FC2ブログ

ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

Entries

イランのウクライナ機撃墜で分かった「ロシア製防空システムはヤバイ」・ゴーン逃亡と会見・安倍4選は?…青山繁晴「虎ノ門ニュース」

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
ランキングは「ぼやきくっくり(本館)」と「ぼやきくっくりFC版(ミラー)」で一本化されています。どちらのバナーをクリックしていただいても、「ぼやきくっくり(本館)」に1票入ります。

【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【一覧】「アンカー」など青山繁晴さんテキスト起こし
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■1/13放送 DHCテレビ「真相深入り!虎ノ門ニュース」

200113-01title.jpg

 今年初めての更新です。
 昨年に引き続き、青山さんの虎ノ門ニュース以外はほとんど更新できないと思いますが、どうか今年もお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。

 ※拙ツイッターの新アカウント(2019/8/6~)はこちらです。
 https://twitter.com/boyakuri2

 冒頭の青山さん。
 「令和最初の解説なんですが、事前にブログに何通もいただいたのは、今回はイランやゴーン被告の問題に絞ってやってくれませんかというのを頂いて、もちろんそういう意見も参考にしながら、依然として、去年からやってる、いただいたばかりのやつ(項目)全部やるというのは続けます。ただ濃淡をつけて、時間の長短をつけて、ご希望に添えるようにはしたいと思います」

 こちらの起こしも濃淡をつけて…、ていうか、例によって多くが項目紹介のみで、すみません。
(とは言うものの、いつもよりは頑張った方かも)
 起こした内容もあくまで要旨なので、扱いにはご注意下さい。
 万一、趣旨と違う文章があった場合は、掲示板orツイッターorメールにてご一報下さい。
 

 
<今週のニュース項目>

(1)通常国会20日召集を伝達 官房長官

(2)IR整備「見直しを」70% 共同通信世論調査


(3)安倍首相「IRの準備進める」 野党は禁止要求


 カジノが悪いという説には全く賛成しない。
 カジノだけ悪くて公営賭博はいいのか。
 お金の賭け方が違うと言う人がいるが、競馬でも賭けようと思えば全財産賭けられる。
 野党がカジノ営業禁じる法案出すんだったら、公営賭博どうするんですか。

 安倍総理はもっと真っ直ぐ届くように、はっきり物を言った方がいい。
 汚職によって中国がお金とともに手を入れてるのがはっきりしたんだから、国民に改めて理解と信頼を求めて、それが達成されれば、今の法律に基づいてやりますと言うべきだと思う。

 去年の年末に会員制レポートを1本出したが、いま問題になってるIR議連の大幹部が突然、議員会館の僕の部屋にお見えになった。
 安全保障の分野でよく知ってる人だから、その話かと思いきや、いきなりIRに賛成して下さいと。
 私はこういう進め方には賛成できませんと返したら、もう熱心に説明されて。
 僕はその人が韓国や中国と親しいのを知ってたので、正直心配になった。
 これお金動いてるんじゃないかと。

 いま名前出てますよね、その方たちは。
 ただ、その人と、あと2人は、中国からは1円ももらってないと言ってますよね。
 ちょっと待って下さい。
 これ観光会社からお金が来てることはもう事実上認めてるわけです。

200113-02IR-frip .jpg

 B議員が僕のところに来られた議員。
 100万円見事に配られてる。
 それから、それまで否定していたC議員も、日本の観光会社からは100万円もらってた、紛れてて分からなかったと。
 でも日本の会社からだから、中国じゃないと言ってるわけですよね。
 これはあからさまに中国じゃないですか。

 捜査を待つべきだという意見もあるが、責任政党の自由民主党としては内部監査すべきだと思う。
 僕が民間時代からもずっと言ってるのは、これを言ってきたわけですから。


200113-03IR-frip2.jpg

 要するに仮面かぶりますよと。
 チャイナマネーをそのまま配ると当然いまの法律に違反しますから。

 外国人から献金もらっちゃいけないんだから。
 民主党政権時代の前原外務大臣、公平に言って本人はご存知なかったと思うけど、韓国の方で外務大臣を一発で辞めた。
 だからこの構造が問題なんですよ。

