FC2ブログ

ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

Entries

護る会「皇位継承の安定への提言」…青山繁晴「虎ノ門ニュース」

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
ランキングは「ぼやきくっくり(本館)」と「ぼやきくっくりFC版(ミラー)」で一本化されています。どちらのバナーをクリックしていただいても、「ぼやきくっくり(本館)」に1票入ります。

【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【一覧】「アンカー」など青山繁晴さんテキスト起こし
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■10/28放送 DHCシアター「真相深入り!虎ノ門ニュース」

191028-01title.jpg

 現在ブログは基本的にお休みさせていただいてますが、青山繁晴さんの月曜『虎ノ門ニュース』の項目紹介だけは、今後もできる限り続けていきます(余裕があれば要旨や雑感もつけます)。

 ※拙ツイッターの新アカウントはこちらです。
 https://twitter.com/boyakuri2


 青山さん、3週間ぶりのご登場!
 (その前は1ヶ月ぶりのご登場でした)
 今回の目玉は何と言っても、「日本の国益と尊厳を護る会」が10月23日の記者会見で発表した【皇位継承の安定への提言】です。
 『議員stagram」のコーナーでみっちり解説がありました。
 その部分はほぼ完全に起こしましたが、他は手抜きです(^^ゞ
 

 
<今週のニュース項目>
 
(★)オープニング

(居島一平:お久しぶりです。青山さん、護る会の皆さんが提言をなさいましたね、また踏み込まれた…。今日その模様も、後ほど…)

 そうですね、はい。

(居島:たっぷりね、画像でお伺いできるとのことなので、お楽しみにしていただけるかと思います)


(★)オープニング(着席後)

 今日(ホワイトボードに掲示しているニュース項目が)ちょっと少なめに見えると思うんですけど、議員stagramの所で、この番組からのご要請もあって、皇位継承の安定への提言について、かなりお話ししようと思ってますから、ちょっと絞りました。

191028-02board.jpg

(1)菅氏が韓国側の変化指摘
(2)日韓首相 応募工問題で平行線


 韓国は水面下では軟化してきてる、それだけのこと。
 でもそれは軟化と言えるのかと。
 韓国はずっと言いたい放題だったが、それがちょっと、言いたい放題というわけにはいかないのかなという雰囲気が見えるだけのこと。
 韓国はいくつも案を出してきてるが、共通してるのは、日本企業は賠償しろという(笑)。
 そこでしょ? そこ変わらないんだったら…、安倍総理も妥協するわけにいかない。

(中略。日韓併合の歴史について)

 李洛淵首相が安倍総理に持ってきた文大統領の親書の中身はある程度分かってきてますが、要するに何も言ってないわけですよね。
 仲良くしなきゃいけないじゃないですかと言ってるだけで。
 日本の在り方を信用しきれない日本国民にとって、これまでの日本の、中韓に対する姿勢を信用しきれない立場から言ったら、安倍総理が親書に対して「このまま放置しちゃいけない」と言ったら、さっそくみんな心配になるわけですよね。

 でも僕の見るところ、安倍総理の姿勢に変化は見られない。
 但し、応募工問題をひとつの根幹として譲らないけれども、それ以外の所ではどういう妥協があり得るかってことは模索してる気配はありますよね。

 そこを僕も心配してます。
 安倍総理がやっと国として、あるいは国際社会の一員として、普通のことを言い始めたわけですから、それが後退したり横に曲がったりすると、逆に今度は日本が信用を失いますからね。

 今、そういう状況です。
 もっと具体的なことはないんですかという皆さん(ギャラリー、視聴者)の気配も感じるんですが、ないです。
 ボールの投げ合いじゃないので。
 安倍総理はそこはしっかりしてて、外務省はボールは本来投げ合うものだという思い込みがあるが、茂木さん(外相)はしっかりしてるが、何よりも総理がボールは向こう側にあって、そのボールははっきりしてて応募工問題が頂点の矛盾だから、そこで韓国が違うボールを投げてこない限り、ボールの投げ合いはできませんと、そこは譲ってないんですよ。

(以下略。自由民主党の中に、敗戦後のことを置き去りにして経済を強くしてきた層がまだいて、影響力を持っているという話)


(3)米作戦で自称イスラム国・指導者死亡


(4)WTO途上国の優遇放棄 韓国

 実は今日一番大事なニュース。

(居島:はぁー、韓国も途上国扱いだったんですね)

 韓国だけじゃなくて、なんと中国も途上国。

(居島:(笑))

 笑っちゃうけど、これが第二次世界大戦後の74年なんですよ。
 日本だけ異常な生き方をしてきたんじゃなくて、中韓のように声が大きい所は…。
 これだけ中国の経済支配、アジアやアフリカ諸国にどんどんお金貸して、要らない物までインフラ作らせて、中国に対して借金を背負うってことをやってる、それが途上国?

