR中略〉こういうでっかい車で、まるで特権階級みたいに出入りする人だけじゃなくて、本当の主人公は僕ら普通の国民ですから。どんどん、この、国会に来るようにしましょう」

080123-07miti.jpeg

青山繁晴
「このへんは僕は政治記者だった頃は、もう、こう、通勤路ですね。こっち側は首相官邸で、右側が国会議事堂で、その時の仕事によって官邸行ったり、この、こっちの議事堂入ったりしてました。〈VTR中略〉えー、当然ながら、僕の記者時代とこのあたりは全く変わってません」

080123-08kanteimap.jpeg

 国会議事堂のすぐ斜め後方に位置しているのが、こちらもよくニュースに登場する総理大臣の官邸。同じ敷地には、総理の住まいとなる公邸もあります。

 しかし先週の放送で青山さんは、就任から111日も引っ越さなかった福田総理に、危機管理意識が足りないと苦言を呈しました。


080123-09kantei.jpeg

青山繁晴
「内閣総理大臣は24時間、国民と国家の危機に備えないといけないから、こうやって公邸と官邸が、がちっと一緒になった場所にあるわけです。危機に強くするため、危機管理のため、福田さんが111日間入らなかったっていうのは実に重大な話ですし、やっと入った今も、週末には世田谷の私邸に帰ってます。…

080123-09-1koutei.jpeg

…そのことを続けられること自体が、国民がもっと、この700億から900億のお金は何のために使ったのか、福田さんにぶつけるべきだと僕は思います」

080123-10kanteiiriguti.jpeg

青山繁晴
「えー、ここは首相官邸のメインゲートなんですけど、去年の5月29日、すなわち松岡利勝農水大臣が首をつって自殺した翌日ですね、ここに松岡さんの棺を載せた車が来て、当時の安倍総理がここに出てきて深々と一礼をして、お見送りをしました」

080123-11abe.jpeg

 その日、国会周辺を回った松岡農林水産大臣の棺を見送った安倍前総理に、最初に会談したのは、昼食をともにする予定だった青山さんでした。

080123-12take.jpeg

青山繁晴
「首相官邸の正門から、この長い坂を下っていくんですけど、この映像っていうか、この角度からの官邸のながめって、僕はテレビで一回も見たことがないです。だけど本当はこのあたりが日本の首相官邸らしい光景なんですよね。首相官邸ができてまだそんなに時間経ってないけど、ずいぶん竹が育ちました。えー、松岡さんが首をつった翌日に、この中で安倍さんと会った時に、窓の外にこの竹が揺れてて、あー、竹はこうやって健康に伸びていくのに、この国はどこに行くんだろうと、去年の5月29日に思ったことを、ここ歩くと思い出します」

(いったんCM)

080123-13map.jpeg

 総理官邸沿いに坂道を下ると、国会議員の派閥事務所などが入るビルが並んでいます。

080123-14tbr.jpeg

青山繁晴
「えー、このあたりはちょうど国会議事堂、首相官邸の裏手になるんですね。〈VTR中略〉国会、官邸、見学した場合の穴場みたいなとこです。まずこのビル、何でもないようなビルに見えますけど、TBRっていう有名なビルで、いわば政局のずーっと主戦場、主な戦場になってきたとこです。えー、竹下(登)さんとか小渕(恵三)さんとか、それから亡くなった梶山静六さんとか、それから海部(俊樹)さんとか、みんなこの中に事務所があって、えー、海部さんなんかは今もここにいらっしゃいます。〈VTR中略〉ロビーのとこ、誰でも入れますけど、その、あそこのロビーのソファーに座ってたら、だからびっくりするような有名人がここを出入りします。…」

080123-15pare.jpeg

…で、さらにこのビルの向かい側に赤っぽいマンションがありますけど、今の最上階には、えー、こないだ(1月8日)参議院に参考人で呼ばれた秋山直紀さん(常勤理事)のいる日米平和・文化交流協会があの、今、そのパレロワイヤルの最上階にいます」

