FC2ブログ

ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

Entries

竹島プロジェクト2019

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
ランキングは「ぼやきくっくり(本館)」と「ぼやきくっくりFC版(ミラー)」で一本化されています。どちらのバナーをクリックしていただいても、「ぼやきくっくり(本館)」に1票入ります。

【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】→にほんブログ村 政治ブログへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 旧朝鮮半島労働者訴訟で日本企業に賠償命じる判決、日韓合意を反故にした慰安婦財団解散、旭日旗排斥、自衛隊機へのレーダー照射…。
 最近の韓国は、日本に対し、以前にも増してやりたい放題ですが、皆様、もうひとつ大事なことをお忘れではないですか?
 そう、竹島です!

 今年も2月22日の「竹島の日」が近づいてまいりました。
 「竹島プロジェクト」のお知らせです。
 ブログやSNSをされていない方も、ご協力いただけることが色々ありますので、ぜひ最後までご覧になって下さい<(_ _)>

 まずは今年の新作バナーのご紹介。
 昨年までの分は下にあります。
 ツイッターやフェイスブックのアイコンを意識して、円形の画像も用意しています。
 位置やサイズは各自で設定なさって下さい。

1901takeshimaGALTWFB.jpg

1901takeshimaGALTWFBe.jpg

1901takeshimaGALline.jpg

1901takeshimaGALlineE.jpg

1901takeshimaGALnoline.jpg

1901takeshimaGALnolineE.jpg

 フリー素材出典:PAKUTASO様(モデルは河村友歌さん)
 

 
 政治の右や左の細かいことは関係ありません。
 竹島は間違いなく、日本の領土だ!
 これに賛同していただける方で、ホームページ、ブログ、フェイスブック、ツイッターなどでこの認識を広めていただける方は、ぜひご参加下さい。

 政治関係のネタをふだんやっていなくても結構です。
 むしろ政治ネタをやっていない皆様が参加してこそ、運動が広がる契機になります。
 ぜひよろしくお願いします。

●参加概要(推奨)
 ホームページやブログやSNSなどに竹島の画像、イラスト、文字等を配置し、島根県Web竹島問題研究所へのリンクをはり、「2.22竹島の日」のアピールに努めます。
 期間は2月22日までですが、それ以降も継続していただいてもOKです。

●ツイッター投稿例



 なお、この記事のコメントあるいはトラックバックにて参加表明くださった方は、ご本人様のサイトやSNSを確認させていただいたうえで、このページで順次掲載(リンク貼り付け)させていただきます。
 ツイッターにてご参加くださった方は、拙ツイッターでもその旨ご紹介させていただきます。
 (ちなみに私はフェイスブックはやっていません<(_ _)>)

 もちろん参加表明=お名前(ハンドルネーム)の掲載は、強制ではありません。
 ここに載せられるのはちょっと…という方は、参加表明はお控え下さい。

 万一コメント・トラバが上手く送れない時は私宛にメール下さい。
 boyakuri@aol.com(@は半角に変えて送って下さい)

※現在、この記事のアップロードから30日を超えると、この記事に対してはコメントを付けられない仕様になっています。その場合は、最新記事に(全然違う話題でもかまいません)コメントあるいはトラバをお寄せ下さい。
※ツイッターで参加される方も、この記事宛にご表明いただくことを推奨します。私が「通知」を見落とす可能性があるためです。
※一両日中に掲載させていただくよう心がけますが、丸二日経っても掲載されない時はお手数ですがご連絡下さい。
※公序良俗に反するサイト等は掲載を控えさせていただく事があります。ご容赦下さい。
※拙ブログのアクセス数は、日にもよりますが、少ない日で1日4000、多い日で1万程度です。

【竹島プロジェクト2019参加者様一覧】

「見たこと聞いたこと」様(ブログ)
「椎乃ぶ@shino2624」様(ツイッター)
「無党派人の政治ブログ(1)」様(ブログ)
「ジャングルシンドローム工房」様(サイト)
「ちりばかりなる こととおもへど」様(ブログ)
「”ゆーめ”のかんたんギター弾き語り」様(ブログ)
 ・
 ・
 ・