 トランプさんの一番良い所はここで、それを突き崩している。
 しかも自分が作った秩序。

 良くも悪くもアメリカが作った。
 日本が中韓に甘い顔をしてきた、というよりも、アメリカがこういう姿勢を認めてきた。

(以下略)


(5)中国が尖閣に船派遣と非難 米副大統領

(超ざっくり)
 ペンスさんは中国でなく日本に向けて演説してる。
 本来、日本の総理が言わなきゃいけないこと。


(6)米に年内の態度変換要求 北朝鮮

(超ざっくり)
 北朝鮮が自らニュース解説してる。
 トランプは「親密な関係」を利用して時間稼ぎするなと。


(7)香港 繁華街で抗議集会 数千人



(★)議員stagram

☆日本の国益と尊厳を護る会 記者会見

(居島:記者会見を、当番組スタッフが撮影してまいりましたので、まずはそちらの映像をご覧いただきたく存じます)

191028-11kaiken.jpg

191028-12kaiken2.jpg

(居島:10月23日、日本の尊厳と国益を護る会が、皇位継承への安定への提言に関する記者会見を開きました。多くの報道陣が集まる中、発表された提言がこちら。この5つの項目全てで1つの提言となります)

191028-13teigenn.jpg

皇位継承の安定への提言
 【1】意義の確立
 【2】基本認識の整理
 【3】現状の簡潔な整理
 【4】具体的な安定策
 【5】手順


(居島:本日は特別に番組をご覧の皆様に、青山さんからこのご提言について、ご説明いただきたいと存じます)

 はい。ま、特別にということではなくて、番組が特別に時間を下さったという意味ですけども。
 これ(提言全文)を即位礼正殿の儀の翌日に、僕はあえて読み上げました。

 ※提言全文は青山繁晴さんのブログ(2019-10-24 13:28:05)に掲載されています。

191028-14paper.jpg

 ずいぶんたくさんメディアがお出でになったんですけど、その中で、テレビ東京がほぼフルにずっと流してくれてて。
 僕が聞いた時に、19万回再生してると。

 ※テレ東による会見ノーカット動画はこちら。
  ちなみに10月28日午後7時30分時点の再生回数は、23万8,445回。



 護る会を前に押し出すのは全く目的ではなくて、護る会として選挙に臨むことも絶対ありませんから。
 そうではなくて皇位継承の危機がなぜ起きて…。
 一言で言うと、危機の克服は難しくない。
 昔から何度も危機に直面してきて、私たちの先人がそれを乗り越えてきたのと、ほぼ同じ手法で乗り切れますと。

 5つの提言の説明の前に、一番大事なことの2つはですね。
 1つは、難しくないってことなんですよ。
 もっと正確に言うと難しすぎないと。
 このニュースに関しても、難しいんだ、困難だ、大変だと、具体策の提案はバラバラだって話ばかりされてるけど、いや、実は難しくないということを、この後説明することで皆さん感じていただきたい。
 もう1つは、実は日本の新しい希望なんですよと。
 それを感じていただきたいんですよ。

 難しくない上に、今まで日本が見失ってきたことを新たにもう一度取り戻して、みんなで社会の目的、理念が見つかる国にしましょうっていう希望ですと。
 これらをまず感じていただきたいってことを前提にして申し上げますとね。

 提言っていうのは普通は、具体的な提言が、やり方があって、あと法律どうしますかっていう手順があったら、もうそれで終わるはずなんですが、それを、そうしなかったんです。

 というのは【1】「意義の確立」というところの冒頭部分が、

191028-15paperUp.jpg

 「わたしたち日本国民は、昭和20年、西暦1945年から74年間」、つまり敗戦後ずっとこの方(かた)、「天皇陛下と皇室の存在意義を学校で正面から教わることがないままに来た。それは家庭教育にも似通った現実をもたらしていると思われる」

 それぞれの家庭ですから踏み込むことはできないけれども、おそらく学校教育の影響を受けてるでしょうという意味です。
 「そのために、天皇陛下のご存在」の意義そのものも、実は僕らはまともに教わったことがないんですよね。
 例外的に言うと、神官、神主を養成する学校の皇學館大学とか國學院大學だけであって、極めて限られているわけですよね。

 したがって、それ自体の意義を教わらないってことは、じゃあそれを「男系・父系によって」ということは、つまり伝統に従って続けるということですよね。
 で、その「根本的意義あるいは」、実は非常に「世界的価値」があるんだけど、それを「知る機会に乏しい」と。

