ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

麻生バッシングについてこんな意見があります

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 戸井田とおる衆議院議員のブログに、ジャーナリストの水間政憲さんによるちょっと気になるコメントがありました。
 (情報を下さった「ぺんぺん草」様、ありがとうございます)

 水間さん曰く、「筆者は、ITのことは、よくわかりません。論文として発表する時間がありません。この書き込みを著作権フリーとします。使用するときは、全文掲載することだけを条件とします」とのことですので、全文掲載させていただきます。
 長文につき、読みやすいよう改行を加えたのと、あとポイントを目立たせるためにこちらで太字強調を何カ所かさせていただきましたが、それ以外は触っていません(脱字と思われるものもそのままです)。

クーデターの主犯はメディア (水間政憲)
2007-09-17 09:05:48


私は、現在ジャーナリストとして論文を発表しているものです。
今、自民党総裁選を取材していて、戦後の日本の闇が明らかになった。
時系列に取材結果を報告します。

昨日の自民党本部での麻生氏、福田氏の所見発表演説会は、圧倒的説得力で麻生の圧勝であった。
帰りのエレベェターの中で、福田側に動員されて来た年配の男女が、「麻生さんに負けていたね」とか「「あれじゃ、とても福田さんじゃ無理だよ」などと、感想を述べていた。

その後、午後4時から渋谷ハチ公前の両者の演説、6時45分からの秋葉原での麻生氏単独演説を取材した。
渋谷は、一万以上の聴衆で溢れていた。
NHKは「年配者は福田」「若者は麻生」との趣旨で報道していたが、実態は全然違うのです。拍手も掛け声も8割方麻生氏支持で圧倒していたのです。
この状況をテレビで見ると、福田氏へ世論が動くように操作されているのです。

この世論操作を可能にしたのは、街頭演説を土日だけとし、NHKなどのメディアは両者揃ったところ以外報道しないことで、聴衆がどちらを支持しているかを隠すことが出来るのです。 メディアの中で反麻生氏の急先鋒は、日テレと読売新聞で朝日グループではないことなのです。


続き (水間政憲)
2007-09-17 10:09:54


この件に関しての報道では、朝日グループがまともに見えることが、いかに異常か理解でるでしょう。

秋葉原での麻生氏単独演説会は、一万人以上が押し掛けていたが、メディアが報道するようなオタクだけではなく、突然決まった演説会だったことで、9割以上は買い物客が足を止めて聞き入っていたのだ。
会場には、その日の午前中にテレビに出演して、福田氏を支持するような発言をしていた平沢勝栄議員も来ていた。

メディアが如何に異常かは、会場を取材していたNHKテレビクルーと会話を再現することで理解できる。

筆者
「すごいよね、今撮っているの今日報道するの」

カメラマン
「わからないです、上がどう判断するか」

筆者
「麻生さんを隠そう隠そうとしているのおかしいよね」

カメラマン
「そうですよね」

と、メディアの現場もこの異常な状況を実感している。


続き (水間政憲)
2007-09-17 11:38:13


クーデターの主犯をメディアと判断したことを、明らかにする。
今日、テレビ朝日のスーパーモーニングを見て確信したことを披瀝する。
それは、鳩山邦夫氏の発言からすべてが明らかになった。

そもそも、雪崩を打って自民党の派閥が福田氏支持に回るきっかけとなったのは、10日夜都内のホテルで開催された「太郎会」終了後の映像が各テレビ局が、繰り返し報道したことによる。
それは、テレビカメラに向かって鳩山氏が「太郎会は、みんなで麻生さんに総理大臣になってもらうため集まっている会」です。
それが、鳩山氏は安倍首相が退陣する意向を麻生氏から聞いた上での発言として、ネガティブキャンペーンに利用されたのです。  続く