皆様ご協力ありがとうございます<(_ _)>


●バナーはもちろん独自に作っていただいて構いません。作り方が分からない、作るのが面倒という方は、拙ブログのほかにこちらでもバナーが配布されていますのでご利用下さい。

●以下は拙ブログ作成のバナー、昨年までの分です。雑な作りですが、よろしかったらご利用下さい。

222takesima.jpeg

222takesima-2.jpeg

222takesima-4.gif

222takesima-5L.jpg

222takesima-6L.jpg

222takesima-8Lsnow.jpg

222takesima-9Lsea.jpg

222takesima-10sea.jpg

222-ashika1.jpg

222-ashika2qute.png

222-01takeshimaphoto-F22.jpg

222-02takeshimaphoto.jpg

222-03bear-takeshima-F22.jpg

222-04bear-takeshima.jpg

222-05sea-hinomaru-F22.jpg

222-06sea-hinomaru.jpg

2016takesimaJ.jpg

2016takesimaE.jpg

★ふちなし
2016mapJ.png

★ふちなし
2016mapE.png

★ふちあり
2016mapJfuchi.png

★ふちあり
2016mapEfuchi.png

170112-01mikoJapaneseRyodo.jpg

170112-02miko222E.jpg

170112-03mikoE.jpg

170112-04hinomaruJ222.jpg

170112-05hinomaruE222.jpg

170112-06HinomaruE.jpg

1801samuraiJ.jpg

1801samuraiE222.jpg

1801samuraiE.jpg

1801kyokujituJ.jpg

1801kyokujituE222.jpg

1801kyokujituE.jpg

1801samurai-maru.jpg

1801samurai-maru-222E.jpg

1801samurai-maru-E.jpg

1801kyokujitu-maru.jpg

1801kyokujitu-maru-222E.jpg

1801kyokujitu-maru-E.jpg


「Takeshima is Japanese Territory」という英語表現は、島根県英語サイト、外務省の動画、WJF様の動画、FB「竹島は日本固有の領土です/Takeshima is Japanese Territory.」様などに準拠しています。


●画像(バナー)の持ち帰り方法
 お好きな画像(バナー)の上にマウスカーソルを重ねた状態で、
 【Windows】
   右クリック→名前を付けて画像を保存
 【Macintosh】
   右クリック→名前を付けて画像を保存
   ワンボタンマウスの場合は長押し又はcontrol+クリック→名前を付けて画像を保存
 「名前を付けて画像を保存」はChromeでの表現です。他のブラウザでは多少違う表現になります。
 なお、ダウンロードした画像(バナー)のファイル名はお好みで変更して下さい。そのままでも可です。
 
●タグについて
 上記の任意の画像(バナー)のソースを参考にし、あなたのサイトやブログの任意の場所に貼り付けて下さい。画像のサイズとか細かな調整はご都合に合わせて適当にお願いします。
 リンクは必ず以下の「竹島問題研究所」へ貼って下さい。
http://www.pref.shimane.lg.jp/admin/pref/takeshima/web-takeshima/
 但し、英語仕様バナーを用いて海外にアピールしたいとお考えの方は、同英語版ページへ貼って下さい。
http://www.pref.shimane.lg.jp/admin/pref/takeshima/web-takeshima/takeshima02/syucho-english.html
 「竹島の日」周知を特に目的とされない場合(竹島が日本の領土であることを幅広く周知することを目的とされる場合)は外務省の英語ページに貼っていただくのも良いかもしれません。
http://www.mofa.go.jp/region/asia-paci/takeshima/index.html
 ちなみに「竹島問題研究所」は英語以外に韓国語が、外務省のサイトは英語以外に韓国語、中国語、仏語、独語などが用意されています。