080123-16kasumigaseki.jpeg

 国会のすぐ南に広がるのは霞が関の官庁街。
 青山さんは文部科学省の建物へと向かいます。


080123-17monkasho.jpeg

青山繁晴
「えー、この建物(右側)、もと文部省です。で、こっちの後ろに、このでかーいのが(左側)、新しい文部科学省です。で、皆さん、もう一度この小さい建物見て下さい。もともとこれで仕事ができていたんですよ。これが何でこんな巨大なビルに化けるんでしょうか。いちおうお役人の言い分としては、(2001年の省庁再編で)この文部省に旧科学技術庁が加わって文部科学省になったからだと言ってるんですけど、しかし科学技術庁も本当は、もともと外務省に間借りしてたちっちゃな役所ですから、これがこんな大きな物に化けるはずがありません。本来だったら、だから省庁再編って言ってコンパクトになったんじゃなくて、むしろそれで焼け太り、大きくなってる。で、これ、普通の街ですから、皆さん歩きながら、こんな物おかしいんじゃないかと、ほんとは石投げてもいいぐらい。国民の税金が何でこんなふうに焼け太りに、役人の焼け太りに使われるのかっていうことに、もっと目を見開いてほしい。〈VTR中略〉そしてさらに、その大切な税金について、福田首相がさっきの国会議事堂の中でやったばかりの施政方針演説の中に、実は重大な隠し球を込めてます。なぜかその隠し球は新聞でもテレビでも報道されてません

 先日(1月18日)、通常国会の冒頭に行われた福田総理の施政方針演説。
 国民重視の姿勢を強調する内容が特徴的でしたが、青山さんはその中に隠し球が仕込まれていたと言うのです。


080123-18ao.jpeg

青山繁晴
「えー、今日、皆さんといっしょに回ったあの国会から霞が関にかけたあの界隈で、最近2人の政府高官に会いました。この2人というのは福田首相が国会で読んだ施政方針演説、たくさんの人が考えたり作ったりするんですが、そのうちの2人なんです。その2人から思いがけないことを聞きました。一つは、あの演説の中には隠し球があると。その隠し球というのは実はこれです」(キーワードのフリップを出す)

080123-18-1keyword.jpeg

<キーワード>
 消費税解散

青山繁晴
「『消費税解散』、すなわち消費税をあえて争点にして、衆議院の解散総選挙を打つ。〈VTR中略〉あの福田首相の施政方針演説の中に、こういう言葉が出てきます。今までばらばらだった消費者のための行政を一つにする、そのための強力な新組織を作る、そして担当大臣、すなわち消費大臣というのを置くと」

080123-19fukuda.jpeg

福田総理(1月18日 施政方針演説)
「各省庁縦割りになっている消費者行政を統一的、一元的に推進するための強い権限を持つ新組織を発足させます。併せて消費者行政担当大臣を常設します」

青山繁晴
「案外思い切ったいい話じゃないかと思ってる人もいると思うんですが、こういう消費者に顔を向けたようないいことをやるってことは、実は裏を返すと、消費税を上げるということです。〈VTR中略〉えー、福田首相はこれまで、安倍さんや小泉さんと違って、消費税を上げたいなーということは匂わせてきましたけど、大事なことは、それをあえて争点にして、衆議院の解散総選挙に打って出るということです」

【洞爺湖サミットの後 秋に解散総選挙へ】

青山繁晴
「秋に解散する時に大義名分がないじゃないかという相談を、実はこの施政方針演説を作りながら福田総理とも話をしてたと。そしたら福田さんがそこで、消費税の引き上げということをあえて争点にしようということを決心した。これは今、年金みんな関心強い。今は年金の記録が消えてしまった問題が争点、いや、一番大きな問題になってるけれども、ほんとにもっと大事なことは、やがて高齢者が増えていくから、財源がなくなって年金が支給できなくなるってことが問題になると。〈VTR中略〉消費者のための新しい組織を作る、消費大臣を作るっていうことの、いわば引き換えに、その保障のように、保障措置のように、一つは消費税を引き上げることを国民にはっきり言い、そのはっきり言ったことをテコにして、あえて解散総選挙をやるということが、実は隠されていると。で、政府高官が僕に言ったのはですね、それなのにどこのメディアも、新聞もテレビも気がついてくれなかった。しかし気がついた人たちはいた。それは政治家であると。特に勘のいい政治家である