 そうすると、このへん(B議員やC議員)の弁解はむしろ問題なんですよ。
 仮装するんだから。
 それを盾にされるというのは、秋元司容疑者は、容疑を否定してるけど、これも否定してるけど職務権限がもろにあるから。
 担当の副大臣だからありますよ。
 この方々(BやC)は直接の職務権限がないから、たぶん捜査側は慎重にやってると思う。

 しかし、議員連盟というものの性質も含めて…、気が付かない間に議連によく分かんないままに入ってることもないではない、ものすごい数あるから。
 しかし新たに法律を作ったいわゆるIR、ほんとはカジノの目玉の法案があるんだったら、よけいにはっきりと清潔にやらないといけない。

 議連は任意の団体だから党は直接関係ないって言い訳もできるけど、やっぱり今後の日本外交、特に国賓で習近平さんに来てもらおうなんて間違ったことを総理がやろうとしているから、よけいにここのところは党内部で…。
 いや、今まで監査なんかやったことないと言うなら、作ればいいじゃないですか。

 僕は適法でも政治献金を受け取らないのは信念だが、例えば一平ちゃんが僕に1万円寄付して、色んな事情があって、実は中国から頼まれてて、そのうちの半分の5000円は…。

(居島一平:(苦笑))

 ないとは言えないじゃないですか、例えば家族のこととか色々あるわけだから。
 で、その時に、私知りませんでしたで済まなくて、僕のように反中国をはっきり言ってると、狙われてるから、当然こういうルートで来ますよ。
 だから信念に加えて、こういうことが現実に起きるから受け取らないようにしてる。


(4)維新 下地氏を除名 議員辞職勧告も


(5)安倍首相 任期中の改憲に意欲


 3期目の残り任期、今年9月であと1年になる。
 残り任期で改憲はできない。
 通常国会は、オリンピック考えると、ずるずる延長できない。
 4月までは予算しかできない。
 4月から改憲に取り組んだとして、6月半ばの会期終了まで2カ月半しかない。
 まず物理的にどうやってやるのか、全く目算が立たない。

 総議員の3分の2の賛成をまず確保しなきゃいけない。
 国民の間にも理解と信頼を作らないといけない。
 国民投票で勝てる状況にしていおかないといけない。
 それが4月から6月までにできるんですか。
 6月終わったらオリンピックで、国会閉じていて憲法改正できるんですか。
 パラリンピックが終わった9月には、安倍総理の任期切れまであと1年になる。

 それで、任期中ってどういうことか?となるから、当然みんな4選と思う。
 4選について「そうですね、いいかも」なんて言ったら絶対だめじゃないですか(笑)。

 世界中どこでもそうですよ。
 あのプーチンさんでもいったん大統領を辞めて、首相に行くという、禁じ手をやらざるを得なかったぐらい。
 どんなに評価されてても1人の指導者が長くやることには懸念が強いのは、世界が学んできた常識なので。
 ちょっとでもそれが見えたら吹っ飛ぶから、絶対言えない。

 このニュースの結論は、9月にオリパラが終わると総理は重大決意します。
 衆議院解散か、○○○○(ごにょごにょ)。

(居島:放送事故ではございません(笑))

 まずオリパラ終わって即解散はある。
 その時は当然、争点はひとつ、憲法改正だけ。

 ということは、その場合は安倍総理の手で解散するんですよね。
 衆院選負けたら終わりです、即辞職。

 勝ったらどうするんですか?
 勝って辞めて岸田さんに渡すんですか?
 そんなわけないでしょ。
 9月に解散して、総選挙に勝って、3選の残り任期しかやらないってことをやると思います?
 ないですよね。

 解散か○○○○(ごにょごにょ)っていうのは…、やっぱり言うべきでしょうね。
 辞職だと思う。
 但し、週刊文春が書いたような、疲れたから辞職、とは全然逆。
 今の時点では間違いない。
 疲れて辞めるどころじゃない。
 勝ちに行くために辞める。
 ということは、プーチンさんもびっくり。

 分かりますよね?