・バナーのソースを表示する方法
 ブラウザのメニューから「ソースの表示」を選んで下さい。ブラウザの種類によってメニュー名は異なりますが、「ソース」と名の付くものが必ずあるはずですので、それを選んで下さい。
 Chromeの場合は「表示>開発/管理>ソースを表示」、Firefoxの場合は「ツール>Web開発>ページのソース」です。
 この説明で分からない方はお使いのレンタルブログ等のFAQをご覧になったり、ネットで調べたり、身近の詳しい方に尋ねてみたりして下さい。

●その他注意事項
・画像は必ずお持ち帰りになり、直リンクはご遠慮下さい。「直リンク」の意味が分からない方はこちらをご覧下さい。
・バナーは改変していただいて構いませんが、「2.22(2月22日)」「竹島の日」「Takeshima」の文言は必ず残すようにして下さい。
 但し、海外向けで「竹島の日」周知を特に目的とされない場合(竹島が日本の領土であることを幅広く周知することを目的とされる場合)はこの限りではありません。その場合、「February 22 is Takeshima Day」の文字を抜いたバナーをご利用いただければと思います。



【ブログ主(くっくり)からの個人的なメッセージ】

 2018年11月末、韓国の女子中学生らから島根県内の中学校へ、葉書41通が次々と届きました。
 葉書には、島根県の竹島について、「韓国領だ」「日本の教科書は嘘を教えている」と書かれていたそうです。
 竹島が韓国領である根拠については、こう主張してあったそうです。

(1)三国史記(1145年)に書いてあるように、512年から独島は韓国領だ
(2)韓国の英雄・安龍福が直談判した結果、鳥取藩主は「欝陵島と竹島が朝鮮領になった」と発言した

(1)への反論
 「三国史記」には、512年に干山国が新羅が編入されたと記載されている。干山国には鬱陵島と「独島」が含まれていたので、512年以来、「独島」は朝鮮半島の国の物だったというのが、韓国の中学生の主張。
 しかし日本側の研究で、この主張は完全に否定されている。
 同じ「三国史記」には、干山国について「或は名を鬱陵島といい、」との記述があり、これは于山国=欝陵島であったことを示している。また「三国遺事(13世紀末)」という別の文献には、于山国の周囲は「周回二万六千七百三十歩(ぶ)」だったと明記されている。1歩=約1.6mなので、干山国の周囲は約43km。この数字は欝陵島の1周とほぼ同じ距離。もし韓国側が言うように、干山国が鬱陵島と「独島」で構成されているなら、この数字はあまりに小さすぎる。
 また韓国側は「東国文献備考(1770年)」の「輿地志云、欝陵于山皆于山国地。于山則倭所謂松島也」という記述を根拠に、「干山国の干山島は独島だ」と主張している。この記述を現代語に訳すと、「輿地志(正式名称は「東国輿地志」)が伝える事によると、鬱陵と干山はすべて干山国の土地である。干山というのは、日本が言うところの松島(竹島の当時の日本側呼び名)である」となる。
 しかし、日本側の研究では、根拠がないことが分かっている。なぜなら、この記述の引用元になっている「東国輿地志」という文書には、「干山は日本の松島の事だ」という記述がなかったからだ。元の文書に記述がないのに「引用」したと書いてあるという事は、何らかの改ざんがなされたと考えるのが自然だ。よって干山=松島=独島という韓国側の主張は根拠がない。

(2)への反論
 安龍福が日本に来た際に、江戸幕府が鳥取藩に安龍福を放逐するよう命じた文書が残されている。さらに、鳥取藩主は参勤交代により、地元ではなく江戸に滞在していた事も分かっている。つまり、安龍福が鳥取藩主と直談判することは物理的に不可能だった。
 安龍福の発言は、「粛宗実録」という文書に記載されていているが、これは無断で日本に渡航した罪人への取り調べを記録した供述調書で、その内容が真実である担保はない。日本側の資料には、安龍福が偽証したことを裏付ける記述がしっかりと残っている。

※以上の参考資料は、FNN PRIME 2018年12月19日、および、島根県報道発表資料「2730 韓国の中学校から県内の中学校へ届いた竹島教育に関する葉書への対応について」

