ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

福田総理が家族会と面会&どうなるテロ支援国家指定解除

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 今日は細切れぼやきもあります。

071026.jpg

 まずは本題——。

 何でこのタイミングなのかよくわかりませんが、とにかく今日(10/26)、福田総理が家族会と会いました。
拉致解決し北朝鮮と修復 首相、家族会に表明(中日10/26)
 福田康夫首相は26日夜、北朝鮮による拉致被害者家族会の横田滋代表らメンバーと就任後初めて官邸で面会し「できれば北朝鮮との関係を修復したい。その第一歩が拉致問題で、これからもその思いで交渉していきたい」と表明した。
 横田代表は、首相が自民党総裁選中に「(拉致問題を)自分の手で解決したい」と訴えたことに言及し、「言葉を心強く思った。今後、結果につながることを望んでいる」と早期解決への取り組みを求めた。
 首相は「拉致された方々が帰ってくることは人道上の問題として、北朝鮮にやってもらいたい」と強調。「皆さんは一日千秋の思いで(帰国を)待っている。そういう思いに政治家として応えないわけにいかない」とも述べた。
(共同)

 同じニュースですが、朝日新聞にはこんな一文があります。

 福田首相は家族会に対し、「核放棄があれば北朝鮮とまともな交渉ができる。北朝鮮も日本との協力を考えているのだろう」と述べ、「政府は一体。みなさんとも一体になりたい。私を毛嫌いしないようにお願いします」と訴えた。

 福田さん、何で自分が毛嫌いされてるのかわかってんのかしら?(^_^;
 この人の場合、対話路線云々以前に問題がありますからね。2002年9月17日のご家族への冷たい対応について、謝罪の言葉の一つも言ったんかしら?
 つーか、「核放棄があれば」っていつのこと?永遠にないんじゃないの?

 福田さん、確かに総裁選が始まった頃は「拉致問題は私の手で解決したい」と言ってました。
 が、終盤になって「とりあえず意欲表明しただけです」って急にトーンダウンしたんですよね(拙エントリー9/22付の下の方参照)。

