ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

田中眞紀子は時代遅れの武器

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 まずはお知らせ。

 ブログのメニューに設置してあるアンケート「生まれ変わっても日本人になりたい?」の投票受付は10/6をもって終了させていただきました。
 数日内に、既にログ落ちしてしまった分も含め皆様からいただいた全コメントを、エントリー内で紹介する予定です。お楽しみに!(≧∇≦)

 ……で、今日のメインテーマは田中眞紀子です。

衆院予算委で安倍、眞紀子対決(産経)
 衆院予算委員会は6日午前、2日目の本格的質疑を行い、民主党と同じ会派に所属する田中眞紀子元外相が質問に立った。田中氏は初当選同期の安倍晋三首相を相手に得意の「眞紀子節」で攻めたが、首相は終始冷静にかわし、熱くなった田中氏が空回りする展開となった。
 田中氏は3年前に民主党会派入りして以来、初の予算委での質問となった。冒頭、安倍首相と同じ平成5年初当選であることを引き合いに「同期の桜として首相就任をお祝いします」とエールを送り、首相も「あのときは田中氏こそ首相になるのではないかと思った」と持ち上げた。
 最初こそ笑顔を交え穏やかな口調だった田中氏だが、次第に早口になりヒートアップ。首相について「小さな子供が玄関先にチョチョっと出ていき、パパの靴をいたずらで履いて道路に出てみた。しかも右の方へ寄って歩いていきそうで危なっかしいとの印象を持つ人もいる」と痛烈に皮肉った。
 田中氏は北朝鮮による拉致問題について、安倍首相が、平成14年9月の小泉純一郎前首相の訪朝に官房副長官として同行したことを取り上げ「(首脳会談は)金正日総書記のぺースで腰砕けだった。なぜ激論を交わし、ひざつめ談判をしてこなかったのか」と批判。
 外交論を大上段に振りかざした田中氏だが、自身は拉致被害者5人が帰国した直後に「(拉致被害者の)家族の国籍は北朝鮮籍で、(帰国は)難しいとはっきり言わなければならない」と述べたり、外相時代に対北コメ支援について「拉致疑惑があるからけしからんという意見もあるが、100万トンでも出した方がいい」などと発言した経緯もあり、首相は淡々と「あのときはベストを尽くした」と反論。
 田中氏が歴史認識について問い詰めると、首相は「ズラズラいろいろ言っているが、事実認識が違うところもある」と指摘し、「金総書記の子息をすぐに出国させたのも当時の田中外相の判断だった」とチクリとやり返すことも忘れなかった。
(10/06 12:35)

 「パパの靴をいたずらで履いて道路に出てみた」……これってむしろ眞紀子の方がピッタリ来るような気がするんですけど(^_^;

 安倍VS眞紀子……動画見ましたよ。全編。
 上記記事に載ってないやりとりで( ゚Д゚) ハァ?と思った箇所を中心に、私の雑感も交えつつ、ざっと要旨をご紹介。
 
 
●眞紀子の質問。「『美しい国へ』という本はゴーストライターが書いたのか?」。
 安倍さんは「政府として答えるべき質問ではない。2年ぐらい時間をかけて書き貯めたもの、口述したものをまとめた」と回答。


●眞紀子の質問。「京都大学教授の中西輝政先生と親しいのか?」。
 安倍さんは「お会いしたことはある」。
 何で眞紀子がこんな質問をしたかというと、『日本文明の荒廃』という本が中西輝政教授から議員会館に送られてきたので、眞紀子は読んだと。
 で、その中の第七章『させられたあの戦争』の一部を読み上げ。

 「侵略戦争観だけは否定されなければならない」
 「侵略戦争という見方はもはや検証に耐えない」
 「アジアの独立につながったのは間違いない事実」
 「満州事変、日中戦争、太平洋戦争はいずれも日本の積極的な意志ではなく追いつめられて仕方なく行った」
 「日本外交がアメリカやソ連や中国やイギリスの術中にはまった」
 「政府が戦時中に行った行為で、法律を犯して行った殺戮は一つもない」
 「侵略戦争に向けた共同謀議の兆候も存在しない」
 「外交上、戦略上の失策ではまりこんでいったのが本質」

 その上で、眞紀子の安倍さんへの質問。
 「中西先生はこういう歴史観を持ってる。中西先生のご本と『美しい国へ』に書かれてあることは重なっている。あなたの印象は?」
 安倍さんの回答。
 「あなたは私の本を読まれたんでしょうか。どの部分が重なっていたのでしょうか。中西先生も失政によってああした結果を招いた、と。正しかったと仰ってるのではないと思う。こうした学者の歴史観、分析に私がいちいち政府としてコメントする立場には当然ない