 皆様ご承知のとおり、韓国では、竹島は韓国領とする教育が徹底的に行われています。
 しかし、竹島問題研究会の下條正男座長(拓殖大学教授)によれば、韓国側には大きな欠点があります。
 それは、「文献批判」が足りないことです。
 韓国側は、ひとつの文書の中で自国に有利と読める文章を見つけると、他の文書と照らし合わせて検証することを徹底せず、「独島が韓国領である証拠だ」とすぐ決めつけるそうです。
 つまり、私たち日本人も、少し勉強さえしておけば、韓国人に「独島は我が領土だ!理由はこうだ!」と言われても、論破することはそう難しくないはずです。
 学校教育を充実させることが先決ですが、すぐには無理でしょう。
 幸い、ネットでは竹島問題に関する資料や情報が充実しており、誰でも、何歳からでも学ぶことができます。
 私自身、竹島の日をアピールすると同時に、改めて知識を蓄えていきたいと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 上記プロジェクトとは別に、島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦というのもあります。
 お気づきの方も多いと思いますが、拙ブログではこれを各記事もれなく本文の一番下に貼り続けています。
 よろしかったら、こちらも是非ご参加を!

 参加の仕方は簡単です。
 「♪すいか泥棒 日曜版」さんにて趣旨をご確認の上、あなたのサイトやブログのお好きな場所に、以下のような感じでタグを貼るだけ!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto

※「♪すいか泥棒 日曜版」さんで紹介されている島根県の竹島英文ページのURLは、その後変更されていますのでご注意下さい(上のタグは新URLに変更済)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 外務省作成の動画も拡散しましょう!

●竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue


 他に様々な言語のバージョンが公開されています。世界に広めましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ブログやSNSをされていない方でもできること(1)★

150123simanekko.jpg ふるさと納税制度を活用し、島根県や島根県隠岐の島町へ「寄附」をしてみませんか?(複数の自治体への「寄附」が可能です)
 申込時に寄附金を活用する事業を指定することができます。

 (画像は島根県のゆるキャラ「しまねっこ」)

★島根県にふるさと納税する
 ふるさとチョイス(直リン)の「お礼の品」一覧からお好きなものを選択し、ログイン(会員でない方は会員登録が必要)すると、「寄附金の使い道を選択」画面に進みますので、そこで「竹島の領有権の確立に関する事業」を選び、次の画面に進んで下さい。

★島根県隠岐の島町にふるさと納税する
 受付フォーム(直リン)から、「竹島の領土権の確立に資する事業」に任意の金額を入れて下さい。
 あるいは、ふるさとチョイス(直リン)からも可能です。「お礼の品」一覧からお好きなものを選択し、ログイン(会員でない方は会員登録が必要)すると、「寄附金の使い道を選択」画面に進みますので、そこで「竹島の領土権の確立に資する事業」を選び、次の画面に進んで下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ブログやSNSをされていない方でもできること(2)★

 竹島問題について意見や要望を送りましょう!

首相官邸 ご意見募集
自民党 ご意見・ご質問
外務省 ご意見・ご感想
文部科学省に関するメールでの御意見・お問い合わせ窓口案内

 文科省の窓口はたくさんありますが、教育問題という観点から、一番上の「小学校・中学校・高等学校の授業における学習内容(以下1~4に掲げる分野を除く)に関すること」からお送りいただくのが良いと思います。

 なお、皆さんのお住まいの選挙区の議員さんに意見を送っていただくのも良いでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ブログやSNSをされていない方でもできること(3)★

 今年も2月22日に、島根県で「竹島の日」記念式典、竹島・北方領土返還要求運動県民大会が開催されます。
 志を同じくする皆様、当日会場宛てに激励の祝電を送りませんか?


