ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

集団自決で審議会「軍命令の資料ない」が「軍強制」は容認?

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 今朝(12月7日)7時頃目覚めた私、いつものように布団の中でテレビをつけました。
 そしたらNHKのニュースで、例の沖縄戦集団自決の教科書検定問題をやってました。

 まだ半分寝てたから細かく覚えてないけど、「軍の命令示す資料なし」「審議会が教科書会社に伝えた」というふうなことを言っていたので、あらら?これまでの流れを考えるとおかしなニュースやなぁ……と。

 で、後ほどネットでNHKの記事を調べました。ありました。
“集団自決 命令の資料ない”(NHK12/7 4:33)(魚拓)
 高校の日本史の教科書検定で沖縄戦の集団自決に日本軍が直接関与したとする記述が削除された問題で、文部科学省の審議会が「集団自決に関して日本軍の命令を示す資料は見つかっていない」とする指針をあらためてまとめていたことが明らかになりました。

 この問題は、来年4月から高校で使われる日本史の教科書の検定で、沖縄戦で起きた集団自決に関する記述から日本軍の直接的な関与が削除されたものです。

 これに対して、沖縄県で反発が強まり、文部科学省が教科書の記述の修正を認める方針を示したことから、これに促される形で集団自決について記述した6つの教科書会社すべてが記述の修正を求める訂正申請という手続きをとりました。

 申請された記述は多くが日本軍の関与をこれまでより強める形になっていて、文部科学省は教科書検定審査会を開き、沖縄戦の専門家などから意見を聞くなどして申請された記述を認めるかどうか審議を進めています。

 その結果、審議会が「集団自決は日本軍など軍・官・民が一体となった複合的な要因で起きた」とする一方で、これまでどおり「今のところ日本軍の命令を示す資料は見つかっていない」などとする指針をまとめ、文部科学省を通じて教科書会社に伝えていたことが明らかになりました。

 これを受けて、教科書会社は、集団自決に至る背景などを詳細に書き込んだうえで日本軍の関与についての表現を考慮した記述に修正してあらためて申請を行う方針です。

 文部科学省の教科用図書検定調査審議会の委員が各々どういう思想の持ち主なのか、私は知りません(お時間ある方はググッてみて下さい(^_^;)。

 が、審議会がこの問題で複数の研究者の意見を聴取した、そのこと自体は良いとしても、人選が「軍強制肯定派」のみで占められており(「アジアの真実」さん参照)、中でも関東学院大の林博史教授は、特に「軍命令を教科書に明記せよ」方向にリードしている人物で、自身のHPで審議会に提出した意見書まで公開しているという(これはルール上、かまわないんですかね?)、熱の入りようなんですよね。

 この問題を普通に調べた人であれば、「軍命令」がなかったというのは明らかにわかることなんですが、何せこのような流れで来てたもんですから、私は審議会はてっきり「軍命令(あるいは軍強制)を教科書に明記せよ」という結果を出すんだろうと予想してました。
 だからこのニュースは意外でした。

 だけど、NHKだけでは偏りが気になる。ってことで、他社の報道も調べてみました。
 そうしましたら、各社ばらつきがあるというか、ニュアンスがかなり違ってるようです。


 中日新聞(東京新聞)や共同通信系は、見出しだけを見ると、「軍強制肯定派の勝利!」みたいな印象。

「軍の強制」復活容認 教科書検定審指針(中日新聞12/7朝刊)
 沖縄戦の集団自決への日本軍の強制性をめぐる高校日本史教科書検定問題で、教科書検定審議会(検定審)が、訂正申請の記述を承認する際の指針を決め、文部科学省を通じて各教科書出版社に伝えていたことが分かった。関係者によると、軍の強制性についての記述を認める一方で、沖縄戦は軍官民一体の戦いで、捕虜になることを許さない教えが徹底されていたことなど背景事情の説明を求めているという。

