ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

自称慰安婦と河野談話と安倍さんの対応

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


元慰安婦ら知事に要請 従軍慰安婦発言で 撤回と謝罪求める(中日10/4)
 上田清司知事が六月定例県議会で「古今東西、慰安婦はいても、従軍慰安婦はいない」と発言したことを受け、自ら従軍慰安婦だったと証言している韓国籍のイ・ヨンスさん(77)と支援者が三日、県庁を訪れ、発言の撤回と謝罪を求める要請書を県秘書課に提出した。
 イさんら十数人は面会の約束がないまま知事室を訪ねたが不在だったため、開会中の県議会議事堂へ移動。議場に入ろうとする知事を取り囲んだ際、知事が「じゃまするな」と声を荒らげるひと幕があった。
 直後にチョゴリ姿で記者会見したイさんは「私は当事者。知事の目の前ではっきりと証言したかった」と話した。
 要請書では、知事の発言は事実に反し、人権侵害に当たると批判。「アジア各国の被害者」への謝罪を求めている。
 イさんによると、十四歳だった一九四三(昭和十八)年十月、韓国・大邱の自宅にいたところを旧日本軍により強制連行され、台湾の軍基地で慰安婦として従事したという。 
(池田悌一)

 6月の埼玉県の上田知事の発言とは、読売新聞が伝えるところによると以下のようなものでした。

 「東西古今、慰安婦はいても従軍慰安婦はいない。間違った記述は修正しなければならない」
 「(慰安婦は)兵のいるところに集まってきたり、兵を追っかけて業者が連れていったりするのであって、軍そのものが連れていったりするわけは絶対にない」
 「軍は衛生管理を行っただけで、慰安婦を連れて行ったわけではない」
 「(県平和資料館の展示内容が偏っているという指摘に対し)県民に自虐的な感情を抱かせることなく学べるようにするのが大事」

 なーんも間違ったこと言ってませんね。
 当時の記事コピペは拙エントリー6/29付にあります。

 ↓イ・ヨンス氏と言えば、2004年にはこういうニュースがありました。
細田官房長官 元従軍慰安婦の女性2人と面談し謝罪(毎日04/12/3)
 (ニュースリンク消滅につき「あんた何様」さんから引っ張らせてもらいました)
 細田博之内閣官房長官は3日、太平洋戦争中に従軍慰安婦として旧日本軍に強制連行された女性2人と会い、「尊厳を傷付け、心からおわびする」と述べた。閣僚が従軍慰安婦と面談するのは初めてで、2人は長官に対し、政府としての賠償と謝罪を求めた。
 面談したのは、韓国人の李容珠(イヨンス)さん(75)とフィリピン人のベアトリス・トゥアソンさん(74)。面談は非公開で行われ、李さんは冒頭、「首相の靖国神社参拝や中山(成彬)文部科学相の『歴史教科書から従軍慰安婦という言葉が減ってよかった』との発言は許せない」と抗議した。
 長官は「(慰安婦問題は)父の世代の罪」として謝罪。中山発言についても「理解出来ない。政府の政策は変更しない」と述べたという。
 面会後、李さんは「運動を13年やってきてこんなに気持ちが晴れたのは初めて」と評価した。トゥアソンさんは「日本は世界のリーダーになる前にこの問題を解決しなければならない」と述べた。
 面会は先月4日の参院内閣委での岡崎トミ子議員(民主)の求めに長官が応じたもので、衆院第2議員会館で約15分間、実現した。