●眞紀子、拉致問題に関しては特にひどかった。
 小泉初訪朝に随行した安倍さんの対応をしつこく非難。
 安倍さんは淡々と当時の状況(当初は5人の帰国ですら難関だったこと等)を説明してたけど、内心「あんただけには言われたくないよ」って思ってたのでは(^_^;

 眞紀子は、安倍さんが同行しなかった2回めの小泉訪朝についても触れ、
 「2回目に小泉さんが訪朝した時、被害者のお子さんが即日帰国したが、何があったのか。国民の主権が侵犯され、無辜の人々が何十年も、昨日は横田めぐみさんの誕生日だったが、子供を持つ身として私も胸が張り裂ける思い。どんなにか辛いだろうと思う。が、情報も開示せず、進展もない……」

 あんたに「胸が張り裂ける思い」だとか言われる筋合いないって。

 その後、安倍さんが被害者のご家族の帰国経緯をざっと説明し、
 「やはり一番心配しておられるのは、眞紀子さんではなく被害者のご両親たちであろうと。そういう方々からは、私がこれまでしてきた努力に対して、それなりのご評価をいただいているのではないかと思います」

 場内拍手。

 金正男を返した件を安倍さんにチクッと言われた眞紀子の反論は、
 「田中外務大臣の決断ではなく小泉総理。いま安倍総理が反対しているのに外相が外交問題を決定を全部できるでしょうか。デマ雑言を流すのはあの方(安倍)だったのかと今頃になってわかった」

 続けて眞紀子は再度、初訪朝時の安倍さんの対応を批判。
 「初動が悪いと言ってるんですよ。なぜ頑張らずに帰ってきたのか。外交交渉は半日でタッチアンドゴーで帰ってくるもんじゃない。行かれたあなたには連帯責任がある

 このあたり、すごくヤジが飛んでた。
 眞紀子さん、あなたタッチアンドゴーどころかタッチもしてなかったでしょ。
 それに「連帯責任」って言いますけどね、じゃあ金正男の件はどうよ?
 中国に返す時、外務省高官を付き添わせてましたよね?高官は外相であるあなたの指示なしで勝手に行ったんですか?
 たとえ出国を決めたのが小泉さんだったとしても、外相のあなたにも連帯責任があるじゃないの?「正男を返しちゃだめよ」ってなぜ頑張らなかったの?

国会真紀子


●眞紀子、さらに自爆発言。
 「ブッシュ大統領は初訪朝に消極的だった。なぜなら日本が経済支援を出すと核に転用される可能性がある。しかもブッシュ大統領は悪の軸(悪の枢軸ですね)と呼んでいた。麻薬、偽札、テロ国家支援、拉致もそう。援助を出すことは、しかも国民を飢餓で苦しんでいるところに支援すると、核開発につながりかねない」

 あなた、外相時代、北朝鮮にコメ出せって言ってなかったっけ?

 「が、当時の社会情勢を見ると、外務大臣更迭や外務省のいろんな不祥事で支持率が下がってた。小泉さんはいちかばちか起死回生で訪朝したから、5人しか取り返せなかった。外交はもっと時間をかけて戦略を練って踏み切ること。あの初めの時からもう4年も経って、被害者のご家族が日に日に歳をとっておられる。どういう見通しがあるのか。5人の方以外の家族の方々は総理の答弁から何の確証も得られない。小泉総理に随行した安倍総理の連帯責任は大きい」

 これにはもう、与党から大ブーイングが巻き起こりました。
 拉致問題で安倍さんをやり込めようなんて、100万年早くってよ。

 初訪朝に同行したのが安倍さんじゃなく、もし眞紀子だったらどうなってたか。
 金正日が拉致を認めることはなかったんじゃないですか。5人どころか1人の被害者の帰国も果たせなかったんじゃないですか。想像するだに恐ろしい。
 しかもこの人の選挙区が、多くの拉致被害者・特定失踪者を出している新潟ってのが、また恐ろしい。
 眞紀子はこれまでに何度も、拉致被害者とご家族を傷つけるような発言をくり返してきました。

 田中眞紀子の過去の発言(失言)を「極右評論」さんがまとめて下さってます。
 これ以外で私が覚えてる発言は、「安倍晋三はA級戦犯の孫」(実際は岸信介は不起訴)。細かいこと覚えてないけど、どこかの街頭演説で言ってました。
 眞紀子さん、それを言うならあなたのお父さんはロッキード事件で有罪判決を受けてますよね(上告して争っていたが死去により公訴棄却となった)。