 したがってですね、護る会は、1・2・3という建て付けになってて、5人による執行部、その下に一番最初の会合に来てくださった方全員同意で幹事になってもらって幹事団ですよね、それからその下に全参加議員(44人)の総会、こういうことなんですけど。
 執行部会と幹事会との間に分科会っていうものを作ったんですよ。
 分科会ってこれから外国人の土地買収とか、そういうことを色々やっていくんですけど、分科会を作って、じっくり議論したんですね。
 分科会は参加自由です。

 その時に不肖僕の側から問題提起したのは、提案したのは、普通の提言と違って、普通の提言っていうのは基本的に紙1枚なんですけど、これをコンパクトにしながらも、【1】に、どういう意味があるんですかっていうことを確立しませんかというのを、紙1枚全部使うと。

 それから【2】「基本認識の整理」っていうふうに硬い言葉で書いてるんですけど、平たく言うとQ&Aです。
 例えば男系・女系の違いっていうのが今、要するに男子が偉くて女子がいけないという意味なのかと言う人もいるから、それ全く関係ないですよっていうことを説明し、そしてそこと繋がって、「女性天皇と女系天皇はどう違うか」。

191028-16Q&A.jpg

 これ、この言葉の通りですね、東京大学出身でキャリア官僚やってきた人で、護る会のメンバーになってる人が、僕に、「本当は私は学校で教わってないんで、女性天皇と女系天皇の区別が未だにつかないので、それで護る会に入れてください」って人もいらっしゃった。
 これとても正直な良い告白だと思うんですけど。
 事実、区別がついてないわけですよね。

 これも一言で言うと、女性天皇は、皆さん学校で教わった推古天皇から始まって実は8人いらっしゃるわけです。
 1人で二度即位なさった方もいるので、10代8人もいらっしゃって。
 で、これは実は父方で行くと、ずーっと家のもとまで辿れるわけですよね。

 僕の例を言うとですね、青山ってお家に今田さんって所からお嫁に来たのが僕の母ですよね。
 お父さんの青山の方は、お父さんだけ辿っていけば青山、青山、青山ってずっと辿って行けて、死んだ親父の話によると元々は強盗だと。

(スタジオ:(ざわ))

 いや、別に普通の話で、要するに、今、東京都港区青山って言ってるあたりじゃないかと。
 あのへん墓地になってるけど沼地だったそうですよ。
 親父によればですよ? この話は歴史書がないので…、ないかどうか分かりませんが、ま、親父の話によれば、それがやがて関東武士っていう格好いい名前になって、だんだん西に移ってきて、だから母系教育もやってるけど、でも、ま、土着になって、要するに庄屋さんみたいな形になっていったっていうのが、うちの歴史だって言ってたわけです。

 こういう庶民の家でも、お父さん、お父さんで辿ると、一番最初はたぶん名もなき強盗だったんでしょうが、青山(せいざん)っていうのはご承知の通り墓場という意味ですから、そこでまあ名前が付いたりして、ずっと辿れるわけでしょう?
 でも母の方は、たぶん青山より家がもっと良くて、良い悪いじゃないけど、津山藩の今田っていうね、今田家からお嫁に来た、もう没落して見る影もなくなった家ですけれども。
 でもそのお母さんは、要するに全く青山を辿れないわけですよね。

(スタジオ:「ああ~」)

 だからこれだけのことなんですよ。
 男系と言ってるのは実は父方で辿ることだから、父方の中に男子も女子も当然いらっしゃるわけですよ。
 それで母方の今田家の方は、これを辿ろうとすると、実は母系は辿ることができなくて、ブチブチ切れるわけですよね。
 分かりますよね? 普通に。
 だから皇族方も同じ人間ですから、そういうふうにしか家はならないわけですよね。

 だから母系の継承と言ってるけどそれは切れるから、例えば母系でもいいですよっていうイギリスは王朝がどんどん変わってるわけですよね。
 日本は王朝はずっと変わらないわけですよね。

 王朝が変わらないってことの根本的意義のひとつはですね、もともとその王朝の一番最初の方は、祭主(まつりぬし)なんですよね。
 要するに今、神官がこう(お祓いのポーズ)なさいますが、それが受け継いでるように、人のために祈るっていう、祭主なんですよね。
 つまり、祭主のお家なんですよ。
 いわば独特のお家なんですよね。

 で、その天皇家っていうお家がずーっと続いてるから、現在の今上陛下も例えば、宮中祭祀で、真夜中も含めてお祈りになる時に、ご自分のことを祈られたり家族のことを祈られずに、みんな、私たちのことを祈ってくださるっていうのは、そういう役割のお家がずっと続いてきたからなんです。

 で、その途中、古代に仁徳天皇っていう人が現れて、この番組で何度もお話ししたと思いますけど、非常に象徴的なことをなさって、それが日本書紀っていう日本の正史に残ってるわけですけれども。
 宮殿から庶民の暮らしをご覧になってくださって、晩ご飯時になっても台所から煙が上がらないと。
 当時はかまどですよね。
 ご飯を炊くと必ず煙が上がるわけじゃないですか。
 それが上がらないってことは税金が重すぎる。
 消費増税反対!