続き (水間政憲)
2007-09-17 12:51:56


ところが、スーパーモーニングで鳩山邦夫氏は「太郎会は昨年10月に発足して毎月第二月曜日に会合をもって、今まで10回になる。」
また、「麻生さんに、総理大臣になってもらいと思っているものが集まった会」との趣旨を説明したとのこと。
また、「麻生さんから、一切安倍首相が辞意を漏らしたことを聞いていない」と断言した。

仮に、鳩山氏が聞かされていたのなら、カメラの前で一点の曇りなく、あれほど堂々と「麻生さんに総理なってもらいたいと…」などと発言することは、あり得ない。
一連の報道は、あまりにもできすぎなのです。

太郎会は、いままで、10回開催されていたにもかかわらず、何故、10日夜のニースで報道されたのか。
報道各社はどう説明するのか。

安倍首相が辞意を漏らしたことを知っていたのは、麻生氏だけだったことになっているが、取材したテレビ局も知っていたことになる。
そうでなければ、太郎会を取材する意味など一切ないのです。


その映像で、麻生太郎氏と西川京子氏の笑いながらホテルから出て来る姿の同じ映像が使用されているか、その映像を撮ったテレビ局が、このクーデターの首謀者なのです。


続き (水間政憲)
2007-09-17 14:30:41


筆者は、GHQ占領下言論検閲を専門に近現代史を研究しているが、公開情報を分析するだけで9割以上の真相が明らかにすることができるのです。

今回の一連の報道で一番酷いのは、日テレと読売新聞です。
17日読売朝刊一面トップは、「福田氏圧勝の勢い 本紙調査 衆参213議員支持 世論も福田氏58%」と、見出しを打っているのだ。
読売新聞は、何か相当焦っているようだ。
この世論操作は、まるで人民日報と同じではないか。

今回の世論操作を見ると、朝日よりも読売が突出しなくてはならない理由を分析すると、戦後史の闇がある。

現在、安倍首相と麻生首相誕生を望んでいないのは、中国より米国なのは歴然としているのだ。
それは、米国と同盟国であって北朝鮮問題では、日本の国益と一致しない。
これは、専門家にとって周知のことだが、元読売新聞社主正力松太郎は、CIAのスパイだったことが米国の公文書で明らかになっている。
今、日本で進行していることは、GHQ占領下の言論統制と同じなのです。

筆者は、ITのことは、よくわかりません。論文として発表する時間がありません。この書き込みを著作権フリーとします。使用するときは、全文掲載することだけを条件とします。


続き (水間政憲)
2007-09-17 17:21:08


簡単に説明すると、太郎会を利用することができた人物は、麻生太郎氏が安倍首相から辞意を申し入れされたことを知っている人物だけが、太郎会を利用できたのだ。
それは、官邸で麻生氏を安倍首相に言われて呼び止めて会談の内容を聞いた人物であろう。

メディアに連絡をとった人物が同一人物かは、判らないが、連携した人物がいる可能性がある。
いずれにしても太郎会は利用され、鳩山邦夫氏は、嵌められたのです。

ジャーナリスト水間政憲


 水間政憲さんといえば、私の中では「遺棄化学兵器」問題で頑張っている方という印象が強いです(戸井田議員もこの問題に力を入れておられます)。

 山形県のシベリア史料館で見つかった約600冊の旧日本軍兵器引継書、これを発掘したのが水間さんでした。
 この旧日本軍兵器引継書は平成7年に死去した元全国抑留者協会長の斎藤六郎氏が1990年代に、ロシア各地の公文書館などから、合法的に日本に持ち帰ったもので、ダンボール24箱分あるそうです。

 このスクープについては、昨年、雑誌「正論」で数カ月間に渡って集中連載されました。
 拙ブログでも何度か紹介させていただきました(残念ながら未だ外務省は、この資料を精査する等の動きは見せていないようですが)。

06/5/3付:朝日新聞曰く「東京裁判を知らない人が靖国参拝に賛成している」(「細切れぼやき」で紹介)
06/6/1付:遺棄化学兵器問題〜元凶はやはり外務省
06/9/4付:“遺棄化学兵器”問題で旧日本軍兵士の証言