 家族会の皆さんも本音では期待はしてないんだろうと思います。「せめてこれ以上事態を悪化させてくれるなよ」というお気持ちなのでは?……私の勝手な推測ですけどね。


 拉致問題といえば、最近、日本人としてちょこっとだけ心強く感じた報道がありました。

テロ支援国家指定解除めぐり、米政府に亀裂(産経10/25)
 【ワシントン=有元隆志】北朝鮮へのテロ支援国家指定解除をめぐる米政府内の意見対立が表面化した。シーファー米駐日大使が24日、ブッシュ大統領に公電を送り、テロ支援国家指定を解除しないよう求めるとともに、北朝鮮との交渉責任者のヒル国務次官補(東アジア・太平洋担当)の姿勢に不満を示したという。ブッシュ政権は年内にも指定解除に踏み切るとみられていたが、大統領に最も近いとされる大使の“直言”で、対北融和の流れに変化が生じる可能性もありそうだ。
 米FOXテレビによると、大使はこのなかで米政府が指定解除を北朝鮮側に約束していたとしたら、「太平洋において最も親密な同盟国(日本)を裏切ることになる」と指摘。さらに、ヒル次官補に解除を約束したのかを質したのに未だ回答がないことなどを挙げ、ヒル次官補に対する不信感を露わにしたという。
 報道について大使は、産経新聞に対し、「大統領と私の間の連絡は特別なもので、それについて他の人と論議することは決してない」とコメントした。
 大使が今回“直言”したのは、米政府が核で進展があれば、拉致問題に関係なく指定解除に踏み切るとされていることへの強い懸念があるからだ。さらにテロ支援国家指定解除をめぐる米朝交渉が“密室”で進められ、日本に関わる問題なのに、駐日大使である自分に正確な情報が伝えられないことへの苛立ちもありそうだ。
 北朝鮮は9月はじめの米朝作業部会後、無能力化の年内実施とともに米側もテロ支援国家指定と対敵国通商法の解除を行うことになったと発表。これに対し、日本政府は解除には拉致問題の進展が不可欠との考えを米側に伝え、ライス国務長官らも「日米関係を犠牲にして米朝関係を進める考えはない」と応じた。
 しかし、ヒル次官補は23日の外務省の佐々江賢一郎アジア大洋州局長との会談後も「指定国をリストから外すことは、いつも目指している」と述べ、核問題の進展を優先する立場を鮮明にした。
 こうしたなか、米議会調査局は、24日までにまとめた北朝鮮の人権報告書で、人権問題などで進展がなければ関係正常化には応じないとしてきたブッシュ政権が2月の6カ国協議の合意以降、人権問題を「核の後に解決すべき問題」と位置付けたと分析。特にヒル次官補はそうした姿勢を強めていると記した。
 北朝鮮問題に詳しい米マンスフィールド財団のゴードン・フレーク所長も、「ヒル次官補は解除問題を前に進めようとするだろう。政権内にはそれを覆す親日派は残っていない」と語る。
 同所長は、北朝鮮とシリアの核開発協力疑惑が議会などで深刻に受け止められた場合、米政府が解除しない可能性はあるものの、このままでは日米関係が損なわれると警鐘を鳴らした。さらに日本も解除に反対するだけでなく、11月の日米首脳会談で、代替戦略を提示するよう求めている。
 同所長はこの問題の決着は、最終的にはブッシュ大統領の判断にかかっていると分析している。
 それだけに、同じテキサス育ちで、大リーグ球団テキサス・レンジャーズを共同経営するなど、大統領との個人的なつながりが強く「大統領の寝室に直接電話ができる」(米外交筋)とされるシーファー大使の行動は、今後の米国の対北外交を左右する重要なファクターとなりそうだ。

 シーファー大使に対しては、中山恭子補佐官(時事通信9/26)や高村正彦外相(日経10/18)らが拉致問題解決への協力と、テロ国家指定解除見送りを要請していましたが、それが功を奏したのでしょうか。

 シーファー大使は、横田めぐみさんの拉致現場を視察するためわざわざ新潟まで行ったこともありましたし、拉致問題にはわりと熱心な人という印象があります。
 慰安婦問題では「はあ?」な発言もありましたが(こちら参照)、拉致問題に限定して言えば、今この人が駐日大使で良かったなぁと思います。


 もっとも、シーファー大使がブッシュ大統領と個人的にいくら親しいといっても、ブッシュ政権はもう対北融和で突っ走ってますから、今さら元に戻るなんてことはあまり考えられませんよね。
 それにシーファー大使も当然、自国の国益を常に優先して考えているはずです。無償で日本のために動いてくれるわけはないのであって。

 シーファー大使は24日の日本記者クラブでの会見で、新テロ対策特別措置法案が成立せず、日本がインド洋における給油活動から撤退した場合の影響について、「国際社会とテロリストに悪いメッセージを与える。日本はテロとの戦いから身を引いたということになる。そうならないことを祈る」と述べています(産経10/24)。
 もしかしたらシーファー大使は、テロ支援国家指定継続と新テロ特措法成立をバーターにしようとしてるのかも?

 これは実は日本の多くの識者も主張していることです。
 そう、日本政府はブッシュ政権に対し「インド洋での給油活動を続けてほしいのなら、北朝鮮のテロ支援国家指定を解除するな」と迫れ!と。
 こういった取引というか交渉は、日本政府も当然やるべきだと思うんですが、報道を見ている限り、あまりそういう様子は見られないような。

 25日、訪米中の谷内外務次官がネグロポンテ米国務副長官と会談しましたが、当然ながらネグロポンテ氏からは給油活動について言及があり、谷内氏の方もテロ支援国家指定を解除する動きに対して「日米関係に悪影響を及ぼさないよう考えていただきたい」と述べるなどはしたようですが(中日10/26)、家族会の思いとか、事務的にじゃなくちゃんと伝えてくれたのか疑問は残ります。