 会員制レポートではその先も書いてあるけど、要するに、解散で勝ちに行くか辞職で勝ちに行くかどっちかなんですよ。
 だから、安倍政権終わりじゃない。
 だから、自分の政治生命ある限りは憲法改正やるっていう意味であって。
 中継ぎの主張が出たりするんじゃないかなというね。


(6)アメリカ 司令官殺害は「自衛」

 国連は自衛権を認めている。
 自衛権発動したら必ず国連に報告しなきゃいけない。
 だから安保理に書簡を送ったという意味。
 手続きは踏んでいる。
 問題はソレイマニさんを殺害したことについて、自衛権を発動したと言うなら、ほっといたらこれからもアメリカ市民や軍人を殺害する恐れがあると、具体的に示さなきゃいけない。
 それが今、全部示せているとは僕は思わない。

 但し、日本のオールドメディアが言うように、イランのヒーローを殺しちゃって、トランプさんはバカだと、評論家も含めて大合唱してますが、全然違うと思う。
 ずっとテロの輸出をしてきたことは事実なんですからね。
 イラクという違う国の主権を侵していきなり殺害というのは、当然安保理で本来審議すべきことであって、そこにアメリカは具体的な今後の恐れについて出さないといけない。
 これで終わりというわけにはいかない。


(7)イラン大統領が電話で謝罪 ウクライナ大統領に

 事実関係を確認すると、アメリカが革命防衛隊の1人の司令官を殺害した報復として、イランが史上初めて国内のミサイル基地から、つまり民兵組織に頼るのでなく、国内の基地から弾道ミサイルを撃った。
 これは普通、正規戦争の始まり。
 すごいことをやったという認識は、僕はイランにいちおうルートがあるので感じてるのは、「やったぜ」もあるかもしれないけど、さああアメリカが本気で撃ち込んで来るんじゃないかと、すごく警戒したという意味で、すごいことでもある。

 イランがミサイル撃った5時間後に、ウクライナ国際航空機がテヘランの空港を離陸して、旋回しようとした時に墜落したんですが、緊張状態だからよけいに米軍の偵察衛星は最高感度でずっと見てたので、実は革命防衛隊の基地から地対空ミサイルが2発撃たれて、ウクライナ国際航空機に着弾し、バラバラになって吹っ飛ぶのも全部克明に写ってるんですよ。

 それからさらに、イランは皆さんとイメージ違うのは、案外、言葉選んでもこう言います、自由な雰囲気があるんですよ。
 けっこう宗教指導者の批判とか、平気でするんですよ。
 僕の方が顔が青ざめる感じで。

 墜落現場に人がいっぱい入っちゃった。
 そうすると飛行機の残骸やご遺体の無惨な状況以外に、ミサイルの破片もいっぱい散らかってて、中国よりはるかにネット使えるから、どんどん出てしまって。
 これはもう隠せませんってことになって。

 それまでは、僕あきれてテレビ見てたんですが、当初の段階から証拠が頭に入ってるから、僕は会員制レポートで、100%間違いないですと。
 ブログでは可能性と書きましたけど。
 なかなかイランは認めないだろうということも、正直、レポートには書いた。
 それが一転認めたのは、証拠が多すぎる。
 それでテレビとかに、イランの責任者が出てきて、絶対違うとか言ってたでしょ。
 こういう否定の仕方すると、これはえらいことになるんじゃないかと思ってたら、その通りになった。

 ウクライナのゼレンスキー大統領のところに最初から全部の情報が行ってたわけじゃないと思うが、しかしある程度の情報が、いま問題にはなってるけど、トランプ大統領と比較的関係良いし、情報入って自信持ってたと思うんですよね。


(8)イラン撃墜に千人抗議デモ

 けっこうみんな言いたいこと言うので、反政府デモが前から起きてて、300人、あるいはアメリカによると、前の反政府デモの時に1000人以上殺されたと。
 それが全然解消されないまま、どうしてこういうデモが起きるかというと…。

 トランプ大統領がイランの核合意は嘘だと。
 それは正しい。

 10年、15年したら、イランは堂々と核兵器作れるという、妙ちきりんな合意だった。
 日本のオールドメディアは、オバマさんのやったことは全部ひっくり返したいんだと、そればかり言ってるが、違います。
 そういう意図もあるだろうけど、基本的にイランが核保有国になってしまうと、イスラエルに撃ち込む恐れがあるので。

 それで核合意を出て、制裁かけてる。
 制裁が強烈なのは、イランの油が売れなくなってる。
 要するに政府の収入が激減。
 当然、税金増やそうとする。
 それで国民が怒って、大デモになった。