 指針は4日に各出版社に伝えられた。住民に手りゅう弾を配っていたことなどから、軍の事実上の強制はあったが、直接的な命令はなかったとしている。しかし、「誤解するおそれがある」として記述変更を求めた検定意見については、集団自決に至った背景事情の説明が必要だとして撤回しないとした。

 この問題では、検定意見の付かなかった1社も含め6社8点が訂正申請を出した。「日本軍は、住民に手りゅう弾をくばって集団自害と殺し合いを強制した」など各社とも軍の強制性を明記し、住民による手記の記述を追加したところもある。指針を踏まえ、各社とも背景事情について加筆するとみられる。

 検定審の審議経過は、中立性、公平性の維持などを理由に明かされていないが、関東学院大の林博史教授(現代史)など複数の研究者から出された意見書も踏まえて、小委員会がこれまでに数回開かれたとみられる。

 承認するかを決める上部組織の部会の開催も必要なため、最終的な結論は12月下旬となる見通し。

検定審「軍強制」容認へ/教科書会社に指針提示(四国新聞12/7 02:19)
 沖縄戦の集団自決をめぐる高校日本史教科書の検定問題で、教科書検定審議会が「日本軍の命令があった」など直接的な関与を避けた表現の範囲内で、軍による強制の記述の復活を認める指針を決め、文部科学省を通じ各教科書会社に伝えていたことが6日、複数の関係者の話で分かった。

 国家への忠誠を強いた皇民化教育や、軍が捕虜になることを認めず住民に手りゅう弾を配っていたことなど当時の背景を説明して「事実上の軍による強制」を記述することを認める一方、軍が直接自決を命令した事例は確認されていないとして「誤解するおそれがある」と記述変更を求めた検定意見そのものの撤回はしない方針。

 教科書会社の一部は提出した訂正申請の内容を、検定審の指針に従って部分修正し再提出することを既に決定。検定審は今月中にも最終的な結論を出す見通しだが、審議を進める中でさらに表現の修正を教科書会社に求める可能性もある。

 NHKでは触れられていなかった「強制」の容認——。
 但し、ここでも「軍の命令はなかった」と報道されていますね。

 見出しだけだと軍強制肯定派が有利になったような雰囲気なんですが、本文を見ると彼らが本当に求めていた「軍命令の明記」はかなわず、さらに「検定意見の撤回」*1も審議会はしない方針だと書かれてあります。

*1 2008年4月から高校で使われる教科書の検定で、2007年3月、集団自決に関する記述に初めて文部科学省から検定意見がつけられ、すべての教科書から日本軍の「強制」が削除されるに至りました。そのため、軍強制肯定派は自治体、マスコミなども巻き込んで「検定意見の撤回」を求める運動を大々的に展開してきたのです。


 次に、沖縄の地元紙2紙を見ますと、沖縄タイムスは軍強制肯定派にとってはネガティブな見出しで、本文もショックがありあり。琉球新報は見出しはポジティブですが、本文はやはりショックがありあり。

文科省、軍命明記回避を要請/再申請指針示す(沖縄タイムス12/7朝刊)
 【東京】沖縄戦「集団自決(強制集団死)」への日本軍の強制を削除した教科書検定問題で文部科学省が今月四日、訂正申請した教科書会社の担当者を同省に呼び、記述内容をあらためて再申請させるための教科書審議会の「指針」を示し、その中で「軍の命令」を明記しないよう求めていたことが六日、分かった。関係者によると、同省の教科書調査官が各社に「軍から直接、命令した事例は確認できていない」と伝えたという。

 訂正申請した六社のうち一社は六日、「日本軍の強制」を再度明記した上で、「集団自決」の背景に日本軍が住民に米軍の捕虜になることを許さなかった事情があるなどの説明を加え、週明けにも再申請する方針を決めた。ほかに二社は、再申請を決めているという。

 「指針」は軍命の明記を禁じたほか、「集団自決」に複合的な要因があったと明示するよう要望。具体的には(1)天皇中心の国家への忠誠を強いた皇民化教育の存在(2)軍が住民に手榴弾を配った事実(3)沖縄戦は軍官民が一体となった地上戦—などの特殊事情を説明するよう求めたという。