 11月上旬にはゲーツ国防長官が来日し、また11月中旬には福田首相が訪米し日米首脳会談に臨む予定だそうですが(中国新聞(共同)10/19)、当然アメリカ側は給油活動の早期再開を要請してくるでしょうから、こちらもぜひ「こっちも給油が再開できるよう全力を挙げるから、そっちもテロ支援国家指定の解除は考え直せ」ときつく言わないとね。


 一方、日本の対北経済制裁について心配なニュースが。

制裁に抜け道、第三国船で北へ輸出急増…自転車8万台(読売10/25)
 昨年10月の北朝鮮による核実験実施を受け、日本政府が北朝鮮船舶の入港を全面禁止するなど経済制裁を行う中、今年に入り、第三国の船を使って日本から北朝鮮へ物資が輸出されるケースが増えている。
 特に自転車は、8月末までに、昨年1年間の5倍以上となる8万1268台が輸出され、過去最多を大きく更新している。こうした実態は経済産業省も税関からの報告で把握しているが、「北朝鮮籍以外の船舶は規制の対象外で取り締まることはできない」として対応は取っていない。これに対し、識者などからは「完全に制裁の抜け穴となっている」との指摘が出ている。
 政府は北朝鮮の核実験後、万景峰(マンギョンボン)号など北朝鮮籍の船舶の入港を全面禁止した。このほか、北朝鮮からの輸入や、貴金属類などのぜいたく品の輸出も禁止し、今月9日には制裁の半年間延長を閣議決定した。
 制裁の効果は表れており、貿易統計によると、今年1月〜8月末は、北朝鮮からの輸入はゼロ。輸出総額も昨年同期比で約8割減の計約6億9300万円になっている。
 しかし、北朝鮮は、入港が禁止された北朝鮮籍の船舶の代わりに中国やカンボジアなどの貨物船をチャーターして日本から物品を輸出させる動きを活発化させており、こうした第三国の船で運ばれる品目の輸出は増えている。中でも自転車は毎月コンスタントに取引され、北朝鮮と日本国内の貿易商社にとっては「ドル箱的な商品」(日朝貿易業者)となっている。
 これまでは小型の北朝鮮船舶が海産物を持ち込み、少量の自転車を持ち帰る貿易が主流だったが、第三国の場合は貨物船を使うことが多く、一度に大型の取引が行われるようになったことで台数も急増した。
(中略)
 政府は、第三国を経由した北朝鮮への輸出が制裁の「抜け道」になっている点について、今後制裁の効果が失われるなど問題が明白になった場合には、「しかるべき対応をとる必要が出てくるかもしれない」(外務省筋)としている。

 このニュースは同25日放送の「ムーブ!」でも紹介されましたが、評論家の宮崎哲弥氏は、「福田さんは制裁に消極的だから、『しかるべき対応』を取るのは期待薄。むしろ半年後に制裁解除する方向で動いてる」というふうなことを言ってました。

 10月の制裁解除は確かに見送られたけど、来年4月の期限が来たら解除はありうるでしょう。
 政府は10月の解除を見送った理由を「拉致問題に進展がないから」と説明しましたが、実は政権成立直後で解除の段取りをする時間がなかっただけでは?という気もしますし。


 いずれにしても、ポイントは拉致問題の「進展」とはいったい何を指すのか?だと思うんですが、この定義については、これまで政府として具体的な言及がなされたことはありませんでした。

 ところが、高村外相が25日の参院外交防衛委員会で、「(拉致被害者)数人が日本に帰るということで解決というわけにはいかないが、進展にはなりうるかもしれない」と述べたのです(朝日10/25)。