 トランプさんがソレイマニさんを殺したのは、弾劾裁判を避けるためだと評論家が例によっておっしゃってるが、その意味もゼロとは言わないけど、イランはイランで、そういうことから目をそらす意味もあったわけですよ、いきなり国内から弾頭ミサイル撃つっていう大胆なことやったのはね。
 そしたらその時に、革命防衛隊が自己保存というか守りたい一心で、飛んでる物はヤバイというので撃ち落としたんですよ、要は。

 ロシア製のトールっていうシステムなんですけど、システムエラーだと思うんですけどね。
 事実誤認しやすいんですよ。


 マレーシア航空機が海の上で消息断ったが、これで世界がおののいてる時に、ウクライナの上空を飛んでたマレーシア航空機が撃墜されたでしょ。
 同じマレーシアですがこれは偶然です。
 偶然ですが、なぜウクライナの東の方を飛んでたマレーシア航空機が撃墜されたかというと、この時もロシアの防空システムで、旅客機をミサイルか戦闘機と誤認して撃ち落としちゃって、うやむやになってるんですが。

 何を言ってるかというと、ロシア製の防空システムには問題があるんですよ。
 革命防衛隊が意図的な殺人をやったのではなく、システムでこれは米軍の飛行機か、むしろミサイルだとシステムがそう言ったから、ほぼ自動的に発射してるわけです。
 これが世界の航空安全について大問題。
 つまり、安い武器は危ないんですよ。


 国名を具体的には言わないけど、これは別にイランだけじゃなくて、ロシア製の防空システムを入れてる国は複数ありますから。

(居島:最近、トルコも…)←(ノ∀`)アチャー

 僕はいま国名言わない。
 関西言葉で言うと、いっぱいあるねんや。
 国会で僕はきちんと確認した上で…。
 でもその国に全部、普通に旅客機が行ってるんですよ。
 今、普通に旅客機で行けない国は北朝鮮だけです。
 ということは(旅客機の撃墜が)いつあってもおかしくない、テロ以外でも。


 総理御一行がサウジに行かれる時に、某高官から大丈夫かと聞かれ、政府専用機の時はシステム変えますからと僕は言ったが、その高官は大丈夫かなあという感じで。
 心配なさる方がむしろ当然なんですが。

 やがて国名もちゃんと確認して国会で質問しなきゃいけないと思う。
 そういう国に行く時は、どういう交通手段にするか考えなきゃいけない時代に入ってしまった。
 テロ以外にこういう新しいリスクが出てきたんですよね。

 話戻すと、イランはもともと反政府ムードが高まってるところに、世界に嘘つきだってこと証明してしまったから。
 もともとペルシャ帝国なので誇り高いですから、嘘つきにされたらかなわんというのがあって。
 同時にもともとの反政府の雰囲気が想像を超えたものになりつつあって、僕ショック受けたのは、内部からの情報で聞いたのは、ハメネイ辞めろとずっと言ってると。
 ロウハニ大統領じゃなくて、宗教指導者に辞めろと。
 イスラムの国でそれは強烈な話で。

 あと英国大使の話、出てきてるでしょ(駐イラン英国大使がテヘランで当局に一時拘束された)。
 日本の中東大使と違って、現場行くんですよ。
 デモを見に行って、そのあと散髪に。
 散髪屋で捕まった。
 で、いきなり、デモを煽動しただろうと。
 こういうのはイランにとっては失点になるばかり。

 それをまたトランプさんがそれに付け込んで、ペルシャ語で(イランの抗議デモを支持する)ツイッター。
 やりすぎですよ(笑)。
 イランとアメリカが収まったみたいな報道をまた日本のオールドメディアがやってたが、広がるばかり。


(9)安倍首相 サウジのサルマン国王と会談

 こういう会談は表で発表する以外に、当然、水面下の話し合いがあって、それは発表されませんが。
 中東が焦臭くなったので行くのやめて下さいと言った政府高官がいたのは、僕はあきれて大反論しまして。
 総理に直接、行って下さいね!と。
 そしたら総理が、行かないと決めたわけじゃない!と。
 非常に強い意欲を感じました。
 反対論もありましたが押し切って行かれまして。

 行ったからといってイランとアメリカ、あるいはサウジとイランの間に入れるわけじゃない。
 それはその通りですが、いいんですよ、そんなものは。
 にわかに解決するわけじゃないんだから。
 これいちおう、安倍総理はイランにも行ってて、ハメネイ師に会える唯一の西側のリーダーなんですよ。
 一人だけなんですよ。