【勘がいい政治家は早くも動いた!】

080123-20koga.jpeg

青山繁晴
「福田さんがあの施政方針演説をやって、その隠し球をむしろまっすぐ受け止めた人、このまっすぐというイメージから普段は遠いんだけど、実はそれは古賀誠さんであったそうです。えー、複数の自民党幹部の証言によると。古賀誠さんは選対委員長として選挙を全部取り仕切ってますね。あの施政方針演説で福田さんが消費大臣まで置くって言ってしまったんで、ああ、これは今年秋の消費解散だってことを古賀さんは見抜いて、直ちに、まず野田聖子さんと佐藤ゆかりさんの争いにいきなり、古賀誠さん自ら手を入れて、決着を付けて(岐阜1区で野田聖子議員の公認を内定)、しかもこれを変えさせないために、古賀誠さんが自分で、あれほどマスコミ嫌いの人が自分で記者団にしゃべってしまったから、それを後から聞かされた佐藤ゆかりさんなんか、『聞いてない、聞いてない、コメントしようがない』、こっそり聞いてた野田聖子さんは顔は笑ってるけど、『私も聞いてません』と言った。本当は古賀さんが自らマスコミに話してしまうことによって、これ決めて、決め打ちしてしまった。〈VTR中略〉今日は皆さんと国会議事堂から始まって首相官邸、公邸、そして霞が関、回りましたね。そうすると、画面からも肌触り、手触りっていうのが伝わってきたと思うんです。それを今日やりたかったのも、実はこの秋に消費税の引き上げ、あるいは年金の将来っていう大事なことを争点にした総選挙がほんとに迫ってきたっていうのが、よくわかってきたからです。そうすると、この秋までの間に皆さん本当に、今日の現場を皆さん自身でも歩いてもらって、そして私たちの選択を秋に政治家に突きつけましょう」

 …………………………VTR終了…………………………

山本浩之
「なかなか永田町界隈っていうのは、歩くっていうことは皆さん、ないと思うんですけれども、あのー、文部科学省の建物はまず立派でしたね」

室井佑月
「ほんとだった。あの古いのが前にあるからね。こう、たばこを置いてあるみたいなね……(一同笑)」

080123-21studio.jpeg

山本浩之
「もう、ちょっと前にあったのを、首都機能移転の話ですよね、あんなすごいビルが建てられてしまったらもう、移転はもう絶対ないんだと思ってしまいますけど、実際、年間何億もまだ予算を割いて、首都機能移転についての論議がされてるんですよ。なのにあんな立派な建物と……。それは悔しいんですけど、青山さんの言うように、『石を投げてもいいぐらい』って、それはだめだと思います(一同笑)。石は絶対に投げないで下さい。それともう一つは、キーワードとして『消費税解散』っていうキーワードを挙げられましたが、これについてはいかがですか?」

室井佑月
「消費税上げて、あれで選挙戦って勝てるの?厳しいと思うけど」

山本浩之
「マイナスかなと思いますけどね。村田さん、いかがですか?」

村田晃嗣
「あの、もちろん日本の財政のことを考えれば、消費税を上げないといけないっていうのは正論だと思うんです。その正論を正面に掲げて福田さんが直球で解散総選挙に臨まれるかどうかっていうのは、あの、微妙というか、疑問が大きいですね。あの、やっぱりその時の内閣支持率がどれぐらいになってるのかということにも連動すると思いますけども、もしなさるとすれば、総理にとっては非常に大きな、あの、勝負ということになるでしょうね」