 さらに高村外相は26日午前の閣議後の記者会見でも、「何人かでも帰国すれば進展であることは間違いない」とした上で、「進展の度合いに応じて日朝関係の改善のために我々も行動を取っていくのは当然このことだ」と踏み込んだ発言をしています。
 北朝鮮への人道支援や経済制裁の緩和・解除、6カ国協議のエネルギー支援参加などに段階的に応じていく可能性を示唆したのです(産経10/26)。

 このことは今後、波紋を呼ぶでしょう。なぜなら、さっき言ったように、日本政府はこれまで「進展」の定義について具体的な言及を避けてきたのに、外相がそれを明言してしまったのですから。
 (但し高村外相は「解決」の定義については「生存者の全員帰国」としていて、これは従来の日本政府の見解と一致しています。念のため)

 ま、高村さんは高村さんとして、最後はやはり総理大臣である福田さんの決断にかかってくるわけで。
 対話重視の福田さんのことですから、数人どころか誰一人帰国しなくても、たとえば北朝鮮が「拉致被害者の再調査をする」と日本に通告してくる、その程度のことであっても、「進展があった」として、制裁解除に踏み切る可能性はあると思います。

 もしそうなれば、アメリカは渡りに船とばかりにテロ支援国家指定を解除するんじゃないでしょうか。


 もっとも、アメリカはもう拉致問題は全く眼中にないという見方が、現在は大勢を占めているようですね。
 少し前までは、「(核問題の他に)拉致問題で進展があれば、テロ支援国家指定を解除する用意がある」という感じだったんですけども(NHK9/14)。

 アメリカとしては、あとはいつ指定を解除するか、そのタイミングを計ってる段階なのかもしれません。
 さっき言ったように、拉致問題で北朝鮮にちょっとでも「前向き」な動きがあったら、そしてそれを福田政権が「進展だ」と認定したら、そのタイミングでアメリカはテロ支援国家指定を解除する。そういう談合というか、道筋が実はもう日米朝の間で作られているのでは?

 ……と考えてしまわざるをえない材料がもう一つあって、というのは、25日、在日米国大使館のジョーダン1等書記官が家族会を呼び、異例の面会をしたそうなんですね。
 で、家族会側が「テロ支援国家指定解除に拉致問題は無関係なのか」と尋ねたところ、書記官は「拉致は日朝2国間の問題。その視点で議論しよう」と答えたそうなんです(毎日10/26)。
 わざわざ家族を呼び出してこんなふうに言うってことは、やっぱりもうそういう道筋が出来上がってしまっているのでは……(T^T)

 だとしたら、これを変えるためには、日本の世論を盛り上げていくしかありませんね。「テロ支援国家指定を解除したら日本国民の対米感情が悪化する」とブッシュ政権に思わせるように。また、「拉致問題で安易な妥協をしたら支持率が下がる」と福田政権に思わせるように。
 でも最近は、世論もマスコミも拉致問題への関心がすっかり薄れてしまっているようなので、難しいのかも……。

【追記10/27 12:40 毎日新聞の上記報道について】
 産経記者・阿比留瑠比さんのブログ10/27付に福田総理との面会後の家族会メンバーのコメントが掲載されていますが、その中で飯塚繁雄さんがこのような発言をされています。
 「それから日本の大使館も昨日、一等書記官と話したが、一部、毎日新聞に誤解されるような記事が出ていて、アメリカ大使館については100%日本を支持する態度がものすごく硬い。ご承知の通り、シーファー大使もブッシュ大統領に対して直接電報なり、電話なりして、北朝鮮のテロ支援国家の解除は絶対あり得ない、してはダメだという強い意見をもっている。もしそれが解除になるようだったら、同盟国として裏切る行為になるという強い話までしているようだ。昨日の一等書記官も、それをさらに精密に、あるいは中身を濃くしながらアメリカに報告するために私たちの話を聞きたいと言うことで、その中には特に拉致問題の解決、あるいは拉致問題の進展とは何かという定義付けの話もあった」
 家族会が一等書記官に抱いた印象が、毎日の記事では逆方向に伝えられているようです。