 これらを明記することで「軍の強制」をうかがわせる記述を可能にすることが狙いとみられる。ただ、「軍の強制」や「『日本軍』の主語」を記述していいかどうかは明らかにしておらず強制性を明確に記述できるか不透明だ。

 再申請を受け、教科用図書検定調査審議会は再度、複数回の会合を開く見通し。結論は当初の見通しより遅れ、今月下旬になるとみられる。
(以下略)

「軍強制」削除撤回せず 教科書検定審が指針(琉球新報12/7 10:14)
 【東京】高校歴史教科書の「集団自決」(強制集団死)検定問題で教科用図書検定調査審議会(杉山武彦会長)は「集団自決」の背景を詳述する必要性を認める一方で、日本軍の「直接的な命令」「強制」についての断定的記述は「生徒が誤解する」との指針をまとめ、文部科学省の教科書調査官を通じて教科書出版社6社に通知していたことが6日、分かった。「集団自決」の軍強制を削除させた検定意見は撤回しない。関係者が同日午後、明らかにした。

 教科書各社は訂正申請で日本軍の強制を明確にした記述に戻すよう求めているが、同指針によって申請通りの記述復活は困難となった。関係者の間からは「軍の強制性が薄められる」との懸念も出ている。教科書各社は訂正申請の再検討に入る見込みだが、記述修正をめぐる調整はなお難航しそうだ。

 審議会がまとめた指針は「集団自決」の背景には「複合的な要因が存在する」と指摘し、詳しく記述することを認めた。その一方で「日本軍の直接的な命令で『集団自決』が起きた例は確認できていない」などと説明。「軍がやった」「命令した」という単純化した表現では「誤解する」として、断定的記述は避けるよう示唆した。

 文科省は4日以降、教科書各社の役員や編集責任者を同省に呼び、教科書調査官が指針の内容を口頭で説明した。調査官は訂正申請の承認の可否など、具体的な見解は示さなかったという。

 「複合的な要因」を詳述することを認めた指針を受け、教科書出版社は皇民化教育の存在や手投げ弾の配布などについて記述することで「集団自決」の背景を明らかにする考えだ。しかし、直接的な「日本軍の強制」を明確にした記述の復活ができない以上、「日本軍の関与」というあいまいな表現にとどまる可能性が強い。教科書各社は申請内容の再検討で苦しい判断を強いられそうだ。

 審議会が出した指針について執筆者の一人は「非常に抽象的ではっきりしない。だが軍の強制性を薄めるような形にして、訂正申請を認める方向に持っていこうとしているのだろう」と意図を指摘。指針を受けた記述の手直しについて「軍の強制性は後退させず、背景説明を加えることで、高校生が『集団自決』という現象を理解しやすくなる」と話した。

 意外にも、最後の琉球新報が一番まともというか、正確な報道をしているという感じがします。

 軍の「強制」復活はもちろん「命令」明記も目論んでいた沖縄タイムスと琉球新報にとって、「命令」明記がかなわなかったこと、そして「強制」についてもあからさまな書き方はできず、どの程度まで記述できるか怪しくなったということで、かなりショックを受けているように見えます。


 あと、時事通信は、審議会の「雰囲気」を伝えています。

軍強制の断定記述に疑問=「集団自決、背景は多様」−再訂正の動き・教科書検定審(時事通信12/7 1:32)
 沖縄戦の集団自決をめぐる高校日本史の教科書検定問題で、日本軍の強制があったとする記述を復活させる教科書会社からの訂正申請について審査している教科用図書検定調査審議会で、強制があったと断定した記述に対し疑問を呈する意見が多く出されていることが6日、関係者の話で分かった。

 関係者によると、沖縄県民が精神的な極限状態で集団自決に追い込まれた要因には、日本軍の存在を含めた多様な背景があり、「強制や命令といった一面的な記述は妥当ではない」という意見が審議会で大勢を占めているという。

 こうした見解は、文部科学省を通じて教科書会社側にも伝えられ、一部の社には訂正申請の取り下げや、より多面的な要素を盛り込んだ表現での再申請を模索する動きがあるという。

 私が思っていたよりまともな委員が多そう?