 拙記事2011/2/17(2017/1/5改訂):【保存版】祝電の送り方 「竹島の日」に激励メッセージを!に、NTT電報サービスのWebによる申し込み手順を書いてありますので、参考になさって下さい。

 届けたい日の1ヶ月前から(=1月23日から)申し込み可能です。
 意外と簡単ですよ。私も毎年送っています。

 NTTの他にも日本郵便のWebレタックスや、VERY CARDなど、色々なWebサービスがあります。どうぞご活用下さい。

※もちろん式典参加者も募集しています。
 島根県近郊の方は奮ってご応募下さい。
 募集要項はこちらです。
 応募受付は郵送のみで、1月25日(金)17時15分必着です。
 応募者が募集人数100人を超える場合は、抽選となります。

※島根県の公式サイト、トップページはこちら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ブログやSNSをされていない方でもできること(4)★

160118Mechi.jpg「メチのいた島―語り伝える恵み豊かな島 竹島」という、戦前の竹島のアシカ漁などの様子を描いた絵本があります。
 「絵本メチのいた島CD」もあります。

 お子さんやお孫さんへのプレゼントにいかがですか。
 また、皆さんのお住まいの地域の図書館や、学校の図書館に置いてもらえるよう働きかけませんか。

 参考動画:杉原由美子氏による絵本「メチのいた島」読み聞かせ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ブログやSNSをされていない方でもできること(5)★

 竹島に関する記事や資料などを、各種掲示板やブログ(政治系に限らず幅広いジャンルが理想的)で紹介したり、メールなどでお友達に紹介しましょう。
 これが一番簡単にできることで、また、皆様すでにしていただいているとは思いますが(^^ゞ

 たとえば「iRONNA」では、竹島に関するさまざまな記事がトピックとしてまとめられているので、紹介しやすいと思います。
 ■日本が知らない「竹島」の真実 http://ironna.jp/theme/163
 ■韓国はいかにして竹島を奪ったか http://ironna.jp/theme/322






※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・竹島関連リンク集・・・・・・・・・・・・

※過去のプロジェクト
・竹島プロジェクト2006→閉鎖済
・竹島プロジェクト2007→閉鎖済
竹島プロジェクト2008
竹島プロジェクト2009
竹島プロジェクト2010
竹島プロジェクト2011
竹島プロジェクト2012
竹島プロジェクト2013
竹島プロジェクト2014
竹島プロジェクト2015(拙ブログ)
竹島プロジェクト2016(拙ブログ)
竹島プロジェクト2017(拙ブログ)
竹島プロジェクト2018(拙ブログ)

※関連サイト
島根県:Web竹島問題研究所
 プロジェクト参加者皆さん、ここにリンクを貼るんですよ~。
外務省>竹島問題
 海外向けパンフの配布も。英語、韓国語、アラビア語、中国語など10カ国語。
Dokdo-or-Takeshima?
 Gerry Beversさん、Kaneganeseさん、pacifistさんによる、英語&日本語で書かれたサイト。竹島問題が原因で韓国の大学を解雇された(後に別の大学に雇用された)米国人英語講師Gerry Beversさんのインタビュー記事が、拙エントリー07/5/21付:産経/竹島特集「波頭を越えて」第2部(4)〜グラフにあります。(5)です。

※お勧めYouTube動画(民間作成)
わたしの竹島ですが、何か?
竹島は日本領土 韓国に竹島を描いた古地図は存在するか
竹島が日本領である究極の理由: サンフランシスコ講和条約とラスク文書(日本語版)
The Ultimate Reason Why Takeshima is Japanese Territory: The SF Peace Treaty and the Rusk Document(英語版)

※参考までに…韓国外交部作成の動画
大韓民国の美しい領土、独島

okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 初めてのホーム見学。

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ
ご面倒でなければ「FC BlogRanking」もお願いします→FC2 blogランキングへ
拙ブログのミラー(FC2)にfacebookのボタンがあります。

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-4.jpegアニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
________________________________________________
★コメント・トラックバックを下さる方へ
お手数ですが規約(13.5.9改訂)に一度目を通された上でお願いいたします。
スポンサーサイト

*Trackback

トラックバックURL
http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/2101-5e3d967c

Menu

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索