 もっとも日本政府がこのまま対北融和にズルズル行くかというと、一概にそうとも言えません。福田政権も一枚岩ではないので。

 町村官房長官は26日午後の会見で、高村外相の「進展」発言を「政府としての定義ではない」と指摘し(TBS10/26)、「ここで(進展の定義を)具体的に言って何の意味があるのか。相手に付け入るすきを与えるだけだ」と強く批判しました(中日10/26)。
 町村さんは同時に、「被害者が何人帰国しそうだとか、(帰国の可能性がある)何人かの名前が出ているのではないかとの誤解を与える。そんな事実はない」と述べています。

 ま、相手(北朝鮮)が付け入るより先に、国内の親北メディアが付け入ってきてるようですけどね。
 曰く、「入り口の面で柔軟姿勢を示し、相手の行動を促そうとする新たな試みだ」「圧力重視で北朝鮮に行動を迫る安倍前政権の手法から、戦術面で方針転換したといえる」(朝日10/27)。

 とにかく福田政権の中にも、町村さんや中山恭子さんのように「わかってくれる人」もいるわけですから、家族会も、そして私たち国民も、くじけることなく拉致被害者奪還に向けて頑張らなければ、と思います。


 さらに言えば、アメリカは今、北朝鮮へのテロ支援国家指定を解除するムードではなさそうにも見えます。
 というのは、日本ではさほど大きく報道されていないようですが、現在アメリカ議会では、シリアに対する北朝鮮の核支援疑惑など「核拡散」にかかわる問題で、ブッシュ政権への追及がなされているのです。

米下院、北朝鮮とシリアの核疑惑追及(TBS10/26)
 北朝鮮がシリアの核計画を支援していたとされる疑惑に関し、アメリカ政府が沈黙を貫いているとして、ヒル国務次官補が議会の公聴会で厳しい追及を受けました。

 「北朝鮮が核拡散にかかわっていたら、彼らと核をめぐる合意を結ぶことはできません」(ヒル国務次官補)

 24日、議会の公聴会に呼ばれたヒル国務次官補は、北朝鮮がシリアの核施設建設に協力していたとされる疑惑について、具体的なコメントは一切せず、原則論を繰り返しました。
 ブッシュ政権は、機密事項であることを理由に、疑惑に関する説明を下院議員435人の内、わずか6人に対してしか行っておらず、いらだちは募っています。

 「国務省は、我々議会に内緒にせず、何が起こっているのか説明するべきだ」(共和党 バートン下院議員)
 「北朝鮮がシリアで何をしていたのかを、なぜ教えられないのですか?」(共和党 ポー下院議員)

 議会下院では、シリアの核開発について説明を求める動きが強まっており、決議案には与党共和党を中心にすでに100人以上が共同提案者として名を連ねています。
 普段、北朝鮮問題には関心がいまひとつのアメリカ議会ですが、中東の、しかもテロ支援国家でもあるシリアが絡むとなると、放っておくわけにはいきません。

 「『テロ国家に核技術を売り渡していない』という北朝鮮の言葉が真実であることを証明する必要があります」(バートン下院議員)

 北朝鮮とシリアの核協力に対する疑念が今後議会でさらに高まれば、テロ支援国家指定解除、さらには6か国協議自体の進展に大きな障害となる可能性があります。

 ライス国務長官も同24日、下院外交委員会で、核拡散の問題は6か国協議の枠内で協議すべきだとの「ぬるい」考えを示しています(読売10/25)。

 上記TBSの記事でも指摘されている通り、北朝鮮単独の核問題ならともかく、シリアが絡んでくるとなるとアメリカ議会も放置してはおけません。
 この問題がもっと大きくなっていけば、ブッシュ政権もテロ支援国家指定解除を見送らざるをえなくなる状況に発展するかもしれません。今後の動向を見守りたいと思います。


