FC2ブログ

ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

Entries

ご譲位が近づく。心がざわつく。

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
ランキングは「ぼやきくっくり(本館)」と「ぼやきくっくりFC版(ミラー)」で一本化されています。どちらのバナーをクリックしていただいても、「ぼやきくっくり(本館)」に1票入ります。

【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私が一等好きな今上陛下のお写真。
 平成25年(2013年)12月、インド・ニューデリーの日本人学校を皇后陛下とともに訪問され、子供たちにお声をかけられた際の1枚です。



 これも忘れられないお写真です。
 戦後60年の平成17年(2005年)6月、太平洋の激戦地だったサイパンを訪問され、多くの日本人が命を絶った「バンザイクリフ」で黙祷を捧げられる両陛下。

140811-08banzai.jpeg


 ご譲位の日がいよいよ迫ってきました。
 平成が終わり、令和が始まろうとしています。
 何だか寂しいというか、切ないというか…。
 過去に経験したことのない、複雑な感情を私は今味わっています。
 

 今の皇太子殿下が新天皇として即位されること自体はとてもおめでたいことで、特に不満があるというわけではありません。
 それどころか、即位後は立派に天皇としてのお務めを果たしてくださるに違いないと、確信しています。

 それに、これまでのような、崩御→新天皇ご即位という「悲しみから始まるご即位」ではなく、穏やかな形の御代替わりになることも、大変喜ばしいことだと思います。
 何よりも今上陛下がそれを望まれたわけですし。

 ただ、やっぱり、今上陛下が天皇陛下でなくなってしまうというのが、どうにも寂しくて…。
 3月12日に、ご譲位に向けての一連の儀式が始まったというニュース(「退位及びその期日奉告の儀」でした)に接した時は、「ああ、来るべきものがついに…」と切なさで胸がいっぱいになりました。

 最後の地方訪問(行幸啓)は、4月17日~19日の伊勢でした。
 NHKニュースを見ていたら、沿道で両陛下をお迎えした人の中に、「初めてお見かけしたんですけど、自然に涙が出てきて…」と語っていた40歳ぐらいの男性がいました。

 気持ち分かります!
 というか、私なんかもうテレビで両陛下のお姿を拝見してるだけで涙が…。
 直接お見かけなどしたら、その場で泣き崩れてしまいそう。・゚・(ノД`)・゚・。

 「ご在位中、最後の地方訪問となります(伊勢神宮参拝)」
 「退位の儀式のうち皇居外で行われる儀式はこれが最後です(「昭和天皇山陵に親謁の儀」)」
 「皇居外で行われる最後のご公務となりました(「みどりの学術賞」授賞式)」
 「退位までいよいよあと○日となりました」

 こんなふうに、「最後の○○」とか「あと○日」とか耳にするたびに、ドキッとして、「あ~、もうやめて…」と。
 (同時に、「ご譲位と言え~!(#゚Д゚)」とメディアの言葉遣いにツッコミ入れたりもする)

 両陛下のこれまでの歩みを振り返る番組はもちろん、平成の出来事を振り返る番組を目にした時も、胸が締め付けられるような気持ちになります。

 ああ、何でこんなにも心がざわついてしまうのでしょう。
 自分でもわけが分かりません。
 もしかしたら、自分で思っていた以上に、今上陛下への敬慕の情が強かったのかもしれません。

 しかし……!
 泣いても笑っても、現実にあと数日でご譲位の日を迎えるわけです。
 
 遅かれ早かれ、いつかはこういう日が来るわけですし、いつまでもウジウジしているのも、僭越ながら今上陛下や皇太子殿下に対して失礼だと思うし、もうこうなったら何とか心を落ち着かせて、その日を静かに迎えるしかありません。


 以下、拙ブログの今上陛下にまつわる記事を厳選のうえ、ご紹介します。
 自分なりに思い入れのある記事は太字で強調しています。

 中にはイラッとする記事もあるかもしれませんが、来たるべき令和時代への課題でもあると思うので、あえてリンクを貼りました。

06/12/24:終戦時の今上陛下にまつわるエピソード
08/10/11:天皇はなぜ尊いか(付:石井選手の発言)
09/4/11:天皇皇后両陛下ご成婚50年に寄せて
09/11/14:天皇陛下御即位20周年に寄せて
09/12/15:天皇陛下会見特例問題でマスコミの温度差が激しい件
11/4/2:天皇皇后両陛下が避難所ご訪問 このような方々を戴けた日本人の幸運
11/5/2:3月11日に天皇皇后両陛下がなされた事
11/11/29:天皇陛下が退院後初公務で消防殉職者等慰霊祭に&女性宮家創設問題
11/12/3:皇居勤労奉仕にまつわる感動秘話&女性宮家創設問題
12/2/20:天皇陛下の手術無事終了でほっとしたのと同時に…
12/3/12:震災1年で陛下のお言葉…これからも被災地に心を寄せていきましょう
12/3/13:追悼式での両陛下と台湾への無礼&男系女系の違いを知らない官房長官(参院予算委3月12日起こし)
12/4/23:園遊会で陛下が台湾代表にお声を&女系天皇論者は「核家族継承論者」
12/5/19:両陛下ご訪英と日英友好秘話(チャーチル首相とフォール卿の尽力)
12/6/23:沖縄慰霊の日…戦没者と遺族にお心を寄せ続けられる陛下
12/8/20:夫が変わった!
12/10/29:秋の天皇賞で起きた感動的場面 イタリアのデムーロ騎手が両陛下に最敬礼
13/1/3:元日からご多忙の天皇陛下(付:陛下より金正恩を重視するNHK)
13/3/11:震災から2年…陛下のビデオメッセージ放映までの経緯(付:政府式典に反対する団体・WBC台湾戦の震災義援金感謝プラカード)
13/3/12:東日本大震災2周年追悼式の陛下のおことば(付:今年は「起立」あり・震災当日の両陛下(再掲))
13/11/1:山本太郎議員が園遊会で天皇陛下に「直訴」
13/11/16:両陛下ご葬送・御陵変更とフィリピン台風募金…Tweetまとめ13.11.01~13.11.15
13/12/7:両陛下インドご訪問まとめ
13/12/23:天皇陛下が傘寿を迎えられました
14/8/11:昭和20年8月15日の今上陛下のご決意と城山三郎の「大義の末」
15/1/17:阪神淡路大震災20年 両陛下の行幸啓がもたらした復興への力
15/4/10:天皇皇后両陛下パラオ行幸啓と報ステの無礼
16/1/30:“奇跡”を目撃…天皇皇后両陛下フィリピン行幸啓&報道されない日本軍の真実
16/8/8:天皇陛下が「ご譲位」に関してお気持ちを表明されました
18/8/17:天皇陛下の政治利用は平成で終わりにしてほしい…Tweetまとめ18.08.01~08.15
19/2/16:韓国国会議長が天皇陛下を侮辱。絶対言ってはならんことを言った…Tweetまとめ19.02.01~02.15
19/4/1:新しい元号は「令和」であります!



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 リラックマとカオルさん。

このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-4.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!
スポンサーサイト



*Trackback

トラックバックURL
http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/2134-4569683e

Menu

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索