 さて、現在、メディアやコメンテーターが繰り広げている麻生批判、これには大きく分けて2つあるようです。

(1)麻生−与謝野ラインで安倍さんを蚊帳の外にして追いつめた。安倍さんは辞任表明直前、周辺に「麻生さんに騙された」と言っていた。

(2)安倍さんが公式に辞任表明をする2日前(所信表明演説をした9月10日)、麻生さんは安倍さんの辞任の意向を聞かされていたのに、特に手を打たなかった。それどころか、その夜、麻生さんを総理にしようという「太郎会」の会合がわざわざ開かれていた。

 麻生さんご本人はもちろんこれらを否定しています(こちら参照)。


 (2)の「太郎会」については、鳩山邦夫さんも言われているように、以前からその日に開かれることは決まっていた、もともと月1回ペースでこれまで何度も開かれていたということです。


 (1)については週刊誌レベルでも言われてるようですが、個人として見解を述べられているのは、独立総合研究所の青山繁晴さん、ジャーナリストの須田慎一郎さん、政治評論家の三宅久之さん。私の知ってる範囲ではこのお三方です。

 青山繁晴さんがこの説を最初に言われたのは9月5日(かなり早いですね)、フジテレビ系列の関西テレビ「アンカー」でのことでした(拙ブログ9/6付エントリー参照)。

 須田慎一郎さんの発言は9月13日、テレビ朝日系列のABC朝日放送「ムーブ!」にて、電話取材に答える形でした(拙ブログ9/13付エントリーのコメント【くっくり | 2007/09/14 01:35 AM】を参照)。

 いずれも情報源は「安倍総理の側近」です。
 (須田さんだったと思うけど、後日、この側近は井上義行秘書官であると発言していたように思います)

 三宅久之さんの発言は、9月15日放送、日本テレビ系列のよみうりテレビ「たかじんのそこまで言って委員会」にて。
 放送は15日ですが、収録は13日です。この番組は通常、金曜に収録、翌々日の日曜に放送という形なので。


 ちなみに「たかじんのそこまで言って委員会」で、三宅さんはこのように言ってました。

 「麻生さんが安倍さんを騙した、麻生−与謝野連合が騙したという話がある。具体的に言うと、参議院議員の小林議員が選挙違反で辞めた問題、平沼議員の復党問題、テロ特措法を延長するのでなく新法でやるということ、これら全て安倍さんの了解を取っていないと。私は『そんなことはない』とテレビで言った。だって麻生さんだって、安倍さんの支持がないと総理になれる目がないんだから。ところが本当らしい。非常に親しい人に、安倍さんが辞任表明する直前に『麻生さんと与謝野さんに騙された』と言ったと。私が得た情報では」

 番組中、最初にこの話を振ったのは宮崎哲弥さんだったんですが、彼はこのように言ってました。

 「本当に麻生さんが安倍さんを騙したのか、本当のことは安倍さんでないとわからないが、麻生さんが次は、いずれは自分がと思っていたのは間違いない」
 「井上義行さん(秘書官)も機能しなくなった。麻生さんだけが安倍さんの拠り所だった。が、その麻生さんも信じられなくなって、病気が悪化して辞めたという見方が、一番近いと思う」

 但し、今日の「ザ・ワイド」では三宅さんは、「麻生さんが安倍さんを騙した」説については何も言いませんでした(と思います。私もそんなに集中して見ていたわけではないので)。
 「たかじん委員会」で発言された金曜以降、考えが変わった可能性もありますが、麻生さんを推してる鳩山邦夫さんがその場にいたから、気を遣って言わなかっただけのような気もします。


 今日(9/17)の「スーパーモーニング」は、私も半分寝ながらでしたが見ました。鳩山邦夫さんの発言は、水間政憲さんの言われる通りの内容だったと思います。

 すなわち、「太郎会」は毎月開かれていて、今月はたまたま10日(安倍さんが麻生さんに辞意を漏らしたとされる日)に開かれただけなのに、メディアはさも「安倍さんが辞任するのでいよいよ麻生総理の誕生だ」ということで会を開いたかのような伝え方をしている、と。
 麻生さんは口が固い。実際は自分(鳩山邦夫さん)も含め「太郎会」の誰も、麻生さんから安倍さん辞任の話は聞いていない、と。