 最後に。
 以前から表明されていたことではありますが、家族会の発足以降、代表を務められてきた横田滋さんが、11月24日に正式に退任されます(新潟日報10/26)。

 滋さんは2005年の年末には血小板が減少する病気にかかって入院されていますし、今年の夏も肝臓の疲れなどが原因とみられる総胆管結石症で入院されていました。
 それでなくてもお歳がお歳です。11月14日で75才になられるそうです。普通だったら孫に囲まれ悠々自適の生活を送られていたはずなのに……(T^T)

 後任には副代表の飯塚繁雄さんが候補に上がっているそうですが、その飯塚さんもすでに69才です。
 飯塚さんがなられるにしろ、他の方がなられるにしろ、とにかく次の代表の在任中に、拉致被害者の全員帰国、拉致問題の全面解決と行きたいものです。

 それにはまず、日本政府が絶対にぶれないこと。安易な妥協をせず、「拉致した日本人を全員返せ」と北朝鮮と国際社会に対して示し続ける、それが大事だと思います。


※拙ブログ関連エントリー
9/8付:日朝作業部会まとめと拉致問題停滞の内的要因
9/17付:9・17から5年 今こそ国民的運動を高めよう
8/23付:「アンカー」北のテロ国家指定解除で日米同盟の危機!?
9/6付:「アンカー」米朝が拉致問題で日本に用意したワナ
9/27付:「アンカー」北の核流出疑惑と福田外交の2つの顔
10/4付:「アンカー」南北首脳会談と6カ国協議と福田別働隊
10/11付:「アンカー」壊し屋小沢一郎&金正日発言の真意


・・・・・・・・・・・細切れぼやき・・・・・・・・・・・


■櫻井よしこさんら本格シンクタンク設立へ

 草莽崛起−PRIDE OF JAPANさんの10/25付エントリーによれば、櫻井よしこさん、田久保忠衛さん、屋山太郎さんの三名が中心となって本格的な保守のシンクタンクを設立することになったそうです。大いに期待します。


「WiLL」最新号

 特集は「沖縄集団自決の真実」。
 ご遺族や関係者の声よりも、左翼のイデオロギーが優先されているのがよく理解できる特集です。

 「沖縄タイムス」や「琉球新報」しか情報源がなければ、そりゃ洗脳もされますわ。
 渡部昇一さんは「沖縄の人たちは、毎日『赤旗』を読んでいるようなものだと言っても過言ではありません」と指摘しています。

 沖縄の人にぜひ読んでもらいたい。でも「WiLL」って沖縄で売ってるんでしょうか?


非難一身に受けた長兄=亀田興、父思い涙も−ボクシング(時事通信10/26)

 覚悟を決めて出てきたな、という感じはしました。
 終始神妙な態度で、丁寧語で喋って(だんだん崩れていったけど)、反則の指示も結局あったと認めて謝罪したし(レポーター、ナイスツッコミ)、父親思いの子だというのも表れてたし、興毅くんは評判上げたんじゃないですか。

 でも父親はまた評判下げましたね。「子どもを矢面に立たせて自分は逃げた」形になりましたから。もっとも興毅くんも言ってたように、仮に父親が出てきたところで、さらにややこしいことになっただけでしょうけど。

 とにかくこれで騒ぎも収束に向かうんじゃないでしょうか。何よりもうあのバカ親父の顔を見なくてすむ(たぶん)のが嬉しい。チャンピオンの内藤さんに改めて感謝です。


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/248-1e8d69c7
一昨日の15日で横田めぐみさんが拉致されてからとうとう30年が経ってしまいました。まったくめでたくない、未だ解決できぬいらだちと歯がゆいばかりの年月の指折りです。 政府認定17人、拉致の疑いが否定できない特定失踪者約260名、いや、それ以上ともいわれる北朝鮮に
2007/11/17(土) 01:45:55 | 退屈をブッつぶせ!

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索