(居島:(笑))

 もともと日本はそういう国なんですよ。
 古代の天皇陛下で、ご自分の生活を犠牲にして…、食事も粗末になり…。
 日本書紀によると、宮殿の塀が崩れたりってことも書いてあるわけですけど、それに数年間耐えられて、そして民のかまど、みんなのキッチンから煙が上がるのをご覧になって、やっと税を元に戻されたと。

 で、そのあと、独立講演会で僕よく言うんですけどね、日本書紀、漢字しか書いてないから取っつき悪いけど、いきいきと書いてあるんで、漢字しかないからすごくコンパクトで、時間かかんないんで、難しい文法勉強しなくていいですよ、じっと見てると風景、光景が浮かんできて、書いてあるのは、誰一人命令されてないと。
 指示や命令を受けないで民が自然に集まって、土を集め、土を盛って、崩れた塀も元に戻していったんだってことも書いてあるわけですよね。
 それが今の京都御所っていう本来の天皇のお住まいに繋がってて。

 だから民のために生きてらっしゃるから、歴代天皇陛下が…、陛下も人間でいらっしゃるから色々個性はあります。
 後鳥羽上皇とか後醍醐天皇とか個性の強い方いらっしゃっても、その基本がちっとも変わってないんで、例えば京都の御所(おんところ)、本来の陛下のお住まいって意味ですよね、御所はお堀もなければ高い塀もなく、何の守りもない、そんなパレス、宮殿は、僕は世界を歩いた限りは、日本しかないわけですけど、だからそれはそういう伝統だからですよね。

 で、さっき言った、もともと人のために祈るっていうお家だから、お家が続いてきたから、それが本来の日本の理念であって、ここ(提言)に書いてるのは、そういうことを続けるっていうのが、私たちの生き方を一番安定させるんですよね。
 つまり、いじめとか、家庭内でわが子を虐めたりするのも、みんなで共有できる目的がないと、それどうしてもそうなりますよ。
 誰が悪い、これが悪いだけじゃなくて。
 いじめとしては裁かれなきゃいけないけど、でも根幹があって。

 天皇陛下のご存在を今まで通り続けるっていうのは、何か古いことを考えるとか、テレビでさっそくそういうことを言ってる学者もいるらしいけど、古いことに依存しすぎるとかそんな話じゃなくて、人の生き方の根っこを護りましょうって。
 護る会の「護る」は、護衛の護が書いてあるのはそういう意味ですからね。
 それをここ(提言)にギュッとまとめて書いたわけです。

 それでさっきのQ&Aに戻っていただくと、男系・女系の違いっていうのは、性差のことを言ってるんじゃなくて、本当は父(ちち)系・母(はは)系と言い直すべきだっていうのを書いてるわけで。
 それは法律の1カ所だけで済む、皇室典範の第一条に「男系の男子」と書いてあるから、それを「父系の男子」にすればいいだけであって、それも(提言)後ろに書いてあるわけですけど。

 それで男系・女系って男女差別関係ないですねって分かっていただくと、女性天皇と女系天皇の違いっていうのは、女性天皇であっても、即位されてから結婚なさらずに、あるいはお子様をもうけられなかったりすると、そこから母系に移ることはないので、女性の天皇陛下であっても、父系の繋がりは変わらないわけですよね。

 でも女系天皇っていうのはさっき言った、例えば母方のほうに移ってしまうことで、だから女性天皇が、昔と違って、例えば即位されてから結婚なさって、その結婚相手が外国人の男子でいらっしゃると、その間のお子が即位されたら、これは母系で、一代限りですけど実質的に、その外国人の配偶者の父方に移るわけですよね。

(スタジオ「ああ…」)

 だからそれだけのことなんですよ。
 それで問題なのはですね、現代に女性天皇を生むと、昔のように、結婚しないでねとか、子供さん作らないでねとか、そんなことできますか?
 できるわけがないでしょう。

 これ実は原案は、今のご皇族のお名前も入れてたんです。
 いったん僕はそれ作ってみました。
 で、みんなで議論して、さすがにそれは良くありませんねと、名前挙げなくてもみんなが理解できるようであればそれでよいということで、お名前はもちろん一切書いてないですけれども、ここで言おうとしてるのはそういうことであって。