 この時の模様は写真入りで民主党・神本みえ子参議院議員のHPに載っています。

 ↓この春にはこんなニュースもありました。

韓国 日本大使館前で元慰安婦らの水曜デモ、700回目(毎日06/3/16)
 (ニュースリンク消滅につき「プロテクトX −傍観者たち−」さんから引っ張らせてもらいました)
 韓国の元従軍慰安婦や支援団体がソウルの日本大使館前で毎週水曜日に続けている「水曜デモ」が15日で700回目を迎えた。記念集会には日本やドイツ、米国からも支援者が加わり、約300人が日本政府に公式謝罪、真相究明、法的賠償などを求めシュプレヒコールを上げた。
 デモは92年1月から始まり悪天候の日も続いた。ただ、韓国政府に届け出た元慰安婦223人のうち、15日までに105人が亡くなり、高齢化も進んでいる。
 この日の集会では、元慰安婦の李容珠(イヨンジュ)さん(78)が「解決するまでは、絶対死なない」と声を張り上げると、会場から拍手がわいた。
 韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会の尹順女(ユンスンニョ)共同代表は「100回やれば日本政府が謝罪すると思って始めた。500回目の時は本当に希望があるのかと悩んだ。しかし、600回目からは世界に連帯の動きが広がり、誰もやめようとは言わなくなった」と振り返った。(毎日新聞=16日 10:03)

 ↓で、イ・ヨンス氏のプロフィールがこちらに載ってるんですが、

イ・ヨンス 李容珠(Yi Yong-Su)
1928年韓国の大邱(テグ)生まれ。1944年、16歳の時に「軍服みたいな服を着た男」に連行され、台湾へ。移動中の船の中で、日本の兵隊たちに繰り返し強かんされる。
その後、連れて行かれた先の台湾で、日本軍「慰安婦」としての生活を3年間強制された。「慰安所」では1日に何人もの兵士の相手をさせられ、抵抗すると電線のようなもので電流を流されたり、丸太で叩かれたりの暴行を受けた。「解放」(日本の敗戦)後、しばらくしてから韓国に戻る。

 言うまでもありませんが、日本の敗戦は1945年です。
 サイト管理者の単なるケアレスミスのような気もしますが、そのわりには修正を行う気配は全く見られません。この記述に対する指摘はこれまでに2ちゃんねるはじめ、多くのブログでなされているにもかかわらず。


 これら自称慰安婦やバックについてる国会議員、プロ市民らの運動を潰すためにも、日本政府はいわゆる河野談話を撤回するか、あるいは新たな談話を出す必要があるでしょう。
 が、新総理の安倍さんは……

従軍慰安婦問題「河野談話受け継ぐ」 安倍首相(朝日10/3)
2006年10月03日22時42分
 安倍首相は3日の衆院代表質問で、従軍慰安婦問題に対する認識を問われ、「いわゆる従軍慰安婦の問題についての政府の基本的立場は、93年8月4日の河野官房長官談話を受け継いでいる」と述べた。この談話は従軍慰安婦の募集や管理などに旧日本軍が関与、「強制性」があったことを認め、謝罪する内容で、安倍首相は過去に国会審議で疑問を呈していた。
 この日の答弁は、首相が「政府の立場」として示したもので、自らの認識については明言を避けた形だ。共産党の志位委員長の質問に答えた。
 首相は、河野官房長官談話について、97年5月の衆院決算委員会分科会で委員として「強制性を検証する文書が出てきていない。河野官房長官談話の前提がかなり崩れてきている」と発言していた。これに対し、志位氏が「今も同じ認識か」と聞いたことに答えた。
(以下略)

 安倍さんは4日の参院本会議でも、社民党の福島党首の質問に対し、河野談話の見解を踏襲する考えを示しています。

従軍慰安婦問題、安倍首相は「河野談話を受け継ぐ」(読売10/4)

 さらに今日(5日)の衆院予算委員会でも、民主党の菅直人代表代行の質問に対し、同様の考えを示しています。
 ただ今日の場合、マスコミの多くはそれよりも「開戦判断」の件を強調してるようですが。

首相、太平洋戦争の開戦判断「間違っていた」(日経10/5)
 安倍晋三首相は5日の衆院予算委員会の基本的質疑で、太平洋戦争の開戦を決めた東条内閣の決定について「当時はいろいろな状況にはあったが、政治は結果責任なので当然その時の判断は間違っていた」と述べた。民主党の菅直人代表代行が東条内閣の一員として開戦の詔書に署名した首相の祖父、岸信介商工相(のち首相)の対応の是非をただしたのに答えた。
 首相は「開戦の結果、日本は敗戦をし、多くの日本人は命を失い、家族を失った。結果としてアジアの人たちに大きなつめ跡を残した」と指摘。同時に「その時に指導者の立場にあった人たちは私の祖父も含め大きな責任があった」と語った。
 歴史認識に関する1995年の村山富市首相談話に関しては「私の内閣でも生きている。私も首相であり(継承するのは)当然だ」と明言。従軍慰安婦問題に関する93年の河野洋平官房長官談話についても「私を含め、政府として受け継いでいる」と語った。 (21:15)