 そのルートがあって、アメリカとイランの間に入ろうとしたけども、逆に日本のタンカーがペルシャ湾で攻撃されたりしましたよね。
 だから今回も行くべきじゃないと言う人いたけど、そういうリスクを冒しながら進むのが本来の外交なんですよ。
 ようやく外交らしくなってきたわけですよ。

 だからとにかくアメリカとイランの間に入ろうとしてるだけでも大きいし、サウジは反イランの旗頭ですから、アメリカ以上に。
 同じイスラム教の中で、スンニ派の大国のサウジと、少数派のシーア派の旗頭がイランですから。
 しかも狭いペルシャ湾を挟んでにらみ合ってるわけですから。
 そこにまた割って入るかのような行動だけでも、日本にとっては非常に外交的な意味は大きいんですよ。

 危ないことはやらない、危ない所には総理行かないっていうね、それやってたから拉致問題の解決もずっと遅れてきたんですよ。
 拉致事件が起きてると水面下で分かった段階で、例えば竹下総理が行かずに金丸副総理が行ったりしたから、金の延べ棒もらって帰ってくる。
 あの時も外務省が竹下総理に行くなの連呼だった。

 今回も外務省内にそういう意見があったが、総理はそれを押し切って行ったのは断固正しい。
 目に見えた結果がすぐに出てこなくても、断固正しい。


(10)プーチン氏がシリア訪問 米イラン情勢協議か

 本日のフェイクニュース。
 プーチンさんが行ったのは本当ですが、意味があるんですか。
 アサド大統領がアメリカとイランに割って入る能力あるんですか。

 ただプーチン大統領のセンスはやっぱりすごいと思うのは、トランプさんが急に中東で存在感が強くなって、プーチンさんの存在感が急に縮んだ。
 すると存在を示さなきゃ。
 当然テヘラン行ったり、最低限トルコ行ったりするべきだが、今のロシアでは力及ばず、それができない。
 とりあえず行ける所、シリアに行ったというのが本当のところ。
 私いますよ、というのを見せた。



(★)議員stagram


☆自由民主党政務調査会法務部会・外交部会合同会議(1月7日)

200113-04bukai.jpg

 異例の部会。
 国会まだ始まってない時期。
 なおかつ、法務部会と外交部会の合同会議というのは珍しい。
 テーマは、ゴーン被告逃亡問題。

200113-05ghosn-paper.jpg

 最高裁からも来てます。
 部会に裁判所が来たのは僕は初めて見た。
 法務大臣のコメント地検のコメントなども資料で配られて。

 各議員の発言内容は、どっちか言うと、再発防止。
 僕はずっと聞いていた上で、最後の方で申し上げた。
 日本の出入国管理の甘さや、裁判所がなぜ保釈を出したのかなどの再発防止も、自由民主党としても厳しく取り組まなきゃいけないが、同時に、ゴーン被告が翌日(8日)に記者会見しようとするのを阻止しなければいけませんと。
 阻止という強い言葉をあえて使った。

 もちろんその前に、いかなる刑事被告人であっても基本的人権は万全に保証されなきゃいけないので、ゴーン被告も自分の主張を堂々と述べられ、無実を主張される当然であって、但しそれは当然、日本の正当な裁判の場においておっしゃるべきであって。
 それを法を犯して逃亡なさって、そして仄聞するところによると、ゴーンさんはFOXビジネスというアメリカのテレビ局に対して、日本の政治家も絡んで、仕組まれたクーデターだったと、自分は一切悪いことしてないと。
 あれだけの特別背任、業務上横領疑われても仕方ないことあるのに、自分は一切無実で、全部、政治も含めたクーデターだから、その政府の実名も出すとおっしゃった。

 政府の実名が出るのが困るんじゃなくて、嘘の話を勝手に証拠なく流されるのはおかしいので、日本に戻って、身柄がこちらに戻って、裁判で政治の絡みを主張なさるんだったら、それは当然裁判で主張なさるべきなんで、会見をとりあえず阻止すべきだと。

 阻止なんてできるのかと思われるでしょうが、制裁、つまり経済制裁を科しますよっていうことをレバノン政府に突きつけて…。
 ゴーン被告は実際にはレバノン政府を頼って行ってるわけだから、その行動をすべきですと言った。