●眞紀子は、朝日VSNHK問題も出してきました。
 中川昭一さんと安倍さんが、NHKに慰安婦を扱った番組の内容を変更するよう圧力かけといて、うやむやにしてると。
 が、安倍さんはこれを完全論破。

 「中川議員は番組放送前にNHK幹部に会ってなかったのははっきりしています。私も(NHK幹部を)呼びだしていないと事実上はっきりしている。朝日新聞も長い間検証した結果、私が呼び出したと証明できなかった。真相に迫ることができなかったと最後に論評しているのであって、むしろうやむやにしてるのは、それを書いた朝日新聞の方ではないか

 場内拍手喝采。当然ですね。

 眞紀子は負け惜しみ。
 「権力の立場にある方がおっしゃると、いちサラリーマンの内部告発なんてものは非常に力のないものだなと感じています」

 場内大ブーイング。当然ですね。


●なぜか突然、『青嵐会』批判を始めた眞紀子。
 「台湾派で日中国交回復に絶対反対という立場を貫いた」
 「福田・岸系列の、青嵐会のDNAを受け継いだ方たちが党や内閣や官邸にいる。歴史認識について総理が軌道修正したようになってるが、信じていいものか。これから証明されていくだろう」

 ここから我田引水?で、日中国交回復の話。

 眞紀子、やっぱりこう来たか。
 「1972年の日中国交回復の肝は何だったか。台湾問題。日本は台湾と交渉があった。青嵐会ら右派と呼ばれた台湾派が烈火のごとく怒った。それが今も余韻を引いている。今の自民党を見ると思う。若いチルドレンのためにも過去のことは申し上げた方がいい。根の深いものがある」

 つまり、台湾を擁護する議員は国賊だと?(-.-#)

 さらに眞紀子は、
 「中国が日中国交回復の交渉の中で知恵を出してくれたのは、戦争を引き起こした人と一般国民を分けることにより、日本に対する損害賠償を放棄した。周恩来の大きな叡智だった

 媚中ぶりに背中が痒くなりました。

 ここで安倍さん曰く、
 「日本を指導者と国民に分けるというのは、日本側がそれに同意して国交正常化になったわけではない

 さらに眞紀子は、
 「GHQの叡智は天皇陛下を訴追しないことと戦争放棄、だからA級戦犯が処刑された。これらは一体のこと。アメリカ側の知恵だった。一体化したもの。中国やアメリカの叡智、そういう中で日本も外交努力をして共存共栄してきている」

 この直後、最大級の電波キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
 「外交というのは、先ほど北朝鮮の時に『対話と圧力』と言ってたが薄っぺら。本当に必要なことは、外交で世界を、国民を幸せにするには、広い心と愛情が必要なんです。洞察力を持って先を見て、決断して実行して、そして本当に世界中の人がなるほどね、と共通した歴史認識を持つこと。日本だけが独りよがりの狭隘な歴史観を持つのでなく。アメリカも侵略戦争をした、そして他のアジアの国々も欧州も。日本もしっかりと認めないといけない。そこのところをしっかりとお腹に据えていただきたい」

 野党側から拍手。……何でここで拍手やねん??(-.-#)

 これには安倍さんも、やや呆れ気味に、
 「愛情をもって接して北朝鮮の態度を変えることはできない。これは常識」


 ……とまあ、こんな感じでした。
 眞紀子を質問に立たせたのは民主党の小沢代表だそうですが、完全に裏目に出ましたね。

 あと、日中国交回復絡みの安倍さんの発言ですが、メディアがさっそく大喜びでご注進してます。↓

指導者と区別は中国側論理「同意せず」と首相
 安倍晋三首相は6日午前の衆院予算委員会で、1972年の日中国交正常化で、中国政府が戦争賠償請求権を放棄した際、日本の戦争指導者と一般国民を区別する論理をとった経緯について「日本側がそれに同意して国交正常化したわけではない」と指摘、中国独自の論理との認識を示した。
 首相は9月の自民党総裁選の討論会などでも同様の発言をしており、首相としての発言に中国側の反発も予想される。
(以下略)
(共同)(2006年10月06日 13時12分)



■『ムーブ!』で眞紀子批判

 金曜のメンバーはけっこう左寄りだからどうなることやらと思ったんですが、意外や意外。眞紀子を擁護する声は一切聞かれませんでした。
 以下、各氏の発言要旨。

吉永みち子
「かつての眞紀子節に期待されていたものより、国民は先に行ってしまってる。失笑を買うような薄ら寒さ。眞紀子を出せば国民が喜ぶ、論戦が展開できると思ってるとしたら、民主党も感覚がずれてる」