 ちょっと菅さん、それを言うならあんたも辛光洙(シン・ガンス)の釈放に関する要望書に署名したでしょ?
 65年も前の話より、現在進行形の拉致問題に力入れてくれませんか?(-.-#)

 総理という立場上、安倍さんは以前みたいに言いたいことズバッと言えない。それを見越して攻撃する野党。政治の世界では当たり前の戦法なんだろうけど、見ていてあまりいい気はしません。

 とはいえ2ちゃんねるや保守系ブログでは、すでに安倍さんに対する失望の声も出てきているようです。
 もっとも2ちゃんねらーは大半がもともと安倍さんでなく麻生さん支持だったけど……(私も総理になるなら麻生さんが先で、安倍さんはその次でいいと思ってた)。

 かく言う私も総裁選前にはこう書いてました。

拙エントリー9/9付:総裁選で未来より過去が争点になる不思議の国より自己引用。

> さきの戦争全体に言及した抽象的な村山談話はともかく、「従軍慰安婦」限定の河野談話はすぐにでも撤回できると思うんですけどね。
> でもこれ、撤回できるとしたら安倍政権あるいは麻生政権しかないでしょう。麻生さんは残念ながら今回望み薄なので、安倍さんに託すしかありません。頼むよ安倍さん!


 「すぐにでも撤回」を夢見ていた私としては正直、出端をくじかれた感はあります。が、日中・日韓会談が内定している以上、やはり仕方ないんだろうなと思います。

拙エントリー10/3付:安倍さん訪中・訪韓へ…『ムーブ!』重村さんの解説付より自己引用。

> 日中間がうまく行かなくてより困るのは中国の方なんだから、どっちか言うと今回は中国側が折れたような印象。
> ただ安倍さんも、来年の参院選に向けて「“アジア外交”を立て直してよ」という層を取り込まないといけない宿命。
> 早期の会談実現は、そうした日中の思惑が一致したということなんでしょう。
> 「闘う政治家」としてそれはどうよ?という声もあるかもしれませんが、政治の世界で本気で闘うには、まずは味方を多く取り込んで闘いやすい素地を作る、それが肝要なんだろうと思います。


 つまり安倍さんの心境としては、「明日のために今日の屈辱に耐えるのだ」(沖田十三@宇宙戦艦ヤマト…歳がばれる(^_^;)なんだろうと私は見てるんですが、それでも、この河野談話だけはできるだけ早く何とかしたほうがいいと思います。なぜなら、現在この談話が国際社会に与えている負の影響が大きすぎるからです。

 そもそもこの談話、出来た経緯からして実にいい加減。

2005年(平成17年)8月3日付産経【戦後60年 歴史の自縛】(2)総辞職前日の慰安婦談話
「河野談話」作成の経緯 石原信雄元官房副長官に聞く
どう利用されるか議論せず


 産経新聞は、「河野談話」作成の経緯などについて、石原信雄元官房副長官に聞いた。
                  ◇
 ——河野官房長官談話発表の経緯は
 慰安婦問題が出てきたのは、韓国で訴訟が起こり、続いて挺身(ていしん)隊という人たちが日本政府に謝罪と賠償を要求し、エスカレートした。意に反して慰安婦にされた人が存在したかどうかが一番の問題になった。当時は補償問題は一切、議論していない。日韓基本条約で済んでいることだから。個人の名誉の問題として強制にあたる募集があったかだけを確認した。