 一見複雑だけれどもよく考えたら、それぞれが自分のお家に置き換えたら、発端が強盗であろうが関係なくて、辿ろうと思ったら、もし家系図とか残ってれば、あるいは僕の親父みたいにずっと受け継いで話をする人がいたら繋がっていくけど、お嫁にやってきたお母さんの方に行くとそれは変わるよねっていうのは誰でも分かるわけです。

 それを、申し訳ないけど内閣総理大臣以下、もう一度確認できるように書いてあるのがそういうことで。
 で、4番の女性宮家を創設するっていうのは、つまりさっき言いました、女性の皇族の方に、皇族じゃない男性がお見えになって、それで女性がご当主で中心だと、さっき言った母系の方に移りますよってことを言ってるわけです。

 で、もともと宮家っていうのが、鎌倉、室町の頃に作られた先人の知恵で、それは要は、親等がどれだけ遠くてもかまわないから父方で繋がってる人、これ当然多いですよね。
 だって二千数百年間ですよ。
 本当はものすごくたくさんいらっしゃるわけです、宮家だけじゃなくてですね。
 だから探すこと可能なので、遠くてもいいけども、できれば近い人から宮家を作ってもらって、宮家って意味は、要するに、父系で繋がる男性の候補者を置いとくって意味ですよね。
 女性宮家っていうのはもともと、そういう意味で先人の知恵と違うものになってしまうんですよね。


 で、ここ(提言)の、「皇位を継承できる男子皇族が極めて少ない現在の危機が起きた、その客観的な経緯は何か」っていうのは、要は、日本をGHQが占領した時に、昭和天皇を断罪することはしなかったわけです。
 東京裁判でソ連とか、当時の中華民国は非常に極端な処罰を昭和天皇に科そうとしたけれども、アメリカが反対してそれをしなかった。
 アメリカはそれをやったら日本がゲリラ列島になって、いつまでも戦争は終わらない。
 実際、占領するのはアメリカなので。
 するとアメリカが困っちゃうから、昭和天皇はちゃんとお守りした。
 でも将来、日本の根幹である、ずっと父系で辿れて二千数百年間続いてくるっていう、世界にないものを壊そうと思ったら、昭和天皇の直接の弟君の宮家以外は、全部庶民にしてしまったということなんですよね。

 それで、「それ以外に、現在の危機の原因は見当たらない」と(提言で)書いて、これ総会で異論も出たんですけど、でも僕は、要するに、この一点だけだってことを分かってもらうために必要ですって問題提起して、で、結局それは何とか通りました。
 で、そのように書き込んでます。

 それで、その次、「皇位継承の危機は初めてか。先人はどのように乗り切ってきたか」
 これは、「皇位継承の危機は」「古墳時代から起きている」んですよ。
 で、その例として、継体天皇。
 だから継体ってまさしく象徴的な諡(おくりな)。

(居島:文字がね)

 天皇陛下っていうのは崩御されてからお名前が付くんで、崩御されたから継体って名前をおくられたわけですよね。
 これ文字通り受け継いだって意味が込めてあるんではないかと思いますよね。
 これは要するに「応神天皇の五世孫」まで探しに行って、異説あるけど今の福井県あたりですね、越前で見つけて、この方はふさわしいというので即位していただいたと。

 というのはですね、現在の危機はGHQが起こしたんですよね。
 でも、もともと子供は、古い時代は育ちにくいので、男の子に限らず女の子も含めて、子供の数が減るっていうのは当然起きたから、探しに行ったわけですよね。
 これ古墳時代ですよね。
 その後、鎌倉、室町の時代に宮家を作ったっていうのは、こういう先人の経験があるから、探さなくてもいいようにって宮家を作ったわけです。

 で、その宮家は実はGHQによって庶民に戻されたけども、実は菊栄(きくえい)親睦会っていう団体を作って、ずっと伝統を守るように努力もされてきたんですよね。
 努力はされてきたけれども、もう74年も経って、旧皇族を皇室に戻しても理解を得られないってことをおっしゃる人がいるんですが、それはそうではないっていうのはですね…。

 ここに【3】として「現状の簡潔な整理」としてるのはですね、これ今現在、皇位継承者3人ですよね。
 1位が秋篠宮皇嗣殿下、で、そのお子様の悠仁親王殿下、そしてちょっと年が上でいらっしゃる常陸宮親王殿下と、お三方いらっしゃるわけですけど、現実には悠仁親王殿下が即位される可能性が一番高いですよね。
 これ何年後ですか?

 そうでしょう?