 鳩山邦夫さんは、今日の「ザ・ワイド」でも同様の話をされていました。
 また、麻生−与謝野ラインで安倍さんを騙したという説について、与謝野さんは非常に怒っていると。普段あまり怒りとか表に出さない人なのに非常に怒っていると、鳩山邦夫さんは言ってました。

 私は「ザ・ワイド」以外はあまり日テレは見ないし、読売新聞もたまにネットで見るだけなので、水間さんが主張されている「メディアの中で反麻生氏の急先鋒は、日テレと読売新聞」というのは、いまいち実感がありません。
 「ザ・ワイド」を見ている限り、そういうふうに感じたことはないんですけどね。今日もむしろ鳩山邦夫さんに釈明の機会を与えてましたし。


 麻生さんも与謝野さんも、入院中の安倍さんのお見舞いに行ってるんですね。
 麻生さんは9月14日に、そして与謝野さんも同じ日に

 安倍さんが麻生さんや与謝野さんに裏切られたと思っているなら、病室に通すわけがない。だから「麻生と与謝野に騙された」なんて安倍さんは思ってない。
 普通に考えたら、そうなりますよね。

 ただ、自分の立場に置き換えてみて、職場の上司なり同僚なり後輩なりが見舞いにやって来たとして、自分がいくらその人を不快に思っていたとしても、儀礼上、病室に通すということはあり得ると思います。
 ましてや安倍さんは総理という立場ですから、引き継ぎとか今後のことを相談する必要があったと思うし。

 が、9月16日放送の「報道特集」によれば、麻生さんが安倍さんを見舞った時にその話(「麻生に裏切られた」と安倍さんが言ったという話)をしたら、安倍さんは「何でそんな話が出るんですか、バカバカしい」と言ったそうです。
 さらに麻生さんは、「退院されて安倍総理に聞いてみたら分かると思いますけど、要はこの種のネガティブキャンペーンはいつの時代でもありますから」と。

 ということで、麻生さんが嘘をついているとは思えないですね。もし麻生さんの言い分が嘘なら、安倍さんが退院後にぶちまけるのでは。そしたらすぐバレますよね。


 一連の麻生バッシングについて、私は9/15付エントリーで「総裁選そのものへの影響はあまりないと思います。反麻生派の議員にとっては、麻生さんが『麻生』であるだけで十分アンチの理由なんですから」と書きました。

 が、よく考えてみますと、今回の総裁選は福田さんで決まりだとしても、麻生さんにはその次があるんですよね。
 こういう政治状況ですから、福田政権が短命に終わる可能性は十分あります。そしたら麻生さんにもまたチャンスが巡ってきます。

 しかし、今回のバッシングによって、麻生さん=ダーティーな人として世間に浸透してしまった場合、次の総裁選に麻生さんは出馬しづらい、あるいは出馬しても劣勢である、そういう流れになってしまうかもしれません。

 水間さんが言われていることが本当なら、日テレ・読売新聞は次の総裁選のことまで見据えて、麻生バッシングをやってる可能性もなきにしもあらず?
 そういや三宅久之さんって、ナベツネとは親友ですよね。

 
 私には真相はわかりませんが、これまでの経緯を見ますと、水間さんの見解は、中(あた)らずと雖(いえど)も遠からずという印象です。

 いずれにしろ、もうここまで来たら、安倍さんご本人の口から言ってもらう他ないんじゃないでしょうか。
 退院された後、テレビカメラの前ではっきりと「一連の麻生バッシングはデマです」と言ってもらう、これしかないような気がします。


 今日はかなり急いで書きました。
 上手くまとまらなくてスミマセン<(_ _)>


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/229-4c66f3ab

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索