 ——政治判断として強制性を認めれば事が収まると思ったのか
 われわれは、いかなる意味でも、日本政府の指揮命令の下に強制したということを認めたわけではない。

 ——談話に反対しなかったのか
 議論の過程ではいろいろあった。国の名誉の問題があるから。政府として内閣としてまとめた以上は、私は全責任を負う。まとめた以上は逃げられない。

 ——国連は河野談話をもとに日本を「性奴隷の国」と呼んだ
 もちろん、そういうことに利用される可能性はある。訴訟している人たちは、すべてが強制だと主張しているわけだから、それを認めたことになるかもしれない。そういうリスクは当然、あの談話にはある。それは覚悟した。

 ——現在の評価は
 日韓の未来志向のためには、本人の意に反して慰安婦になったことを認めることが、その後の日韓関係を深める上で、必要だったという判断だったと思う。だが、韓国側が慰安婦はすべて強制だとか、日本政府が政府として強制したことを認めたとか、誇大に宣伝して使われるのは、あまりにひどい。韓国政府関係者の言い分は、(当時と)ぜんぜん違った形になっている。

 ——具体的には
 いろいろな国際会議で、日本政府が政府の意図で韓国女性を強制的に慰安婦にしたと言っているが、全く心外そのものだ。談話には書いてないが、納得ずくで慰安婦になっていた人だっている。

 ——宮沢首相は政権末期で決着を急いだのか
 次の内閣に送ってしまうということは、すべきでないと。宮沢内閣の責任で締めくくろうという首相の決断だった。

 ——韓国にいい顔をしすぎたのではないか
 批判はいろいろあるだろう。ただ、それが、どう利用されるかは、当時、議論していない。談話とか、公文書は、いろんな立場でそれが使われる可能性が常にある。

 いくらこのような無責任な経緯で出された談話とはいえ、日中・日韓首脳会談を控えた安倍さんに、いきなり「河野談話を撤回してよ!」「新たな談話作ってよ!」と要求するのは酷というものでしょう。

 ただ、韓国だけでなく同盟国のアメリカでも、慰安婦決議案なんてアホなものが採択される可能性もあったわけです。この決議案はこれまで何度も提出されてきましたが、その都度日本大使館の水面下の働きかけもあって、見送られてきた経緯があります。
 このような悪循環を断ち切るためには、やはり日本が政府として強力なメッセージを早めに出さないといけないと思います。

 安倍さんは「戦後レジームからの脱却」を目指しています。
 が、戦後60年間日本で積み重ねられてきた物を、いくらそれらが自虐史観という悪しき物であっても、一気呵成に変えてしまうのは難しいでしょう。サヨクメディア、日教組、媚中派の議員や官僚、これらもまだまだ力を持っています。
 有形無形の物も含めて、「戦後レジームからの脱却」を達成するために安倍さんが倒さねばならない敵は、一体どれぐらい存在しているのでしょうか。
 政治の現場に無縁な私には想像もつきません。私にわかるのは、政治は理想だけではやれないということだけ。

 安倍さんが今、大きなジレンマを抱えていることは容易に想像できます。
 「戦後レジームからの脱却」を実現するためには敵と闘える素地を整えないといけない。素地を整えるにはまず来年の参院選に勝たないといけない。勝つためには「アジア外交を何とかしてよ」という層も取り込む必要がある。だから今は河野談話を踏襲するしかない。……ってスパイラルが見えてきます。
 だから私は今は無理は言いません。

 但し政権が終わるまでには絶対に何とかしてほしい。スパイラルから抜け出してほしい。
 そのためにも長期政権を目指してほしい。歴史問題の他にも拉致問題や領土問題や憲法改正など、長期的に取り組まないといけない問題は多々あるわけですしね。
 (ちなみに今日5日は横田めぐみさんの42回目の誕生日でした。めぐみさん拉致をテーマにした映画の試写会もありました)