 当然、阻止なんてとんでもないっていう反論が出ると思ったんですが、城内(実)さん、外務省出身の城内さんがすぐに、今の青山さんの意見に大賛成だと言って、それで流れができたかなと思いますが、非常に僕が感激したのは、外務省の、外務省はこの頃ほんと様子変わってきたんですよ、外務省の重要な局長から答えがあって。
 ゴーン被告がレバノンで一方的に日本を非難するのは適切でないと思いますと。
 したがって青山さんの言った、会見そのものをどうするかってことについて至急検討しますということを、はっきり言ったんです。

 僕はこれ予想外の答えで。
 城内さんはじめとした他の議員の支えもあったけれども、ここまで外務省が、会見そのものに関わりますと言ったの超画期的なんですよ。
 とにかく当たらず触らずなんだから、日本の外務省は。

 その上でですね、当然部会で終わりにしないで水面下でも色々やってたらすね、翌日、ゴーン被告が会見なさる日に、日本時間で言うと8日の夜10時だったので、まだギリギリ時間あるわけですよ。
 諦めないで色々やってたら、外務省のどなたとは言えないけど、議員会館にお出でになったんですよ。

200113-06gaimushou1.jpg

 その時にですね、資料を持ってこられたんですが、外務省本省からの指示で、至急やりますと言いましたから、その指示を受けて日本のレバノン大使、これ大久保武さんですが、レバノンのアウン大統領に直接面会して、この資料だとあまり書いてないけど、よく聞くと、ここにちょっとメモ書きしてますけど、ゴーン被告に自由に喋られるようなことがあったら、日本とレバノンの二国間関係にどんな影響があるか計り知れないので、どんな内容をゴーンさんが喋られるのかというチェックはやっぱりすべきじゃないでしょうかと、この言葉通りじゃないと思いますが、それをアラビア語でアウン大統領に申し入れたんですよ。

200113-07gaimushou2.jpg

 その結果、それから数時間経った後、その結果と思われるのは、ゴーン被告が記者会見の中で、日本とレバノンの二国間関係を考えると、政府の関わりの名前は出さないと。
 で、安倍さんじゃないってことだけ言ってですね。

 これ実際は、日本政府が日産の中に手を入れてどうこうしたって事実はありませんから、僕もずいぶん調べましたけれども。
 だから嘘を言おうとしたのをやめたわけですよね。


☆外交部会・国防部会・外交調査会・安全保障調査会 合同会議(1月9日)

200113-08gaikoukokubou.jpg

 外交と防衛・国防の合同会議はよくやるが、今回は岸田政調会長が自ら来られた。
 政調会長は部会のトップだが、直接朝の部会に来られることは滅多にない。
 中東地域における緊張という重大事だからお見えになった。

200113-09paper.jpg

 この時は僕は真っ先に手を挙げて申し上げた。
 まず、自衛隊は予定通り中東地域に派遣すべきだと。
 それから安倍総理も予定通り必ず中東の歴訪に旅立っていただきたいと。
 理由として挙げたのは、今日のテーマじゃないけどもと断った上で、ゴーン被告の問題なんですよ。


 この日から見て一昨日、7日の部会でゴーン被告の会見を阻止すべきと申しましたが、その真意は、会見自体をやめさせることではなくて本当は阻止と言って、中身を適正にするということでしたから、僕の知る限り、というのは前日の8日に説明を受けたから、外務省の今までにない努力によって、ゴーン被告の会見内容が、少し正しい方向に変わったということを、僕は3年半、議員になって初めて外務省を褒めますがと言って、よく努力されたと思いますと言ったらですね。

 これもびっくりしたのは、ゴーン被告への対応は部会での発言を受けて対応いたしましたっていうことですね、外務省がはっきり言って。
 だから前日僕に個別に説明するだけじゃなくて、アウン大統領と直接交渉をして、ゴーン被告の会見内容をいくらかでも正しくしたんですということを言ったわけです。
 これも非常に僕は画期的で、確かに3年半前に議員になった時よりは外務省は少し変わってきたなっていうのは正直感じました。

 本当はこの前日、昼間会館に来られただけじゃなくて、夜中まで外務省の幹部とすり合わせをしたんですけど、異業種の人よ国会に来て下さいと言ってるのはこういう意味です。
 民間の専門家時代にこんなこと絶対できなかった。