 本当は仮定の話しちゃいけないけど、やっぱり皇室をお護りするっていう立場から、すれば、するほど、きちんと即位していただけるということを、危機管理も含めて続けなきゃいけないですよね。
 で、今上陛下はお若いですよね。
 ってことは数十年先ですよね、普通に行けばですよ。

 ってことはどうですか。
 旧宮家で普通の生活してるじゃないかと言われて、勝手に言われる人々が、即位なさる可能性って低いですよね。
 分かりますよね?
 こんなの普通の話ですよね。

 だから、もしも即位されるとしたら、今、安倍政権が決断すれば、実は皇族に戻っていただくことはできますから、その戻っていただいた皇族じゃなくて、そのお子やお孫さんのあたりから即位ですから、帝王学を教えることは十分に時間が可能だし、そしてこの中に盛り込んでるのは、僕は(今年5月22日の)参議院の決算委員会で質問する前に、政府機関の2カ所に依頼をして、1カ所は応じてくれて、文書で回答が来たわけです。

 ※第198回国会 決算委員会 第8号 令和元年五月二十二日(水曜日)
  会議録はこちら。

 今、旧宮家と言われる人々の中で、皇位継承者にふさわしい方が何人いらっしゃるかを、非公式ですが調べて、それをもとに個回で質問して議事録に残ってるわけですけど、15歳未満の方が5人、20代前半の方が2人いらっしゃって、少なくともですよ。
 この計7人は悠仁親王殿下と世代の変わらない方も多くてですね、特に15歳未満の方々はこれから帝王学ってそれ普通の話ですから、70何年間どうのこうのって言ってるのは、実は基礎的知識を知らないか、あるいは知ってても無視して作った話ではないですかってことを申し上げてるわけですよ。

 それで、そういうことまで整理してくると、じゃあ次は【4】「具体的な安定策」ですけど、一番大事なことはですね、安倍総理が3月に参議院の委員会で答弁された。
 GHQがやったことを全部覆すことはしないとおっしゃったわけです。
 それで保守系と言われる人がえらくショックを受けて、僕のところにも問い合わせ来たわけですよね。
 GHQがやったことを覆すことはしないということは、旧宮家を元に戻さないということだと。
 安倍さんは女性宮家、女系天皇を考えてるんじゃないかと。

 それは僕の責任で申すと、全く真逆で。
 GHQが強権発動で、本来皇位後継者を普通の人にしてしまったわけですよね。
 安倍さんがそれを有無を言わさず元に戻したら、またご本人の意思と関係なく、GHQのやってることと同じじゃないですか。

 しかも皇族になられると健康保険ありませんし、僕らが普通に享受してるところの基本的人権っていうのはかなり制限されます。
 大変な責任だけ負うわけですよね。
 そこに戻っていただくかもしれない時に、(居島さんの腕を引っ張って)旧宮家だから戻ってくださいって、こうしたらGHQと同じでしょ?
 こんな簡単なこと分かりませんかってことですよ。

 だから覆すようなことをしないっていうのは、それは要するに必要なことが行わればいい。
 それはご本人が了承してくだされば。
 そして菊栄親睦会ってものがあって…。

 例えばある国で大使を務められた方が2~3年前、僕に、うちの大使館に旧皇族の人が来て、色々接待を要求されたりして大迷惑したと。
 僕はもう長くこれやってますから、大使は、「青山さんが旧皇族の皇籍復帰を考えてらっしゃるけど、こういう人を復帰させちゃいけない」とおっしゃった。
 僕は、それはその人がそうなのであって、しかもその人が即位される可能性は非常に少なくて、その方と違うご存在も現にいらっしゃるし、その子や孫の世代にちゃんとこうですとやっていくのは、そんなに無理な話でしょうかと。
 そしたら「考えます」と言って帰られまして、おそらくは考えてくださってると思うんですが。

 それを踏まえて言うと、実はここに『イ案』『ロ案』と2つ書いてるんですけど、これ両方とも単純なことであって。

 まず、旧宮家の男子がご縁があって、あるいは両方の意思が上手く一致した場合に、皇族の養子となられたり、あるいは婿養子となられる。
 皇室に戻ってないまま結婚されるだけですと、それは要するに女性宮家云々と同じ話になっちゃいますから。
 だから婿養子ってことは皇族に戻られるってことですから、ここに書いてる通り、あくまでご本人の意思が大切で。
 で、それもですね、皇室典範の改正が必要になるんですよ、2カ所ね。
 でもそれを改正じゃなくて特例法でやれば、与野党の合意は作りやすいんじゃないかと。
 