若一光司
「空疎なやりとり。特に眞紀子さんサイド。プライベートな席で飲みながらお話ししてるんじゃないんですから。背負うべき国民の意思があるのに、どの種の国民のどの種の意思を代行しようとしてるのか目的が全く見えない。自分の恣意的な発言ばっかりくり返してる。ある種の人気取りばっかりしてる。政治家として無能ですね、ここまで来たら

財部誠一
「かつて眞紀子さんに国民が期待した時代もあった。言葉のおちゃらけた裏にブラックな、真実を突き刺すようなものがあった。今日のは総理に対するリスペクトも何もなしに、自分が言っていた。まさに薄っぺらな質問を自分でなさっていたなと…」

若一光司
「眞紀子さんにしても安倍さんにしても二世議員。だけど眞紀子さんは人気があった。そういう生い立ちにもかかわらず、庶民の気持ちを代弁してくれるということで、一時人気が爆発沸騰したわけでしょ。が、今の話を聞いてても、背負うべき庶民を後ろに持ってない。庶民の実感を代弁するようなことも皆無。完全に一人だけ浮いてしまってる

※ここで『ムーブ!』水曜コメンテーター二木啓孝氏のコメントをパネルで紹介
 <小沢代表にとって眞紀子さんは「政権交代」の武器。そのため、自分の体調とは関係なく、質問に立たせようとしていた。補選の街頭演説でも眞紀子さんを送り込み、一気に勝負に出るつもりだろう>

吉永みち子
「民主党の中でもちゃんと勉強してる議員はいると思う。こういう時期にもっときちっとした質問を聞きたかった。こういう飛び道具をまた使ってやろうとしてるってことになると、民主党が政権、政権と言ってても、私たちが民主党に何を託したらいいのかという気持ちになる。だからもし本当にこういうことができると小沢代表が考えているんならば、あまりにも国民をなめたという印象を持たれてもしょうがない」

井上公造
「政権交代の武器って二木さんはおっしゃってますけど、もう時代遅れの武器なんですよね。だから飛び道具にも何にもならない。自分を傷つけてる」

若一光司
「安倍さんが小泉さんといっしょに訪朝した時の拉致問題のことを言ったりしてましたが、その前は眞紀子さん自身が外務大臣だったんですよ。この方、何をしました?金正日の息子が来た時に無条件に返したのは彼女ですよ。そのこと忘れてこんなこと言ってるんですからね
(注:上で紹介しましたが本人は金正男を返したのは小泉さんだと釈明してます)

堀江政生
「ここまで田中眞紀子さん批判になるとは我々も予想しなかったんですが(苦笑)」


 『ムーブ!』GJ(≧∇≦)!!
 同じ朝日系列でも、『報ステ』はひどかったですね。特にVTR。眞紀子が一方的に安倍さんをやっつけてるような編集になってた(-.-#)


■岡田克也もかなりひどかった……

 執拗に、執拗に、安倍さんに「A級戦犯は犯罪者」だと認めさせようとしてました。

 が、安倍さんは、

 「当時の指導者であった人たちについては、より重たい責任があるんだろうと思いますが、その責任の主体がどこにあるかについては、政府としてそれを判断する立場にはないと思います」
 「法律(国内法)によって裁かれていないにもかかわらず、私が総理大臣として政府として、この人は犯罪者だ、犯罪者でない、ということは言うべきではないと。これ当然のことではないかと思いますよ」

 場内「その通り!」という声とともに拍手喝采でした(以上のやりとりについてはこちらに動画あり)。
 岡田氏、撃沈。

 岡田氏は悔し紛れに「総理は全然わかってない」と発言。
 そしたら場内、今度は大ブーイング。
 テレビに向かって「わかってないのはアンタだよ」ってツッコミ入れたのは、私だけではないはずだ(^_^;

 今日一番まともだったのは枝野幸男氏。
 サラ金業者の実名をあげて批判したり、私はその後は見てないんだけど、障害者自立支援法についても鋭く突っ込んでたらしい。
 なのにマスコミが取り上げるのは眞紀子ばかり。他の議員が取り上げられても、歴史認識でのやりとりの場面がほとんど。
 私の見た限り、枝野さんが映ったニュースや情報番組は一つもなかった。自民党にとって、これは救いだったかも。

 最後に一言。
 朝日新聞に突っ込むのも空しいけど、眞紀子に突っ込むのも空しいでんな〜(T^T)


!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


★★★毒吐き@てっくさんが旧宮家復籍キャンペーンフラッシュ作成にあたり、カンパを募集されています★★★
かなり大規模な計画になりそうです。いろんな著名人が噛んでます。これ以上は企業秘密。まだまだカンパ募集中です!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/25-8e16b97c

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索