 どんなに頑張っても無理でしたね。
 やっぱり国民の信託を受ける、僕の場合は48万1890人のおかげでこれができてるんで。

200113-10iranSoshikizu.jpg

 つけ加えると、この時に非常に画期的な資料も配られた。
 イランの軍事組織の指揮命令系統を、こんなふうに政府、外務省が表で出したのは初めて。

200113-11soreimani.jpg

 これが殺害されたソレイマニ司令官。
 コッヅ部隊の司令官なんですよ。
 見ていただくと、革命ガードと書いてるけど革命防衛隊、その司令官はサラミさんですよね。
 超強硬派で知られた将軍が上にいらっしゃるんですよ。
 だからソレイマニ司令官が革命防衛隊の全部の司令官だったかのようにオールドメディアが未だに報道してるけど、違います。
 コッヅ部隊というのは海外工作部隊と書いてあるけど、要するにテロの拡散ですよ。


200113-12hikui.jpg

 その上に強硬な少将がいて、しかも国軍はここにいるだけど、例えば将軍の地位がすでに低いですよね、准将ですよ。
 だから革命防衛隊の方が強いっていうのがこれで分かる画期的な表なんですよね。

200113-13iranGun.jpg

 しかもこんな表までちゃんと出てて、正規軍と革命防衛隊がいて、革命防衛隊は陸海空がいる。
 僕は前から言ってましたが、日本政府の公式文書に出てきたのは初めてです。
 人数で言うと正規軍の方が多いが(陸軍)、装備や人員訓練が全然違うんですよ。

200113-14misaile.jpg

 今回明らかにされたのは、イランが撃ったミサイルはファテフの改良型とキアムだと。
 僕がもう一つ聞いたのは、北朝鮮製じゃないですかと。
 そしたら防衛省の答えとして、1980年代末から北朝鮮とイランが技術交流をしてて、その応用だった可能性は十分あると、これも画期的な回答をなさった。
 なんと30年間、北朝鮮とイランは共同武器開発、核も含めて、イランは否定していますが。

 北朝鮮が日本海に向けて撃ってるのは、あれは通信販売のカタログ販売ですよと。
 しかもイランは滅多に実験できないが、北朝鮮は、日本はいつも遺憾だと言うだけだから、そこに実験をしてきた。
 今度ついに実弾で撃ち込んだ、事実上初めての例ですよね。

 意味のある年初の部会だったと思います。


☆同じ部会の写真だが珍しい角度

200113-15sugitamio.jpg

 いつもは秘書が後ろの方から撮ってるが、これは正面。
 杉田水脈さん撮影。


☆「不安ノ解体」が咢堂ブックオブザイヤー2019 大賞(国政部門)に

200113-16taishou.jpg

 他の受賞作品など詳細はこちら。
 

☆深海レアアース

200113-17sankei.jpg

 産経が報道。1月5日付朝刊。
 電子版は1月4日付。
 ■南鳥島深海レアアース採取急ぐ 中国に先行、1年前倒し

200113-18reaasuGenbtu.jpg

 レアアース濃縮物の現物。
 これが日本を救う。
 メタハイも含めて海底資源が日本を甦らせる。
 


(11)蔡氏「主権守る決意表明」 日米代表と会談

 この記事の中には、日本台湾交流協会の大橋光夫会長とお会いになったということだけが書かれてあるが、なぜここに書かれてないか分からないが、本当は岸信夫さんっていう、安倍総理の実の弟さんが台湾に行かれまして、蔡英文総統とお会いになりました。
 ちゃんと総理の実弟として、ま、特使っていう形はないけれども、アメリカが事実上の台湾大使、台湾事務所の所長が蔡英文総統とお会いになったのと、僕は引けを取らないと思ってます。

 安倍総理の実弟って意味は特にアジアでは非常に大きな意味があります。
 本当は選挙で選ばれてるから血筋関係ないですけれどもね。
 でもメッセージとしてはね、安倍総理は正式には言えなくても、実は日本は台湾を大事に思ってますっていうメッセージにはすごくなったと思います。