 で、もう1つが皇籍復帰案ですが、これは養子でもなく婿養子でもなく、ただ皇族にお戻りいただくってことですけど、それは当然ご本人の意思を確認しなきゃいけない。

 で、ここでですね、皇室典範第十五条を後で見てほしいんですけど、そこに平たく言うと何が書いてあるかというと、庶民の女性はいいけど男性は絶対皇族になれないって書いてあるわけです。
 それで女性は皇族と結婚されたら皇族になるんですよ。
 でも男性は女性皇族と結婚しても皇族にはなれないって書いてあるわけです。

 だから女性差別の真逆なんですよ。
 それ日本の伝統ですよ、天照大御神まで考えれば。
 それは僕の個人的考えですが。
 しかし皇室典範の十五条読んでいただくと、男女差別の逆だってことは分かるわけです。
 ということは今、庶民になってらっしゃる旧宮家の、旧皇族の人に戻っていただくには、皇室典範の十五条の改正か、特例法。
 この方々に限り、戻っていただくってことが必要になりますと。

191028-17sankou.jpg

 それからここに「参考」と書いてるのは、これ以外に、さっき言いましたように二千数百年も続いてるから、実は皇統に繋がる男子で、庶民の人でいっぱいいらっしゃるんですよ。
 その方を探しに行くこともあり得るわけですよね、理屈上は。
 だって継体天皇が結局そうですから。

(居島:はいはいはい…)

 でもそれやるとですね、私はそうなんです!と言う人がきっと出てくるだろうし、逆に言うと、いっぱいいらっしゃるわけですよ。
 一方で、さっき言いました通り、僕が国会質問で言ったように、10代5人、20代前半のお2人がいらっしゃるわけですから、過去と比べても多いので、そんな無理な調査する必要ありませんから、実行すべきではないと書いてあるわけです。

 で、これを全部合わせると、ただ一案に統合できますと。
 たったの2行ちょっとですよね。

「旧宮家の男子について、了承いただける方には皇籍に復帰いただけるよう、また現皇族の養子か女性皇族の婿養子となられることがあり得るよう、皇室典範の改正または特例法の制定を行う」
 
 これだけです。はい。
 だから与野党の中に色んな、自由民主党の中にも色んな考えがあっても、十分に妥協、合意は成り立つと思ってます。

 で、最後の【5】「手順」というのは一言で言うと、皇室典範の改正でやるよりも、特例法の方がいいんじゃないですかということを言ってるわけですが、実は今、何よりも大事なのは、台風被害に対する対応です。
 次々と同じ被害が起きてますから。

 で、なおかつ皇室行事というのは、国民的行事としても大嘗祭、11月14日・15日まで続きますから、総理大臣に、直接手渡しすることは合意いただきました。
 僕の責任で申し上げますが。
 これ異例です。
 つまり任意の議員グループですから。
 その提言を総理に直接伝えることは、ほとんどないです。
 それをあえて受け取っていただきます。

 で、その後どうされるかは総理の、あるいは政権の決断ですけど、これ今朝の産経新聞です。

191028-18sankei.jpg

 例によって朝4時5分にこの新聞開いた時に、僕は目を見張ったのはですね、(主張=社説で)【安定策議論のたたき台に】って、これなんと、ここに護る会がありますが、護る会の提言のことをずーっと書いてくれててですね、そして冒頭から、「皇統を盤石にするよう求めた提言を歓迎したい」と書いてて、最後、「男系継承という皇統の大原則を国民に伝える努力を重ねつつ、今回の提言を議論の有力なたたき台にしてもらいたい」と。
 ま、産経新聞と別に特別な議論をしてるわけじゃなくて、公平に読んでくれたと思うんですよね。

 さっきのテレ東のムービーと合わせてご覧いただくと、何も変わったことは言ってなくて、冒頭に言った通りですね、ひとつは、私たちは危機に負けずに、私たちの一番大事な宝物、そして世界にこんな皇帝や王様いませんから、それを護ることができるようになって、子供たちに話せる、日本の共通した理念、生き方というのはここなんだよと。
 たくさんの自由と、たくさんの色んな意見があっていいけど、ここの根っこは共通だから、だから子供は大事に育てる、学校で学んでるものは共通の目的があるから、あの子が、例えば身体がこうだからいじめるってことは、実は起きにくくなっていくという、新しい希望に繋がる。
 さっき言った2番目。

 で、1番目、難しくないっていうのは、先人がすでに行っているからです。
 何か変わったことを、GHQの決定を全部覆せって言ってるんじゃなくて、そういう、いわば右左の話を言ってるんじゃなくて、右翼とか何か言われるような話をしてるんじゃなくて、ごく真っ当に続けてきた私たちの先人の知恵を活かすことができれば、GHQによって、外国によって、初めて日本が占領されたという悲しい事実も、ついに乗り越えられると。