 ちなみに全国紙はどうも今回、後追いだったような……。

沖縄戦集団自決「多様な要因」 教科書問題で審議会(朝日12/7 13:33)
教科書検定:「沖縄戦集団自決の背景は多様」…審議会(毎日12/7 7:43)

 うちは産経新聞を購読してるんですが、朝刊には載ってなくて、夕刊も目立たない場所に、他のニュースと並べて箇条書き程度に伝えただけでした。
 読売新聞はネットで探した限り、記事自体が見当たりませんでした。紙面には載ったかもしれませんが。


 で、審議会の指針について、渡海文部科学相はどう言ってるかというと。

文科相「承知していない」/軍命明記回避(沖縄タイムス12/7夕刊)
 【東京】渡海紀三朗文部科学相は七日午前の閣議後会見で、沖縄戦「集団自決(強制集団死)」に関する教科書検定問題で教科用図書検定調査審議会が文科省を通じて教科書会社に伝えた「指針」の内容について、「出されたかどうか承知していない」と述べ、言及を避けた。

 同省の教科書調査官は各社に「指針」を示し、「軍から直接命令した事例は確認できていない」と伝え、軍の命令を明記しないよう求めたという。「指針」の妥当性について渡海文科相は「通常の検定の範囲で(審議委員が)学問的、専門的な調査をする中で行われていると理解してほしい」とした。

 審議会が結論を出す時期が遅れていることには「今やっている作業は来年の春の教科書に間に合うようにお願いしており、審議会の先生もそれを念頭に審議していると思っている」と述べた。
(以下略)

 この見出し、誤解を招きますね。
 渡海文科相は「指針が出されたかどうか承知していない」と言っているのに、この見出しでは、「軍命明記回避を承知していない」と言ったように誤解してしまう人が多いのでは。
 (最後まで読んでみれば、見出しの「軍命明記回避」は記事の後半部分を指してるとわかるんですが)


 これまで軍強制肯定派が強硬に求めてきており、軍強制否定派が大変危惧していた「検定意見の撤回」という最悪の事態は、とりあえず避けられそうな空気になってきたようです。

 とはいえ、このままでは、「軍の命令があった」と明記さえしなければ、また、「軍の強制があった」といった紋切り型の書き方さえしなければ、検定に通ってしまう可能性は大いにあると思われます。

 渡海さんの態度もそうですが、「指針」の内容自体がいまいちすっきりしないんですよね。
 結局、事をこれ以上荒立てたくないから、間をとってお茶を濁そうってことですかね?
 そんな中途半端な幕引きをすれば、必ず将来に禍根を残すと思います。

 しかし、ここまでの騒動に発展したのは、やはり安倍政権から福田政権になって、山崎拓の子分である渡海さんが文部科学相に据えられたことが大きいんじゃないかと。
 まぁ、まともな人が大臣でも、今回、軍強制肯定派の圧力はものすごかったわけで、多かれ少なかれ何らかの対応をせざるをえない事態に追い込まれはしたでしょうが……。
 だって、あの9月の沖縄の集会をきっかけに、地元メディアだけでなく、朝日新聞、TBS、テレビ朝日など多くの全国メディアが全面的に軍強制肯定派をバックアップし、政治介入を煽ったわけですからね。


 あと、今回の件、大江健三郎氏の裁判(拙エントリー11/10付)にも影響があったりするんでしょうか?
 「集団自決に関して日本軍の命令を示す資料は見つかっていない」「軍が直接自決を命令した事例は確認されていない」と、文部科学省の審議会が認定したわけですから。
 でも委員は民間人だし、政府見解とかじゃないから、特に大江氏の不利にはならない?