 ちなみに中国は、日本・アメリカ・イギリスなど名指しする形で祝意を示したのはけしからんと言ってますが、それは香港のゴリ押し路線と同じで、中国にとってよけい不利になるだけだと僕は思いますよね。
 国際社会にまで自分たちの言論の自由がないルールをどんどん押しつけようとするから、台湾でも、あれだけの工作活動、巨額の、日本のあの(IRの)100万円ずつどころじゃない、桁が全然違うお金を使い、しかもハイテクの悪用も含めてあれだけ工作したのは間違いないのに、こんな大差で、過去最大得票を取ったわけですからね、蔡英文さんは。

 全部中国のオウンゴールで、今回祝意述べるなって言ってるのもまたオウンゴールですよね。
 その辺から習近平国家主席な体制が本当に安泰かっていう、安泰とは限らないっていうのがね、伝わってくるんですよね。


(12)ウイグル族弾圧で制裁要求 米議会

(13)尖閣周辺の中国船 12日連続
 
(14)トランプ氏が金氏に直接親書

(15)拉致の有本さん誕生日 自宅で祝う


(16)元応募工らの訴え大半棄却 韓国地裁


 63人のうち62人は棄却。
 請求にもともと無理があるし、朝鮮半島の人々が差別されたこと自体が違うので、もともと無理がある話だけども、日本が珍しく強硬に出たので、真っ直ぐ正面から来たので、そうすると対応変わるってことなんですよ。

 だから外務省の様子が変わってきたっていうのも、僕ごときがどうこうじゃなくて、そうか正面から行くと少し変わるんだってことを、やっぱり学んできたんじゃないかと思うんですよね。
 だから安心はできないけれども、一人は認めてるわけだし。
 でも変わってきたのは事実ですね。
 韓国は司法の独立をおっしゃるけど、韓国で司法が独立してると思ってる人はいないですよ。

(居島:韓国国内にもね)


(17)フッ化水素の対韓輸出再開 半年ぶり

 これでもって韓国にまたズルズルという話ではないし、いつも言ってるように「輸出管理」なので。
 輸出を止めてるというわけではないので。
 管理した結果、きちんと管理されてるのが明らかになったので、この部分は許可が出たってことですから。
 ちなみに韓国自身はフッ化水素は国産化するんだと言って頑張ってらっしゃるから、どうぞ頑張って下さい。


(18)「罪状に根拠ない」ゴーン被告 逃亡正当化

(19)白鵬は白星 鶴竜敗れる 大相撲初場所



(★)お知らせ

☆第97回独立講演会
 1月25日(土)受付13:00~ 開演14:30~19:00(予定)
 東京ビッグサイト(国際展示場)会議棟7階
 募集期間 1月14日(火)10:00まで
 詳細は独立総合研究所HP・青山繁晴ブログを

☆新刊紹介
 【日中の興亡2025】
 【その通りになる王道日本、覇道中国、火道米国】


※元動画はこちら(1月13日午後7時現在)。URLが変更される(修正版がUPされる)こともあります。その場合は、DHCシアターの再生リストから、たどって下さい。但し、アーカイブは2週間の公開です。
「虎ノ門ニュース」公式サイトもどうぞご活用を。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 来週1月20日(月)のコメンテーターは、石平さんと田北真樹子さんです。


 ところで、虎ノ門ニュースのYouTube版は、年末あたりからチャットが開放されているようです。
 今日はコメント欄も開放されています。

 私は他の曜日をリアルタイムで見ることはまずないので、他の曜日のチャットについては開放されてるのかどうか分かりません。

 が、コメント欄については、今見た限り、少なくとも、1月6日(月)の井上和彦さん×田北真樹子さんから始まって、10日(金)の武田邦彦さん×須田慎一郎さんまで、全てオフの状態です。
 番組サイドがあえて青山さんの日だけ開放することにしたのか、それとも手違いで開放してしまってるのか、そのへん謎です。



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品がお目当ての物でなくても、ひとまずクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから検索でお目当ての商品ページに飛んでいただき購入されれば当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※参考リンク
ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ
 青山さんに直接コメントを送れます。
こころが風邪をひいたら
 拙ブログで紹介しきれなかった『アンカー』青山さんの発言を起こして下さっています。
青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ
 動画の紹介など情報が大変充実しています。

※拙ブログ関連エントリー
【一覧】「アンカー」など青山繁晴さんテキスト起こし






このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-4.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!
スポンサーサイト



*Trackback

トラックバックURL
http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/2163-62623114

Menu

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索