山本浩之
「ま、今日の青山さんの話の中に、施政方針演説の中にそういう言葉を匂わせるっていうか、隠されたメッセージだっていうふうにおっしゃってました。これ、あの、ちょっと前を振り返ってみますとね、昨年末に与党がその、自民党と公明党がまとめた2008年度のその、税制改正大綱の中に、あの、初めて消費税を社会保障目的税と位置付けたと。ただ、その前の7月の参院選で大敗しましたよね。ですから消費税を2008年度、つまり今年の4月から上げる論議はいったん棚上げされたかのように見えるけれども、昨年末の与党の動きを見ると、消費税の、上げるんだという、その布石が敷かれたというふうにも、ま、年末みなされました。ですからこれ、先ほどその、おっしゃったねじれの問題で、今、ガチンコになってるじゃないですか。で、今日間もなく提出されようとしているこの税制改正法案が、……今、提出されたそうなんですけどね、今日5時の予定だったんですけども、今、提出されましたが、これがあの、みんな、その、ガソリンの方に目が行ってますよね。暫定税率を上げるのか、それともやめるのかっていう。だけどこれ、話がこじれてくると、いずれ消費税の問題っていうのが絡んできて、政局に一気に流動化するっていう、そういう可能性もまた含まれていると……」

村田晃嗣
「もちろん。もちろんそれはあると思いますね。ただ立場としては、自民党はこれをできれば争点化させずに話を進めたいという方向なんじゃないでしょうか。お話では争点化を思い切ってやろうということですから、そうなると大きな賭けでしょうね、やっぱり。面白いところだと思います」

山本浩之
「そうですね。いずれにしても私たちの生活に密接に結びついてくることなので、目が離せないところではあります。以上、青山さんの“ニュースDEズバリ”のコーナーでした」

 ____________________________内容紹介ここまで


 福田さんは何より保身(自分と党の)を考える人だと思うので、こんな大きな賭けには出ないんじゃないかと私も思います。まぁ今後の政治状況にもよるんでしょうけども。

 ちなみに私は中学の時、修学旅行で富士山方面と、あと東京にも行ったんですが、その時に国会議事堂の見学もしました。それ以来一度も訪問する機会には恵まれていませんが。
 東京近郊にお住まいで政治に興味がある方とかは、けっこう行かれたりするんでしょうか?

 あと、ガソリン税の暫定税率についてですが、これまでのところ、民主党は「暫定税率を撤廃しガソリン代を安くする」、与党は「道路をつくる財源として税率を維持する」という立場をとっていますよね。

 私はどうかと問われますと、先日コメント欄にも書きましたが、維持派と廃止派、どちらの意見にもそれなりになるほどと思える点があり、現時点ではまだ立場を決めかねています。

 地方自治体は税率維持を希望しているところが多いようで、我が大阪市も23日、平松邦夫市長が税率維持を要望する考えを示しました。昨年の市長選で推薦してくれた民主党に反旗を翻す形になりました(朝日新聞1/23)。

 県知事の中には暫定税率の維持を訴え、自ら永田町を陳情して回っている人たちもいるようですね。
 さらに23日の税率維持を求める決起集会には、与党だけでなく民主党からも3人の議員が出席したと。
 何かごちゃごちゃしてきましたが、この先どうなっていくんでしょう。

 「アンカー」の報道では、「政府は税率維持を内容とする税制改革法案を提出したが、攻める方の民主党も一枚岩ではなく、国会は大揺れが予想される」——と締めくくられてました。


 最後に、今日のテーマとは無関係ですが気になったニュースを。

中国の検索サイト「百度」、日本でサービス本格化(朝日新聞1/23)

 検索サイト?検閲サイトじゃなくて?
 ……というツッコミ入れたのは私だけじゃないはず!(^_^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※参考リンク
ON THE ROAD : Aoyama 's Daily Essay(青山繁晴さんのブログ)

※ビデオご提供
国風(“たか改名 元祖たか”さんのサイト)
 いつもお世話になっています。UPありがとうございます。

※拙ブログ関連エントリー/「アンカー」起こし
こちらからどうぞ。


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

竹島プロジェクト style=
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/290-913280ca

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索