 だから単に、テレビでさっそく色んな方がおっしゃってるようですが、単に伝統に依存するとかいう話をしてるんじゃなくて、占領国家だったっていう負の遺産をどれだけ僕たちは今も受け続けているんですか。
 沖縄の問題も含めて。
 それを根本的に乗り越えられる、大きな、っていうか根幹の手がかりになる、ということを申し上げてるんで。
 新しい一歩です、日本にとって。

(居島:よくぞ7人もいてくださいましたよね。
 ここでこんなメールも頂戴してますので読ませていただきます。50代女性の視聴者の方から。

【先日、共同通信のアンケートだったと思いますが、女系天皇賛成80%超え、さらにそれを強調するかのように朝日新聞が煽り、記事が載りました。
 虎ノ門の視聴者は理解されていると思いますが、ほとんどの方が男女平等の世の中なので女系・女性でもいいという無理解の中のアンケートが先行して、朝日のようなマスコミが意見をリードしているのはとても心配です。
 さらに知識人と言われるような人、テレビに出てるコメンテーターなど、全く理解してないと発言を聞いていて分かります。
 分からない人たちへのアンケート取って、進めていきたい方へ行かせるための戦略にすぎないと思います。
 もし女系・女性反対が80%を超えだとしたら、頻繁にアンケートしないでしょうね。
 青山さんをはじめ志ある議員の方々に頑張っていただきたく、私たちは応援いたします】


 というメールを頂戴しております…)

 ありがとうございます。
 僕ら護る会にとっては、これからが本当の茨の、これまでも茨でしたけど、より困難な道になるのは間違いないです。
 でも、それと同時に日本にとっては茨の道じゃなくなるっていうことが一番肝心なので、希望の道のりだということを、是非、今、質問いただいた、優れた意見をお持ちの方にもどうぞご理解いただきたいです。
 めげちゃダメです。

(居島:そうですね、そこが一番大事ですね。議員instgramのコーナー、今日はちょっと緊急特別的にお届けいたしました。青山さん、ありがとうございました)

191028-19memo.jpg

 ちょっと最後に1つだけ言っていいですか。
 色々(資料を)持ってきて…、例えばね、こういうふうに総会で出た議論ていうのは全部整理してメモにして、ごまかさないで、はいはい意見聞きましたじゃなくて、もう徹底的にやったんですよね。

191028-20memo2.jpg

 それからこういう日程案もあって、10月23日に発表っていうのは変えませんでしたが、まず台風の対応を国会議員僕らはやらなきゃいけないってことも含めて、総理にお渡しするのは11月15日の大嘗祭終わって、総理がすぐチリ、地球の裏側へ行かれて、その後帰ってこられてから…。

(居島:APECから…)

 はい。お体大変だと思いますけど、直接手渡すことになると思います。



(8)中国船が一時領海侵入 尖閣周辺

(9)英離脱日 今週決定

(10)記録的豪雨 死者10人に



(★)トラ撮り!

(今回はなし)


(★)お知らせ

☆第96回独立講演会
 12月28日(土)受付13:00~ 開演14:30~19:00(予定)
 神戸芸術センター 芸術劇場
 募集期間 11月18日(月)正午~12月6日(金)正午まで
 詳細は独立総合研究所HP・青山繁晴ブログを

☆近著「不安ノ解体」



※元動画はこちら(10月28日午後7時現在)。URLが変更される(修正版がUPされる)こともあります。その場合は、DHCシアターの再生リストから、たどって下さい。但し、アーカイブは2週間の公開です。
「虎ノ門ニュース」公式サイトもどうぞご活用を。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この度の護る会の提言、メディアでは(予想通り?)あまり取り上げられていないようですね。
 特に地上波テレビではほとんどスルーされているように思います。

 私が見かけたのは、関西テレビ「報道ランナー」、それからABC朝日放送「正義のミカタ」ぐらい。
 いずれも比較的保守系の番組です。

 まあ今後、提言を直接総理に渡す予定になってますから、その時にひょっとしたらもう少し報道するメディアも出てくるかもしれませんが…。


 <おまけ>分かりすいので私がよく紹介する画像


 ※来週11月4日(月)のコメンテーターは、田北真樹子さんと石平さんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※参考リンク
ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ
 青山さんに直接コメントを送れます。
こころが風邪をひいたら
 拙ブログで紹介しきれなかった『アンカー』青山さんの発言を起こして下さっています。
青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ
 動画の紹介など情報が大変充実しています。

※拙ブログ関連エントリー
【一覧】「アンカー」など青山繁晴さんテキスト起こし






このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-4.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!
スポンサーサイト



*Trackback

トラックバックURL
http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/2158-c0ce132e

Menu

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索