 が、不幸にして安倍政権がもし短命に終わるとするならば、河野談話の時のように、政権末期に駆け込みで新たな談話を出すという手もありかもしれません(上の石原元官房副長官のインタビュー参照)。
 宮沢喜一じゃないけど、それこそ「次の内閣に送ってしまうということは、すべきでないと。安倍内閣の責任で締めくくろうという首相の決断だった」ということで。
 いわば最後の手段であって正攻法ではありませんが、河野談話が生き延びてしまうことを思えば、名を捨ててでも実を取りに行ってほしい。

 夫と先ほどこの件で話したんですが、夫は「状況が難しいのはわかるけど、やっぱり河野談話踏襲には納得行かない」と。
 それに対して私は「今の安倍さんは『宇宙戦艦ヤマト』の沖田十三艦長の『明日のために今日の屈辱に耐えるのだ』という心境なんとちゃうかな〜と思う。でもそのうち、『銀河鉄道999』でキャプテン・ハーロックが言ったような『男なら、危険をかえりみず、死ぬとわかっていても行動しなければならない時がある』という状況が絶対来る。その時にこそ安倍さんの真価が問われるんちゃう?」と。
 が、夫は「けど、今がまだ『死ぬとわかっていても行動しなければならない時』ではないという保証はないんちゃうの?」。
 確かに夫の言い分には一理ある。ただ、いずれにしても後になってみないとわからないのが辛いところ。

 とにもかくにも政治は結果が全てです。私は安倍さんの「結果」に期待して、もう少し見守ってみようと思います。
 でも安倍さん、できたら「経過」も時々見せてもらえませんか。でないと夫婦ともども不安になるから(T^T)


※参考リンク(本文で紹介済のもの含む)
 ・ドロンパ王国国民の独り言さん>テーマ「従軍慰安婦」の記事
 ・NAVER>日本人がインターネットで見ることが出来る歴史資料色々9
 ・【戦後60年 歴史の自縛】(2)総辞職前日の慰安婦談話 裏付けなく認めた強制連行(産経05/8/3)
 ・mumurブルログさん9/27付:従軍慰安婦を強制連行した決定的証拠が見つかる
  韓国人が「慰安婦強制連行の証拠だ」と「慰安婦大募集」のチラシを出してきて自爆。

※拙ブログ関連エントリー(本文で紹介済のもの含む)
 ・1/21付:河野洋平〜特定アジアにおける輝かしい功績キャッシュ
 ・3/4付:朝日はいつまで「元慰安婦」を利用するの?
  「元慰安婦」自身が証言してる。自分を“連行”したのは朝鮮人だと。
 ・3/19付:米連邦最高裁判所が「慰安婦」にNO!
 ・6/29付:「慰安婦」日本では決着、でも米国では……
 ・10/2付:米議会の慰安婦決議案の採択は見送られる模様


※参考リンク(本文で紹介済のもの含む)
 ・ドロンパ王国国民の独り言さん>テーマ「従軍慰安婦」の記事
 ・NAVER>日本人がインターネットで見ることが出来る歴史資料色々9
 ・【戦後60年 歴史の自縛】(2)総辞職前日の慰安婦談話 裏付けなく認めた強制連行(産経05/8/3)
 ・mumurブルログさん9/27付:従軍慰安婦を強制連行した決定的証拠が見つかる
  韓国人が「慰安婦強制連行の証拠だ」と「慰安婦大募集」のチラシを出してきて自爆。

※拙ブログ関連エントリー(本文で紹介済のもの含む)
 ・1/21付:河野洋平〜特定アジアにおける輝かしい功績キャッシュ
 ・3/4付:朝日はいつまで「元慰安婦」を利用するの?
  「元慰安婦」自身が証言してる。自分を“連行”したのは朝鮮人だと。
 ・3/19付:米連邦最高裁判所が「慰安婦」にNO!
 ・6/29付:「慰安婦」日本では決着、でも米国では……
 ・10/2付:米議会の慰安婦決議案の採択は見送られる模様


!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


★★★毒吐き@てっくさんが旧宮家復籍キャンペーンフラッシュ作成にあたり、カンパを募集されています★★★
かなり大規模な計画になりそうです。いろんな著名人が噛んでます。これ以上は企業秘密。まだまだカンパ募集中です!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/24-d657afb7

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索