 明けて本日12月8日は、大東亜戦争が始まった日です。
 日本の戦いが大きなきっかけとなり、白人に支配されていた有色人種の国々の独立につながっていきました。

 日本のため、あるいはそういった国々のため、身を挺して戦ってくれた祖父の代(兵士だけでなく国民全体)のためにも、この沖縄戦集団自決の問題も含め、正しい歴史を子孫に伝えていく責務が、今を生きる私たちにはあるのではないでしょうか。

 彼らは軍民一体となって決死の覚悟で戦いました。沖縄県民ももちろんそうです。軍によく協力し、鉄血勤王隊、ひめゆり隊などができました。
 だからこそ、海軍部隊司令官の大田実少将は自決前、海軍次官宛に「沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」という、かの有名な電報を打ったのです。

 集団自決を「日本軍の命令や強制で殺された」とすることは、日本軍だけでなく沖縄県民の名誉をも貶める行為です。決して許してはならないと思います。


※拙ブログ関連エントリー
06/8/28付:「集団自決、軍命令は創作」初証言
07/3/31付:「集団自決に軍関与」高校教科書から削除
07/6/24付:集団自決 真実を語れない沖縄の特殊性
07/10/2付:集団自決“日本軍の強制”が高校教科書に復活?
07/10/4付:続・集団自決“日本軍の強制”が高校教科書に復活?
07/11/10付:沖縄戦集団自決問題まとめ(1)
07/11/10付:沖縄戦集団自決問題まとめ(2)


・・・・・・・・・・・細切れぼやき・・・・・・・・・・・


米の北テロ支援国指定解除、参院特別委で反対決議を採択(読売12/7)
 参院拉致問題特別委員会は7日、米国の北朝鮮に対するテロ支援国指定解除の動きに反対する決議を共産党を除く賛成多数で採択した。

 決議は、拉致被害者の帰国が実現しない中で指定が解除されれば、「拉致問題の国際的連携を弱めるだけでなく、解決を遅らせる結果となり、日米関係にも重大な影響をもたらす懸念がある」と指摘した。

 5日の衆院に続き、参院でも採択。
 共産党は衆院でも参院でも反対に回りました。覚えておきましょう。


環境、北朝鮮核問題で協力確認=小沢民主代表、中国国家主席と会談(時事通信12/7)

 「ゴルァ小沢!民主党の連中!何のんきに中国なんか行ってるんや!はよ帰ってきてテロ特やらんかい!」と、夫がすこぶるご機嫌ななめ(T^T)

 下の記事を読んだら、夫でなくても誰でもそう思うでしょう。

【やばいぞ日本】第5部 再生への処方箋(4)「海賊退治になぜ動かない」(産経12/7)

 当事国なのに血どころか汗も流さない。他国に任せっぱなし。
 日本は礼節を重んじる国ではなかったのでしょうか?


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/267-49687f1b
 沖縄戦自決問題で政府の審議会が「集団自決は日本軍など軍・官・民が一体となった複合的な要因で起きた」、「今のところ日本軍の命令を示す資料は見つかっていない」と言う趣旨の指針をまとめ、文部科学省を通じて教科書会社に伝えていたと言う報道に関してまたブログを...
2007/12/09(日) 14:29:54 | 無党派日本人の本音
ここ数日、朝日新聞などは伝えていませんが、訂正申請された教科書案に対しての文科省の動きがありました。そして結局それは 「集団自決」は日本軍の強制ではなく、住民が思想教育により自らしたものだ、と書きなさい 、というものらしい事が明らかになってきました。 以?...
2007/12/10(月) 13:31:14 | 眠り狂五郎
「 集団自決 」に関する教科書検定への文科省のおかしな検定がきちんと直らず非常に不満なのですが、それを吹き飛ばすようなよい映画を見たので紹介します。なおこの映画は東京では 2008年 5月には再び上映 されるようですし他でも再上映されるようです。 <GAMA月桃...
2008/02/29(金) 14:44:13 | 眠り狂五郎

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索